ヘッドライン

カテゴリー [ ラブライブ!サンシャイン!! ]

  • よう「ちかちゃん!!」ちか「よーちゃんたすけて・・・。」 [2018年01月23日]
  • 千歌「みかんが無くなった」 [2018年01月23日]
  • 千歌「二十歳だよ!」 [2018年01月22日]
  • ダイヤ「変わるもの、変わらないもの」 [2018年01月21日]
  • ∫∫( c||^ヮ^||「ダイヤ~ねぇダイヤってば~」スリスリ ダイヤ「はぁ…」 [2018年01月21日]
  • |c||^.- ^||「何故わたくしをイスに縛り付けるのですか!?」 [2018年01月19日]
  • 鞠莉「えへへ・・・無邪気な寝顔・・・このまま、ずっと一緒に居られたらいいのに・・・」  |c||˘.-˘|| Zzz [2018年01月19日]
  • 花丸「ダイヤちゃんに」曜「なでられたい!」 [2018年01月17日]
  • 善子「私達って一応美少女の範疇じゃない?」曜『うん』 [2018年01月17日]
  • 千歌「あっ、テルマエ・ロマエの時間だ」ポチーッ [2018年01月17日]
  • 梨子「は、は……ハグ、しよ……!」 [2018年01月17日]
  • 曜「ごめんごめん!」千歌「もぅ!よーちゃん意地悪だよ!///」 [2018年01月17日]
  • 聖良「幼稚園まで哺乳瓶を手放さなかったそうですね?」善子「なっ…」 [2018年01月16日]
  • 千歌「よーちゃんっ、おはよ!朝一番のハグだーっ♪」ギュッ 曜「千歌ちゃん!あ、あわわわ……」 [2018年01月15日]
  • 善子「焼き鳥屋・宜候」 [2018年01月14日]
  • 千歌「よーちゃん?///どうかな?///」ウワメヅカイ 曜「ふふふ、もう知らないよ?」ニヤァ [2018年01月13日]
  • 千歌「よーちゃん?///どうかな?///」ウワメヅカイ 曜「ふふふ、もう知らないよ?」ニヤァ [2018年01月13日]
  • ダイヤ「千歌さんと花丸さんが暴走族になったってそれ本当ですの!?」 [2018年01月12日]
  • 花丸「マルね…千歌ちゃんの事…///」千歌「マルちゃん…!?///」ドキドキ [2018年01月12日]
  • 千歌「花丸ちゃんは髪型変えたほうが絶対いいっ!」花丸「じゅらぁ~?」 [2018年01月12日]
  • 果南「ん?千歌またおっぱい大きくなった?」モミモミ 千歌「あっ♡果南ちゃん///」梨子「!?」 [2018年01月12日]
  • 千歌「え、曜ちゃんまだ下の毛生えてないの!?」曜「うぅ…//」 [2018年01月09日]
  • (ピンポーン!)千歌「あっ!牛乳屋さんだ!」 [2018年01月09日]
  • 曜「一途な想いと勘違い」 [2018年01月09日]
  • 千歌「ねぇ、梨子っち!」梨子「なあに、千歌ちゃん?」曜「……」ムカッ [2018年01月09日]
  • 曜「ちょっと仲居さん来てくれるー?」千歌「はーい!すぐ参ります」 [2018年01月08日]
  • 鞠莉「焚き火に夢を詰め込んで」 [2018年01月08日]

よう「ちかちゃん!!」ちか「よーちゃんたすけて・・・。」

1 :名無しで叶える物語 2018/01/20(土) 22:16:36.11 C4HPjDCw.net
※曜・千歌ともに5歳くらい(小学生前)の設定です。
曜は沼津ではなく内浦に住んでるとさせてください。
 2人の会話は幼さを出すために全部ひらがなにしてます。
 読みにくいと思いますがご容赦ください。
 短めです。
2 :名無しで叶える物語 2018/01/20(土) 22:17:15.16 C4HPjDCw.net
ちか「よーちゃーん!あそぼー!!」

曜ママ「あら?千歌ちゃんいらっしゃい♪」

曜ママ「今日は1人で来たの?」

ちか「そうなのだ!」フンスッ

ちか「しまねぇも、みとねぇも、いそがしいっていってたから1人できたよ!」

曜ママ「それは偉いわね♪」アタマナデナデ

ちか「えへへ〜♪」

曜ママ「千歌ちゃん、ちゃんと行ってきますって言ってきた?」

ちか「ううん。」ブンブン
3 :名無しで叶える物語 2018/01/20(土) 22:17:51.52 C4HPjDCw.net
ちか「しまねぇがきょうはふたりともいそがしいし、かまってあがられないからおうちにいなさいって!」

ちか「だからだまってきたのだ!」

ちか「ちかだってよーちゃんちくらいひとりでこれるのだ!」

曜ママ「そう・・・。1人で来たのは偉いわ。」

曜ママ「でもね、急にいなくなったら志満ちゃんも美渡ちゃんもびっくりすると思うわよ?」

ちか「ふぇ?」

曜ママ「今頃必死に探してる頃かも・・・。」

ちか「そ、そんなぁ・・・。」

ちか「ふたりともいそがしいっていってたのだ・・・。」
4 :名無しで叶える物語 2018/01/20(土) 22:18:49.59 C4HPjDCw.net
ちか「またおこられちゃうよ・・・。」ウルウル

曜ママ「今日は私から言ってあげるから大丈夫♪」

曜ママ「だから、次からは黙って来たらダメよ?」

曜ママ「おばさんと約束できる?」

ちか「やくそくする〜。」ポロポロ

よう「まま〜。だれかきたの〜?」

よう「あっ、ちかちゃん〜!」ニコォ〜

よう「!? ちかちゃんないてるの!?」

よう「まま!ちかちゃんをなかせたらだめだよ!!」
5 :名無しで叶える物語 2018/01/20(土) 22:19:43.72 C4HPjDCw.net
よう「わたしがゆるさないよ!!」プンプン

ちか「ちがうの・・・。ちかがわるいのだ・・・。」ウワーン

よう「よしよし、泣かないで?」ナデナデ

曜ママ「困ったわね〜。曜、とりあえず千歌ちゃん連れて家の中に入りなさい。」

曜ママ「私はちょっと電話しないといけないから。」

曜ママ「任せられるかな?」ポン

よう「りょうかいであります!」ケイレイ

よう「ちかちゃん!いこう!」

ちか「うん・・・。」グズグズ
6 :名無しで叶える物語 2018/01/20(土) 22:21:17.28 C4HPjDCw.net
―渡辺家

よう「ちかちゃんだいじょうぶ?」ナデナデ

ちか「だいじょうぶ・・・。」メソメソ

よう「こまったな〜。」

よう「そうだ!ちかちゃん!」ダキッ

ちか「よーちゃん!?」

よう「げんきだして!なかないで!」アタマナデナデ

よう「ちかちゃんがないてると、ようもかなしくなるよ。」

ちか「よーちゃん・・・。」
7 :名無しで叶える物語 2018/01/20(土) 22:22:45.79 C4HPjDCw.net
ちか「えへへ〜、よーちゃんにぎゅっとされるのちかだいすき!」

