ヘッドライン

カテゴリー [ ガヴリールドロップアウト SS ]

  • ガヴリール「こうなりゃ、脱獄だな」 [2018年02月19日]
  • ラフィエル「天使と悪魔とチョコレート」 [2018年02月17日]
  • サターニャ「追い出されちゃったわね」ラフィエル「ですねー」 [2018年02月10日]
  • ガヴリール「腹が立ったから、ヴィーネ達にカンチョーをお見舞いしてやる」 [2018年02月08日]
  • ガヴリール「豆まきしようぜ」 [2018年02月04日]
  • ガヴリール「タプリスがネットで嘘つきまくってる?」 [2018年01月31日]
  • サターニャ「さあ勝負よガヴリール!」 [2018年01月30日]
  • ヴィーネ「ガヴリールが、殺された!?」 [2018年01月26日]
  • ガヴリール「抽選で食べ放題を当ててしまった…」 [2018年01月25日]
  • 【ガヴリールドロップアウトSS】「ラフィエルの泉」 [2018年01月21日]
  • ヴィーネ「安価でガヴを調教する」 [2018年01月15日]
  • ガヴリール「皆からあけおめメールが届いてない」 [2018年01月05日]
  • サターニャ「ガヴリールの枕元にプレゼントを置いてビックリさせるわ!」 [2017年12月26日]
  • サターニャ「なんでやねん!」ガヴリール「さ、サターニャが関西弁に!?」 [2017年12月25日]
  • サターニャ「開栓して2週間暖かい室内で放置された午後ティー」 [2017年12月23日]
  • ガヴリール「眠い……」 [2017年12月20日]

ガヴリール「こうなりゃ、脱獄だな」

1 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/02/16(金) 15:10:19.91 6G2zb/L20
※「ガヴリールドロップアウト」の世界観から異なります、ご注意を!



―某所にあるうかみ刑務所―

グラサン「囚人番号100番、天真=ガヴリール=ホワイトだな?」

ガヴリール「誰だ、お前は?」

グラサン「私はここの看守長だ! 今は所長のうかみさんがいない為、代わりに説明するが、今後は口の利き方には気を付けた方がいいぞ?」

ガヴリール「フン!!」

グラサン「ここはお前のように口の利き方がなってない奴も多く、特に罪が重い奴も収容されている。それにここは24時間体制で完全武装した看守が見回りをしてるから、くれぐれも脱獄とか変なことは考えるなよ!」

ガヴリール「…………」

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1518761419
2 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/02/16(金) 15:14:15.96 6G2zb/L20
ガチャッ、キィィィーーッ

グラサン「今日から、お前の独房はここだ。他の奴もいるから、そいつらと仲良くやれよ」

ガヴリール「………」テクテクッ

バタン、ガチャッ

グラサン「」コツコツコツコツ
3 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/02/16(金) 15:18:34.86 6G2zb/L20
ガヴリール「………」ストッ

???「「「………」」」ジィィィーーッ

ガヴリール(居心地が悪いな…。他の奴らとの視線も気になるし)チラッ

?「ちょっと、あんた?」テクテク

ガヴリール「?」クルッ

?「新入りの癖に挨拶もしないって、どういうつもりよ?」

ガヴリール「チッ…」プイッ
4 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/02/16(金) 15:27:57.40 6G2zb/L20
?「っ!? こいつぅぅーーっ!!!!」バッ

?「止めなさい、サターニャ!」

サターニャ「ヴィネット!! こいつを庇う気?!」クルッ

ヴィーネ「そうじゃないわ。ただ、ここで問題沙汰を起こしたら無事では済まないって言いたいの! それにその子が挨拶をしないのもきっとここに収監されたばかりでまだ慣れていないだけ…何をされても手出しは無用よ!!」

ガヴリール「………」ジロリ

サターニャ「でも、こいつ私らにガンをとばして…」

ヴィーネ「い・い・か・ら?」ゴゴゴゴゴ

サターニャ「!?……はぁー、わかったわよ。手は出さない…これでいいわよね?」

ヴィーネ「よろしい🎵」ニコリ
5 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/02/16(金) 15:32:01.02 6G2zb/L20
ヴィーネ「で、あなた…」

ガヴリール「?」

ヴィーネ「名前はなんて言うの? あっ、私は月乃瀬=ヴィネット=エイプリル」

ガヴリール「………天真=ガヴリール=ホワイト」ボソッ

ヴィーネ「そう。天真さん…じゃしっくりとこないし、ガヴリールさんもあれだから、あんたの事はガヴって呼ばせてもらうわね」

ガヴリール(こいつ、なれなれしいなぁ…)
6 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/02/16(金) 15:36:20.04 6G2zb/L20
ヴィーネ「ほら、サターニャも」

サターニャ「ふん。胡桃沢=サタニキア=マクドウェル。こう見えても「冷血の悪魔」って異名を取る大悪党よ。」

ヴィーネ「私たちはサターニャなんて呼んでるから、あんたも気軽にサターニャって呼んでもいいわ」

サターニャ「ヴィネット、勝手に言わないでよ!!」

ガヴリール「………」

ヴィーネ「で、あとは…おーーーーい、ラフィーーー!!!」
7 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/02/16(金) 15:40:35.50 6G2zb/L20
?「はい?」

ヴィーネ「あんたも挨拶しなさい」

?「わかりました〜、白羽=ラフィエル=エインズワースです。」

ラフィエル「同じ房の囚人としてよろしく……あらっ?」

ガヴリール「?」

ラフィエル「もしかして、ガヴちゃんですか?」

ヴィーネ「えっ、ラフィ、知り合い?」
8 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/02/16(金) 15:44:33.98 6G2zb/L20
ガヴリール「誰だ?」

ラフィエル「あら〜、酷いですよガヴちゃん?」

ガヴリール「だから、お前の事なんて知らないっての…」

サターニャ「ラフィエル、知らないって言ってるけど、こいつ?」

ラフィエル「いえ。私もガヴちゃんもお互い知ってるはずですよ。だって、私とガヴちゃんは同じ学校で、その時の友人なんですから」ニコリ

ヴィーネ「へぇー、学生の時のクラスメイトで、友人ね…」

ガヴリール「だから、知らん。そもそも昔の事なんて覚えてない……」プイッ
9 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/02/16(金) 15:51:39.85 6G2zb/L20
ラフィエル「またまたぁ〜🎵 でも、そう仰るなら別に構いません。ですが、いずれ思い出してもらいますよ?」

ガヴリール(チッ。めんどくさ…)


………………………

ヴィーネ「ねぇ、久しぶりにオセロしない?」

ラフィエル「いいですねぇ🎵」ニコリ

サターニャ「ふっふっふ。今回は負けないわよ?」ニヤニヤ

ガヴリール「………」プイッ

ヴィーネ「もちろん、新入りのガヴも参加するわよね?」

ガヴリール「興味ない…」ボソッ
10 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/02/16(金) 15:56:17.12 6G2zb/L20
ラフィエル「えぇ〜、せっかくのお誘いなのにもったいないですよ、ガヴちゃん🎵?」ニコッ

ガヴリール「興味ないもんは興味ないんだよ!」

サターニャ「新入りの癖に生意気よ。参加しなさい…この私がコテンパンにしてあげるから?」

ガヴリール「うるせぇ……」ボソッ

ヴィーネ「どうせ隅っこで一人過ごしているんだから、一緒にやりましょうよ!」

ガヴリール「だからぁ〜〜!!」カッ
11 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/02/16(金) 16:05:47.64 6G2zb/L20
ガヴリール「興味ねぇし、やらねぇっつったらやらねぇんだよ!! もういい加減にほっとけよ!!!」ガァーーーッ

ヴィネサタ「っ!!??」ビクッ

ガヴリール「はぁはぁ…」

ラフィエル「ガヴちゃん?」

ガヴリール「?」クルッ

ラフィエル「もしかして負けるのが怖いのですか?」ニコリ

ガヴリール「はぁっ?」イラッ

ラフィエル「オセロに負けるのが怖いから、逃げるためにやらないとおっしゃっているのですか?」ニコリ

ガヴリール「お前……」イライラッ

ラフィエル「ぷっ、くくく…とんだ腰抜けさんになりましたね、ガヴちゃん🎵」ニヤニヤ

ガヴリール「腰抜け…腰抜けだとぉ………」イライライライライラッ
12 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/02/16(金) 16:10:31.18 6G2zb/L20
ガヴリール「ふざけんな! 上等だ、やってやらぁっ!!!」

ラフィエル「そうこなくては🎵」

ガヴリール「おい、お前?」

サターニャ「私?」

ガヴリール「ほかに誰がいるんだよ!! さっき私をコテンパンにするって言ったよな…相手になってやる!」

サターニャ「ほぉー、いい度胸ね。いいわ、この大悪党がお相手してあげる。文字通りにあんたをコテンパンにしてあげるわよ!!」

ヴィーネ「えっ、さっきまで拒んでたガヴがあんなにやる気にっ!?」
13 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/02/16(金) 16:22:01.32 6G2zb/L20
ラフィエル「ガヴちゃんは昔から挑発に乗りやすいんですよ!」

ヴィーネ「ま、マジで!?(流石は同級生で、友達ね…)」


―それから数日後―

ガヴ「はぁはぁ、ぜぇぜぇ」

ヴィーネ「ずいぶん息を切らしてるけど、大丈夫?」

ガヴリール「やっぱ、朝の運動は体にこたえる…」

サターニャ「ここに収監されて数日経つのに、ガヴリールは相変わらず、運動の後だけは息ばかり切らしてるじゃないの…情けない。いい加減、慣れなさいよ!」

ガヴリール「うっせぇ…。体力のあるお前らとは違うんだよ」

ラフィエル「それでも、最初よりはマシですよ。初日から運動を始めた頃のガヴちゃんは、運動の後気を失っているか、へたばっていましたしね」

ヴィーネ「そうね。あの時は同じ房の私たちや看守さんたちも大変だったわね」
14 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/02/16(金) 16:27:48.20 6G2zb/L20
サターニャ「そもそもなんでそんなに運動不足なのよ?」

ガヴリール「ネトゲ…」

サターニャ「はい?」

ガヴリール「ネトゲ、ずっとやってたからだよ!」

ヴィーネ「ネトゲを? でも、ネトゲが好きだからって外にはしっかりと出ていたんでしょ?」

ガヴリール「いや、引きこもりだったから、外にはぜんぜん出ないで。自宅で過ごしてた…」

ヴィーネ「えっ、うそでしょ!?」

ガヴリール「ほんとだよ」
15 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/02/16(金) 16:34:13.67 6G2zb/L20
ラフィエル「そういえば、ガヴちゃんって学生の時、ネトゲにハマりすぎたせいで学校を休みがちになってましたね」

ガヴリール「そんなこと良く知ってんな、お前」

サターニャ「休みがちって、ぜんぜんに行ってないってこと?」

ガヴリール「あぁ。おかげで単位落として留年になりかけたこともあるな」

ヴィーネ「なにそれ?! ネトゲにハマって学校行かなかったってどんだけよ、完全に中毒じゃない!!」

ガヴリール「で、卒業した後は何もしないで毎日、ネトゲ三昧。」

ラフィエル「あらあら、ガヴちゃんって卒業後も変わっていなかったんですね」

ガヴリール「ってか、そもそもお前、学生の時を私を知ってるのか?」

サターニャ「あんた、ラフィエルと同級生で、友達って事、まだ思い出してないのかしら?」
16 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/02/16(金) 16:43:05.09 6G2zb/L20
サターニャ「で、ネトゲ中毒者のあんたが、何をやらかして捕まり、ここに収監されてきたのよ?」

ガヴリール「あぁー、実はネトゲにつぎ込む金(課金)が底をついて何か楽な仕事はないかなってネットで探してた時、物を運ぶ仕事を見つけたんだよ…それに応募して、すぐ採用さ!」

ラフィエル「物ですか?」

ガヴリール「あぁ。運んで待ち合わせの奴に渡せば、その場で20万、多い時で40万近くも貰える仕事だったんだよ!」

サターニャ「なっ、20万、40万ですってぇっ!?」

ヴィーネ「それ、明らかにアウトな仕事ね…」
17 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/02/16(金) 16:56:05.80 6G2zb/L20
ガヴリール「そうなんだよ。それから一か月後、目をつけていた警察共に捕まってそこで私が「ヤク」を運ばされてる事に気が付いたわけさ」

ラフィエル「ドラックですか。確かにアウトですね」

ガヴリール「んで、知らぬとはいえ運び屋やってずっと儲けていた事も吐いたら、一応加担してたって事でそのままブタ箱入りとなり、ここに来たって訳だ。しかも不幸なことに家にノートパソコン置いてきたら、ここに来てもネトゲはなし。ましてや、所長って奴に話しても、ノートパソコンやるのをOKしてくんねぇから一層最悪だ。」

ヴィーネ「ここに収監されたことよりもネトゲの心配するなんて、少々呆れるわ」

サターニャ「そもそもネトゲやらのせいで身を滅ぼしたってことだし、あんた、もうネトゲ止めた方がいいわよ」

ガヴリール「ぜってぇ、止めねぇ!! というか、考えたんだけどさ?」

ラフィヴィネサタ「「「はい?(えっ?)(なにっ?)」」」
18 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/02/16(金) 17:05:01.56 6G2zb/L20
ガヴリール「みんなでここから脱獄しねぇか?」

ラフィヴィネサタ「「「えっ……えええええぇぇぇぇっっっーーーーーーー!!!???」」」

ガヴリール「ネトゲの話してたら、やりたくなってきてさぁ。いっそ、こうなりゃ脱獄して、ノートパソコンを手にし、ネトゲをやるぞ!!」

ヴィーネ「なにっ、言ってんのよ!? 脱獄なんて無茶苦茶な犯罪以上の大問題じゃない!! せっかく罪を償おうとしてるのに、そんなことしたら全てが台無しよ!」

ラフィエル「う〜ん、私もヴィーネさんには賛成ですね…面白ではなく興味深いですが」

ヴィーネ「面白いって言いかけたわね? しかも興味深いといいなおすもどうかと思うけど…」

サターニャ「あんた、良くネトゲの為だけに軽々脱獄だなんて言えるわよね…。しかも私らまで巻き込むような発言までして?」

ガヴリール「うるせぇ! じゃあいいよ、私一人だけでも脱獄するからさ!!」
19 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/02/16(金) 18:28:42.07 c3t2XlK50
ヴィーネ「何を言うのよ、止めなさい!?」

サターニャ「そもそもどこから出るのよ? そりゃあ、鉄格子ぶち破れば出れるけど、ヤスリがないと無理だし」

ガヴリール「ふっふっふ、いつかこんな日が来ると思って床下に…ほらっ」パカッ

ラフィエル「おや、これは…」

ガヴリール「地道に抜け穴を掘っておいたんだよ。しかも、しっかりと外まで通じてるぞ!」

ヴィネサタ「「いつの間にっ!?」」

ラフィエル「これはびっくりですねー(棒)」

ガヴリール「おい、抜け穴の事気が付いてたんだろ、ラフィエル?」
20 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/02/16(金) 18:35:46.83 c3t2XlK50
ラフィエル「なんのことですか?」

ガヴリール「とぼけるな。深夜、私が穴を掘っている姿を笑顔で見ていただろ? 知らないとは言わせないぞ…チラッとだが、私は起きてるお前の姿を見てるんだよ!」

ラフィエル「あら〜、バレてましたか♩」

ヴィネサタ「「ラフィ(ラフィエル)までいつの間にっ!?」」

ラフィエル「面白ではなく、あまりにもガヴちゃんが真剣でしたので、うっかり周囲に言いそびれてました!」

ヴィーネ(わざとね…)

サターニャ(わざとだわ…)
21 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/02/16(金) 18:47:34.98 c3t2XlK50
ガヴリール「私はここから脱獄する。んじゃあな、数日だけだが、お前らと過ごせてまぁまぁ楽しかったよ…」

サターニャ「待ちなさい!」

ガヴリール「あぁん、何だよ?」

サターニャ「私も一緒に行くわ!」

ガヴリール「はぁ?」

ヴィーネ「ちょっとサターニャ、何言ってるのよ、本気なのっ!?」

サターニャ「本気よ! 今まで「冷血の悪魔」って異名に恥じぬよう悪事ばかり繰り返し、仲間もいらないって考えてずっと一人でやって来た。けど、捕まって初めて収監され、そこでヴィネットやラフィエル、そしてガヴリール…あんた達全員と出会い、私は少しずつだけど、考えも変わったの。仲間として一緒に居て、共に行動するのも悪くないってね。だから、脱獄でさえもガヴリール…あんたがするなら、私も仲間として一緒に行く…いえ、連れていきなさい!!!」

ガヴリール「はぁー、勝手にしろ。まっ、そもそも皆で脱獄しよう、なんて言ったのも私だしな!! なんだろう、最初ここに収監された時と比べて、ここ数日で今までの考えもお前らに対する態度も変わったのかな、私は…」
22 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/02/16(金) 22:16:08.94 c3t2XlK50
サターニャ「それじゃあ、覚悟して行くわよ」

ガヴリール「ってか、そのつもりだよ!」

ヴィーネ「待って!」

ガヴリール「なんだよ、止める気か? それだったrヴィーネ「私も行く!」

ガヴリール「へっ?」

ヴィーネ「正直に言うと私、友達に犯罪の濡れ衣を着せられて捕まり、ここに収監されたの。最初は友達の代わりに罪を償おうとした。けど、サターニャ達やガヴと出会って一緒にいるうちに考えが変わったの…やっぱり、私じゃなくて友達が犯した犯罪なんだから、友達が償うべきだって!! だから…」

ヴィーネ「だから私もここを脱獄して、友達に会いに行って説得しようと思う。」

ガヴリール「じゃあ、来いよ。ただし、脱獄までは一緒だけど、その後は自分で何とかしろよな?」
23 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/02/16(金) 22:27:40.22 c3t2XlK50
ヴィーネ「後はラフィだけだけど、どうする?」

ラフィエル「皆さんが脱獄するなら、私もご一緒します♩」ニコリ

サターニャ「そういやあ、あんたはどうしてここに収監されたのよ?」

ラフィエル「もちろん、トラブルではなく、興味深い事に首を突っ込み過ぎてしまい、そこを怪しまれてそれで…」

ガヴリール「つまりは事件の関係者じゃないのに、性格から首を突っ込んだせいで関係者だと勘違いされ、それで捕まったという訳だな」

ラフィエル「さぁ、どうでしょうか?」

ガヴリール「まぁ、いいや。とりあえず、これで全員脱獄する決意を固めたようだな…」
24 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/02/17(土) 01:51:13.85 ub8hEKem0
オイ、ダツゴクダー!!
ドコニイッタンダ?!
クッソ、サガセ、サガシダセー!

ウ〜ウ〜♩

〜刑務所が見える、遠方の場所〜

ガヴリール「見ろ、刑務所は大騒ぎだ!」

サターニャ「何よ。何が、24時間体制で完全武装した看守が見回りをしてる…よ、ガヴリールが掘った抜け穴に気付かないでまんまと出し抜かれるなんて、ただのザル警備じゃない!!」

ラフィエル「とりあえず、脱獄には成功しましたね」

ヴィーネ「ただ、私達はこれから脱獄囚として全国に指名手配されるわね…」
25 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/02/17(土) 02:02:11.88 ub8hEKem0
ガヴリール「なぁに、変装でもして逃げ回ればいいさ。で、ここら辺でお別れだが、お前らはこれから先、どうするんだ?」

ヴィーネ「私は、さっき言った濡れ衣を着せた友達の所に行き、何とか説得して共に自首するわ。」

サターニャ「あらっ、あんたって無実じゃないの? それなのに、そのお友達だけじゃなくて、自分も自首でどういうつもりよ??」

ヴィーネ「正直、友達が起こした罪は当然友達にも償わせるけど、私も無実とはいえ脱獄した罪があるから一応は、一緒にね」

ラフィエル「ヴィーネさんらしいですね♩」ニコリ
26 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/02/17(土) 02:06:55.28 ub8hEKem0
サターニャ「私は「冷血の魔女」として大悪党としてこれからも活動を続けていくつもりよ。もちろん、脱獄したという罪も背負ってね!だけど、これを教訓に今後は、捕まらないように気を付けないと」

ガヴリール「悪い事して、更には悪い事を重ねるというのが大悪党のお前らしいな…」

ラフィエル「で、私は……」チラッ

サターニャ「んっ?」

ラフィエル「サターニャさんの相棒としてついていくことにしました♩」ギュッ

サターニャ「はあぁーっ!!??」
27 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/02/17(土) 02:11:02.95 ub8hEKem0
ガヴリール「あっ、マジか…」

ヴィーネ「どういうつもりなの、ラフィ?」

サターニャ「そうよ。一体、どういうつもりなのよ!?」

ラフィエル「もちろん、仲間と一緒に過ごす事も悪くないと言ったサターニャさんの為ですよ♩ サターニャさんがこれから一人にならないように私が相棒且つ仲間としてそばにいる事にしました!」

サターニャ「だ、だからってそ、そこまではっ!?///」

ラフィエル「あっ、照れてますね〜♩」

ガヴリール「ラフィエル…」

ラフィエル「はい?」

ガヴリール「サターニャについていこうとする本音は?」
28 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/02/17(土) 02:13:41.01 ub8hEKem0
ラフィエル「もちろん、トラブルやら揉め事に遭遇する事を期待してですが♩?」

サターニャ「あぁー、やっぱりそうじゃないかと思ったわよ…」

ヴィーネ「まぁ、ラフィだしね」

ガヴリール「はっはっは、ラフィエルもらしいと言ったら、らしいな…」
29 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/02/17(土) 02:17:51.12 ub8hEKem0
ヴィーネ「で、そういうガヴはどうするの?」

ガヴリール「私か? もちろん、人に見つからない場所でも探して、そこでゆったりとネトゲをすんだよ。」

ヴィーネ「ノートパソコンはどうするのよ? まさか、家まで取りに戻るつもり?」

ガヴリール「いや、無謀な事はしない。適当な場所でノートパソコンでも購入すればいいさ…ただし、見つかる前にすぐにな」

ラフィエル「逃亡生活を送りつつ、ネトゲで過ごすんですね。」

サターニャ「そういうブレない所は、あんたらしいわね」
30 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/02/17(土) 02:26:31.05 ub8hEKem0
ガヴリール「んじゃあ、それぞれの無事を願って」

ヴィーネ「えぇ。逢えたら、またいずれどこかで会いましょ」

サターニャ「まぁ、ラフィエルは私についていくみたいだけど、ヴィネットとガヴリールは別々だし、くれぐれも体には気を付けないよね?」

ラフィエル「私たち、脱獄囚同士の友達…通称「脱友」です♩」

ヴィーネ「ぷっ、脱友ってなによそれ♩?」

サターニャ「まっ、別にいいんじゃないかしら」

ガヴリール「そうだな。脱友同士って事で、また会おうぜ!!」

ラフィヴィネサタ「「「はい♩(えぇ♩)(そうね♩)」」」
31 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/02/17(土) 02:38:14.53 ub8hEKem0
〜それから数日後 とある某所の隠れ家〜