ちか「もっとぎゅ〜ってして♪」

よう「えへへ、ようもちかちゃんにぎゅ〜ってするのだいすき!」ギュ〜

ちか「さっきまでのかなしいきもちがどこかにいっちゃったのだ♪」ギュ〜

よう「ようも!ちかちゃんがえがおだとこころがぽかぽかする!」

ガチャッ

曜ママ「あらあら、2人とも仲がいいわね♪」

よう「あっ、まま!」

ちか「!?」ソデギュ
8 :名無しで叶える物語 2018/01/20(土) 22:24:05.24 C4HPjDCw.net
よう「ちかちゃん・・・。」

よう「だいじょうぶ・・・。」

よう「ちかちゃんはようがまもってあげる。」

よう「・・・。」キッ

ちか「・・・。」ウルウル

曜ママ「安心して。」

曜ママ「誰も千歌ちゃんを怒ったりしないから。」

曜ママ「2人ともそんな顔しないで。」アタマナデナデ

ちか「ふぇ?おこらないの?」キョトン
9 :名無しで叶える物語 2018/01/20(土) 22:25:38.00 C4HPjDCw.net
よう「?」キョトン

曜ママ「ふふふ、私から志満ちゃんに電話して説明おいたから。」

曜ママ「ちかちゃんを怒らないであげてねってお願いもしておいたわ。」

曜ママ「それに帰りは私がお家まで送ってあげる。」

曜ママ「だからもう心配は無いわ。」

ちか「よかったぁ〜。」

ちか「ありがとう!よーちゃんのまま!」

よう「ありがとう!まま!」

よう「よかったねちかちゃん♪」
10 :名無しで叶える物語 2018/01/20(土) 22:26:26.46 C4HPjDCw.net
よう「おこなれないですむよ♪」ギュ〜

ちか「えへへ〜、よーちゃんもまもってくれてありがとう♪」

ちか「だいすきなのだ♪」ホッペニチュッ

よう「〜〜///」

よう「ヨーソロー///」カオマッカ

曜ママ「仲がいいのね〜♪」ホノボノ

曜ママ「それじゃあママちょっと向こうでお洗濯するからお家のなかで遊んでてね。」

曜ママ「お外は危ないからじっとしてるのよ。」

よう・ちか「はぁ〜い。」
11 :名無しで叶える物語 2018/01/20(土) 22:27:46.91 C4HPjDCw.net
―――
――


よう「それじゃあなにしてあそぼうか?」

ちか「そうだね〜。」

よう「ようはちかちゃんのやりたいことならなんでもいいよ♪」

ちか「う〜ん・・・。」

ちか「っ!そーだ!」

よう「なになに!」ワクワク
12 :名無しで叶える物語 2018/01/20(土) 22:29:15.68 C4HPjDCw.net
ちか「おうちのなかはあついからめのまえのうみであそうぼうよ!」

ちか「きっとすずしいのだ!」キラキラ

よう「で、でもきょうはままもいそがしいからおそとにいったらだめっていわれたよ?」

ちか「でもおうちのなかじゃひまだよ?」

よう「ようはちかちゃんといっしょにいるだけでたのしいよ?」

ちか「ぶー、いいもん!」

ちか「よーちゃんはここにいればいいよ!」

ちか「ちかひとりでいってくるもん!」

よう「ご、ごめんなさい・・・。」
13 :名無しで叶える物語 2018/01/20(土) 22:30:48.80 C4HPjDCw.net
よう「おこらないでちかちゃん・・・。」ウルウル

よう「ようをひとりにしないで・・・。」ポロポロ

よう「おねがい・・・。」ギュ〜

よう「ちかちゃんがいきたいなら、ようもいくから・・・。」ギュ〜

ちか「ほんとう!?」

よう「うん!ちかちゃんといっしょならどこでもいくよ!」

ちか「えへへ〜、やっぱりよーちゃんだいすきなのだ〜。」

ちか「それじゃあいこう!」

よう「うん!」
14 :名無しで叶える物語 2018/01/20(土) 22:31:44.45 C4HPjDCw.net
―渡辺家前・砂浜

ちか「う〜ん!」ノビー

ちか「かぜがきもちいい〜♪」

よう「そ〜だね〜♪」

ちか「ほらみて!」

ちか「うみがきらきらしてる〜!!」タタタタッ

よう「ちかちゃん!」

よう「うみにちかづきすぎたらあぶないよ〜!」タタタタッ

ちか「だいじょうぶだよ!」
15 :名無しで叶える物語 2018/01/20(土) 22:32:30.65 C4HPjDCw.net
ちか「そんなにとおくまでいかないもん!」

よう「でもでも・・・。」

ちか「あはは!」

よう「ほんとうによーちゃんはみずがこわいんだね♪」

よう「ようおよげないから・・・。」プルプル

ちか「それならしかたないね・・・、って?」

ちか「あれ?しいたけ?」

よう「? しいたけ?」

ちか「お〜い!しいたけ〜!!」
16 :名無しで叶える物語 2018/01/20(土) 22:33:21.55 C4HPjDCw.net
しいたけ「わんわん!」ダダダッ

ちか「よしよ〜し!どうしたの?なんでここにいるの?」

しいたけ「わんわん!」ペロペロ

ちか「しいたけくすぐったいよ♪」

しいたけ「はっはっはっ。」

よう「ほんとうにしいたけだぁ〜。」ナデナデ

しいたけ「わんわんわん!」スリスリ

よう「あははは!しいたけはほんとうにもふもふだよ〜。」キャッキャッ

ちか「でもどうしてここにいるんだろ?」
17 :名無しで叶える物語 2018/01/20(土) 22:34:21.53 C4HPjDCw.net
ちか「あっ、またひもはずしてきたな!」

ちか「こらっ!しいたけ!」

しいたけ「くぅ〜ん・・・。」シュン

よう「ちかちゃんといっしょだ♪」

ちか「ぐっ・・・、もう!きょうはゆるしてあげる!」ナデナデ

しいたけ「わん!!」

ちか「しいたけもちかたちとあそぶ?」

よう「そうだよ♪しいたけもあそうぼう♪」

しいたけ「わん!」
18 :名無しで叶える物語 2018/01/20(土) 22:36:08.18 C4HPjDCw.net
―――
――


よう「はぁはぁはぁ・・・。つかれたよ〜。」

よう「ちかちゃ〜ん。おやすみしようよ〜。」

ちか「もぅ!よーちゃんつかれるのはやいよ!」

ちか「わたしとしいたけはげんきだよ?」

ちか「ねぇ?しいたけ?」ナデナデ

しいたけ「わん!」ヘッヘッヘッ
19 :名無しで叶える物語 2018/01/20(土) 22:37:20.34 C4HPjDCw.net
よう「ちかちゃ〜ん・・・。」グスッ

ちか「よーちゃんはそこでおやすみしてて!」

ちか「ちかはしいたけとあそんでるから♪」

しいたけ「わんわん!」タタタッ

ちか「あっしいたけ!」

ちか「うみにいっちゃだめだよ!」タタタッ

よう「うぅ・・・、ちかちゃん・・・。」メソメソ

よう「ようをおそとでひとりにしないで・・・。」ポロポロ

よう「さびしいよ・・・。」ポロポロ
20 :名無しで叶える物語 2018/01/20(土) 22:38:51.08 C4HPjDCw.net
しいたけ「わんわん!」パシャパシャ

ちか「あ〜もう!!」パシャパシャ

よう「うみにはいっちゃったよ・・・。」

よう「よう、うみがこわいからついていけないよ・・・。」

よう「うぅ・・・。」グスグス

パシャーン!