ガヴリール「あ〜ぁ、また負けちまったか…んっ?」チラッ

新聞紙の一面『脱獄犯の一人が自首。更に、その脱獄犯が犯した事件の真犯人が自首し、脱獄犯は無実だと判明。』

ガヴリール「おっ、ヴィーネの事だな。あいつ、説得上手くいったんだな。だけど、ヴィーネの奴は、無罪放免で出てこれるか、それとも一緒に刑務所に入る事になるかはまだ、分からないんだな…。」

ガヴリール「おっと、こっちは!?」チラッ

新聞紙の一面(別の)『脱獄した冷血の魔女、またもや現る。しかも、今度は新しく相棒なる仲間を連れて。』

ガヴリール「サターニャとラフィエルの事だな。あいつら、また新聞に出てるなぁ。」

ガヴリール「だけど、今度は随分、しつこく逃げ回ってるようだな! はたして、このまま捕まらないで逃げ切れるかどうか…無事を願うのみだ…」

…………………………

ガヴリール「さて、私は今日も頑張って逃げ延びるか!!!(いずれあいつらに会える事も願いながら…な!)」ドンッ


こうして、ガヴリールは今日も脱獄囚として逃げ延びる日々を送るのでした…。


ラフィエル「天使と悪魔とチョコレート」

1 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/02/15(木) 01:57:32.85 j38bP/OI0

ラフィエル「えーと、焦げない様に鍋をかき回して……」

ラフィエル「こんなもんでしょうか?」

ラフィエル(明日はバレンタインデー。自分が好意にしている人にチョコレートを手渡す日……)

ラフィエル(かく言う私も……)


SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1518627452
2 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/02/15(木) 01:59:20.58 j38bP/OI0

ラフィエル「型に入れて冷やした物を取り出して……と」

ラフィエル「ふぅ、ようやく出来ましたね」

ラフィエル「ちょっと味見をしてみましょうか」


ラフィエル「うーん、流石に既製品とまではいきませんね」

ラフィエル「普段あまりお菓子作りとかしませんからね……」


ラフィエル「サターニャさん喜んでくれますかね……」
3 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/02/15(木) 02:02:07.83 j38bP/OI0

ー翌日ー

ラフィエル(ついにこの時が来ましたね……)

ラフィエル(いつも通りに普通に話しかけて、さりげなく渡すだけ)

ラフィエル(そうすればきっと受け取ってくれるはずです」

ラフィエル「それなのにどうしてこんなにドキドキするんでしょう―」


ガヴリール「私らの教室を覗きこんで何独り言呟いてるんだ」

ラフィエル「ガ、ガヴちゃん!?」

ラフィエル「私、声に出ていましたか?」

ガヴリール「ああ。何を言っていたかは聞こえなかったが」

ラフィエル「そ、そうですか」ホッ


ヴィーネ「あっ、ガヴ!ラフィ!こっち来てよ!」
4 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/02/15(木) 02:07:22.41 j38bP/OI0

サターニャ「どうしたのヴィネット、今日何かテンション高いわね」

ヴィ―ネ「さていきなりですが問題です!ガヴ、今日は何の日か知ってる?」

ガヴリール「平日」

ヴィーネ「ちょっとふざけないで、正解はバレンタインデーよ!」

ガヴリール「そういえばそんなのあったな」

ヴィーネ「天界や魔界でもあったけどね、人間界では友チョコという文化があるみたいなの!」

ヴィーネ「という訳で、私もチョコレートを作ってきました。皆食べてみて!」


サターニャ「美味しそうじゃない」

ガヴリール「おお、綺麗に出来てるじゃん」

ラフィエル「本当、売り物みたいに綺麗ですね……」


サターニャ「早速頂くわよ!」パクッ

ガヴリール「うん、甘すぎず苦すぎず流石だな」モグモグ



ラフィエル(私が作ったチョコよりも全然美味しいですね……)
5 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/02/15(木) 02:10:25.19 j38bP/OI0

サターニャ「本当に良く出来てるじゃない、これならウチの店にも出せるわよ」

ラフィエル「店?」

ヴィーネ「あれラフィ知らなかったの?サターニャの実家、洋菓子屋なのよ」

ラフィエル「えっ……」

ガヴリール「なんだよ、実家が洋菓子屋なのに味覚音痴なのかよお前」

サターニャ「何よ!私のどこが味覚音痴な訳!?」

ヴィーネ「確かにサターニャは辛い物とかに対する味覚は変だけど、甘い物に関しては一流よね。前にサターニャが紹介してくれたスイーツのお店すっごく美味しかったもの」
6 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/02/15(木) 02:12:27.11 j38bP/OI0

ラフィエル(サターニャさん洋菓子屋の子だったんですね……)

ラフィエル(それならきっとチョコレートへの舌も肥えているはず……)

ラフィエル(ヴィーネさんのに比べたら全然レベルの低い初心者の私が作った手作りチョコなんて喜んでくれませんよね……)

ラフィエル(そう考えたら急に渡すのが怖くなってしまいました……)


ラフィエル「すみません、ちょっとお花を摘みに……」

ガヴリール「……」


ガヴリール「すまん、私もトイレ」
7 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/02/15(木) 02:14:02.05 j38bP/OI0

ラフィエル(このチョコをあげてサターニャさんに嫌われたらと思うと……)

ラフィエル(もし渡さなければ、今まで通りに過ごせるのでは……)


ラフィエル(どうしましょうか、このチョコレート……)


ガヴリール「ラフィ」

ラフィエル「ガヴちゃん?」

ガヴリール「私もお花を摘みにな」

ラフィエル「……心配してくれたんですか?」

ガヴリール「……何のことだ?」

ラフィエル「……ありがとうございます」

ガヴリール「……」

ラフィエル「……」
8 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/02/15(木) 02:16:10.19 j38bP/OI0

ラフィエル(どうせ渡さないのなら……)


ラフィエル「ガヴちゃん……チョコレートはお好きですか?」

ガヴリール「……何だよ唐突に」

ラフィエル「さっきヴィーネさんも言ってましたが、人間界では友人にチョコを渡す友チョコという文化もあるみたいですね……」

ガヴリール「……」

ラフィエル「せっかくなんで、このチョコレートをガヴちゃんにあげちゃいます」

ガヴリール「……」

ラフィエル「ヴィーネさんのに比べたら出来は悪いですが……、あっ、大丈夫です、もちろん友チョコですよ」

ガヴリール「……私以外にもあげるのか?」

ラフィエル「いえ、これだけしか作ってませんよ。同郷のガヴちゃんだけにプレゼントです」

ガヴリール「……そうか」

ラフィエル「……そろそろ授業が始まるので自分の教室に戻りますね」

ガヴリール「……」


ラフィエル(ガヴちゃん、渡し損ねたチョコなんかでごめんなさい……)
9 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/02/15(木) 02:18:03.55 j38bP/OI0


ガヴリール「1個しか作ってなくて」

ガヴリール「綺麗にラッピングされている」

ガヴリール「ハート型のチョコで」

ガヴリール「コウモリのメッセージカード付」



ガヴリール「それが友チョコね……」
10 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/02/15(木) 02:19:54.17 j38bP/OI0

ー放課後ー


ラフィエル「もう渡すチョコもないですし、私のバレンタインデーは終わりました」

ラフィエル「私は臆病です……」

ラフィエル「自分に自信が持てなくて、チョコすら渡せない……」


ラフィエル「きっと今後も自分の気持ちを伝える事なんて……」


ヴィーネ「あっ、ラフィじゃない」

ラフィエル「ヴィーネさん……」
11 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/02/15(木) 02:21:49.36 j38bP/OI0

ラフィエル「ガヴちゃんやサターニャさんは?」

ヴィーネ「ガヴもサターニャも授業が終わってすぐ教室を飛び出していったの。それで私一人で置いてけぼり」

ラフィエル「そうだったんですか……」


ヴィーネ「ラフィ、今日元気ないじゃない、何かあったの?」

ラフィエル「……」
12 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/02/15(木) 02:25:56.49 j38bP/OI0

ヴィーネ「サターニャにチョコレート渡せた?」

ラフィエル「えっ!?な、何の事ですか……」

ヴィーネ「だって、ラフィがさっき持ってたチョコレート、サターニャに作ったんでしょ」

ラフィエル「……どうして分かったんですか?」

ヴィーネ「うーん、乙女の感ってやつかな?」

ラフィエル「……」


ヴィーネ「どうしてあげなかったの?」


ラフィエル「自信が持てなかったんです……」

ラフィエル「料理上手なヴィーネさんと違って、料理の上手くない私が甘い物が得意であるサターニャさんにチョコを渡したとしても喜んでくれないのではと思いまして……」
13 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/02/15(木) 02:28:09.04 j38bP/OI0

ヴィーネ「ねぇラフィ。ラフィはきっとチョコレートを作った時にサターニャの笑顔が思い浮かんだでしょ」

ラフィエル「はい……」

ヴィーネ「料理ってね、作ってる時に思い浮かべる人が自分にとって大事な人ほどその料理に愛情が込められるものなの」

ヴィーネ「皆が美味しいって言ってくれた私のチョコレートよりも、ラフィのチョコレートの方がサターニャへの思いがずっとずっと強いはずよ」

ヴィーネ「そんなラフィのチョコレートをあの子が喜ばないはずないわよ」
14 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/02/15(木) 02:30:09.08 j38bP/OI0

ラフィエル「そうですかね……」

ヴィーネ「うん、きっとそうよ」

ヴィーネ「それにラフィは直前までサターニャにチョコレートを渡そうと思っていたんでしょ」

ヴィーネ「だったらあと一歩勇気を持って踏み出せば届いていたんだよ」


ラフィエル「あと一歩、勇気を持って踏み出すですか」
15 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/02/15(木) 02:33:18.65 j38bP/OI0

ラフィエル「ヴィーネさん励ましてくれてありがとうございます。私頑張ってみます!」

ヴィーネ「頑張って!応援してるわ!」

ラフィエル「あっ、でも、もうサターニャさんは帰ってしまいましたし、それにチョコが……」

ヴィーネ「ふふっ、そんな頑張るラフィにこれをあげるわ」



ラフィエル「えっ、これって……、私がガヴちゃんにあげたチョコレート……」

ラフィエル「あれ、天使の形をしたメッセージカードがついてますね……」
16 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/02/15(木) 02:35:00.12 j38bP/OI0
    
     「サターニャさんへ
      
      放課後、屋上に来てください
          
      ラフィエルより



      という手紙をサターニャに渡しておいた」



ヴィーネ「ガヴが直接ラフィに渡せばよかったのにね。けど、あの子照れ屋だから」

ラフィエル「ガヴちゃん、ヴィーネさん、本当にありがとうございます!」

ヴィーネ「ほら、早く行かないと寒い中サターニャが待ってるわよ」

ラフィエル「は、はい!」
17 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/02/15(木) 02:37:12.17 j38bP/OI0

ヴィーネ「勇気を持って踏み出すね……」


ヴィーネ「あんな強がりな事言っちゃって」


ヴィーネ「本当は自分に言い聞かせてたのかな」


ヴィーネ「……」


prrrr
18 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/02/15(木) 02:40:31.06 j38bP/OI0

ヴィーネ「もしもし、ガヴ?」

ヴィーネ「うん、なんとか上手くいったわよ」


ヴィーネ「それでね……」


ヴィーネ「この後、ちょっと会えるかな?」

ヴィーネ「ちょっと渡しそびれた物があるの」


END

サターニャ「追い出されちゃったわね」ラフィエル「ですねー」

1 :以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/04/29(土) 02:04:17.234 pcR7GgtM0.net
7話でヴィーネに追い出された後
2 :以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/04/29(土) 02:04:30.217 pcR7GgtM0.net
バタン

サターニャ「このやり場のない天命ゲームとバドミントンはどうすんのよ!」

ラフィエル「あはは…」

サターニャ「…」

ラフィエル「…」

サターニャ「暇になっちゃったわね」

ラフィエル「ですねー」
4 :以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/04/29(土) 02:05:38.519 pcR7GgtM0.net
サターニャ「もう!お見舞いにきてあげたのにひどいわよ!たっく」

ラフィエル「まあまあ」

ラフィエル(サターニャさんにのっかてみたのはいいのですが、追い出されますよね普通)

サターニャ「うー…そうだラフィエル!」

サターニャ「折角だからバドミントンで勝負よ!」

ラフィエル(…面白そう!)

サターニャ「そうと決まればあっちの公園でやるわよ!」

ラフィエル「はい!」
5 :以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/04/29(土) 02:06:22.796 pcR7GgtM0.net
公園

ラフィエル「サターニャさんが先でいいですよー」

サターニャ「ふふふ…」

ラフィエル(相手はサターニャさんといえど運動神経はあちらに分があります…どうくるのでしょう…)

サターニャ「くらいなさい!デビルズサーブ!」パーン




サターニャ「うわーん!ラフィエル〜ロケットどっかいっちゃった〜」

ラフィエル「シャトルですよーなんであんな遠く飛ばすんですか」

サターニャ「折角買ったのに…」シクシク

ラフィエル「ほら、一緒に探しますよサターニャさん」

サターニャ「…!」パァァ
6 :以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/04/29(土) 02:08:40.224 pcR7GgtM0.net
サターニャ「見つかったわー!」キャッキャッ

ラフィエル「サターニャさん…バドミントンのルール教えてさしあげますね」

サターニャ「へ?ロケットを遠くに飛ばすゲームじゃないの?」

ラフィエル「知らないで買ったんですかぁ!?」


教えてもらって

サターニャ「よっ」カン

ラフィエル「えい」カン

サターニャ「やるわね!」

ラフィエル「そちらこそ!」
7 :以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/04/29(土) 02:09:05.357 pcR7GgtM0.net


サターニャ「だー!負けた!くやしー!」

ラフィエル「うふふ」

ラフィエル(そういえばサターニャさんと正々堂々勝負したのは初めてですね)

サターニャ「次は負けないんだから!覚えときなさいよ!」

ラフィエル「またやりましょうね」

サターニャ「もちろんよ!」

ラフィエル「あ、バドミントンに夢中になってたらこんな遅い時間に…そろそろ帰らなきゃですね」

サターニャ「あ!待ちなさいラフィエル!まだ天命ゲームが残ってるわよ!」

ラフィエル「…もしかして外でやるとか言いませんよね?」
8 :以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/04/29(土) 02:11:33.327 pcR7GgtM0.net
サターニャ「ウチに来てやるのよ!ホントはヴィネット含めた3人でやりたかったけどしょうがないわ!」

ラフィエル「あらあらーそんなに私と勝負したいんですねー」

サターニャ「そういうわけじゃ…まあそれもあるっちゃあるけど折角持ってきたんだし…」

サターニャ「それに負けっぱなしは嫌なのよ!」

ラフィエル「うふふ、いいですよ 私も負けません」

サターニャ「やたー!今日は天命ゲーム日和ね!ラフィエル!覚悟しなさい!」

ラフィエル「なんだか自然とお泊まりみたいな流れになってますね〜」ニコニコ

サターニャ「た、確かに いきなりだけど良かったかしら?」

ラフィエル「ええ!サターニャさんがいる所ならなんとやらですよ!」

サターニャ「ふっ…いい心がけね!サタニキアハウスに向かうわよ!」

ラフィエル「はい!」
11 :以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/04/29(土) 02:14:50.998 pcR7GgtM0.net
ご飯とお風呂を済ませて



サターニャ「服のサイズあってるー?」

ラフィエル「大丈夫ですよー」

サターニャ「よーし!さあ始めるわよ!天命ゲーム!」




サターニャ「…」コロコロ

ラフィエル「…」ニコニコ

サターニャ「勝負以前にこれ3人以上じゃないと楽しくない…」

ラフィエル「私はサターニャさんと一緒ならなんでも楽しいですよ〜」

サターニャ「あんたはいつも楽しそうにしてると思うんだけど…」

ラフィエル「うふふー」
12 :以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/04/29(土) 02:15:34.078 pcR7GgtM0.net
サターニャ「というか眠く…」ウツラツウツラ

ラフィエル「あらあら〜」

サターニャ「ん…でもまだ勝負中だから眠っちゃ…」

zzzzz

ラフィエル「ほんとに寝ちゃいましたね」

ラフィエル「ベッドで寝ないなんて悪魔的ですよサターニャさん」

ラフィエル「ふふ、運んであげなきゃですね」

ギュッ

サターニャ「今日はありがとラフィ…」

サターニャ「ん…負けないんだから…」ムニャニムニャ

zzzzz

ラフィエル「…!」ドキッ

ラフィエル「寝言ですか…ふふ」

ラフィエル「サターニャさん、天命ゲームも私の勝ちですね」

ラフィエル「だって私の天命はサターニャさんと…うふふ」

終わり
15 :以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/04/29(土) 02:17:36.117 pcR7GgtM0.net
短いけど終わり
コミックだとおまけだったサタラフィお見舞いをアニメで見た時は嬉しかったです

読んでくれてありがとうございました
16 :以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/04/29(土) 02:19:16.640 5U8afGE90.net
乙乙

ガヴリール「腹が立ったから、ヴィーネ達にカンチョーをお見舞いしてやる」

1 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/02/06(火) 00:40:17.88 AJMtJck60
ガヴリールの家

ガヴリール「またやられちまった!あああああぁぁぁぁっっーーーーーもう、腹が立ってきたーーー!!」

ガヴリール「こうなったら鬱憤晴らしにヴィーネ達にカンチョーをお見舞いしてやるか」キランッ



ガヴリール「まず、カンチョーをお見舞いする相手はヴィーネにしよう……。よし、さっそくあいつの家に……」ニヤリ

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1517845217
2 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/02/06(火) 00:45:15.67 AJMtJck60
ヴィーネの家

ガヴリール「いやあ、悪いねー。急に来てあがりこんじゃってさぁ」

ヴィーネ「ほんと急よね。まぁ、ガヴの行動には多少慣れてきたから別に構わないけど」

ガヴリール「慣れてきて助かる」

ヴィーネ「はぁー。じゃあ、ちょっと待てて…お茶でも入れるから」スタスタ

ガヴリール(バカめ、私に背を向けやがって)ニヤニヤ
3 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/02/06(火) 00:54:48.61 AJMtJck60
ヴィーネ「そうそう。ガヴ、用事ってなn」トクトク

ガヴリール「(今だ!)カンチョッ♩」ブスッ

ヴィーネ「ひ゛き゛ゃ゛あ゛あ゛!?」

ガヴリール「わはははははっ、大成功!!」

ヴィーネ「……っ……っ」プルプル

ガヴリール「くぅ〜、少しだけスカッとしたぜぇー。」
4 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/02/06(火) 01:02:33.97 AJMtJck60
ガヴリール「んじゃあな、ヴィーネ。」スタスタ

ヴィーネ「…………ガヴ」

ガヴリール「んっ…なんd、ヒィッ!!??」ビクッ

ヴィーネ「」ゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴ

ガヴリール「お、おい、いきなりそんなオーラ出すなよっ!?」ビクビク

ヴィーネ「この…………おバカ駄天使ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー!!!!!!!」オオワザハツドウ

チュドーーーンッ!!

ガヴリール「ぎえええぇぇぇぇーーっ!!!!!」
5 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/02/06(火) 01:06:46.63 AJMtJck60
ガヴリール「いてて…。ヴィーネの奴め、たかがカンチョーされたぐらいで部屋一つ吹き飛ばす程の技を使うか、普通」ボロボロ

ガヴリール「まぁいいや。」



ガヴリール「次はサターニャにするか。今度はあいつの家に…」ニヤリ
6 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/02/06(火) 01:11:16.42 AJMtJck60
サターニャの家

ガヴリール「急に来て悪かったなぁ」

サターニャ「それは別に構わないけど、珍しいわね…アンタがうちに来るなんて」

サターニャ「ハッ、さてはこの大悪魔、胡桃沢=サタニキア=マクドウェルに勝負でも挑みに来たの? それとも私の弟子にしてもらうべく頭でも下げにきたのかしら?♩♩」ニヤニヤ

ガヴリール「アホらし…。勝手にほざいてろ」

サターニャ「な、なによっ!?」
7 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/02/06(火) 01:14:25.62 AJMtJck60
サターニャ「で……アンタ、何しにうちに来たのよ?」

ガヴリール「その前にお茶でもくれねぇかな? こっちとら客人だぞ?」

サターニャ「そっちから来ておいて図々しいわね!? でも、まぁいいわ。ちょっと待ってなさい?」スタスタ

ガヴリール(バーカ。私に背を向けた時点でお前はバカなんだよっ♩)ニヤニヤ
9 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/02/06(火) 01:22:25.80 AJMtJck60
サターニャ「ったく…」トクトク

ガヴリール「(今だ!)カンチョッ♩」ブスッ

サターニャ「い゛き゛ゃ゛あ゛あ゛あ゛!?」

ガヴリール「あははははっ、また大成功!」

サターニャ「……っ……っ」プルプル

ガヴリール「サターニャにカンチョーしたら大分、スッキリしたなぁ。」
10 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/02/06(火) 01:31:01.00 AJMtJck60
ガヴリール「もういいや。あばよっ、サターニャ」

サターニャ「ガヴリール!!!」ムクッ

ガヴリール「うぉっ、びっくりしたぁ!? なんだよ?」

サターニャ「なんだよ、じゃないわよっ!? 今のは一体どういうつもりよ!!!」バンッ

ガヴリール「チッ、ただのストレス解消だよ…。気にすんな」

サターニャ「っ!? くぅぅ………ふっ、」プルプル

ガヴリール「んっ、なんだ? ふっ、なんだよ?」

サターニャ「ふざけんなぁーーーーーーーーーーーーーーーーーー!!!!!!!!!!」

バキドコボコッ!!

ガヴリール「どわあああぁぁぁぁーーーーーーっ!!!!!」
11 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/02/06(火) 01:38:24.12 AJMtJck60
ガヴリール「アタタタ…。ったく、サターニャの奴、カンチョーされただけであんなに殴るか、普通」ボロボロ

ガヴリール「にしても、あいつ本気で怒るとあんなに強くなるとは…。案外、侮れないのかもしれないな。」



ガヴリール「さて、最後はラフィエルだな。本来ならサターニャでスッキリしたが、せっかくだからついでにあいつにもお見舞いしてやるか、カンチョーを…」ニヤリ
12 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/02/06(火) 01:43:04.23 AJMtJck60
ラフィエルの家

ラフィエル「いらっしゃーい、ガヴちゃん♩」ニコニコ

ガヴリール「おう、急にあがりこんで悪いな、ラフィエル」

ラフィエル「いえいえ、ガヴちゃんなら大歓迎ですよ。もちろん、ヴィーネさんやサターニャさんもご一緒にいらっしゃったらもっと大歓迎ですけど」ニコ

ガヴリール「そうか…。」
13 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/02/06(火) 01:46:28.33 AJMtJck60
ラフィエル「それで、大事なお話とは一体?」

ガヴリール「その前にお茶をくれないか? ここまで歩いてきたから、喉が渇いてさぁ」

ラフィエル「あっ、すみません。私としたことがうっかりお茶を出し忘れてましたー。ちょっと待っててくださいね?」スタスタ

ガヴリール(はい。私に背を向けた時点で、私のチャンスっと)ニヤニヤ
14 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/02/06(火) 01:52:33.35 AJMtJck60
ガヴリール「(ラフィエルは察しやすいから、すぐにでも…えいっ!)カンチョッ♩」ブスッ

ラフィエル「ん゛き゛い゛い゛い゛い゛!?」

ガヴリール「ぎゃはははははっ、またまた大成功!」

ラフィエル「……っ……っ」プルプル

ガヴリール「ついでとはいえ、カンチョーしたらラフィエルの珍しく、面白い光景が見れたなぁ。」
15 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/02/06(火) 01:58:21.77 AJMtJck60
ガヴリール「さぁて、さっそく帰ってネトゲの続きでもすっかぁ! またな、ラフィエル」

ガシッ!

ガヴリール「んっ?」チラッ

ラフィエル「」ゴゴゴゴゴ

ガヴリール「えっ!?」ビクッ

ラフィエル「」ムクッ

ラフィエル「ガ〜〜〜ヴ〜〜〜ち〜〜〜ゃ〜〜〜ん〜〜〜??♩♩」ニコニコニコニコ

ガヴリール「ヒィィーッ!!??」ビクビク
16 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/02/06(火) 02:04:34.74 AJMtJck60
ラフィエル「これはどういうことですか〜?」ニコニコニコニコ、ゴゴゴゴゴゴゴゴ

ガヴリール「っ!?(表面上は笑顔が保たれているが、背後からは異様なオーラを感じるっ!!??)」

ラフィエル「ちゃんと説明…してくれます、よね?」ゴゴゴゴゴゴゴゴ

ガヴリール「いや、その……」アタフタ

ラフィエル「んっ♩♩♩?」ニコニコニコニコ

ガヴリール「あっ、いえ……実は」カクカクシカジカ
17 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/02/06(火) 02:16:05.03 AJMtJck60
ラフィエル「成る程〜。つまりは鬱憤晴らしにこういう事を始め、ヴィーネさんにサターニャさんとお見舞いしてスッキリはしたけど、私はついでとしてこういう事をお見舞いされた…と?」

ガヴリール「………はい」

ラフィエル「そうでしたか…。うふふっ……うふふふふふふふふふっ♩♩♩」ニコニコニコニコニコニコ

ガヴリール「ら、ラフィエル!?」ビクビク

ラフィエル「ガヴちゃん?」

ガヴリール「は、はい!?」ビクッ

ラフィエル「今回、ガヴちゃんのやった事はガヴちゃんにとっては軽いものと思っていても、私たちからすれば苦痛を感じるものです。分かりますか?」

ガヴリール「……」コクンッ
18 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/02/06(火) 02:28:07.18 AJMtJck60
ラフィエル「ましてや、ヴィーネさんだけでなくサターニャさんにまであれをお見舞いした…。今回、ガヴちゃんはやり過ぎです……なので、お灸を据えないといけませんね?♩♩♩」ニコリ

ガヴリール「えっ、ちょ、ちょっと待って!? 確かに今の話を聞いてやり過ぎたとは思ったが、流石にお灸を据えるって問題じゃないだろ?!」

ラフィエル「いえ、ガヴちゃんにはしっかりと反省してもらわないと」ニコニコ

ガヴリール「」

ラフィエル「では、始めますよ。覚悟してくださいね、ガヴちゃん?」ニコリ

ガヴリール「あっ、ちょ、おいっ………うぎゃあああああああっっっーーーーーー!!!!!!」


その日、ラフィエルにたっぷりとお灸を据えられたガヴリール。それから、数日はラフィエルに対し怯え続けていたという…。

☆完☆

ガヴリール「豆まきしようぜ」

1 :以下、?ちゃんねるからVIPがお送りします 2018/02/03(土) 23:38:37.390 yh3aizEY0.net
【ガヴリール宅】


サターニャ「珍しいわね。あんたから誘ってくるなんて」

ヴィーネ「ついにガヴもイベントの良さが分かるようになったのね!」キラキラ

ガヴリール「なってないよ。正直だるいよ」

ラフィエル「じゃあどうして?」

ガヴリール「今日節分じゃん? なんか姉さんが豆を大量に送ってきてさぁ」ドサ

ヴィーネ「えぇ……ダンボール1箱分って……」

ガヴリール「捨てようとしてる所を千里眼で見られてめちゃくちゃ怒られたんだ」

ヴィーネ「そりゃ怒るでしょ! なにもったいない事しようとしてんの!」

ラフィエル「なるほど、これは豆まきをやるほかないですねー」
6 :以下、?ちゃんねるからVIPがお送りします 2018/02/03(土) 23:40:06.613 yh3aizEY0.net
ガヴリール「送ってくるにしてもちょっとでいいんだよちょっとで」

サターニャ「そういえばあんた、ハロウィンの時も豆くれたわよね。好きなの?」

ガヴリール「いや、まあ……別に好きではないけど。なんか口寂しくなった時用に常備してるんだ。実家の影響かもな」

ヴィーネ「ガヴの実家と、お豆?」

ガヴリール「うちの家、おやつは炒った豆を出すんだ」

ヴィーネ「い、炒った……」

サターニャ「まめ……!」プフッ

ガヴリール「ほんと天界って時代遅れにも程があるよな」

サターニャ「ラフィエルのとこもお豆をおやつに食べるの?」

ラフィエル「うちはケーキですね」

ガヴリール「は!? ズルすぎだろ!!ふこうへい!ふこうへい!格差社会!!」

ラフィエル「ガヴちゃんのお家が特殊なのでは……」
7 :以下、?ちゃんねるからVIPがお送りします 2018/02/03(土) 23:42:05.328 yh3aizEY0.net
【公園】


ラフィエル「さて、鬼役ですけど……」

ヴィーネ「これもお祓いの儀式だから、もしかすると私達が豆を投げられたら結構痛いかもね」

サターニャ「当たらなきゃ良いのよヴィネット」

ラフィエル「ちゃんと避けれます? えいっ」パララッ

サターニャ「いたたたた!? 予想外に痛い!」

ラフィエル「あらら、軽くかけた程度なのですが……天使が投げると効果も強くなるんでしょうか?」

ガヴリール「ヴィーネには効かないんじゃない? 悪魔っぽくないし」

ヴィーネ「効く、ちゃんと効くから! でも現実を見たくないから投げないでね!」

ガヴリール「自分でも不安なんじゃねえか」
8 :以下、?ちゃんねるからVIPがお送りします 2018/02/03(土) 23:44:01.116 yh3aizEY0.net
ラフィエル「というわけで、私達が鬼役ですっ」

ガヴリール「……なんで私が鬼なんだよ。天使だぞ」

ヴィーネ「二人には悪いけど、こういうのやった事ないから楽しみね!」

サターニャ「ガヴリール! あんたを豆まみれにしてあげるわ!!」
9 :以下、?ちゃんねるからVIPがお送りします 2018/02/03(土) 23:46:02.271 yh3aizEY0.net
ヴィーネ「行くわよラフィっ」

ラフィエル「いつでもいいですよー」

ヴィーネ「えいっ!」

ラフィエル「おっと」シュン

ヴィーネ「やあ!」

ラフィエル「はい、神足通」シュン

ラフィエル「ヴィーネさーん、こっちですよ〜」

ヴィーネ「このっ……!」

ラフィエル「うふふ」シュン

ヴィーネ「ぜんっぜん当たらない……!」ゼエゼエ

ラフィエル「早く追いかけてくださーい」ニコニコ

ヴィーネ「神足通を使うなー!!」

ラフィエル「ヴィーネさん楽しいですねー♪」シュン
10 :以下、?ちゃんねるからVIPがお送りします 2018/02/03(土) 23:48:01.774 yh3aizEY0.net
サターニャ「くっくっく、覚悟はいい? ガヴリール……」

ガヴリール「ちょっと待てお前……本気で投げるつもりか?」

サターニャ「当たり前でしょ? いつもいつも私をからかってきて……」

サターニャ「こんなチャンス絶対に逃さないんだから!」

ガヴリール「いやっ、それはお前がつっかかってくるから……!」

サターニャ「くらえー!!!」バッ

ガヴリール「おいこら! 手いっぱいに豆掴むなっ、やめっ───」

サターニャ「せいっ!!」ババババ

ガヴリール「あだだだだだだ!! 本気で投げんな!」

サターニャ「あはははははは! 屈しなさい天使め!」ババババ

ガヴリール「いだい!いだい! たんま! 待っ!!!」

サターニャ「んなーっはっはっはぁ!!」ババババ

ガヴリール「いやああああああああ!」
11 :以下、?ちゃんねるからVIPがお送りします 2018/02/03(土) 23:50:04.957 yh3aizEY0.net
サターニャ「それそれそれそれぇ!!」ババババ

ガヴリール「いたっ! あうっ!」

ガヴリール「……………………」

ガヴリール「………………ぐすっ」

サターニャ「えっ」

ガヴリール「うわああああああああん! ゔぃーねぇ!サターニャがいじめるよおおおおおお」

サターニャ「が、ガヴリールが泣いた!?」

ガヴリール「ゔぃーーねぇーーーー!!!」ビエ-

サターニャ「やった!! ガヴリールを負かし───」

ヴィーネ「サターニャ」ガシ

サターニャ「へ?」

ヴィーネ「ちょっと向こうでお話ししましょう?」

サターニャ「え、えっ? なによ、どうしたのヴィネット、なんか怖……や、やめて! 離してお願い!」

ヴィーネ「大丈夫。すぐすむから」

サターニャ「誰か助けてえええええええ」ズリズリズリ

ガヴリール「ばかめ」

ラフィエル「ガヴちゃんとヴィーネさん、いったいどんな関係なんですか……」
12 :以下、?ちゃんねるからVIPがお送りします 2018/02/03(土) 23:52:01.366 yh3aizEY0.net
ヴィーネ「豆まき楽しかったわねー」

ガヴリール「…………うん」

ラフィエル「そうですね……」

サターニャ「」ガクガク ブルブル
14 :以下、?ちゃんねるからVIPがお送りします 2018/02/03(土) 23:54:01.347 yh3aizEY0.net
ヴィーネ「さて、撒いた豆を掃除しましょうか」

ガヴリール「えっ、別にいいだろ。ハトとかスズメが食べるでしょ」

ヴィーネ「んー、そうかもしれないけど……一応公園だからね。子供が拾って食べちゃうかもしれないし、念のためにやっておいた方がいいでしょ?」

ラフィエル「そうですね。気にされる方もいるかもしれません」

ガヴリール「だるー……」

サターニャ「ふっふっふ、任せなさい。こういう時のためにぴったりのアイテムを持っているのよ」

ヴィーネ「ぴったりのアイテム?」
15 :以下、?ちゃんねるからVIPがお送りします 2018/02/03(土) 23:56:01.304 yh3aizEY0.net
サターニャ「じゃーん! スイッチを付けると自動で動き回って綺麗にしてくれる機械よ!」

ヴィーネ「それって」

ガヴリール「お掃除ロボットじゃん」

ラフィエル「ちなみにどこで買われたんですか?」

サターニャ「魔界通販」

ヴィーネ「サターニャ魔界通販見るの禁止ね」

サターニャ「ま、待ちなさいよ! 多分すごい奴なんだからきっと!」
16 :以下、?ちゃんねるからVIPがお送りします 2018/02/03(土) 23:58:02.449 yh3aizEY0.net
サターニャ「行くわよ! スイッチオン」ピッ

お掃除ロボット『』ウィ-ン

ガヴリール「うごいた」

お掃除ロボット『』ガッ ガッ

ラフィエル「枯れ枝に引っかかってますけど」

サターニャ「む、向きを変えれば大丈夫だから」クル

お掃除ロボット『』ガッ ガッ

ガヴリール「石につまづいてるぞ」

サターニャ「あんたもっと頑張りなさいよ!」クル

お掃除ロボット『』ガッ ガッ

ヴィーネ「……サターニャ、ほうきとチリトリ持ってくるわね」

サターニャ「そんなぁ!」
19 :以下、?ちゃんねるからVIPがお送りします 2018/02/04(日) 00:00:02.828 R7tweoGk0.net
【ガヴリール宅】


ヴィーネ「ガヴのお豆まだある?」

ガヴリール「あるよ。どんどん消費してくれ」スッ

ヴィーネ「それじゃ、最後にお豆を食べるんだけど……」

ラフィエル「これが……ガヴちゃんのお豆ですか……」ゴクリ

サターニャ「ガヴリールの、おまめ……///」

ヴィーネ「………………………………………………」

ガヴリール「おい!? なんか意味深に呟くなよ!! 早く食っちまえ!!!」
21 :以下、?ちゃんねるからVIPがお送りします 2018/02/04(日) 00:02:05.242 R7tweoGk0.net
ラフィエル「これ、意外と止まらなくなりますね」ポリポリ

サターニャ「なんで節分に豆を食べるのかしらね?」ポリポリ

ガヴリール「しらん」ポリポリ

ヴィーネ「うーんと……火で炒った豆は福豆って呼ばれてて、身体に取り入れて無病息災を願うらしいわよ」

ラフィエル「ほうほう」ポリポリ

ヴィーネ「あっ、歳の数だけ食べるって書いてある」

ラフィエル「えっ」

サターニャ「……ラフィエル結構食べたわよね」

ガヴリール「いくつ?」

ラフィエル「にじゅう……しち、はち……?」

ガヴリール「……ちょうどいいんじゃね?」

ラフィエル「どういう意味ですか」ガ-ン
22 :以下、?ちゃんねるからVIPがお送りします 2018/02/04(日) 00:04:02.004 R7tweoGk0.net
ガヴリール「まあそんな事言ってても減らないし食え食え」

ヴィーネ「風情も何もないわね……」

サターニャ「ふふふ、私もう100歳までいったわ! 不老不死の大悪魔様よ!」

ラフィエル「私もう286歳になりました」

サターニャ「どんだけ食べるのよ!!」
24 :以下、?ちゃんねるからVIPがお送りします 2018/02/04(日) 00:06:35.969 R7tweoGk0.net
ガヴリール「あー、食った食った」

サターニャ「きな粉のお餅美味しかった〜! 炒り豆からきな粉を作るなんてやるわねヴィネット」

ヴィーネ「ガヴにあげた鏡餅が部屋の隅に転がっててちょうどよかったわね〜」

ガヴリール「ゔぃ、ヴィーネ、ちょっと怒ってる?」

ヴィーネ「んー? どうかしらね」ニコニコ

ガヴリール「ごめんって!」

ラフィエル「何はともあれ、これでお豆も食べきりましたね」


ピンポーン

宅配天使『おとどけものでーす』


ガヴリール「ん? なんだ?」ガチャ

天使「あ、天真さんじゃなくて白羽さんです」

ラフィエル「私ですか? どうもありがとうございます……?」

ヴィーネ「なにかしらね?」

ラフィエル「開けてみますね」
25 :以下、?ちゃんねるからVIPがお送りします 2018/02/04(日) 00:08:01.466 R7tweoGk0.net
『ラフィエルお嬢様へ。お元気でしょうか? お風邪はひかれていませんか? 寒い夜はお嬢様を人肌で温めに行きたいマルティエルです』

『今日は節分ですね。お嬢様にぜひ人間の文化を学んで頂こうと思い、お豆をお送りしました。不自由なさらぬよう多めに入れてあります。ご友人とお楽しみください』

『P.S. GPSを確認したところ、ご友人のお宅にいる事が分かりましたので宛先を変更してお届けしました』

『P.S. 愛しています』
27 :以下、?ちゃんねるからVIPがお送りします 2018/02/04(日) 00:08:33.817 R7tweoGk0.net
お豆『』どっさり


ラフィエル「……」
ガヴリール「……」
サターニャ「……」
ヴィーネ「……」





ラフィエル「豆まき、第2ラウンドで」

ガヴリール「まじか」


30 :以下、?ちゃんねるからVIPがお送りします 2018/02/04(日) 00:11:18.804 pq9M/IyF0.net
乙乙

ガヴリール「タプリスがネットで嘘つきまくってる?」

1 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/01/29(月) 22:52:19.65 ORJ+SRx50
ガヴリール「……」カチカチカチカチ

ガヴリール「よし、コンビニ行くか」

ピンポーン

ガヴリール「んだよ、もう出掛けたいのに」

ガヴリール「誰だ?」ジーッ

ヴィーネ「……」

ガヴリール「ヴィーネじゃん」

ガヴリール「……いつもだったら開けてやるところだが」

ガヴリール「アポも取らず、来て当たり前みたいな態度が気に食わねえ」

ガヴリール「居留守決め込むか」

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1517233939
2 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/01/29(月) 22:53:53.59 ORJ+SRx50
ピーンポーン

ガヴリール「……」

ヴィーネ「ガヴー?いないのー?」ドンドン

ガヴリール(あぁそうだよ。いないから帰れ)

ヴィーネ「……」スッスッ

♪〜〜

ガヴリール「うわやべっ!マナーモードにしてなかった!」

ヴィーネ「いるじゃない!開けて!」ドンドン

ガチャッ

ガヴリール「なんだようるさいなあ。日曜まで会いに来るなよ」

ヴィーネ「いいじゃない別に。ほら入るわよ」

ガヴリール「コンビニ行きたかったのに……」
3 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/01/29(月) 22:56:02.31 ORJ+SRx50
……


ヴィーネ「ちょっと聞きたいことがあって来たの」

ガヴリール「なに。明日じゃダメなやつ?」

ヴィーネ「あなた……駅でお年寄りの荷物持ってあげたことある?」

ガヴリール「むかーしはな。最近は全然」

ヴィーネ「外国人に道尋ねられてペラペラの英語喋って案内してあげたことはある?」

ガヴリール「んー、記憶にない」

ヴィーネ「痴漢にあってる女の子助けて犯人を警察に突き出したことはある?」

ガヴリール「いやないよそんなこと!」」

ヴィーネ「じゃあ、タプちゃんに告白したことは?」

ガヴリール「はぁぁぁぁ!?ねーよそんなもん!ってか何!?何が聞きたいんだ!?」

ヴィーネ「これ、見てほしいんだけど」

ガヴリール「ん…?」
4 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/01/29(月) 22:59:20.05 ORJ+SRx50
タップリン@sugar_thousand

昨日は先輩とフランス料理を食べに行きました!
フランス人のシェフとフランス語で談笑する先輩、かっこよすぎです!


ガヴリール「なんだこれ?誰かのツイッター?」

ヴィーネ「多分タプちゃんのだと思う。で、この先輩ってのは」

ガヴリール「え、私か!?でも私そんなとこ行ってないぞ」

ヴィーネ「何か思い当たる節はない?」

ガヴリール「うーん……あっ」

ヴィーネ「何かあるの?」
5 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/01/29(月) 23:01:07.52 ORJ+SRx50
ガヴリール「コンビニでパン買って食べたんだ。フランスパンみたいな形してて中に練乳クリーム入ってるやつ」

ガヴリール「それを食べきれなかったから半分くらいタプリスにあげた」

ヴィーネ「それよ!」

ガヴリール「えぇ……このツイート内容と全然違うけど」

ヴィーネ「あんたと一緒にフランスパンを食べた。それを脳内で変換してフランス料理のお店に行ったことにしてるのよ」

ガヴリール「なんだそれ、頭大丈夫か?」
6 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/01/29(月) 23:04:12.67 ORJ+SRx50
ヴィーネ「ねぇ、嘘松って言葉知ってる?」

ガヴリール「聞いたことはある」

ガヴリール「男同士でいちゃいちゃしてる見たーとかみんなが迷惑してるのをバシッと解決したーとか嘘くさいことネットに書いちゃうやつのことだろ?」

ヴィーネ「そう。まさにタプちゃんがそれなんじゃないかと思って」

ガヴリール「マジかよ……」
7 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/01/29(月) 23:05:37.27 ORJ+SRx50
ヴィーネ「もう一個挙げましょうか?えーっと今日満員電車に乗っていたら赤ちゃんを連れたお母さんが乗ってきました」

ヴィーネ「そこで赤ちゃんが泣きだしてしまい、車内の空気は最悪に。でも先輩が抱っこしてあげるとすぐに泣き止みました」

ヴィーネ「お礼を言うお母さんに「赤ちゃんは泣くのが仕事ですから」と優しく微笑む先輩はまさに天使でした」

ヴィーネ「これ、身に覚えある?」

ガヴリール「……いやないよ。なんかこっぱずかしくなってきた。ネットのコピペ丸写しみたいな行動を取らされてる私に」

ヴィーネ「あんた子供が泣きだしたら率先して舌打ちするタイプよね」

ガヴリール「んなわけねーだろ!」
8 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/01/29(月) 23:08:39.06 ORJ+SRx50
ガヴリール「でもさ、この先輩が私って確定したわけじゃないだろ?あいつにとって先輩なんていっぱいいるんだし」

ヴィーネ「いやあんたで確定してるわよ」


タップリン@sugar_thousand
今日も先輩は可愛いです!ちょっと遠いけど写真撮っちゃいました

ガヴリール「は!?は!?これ私じゃん!」

ヴィーネ「さすがに顔は隠したみたいだけどね」

ガヴリール「マジかよ……」

ヴィーネ「どうする?辞めさせる?」

ガヴリール「いや辞めさせるよ!当たり前だろ!」
9 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/01/29(月) 23:09:53.45 ORJ+SRx50
ガヴリール「他に盗撮されたりしてないだろうな!?」

ご飯を食べる先輩。箸の持ち方が綺麗ですね

PCに夢中な先輩。私にもっと構って〜

コンビニで立ち読みする先輩。もう10分もこの状態です(笑)


ガヴリール「えぇ……めっちゃ撮ってるし……」

ヴィーネ「てかあんたもよく気付かないわね」

ガヴリール「シャッター音消してんだろ?気付かないよ!」

ガヴリール「ねぇ辞めさせて!今すぐ!」

ヴィーネ「わかったわ。ネットの怖さ思い知らせてあげる」
10 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/01/29(月) 23:11:07.09 ORJ+SRx50
……

タプリス「ん?リプが来てますね」

「はいはい嘘乙。調子乗んなよボケ」

タプリス「は?」

タップリン@sugar_thousand
あの、どちら様でしょうか。いきなり失礼な方ですね。嘘?何のことでしょうか

タップリンさんへの返信
「お前の先輩のことだよ。全部嘘だろ?注目浴びたくてこんな嘘書いてんだろ?バレバレなんだよクソ女。はよ○ね」

タプリス「……」イラッ
11 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/01/29(月) 23:12:09.47 ORJ+SRx50
タップリン@sugar_thousand
はい?全部本当ですけど?先輩のこと悪く言わないでもらえますか?