よう「!? ちかちゃん!!」タタタッ

ちか「あっぷ、よ、よーちゃんたすけ・・・。」バシャバシャ

よう「なんでおぼれてるの!?ちかちゃーん!!」
21 :名無しで叶える物語 2018/01/20(土) 22:40:17.08 C4HPjDCw.net
よう「しいたけ!」

よう「しいたけおいで!」

しいたけ「わん!」

よう「おねがい!」

よう「だれかよんできて!」

よう「しいたけ、おまえのあしならまにあうから・・・。」

よう「おねがい!」

しいたけ「わん!!」ダダダダッ

ちか「よっ、よーちゃっ・・・、っ・・・く、くるしぃ・・・。」バシャバシャ
22 :名無しで叶える物語 2018/01/20(土) 22:41:23.10 C4HPjDCw.net
よう「だめだ・・・。だれかくるまでまってたら、ちかちゃんしんじゃう・・・。」ウルウル

よう「ようが・・・、ようがいかないと・・・。」プルプル

よう「こわいよ・・・。」プルプル

ちか「もぅ・・・、だ・・・め・・・。」ブクブク

ちか「よ・・・、ちゃ・・・。」

よう「ちかちゃん!!!」

よう「わぁぁぁ!!!」ダダダダ

バシャーン

よう「あっぷ、ちかちゃん!ちかちゃん!」バシャバシャ
23 :名無しで叶える物語 2018/01/20(土) 22:42:15.22 C4HPjDCw.net
よう「く、くるしっ。」バシャバシャ

よう「はぁ・・・、ちかちゃん!」バシャバシャ

よう「いたっ!ちかちゃん!」ダキッ

ちか「・・・。」

よう「お、おもい・・・。」バシャバシャ

よう「もどらな・・・、ガハッ、いと・・・。」バシャバシャ

よう「ああ・・、だめ・・・。」バシャ

よう「ち・・が・・ちゃ・・・。」

よう「ごめ・・・。」
24 :名無しで叶える物語 2018/01/20(土) 22:45:26.38 C4HPjDCw.net
―――
――


よう「うぅ・・・。ここは?」ポケ〜

曜ママ「曜! ああ、目覚めてよかった!!」ギュッ〜

よう「まま?あれ?ここは?」

曜ママ「ここは病院よ。」

曜ママ「あなたたち海で溺れて意識がなかったの・・・。」ポロポロ

曜ママ「良かった・・・。無事で本当によかった・・・。」ギュ〜
25 :名無しで叶える物語 2018/01/20(土) 22:46:02.27 C4HPjDCw.net
よう「そうだったんだ・・・。」ポケ〜

よう「そうだ!ちかちゃんは!!」

よう「まま!」

よう「ちかちゃんはどこ!!」

曜ママ「グスッ、千歌ちゃんも無事よ。」

曜ママ「隣の病室にいるわ。」

よう「あいたい!」

よう「ちかちゃんにあいたいよ!」ウルウル

曜ママ「わかった、それじゃあ行きましょ。」
26 :名無しで叶える物語 2018/01/20(土) 22:46:44.59 C4HPjDCw.net
―隣の病室

コンコン

曜ママ「失礼します。」

志満「どうぞ。」

よう「ちかちゃん!」

ちか「よーちゃん!」

よう「ちかちゃん!ちかちゃん!」ダキッ

よう「もうはなさないで!もうようのことおいていかないで!」メソメソ

よう「よう、ちかちゃんがいないと・・・。いないと・・・。」ウワーン
27 :名無しで叶える物語 2018/01/20(土) 22:47:35.21 C4HPjDCw.net
ちか「よーちゃん・・・。」ナデナデ

ちか「ごめんね・・・。」ナデナデ

よう「グスッ、ちかちゃん・・・。」

よう「ちかちゃん・・・。」スリスリ

志満「この度はうちの千歌ちゃんが大変ご迷惑をおかけいたしました。」

志満「危なく曜ちゃんまで死んでしまうところでした。」

志満「その上、助けていただいて本当に感謝の言いようもありません。」

志満「2度と勝手なことはしないよう私達から言い聞かせます。」

志満「申し訳ございませんでした。」フカブカ
28 :名無しで叶える物語 2018/01/20(土) 22:48:36.31 C4HPjDCw.net
曜ママ「志満ちゃんいいの。」

曜ママ「今回のことは目を離した私に責任があるわ。」

曜ママ「しいたけちゃんが私を呼びに来てくれなかったら本当に危なかった・・・。」

曜ママ「でもね、ダメだって言われてたのに出て行ったのは2人の意思。」

曜ママ「2人に責任があるわ。」

曜ママ「だから私にも言わせて頂戴。」

曜ママ「こちらこそ曜がご迷惑おかけいたしました。」

曜ママ「私のほうからも曜に厳しく注意します。」

曜ママ「申し訳ございません。」フカブカ
29 :名無しで叶える物語 2018/01/20(土) 22:49:24.39 C4HPjDCw.net
よう「ちかちゃんともうあっちゃだめなの?」

よう「やだ!やだ!いやだよ!!」ダキツキ

よう「よう、ちかちゃんがいないといやなの!!」ギュ〜ッ

よう「ままおねがい!ようからちかちゃんをとらないで〜!!!」メソメソ

よう「もうわがままいわないから!」ポロポロ

よう「いうこともちゃんときくからぁ〜!!」ポロポロ

曜ママ「ってことらしいから、志満ちゃん、これからも曜のことお願いできるかしら?」

曜ママ「あの娘、千歌ちゃんがいないと何にもできないの。」

曜ママ「だから、ね?」
30 :名無しで叶える物語 2018/01/20(土) 22:49:54.72 C4HPjDCw.net
ちか「しまねぇ!ちかもおねがい!」

ちか「もうあぶないことはしない!」

ちか「なんでもいうこときく!」

ちか「おてつだいだってやる!」

ちか「すききらいもしないから!」

ちか「だからよーちゃんといっしょにいさせて!」

ちか「おねがい!」ギュ〜

志満「ふぅ・・・、私のほうもお願いします。」

志満「千歌ちゃん、曜ちゃんがいないと寂しがって仕方が無いので・・・。」ホホエミ
31 :名無しで叶える物語 2018/01/20(土) 22:50:32.07 C4HPjDCw.net
ちか「よーちゃんといっしょにいてもいいの?」

ちか「ずーっとずぅーーっといっしょにいてもいいの?」

志満「ええ。いいわよ。」ナデナデ

志満「でももう黙って出かけたり、危ないことをしちゃダメよ?」

ちか「うん!もうしないよ!」

曜ママ「曜も、もう泣かないで?」ナデナデ

曜ママ「千歌ちゃんと離れろなんて言わないからね?」

よう「ほんと?」ウルウル

よう「ほんとにほんと?」ウルウル
32 :名無しで叶える物語 2018/01/20(土) 22:52:25.54 C4HPjDCw.net
曜ママ「ええ、本当よ。ママは嘘はつかないわ。」

よう「ちかちゃーん!!」ギュ〜

よう「ごめんね!」

よう「ちかちゃんがおぼれたときにたすけられなくてごめんね!」

よう「こんどはもうはなさいから!」

よう「ちかちゃんがとおくにいこうとしてもぜぇ〜ったいにはなさない!」ポロポロ

よう「よう、ちかちゃんがあぶなくなったらぜったいにたすけるよ!」ポロポロ

よう「もっともぉ〜っとつよくなってちかちゃんをまもるよ!」ポロポロ

よう「だからずっと!いっしょにいようね!!」ポロポロ
33 :名無しで叶える物語 2018/01/20(土) 22:53:31.62 C4HPjDCw.net
ちか「えへへ、よーちゃんはあいかわらずなきむしさんなのだ♪」ギュ〜

ちか「よーちゃんがいないとチカもかなしい・・・。」

ちか「だからずっとずぅ〜っといっしょにいてあげるよ♪」ナデナデ

よう「うん!やくそくだよ!」ニコッ

ちか「やくそく!」ニコッ

ちか「そうなのだ!」

ちか「このやくそくぜったいにやぶれないようにおまじないしてあげるね♪」

よう「? おまじない?」クビカシゲ

ちか「めをつぶって♪よーちゃん♪」
34 :名無しで叶える物語 2018/01/20(土) 22:54:42.00 C4HPjDCw.net
よう「いいけど・・・。」メツブリ