タップリンさんへの返信
「誰が先輩のこと悪く言ってんだよwwwwwwよく読めばーかwwwwwwお前のこと言ってんだよ、きち○い嘘つき女」

タプリス「……」イラッイラッ
12 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/01/29(月) 23:13:52.19 ORJ+SRx50
タップリン@sugar_thousand
あの、なんなんですか?いきなり絡んできて。見たくなかったらブロックでもしてください

タップリンさんへの返信
「お前みたいないい子ちゃんの振りした嘘つきが一番嫌いなんだよ。どうせ学校でも皆に嫌われてるんだろ?ストーカー女」

タップリン@sugar_thousand
さっきから嘘嘘って言いますけど全部本当です。やめてください。次悪口書いたらもうブロックします

タプリス「なんか変な人に絡まれちゃいました。やっぱりネットは頭のおかしい人が多いですね」
13 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/01/29(月) 23:14:50.45 ORJ+SRx50
……

ヴィーネ「ふっ、また勝ってしまったわ」

ガヴリール「全然勝ってないから!てかお前言葉強すぎ!」

ヴィーネ「ネットならこのくらい普通よ」

ガヴリール「いや普通じゃないだろ……タプリスの対応がすごく大人に見えるわ」

ガヴリール「でもこれであいつも自分のやってることの恥ずかしさに気付いただろうな」

ヴィーネ「だといいけどね」
14 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/01/29(月) 23:24:37.80 ORJ+SRx50
……


翌日

ガヴリール「ふぁぁぁ……眠い」

ヴィーネ「ガヴ!ちょっと!」

ガヴリール「おぉ、ヴィーネ。おはよう」

ヴィーネ「あんた、なかなか離陸しない飛行機の中で歌うたって苛立つ観客をなだめたって本当!?」

ガヴリール「はぁぁ!?何の話だよ!」

ヴィーネ「やっぱり嘘なのね」

ガヴリール「あぁ、タプリスの話か」
15 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/01/29(月) 23:25:22.89 ORJ+SRx50
ヴィーネ「昨日あんだけ叱ってやったのにまた懲りずに嘘ついてるのよ」

ガヴリール「叱ったって言うか絡んで煽っただけだろ」

ヴィーネ「こういうツイートだいたい1週間に1回だったのに昨日だけで2回も呟いたの。効いてる証拠よ」

ガヴリール「むしろ逆撫でしてるじゃん。てかお前ストーカーかよ……なんでそんなに監視してんの」

ヴィーネ「だってガヴのこと盗撮してるのよ!?許せない!」

ガヴリール「本当にそっちか?嘘ついてることにムカついてるんじゃないのか?」

ヴィーネ「う、うるさいわね!」
16 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/01/29(月) 23:29:30.70 ORJ+SRx50

………


「おい、きち○い。早く嘘認めて写真も全部消せよ」

「ストーカーやめろクソ女」

タプリス「また来てる……なんなんだろうこの人」

タプリス「一週間もよく飽きないなぁ」

タプリス「いっぱいのアカウントで攻撃してるけど文体が全部一緒だからバレバレですよアンチさん」


タップリン@sugar_thousand
今日は先輩のお家にお泊りです!恋人になって1ヶ月……ドキドキ


タプリス「ふふっ、今日もまたキメちゃいました」

「いい加減にしろよてめえ証拠見せろ証拠」

タプリス「!」

タプリス「ついにかかりましたねアンチさん」
17 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/01/29(月) 23:30:41.48 ORJ+SRx50
……

ガヴリール「全然やめねえじゃん、むしろエスカレートしてるし」

ヴィーネ「おかしいわね。捨てアカウント山ほど作って攻撃してるのに」

ガヴリール「だから本人に直接言ってやった方が……」

ヴィーネ「ダメよ!ネットで嘘つくのやめろなんて直接言ったら恥ずかしさで自[ピーーー]るかもしれないわよ!?」

ガヴリール「そんなに重大なことかぁ?」

タップリン@sugar_thousand
今日は先輩のお家にお泊りです!恋人になって1ヶ月……ドキドキ


ガヴリール「お泊りしてねーだろ……ってそこじゃねーか。恋人のとこにツッコむべきか」
18 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/01/29(月) 23:34:06.36 ORJ+SRx50
ヴィーネ「は?証拠見せろよボケおいカス」カタカタ

ガヴリール「ヴィーネは相変わらずこんな感じだし……」

タップリン@sugar_thousand
アンチさんへ、これが先輩とお泊りしてベッドの上で撮った証拠の写真です。顔は隠してありますけど右が先輩です


ガヴリール「えぇ!?何この写真!?」

ヴィーネ「ガヴ!あんたこんな写真撮ったの!?」

ガヴリール「し、知らないよ!なんで裸の私とタプリスが……」

ヴィーネ「ねぇ、これアイコラじゃない?」

ガヴリール「あ、本当だ。私こんなところに黒子ないぞ」

ヴィーネ「ちょっと……これって本当にやっちゃいけないことなんじゃないの?」
19 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/01/29(月) 23:35:43.64 ORJ+SRx50
タップリン@sugar_thousand

どうですか?過激な写真なんでドーテイさんにはちょっと早いかもしれないですねww
どうせアンチさんは女の子の裸なんて見たことないですよね?モテなさそうだしww



ガヴリール「おいおい煽り返されてるじゃん」

ガヴリール「まあこれだけ粘着されてたらさすがのタプリスも」

ヴィーネ「……は?」

ヴィーネ「見たことあるわよ女の裸くらい!ふざけんな!!!!」

ガヴリール「えぇ、なんでそんなキレてんの……」

ヴィーネ「絶対許さないわ。徹底的に追い込んでやる」

ガヴリール「自分は煽りまくってたくせに煽り耐性0かよ……」
20 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/01/29(月) 23:37:28.19 ORJ+SRx50
ヴィーネ「これ高校生だよね?」カタカタ

ヴィーネ「っぽいな。見たところ中学生かもしれない」カタカタ

ヴィーネ「児ポは単純所持でも違法だって知ってた?」カタカタ

ヴィーネ「そういえばどっかの漫画家も持ってるだけで問題になってたな」カタカタ

タプリス「え?じ、児ポ?」

ヴィーネ「通報した。警察がお前のこと行くから震えて待ってろ」カタカタカタカタ
21 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/01/29(月) 23:38:21.48 ORJ+SRx50
タップリン@sugar_thousand
ち、違います!先輩はもう成人してます!


ヴィーネ「は?先輩は高校生って言ってたよな?何留してんだ?言ってみろコラ」カタカタカタ

ヴィーネ「全国ニュースで顔も名前も出ちゃうね。もう進学就職結婚全部無理だからな」カタカタカタ

タプリス「え、え、え、う嘘ですよね?逮捕?こんな写真1枚でですか!?」
22 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/01/29(月) 23:45:22.34 ORJ+SRx50
ガヴリール「あっ、画像消したぞ」

ヴィーネ「さらに追撃よ!」

ヴィーネ「おいおいおいもうスクショ取ってあるから消しても無駄だぞ」カタカタカタ

ヴィーネ「多分懲役3年かな。執行猶予付かないと思うよ」カタカタカタ

ヴィーネ「刑務所で臭い飯食って来いよ」カタカタカタ

ガヴリール「鬼かお前……いや悪魔か」
24 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/01/29(月) 23:51:13.79 ORJ+SRx50
タップリン@sugar_thousand
フォロワーの皆様へ。不適切な画像は削除させていただきました。不快な思いをさせて申し訳ございません。

ガヴリール「うわぁ、もう切ない切ない……」

ヴィーネ「許さないって言ってるでしょ!」

ヴィーネ「いやだから。お前が言ってたこと全部嘘だって認めろよ?な?」カタカタ

ヴィーネ「友だちのお父さんに警視総監いるから掛け合って揉み消してやってもいいぞ?」カタカタ

ガヴリール「なんだよその小学生みたいな嘘……」
25 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/01/29(月) 23:58:07.00 ORJ+SRx50
タップリン@sugar_thousand
本当ですか……?許していただけるんですか……?

ガヴリール「……」

ガヴリール「もうやめろ!!!」

ガヴリール「これ以上お前らがネットで言い争ってるの見たくない!!!」

ガヴリール「今からタプリスに電話する」

ヴィーネ「え!?な、何を言う気なの!?」
29 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/01/30(火) 04:29:25.41 7vWL6t02O
SSのヴィーネって本当性格悪いよな
30 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/01/30(火) 07:12:50.63 FfDMjRkO
でもかわいいからセーフ
34 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/01/30(火) 23:40:35.17 bA0FL07F0
……

ガヴリール「もしもし、タプリスか?」

タプリス『て、天真先輩ですか?もしかして警察から連絡が……?』

ガヴリール「違うよ。あのさ、今から言うこと落ち着いて聞いてくれるか」

タプリス『は、はい』

ガヴリール「お前のツイッター、ここ1週間すごく荒らされてただろう?」

タプリス『はい。ってなんで天真先輩私のツイッターのこと……』

ガヴリール「あれやってたの私なんだ」

タプリス『えぇ!?』
35 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/01/30(火) 23:43:09.17 bA0FL07F0
ガヴリール「正確に言うと私とヴィーネだな」

タプリス『月乃瀬先輩が……な、なんでですか!私すごく落ち込んでたんですよ!』

ガヴリール「うん。それは本当に申し訳ない。でもな」

ガヴリール「お前が私についてあることないこと書いてるってヴィーネが教えてくれたんだ」

ガヴリール「あと許可を撮らずに写真の撮影、投稿もしてるって」

タプリス『あ……』

タプリス『せ、先輩……私のツイッター見たんですか……?』

ガヴリール「そりゃもちろん。荒らしてたんだから」

タプリス『わかりました』
36 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/01/30(火) 23:56:12.16 bA0FL07F0
タプリス『私もう死にます。短い間でしたけどお世話になりました』

タプリス『来世も先輩と一緒に天使やれたら嬉しいです』

タプリス『さよなら』

ガヴリール「えぇ!?おいタプリス!!タプリ――――ス!!」

ツーツーツー

ガヴリール「や、ヤバい。あいつマジで自殺 するつもりだ」

ヴィーネ「だから言ったじゃない!リアルでネットの話するやつサイテーよ!」

ガヴリール「なんでだよ!と、とりあえず止めないと……」スッスッス

ガヴリール「………電話出ねえし」

ガヴリール「あぁ!もうどうすりゃいいんだよ!あいつマジで死ぬぞ!」
37 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/01/31(水) 00:00:08.05 xmxxiOvw0
ガヴリール「そうだ!神通足で!」

ガヴリール「えーっと、タプリスの気はどこだどこだ……」

ヴィーネ「ねえ死んだら私のせいかな?どうしようどうしようガヴ急いでよ!」

ガヴリール「うるせえ!集中出来ねえからちょっと黙ってろ!」

ガヴリール「……あった!これがタプリスの気だ!」

フッ

ヴィーネ「あっ、消えたわ」
38 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/01/31(水) 00:01:58.09 xmxxiOvw0
フッ

ヴィーネ「あっ、戻ってきた」

タプリス「死なせてくださああああい!!!」

ヴィーネ「ちょ、ちょっとなんで包丁振り回してんのよ!」

ガヴリール「バカ落ち着け!ヴィーネ、こいつ取り押さえろ!!」
39 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/01/31(水) 00:04:04.77 xmxxiOvw0
……



ガヴリール「落ち着いたか?」

タプリス「……はい」

ガヴリール「まあこっちも悪かったよ。まさかヴィーネがあんなにネット弁慶だとは思わなかったし」

ヴィーネ「うっさいわね!」

タプリス「月乃瀬先輩も申し訳ありませんでした」

ヴィーネ「いや、私には謝らなくても……」

ヴィーネ「じゃあさ、タプちゃんに聞きたいんだけど」

ヴィーネ「なんであんな嘘ついたの?」

ガヴリール「お、お前それは死体蹴りってやつじゃないのか?」
40 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/01/31(水) 00:07:32.07 xmxxiOvw0
タプリス「最初は普通に先輩との日常のこと書いてたんです」

タプリス「そしたらフォロワーさんがその先輩のこと女の子として好きなんじゃないのって聞いてきて」

タプリス「ウケるかなぁって思ってそうですって書いたらすごいリツイートされて……」

ヴィーネ「あぁ、それで快感になっちゃったのね」

タプリス「……はい」

タプリス「先輩の写真もフォロワーさんが見たいって言うから……」

ガヴリール「ったく……」

タプリス「すみませんでした……」
41 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/01/31(水) 00:10:04.73 xmxxiOvw0
ヴィーネ「しかしよくあんなに嘘が思いつくわね。電車で子供あやしただの、飛行機で歌っただの」

タプリス「はい?それは嘘じゃないですよ?」

ガヴリール「いやもういいから」

タプリス「本当ですよ!先輩、覚えてないんですか?」

ガヴリール「え……?」

タプリス「全部天界時代の本当の話じゃないですか!」

ガヴリール「な、何言ってんだ、私はそんなこと……」

ズキン

ガヴリール「うっ!!」

ガヴリール「あ、頭がああああ!!頭が痛いいいいいい!!!」

ヴィーネ「ガヴ!しっかりして!」

タプリス「せ、先輩!思い出してください!天界時代の先輩に戻ってください!!」

ガヴリール「あ、あ、ああああああああああ!!!!!」
42 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/01/31(水) 00:11:06.43 xmxxiOvw0
……


ガヴリール「あ、あれ?私は……何を?」

ヴィーネ「ガヴ……あなたもしかして」

ガヴリール「ヴィーネさん、タプリス……私は今まで何をしていたんでしょう……」

ガヴリール「私は世の為人の為に生きる天使、その命を今の今まで忘れていました」

タプリス「先輩!私が知ってる先輩です!」

ヴィーネ「いや、あんた魔人ブウか……」
43 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/01/31(水) 00:12:30.04 xmxxiOvw0
………



ガヴリール「……」カチカチカチ

ガヴリール「よしレアアイテム来い来い来い来い……」

ガヴリール「あぁ!?カスばっかじゃねえか!このガチャぜってー確率おかしいだろ!!」

ガヴリール「それにしてもピザおっせえなぁ。もう30分経つぞ」

ピーンポーン

ガヴリール「あぁ、来た来た」

ガヴリール「おいおっせえぞ!何分かかってんだ……ってなんだヴィーネか」

ヴィーネ「……ちょっと。あんたまともになったんじゃなかったの!?」

ヴィーネ「前よりひどくなってんじゃない!」
44 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/01/31(水) 00:14:38.29 xmxxiOvw0
ガヴリール「ダメだったわ。下界には誘惑が多すぎる」

ヴィーネ「タプちゃん泣くわよ……」

タプリス「せーんぱい!こんにちわ!」

タプリス「実は今インスタにハマってて!インスタ映えするパンケーキ食べに行くんですけど一緒に行きませんか!?」

ガヴリール「いかねー。そのパンケーキどうせ捨てんだろ?ならテイクアウトして持ってきてくれや」

ヴィーネ「あんたたちねーーーー!!!!」

おわり
45 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/01/31(水) 00:17:08.40 xmxxiOvw0
サターニャ「ふっふっふ、今日もネットで悪魔的行為の報告をするわよ」

さたーにゃ@walnut_McDowell
今日は地獄の番犬ケルベロスを闇に葬り去ってやったわ!私にかかればほんの数秒の出来事だったけどね!


さたーにゃ@walnut_McDowell
冥界の女王ハーデス、気に入らないわね。私が葬り去ってあげましょうか?


サターニャ「これで全人類が震えあがるでしょうね」クックック

サターニャ「ん?おすすめユーザー?」カチッ

リアルサタニキア@real_Satanichia
「胡桃沢=サタニキア=マクドウェルのリアルを伝えます。真実は我にあり」

サターニャ「リ、リアルサタニキア?なによこれ……」
47 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/01/31(水) 00:19:01.72 xmxxiOvw0
リアルサタニキア@real_Satanichia
今日学校の授業で保健所による野良犬の殺処分について学びました。とても心が痛く、涙が出ました。

リアルサタニキア@real_Satanichia
今日の朝、お母さんと喧嘩しました。

サターニャ「な、なんなのよこれえええ!!!」

ほんとにおわり

サターニャ「さあ勝負よガヴリール!」

1 :か ◆aDRXZRX9R2 2017/04/14(金) 00:52:48.227 O1WJJ1Ir0.net
サターニャ「ってあら」

ガヴリール「むにゃ……」

サターニャ「ずいぶん気持ちよさそうに寝てるわね」

サターニャ「無理やり起こすっていうのもいいけれど」

サターニャ「そんなS級悪魔行為をして魔界を追放されては仕方がないわね」
2 :か ◆aDRXZRX9R2 2017/04/14(金) 00:53:19.473 O1WJJ1Ir0.net
ガヴリール「……ん」

サターニャ「特にやることもないし私も少し休もうかしら」シットダウン

サターニャ「……」

ガヴリール「すぅ……すぅ……」

サターニャ「まったく、寝てるときだけは天使みたいなんだから」

サターニャ「まあ普段からこんなだったら張り合いがないんだけど」
3 :か ◆aDRXZRX9R2 2017/04/14(金) 00:53:30.186 O1WJJ1Ir0.net
サターニャ「……」

サターニャ「……」プニプニ

サターニャ「赤ちゃんみたいなほっぺたしてるわね」

サターニャ「ラフィエルもよくつやつやしてるし天使ってこうなのかしら」

サターニャ「……」ムニムニ

ガヴリール「……ん!」ペシッ
4 :か ◆aDRXZRX9R2 2017/04/14(金) 00:53:44.668 O1WJJ1Ir0.net
サターニャ「ひゃっ、起きちゃった?」

ガヴリール「……むにゃ」

サターニャ「もう、驚かせないでよね」

サターニャ「寝てる間にイタズラでもしてやろうかしら」

サターニャ「そうだ、顔に落書きでもしてやりましょう」

サターニャ「たしかペンがあったはず」ゴソゴソ
5 :か ◆aDRXZRX9R2 2017/04/14(金) 00:54:04.952 O1WJJ1Ir0.net
サターニャ「あったあった」

サターニャ「さーて何を書いてやろうかしらね」

ガヴリール「んー……」

サターニャ「あ、ちょっとヨダレ垂れてるじゃない」

サターニャ「ティッシュ……切らしてるんだった」

サターニャ「ハンカチでもいいわよね」
6 :か ◆aDRXZRX9R2 2017/04/14(金) 00:54:19.277 O1WJJ1Ir0.net
サターニャ「ガヴリールったら本当は赤ちゃんなんじゃないの?」フキフキ

ガヴリール「……へへ」

サターニャ「なーに幸せそうな顔してるんだか」

サターニャ「どんな夢を見ているのかしらね」

サターニャ「ってそうだ落書き落書き」

ピロリロリン ピロリロリン
7 :か ◆aDRXZRX9R2 2017/04/14(金) 00:54:39.790 O1WJJ1Ir0.net
サターニャ「ひっ!?」

ピロリロリン ピロリロ
ピッ

サターニャ「もしもし? ちょっと、急に電話してくるんじゃないわよ!」ボソボソ

ラフィエル『え? すいません』

ラフィエル『電話は急にするものだと思いますが……』

サターニャ「それで、どうしたの?」ボソボソ

ラフィエル『サターニャさんなんで小声なんですか?』
8 :か ◆aDRXZRX9R2 2017/04/14(金) 00:54:59.052 O1WJJ1Ir0.net
サターニャ「別になんでもないわよ」ボソボソ

ラフィエル『こちらもう少し時間がかかりそうで……』

ラフィエル『もしあれでしたらお先に帰っていただいた方がいいかもしれません』

サターニャ「別にいいわよ」ボソボソ

サターニャ「ここまで待ったんだから最後まで待つわ」ボソボソ

ラフィエル『ご迷惑をおかけします……』

ピッ
9 :か ◆aDRXZRX9R2 2017/04/14(金) 00:55:14.476 O1WJJ1Ir0.net
ガヴリール「んーにゃ……」

サターニャ「起きる素振りがないわね」

サターニャ「……」ウズウズ

サターニャ「ガヴリールの髪の毛って柔らかそうよね」

サターニャ「一度……触ってみたかったのよ」ウズウズ

サターニャ「起きないわよね」

サターニャ「ん」ナデ
10 :か ◆aDRXZRX9R2 2017/04/14(金) 00:55:30.726 O1WJJ1Ir0.net
ガヴリール「……ふふ」

サターニャ「わぁ……」モフモフ

サターニャ「なんかいいわこれ」モフモフ

サターニャ「起きてたら絶対触らせてくれないわよね」モフモフ

サターニャ「寝ててよかったわ」モフモフ

サターニャ「そういえば落書きするとか言ってたわね」モフモフ
11 :か ◆aDRXZRX9R2 2017/04/14(金) 00:55:43.597 O1WJJ1Ir0.net
サターニャ「ま、このモフモフに免じて今回は見逃してあげましょう」モフモフ

ラフィエル「サターニャさーん」

ヴィーネ「ガヴー」

ラフィエル「ガヴちゃんと一緒だったんですね」

ガヴリール「んみゃ……」

ガヴリール「……あぁ、用事は終わったのか」
12 :か ◆aDRXZRX9R2 2017/04/14(金) 00:55:56.251 O1WJJ1Ir0.net
ヴィーネ「せっかく揃ったんだし皆で一緒に帰りましょうか」

ラフィエル「賛成です」

サターニャ「どうしてもっていうなら仕方ないわね」

ガヴリール「ああ、三人で帰ろう」

サターニャ「ちょっと! 省かないでよ!」

ガヴリール「ふん、お返しだ」クシャクシャ

サターニャ「あっこら! 髪の毛が!」
13 :か ◆aDRXZRX9R2 2017/04/14(金) 00:56:05.681 O1WJJ1Ir0.net
サターニャ「ん? お返し?」

ガヴリール「ほら、さっさと帰るぞ」

サターニャ「まあいいわ」

サターニャ「さぁガヴリール! どっちが先に家に着くか勝負よ!」

ガヴリール「しない」

15 :か ◆aDRXZRX9R2 2017/04/14(金) 00:57:20.550 O1WJJ1Ir0.net
オチなんてものはない
16 :以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/04/14(金) 00:57:48.573 dGMCzi/90.net
おつおつ
19 :以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/04/14(金) 01:08:25.653 Pn2B+Z8c0.net
学校だったのか
20 :以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/04/14(金) 01:08:25.896 OccimJmk0.net
乙。寝たふりするガヴかわいい

ヴィーネ「ガヴリールが、殺された!?」

1 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/01/19(金) 00:36:57.00 WU4Z0ktv0
ガヴリール「」

刑事「被害者は天真=ガヴリール=ホワイトさんです。」

警部「まだ女子高生だったな? 可哀想に」

刑事「死因は鈍器による撲殺…。ちょうどパソコンに目が向いている時に背後から一撃で殴られたようですね」

警部「いずれにしても犯人はわざわざ部屋に入って犯行に及んでいて、鍵は掛かってなかった…。となると、強盗という説はあるし、もしくは誰か顔見知りって線も捨てきれないねぇ」


ヴィーネ「ガヴーー、ガヴっーーーーーー!!!」

刑事「君、この先は関係者以外立ち入り禁止だよ」

ラフィエル「ヴィーネさん、お気持ちは分かりますが、今は落ちついてください」

サターニャ「そうよ、ヴィネット。あんたが取り乱したってどうしようもないのよ!」

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1516289816
2 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/01/19(金) 00:53:33.64 WU4Z0ktv0
警部「あの方々は?」

刑事「はい。何でも天真さんのお友達だそうで…」

警部「そうか……」


ヴィーネ「うっ、ううぅ…ガヴリール……」

サターニャラフィエル「「………」」

警部「すみません、ちょっとよろしいでしょうか?」

ラフィエル「はい?」

警部「私、こういう者です。」

サターニャ「警察?」

警部「はい。ちょっと天真さんの事でお聞きしたい事がありまして…」

ラフィエル「え、えぇ。別に構いませんけど」
5 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/01/25(木) 01:24:07.48 sywXn40i0
警部「失礼ですが、皆さんお名前は?」

ヴィーネ「月乃瀬=ヴィネット=エイプリルです。ガヴ…いえ、天真さんとは友達です。」

サターニャ「ふっふっふ、人間よ…私の名前をしかと心に刻むが良い。我は大悪魔…胡桃沢=サタニキア=マクドウェル。いずれ、この世を支配する者だ!」

警部「へっ?」

ラフィエル「この胡桃沢さんは中二病の一種なので、気には留めないで下さい…ふふふっ♩」

サターニャ「ちょっとー、中二病ってなによっ!? 私はほんとnラフィエル「あっ、ちなみに私は白羽=ラフィエル=エインズワースと言います♡ ガヴちゃん、いえ…天真さんとは同じく友達です。」

警部「そうですか…。」

サターニャ「完全に無視された……」
6 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/01/25(木) 01:44:48.89 sywXn40i0
警部「それで続いてですが、死亡推定時刻は昨日の夜と思われますが、その時の皆さんの事件当夜のアリバイをお聞かせ願いませんか? 後、天真さんを恨んでいる人、もしくは彼女とトラブルがあった人とかはいませんでしたか?」

ヴィーネ「昨日の夜は食事を終えた後、少しだけテレビを見てそれからシャワーを浴びてすぐに寝ました! 天真さんは雑で、ズボラな所はありましたが、恨まれるとかトラブルがあるような人はいませんでした。」

サターニャ「昨日の夜ねぇ……特にやる事はなかったからすぐに寝たわよ。まぁ、ガヴリールと私はライバル同士だったから争うことはあったけど、お互いに恨む事やトラブルはもちろんないわよ?」

ラフィエル「私も昨日は早く寝ましたよ、もちろん朝までグッスリです♩ 私も恨んでいる人とかトラブルがあった人はいないと思います」

警部「そうですか。ちなみにその時のアリバイを証明してくれる人などは?」

ヴィーネサターニャラフィエル「「「いませんよ(いないわよ)(いませんね)。一人暮らしですので(一人暮らしだから)(一人暮らしなので)!」」」

警部「成る程…。」
7 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/01/25(木) 01:55:37.08 sywXn40i0
〜警察署〜

警部「三名ともにアリバイははっきりとしていない。それに最初は強盗の線も視野に入れていたが、後の捜査で部屋にあった僅かな金目の物に手は付けられておらず、また物証や痕跡などが一切出ていない所を見ると…顔見知りと言うのが濃厚だな! もし、これが強盗の仕業ならゆっくり証拠隠滅なんてしないはずだし、逆に顔見知りなら痕跡を知られるとまずいから隠滅はするはずだ!」

警部「だが、そのなるとあの三人の中に犯人がいるかもしれない…。けど、一体誰が?」

刑事「警部ー。」

警部「なんだ、どうした?」

刑事「証言が取れました。被害者の天真さんは最近、ある人と良く会っていて、しかも何度もその人物の部屋にもあがりこんでいる所を何回も見た、という近所の人の話を聞きました!」

警部「なんだと、それは一体誰なんだ!?」

刑事「白羽さんです! 天真さんの友達だという!!」

警部「なにっ!? よぉし、さっそく話を聞きにいくか!」
8 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/01/25(木) 02:04:22.31 sywXn40i0
ラフィエル「えっ、私がガヴちゃんと何回も会って、部屋にも何度も上がっている所を目撃した人がいるんですかっ!」

警部「えぇ。目撃証言は本当ですか?」

ラフィエル「えぇ、まぁ……。ですが、友達として会う程度、部屋にあげたのは寄って話す程度ですよ?」

警部「それにしては頻度が高い。本当にただの友達なのでしょうか…本当は恋人とか、そんな関係じゃないんですか?」

ラフィエル「ち、違います! 確かにガヴちゃんは好きですよ…友達としてですが。なので、恋人はありえません。」

警部「そうですか…。んっ?」

?「………」

警部「誰だーっ!?」

?「っ!?」ササッ

ラフィエル「またですか…」

警部「また?」

ラフィエル「あっ、いえ。実は最近、誰かに見られているような気がしまして…」
9 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/01/25(木) 02:11:08.90 sywXn40i0
警部「さっき、白羽さんの部屋から見えた怪しい人影がいた場所はここか…。」

警部「何か手がかりになるような物は落ちて…おっ!」

『髪留め』

警部「髪留め? あれ、これどこかで??」

刑事「警部ー!」

警部「なんだ?」

刑事「新しい証言が得られました。しかも、今度は凄い情報で!」

警部「なんだと!?」

刑事「それと鑑識から、現場を探索したところ、ようやく犯人に繋がる証拠になるものが出てきたと…」

警部「そうかっ! でかした!!」
10 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/01/25(木) 02:20:18.79 sywXn40i0
ラフィエル「それで、警部さん…またお話ししたい事というのは一体?」

警部「えぇ。それはですね……ハッ」

キラッ!

警部「危ないっ!?」

?「死ねえええぇぇっっっーーー!!!」ダッダッダ

ラフィエル「きゃあっ!?」

警部「おりゃあっ!!」ガシッ

?「きゃあっ!?」

警部「ハッ!」ドンッ

?「くっ……」ポロッ

カランッ♩←ナイフが落ちる音

ラフィエル「えっ…なぜっ!!??」

警部「天真さんを殺し、そして今、白羽さんを殺害しようとした犯人は貴方だったんですね……月乃瀬さん!!!」

ヴィーネ「うぅっ!?」
11 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/01/25(木) 02:37:12.61 sywXn40i0
ラフィエル「ヴィーネさん、どうして?」

ヴィーネ「………」

警部「今回の事件の発端は…最近、天真さんが白羽さんと会う回数が多いことや家に何度もあがっていることが関係しているんですね…月乃瀬さん?」

ラフィエル「えっ!?」

ヴィーネ「………」

警部「新たな証言が得られましたよ……貴方、天真さんと交際を始めていたようですね?」

警部「近所の人が見てましたよ……良く貴方と天真さんが仲良く手を繋いで歩いている所を! もちろん、腕を組んで歩いているご様子もね。」

ラフィエル「交際っ!? その、私、初耳なのですが…」

警部「周囲に教えていたという事は、お互いに秘密にしていた内緒の交際だったんですね!」

ヴィーネ「………」

警部「そしてもう一つの証言ですが、月乃瀬さん貴方は天真さんの家に同居する予定だったのですね。月乃瀬さんが住んでた場所の大家さんに確認した所、月乃瀬さんは近々今住んでるお部屋を引き払う予定だと聞きました。そして、内緒の交際が続いている所、住む場所を引き払う予定であることをふまえると…次の住居先は交際中の天真さんのアパート…という結論に達し、つまり月乃瀬さん貴方は、天真さんと同居なさる予定という事になりますね。」
12 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/01/25(木) 02:48:56.50 sywXn40i0
ヴィーネ「うぅ……」

ラフィエル「そんな、まさかっ!? ガヴちゃんとヴィーネさんがっ!!」

ヴィーネ「証拠は?」

警部「はい?」

ヴィーネ「私がガヴを殺した証拠です。証拠もないのに、疑われるのはどうも」

警部「先ほど、鑑識がもう一度くまなく調べた所、犯人のものと思われる毛髪が見つかりました。そして、白羽さんの部屋を見ていた謎の怪しい人影が落としていったとされる痕跡(髪留め)も見つかりました」

ヴィーネ「っ!?」

警部「月乃瀬さん、貴方が前に留めている、その髪留めの一つです! そして、髪留めには髪の毛が一本だけ引っ掛かっていましてねぇ……。それでDNA鑑定の結果、現場で見つかった毛髪と犯人の遺留品である髪留めに引っ掛かっていた毛髪のDNAが貴方のものと一致しました!」

警部「すなわち白羽さんの周囲をうろついて様子を見ていたのも月乃瀬さん、貴方ですね。どうですか、証拠はあります…これで言い逃れは出来ませんよ?」

ヴィーネ「くっ、うぅっ……」

ラフィエル「ヴィーネさん………」
13 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/01/25(木) 02:59:42.13 sywXn40i0
ヴィーネ「そうよ…。私がやったの、私がガヴを殺したのよ……」

ラフィエル「ど、どうしてっ!? あんなにも仲が良かったはずでは…。それに交際しているのなら尚更……」

ヴィーネ「うるさいっ! 私からガヴを奪おうとした癖にっ!」

ラフィエル「えっ!?」

ヴィーネ「何度も見たのよ、ガヴがラフィと何度も会って何度も何度も部屋にもあがりこんでいるのを……近所の人だけじゃなく私も見てるのよ、何度も!!」

ヴィーネ「そりゃあ、最初は友達同士だからって思ってた。けど、その回数が、頻度がどんどん増えて…同時にガヴの私に対する態度も変わった……」

ラフィエル「………」

ヴィーネ「ひねくれながらも優しくも少しの明るさも見せてくれたのに…ラフィと会う度にガヴは私に対して素っ気無い態度を取ったり、塩対応にもなってきた…。私には変わりつつあるガヴの事が耐えられなかった。もしかしたら、いずれガヴは私を捨ててラフィの元に行くのではないか……ラフィにガヴを奪われるのではないかって…」

警部「不安になったのですね?」

ヴィーネ「はい…」
15 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/01/25(木) 21:36:42.24 sywXn40i0
ヴィーネ「それでもガヴは私を裏切らないと信じました、ひとまず。そして、昨日の夜…私はガヴに会いたくて家を訪れた直後の事です……」

〜回想 事件当夜〜

ガヴリール「ヴィーネ。家にあがってすぐで悪いけど、出てってくれないか?」

ヴィーネ「えっ、私まだ来たばかりだよ? すぐに出てけってどういうことっ!?」

ガヴリール「いいから。私が言ったらすぐに出てけよ…」

ヴィーネ「!?」

ヴィーネ(説明)『ガヴに出てけって言われて、私…ガヴに完全に嫌われたのかなって。もしや、ラフィと出来たから私に……。このまま黙って去ったら私は完全に捨てられるのかもと思い、同時に悲しみと絶望に駆られました。そして……』

ヴィーネ「っ!!」チラッ

『金属バット』

ヴィーネ(説明)『フッと近くに転がっていた金属バットが目に入り……』

ヴィーネ「………」パッ

ヴィーネ(説明)『私は金属バットを持ち、それから我を忘れて……』

ヴィーネ「嫌…。」スッ

ガヴリール「えっ?」クルッ

ヴィーネ「嫌あああああぁぁぁっっっーーーーー!!!!」ブンッ

ガヴリール「っ!?」

ガンッ!!!

ガヴリール「うっ………」ドサッ

ガヴリール「」

ヴィーネ「はぁはぁ…」

〜回想終了〜
16 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/01/26(金) 00:41:34.17 VtkePMsa0
ラフィエル「そんなことが……」

警部「衝動的な犯行だったんですね。」

ヴィーネ「はい…。気が付いたらガヴが倒れていて、手には血の付いた金属バットを持ってました…。少し動揺しましたが、とにかく一心不乱で、証拠隠滅をしました。コロコロで髪の毛を回収したり、指紋等の痕跡を拭き取ったり、後は金属バットも近くの川に捨てました。」

警部「そうですか…。白羽さんを監視していたのも殺す機会を窺う為ですね?」

ヴィーネ「はい。ですが、つい焦ってラフィを刺そうとした飛び出したのが運のツキだったのかも…。」

ヴィーネ「でも、もとはと言えば、ガヴが悪いのよ! ガヴがラフィに何度も会わなければ…ガヴが私に対して冷たい態度さえ取らなければ。そして、ラフィが私からガヴを奪おうと考えなければ、ガヴが私を裏切ろうとしなければ、こんな事には……」

ラフィエル「それは違います、ヴィーネさん!!」

ヴィーネ「違う? 何が違うって言うのっ!?」
17 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/01/26(金) 01:03:50.29 VtkePMsa0
ヴィーネ「ラフィ、アンタさえいなければ…」

ラフィエル「誤解です! 私とガヴちゃんは、ヴィーネさんが思ってるようなそんな変な事はしてませんし、そのような関係を持ってませんっ!?」

ヴィーネ「嘘っ!! だって、ガヴと何度も!?」

ラフィエル「……今だから明かしますが、ガヴちゃんが私と何度も会ってたり、家にあがったのは私から「掃除や料理、洗濯の仕方」を教わる為です!」

ヴィーネ「えっ!? そ、それは一体?!」

ラフィエル「ガヴちゃん、最近反省していたんです…ヴィーネさんにばかり世話を掛け続ける事を。」

ヴィーネ「えっ!?」

ラフィエル「ヴィーネさんにはいつもお世話になっている、迷惑も掛けている。だから、少しでもリスク減らしたい…世話を掛けさせたくないと…そう考えるようにもなったそうです…」

ヴィーネ「っ!?」

ラフィエル「それでガヴちゃんは少しでも変わろうと決意し、まずは料理や掃除、洗濯を真面目に頑張ってやろうとしていたんですが、ずっと雑にズボラに過ごしてきたせいもあって掃除や料理、洗濯の仕方を忘れてしまったそうなので…そこで私に、教わりたいと言ってきたんです…」

ヴィーネ「………」

ラフィエル「そして、私もそれを了承し、何度も会って家にあげてはガヴちゃんとずっと指導していたんです…。言葉の通りガヴちゃんは本気でした…私が教えた通りみるみる上達していきました。」

ヴィーネ「……嘘。そんなの嘘よっ、嘘に決まってるわ! それだったら、どうして私に一言も言ってくれなかったの!?」

ラフィエル「……実はガヴちゃん、少しでも自分が変わった姿をサプライズという形でヴィーネさんに見せたかったらしく、その日が来るまでヴィーネさんにこの事を明かさないように内緒にしていたんです。もちろん、私もガヴちゃんから口止めされていて、ガヴちゃん自身も口を閉ざしました…」

ヴィーネ「っ!?」

ラフィエル「流石の私もこれはどうか、と思いました。が、ガヴちゃんは私にどうしても自分の姿をヴィーネさんにはサプライズで見せたいと自分の意思をしっかりと伝えてくれました…それも本気の目で。だからこそ、私も敢えて口を閉ざした…という訳なんです。」
18 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/01/26(金) 01:26:19.25 VtkePMsa0
ヴィーネ「ガヴ…。じゃあ、あの日、私に出てけと言ったのは……」

警部「そのサプライズの準備をしようとしていた。そして、月乃瀬さんがいると当然サプライズの準備が出来ない…だから、月乃瀬さんに対して出て行けと言ったという事ですね?」

ラフィエル「はい。そもそも、その日の夜に掃除や洗濯をし、翌日には料理でヴィーネさんを出迎えて、自分はこういう事が出来るようになったとヴィーネさんに見せること…それがサプライズの全容です。綺麗になった部屋、洗濯が出来てる事、料理を振る舞えるのを見せることで、ヴィーネさんにガヴちゃんが変わったと納得させる為のものでもあったんです!」

ラフィエル「でも、ガヴちゃん、言葉遣いが悪い上に隠し事にもやや不器用なせいか、そのせいでガヴちゃんの「出て行け」という言葉をヴィーネさんには間違って伝わってしまったのですね。」

ヴィーネ「そ、そんなぁ……」ポロポロ

警部「そうですか。それでしたら死ぬ間際に天真さんが、月乃瀬さんが犯人である事を必死に隠そうとした理由にも納得がいきますねぇ……」

ヴィーネラフィエル「「えっ!?」」
19 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/01/26(金) 01:53:13.09 VtkePMsa0
警部「実は検死の結果、天真さんは即死ではなく殴られた後に少しの間だけ且つ瀕死ですが、生きていたことが分かりましてね。しかも死体発見当時、死後硬直が何かに手を伸ばしているかのような仕草でしたので、それも重なってピンと来ましたよ」

警部「天真さんは月乃瀬さんが現場を去った後、月乃瀬さんがうっかりか何かで現場に残してしまった毛髪(一本だけ)を見つけたのでしょう。そして、それを現場のある場所に隠しました。」

ヴィーネ「えっ!?」

ラフィエル「ある場所?」

警部「配線用差込接続器…ほら、自宅などで壁などについてるコンセントを差す、差込口です! 天真さんは流石に差込口の中までは調べまいと思い、上手く隠したようですね!」

ヴィーネ「っ!?」

警部「ですが、鑑識は執念深いようで、遂には気になって配線用差込接続器の中まで調べ、ようやく犯人の遺留品…つまりは月乃瀬さん、貴方の毛髪を発見し、こうして真相に辿り着いたわけですが…」

警部「以上の事からして、天真さんは貴方に殴られても尚助けを呼ぼうともせず、また貴方が犯人であることを隠そうともした。この行動は、きっと死ぬ間際まで月乃瀬さん、貴方を想って行った行動だと私は思いますよ…」

ヴィーネ「わ、私は…な、なんてことを…。ちゃんと最後までガヴを信じていれば、こんな事にも……。うっ、うぅ……」ポロポロ

ヴィーネ「ごめんね、ごめんね…ガヴーーーーー、うわぁーーーーーーんっ……」ポロポロポロポロポロポロ

ラフィエル「ヴィーネさん……」ポロポロ

警部「………」
20 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/01/26(金) 01:58:26.31 VtkePMsa0
刑事「それじゃあ、署までご同行を…」

ヴィーネ「はい……」

ラフィエル「ヴィーネさーーん」

ヴィーネ「ラフィっ?」

ラフィエル「ずっと待ってまーーーす! 出てきたら、また私やサターニャさんの元に戻ってきてくださいねーー。」

ヴィーネ「うん…。それとラフィも誤解とはいえ刺そうとしたり、色々と怒鳴って…ごめんなさい」

ラフィエル「いえ、大丈夫です。気にしてませんので♩」

ヴィーネ「………」ポロポロ

刑事「行きましょう…」

ヴィーネ「はい…」
21 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/01/26(金) 02:05:06.31 VtkePMsa0
警部「月乃瀬さんは殺人を犯しましたが、一応未成年という考慮や現状での情状酌量も認められるでしょう…。」

ラフィエル「警部さん、ありがとうございました!」

警部「いえ。刑事、いや警部としての仕事ですから」


〜その後〜

サターニャ「ちょっとー、いつの間に事件が解決したのよっ!? それに気になるし、教えなさいよ…ラフィエル」

ラフィエル「えぇ、いいですよ」

ラフィエル(説明)『この後、サターニャさんに色々と説明をしました。そして、ヴィーネさんも少年院? と、呼ばれる所におりますが、すぐに戻ってこれるそうです。最後に、死ぬ間際にガヴちゃんがヴィーネさんを助けようとした事から、死んだガヴちゃんは天国できっとヴィーネさんを許してくれてますよね(あっ、元々天使ですけど……)♩』


おしまい

ガヴリール「抽選で食べ放題を当ててしまった…」

1 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/01/20(土) 00:32:13.34 qyFOnhpX0
ヴィーネ「えぇっ、それ本当っ!?」

ガヴリール「嘘はつかない! ほらっ」

ヴィーネ「あっ、本当ね!? でも、ガヴ…いつの間にそんなものに応募したの?」

ガヴリール「あれだ!! 前にヴィーネとファミレスに行った時、見つけたあるプレゼントご応募を見て何となく応募した、やつだ」

ヴィーネ「そういえば、ガヴ何か記入してたわね…あの時」

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1516375933
2 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/01/20(土) 00:36:40.61 qyFOnhpX0
ガヴリール「それよりどうするんだ、これ?」

ヴィーネ「どうするって行くしかないじゃないのっ!?」

ガヴリール「そうだな…。それにこれ、期限が今日までなんだよねー」

ヴィーネ「なっ、それだったらすぐに行かないと!? せっかく当たったのにもったいないじゃないの!」

ラフィエル「話、聞かせてもらいましたよ♩」

ヴィーネ「わぁ、ラフィ…いつの間にっ!?」

サターニャ「わーはっはっは。この大悪魔mガヴリール「うぜぇ。さっさと省略!」

サターニャ「ちょっとーーっ!!??」
3 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/01/20(土) 00:45:25.10 qyFOnhpX0
ヴィーネ「良かったらラフィたちも行く?」

ガヴリール「そういやあ、ちょうど4名様までOKって書かれてるしな」

ラフィエル「えぇ、ぜひ…ふふっ♩(また面白い事が起きるかな〜)」

サターニャ「しょうがないわね、この大悪魔もアンタらに同行しようじゃないか♩♩」

ガヴリール「んじゃあ、行くかー」

ガヴリールヴィーネラフィエル犬「「「「…………」」」」スタスタスタスタ

サターニャ「………って」

サターニャ「いきなり、ふざけるんじゃないわよーーーーーーーーーーっ!!!!!?????」ドカーン

ガヴリール「おわぁっ!?」

ヴィーネ「っ!?」

ラフィエル「あらぁ〜」

犬「?」
4 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/01/20(土) 00:49:57.71 qyFOnhpX0
サターニャ「どうして私が置いてきぼりなのよっ!? そもそもどうしていつもの犬が同行する事になってるのっ!!」

犬「…」

ガヴリール「あっ、お前が行くのか…」

サターニャ「なんで私はそんな扱いなのよっ!!??」

ラフィエル(そんな扱いのサターニャさん、可愛い〜♡)

ヴィーネ「まぁまぁ、ガヴ。そんな意地悪しないでサターニャを連れていきましょうよ、ね?」

ガヴリール「……分かったよ」
5 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/01/20(土) 01:03:04.06 qyFOnhpX0
ラフィエル「あっ、そういえば、今考えた事ですが、食べ放題と言っても果たして充分食べれるのでしょうか?」

ヴィーネ「あっ、そういえばそうね」

ガヴリール「確かに食べ放題だから、食べ物は無限に出て来るからなぁ…。充分満たされないのももったいないよなぁ……」

サターニャ「食べ放題ってやつは何だか厄介ね…」

ラフィエル「あっ、でしたら、こうしましょう!」

ヴィーネ「何か良い策でもあるの?」

ラフィエル「まずはある程度の料理を盛ってからテーブルに行きます。それからおまるを用意し、あらかじめ下を脱いでスタンバイ…後は料理を頂きながら合間に下剤を飲んで……」