チュッ♪

よう「ちかちゃん!?///」

ちか「おくちにちゅ〜ってするとずっといっしょにいられるよ!」

ちか「これでもうはなればなれにはならないのだ!」フンス

よう「・・・/// うん///」

ちか「だぁ〜いすきだよ♪ よーちゃん♪」

よう「ようも、だぁ〜いすきだよ♪ ちかちゃん♪」

Fin
35 :名無しで叶える物語 2018/01/20(土) 22:56:29.87 4kX2pVNm.net
乙乙 ( ;∀;) イイハナシダッター

千歌「みかんが無くなった」

1 :名無しで叶える物語 2018/01/20(土) 22:12:50.90 8SmgrJy4.net
曜「うん」モグモグ

千歌「あー……無くなった……」

曜「……」モグモグ

千歌「玄関にあるから「自分でとってきなよ」」

千歌「……」

曜「……」モグモグ
3 :名無しで叶える物語 2018/01/20(土) 22:14:16.69 8SmgrJy4.net
千歌「こたつから出たくない」

曜「私も」モグモグ

千歌「……ひと房頂戴」

曜「やだ」モグモグ

千歌「ちっ……」

曜「ごちそうさま」

千歌「……」
4 :名無しで叶える物語 2018/01/20(土) 22:16:41.81 8SmgrJy4.net
千歌「……どうして今日メガネなの」

曜「めんどくさかったから」

千歌「ふふ……その物臭さが貴様の命取りよ……」

曜「善子ちゃんの真似?似てないね〜」

千歌「ほっ」パッ

曜「あ、何すんのさ」

千歌「メガネを返して欲しければみかんを5個献上しろ」

曜「行動不能だから無理です」
5 :名無しで叶える物語 2018/01/20(土) 22:20:13.70 8SmgrJy4.net
千歌「うわ、度キツい」スチャ

曜「目悪くなるよ」

千歌「似合う?」

曜「ふぁ〜あ……」

千歌「こっち見てよ」

曜「見てるよ」

千歌「曜ちゃんは後頭部に目があるんだね」
8 :名無しで叶える物語 2018/01/20(土) 22:23:01.97 8SmgrJy4.net
千歌「美渡ねぇー」

曜「……」

千歌「美渡ねぇぇええ」

ガララ

美渡(パック中)「何さうるさい」

曜「うわぁあお化けぇええ!」

千歌「いやぁあああ南無阿弥陀仏ぅぅう!!」

美渡「ぶっ叩かれたいの?」
9 :名無しで叶える物語 2018/01/20(土) 22:24:47.77 8SmgrJy4.net
千歌「みかん持ってきてー」

曜「あ、私のもー」

美渡「自分で取ってこい」

千歌「ケチケチケチケチーー」

曜「ケチケチケチケチーー」

ゴンゴン!

美渡「もう呼ぶなよ」

ようちか「いたい……」
10 :名無しで叶える物語 2018/01/20(土) 22:26:04.30 /9qRYDCu.net
ミカンがみっかんない
12 :名無しで叶える物語 2018/01/20(土) 22:26:52.91 jKVs6GYu.net
>>10
コーヒー吹いた
13 :名無しで叶える物語 2018/01/20(土) 22:27:23.71 8SmgrJy4.net
千歌「ぐぁぁああ……」

曜「どしたの」

千歌「みかん摂取不足で禁断症状がぁあ!」

曜「へぇー……」

千歌「はやく……みかんを食べないと……」

曜「食べないと?」

千歌「し……ぬ……」ガクッ

曜「……」
14 :名無しで叶える物語 2018/01/20(土) 22:29:39.70 8SmgrJy4.net
曜「……」モゾモゾモゾ

千歌「……」

曜「カンチョー」ブスッ

千歌「ふぎゃぁあ!」

曜「生き返った」

千歌「何すんのさ!」

曜「蘇生のツボを刺激しました」
16 :名無しで叶える物語 2018/01/20(土) 22:32:08.06 8SmgrJy4.net
千歌「蘇生のツボはお尻なの?」

曜「元来、人間の生命エネルギーは菊門から出ていると言われ、そこを刺激すると……」

千歌「テキトー言わないで」

曜「カンチョー」ブスッ

千歌「うぎゃぁあ!」

プッ

曜「あ」

千歌「……!」
17 :名無しで叶える物語 2018/01/20(土) 22:36:45.36 8SmgrJy4.net
曜(四つん這い)「ねぇホントにするの?みかん15個持ってくるから許してくれない?」

千歌「怨念を全て我が指先に集めかの忌々しき菊門を破壊すべく……」ブツブツ

曜「やばいマジだ」

千歌「はーーーーー!!」ビュッ

ガララ

志満「追加のみかん持ってきたわよー」

千歌「ぁぁ……」

曜(四つん這い)「……」

志満「……」
18 :名無しで叶える物語 2018/01/20(土) 22:40:19.99 8SmgrJy4.net
千歌「そういうプレイは静かにバレないようにやりなさいって怒られた」

曜「志満ねぇって意外とトンチンカンなんだね」

千歌「カンチョーしまくった人が言えたことじゃないでしょ」

曜「カンチョーで詠唱してる人が言えたことでもないでしょ」

千歌「……みかん食べるか……」

曜「だね。不毛な言い争いは唾が飛ぶだけだ」
20 :名無しで叶える物語 2018/01/20(土) 22:42:33.56 8SmgrJy4.net
千歌「……」モグモグ