ガヴリールヴィーネサターニャ「「「却下ーーー!!」」」

ラフィエル「えっ?」

ガヴリール「お前バカかっ!? そんなこと出来るわけねぇだろ!」

ヴィーネ「そもそも下品極まりないものよ……」

サターニャ「それにアンタ天使だったら…天使としてのイメージも大切にしなさいよっ!?」

ラフィエル「えぇ〜、だめですか〜?」

ガヴリール「ダメどころか、追い出されるぞ…100%」

サターニャ「うぅ、食べる前から何だか吐き気がしてきた…」

ラフィエル「ですが、今の方法でしたら…すぐに出せて効率的に食が進む、と思いますが?」

ヴィーネ「ラフィ、私ら女子のイメージを壊さないで」
7 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/01/22(月) 01:46:36.38 GOMmO5jN0
サターニャ「だったら昼行くなら朝食を、夜行くなら朝食や昼食を抜く…みたいな事ってどうよ?」

ラフィエル「つまりは本来食べる分を抜きにして食べ放題に挑むって事ね♩」

ヴィーネ「ダメよ…そんな方法、体に悪い! いい? 朝昼晩は三食、しっかりと摂取する事が大事よ!!」

ガヴリール「はいはい…ヴィーネの真面目な話はおいといてさ……」

ヴィーネ「ちょっと、ガヴーっ!?」

ガヴリール「充分食べれるで思い出せたんだけどさ、前に痩せた奴がたくさん食べるのを見たことがあって…あれ良く食えんなぁって思ったんだよなー?」

ラフィエル「あら、それは私も見たことがありますよ?」

サターニャ「ふふふっ、お前ら天使は揃いも揃って無知だな? 聞かせてやろう……あれは痩せの大食いってやつだ!!」
8 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/01/22(月) 02:04:01.37 GOMmO5jN0
ガヴリール「バーカ、それぐらい分かるよ! 私が言ってるのは、あれだけ痩せた奴の小さそうな腹に、どうしてあんな結構な量の食べ物が入るんだって事だよ? つまりは疑問だよ、疑問?」

サターニャ「なっ!? バカって何よ、バカって!?///」

ラフィエル「うふふふっ♩(また怒ったサターニャさんが見れて至福…ガヴちゃんナイスです♩)」

ヴィーネ「説だと、胃が異常に大きかったり、伸縮した胃で食べ物が入れば入る程広がっていくから幾らでも入るとか…それが多いらしいよ」

ガヴリール「んじゃあ、私らも大食いの奴みたいに幾らでも食いモンが入る腹に出来ねぇかな?」

サターニャ「そうだ。そんな事が出来たら色々と便利だな」

ヴィーネ「いや、無理でしょっ!? そういうのが生まれつきとか、体質の問題であって急に言って何とかなるmラフィエル「ありますよ?」

ヴィーネ「はぁっ!?」

ラフィエル「私、そういう能力使えます♩」

ガヴリール「おぉっ、さすがはラフィエルだ!」

サターニャ「ふん。やるじゃない…」

ヴィーネ「えっ…なんだか都合良すぎない!?」
9 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/01/22(月) 02:16:13.57 GOMmO5jN0
〜食べ放題のお店〜


店員たち「………」ポカーン

客たち「………」ポカーン

ガヴリール「うんうん、ウマいウマい…」ガツガツガツガツ

サターニャ「ふん。人間の癖に良い(料理の)腕してるじゃないの…」パクパクパクパク

ラフィエル「〜♩」モグモグ

ヴィーネ「うぅっ…///(ガヴとサターニャ…あんなにがっついて恥ずかしい/// それにラフィはゆっくり食べてるようだけど、食べる量があの二人変わらない…/// それ以前に人の目がっ/////)」モグモグ

客A「おい、見ろよ、あの女の子たち?」

客B「たくさん食べてるなぁ……。それも皿が何枚あるか分からないくらい!?」
10 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/01/22(月) 19:48:10.73 GOMmO5jN0
〜店を出た後〜

ガヴリール「はぁー、美味しかったー!!」

サターニャ「満足、満足〜!」

ラフィエル「これだけ食べたのは初めてですね〜♩」

ヴィーネ「うぅ…私はなんだか恥ずかしくてあまり喉を通らなかったわよ///」

ガヴリール「さぁて、帰ってさっそくネトゲだーー!!」

サターニャ「んじゃあね…」

ラフィエル「待ってくださーい、サターニャさーん!」

サターニャ「って、ついてくんなっ!?」

ヴィーネ「ははっ、まっ…たくさん食べたし、ひとまず良しとしますか…」

ところが翌日

〜ガヴリールの家〜

ガヴリール([ピザ]状態)「な、なんじゃこりゃあっ!!?? 太ってるーっ!!」デブーン

〜ヴィーネの家〜

ヴィーネ([ピザ]状態)「な、何よこれっーーーーーーー!!??」デブーン

〜サターニャの家〜

サターニャ([ピザ]状態)「ど、どうしてよっーー!!??」デブーン
11 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/01/22(月) 19:56:20.94 GOMmO5jN0
※ここからは皆、太っている為、ちょい改名。

〜ラフィエルの家〜

デブリール「おい、ラフィエル!」

デブーネ「ちょっと、ラフィっ!」

デブーニャ「ラフィエル、いるんでしょ!」

?「はいは〜い」

3人「「「!?」」」

デブエル「あらっ、皆さんも肥えたようですねぇ」

デブーネ「ラフィ、アンタもっ!?」

デブリール「なんだよ…。ラフィエルの仕業じゃないのかっ!!」

デブーニャ「えっ、じゃあ、どうして私達皆、こんなにっ?!」

デブエル「あ〜、それは私がうっかり忘れていた事ですが、私が昨日、自分含めて掛けた能力はその日物がたくさん食べれる代わりに、翌日に副作用で一気に肥えるそうなんですよ♩」

3人「「「えっ!?」」」
12 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/01/22(月) 20:24:08.81 GOMmO5jN0
デブーニャ「じゃあ、アンタのイタズラじゃなくて…」

デブエル「はい♩ 昨日の食べ放題の前に掛けた能力の副作用です♡」ニコッ

デブリール「ってか、自分が有する能力の癖に、普通忘れるかっ!?」

デブエル「つい、うっかりー…テヘッ♡」

デブーネ「テヘッじゃないわよっ!? とにかく元に戻してよっ!!」

デブエル「無理です♩」ニコッ

3人「「「なにぃっ!?」」」

デブエル「この能力は一度掛けたら元には戻せないので、痩せるには自力で痩せるしかないんです!」

3人「「「………えっ!?」」」

3人「「「えええぇぇぇっっっーーー!!!???」」」
13 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/01/22(月) 20:33:17.12 GOMmO5jN0
デブリール「マジかよっ!? 自力で痩せろ、なんてこれじゃあめちゃめちゃ掛かるぜっ!?」

デブーネ「明日は学校なのに、すぐには痩せられないわよっ! どうするのよっ!?」

デブエル「うふふっ♩」

デブーニャ「うふふ、じゃないわよ…ラフィエルっ!? アンタだって太ってるのよ…微笑んでいるんじゃないわよっ!?」

デブエル「大丈夫♩ 一日で痩せられる良い提案がありますので〜♩♩」ニコニコッ

3人「「「えっ!?」」」

その後、ラフィエルの能力で時間の流れをせき止め、たった一日だけなのにせき止めた時間の中で三か月分頑張って運動してその日のうちに痩せることができ、四人とも元通り痩せたまま翌日には何とか登校することが出来た、とさ…。


おしまい

【ガヴリールドロップアウトSS】「ラフィエルの泉」

1 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/01/17(水) 01:22:04.80 J/b+6rhJ0
ガヴリール「このパソコン、もう古いなぁ…。あ〜あ、新しいのが欲しいなぁ」

ガヴリール「という訳で買ってよ、ヴィーネ?」

ヴィーネ「って、何が…という訳よっ!? そんな高いモン、気軽にねだるなぁっ!!!」

ガヴリール「ちぇっ! あ〜あ、どうせだったら童話の「き○りの何とか」みたく泉に落としたらいいもんが貰えるとか、そういう展開が起きないかなぁ…」

ヴィーネ「なによそれ…あっ、そうだ! そうそう…ない事はないわね…」

ガヴリール「そうだよなぁ…そんな都合よk……えっ?」

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1516119724
2 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/01/17(水) 01:38:23.25 J/b+6rhJ0
ヴィーネ「ラフィエルの泉〜♪」バァーン

ガヴリール(某漫画の青いタヌキが言いそうな台詞だな……)

ヴィーネ「ちょうど、あって良かったわ」

ガヴリール「なんだ…マットみたいなもんに水が張られてるだけだろ?」

ヴィーネ「実はね、ここのスイッチを回して…」カチカチ

ヴィーネ「次にこの泉に物を投げ入れれば……えぇと試しに投げ入れる物は…いいや、この食べかけのメロンパンで…」ポイッ

ガヴリール「いつ食べたんだ、それ?」
3 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/01/17(水) 01:48:38.91 J/b+6rhJ0
ピカァーーーーーッッッ!

ラフィエル「………」

ガヴリール「っ!?」

ラフィエル「ふふふっ、貴方が落としたのはこの大きなメロンパン、ですか?…それともこの食べかけのメロンパン、ですか〜?」

ガヴリール(でかっ!! あの大き目のメロンパン…私の体が隠れる程大きくねえかっ!?)←ラフィエルだと気付いてはいるが、面倒だから敢えてツッコまない。

ラフィエル「ツッコミをしないガヴちゃん、もしかしてわざと困らせる…いわば私と同じSっ!///」

ヴィーネ「ラフィ、今は黙ってて。ガヴー、ここで嘘をつくと何も貰えなくなるからね」

ガヴリール「そうか…」

ヴィーネ「いいえ、食べかけのメロンパンです」

ラフィエル「まぁ、貴方は正直者…なんですねぇ〜♪ ご褒美にこの大きなメロンパンを差し上げましょう」

ヴィーネ「ありがとう…」

ガヴリール「成る程…。確かにあの童話と同じだな!」
4 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/01/17(水) 02:01:38.02 J/b+6rhJ0
ラフィエル「ではでは〜。 んっ〜、美味しい〜♪♪」モグモグ

ガヴリール「おい、今メロンパンの食べかけを食べてたぞ、あいつ…」

ヴィーネ「それは別に構わないわよ。投げ入れた物は返せないようになっているから、投げ入れた物の処理は基本的ラフィに任せているのよ!」

ガヴリール「ふぅ〜ん、そっかぁ。(もうめんどいし、無駄な詮索はいいか…)」

ガヴリール「それより、これだったらパソコンを入れれば…きっと新品がっ♪」

ヴィーネ「もちろん、出てくるでしょうけど、いい? 嘘はつかないでね、ガヴ? 嘘はついた場合は何も貰えなくなるから……大分、損はするからね?」

ガヴリール「分かってるって! さてっと、お願いしますよ!!」ポイッ
7 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/01/17(水) 18:39:29.07 J/b+6rhJ0
ラフィエル「貴方が落としたのはこの最新型のノートパソコンですか、それともこの古いノートパソコンですか?」

ガヴリール「おぉ、もちろん最新型n…うぐっ!!??ヴィーネ「ストーーーーーップ!!」

ガヴリール「な、なにするんだよ、ヴィーネ?!」

ヴィーネ「約束したばかりじゃないの、嘘はつかないでねって!!」

ガヴリール「あっ、そっかぁ!! 悪い悪い、今嘘つくとこだったな。」

ヴィーネ「まったくもう…」
8 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/01/17(水) 18:47:47.71 J/b+6rhJ0
ガヴリール「んじゃあ、改めて…いいえ、古いノートパソコンで!」

ラフィエル「……」

ガヴリール「おい、聞いてるのか? 古いノートパソコンだよ!」

ラフィエル「………」

ガヴリール「おいっ!?」

ラフィエル「あっ、なにかしら?」

ガヴリール「あっ、なにかしら…じゃないだろ! 私が落としたのは古いノートパソコンだっ、て言ってるんだよ!!!」

ラフィエル「でも、ガヴちゃんが本当に欲しいのは…?」

ガヴリール「もちろん、最新型のノートパソコンだ!!」

ヴィーネ「あぁーーっ!?」

ガヴリール「んっ……。あっ…」
9 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/01/18(木) 13:54:55.39 JvSa/F+0
ラフィエル「残念〜♪ ガヴちゃんは嘘をつきましたね」

ガヴリール「おいっ!!」

ラフィエル「ではではー」

ヴィーネ「行っちゃったわね」

ガヴリール「おーーーい、パソコン返せーーー!! せめて古い方は返せよー!!」

ヴィーネ「ってか、今のラフィのせいよねっ!? ガヴに「本当に欲しいのは」って聞ければ素直につられて答えるものっ!?」

ガヴリール「おい、返せーー、私のパソコーーーーン!!!」

ヴィーネ「ガヴ……」
10 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/01/18(木) 17:02:40.60 JvSa/F+0
ラフィエル「なんちゃって〜♪」

ヴィーネガヴリール「「っ!?」」

ラフィエル「嘘ですよ、ガヴちゃんは最初に正直に伝えていましたので、ちゃんと差し上げます♡」

ガヴリール「おっ、ほんとか! てか、ややこしい事するなっての!!」

ラフィエル「ふふふっ」

ヴィーネ「やれやれ、ラフィは相変わらずね」

ガヴリール「おぉー、このパソコン中々性能が良さそうだなっ!!!」
11 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/01/18(木) 17:30:00.08 JvSa/F+0
サターニャ「ふっふっふ♩」

ヴィーネ「あっ、サターニャ!」

サターニャ「見せてもらったわよ。」

ガヴリール「んじゃ、説明いらねぇな」

サターニャ「ちょっとぉ、適当過ぎないっ!?」

ヴィーネ「なに、サターニャもこれ、使いたいの?」

サターニャ「しょうがないから、使ってあげるだけよ。」

ガヴリール(なぜ上から目線だ…)
13 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/01/18(木) 17:51:19.72 JvSa/F+0
ヴィーネ「それで、サターニャが入れる物はなんなの?」

サターニャ「もちろん、このメロンパn…って、うわぁっ!?」

ボチャーン!!!

ヴィーネ「サターニャっ!?」

ガヴリール「ありゃりゃ、落っこちたか…。」

ヴィーネ「おーい、サターニャーー!!」

ピカァーーーーーッッッ!

ヴィーネ「っ!?」
14 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/01/18(木) 17:56:37.36 JvSa/F+0
ラフィエル「貴方が落としたのはこの……綺麗なサターニャさん、ですか? ぷっ、くく……」

綺麗なサターニャ「」

ヴィーネガヴリール「「……」」

ラフィエル「サターニャさんが綺麗になりましたよ〜。」

綺麗なサターニャ「」

ヴィーネ「えっ!? サターニャが、あのサターニャの顔が美人にっ!!??」

ガヴリール「夢でも見てるのか、私らは…」

ラフィエル「夢っ!?/// ぷっ、くくくっ/////」

ガヴリール「ラフィエル、夢に反応して笑うな!」
15 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/01/18(木) 21:23:05.56 JvSa/F+0
〜で…〜

綺麗なサターニャ「やあ、ガヴリールさんにヴィーネさん、ごきげんよう…ふふっ♩」

ヴィーネ「顔だけじゃなくて、心も綺麗に!?」

ガヴリール「これ、絶対サターニャじゃねぇ!!」


サターニャ「おーい…」

ガヴリール「んっ、なんだ?」

サターニャ「おーーい…」

ヴィーネ「今の声、サターニャ?」

サターニャ「おーい、た、助けてーっ!?」ジタバタ、バシャバシャ

ガヴリール「わぁっ、本物が出てきたぞっ!?」

ヴィーネ「でも、そのサターニャをラフィが上から押さえつけてるっ!?」

ラフィエル「あらあらっ、綺麗じゃない方が出て来てどうするの♩」グイグイ

サターニャ「綺麗じゃないってあれは絶対に私じゃない! 本物はこっちよ!」ジタバタ、バシャバシャ

ラフィエル「でも、ガヴちゃんもヴィーネさんも綺麗なサターニャさんを望んでるわ♩」グイグイ

サターニャ「ガヴリール、ヴィネット…どっちでもいいから早く助けなさいよっ!?」ジタバタ、バシャバシャ
16 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/01/18(木) 21:29:18.28 JvSa/F+0
綺麗なサターニャ「ふふふっ♪」

ヴィーネ「どうするの、ガヴっ!?」

ガヴリール「正直どうでもいいが、こっちのサターニャの方があっちのうるさいサターニャよりマシに見えるんだよなぁ…」

ヴィーネ「そうね…。言われてみればそんな気がしてきたわね」

サターニャ「ちょ、ちょっと何を言ってるのっ!?」ジタバタ、バシャバシャ

ガヴリール「本当にどうしようか、ヴィーネ?」

ヴィーネ「う〜ん、そうねぇ…」

サターニャ「そ、そんな事言わないで、助けなさいよーーーっ!!??」ジタバタ、バシャバシャ

ラフィエル(ふふふっ♩ やはりおもちゃ(サターニャさん)は元気があって、本当に面白いし、いじりやすいですねぇ♩♩)ニコニコ


おしまい

ヴィーネ「安価でガヴを調教する」

5 :以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/05/25(木) 11:27:38.691 pQitRuVva.net
ネトゲ没収
1 :以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/05/25(木) 11:23:31.506 BFq4by70M.net
ガヴ「ヴィーネーご飯まだー?」

ヴィーネ「もうちょっとだから待ってなさい」

ガヴ「ほーい」

ヴィーネ(取り敢えず>>5をしましょうか)
7 :以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/05/25(木) 11:30:17.443 BFq4by70M.net
ヴィーネ「ご飯できたわよー」

ガヴ「ん」

ヴィーネ「ってご飯食べながらネトゲしない!」
ヴィーネ「没収ね」

ガヴ「ちょ!何すんの!」

ヴィーネ「ご飯食べた後に>>10したら返してあげるわ」
11 :以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/05/25(木) 11:32:37.202 WFbZXYTfa.net
垢削除
15 :以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/05/25(木) 11:41:26.974 OTZaan1A0.net
残さずご飯を食べる
14 :以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/05/25(木) 11:37:15.482 BFq4by70M.net
ヴィーネ「アカウント消したら返してあげるわ」

ガヴ「なんでだよ!」
ガヴ「無理に決まってるじゃん!ヴィーネは私の全てを奪うつもりなの!?」

ヴィーネ「じゃあかえさないわね」

ガヴ「次からはご飯食べながらネトゲしないから!」

ヴィーネ「仕方ないわね>>15したら許してあげるわ」
ヴィーネ(まあ嘘だけどね)
ヴィーネ(後で消しとくわ安価は絶対)
19 :以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/05/25(木) 11:44:52.599 WFbZXYTfa.net
バファリン
17 :以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/05/25(木) 11:43:14.672 BFq4by70M.net
ヴィーネ「残さずご飯を食べたら許してあげる」

ガヴ「わかった」

ヴィーネ(さてそろそろガヴのご飯にいれた>>19が効いてくる頃ね)
24 :以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/05/25(木) 11:50:10.334 0LqNyo190.net
ビーム
20 :以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/05/25(木) 11:47:14.634 BFq4by70M.net
ヴィーネ(そろそろガヴのご飯に入れたバファリンが効いてくる頃ね)

ガヴ「あれ?頭痛が治まった」
ガヴ「ヴィーネのご飯は流石ですなー」

ヴィーネ「もう、褒めても>>24しかでないわよ」
29 :以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/05/25(木) 12:00:54.306 rSrNxv1R0.net
催淫
26 :以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/05/25(木) 11:51:48.571 BFq4by70M.net
ヴィーネ「褒めてもビームしかでないわよ」

ガヴ「悪魔すげーな」

ヴィーネ「サターニャも出せるわよ」
ヴィーネ「ちなみに私のビームの効果は>>29よ」
34 :以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/05/25(木) 12:08:45.380 rSrNxv1R0.net
ネトゲのアカウントを消す
30 :以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/05/25(木) 12:05:48.288 BFq4by70M.net
ヴィーネ「効果は催淫よ」
ヴィーネ「というわけで」ビーム

ガヴ「え!?ちょ!?」
ガヴ「ヴィーネぇ……///」

ヴィーネ「>>34してあげるわ」
35 :以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/05/25(木) 12:11:16.745 exrmGSkv0.net
鬼か
40 :以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/05/25(木) 12:16:47.704 HsFa2JPh0.net
銀杏の殻剥き
36 :以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/05/25(木) 12:13:08.538 BFq4by70M.net
ヴィーネ「ネトゲのアカウントを消してあげるわ」

ガヴ「……>>40してくれるならいいよ///」
44 :以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/05/25(木) 12:20:23.219 OTZaan1A0.net
クルミの殻剥き
43 :以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/05/25(木) 12:19:26.821 BFq4by70M.net
ヴィーネ「いいわよ」

ガヴ「あと>>44もお願い……///」
49 :以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/05/25(木) 12:33:40.078 x+freMypx.net
同衾
45 :以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/05/25(木) 12:22:07.543 BFq4by70M.net
ヴィーネ「はいはい」
ヴィーネ「さて、じゃあ消すわよ」

ガヴ「うん」

ヴィーネ「さて、次は>>49ね」
50 :以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/05/25(木) 12:37:25.161 BFq4by70M.net
ヴィーネ「次は同衾ね」

ガヴ「///」

ヴィーネ「このあとめちゃくちゃせっくすした」

終わり
52 :以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/05/25(木) 12:59:50.482 ZIvPAVyxa.net
おつおつ

ガヴリール「皆からあけおめメールが届いてない」

1 :以下、?ちゃんねるからVIPがお送りします 2018/01/02(火) 04:04:48.050 FcbwcOcz0.net
ガヴ「……」カチカチ

ガヴ「あーさっさとヒールしろよヒール。使えないなー」

ガヴ「んっ、もう1時か。いつのまにか年が明けてる」

ガヴ「まあ別に新年になったから何って訳じゃないし。お正月もいつも通り懶惰に過ごしますか」
2 :以下、?ちゃんねるからVIPがお送りします 2018/01/02(火) 04:07:33.515 FcbwcOcz0.net
ガヴ「……」スマホイジリイジリ

ガヴ「あれっ、皆からあけおめメールが届いてない」

ガヴ「ヴィーネとか真っ先に送ってきそうなのになー。あとタプリスも。あいつら規則正しい生活してるしもう寝てるのかも」

ガヴ「サターニャとラフィはまだ起きてそうだけど……どうしたんだろ?」
3 :以下、?ちゃんねるからVIPがお送りします 2018/01/02(火) 04:09:12.412 FcbwcOcz0.net
ガヴ「…まあ、別にいいか。あけおめメールなんて送らないって人もいると思うし。私みたいに」

ガヴ「少し寝よ」

ガヴ「…zzz」
4 :以下、?ちゃんねるからVIPがお送りします 2018/01/02(火) 04:10:57.874 FcbwcOcz0.net
………

ガヴ「ふみゅ…今何時だ、って9時か。」

ガヴ「あけおめメールも未だ一通も届かず、か」

ガヴ「何か寂しいな…」

ガヴ「…ネトゲしよ。正月限定福袋買わなきゃ」
5 :以下、?ちゃんねるからVIPがお送りします 2018/01/02(火) 04:12:06.615 FcbwcOcz0.net
ピンポーン

ガヴ「ん?誰だろ」ガチャ

ヴィネサタラフィタプ「「「「あけましておめでとう!」」」ございます!」

ガヴ「……なんなのさ皆で急に押しかけてきて」

ヴィーネ「ガヴ!初詣に行く約束でしょ!準備は、できてるはずもないか」

ガヴ「そんな約束したっけ?」
7 :以下、?ちゃんねるからVIPがお送りします 2018/01/02(火) 04:14:49.812 FcbwcOcz0.net
サターニャ「あんたがネトゲのイベントがあって朝早く行くのは無理だから9時からにしろって言ったんじゃないの」

ガヴ「あーそういえばそうだったな。すっかり忘れてたよ」

ヴィーネ「全くあんたは」

タプリス「えへへっ、天真先輩の振袖姿、早く見たいです!///」

ガヴ「私はジャージの上にコート羽織って行くぞ」

サターニャ「ちょっと!皆振袖の中コートで行くだなんて選択肢はないのよバカリール!」
9 :以下、?ちゃんねるからVIPがお送りします 2018/01/02(火) 04:16:37.998 FcbwcOcz0.net
ガヴ「だって私振袖持ってないし」

ラフィ「ご安心くださいガヴちゃん。ガヴちゃんの丈にピッタリの振袖を持ってきました」ニコニコ

ガヴ「ええ…何で私ピッタリのサイズがわかるんだよ」

ガヴ「でも折角持ってきてもらったし着るよ」

ヴィーネ「じゃあほら着付けしてあげるから来なさい」

ガヴ「はーい」
10 :以下、?ちゃんねるからVIPがお送りします 2018/01/02(火) 04:18:44.048 FcbwcOcz0.net
ヴィーネ「はい、できたわよ。」

ガヴ「ありがとヴィーネ」

ラフィ「ガヴちゃん、かわいいです!」

タプリス「天真先輩、ものすごく似合ってますよ!」

サターニャ「そこそこねガヴリール。でも一番似合っているのはこの大悪魔、サタニキア様よ!ナーッハハハ!!」

タプリス「天真先輩より似合って
いるなんてありえません!天真先輩が一番……」
12 :以下、?ちゃんねるからVIPがお送りします 2018/01/02(火) 04:20:16.992 FcbwcOcz0.net
ギャーギャーギャー

ヴィーネ「何か嬉しそうねガヴ」

ガヴ「まぁね」

ガヴ(元日から家を訪れてくれる友達がいるってのは嬉しいもんだね)

ガヴ(あけおめメールが届かなかったのはこうやって直接言う機会があったからか)

ガヴ(そう言えば私はまだ……)
13 :以下、?ちゃんねるからVIPがお送りします 2018/01/02(火) 04:21:34.631 FcbwcOcz0.net
ガヴ「ヴィーネ!サターニャ!ラフィ!タプリス!」

4人「?」

ガヴ「あけましておめでとう」

ガヴ「そして、今年もよろしくな」

サターニャ「ガヴリールの枕元にプレゼントを置いてビックリさせるわ!」

1 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/12/24(日) 21:57:26.57 dvxjpMbA0

サターニャ「でもただのプレゼントじゃないわ」

サターニャ「包み紙を破り、箱を開けると……」

サターニャ「13個のクラッカーが同時に炸裂するのよ!」

サターニャ「ガヴリールはきっと……」


SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1514120246
2 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/12/24(日) 21:58:20.16 dvxjpMbA0

――――――――

ガヴリール「ふぁ……ぁ……」ノビーッ

ガヴリール「ん?なんだこれ?……あっ、もしかして私へのプレゼント!?でも一体誰が……」

ガヴリール「……ははーんヴィーネだな、アイツイベントの日は何かしないと落ち着かなそうだしな、しかしいつの間に入り込んだんだろ……」

ガヴリール「まあともかく、ありがたく頂戴しますかねぇ」ビリビリ

ガヴリール「♪」パカッ


バァン!!!!!!!!!!

ガヴリール「いひいいいいいいいいいいい!!!!!!!?」
3 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/12/24(日) 21:59:25.60 dvxjpMbA0

――――――――

サターニャ「ああ!想像しただけで頬が緩んじゃうわねぇ〜♪」ニヤニヤ

サターニャ「魔界通販で買った『家に忍び込める上に姿も気配も消せちゃう上級者向けサンタセット』もあるから完璧!」

サターニャ「さて、ガヴリールが夜更かししてることを見越して午前4時時!作戦開始よ!」

サターニャ「……しかし眠いわねぇ」アクビ

4 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/12/24(日) 22:00:32.58 dvxjpMbA0

サターニャ「誰にも見られてないだろうし飛んで来ちゃったわ……よし、ガヴリールの部屋の電気は消えてるわね」

サターニャ「着いたわ……じゃ、お邪魔しまーす……」スーッ

サターニャ「相変わらずきったない部屋ねぇ、ついでに掃除してあげようかしら……」

ガヴリール「………んっ……ふ…」

サターニャ「!? 起きてる……?」


ガヴリール「……はぁ………は…っん……」ゴソゴソ

サターニャ「いたわ、毛布にくるまってなにやってんのよコイツ……」

5 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/12/24(日) 22:01:32.71 dvxjpMbA0

サターニャ「どうせ見えないんだしもう少し近くで観察してみましょ」

ガヴリール「……んくっ……おっ……」ゴソゴソ

サターニャ「……」

ガヴリール「あっ…………ふぅ…ふぅ……」ゴソゴソ

サターニャ「……」



サターニャ「スマホを前に置いて、時々画面を見てしばらく目を閉じる、枕の横には使用済みティッシュ」

サターニャ「うん、これはアレね」

サターニャ「オ○ニーね」
6 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/12/24(日) 22:02:56.21 dvxjpMbA0

ガヴリール「うくっ………ぅぁ…」

サターニャ「ちょっと何やってるのよ聖なる夜に、しかもこのティッシュの量……一体何時間やってるのよ///」

サターニャ「汗びっしょりじゃない……暑いなら毛布脱ぎなさいよ」

サターニャ「うわぁ……とんでもないもの見ちゃった///明日からまともに顔合わせられないわ…//」

サターニャ「……さっさとこれ置いて退散しましょ」ノソノソ



ガヴリール「……ぅあ……サターニャ…………」

サターニャ「……!」ビクッ

サターニャ「気づかれた……?大丈夫よね?」
7 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/12/24(日) 22:03:50.33 dvxjpMbA0

サターニャ「…………ん?」

ガヴリール「……サターニャ……ッ……ダメ……そこ……弱いから……ッ……

サターニャ「…………」

ガヴリール「あっ……もういっちゃ…………っ……サターニャァ……」

サターニャ「…………」



サターニャ「は、」

サターニャ「はああああああああああああああああああ!!!!!?////」
8 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/12/24(日) 22:04:49.21 dvxjpMbA0

サターニャ「コイツ……私で妄想して…………!?///」

サターニャ「ば、ばっかじゃないの!?みみみ見損なったわ!バカリール!アホリール!///」

サターニャ「てかこの画像……私の水着写真!?いつの間に撮って……!///」

サターニャ「さ、最低!変態!ドスケベ天使!///」

ガヴリール「うぁっ……私はドスケベ天使///」クチュクチュ

サターニャ「えっ」

ガヴリール「えっ」

サターニャ「…………あれ」
9 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/12/24(日) 22:06:11.03 dvxjpMbA0

ガヴリール「うわああああああああお前!なんでいるんだよ!!!///」

サターニャ「あれ!?ちょっとどうなってるのよ!説明書!」


説明書『このセットの認識阻害は一時間程度で切れます』


サターニャ「…………」

ガヴリール「何ワケわかんないこと言ってんだ!不法侵入アホ悪魔!」

サターニャ「い、いや!その!なんというか!てかアンタなんでこんな時間におっ……オ○ニーしてんのよ!///」

ガヴリール「なぁっ!?し、してないし!てか私の家で私が何しようが勝手だろおおおお!?///」

サターニャ「そうだけど!いやダメよ!そもそもなんで私がオカズなのよ!?///」

ガヴリール「はっ、はあああああああああああああああああああ!!!!???///」

10 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/12/24(日) 22:06:59.74 dvxjpMbA0

ガヴリール「誰がお前なんかで!変態!スケベ!おっぱい悪魔!」

サターニャ「な、なんですってぇ!あーー残念ね!折角私の入浴写真あげようと思ったのに!」

ガヴリール「えっ」ピク

サターニャ(何言ってんのよ私!?)

サターニャ「いや、今のは冗談で、いやあるっちゃあるけど」



ガヴリール「寄越せ」

サターニャ「えっ」

ガヴリール「寄越せええええええええええええ!!!!!」ピョーン
11 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/12/24(日) 22:07:56.76 dvxjpMbA0

サターニャ「うわっ!ちょっと飛びついて来ないでよ!ちょっとアンタベチョベチョ…!!あっ!」

ガヴリール「……」ゲット

サターニャ「ちょ、ちょっと!返しなさいよ!」

ガヴリール「あぁ^〜」

サターニャ「が、ガヴリール……」


サターニャ「……私のこと好きなの?」


ガヴリール「なっ…………!?///」
12 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/12/24(日) 22:09:00.69 dvxjpMbA0

ガヴリール「自惚れんなクソ悪魔!」ビュン

サターニャ「いだぁっ!?」ベシッ

サターニャ「……ん?何よこれ……メロンパン?」

ガヴリール「……お前好きかと思って……私たまにお前に対してやりすぎちゃうから、その、お詫びというか、なんというか……明日渡そうと思ってたんだけど」モジモジ

サターニャ「…………ガヴリール」

ガヴリール「それとさ、サターニャ」

13 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/12/24(日) 22:10:00.70 dvxjpMbA0

サターニャ「ん?」

ガヴリール「今日のことは、仕方ないとして、その……たまに写真撮ってもいいか?」

ガヴリール「私お前の写真あんま持ってないから、えっと……思い出用に」

サターニャ「ガヴリール…………」



サターニャ「……アンタオカズに使うだけでしょ」

ガヴリール「ち、違う!なんでお前なんか!」

サターニャ「体育の着替えの時の写真ならあるけど」スッ

ガヴリール「ゲッチュ!」パシッ

サターニャ「うわっ!素早!」
14 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/12/24(日) 22:10:54.98 dvxjpMbA0

ガヴリール「そういえばお前何しに来たんだよ」

サターニャ「それは、プレゼントを……あっ」

ガヴリール「プレゼント!あ!それ私にくれるのか!?」

サターニャ「あ、いや、これは」

ガヴリール「私もやったんだからいいだろ〜?」パシッ

サターニャ「あっ」

ガヴリール「なにかな〜♪」パカッ


バァン!!!!!!!!!!


ガヴリール「ひぅあ!!!?」ビクッ
15 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/12/24(日) 22:11:48.48 dvxjpMbA0

サターニャ「……」

ガヴリール「……」

サターニャ「……」

ガヴリール「…………おいクソ悪魔?」

サターニャ「ヒッ」



ガヴリール「パンツ脱げ!お仕置きセックスだ!ケツ出せ!」ズルッ

サターニャ「ちょっとぉ!?離しなさいよ!」

ガヴリール「朝日がのぼるまで寝かせないからな♡」

サターニャ「アーーーッ♀♡♡♡」
16 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/12/24(日) 22:12:46.56 dvxjpMbA0

おわり メリークリスマス

サターニャ「なんでやねん!」ガヴリール「さ、サターニャが関西弁に!?」

1 :以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/03/30(木) 20:38:01.558 hRPeM04L0.net
(オルタナティブガールズの直美ちゃんを想像すると脳内再生しやすくなります。関西弁が下手くそなのは許してください。)
2 :以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/03/30(木) 20:38:53.567 hRPeM04L0.net
ガヴリール「なんかサターニャが変な銃持って近寄ってきたから奪って撃ったらこうなった」

サターニャ「変な銃持って近寄るだけで撃たんでほしいわ〜」

ヴィーネ「いや変な銃持って近寄ってきたら誰でも警戒するだろ普通」

ヴィーネ「どうせサターニャのことだからまた魔界通販で変なものでも買ってきたんでしょ?」

サターニャ「まぁ…せやけど…この撃った人を関西弁にする銃でガヴリールを面白く笑い転げようと思ってたのにやー!」
3 :以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/03/30(木) 20:39:45.795 hRPeM04L0.net
ラフィエル「ぷぷ……ぷぷぷ……」

ヴィーネ「………?どうしたのラフィエル?」

ラフィエル「魔界通販…なかなかユーモアにあふれてますね…」

ヴィーネ「え……?なになに?治すには撃った人と撃たれた人でコンビを組んでみんなを大笑いさせたら治る……!?」

サターニャ「なんでやねん!!」

ガヴリール「なんだそのいらないユーモアは!!」
4 :以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/03/30(木) 20:40:52.506 hRPeM04L0.net
ラフィエル「うふ……うふふふっ……これは面白いことになってきました……昼休み、ガヴリール&サターニャで『ガヴリールサターニャ』、お笑いライブをおひろめしましょう……!!」

サターニャ「ラフィ……何か楽しんでない……?」

ガヴリール「なんでこいつなんかと……しかもお笑いライブとか…嘘だろ……」
5 :以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/03/30(木) 20:42:22.699 hRPeM04L0.net
───昼休み

ざわざわ……

ガヴリール&サターニャ『どうも〜〜〜!!』

ガヴリール「ガヴリールです!」

サターニャ「サターニャや!」

ガヴ&サタ『二人合わせて』

ガヴ&サタ『ガヴリールサターニャです!』

ラフィエル「わーーー!!!」パチパチパチ

ヴィーネ「……そのまんまね……」
6 :以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/03/30(木) 20:43:43.292 hRPeM04L0.net
ガヴリール「私たちのコンビ知ってるよ〜って方〜」

サターニャ「いや今日コンビ結成したんやから知ってる人いるわけないやーーん!!」

ガヴリール「う〜〜〜!!」

ガヴ&サタ『ガヴリールサターニャ!!』
7 :以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/03/30(木) 20:44:54.301 hRPeM04L0.net
ガヴリール「コント、ネトゲ」

ガヴリール「あー今日もネトゲ最高だわー」

サターニャ「お、ガヴリールやん!一緒に遊ぼうやー!」

ガヴリール「悪い、今ネトゲで忙しいんだ」

ガヴリール「ニャーン(裏声)」

サターニャ「なんやネトゲネトゲって…ってこれネコとゲームでネトゲかーーい!!」

ガヴリール「う〜〜〜!!」

ガヴ&サタ『ガヴリールサターニャ!!』
9 :以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/03/30(木) 20:47:29.028 hRPeM04L0.net
ガヴリール「コント、なぞかけ」

ガヴリール「なぞかけしまーす」

ガヴリール「サターニャとかけてよく研いだはさみとときます。」

サターニャ「その心は?」

ガヴリール「どちらもきれやすいでしょう」

サターニャ「ってやかましいわーーい!!」

ガヴリール「う〜〜〜!!」

ガヴ&サタ『ガヴリールサターニャ!!』
10 :以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/03/30(木) 20:48:51.633 NtqHCtBqd.net
いいぞ
12 :以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/03/30(木) 20:49:11.757 hRPeM04L0.net
ガヴリール「コント、新入生歓迎会」

サターニャ「あーー、新入生歓迎会緊張するわ〜、どんなことするんやろー」

ガヴリール「えー、それではこれから皆さんには殺し合いをしてもらいます。」

サターニャ「……ってバトルロワイヤルかーーい!!」

ガヴリール「う〜〜〜〜!!」

ガヴ&サタ『ガヴリールサターニャ!!』
13 :以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/03/30(木) 20:56:19.090 hRPeM04L0.net
ガヴリール「コント、メロンパン」

サターニャ「あ〜〜メロンパンおいしいわ〜」

ガヴリール「ほんとおいしいよなー特にこのメロンのエキスが!」

サターニャ「ってメロン入ってないやーーん!!」

ガヴリール「う〜〜〜!!」

ガヴ&サタ『ガヴリールサターニャ!!』
14 :以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/03/30(木) 20:58:48.013 hRPeM04L0.net
───

サターニャ「治ってないやん!!」

ガヴリール「くそ……どうしてだ……」

ヴィーネ「なんていうか……下らなすぎて……」

ラフィエル「ややウケでしたものね〜」

サターニャ「こんなときはメロンパンに限るわ〜、ってこら!使い魔!私のメロンパンとらんといてや〜!!」
15 :以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/03/30(木) 21:01:30.177 hRPeM04L0.net
サターニャ「まったく!!油断も隙もあらへんわ!!使い魔なら使い魔らしく私の指示に従わへんとー!」

犬「わん!」

ガヴリール「ぷぷっ…ぷぷぷっ……」

サターニャ「な、なんや!?なにが面白いんや!?」

ガヴリール「ダメだ……関西弁のサターニャ見てるとなんか面白いわ!」

ヴィーネ「うふふふっ、そうね♪」

サターニャ「なんでやねん!!」
16 :以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/03/30(木) 21:04:00.840 hRPeM04L0.net
サターニャ「なんで私がこんなことにならなあかんの……」

ガヴリール「まぁまぁサターニャ、これはこれで面白いぞ」

ヴィーネ「うふふふっ」

ラフィエル「ふふふふふっ♪」

サターニャ「ガヴリール……ありがとう……ん?治った!!治ってる!!治ったよ!ガヴリール!」

ガヴリール「ちょっ!わかったから抱きつくなよ!//」

ラフィエル「あら〜♪」
17 :以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/03/30(木) 21:06:57.361 hRPeM04L0.net
ヴィーネ「結局私たちの笑いで治ったのね」

サターニャ「一時期はどうなるかと思ったわ…もう二度とこんな道具使わないわ……」

ガヴリール「なぁ……でもサターニャ……おまえとコンビ組んでなんだかんだで楽しかったぞ……」

サターニャ「が、ガヴリール…き、急に何言い出すのよ…//まぁ、私も楽しかったけど…//」

ガヴリール「……というわけで」

パァン

バタッ

ヴィーネ「サターーニャーー!!」
18 :以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/03/30(木) 21:11:56.184 hRPeM04L0.net
サターニャ「なにすんねん!ガヴリール!!……ってぇ!また元に戻っとるやないかー!!」

ガヴリール「あはっ……はははっ……やっぱりサターニャにはそっちの方がお似合いだよ」

サターニャ「ガヴリールー……いい加減にせーーよーー!!」

ヴィーネ「ぷっ」

ラフィエル「ふふっ♪」

ガヴリール「さぁーて、今日は何ジュース買おうかなー」ヒュー

サターニャ「あ!待たんかガヴリールー!今度こそ許さへんよーー!!」ドタドタ

ヴィーネ「うふふっ、確かにサターニャに関西弁は似合ってるかもしれないわね」

ラフィエル「ええ♪」

ラフィエル「天界のみなさん、今日も日本は平和です♪」

おわり
20 :以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/03/30(木) 21:22:33.646 U8CafDVGd.net
乙乙

サターニャ「開栓して2週間暖かい室内で放置された午後ティー」

2 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/12/23(土) 01:39:28.91 KBxclRrl0

サターニャ「アンタにあげるわ」

ガヴリール「なんで飲むと思ったんだ?」

サターニャ「私のプレゼントが受け取れないっていうの?」

ガヴリール「当たり前だろ」

ヴィーネ「なんでそんなに放置したのよ……」

サターニャ「学校で買ってバッグのポケットに入れたの忘れてたのよ」

ガヴリール「わかるぞサターニャ」

サターニャ「じゃあ飲みなさいよ!」

ガヴリール「飲まねえよ」
3 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/12/23(土) 01:40:25.79 KBxclRrl0

ヴィーネ「捨てなさいよサターニャ、それもう飲めないわよ」

サターニャ「イヤよ!ガヴリールが悶絶する事だけが楽しみなのに!」

ガヴリール「お前さ、私が言うのもなんだけど、そういうのは伏せて仕掛けるもんだぞ」

サターニャ「ふん!ガヴリールが飲まないなら私が飲むんだから」

ヴィーネ「えぇ……」

ガヴリール「勝手に飲んでろ、3日は大丈夫でも2週間は絶対お腹下すぞ」

ヴィーネ「なんでアンタ知ってんのよ」

ガヴリール「冷蔵庫に戻すのめんどくさいんだよ、コーラも炭酸抜けてるけど意外とイケるぞ」

ヴィーネ「きたない!」

4 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/12/23(土) 01:41:41.91 KBxclRrl0

サターニャ「私は大悪魔だからこの程度でお腹壊さないわ」

ガヴリール「ほんとかよ、どうせすぐ具合悪くなってヒンヒン泣き出すんだろ」

サターニャ「なんですって!?」

ヴィーネ「ちょ、ちょっと!ガヴも煽らないの!」

サターニャ「その言葉、後悔させてやるわ!そしてアンタにも半分無理やり飲ませてやるんだから!」

ガヴリール「ああ、飲んでやるよ」

サターニャ「ほんと!?」

ガヴリール「なんで嬉しそうなんだよ」
5 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/12/23(土) 01:42:48.23 KBxclRrl0

ヴィーネ「いや……やめときなさいよ2人とも……」

サターニャ「いいじゃない!とりあえず私の勇姿を見てなさい!」

ガヴリール「がんばれー」


ゴクッ

サターニャ「うっ!」

サターニャ(あ、無理ねこれ、飲んだ瞬間に本能が拒絶する味だわ)

サターニャ(めっちゃ酸っぱい)

ガヴリール「うわ、あのサターニャが苦虫噛み潰したような顔してるぞ」

ヴィーネ「もう分かったでしょ?諦めて捨てなさいサターニャ」

サターニャ「え、えぇ……これはキツいわね……」
6 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/12/23(土) 01:43:45.69 KBxclRrl0

ガヴリール「おいおい、所詮は口だけ大悪魔か?」

サターニャ「なっ……!」

ヴィーネ「ガヴリール!」

サターニャ「ああああ飲んでやろうじゃないの!私は大悪魔サタニキアなんだから!私にとってはこんなの普通の水と変わらないんだから!」

ガヴリール「なら半分と言わず全部飲んでみろよ」ニヤニヤ

サターニャ「と、当然じゃない!」

サターニャ「……」

ガヴリール「ほら、イッキ!イッキ!」

サターニャ「わかってるわよ!」
7 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/12/23(土) 01:44:30.97 KBxclRrl0

サターニャ「……ぐっ!」ゴクッゴクッ

ガヴリール「お、いい飲みっぷり」

ヴィーネ「もう!大事になっても知らないんだから!」

ガヴリール「ん?このぐんぐんグルトお前のか?」

ガヴリール「じゃ私こっち貰うから」ゴクゴク

サターニャ「ぐっ!?……うぇっ……!」ゴクゴク

8 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/12/23(土) 01:45:23.46 KBxclRrl0

グラサン「……であるから、三平方の定理を使って……」

サターニャ(ヤバい、最高にヤバいわ)

サターニャ(休み時間の間は意外となんにもなかったからそのまま授業受けたけど)

グギュルルルルル…

サターニャ(一気に来たわね……よりにもよって開始直後に)

サターニャ(時間が無限に感じるわ……まだ始まって5分も経ってないっていうの……?)
9 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/12/23(土) 01:46:40.00 KBxclRrl0

サターニャ(一刻も早くトイレに……でもそれは授業が終わってから、なぜなら……)

ガヴリール「……」ニヤニヤ

サターニャ(……)

ーーーーーーーー

サターニャ「先生、トイレに行ってもいいかしら……?」

グラサン「…腹痛か?いいぞ」

ガヴリール「先生、私もお腹が痛くて……」

サターニャ「!?」

グラサン「…行ってこい」

サターニャ「……」ダッ

ガヴリール「……」ダッ
10 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/12/23(土) 01:47:19.06 KBxclRrl0

タッタッタッ……


サターニャ「ちょ、ちょっと!なんでついてくるのよ!別のトイレ使いなさいよ!」

ガヴリール「私が行こうとしてる方向にお前がいるんだよ」

サターニャ「そんなわk……ッッ!」グルルルルル

サターニャ(もうとりあえず一番近いトイレに……!)
11 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/12/23(土) 01:48:17.36 KBxclRrl0

ブリブリブリブリュリュリュリュリュリュ!!!!!