曜「……」モグモグ

千歌「……しいたけー」

ガララ

しいたけ「わふっ?」

曜「来るんだ」

千歌「……やっぱ何でもない」

しいたけ「わん」

パタン

曜「なんで呼んだの」

千歌「何となく」
21 :名無しで叶える物語 2018/01/20(土) 22:44:41.00 8SmgrJy4.net
千歌「……あ、散歩の時間だった」

曜「あらら。じゃあ行く?」

千歌「……しいたけー」

ガララ

しいたけ「わふっ?」

曜「しいたけは偉いなー」

千歌「寒いから散歩ひとりで行ってきて」

しいたけ「……わんっ」

パタン

曜「落ち込んでたよ。可哀想だよ」

千歌「へーきへーき。しいたけは強い子だから」
22 :名無しで叶える物語 2018/01/20(土) 22:46:47.18 8SmgrJy4.net
ガラッ

美渡「なにやってんのあんた!行ってこい!」

千歌「だって寒い……」

美渡「朝もあんたしいたけに1人で散歩させたでしょうが!ほら行った行った!」ポイポイッ

千歌「いやぁああ」

曜「あ、私も行くの」
23 :名無しで叶える物語 2018/01/20(土) 22:49:30.06 8SmgrJy4.net
千歌「寒い……」

曜「寒いね……」

千歌「……っはーーーーー」

曜「……」

千歌「ーーーーくさい」

曜「白菜?」

千歌「とお肉が入ったお鍋が食べたい」

曜「お、いいね。散歩がてらお買い物行く?」

千歌「おーーー」
24 :名無しで叶える物語 2018/01/20(土) 22:51:52.89 8SmgrJy4.net
梨子「あら」

ようちか「およっ」

梨子「お散歩?」

千歌「うん」

曜「そのあと鍋パ」

梨子「へぇ……」
25 :名無しで叶える物語 2018/01/20(土) 22:54:29.11 8SmgrJy4.net
千歌「梨子ちゃんも鍋食べる?」

梨子「いいの?」

千歌「うん」

曜「梨子ちゃんもしい散歩行く?」

梨子「何そのちい散歩みたいなの」

千歌「しいたけ散歩」

梨子「ちょっとまってて。準備してくる」

ようちか「ごーよんーさんーにー」

梨子「ちょっと待って早い」
26 :名無しで叶える物語 2018/01/20(土) 22:57:11.47 8SmgrJy4.net
梨子「お待たせ」

千歌「お、プレリュードだ」

梨子「ついでにお散歩させようかと思って」

曜「かーわうぃーねー」

梨子「何でチャラ男?」

千歌「さ、走るかー」

曜「じゃあ私たちはあとから追いつくから」

梨子「頑張ってね」

千歌「ドライだなー」
27 :名無しで叶える物語 2018/01/20(土) 22:57:42.83 8SmgrJy4.net
疲れたので終わり
29 :名無しで叶える物語 2018/01/20(土) 23:09:48.10 /cSHuLrM.net
乙乙
良かった
30 :名無しで叶える物語 2018/01/20(土) 23:30:30.28 d6/AFGFd.net
みと姉から扱いが一緒の曜ちゃんいいね
31 :名無しで叶える物語 2018/01/21(日) 00:35:17.57 JJwqahrC.net
日常系ようちかいいね

千歌「二十歳だよ!」

1 :名無しで叶える物語 2018/01/16(火) 22:50:21.65 4nAty7L.net
ようちかです。二人は付き合ってる設定です。

お酒は二十歳になってから。
2 :名無しで叶える物語 2018/01/16(火) 22:53:11.86 4nAty7L.net
千歌「お酒だよね!」

曜「そうだね」

千歌「ってことで今夜は飲もうよ!」

曜「唐突だね…でもお酒なんて家にあったっけ?」

千歌「ふっふっふ……実は鞠莉ちゃんからもらったこの日本酒があるのだ!!」
4 :名無しで叶える物語 2018/01/16(火) 23:00:15.51 4nAty7L.net
曜「いつの間に貰ったの!?鞠莉ちゃんっていま海外だよね?」

千歌「それが誕生日プレゼントにって送ってくれたんだ〜」

曜「さすが鞠莉ちゃんだね…」

千歌「それにこのお酒はね白隠正宗っていう沼津のお酒なんだ〜」

曜「おぉ〜!そういえばパパも家で飲んでた気がするよ」
6 :名無しで叶える物語 2018/01/16(火) 23:06:31.10 4nAty7L.net
千歌「流石お義父さんだね!さあさあ、早速飲もうよ」

曜「じゃあ飲みますか!」

千歌「ではでは……」

ようちか「かんぱ〜い!!」

千歌「う〜ん、おいしいね!」
8 :名無しで叶える物語 2018/01/16(火) 23:14:58.44 4nAty7L.net
曜「だね!にしても私達気がついたら二十歳越えてた感じだよね」

千歌「だよね〜、高校卒業してから学生になってずっと一緒だもんね」

曜「ほんと私達離れたことがないよね」

千歌「これからも離さないでよね、よーちゃん♡」

曜「もちろん離さないよ!私だけのお姫様♡」
9 :名無しで叶える物語 2018/01/16(火) 23:21:42.92 4nAty7L.net
千歌「よ、よーちゃん///」

千歌(いつもだったら曜ちゃんが照れるのにこうなるのってお酒のせいかな///)

曜「あー、千歌ちゃんってやっぱり可愛いよね〜」チュッ

千歌「よーちゃん…///今日は大胆だよね//」

曜「そんなことないよ?私はいつも通りだよ?」
10 :名無しで叶える物語 2018/01/16(火) 23:26:27.24 4nAty7L.net
千歌「もう、この酔っぱらいヨーソローめ」

曜「ん?そんな事言って〜、千歌ちゃんももっと飲んじゃえ!」

千歌「もう、私も酔っぱらってやるんだから!」

曜「どっちが先に潰れるかな?」

千歌「私は負けないもんね〜!」

曜「なにを〜!」
11 :名無しで叶える物語 2018/01/16(火) 23:34:05.67 4nAty7L.net
――――――

曜「ちかちゃん…大丈夫だよぉ」ギュッ

千歌「私もよーちゃん大好きだよ」ナデナデ

曜「えへへぇ〜///」

千歌「よーちゃん、ちょっとお水飲んで休憩しようか?」

曜「んん…」
12 :名無しで叶える物語 2018/01/16(火) 23:37:13.58 4nAty7L.net
千歌「ちょっとお水持ってくるね」

曜「や、千歌ちゃん行かないで……」ギュー

千歌「よーちゃん?話してくれないとお水飲めないよ?だから我慢しようね」

曜「やだよぉ…千歌ちゃん……」ウルウル

千歌「……♡」ゾクゾクッ
14 :名無しで叶える物語 2018/01/16(火) 23:45:11.11 4nAty7L.net
曜「やだ!よーちゃん先にちかちゃんにぎゅーしたいよぉ」

千歌「だーめ♡お水飲ませてあげるからそれまで我慢しよ?」

曜「うぅ…がまんする……」

千歌「いい子だね、よーちゃんは」ナデナデ

曜「えへへ〜」
15 :名無しで叶える物語 2018/01/16(火) 23:47:28.60 4nAty7L.net
すみません>>13>>14の間で抜けていました


曜「うぅ……」

千歌「ちょっとの間我慢してね、よーちゃん♡♡」スッ

曜「やだ!やだぁ!行かないで千歌ちゃん!!」

千歌(甘えん坊に涙目の曜ちゃんかわいすぎるっ…!)

曜「ちかちゃん……」ウルウル
16 :名無しで叶える物語 2018/01/16(火) 23:50:39.22 4nAty7L.net
千歌「じゃあ、飲ませてあげるね」クイッ

曜「んっく…んっ……」

千歌「赤ちゃんみたいだね、よーちゃん」

曜「赤ちゃんじゃないもん」
17 :名無しで叶える物語 2018/01/16(火) 23:53:40.46 4nAty7L.net
千歌「はいはい、二十歳なのに赤ちゃんじゃないよね」

曜「二十歳だからよーちゃんは大人だもん」

千歌「そうだよね〜」

曜「そうだもん…」コクコク

千歌「曜ちゃんもう眠たい?」
18 :名無しで叶える物語 2018/01/16(火) 23:56:51.69 4nAty7L.net
曜「うん……」

千歌「じゃあ一緒にお布団行こっか?」

曜「いく……」

千歌「じゃあ曜ちゃんおやすみなさい」

曜「おやすみ……。あっその前に」チュ

千歌「ふえぇ?」
19 :名無しで叶える物語 2018/01/16(火) 23:59:56.55 4nAty7L.net
曜「改めておやすみ、千歌ちゃん」

千歌「うん、おやすみ///」

千歌(不意打ちはずるいよ///)

千歌「私も寝ようかな…//」

千歌「おやすみ、私の大好きな人♡」

終わりだヨーソロー(*> ᴗ •*)ゞ

ダイヤ「変わるもの、変わらないもの」

1 :名無しで叶える物語(あら) 2018/01/12(金) 13:27:16 iMHsgCzm
ラブライブ板のSSを盛り上げるためにとかいうつもりはあんまりないけど、テーマを決めて気楽にSSを書いたり感想を言い合ったりする企画です
書いたことないけど書いてみたいSS初心者やこんなSSが見たいってリクエストも気軽にどうぞ

今回のテーマは「夢」「正月遊び」「オトナ」
使うのは一つだけでも、三つとも使ってもOKです
自由に解釈して好きに使って下さい

期間はこのスレが落ちるまでか次スレが立つまでです
書きたい人や読みたい人は保守お願いします
スレ立て代行依頼もこちらでどうぞ

参加は、完結したら作者本人がこのスレに貼ればそれで完了です
したらば、速報などの作品も参加できます 
2、3レス程度の超短編ならこのスレに書いてもOKです
2 :名無しで叶える物語(あら) 2018/01/12(金) 13:27:46 iMHsgCzm
3 :名無しで叶える物語(あら) 2018/01/12(金) 13:28:18 iMHsgCzm
5 :名無しで叶える物語(あら) 2018/01/12(金) 13:29:06 iMHsgCzm
7 :名無しで叶える物語(あら) 2018/01/12(金) 13:30:58 iMHsgCzm
8 :名無しで叶える物語(あら) 2018/01/12(金) 13:31:30 iMHsgCzm
9 :名無しで叶える物語(あら) 2018/01/12(金) 13:32:07 iMHsgCzm
10 :名無しで叶える物語(あら) 2018/01/12(金) 13:32:44 iMHsgCzm
12 :名無しで叶える物語(あら) 2018/01/12(金) 13:34:02 iMHsgCzm
13 :名無しで叶える物語(あら) 2018/01/12(金) 13:34:33 iMHsgCzm
14 :名無しで叶える物語(あら) 2018/01/12(金) 13:35:04 iMHsgCzm
15 :名無しで叶える物語(あら) 2018/01/12(金) 13:35:36 iMHsgCzm
16 :名無しで叶える物語(あら) 2018/01/12(金) 13:36:06 iMHsgCzm
17 :名無しで叶える物語(あら) 2018/01/12(金) 13:36:40 iMHsgCzm
18 :名無しで叶える物語(あら) 2018/01/12(金) 13:37:11 iMHsgCzm
19 :名無しで叶える物語(あら) 2018/01/12(金) 13:37:41 iMHsgCzm
20 :名無しで叶える物語(あら) 2018/01/12(金) 13:38:12 iMHsgCzm
21 :名無しで叶える物語(あら) 2018/01/12(金) 13:38:42 iMHsgCzm
22 :名無しで叶える物語(あら) 2018/01/12(金) 13:39:13 iMHsgCzm
24 :名無しで叶える物語(あら) 2018/01/12(金) 13:40:17 iMHsgCzm
27 :名無しで叶える物語(プーアル茶) 2018/01/12(金) 14:06:04 I9Yz6PQr
>>1
28 :名無しで叶える物語(庭) 2018/01/12(金) 14:12:20 5nIEFtfY
えー…書いてるやつがテーマちょっと入ってるじゃん
過疎祭りに参加してやんのww
て石投げられそうでやだなー
29 :名無しで叶える物語(庭) 2018/01/12(金) 18:39:39 a5cMF6wn
オトナって、オトナなジャンル(意味深)でもいいの?
30 :名無しで叶える物語(家) 2018/01/12(金) 19:26:07 1GjvexUn
解釈は好きにしてって書いてるからあれだけどさすがにローカルルールは守った方がいいんじゃない?

てかリクエスト制度さらっと復活してるやん
誰かりんぱなに成人式の着付けをすることりちゃん書いて下さい
最近良いことないんで癒されたいんですお願いします
31 :名無しで叶える物語(茸) 2018/01/12(金) 21:34:21 HS2PYu5c
32 :名無しで叶える物語(家) 2018/01/13(土) 01:37:53 RfhowNro
保守
33 :名無しで叶える物語(庭) 2018/01/13(土) 10:16:44 jKMIYhMS
34 :名無しで叶える物語(プーアル茶) 2018/01/13(土) 15:04:20 6H5r1TWd
42 :名無しで叶える物語(家) 2018/01/14(日) 21:45:13 P9o3rsgF
夢+>>34-41で

穂乃果「zzz」

ブブブブ 

穂乃果「うーん、誰だろう こんな時間に電話なんて」メゴシゴシ

穂乃果「……こ、ことりちゃん?」

穂乃果「こんな夜中にどうしたんだろ」ゴソゴソ


穂乃果「どうしたの、ことりちゃん」

穂乃果「恐い夢を見た?」

穂乃果「ふーん、どんな夢なの」

穂乃果「穂乃果たちが次々に消えていっちゃって

     最後にことりちゃんが1人ぼっちになっちゃうのかぁ……」

穂乃果「うんうん、それは恐かったよね」

穂乃果「それでことりちゃんったら確かめたくて電話しちゃったんだ」

穂乃果「安心してよ、穂乃果はことりちゃんとずっと一緒にいるから」ニコッ

穂乃果「えっ、夜遅くに電話してごめん? いいよ、ことりちゃんのためだもん!」

穂乃果「あっ、でも穂乃果が授業中に居眠りしちゃったら、海未ちゃんから庇ってよ」アハハハハ

穂乃果「じゃあ、ことりちゃん、おやすみ〜」

 

ことり「……という訳なの 海未ちゃん、お願い♡」ウワメヅカイ

海未「はぁ、そういうことなら仕方ありませんね……」

穂乃果「zzz」
35 :名無しで叶える物語(プーアル茶) 2018/01/13(土) 19:37:25 nGenSotS
36 :名無しで叶える物語(常闇の街ルカネプティ) 2018/01/13(土) 20:11:19 jzdhRMvY
37 :名無しで叶える物語(家) 2018/01/14(日) 00:27:59 l96LAvNd
38 :名無しで叶える物語(庭) 2018/01/14(日) 10:59:48 pnCoTOod
39 :名無しで叶える物語(プーアル茶) 2018/01/14(日) 14:56:06 DBu+k/l4
40 :名無しで叶える物語(庭) 2018/01/14(日) 15:04:51 LGtPjmfD
41 :名無しで叶える物語(茸) 2018/01/14(日) 20:09:20 yrtQiqtQ
43 :名無しで叶える物語(庭) 2018/01/15(月) 01:07:37 oxFQFxq2
ことりちゃんかわええなあ
最後のは穂乃果ちゃんがやっぱり学校で寝ちゃったってことかな?
44 :名無しで叶える物語(プーアル茶) 2018/01/15(月) 04:00:19 6capgWnm
これはなんとも可愛らしい
45 :名無しで叶える物語(プーアル茶) 2018/01/15(月) 06:56:19 Sf4l/r6p
50 :名無しで叶える物語(笑) 2018/01/15(月) 22:53:32 1wVdH/dO
|c||^.-^||

∫∫( c||^ヮ^||「ダイヤ~ねぇダイヤってば~」スリスリ ダイヤ「はぁ…」

1 :名無しで叶える物語 2018/01/18(木) 18:37:32.25 CypC8caA.net
∫∫( c||^ヮ^||「ダイヤ〜構ってよダイヤ〜」スリスリ

ダイヤ「…果南さん」

∫∫( c||^ヮ^||「?」

ダイヤ「離れてくださる?」

∫∫( c||^ヮ^||「やだ」

ダイヤ「離れなさい」グググ

∫∫( c||^ヮ^||「やーーだーー!」ハグゥゥ
3 :名無しで叶える物語 2018/01/18(木) 18:38:14.16 CypC8caA.net
ダイヤ「一体なんなのですか?生徒会室に来るなりダラダラと…みなさんに示しがつきませんわよ」

∫∫( c||^ヮ^||「こんな姿見せるのはダイヤだけだからいいのー」

ダイヤ「なぜ私には見せますの…」

∫∫( c||^ヮ^||「だって私達…恋人同士じゃん///」

ダイヤ「身に覚えがありませんわ」

∫∫( c||^ヮ^||「ひどいやダイヤ…私の愛の告白を忘れちゃったんだね…」シクシク

ダイヤ「嘘泣きは見飽きましたわ」

∫∫( c||^ヮ^||「ちぇー」
4 :名無しで叶える物語 2018/01/18(木) 18:38:55.76 CypC8caA.net
∫∫( c||^ヮ^||「はぁ〜暇だな〜」ギュー