サターニャ「ぐぅ……ふぅっ…………」

ガヴリール「うっわ、すごい音」

サターニャ(!?)

サターニャ「ちょっと!隣の個室に入ってくるんじゃないわよ!」

ガヴリール「相当溜まってたんだなぁ?あクサッ!w」

サターニャ「…………ッ!」

ガヴリール「録音もしといたぞw(ブリブリブリブリュリュリュリュリュリュ!!!!!)」

12 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/12/23(土) 01:49:32.92 KBxclRrl0

――――――――

サターニャ(……なんてことを考えてるに違いないわ)

サターニャ(トイレは授業終了時、他人に紛れてガヴリールの視界から消える……)


サターニャ(あるいは、『アレ』が効いてくれれば……)


サターニャ(うぅっ……もう30分はたったかしら…)

サターニャ(まだ10分しか経ってないじゃない……)

ガヴリール「……」

サターニャ「……」
13 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/12/23(土) 01:50:24.96 KBxclRrl0

サターニャ(ようやく20分……)

サターニャ(これ50分耐えるのはダメかもしれないわね…)


サターニャ(……そろそろかしら)
14 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/12/23(土) 01:51:09.59 KBxclRrl0

ガヴリール「……」ソワソワ

ガヴリール(くっそ……お腹痛い)

グギュルルルルル

ガヴリール(なんでだ…?昼に何か変なモノ食べたか……?)

ガヴリール(今すぐトイレ行きたいけど、正直全員の前で先生に聞くのは憚られる……)

ガヴリール(サターニャがついてきたらマズいけど、今はアイツはアイツで緊急事態のはず)

ガヴリール(休み時間に済ませよう…)

15 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/12/23(土) 01:52:46.85 KBxclRrl0

サターニャ(ヤバいヤバいヤバいヤバい!もう無理!あと20分も待ってたら出ちゃう!)

サターニャ(ガヴリールももうへんなこと考えられないでしょうし、離脱しましょう……!)


ガヴリール(ダメだ……もう我慢できない……!)

ガヴリール(もうサターニャを気にしてる余裕なんてない!)


ガヴリール「先生!トイレに行ってきます!」ガタッ

サターニャ「!?」

グラサン「お、おう、行ってこい」
16 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/12/23(土) 01:53:30.43 KBxclRrl0

サターニャ「わ、私も行きたいわ!」

ガヴリール「……」ダッ

グラサン「……本当にトイレなのか?」

サターニャ「なっ!?アイツは良くて私はダメなんて不公平じゃない!」

グラサン「……そうだな、すまない、行ってこい」

サターニャ「……」ダッ
17 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/12/23(土) 01:54:38.18 KBxclRrl0

ガヴリール(ああクソッ、もう間に合わない!一番近いとこに…!)

ガヴリール「…ってお前ついて来るなよ!」

サターニャ「しょうがないじゃない!私も限界なのよ!」

ガヴリール「上の階の使えよ!」

サターニャ「アンタが別のとこ行きなさいよ!」

ガヴサタ『ぐぬぬ!』


グギュルルルルル!!!


ガヴサタ『!!!!!』

18 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/12/23(土) 01:55:13.69 KBxclRrl0

バタンッ

サターニャ「隣に入って来ないでよ!」

ガヴリール「二つしかないんだから仕方ないだろ!」
19 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/12/23(土) 01:55:58.28 KBxclRrl0

ブリブリブリブリュリュリュリュリュリュ!!!!!

ブツチチブブブチチチチブリリイリブブブブゥゥゥゥッッッ!!!!!!

ガヴリール「うぐっ………ぅ」ブリュリュリュリュ

サターニャ「うううぅ………」ブリュリュリュリュ

ガヴリール「…………」ブリュリュリュリュ

サターニャ「…………」ブリュリュリュリュ

ガヴリール「…………」ブリュリュリュリュ

サターニャ「…………」ブリュリュリュリュ

20 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/12/23(土) 01:56:51.53 KBxclRrl0

サターニャ「……な、なーっはっはっはっはっは!」ブリュリュリュリュ

ガヴリール「!?」ブリュリュリュリュ

サターニャ「辛そうねガヴリール!私の薬剤ドリンクを自分から飲みに行くなんて!」ブリュリュリュリュ

ガヴリール「薬剤……まさか!?」ブリュリュリュリュ

サターニャ「そうよ」ブリュリュリュリュ

サターニャ「あのドリンクには、下剤を仕込んでおいたのよ!」ブリュリュリュリュ

ガヴリール「なんだって!?」ブリュリュリュリュ

21 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/12/23(土) 01:57:43.90 KBxclRrl0

サターニャ「アンタは私がイタズラ用のモノを消費したと思い込んで、もう片方に手をかけてしまった」ブリュリュリュリュ

サターニャ「まさか賞味期限切れの方が陽動だとは思わないわよね」ブリュリュリュリュ

ガヴリール「くっ…このクソ悪魔……!」ブリュリュリュリュ

サターニャ「どうかしら?私の完璧な戦略」ブリュリュリュリュ

ガヴリール「ん…?でも陽動をお前が飲んだら意味ないだろ」ブリュリュリュリュ

サターニャ「そうよ!飲んだフリで済ませるハズだったのにアンタが煽るから飲んじゃったじゃない!」ブリュリュリュリュ

ガヴリール「ハッ、いい気味だな」ブリュリュリュリュ

サターニャ「なんですって!?」ブリュリュリュリュ
22 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/12/23(土) 01:58:21.50 KBxclRrl0

ガヴリール「あークッサ!」ブリュリュリュリュ

サターニャ「なっ!?アンタの方がクサいわよ!」ブリュリュリュリュ

ガヴリール「黙れクソニキア!」ブリュリュリュリュ

サターニャ「黙りなさいよクソリール!」ブリュリュリュリュ


ガヴサタ『うぐうううううう!』
23 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/12/23(土) 01:59:38.22 KBxclRrl0

ヴィーネ「アンタたちどうしたのよ」

ガヴリール「」ゲッソリ

サターニャ「」ゲッソリ

ラフィエル「あら、どうされたんですか、お二方」

ヴィーネ「サターニャは大体想像がつくんだけど、ガヴは……?」

ガヴリール「もうなんか全てどうでもいいわ…」グデーン

サターニャ「あー辛いわ…」グデーン

ラフィエル「なぜニヒリズムに……?」
24 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/12/23(土) 02:02:44.46 KBxclRrl0

ガヴリール「身体の水分が不足してるんだよ……とりあえずこのジュースで水分補給と……」ゴクゴク

サターニャ「えっ」

ヴィーネ「?」

ラフィエル「?」
25 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/12/23(土) 02:04:39.52 KBxclRrl0

おわり 計画段階より幾分汚くなった

ガヴリール「眠い……」

1 :以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/03/26(日) 22:35:54.798 CwcRmxPS0.net
ガヴリール(ネトゲで徹夜してしまって眠い……)

ガヴリール(しかももう少しで授業が始まってしまう……)

ガヴリール(少しだけ……寝よう)
2 :以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/03/26(日) 22:37:29.318 CwcRmxPS0.net
ヴィーネ「ねぇ、ガヴ。ねぇ、ねぇったら」ユサユサ

ガヴ(なんだよ……眠いんだよこっちは)

ガヴ「ううん……」ムクリ

ガヴ「……なに?」

ヴィーネ「えっとね……えっ」

ヴィーネ(ガヴの目が赤い……もしかしてガヴ……)

ヴィーネ(泣いてる!?)
4 :以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/03/26(日) 22:38:54.009 gVTCzeQ+0.net
なんかガヴが生きてるとホッとする
5 :以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/03/26(日) 22:39:31.273 kihqsmni0.net
>>4
わかる
6 :以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/03/26(日) 22:40:30.307 CwcRmxPS0.net
ヴィーネ(どどどどうしたのかしら、なにか悲しいことでもあったのかしら……)

ヴィーネ「ガヴ、どうしたの?」

ガヴ「は?お前がどうしたんだよ」

ヴィーネ「なんかあったの?」

ガヴ「は?なんもないけど」

ガヴ「ってか眠いんだけど、寝かしてくれよ」

ヴィーネ(もしかして、勘違い?ただの充血かしら)

ヴィーネ「そ、そうなの?それならいいんだけど。」

ヴィーネ「あ、お手洗いいってくるわね」

ガヴ「zzz」
8 :以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/03/26(日) 22:44:17.032 CwcRmxPS0.net
サターニャ「勝負よガヴリー……」

ガヴ「zzz」

サターニャ「……」

サターニャ(ガヴリールが落ち込んでる!?)

サターニャ(これは……ライバルとして……)

サターニャ(私がガヴリールに元気を取り戻させてあげないと!)
14 :以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/03/26(日) 22:46:37.648 CwcRmxPS0.net
サターニャ「ちょっと、ガヴリール……大丈夫?」

サターニャ「なにか、悩み事?」

ガヴ「zzz」

サターニャ「ガヴリール……」

ヴィーネ「……」

ヴィーネ「やっぱりガヴリールは泣いてたのね……」

ヴィーネ(ガヴは私たちに迷惑をかけまいと……)

ヴィーネ(必死で元気なフリを……)ホロリ
19 :以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/03/26(日) 22:50:28.813 CwcRmxPS0.net
グラサン「……」スタスタ

グラサン「……胡桃沢、月乃瀬、自分の席に……」

ヴィーネ「違うんです!」

サターニャ「ガヴリールが……」

グラサン「……天真がどうかしたのか……?」

ガヴ(ん?なんだ?)

ヴィーネ「そうなんです……ガヴリールが……」

ガヴ(んんん?)

グラサン「……おい、天真」

ガヴ「ひゃ、はい!」ガバッ
21 :以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/03/26(日) 22:51:54.246 CwcRmxPS0.net
グラサン「なにか悩み事か……?」

ガヴ「い、いえ……」

グラサン「悩み事があるなら俺に言えよ……!」

ガヴ「だ、大丈夫です……」

ガヴ(なんでこんなことに……)
24 :以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/03/26(日) 22:53:25.441 CwcRmxPS0.net
ガヴ(グラサンがチラチラ私を見るから……)

ガヴ(授業中に一睡もできなかった……)

ガヴ(しかしやっと授業が終わった……やっと寝れる……)

ヴィーネ「ねぇ、ガヴリール……」

ヴィーネ「悩み事があるなら私に話して……?」

ガヴ(さっきからなんなんだ)
26 :以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/03/26(日) 22:57:49.378 CwcRmxPS0.net
ヴィーネ「ねぇ、ガヴ……」

ガヴ「うるさいな……ほっといてくれよ……」

ヴィーネ「なっ……ガ、ガヴリール!!」

ガヴ「さっきからなんなn」ビンタパチン

ヴィーネ「私たち友達でしょ!?悩み事あるなら話して!私たちなんでも言い合える仲じゃないの!?」

ガヴ(……)

ガヴ「ありがとう……少しだけ目が覚めたよ……」

ヴィーネ「ガ、ガヴ……!」パァァァ

ガヴ「ちょっとコーヒー買ってくるわ」スタスタ

ヴィーネ「ガ、ガヴ……」

ヴィーネ「ガヴ……」ポロポロ
28 :以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/03/26(日) 23:00:35.181 CwcRmxPS0.net
ガヴ(やっと帰れる……)

ガヴ(はやく家に帰って寝よう……)

サターニャ「あっ!ガヴリール!」

サターニャ(元気になるには……)

サターニャ(メロンパンよっ!)

サターニャ「パン屋さんにいきましょ!」

ガヴ「あ?いかねーよ。じゃあ」フアーア

サターニャ「ちょ、待ちなさいよガヴリール!」

ガヴ「……」スタスタ

サターニャ「……」

サターニャ(そんなに落ち込んでるのかしら……)
30 :以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/03/26(日) 23:01:52.376 Bp79rw1Z0.net
優しい世界
31 :以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/03/26(日) 23:03:19.139 CwcRmxPS0.net
ラフィ「お2人の話によると……」

ラフィ「ガヴちゃんはヴィーネさんにも話せないような重いレベルで落ち込んでると……」

ヴィーネ「そうなの」

ラフィ「そして、サターニャさんの誘いにも耳を貸さないと……」

サターニャ「そうなのよ……」

ラフィ(それはいつものような気がしますが……)

ラフィ(ヴィーネさんにも言わないのはなにか……)

ラフィ(嫌な予感がしますね……)

ラフィ「とりあえずガヴちゃんを探しにいきましょうか」

サタヴィーネ「そうね」
32 :以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/03/26(日) 23:04:34.461 CwcRmxPS0.net
ガヴ(駄目だ……眠い……)

ガヴ(途中で寝てしまいそうだ……)

ガヴ(お、いいところにベンチが……)

ガヴ(ちょっとだけ……ちょっとだけ横に……)

ガヴ「zzz」
33 :以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/03/26(日) 23:07:20.071 CwcRmxPS0.net
ラフィ「あ、あそこにガヴちゃんが……ガヴちゃん!?」

ヴィーネ「ラフィ?ガヴリールが……えっ!?ガヴリール!????」

サターニャ「ガヴリールがどうしたの……えっ!?」

ラフィ「ガヴちゃんが倒れてます!?」
ヴィーネ「ガヴが倒れてる!?」
サターニャ「ガヴリールが倒れてるわ!?」
34 :以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/03/26(日) 23:10:21.329 CwcRmxPS0.net
ヴィーネ「ガ、ガヴ!!!ガヴ!!!」

ヴィーネ「目を覚まして!お願い!!!」ユサユサ

ラフィ「ガヴちゃん!!!!」

サターニャ「ラ、ライバルの癖に先に逝っちゃうのは……許さないわよ!」

ガヴ(……なんだぁ?ちょっとうるさいような……)ムクリ

ガヴ「……どうしたんだお前達」
36 :以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/03/26(日) 23:13:41.420 CwcRmxPS0.net
ヴィーネ「どうして……どうしてこんなになるまで放っておいたのよ……!」ポロポロ

ガヴ「は?なんのこと……」

ラフィ「そうですよ!ガヴちゃん!」

ラフィ「どうして私たちに相談をしてくれなったんですか……?」グスン

サターニャ「それに自殺なんて……」

サターニャ「この私が許さないわよ!」

ガヴ「まてまて、自殺とか相談とかなんの話を……」パチン

ヴィーネ「ガヴの……バカッ!」

ヴィーネ「自殺なんて……自殺なんてっ!」
37 :以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/03/26(日) 23:16:15.397 CwcRmxPS0.net
ガヴ「さっきからお前はビンタばっかりなんなん……」パチン

ラフィ「そうですよガヴちゃん……!」

ラフィ「自殺なんていいことないですよ……私たち友達じゃないですか……」

ラフィ「相談くらい……のりますよ」ポロポロ

ガヴ(もしかして……)

ガヴ「いやいや、違うから違うから!」

ガヴ「ってお前はビンタしようとするな!」ボコッ

サターニャ「ぐふぅぅぅ!!???」
38 :以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/03/26(日) 23:17:08.339 X/NM3C5R0.net
安定のサターニャでワロス
39 :以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/03/26(日) 23:19:37.785 CwcRmxPS0.net
ガヴ「だから朝からずっと眠かっただけで落ち込んでなんか……」

ヴィーネ「やっぱり私たちには相談してくれないのね……」

ガヴ「ちょっ!話しを聞けって!」

………………………………………………

ガヴ「……というわけで朝から眠かっただけだから……」

ヴィーネ「……」

ラフィ「……」

サターニャ「……」

ガヴ「ちょっ!本当だから信じて……」

ヴィーネ「……」ガバッ

ガヴ「え……?」
40 :以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/03/26(日) 23:22:56.944 CwcRmxPS0.net
ヴィーネ「よ、良かったよぉぉぉ」ボロボロ

ガヴ「ヴィーネ……」

ラフィ「本当に……良かったです……」

サターニャ「ま、まぁ最初から私は分かっていたけどね!」グスン

ガヴ「ラフィエル……サターニャ……」

ガヴ「みんな、本当にごめん……!」

ガヴ「こんな大事になってしまって……」

ヴィーネ「私たちも……」

ラフィ「勝手に勘違いして大事に……」

サターニャ「だから……おあいこよ!」

ガヴ「みんな……!」
41 :以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/03/26(日) 23:26:14.004 CwcRmxPS0.net
ガヴ「ありがとう……!」

ガヴ「ふぅ……ちょっと泣きつかれてもっと眠くなったわ……!」

ガヴ「じゃあ一件落着ってことで……」

サターニャ「寝るなら私の家にハンモックがあるわよ!」

ヴィーネ「私も子守唄知ってるわ!よく寝れるヤツ!」

ラフィ「私もよく眠れる技があります!」

ガヴ「え?いや……」
42 :以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/03/26(日) 23:29:03.331 CwcRmxPS0.net
【サタニキア城】

サターニャ「フハハハハ」

サターニャ「ハンモックは気持ちいいでしょう!!!」

サターニャ「ちょっとの揺れが眠気を誘うのよ!」ギュオンギュオン

ヴィーネ「ガヴリール〜が125人〜♪ガヴリール〜が……」

ラフィ「ほら、オッパイでちゅよ〜ガヴちゃーん。」ドサッ

ガヴ「……」

ガヴ(いい加減に……)

ガヴ(寝かせてくれぇぇぇぇぇ!)


おわり
51 :以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/03/27(月) 01:42:04.246 cgtVB5dR0.net
乙でした
お知らせ
当サイトについて
TOP絵紹介!
スカイプもやっておりますので、
お気軽にコンタクト追加よろしくです!
skype ID sssokuhou.com New
Twitter

ブログの更新通知 Twitter
フォローお願いします。
アクセス

    カテゴリ!
    月別アーカイブ
    逆アクセスランキング
    相互リンク
    ■あんてな
    ヌルポあんてな
    SS速報VIP
    2chアンテナ
    2ちゃんてな
    ねらーアンテナ
    SS大好き!SSまとめアンテナ
    だめぽアンテナ
    にゅーおた
    にゅーもふ
    にゅーぷる
    SSωまとめアンテナだー
    あんてなガッ(・∀・)!!
    アンテナ速報
    【速報】アンテナ(*・ω・)ノ゙
    【速報】2chSSまとめ
    アンテなう!
    アンテナシェア
    ガッてな
    ぶろにゅー
    ワロタちゃんねる
    2chまとめちゃんねる
    まとめりー
    テラホシスアンテナ
    The 3rd
    ラブライブ!まとめあんてな
    ラブライブあんてな
    ラブライブ!まとめ主義
    ラブライブ!まとめスタイル
    アルパカアンテナ
    アニメアンテナ
    アニゲーアンテナ
    オワタあんてな\(^o^)/
    のーアンテナ(゚A゚* )
    SS特化アンテナ
    matomeja
    しぃアンテナ(*゚ー゚)
    ワニアンテナ
    暇つぶしアンテナ
    勝つるあんてな!
    ショボンあんてな
    まとめサイト速報+
    まとめサイトアンテナ『まとめあ』
    ニュース星3つ!まとめアンテナ
    2ちゃんねるまとめサイトのまとめ
    ギコあんてな
    咲-Saki-まとめアンテナ
    2chnavi
    あるみら!
    まとめちゃんねる
    SSまとめアンテナ
    アナグロあんてな
    でんぶん2ちゃんねるSSまとめ
    SSまとめ倉庫
    SSアンテナ
    SSまとめアンテナ
    SSまとめアンテナなんです
    ss速報アンテナ
    SSのまとめ(- -;*)
    おまとめ

    ■SS/アニメまとめ
    アニポ | 無料アニメ動画まとめ
    プロデューサーさんっ!SSですよ、SS!
    ラブライブ!ログ
    ぷん太のにゅーす。
    エレファント速報WLVS
    闇速
    SSちゃんねる
    SSまとめ大集合
    みんなの暇つぶし

    ■2ch
    アルファルファモザイク
    すくいぬ
    働くモノニュース
    ニコニコVIP2ch
    ぶる速-VIP
    ゲーム板見るよ!
    カナ速
    ハムスター速報
    暇人\(^o^)/速報
    ワラノート
    VIPワイドガイド
    VIPPERな俺
    ベア速
    V速ニュップ
    スチーム速報 VIP
    ゆめみがちサロン
    やる夫.jp
    みんくちゃんねる
    ニュース速報BIP
    ほんわか2ちゃんねる
    2chコピペ保存道場
    無題のドキュメント
    ムズ痒いブログ
    なんでもちゃんねる
    常識的に考えた
    デジタルニューススレッド
    あじゃじゃしたー
    2chエクサワロス
    VIPPER速報
    カゼタカ2ブログch
    妹はVIPPER

    ■ニュース
    NEWS PICK UP
    デジログ!
    everything is gone
    情報屋さん
    はぅわ!
    New discovery
    にゅーす特報。
    News人
    情報屋さん
    ニュースまとみる。
    日本視覚文化研究会
    特設ニュースちゃんねる
    おもしろメディアBOX

    ■ゲーム
    DS PSP初心者用講座
    はちま起稿
    オレ的ゲーム速報@刃

    ■動画
    アニポ
    1000mg

    ■その他
    アニポ
    激安特価板ブログ(blog)
    エログちゃんねる
    ■アダルト
    - zipでやるお
    アクセスランキング ブログパーツ