ダイヤ「私は生徒会の仕事があるので離れなさい」

∫∫( c||^ヮ^||「え〜そんなの後でいいじゃん」ギュー

ダイヤ「はぁ…仕事が終わったら構ってあげますから」

∫∫( c||^ヮ^||「今構ってよ〜」スリスリ

ダイヤ「」イラッ

コンコン

ダイヤ「!」

∫∫( c||^ヮ^||「!」

「ダイヤさーん!いますか〜?」

∫∫( c||^ヮ^||「ダイヤ、誰か来たよ?」

ダイヤ「今身動きがとれないので果南さん出てくださる?」

∫∫( c||^ヮ^||「え〜〜〜〜」

ダイヤ「構ってあげませんわよ」

∫∫( c||^ヮ^||「しょうがないなぁ」スッ
5 :名無しで叶える物語 2018/01/18(木) 18:39:42.93 CypC8caA.net
ガチャッ

千歌「あれ?果南ちゃん?」

果南「あぁ千歌。どうかしたの?」キリッ

ダイヤ(なんなんですのその即応性)

千歌「ダイヤさんに頼まれた書類持ってきたんだ〜果南ちゃんはなにしてたの?」

果南「私はダイヤの仕事が大変そうだから手伝ってたんだ!」キリッ

ダイヤ(邪魔してたでしょう)

千歌「そうなんだ!じゃあこの書類ダイヤさんに渡しておいてくれるかな?」

果南「わかった。わざわざありがとね」キリッ

千歌「ばいば〜い!」

バタン

果南「………」キリッ

∫∫( c||^ヮ^||「は〜〜〜疲れた〜〜〜〜」グデー
6 :名無しで叶える物語 2018/01/18(木) 18:40:37.18 CypC8caA.net
ダイヤ「よくもまぁあんな嘘をペラペラと言えたものですわね」

∫∫( c||^ヮ^||「え〜嘘なんていってないよ〜」

ダイヤ「あなた私の邪魔してたでしょう」

∫∫( c||^ヮ^||「それは構ってくれないダイヤが悪いんだよw」

ダイヤ「は?」イラッ

∫∫( c||^ヮ^||「それよりさ〜ダイヤ〜」ススッ

ダイヤ「な、なんですの?」

∫∫( c||^ヮ^||「ちゃんと言われた通りに対応したからご褒美ちょうだい!」

ダイヤ「そんな約束してませんわ」

∫∫( c||^ヮ^||「え〜ご褒美のちゅーは?」

ダイヤ「ありませんわ」
7 :名無しで叶える物語 2018/01/18(木) 18:41:31.98 CypC8caA.net
ダイヤ「では私は生徒会の仕事をしますので」

ダイヤ「く・れ・ぐ・れ・も・邪魔しないようお願いしますわ」

∫∫( c||^ヮ^||「え〜遊ぼうよ〜」

ダイヤ「一週間無視しますわよ?」

∫∫( c||^ヮ^||「わかったよー…」
8 :名無しで叶える物語 2018/01/18(木) 18:41:34.74 Mvd4NxnW.net
ナッンかわいい
10 :名無しで叶える物語 2018/01/18(木) 18:42:20.96 CypC8caA.net
ダイヤ「……」カキカキ

∫∫( c||^ヮ^||「……」

ダイヤ「……」カキカキ

∫∫( c||^ヮ^|| (暇だなぁ…)

∫∫( c||^ヮ^|| (自分の髪の毛で遊ぼ)シュルシュル
12 :名無しで叶える物語 2018/01/18(木) 18:43:12.15 CypC8caA.net
≡∫∫ シャッ






⌒°≡ シュッ







≡°⌒ シュッ






⌒°( c||^ヮ^||°⌒ ジャーーーーン
14 :名無しで叶える物語 2018/01/18(木) 18:43:58.18 CypC8caA.net
⌒°( c||^ヮ^||°⌒「ダイヤ見てみて〜ツインテール〜」

ダイヤ「…」カキカキ

⌒°( c||^ヮ^||°⌒(無視か〜)

ダイヤ「…」カキカキ

⌒°( c||^ヮ^||°⌒「…」

ダイヤ「…」カキカキ

⌒°( c||^ヮ^||°⌒「…」

卍°( c||^ヮ^||°卍「…」ブンブン

ペシッペシッペシッ

ダイヤ「」イラッ
16 :名無しで叶える物語 2018/01/18(木) 18:47:26.32 CypC8caA.net
卍°( c||^ヮ^||°卍「………」ブンブンブン

ペシッペシッペシッ

ダイヤ「……………」カキカキ


卍°( c||^ヮ^||°卍「……」ブンブンブンブン

ペシペシペシペシ

ダイヤ「…………………………」イライラ


卍°( c||^ヮ^||°卍「wwwwwwwwwwwwww」ブンブンブンブン

ペシペシペシペシペシペシペシペシ

ダイヤ「」バン!


⌒°( c|;^ヮ^||°⌒「ヒッ!」
17 :名無しで叶える物語 2018/01/18(木) 18:49:36.73 CypC8caA.net
ダイヤ「…松浦さん、そこに正座しなさい」

⌒°( c|;^ヮ^||°⌒「や、やだな〜松浦さんなんて…いつもみたいに名前で読んでよ〜」

ダイヤ「松浦」

⌒°( c|;^ヮ^||°⌒「はい…」セイザ
18 :名無しで叶える物語 2018/01/18(木) 18:53:29.38 CypC8caA.net
ダイヤ「あなたなんなんですの?私仕事があるから邪魔をするなと言いましたよね?」

⌒°( c|;^ヮ^||°⌒「い、いや…あの、」

ダイヤ「あ?」イラッ

⌒°( c|;^ヮ^||°⌒「構ってほしくて…」

ダイヤ「構ってほしければ邪魔するなと言いましたよね?」

⌒°( c|;^ヮ^||°⌒「はい…」

ダイヤ「はいじゃありませんわ!はいじゃ!」
20 :名無しで叶える物語 2018/01/18(木) 18:55:32.92 CypC8caA.net
⌒°( c|;^ヮ^||°⌒「ぅぅぅ…どうすれば許してくれる?」

ダイヤ「そうですわね…1ヶ月その髪型で生活してもらいましょうか」

⌒°( c|;^ヮ^||°⌒「1ヶ月!?無理無理!!恥ずかしいよ!」

ダイヤ「は?」ギロッ

⌒°( c|;^ヮ^||°⌒「ヒッ!」
22 :名無しで叶える物語 2018/01/18(木) 19:02:32.70 CypC8caA.net
ダイヤ「その髪型で1ヶ月生活すると誓えますわね?」

⌒°( c|;^ヮ^||°⌒「うぐぐ」

ダイヤ「誓えますわね?」ギロッ

⌒°( c|;^ヮ^||°⌒「はい…」シュン



次の日から果南ちゃんはツインテールで学校に来るようになりました
千歌ちゃんと鞠莉ちゃんに毎日のようにいじられて「もうお嫁にいけない」と泣いていましたが
お姉ちゃんに「私のペットにするから大丈夫」と言われてとても喜んでいるようでした
23 :名無しで叶える物語 2018/01/18(木) 19:03:19.25 CypC8caA.net
おわり
24 :名無しで叶える物語 2018/01/18(木) 19:03:45.69 PuaIMi+Z.net
かわいい
25 :名無しで叶える物語 2018/01/18(木) 19:06:06.18 th9hV2oN.net
|c||^.- ^||
27 :名無しで叶える物語 2018/01/18(木) 19:12:49.40 eux9NVhc.net
|c||^.- ^||
28 :名無しで叶える物語 2018/01/18(木) 19:14:29.71 7J4Mh9xs.net
|c||^.- ^||
35 :名無しで叶える物語 2018/01/18(木) 21:38:03.60 Umm8Mk/k.net
構って果南ちゃん可愛いすぎ

|c||^.- ^||「何故わたくしをイスに縛り付けるのですか!?」

1 :名無しで叶える物語 2018/01/17(水) 01:39:52.99 nh2XEgWW.net
|c||^.- ^||「乱暴はやめなさい!」

ノξソ>ω<ハ6 「別に|c||^.- ^||を虐めるために縛り付けたわけじゃないわ」

∫∫( c||^ヮ^||「そうそう。これからいくつか質問に答えて貰えればすぐに解放してあげるよ」

|c||^.- ^||「嫌な予感しかしませんわ...」
3 :名無しで叶える物語 2018/01/17(水) 01:40:59.88 nh2XEgWW.net
ノξソ>ω<ハ6 (|c||^.- ^||をイスに縛り付けた理由はただ一つ☆)

∫∫( c||^ヮ^||(|c||^.- ^||は、話を誤魔化そうとする時に口元のホクロを掻く癖があるんだよね)

ノξソ>ω<ハ6 (だから、ホクロを掻けない状況にすれば)

∫∫( c||^ヮ^||(どんな質問に対しても、誤魔化さずに答えてくれるんじゃないかって考えたワケ)
5 :名無しで叶える物語 2018/01/17(水) 01:41:58.54 nh2XEgWW.net
∫∫( c||^ヮ^||「|c||^.- ^||は今、好きな人いる?」

|c||^.- ^||「え!?」

ノξソ>ω<ハ6 「ちゃんと答えてよ」

|c||^.- ^||「い、いますわ...。お慕い申している方が、います」
6 :名無しで叶える物語 2018/01/17(水) 01:43:12.36 nh2XEgWW.net
ノξソ>ω<ハ6 (答えてくれた!)

∫∫( c||^ヮ^||(ということは、一応効果がありそうだね)

ノξソ>ω<ハ6 (普段なら絶対答えてくれないものね!)
7 :名無しで叶える物語 2018/01/17(水) 01:45:37.62 HSvWF7gU.net
なにわろ
9 :名無しで叶える物語 2018/01/17(水) 01:47:08.69 nh2XEgWW.net
ノξソ>ω<ハ6 「それはAqoursのメンバーかしら?」

|c||^.- ^||「そうです」

∫∫( c||^ヮ^||「!!!」

ノξソ>ω<ハ6 「意外とすんなり答えてくれるのね」

|c||^.- ^||「このような状況ですから...」
12 :名無しで叶える物語 2018/01/17(水) 01:51:20.94 nh2XEgWW.net
ノξソ>ω<ハ6 (どうしよう∫∫( c||^ヮ^||。次は何を聞きましょうか?)

∫∫( c||^ヮ^||(好きな人は誰か聞けばいいんじゃないかなん?)

ノξソ>ω<ハ6 (何いってるの!そんなの面白くないわ。どうせ私か∫∫( c||^ヮ^||のどちらかだから。もっと根掘り葉堀り聞いて|c||^.- ^||を辱めましょう!)

∫∫( c||^ヮ^||(私の幼馴染えげつないなぁ)
14 :名無しで叶える物語 2018/01/17(水) 01:56:26.71 nh2XEgWW.net
ノξソ>ω<ハ6 「|c||^.- ^||はその人のこと、どれくらい好きなの?」

|c||^.- ^||「⌒°( ^ω^)°⌒ と同じか、それ以上に愛してしまっているかも知れません」

∫∫( c||^ヮ^||「ということは、⌒°( ^ω^)°⌒ ではないんだね」

|c||^.- ^||「⌒°( ^ω^)°⌒ は妹ですから」
15 :名無しで叶える物語 2018/01/17(水) 02:00:38.99 nh2XEgWW.net
ノξソ>ω<ハ6 「|c||^.- ^||はどんなことがキッカケでその人のことが好きになったの?」

|c||^.- ^||「キッカケですか。そんなに大したことではないですけれど」

|c||^.- ^||「わたくしが落ち込んでいるところに、優しく声をかけてくれた時ですね」

∫∫( c||^ヮ^||(私かなん?)

ノξソ>ω<ハ6 (私ね)
16 :名無しで叶える物語 2018/01/17(水) 02:04:26.52 nh2XEgWW.net
∫∫( c||^ヮ^||(|c||^.- ^||は意外とうっかりしているところがあるから)

∫∫( c||^ヮ^||(中学生の時に、テストで名前を書き忘れて0点になったことがあった)

∫∫( c||^ヮ^||(名前さえ書いていれば100点だったから、|c||^.- ^||は凄く落ち込んでたっけ)
18 :名無しで叶える物語 2018/01/17(水) 02:06:24.98 nh2XEgWW.net
∫∫( c||^ヮ^||(私はその時、名前しか書けなくて0点だったから)

∫∫( c||^ヮ^||(似た者同士だねって励ましたんだよな〜ん。その時の話に違いない!)
22 :名無しで叶える物語 2018/01/17(水) 02:13:13.49 RA7OeL0i.net
>>18
果南ちゃん…
27 :名無しで叶える物語 2018/01/17(水) 02:42:00.19 OxxB28f9.net
>>18
|c||^.- ^||
19 :名無しで叶える物語 2018/01/17(水) 02:07:33.71 nh2XEgWW.net
ノξソ>ω<ハ6 (昔、∫∫( c||^ヮ^||と⌒°( ^ω^)°⌒ が遊んでいて独り寂しそうにしていた|c||^.- ^||に声をかけて)

ノξソ>ω<ハ6 (私が代わりに⌒°( ^ω^)°⌒ として過ごした、あの日のことを言っているのね)
20 :名無しで叶える物語 2018/01/17(水) 02:09:23.08 nh2XEgWW.net
ノξソ>ω<ハ6 「いよいよ核心に迫るわ...」

∫∫( c||^ヮ^||「ズバリ、|c||^.- ^||の好きな人って」

ノξソ>ω<ハ6 「誰かしら?」
∫∫( c||^ヮ^||「誰なの?」

|c||^.- ^||「それは...」
29 :名無しで叶える物語 2018/01/17(水) 02:42:07.56 nh2XEgWW.net
|c||^.- ^||「 ¶cリ˘ヮ˚)|さんですわ」

∫∫( c||^ヮ^||「」
ノξソ>ω<ハ6 「」
30 :名無しで叶える物語 2018/01/17(水) 02:43:53.35 nh2XEgWW.net
|c||^.- ^||「実は少し前のテストで名前を書き忘れて0点になってしまったのですが」

|c||^.- ^||「その時、 ¶cリ˘ヮ˚)|さんも同じミスをして0点になっていまして」

|c||^.- ^||「似た者同士ねって励ましてくださったのですわ」

∫∫( c||^ヮ^||「」
32 :名無しで叶える物語 2018/01/17(水) 02:45:38.68 nh2XEgWW.net
|c||^.- ^||「この前も⌒°( ^ω^)°⌒ がノcノ,,・o・,,ノレさんと一緒に沼津へ遊びに行った時」

|c||^.- ^||「家で寂しく過ごしていた時に、 ¶cリ˘ヮ˚)|さんが遊びに来て下さって」

|c||^.- ^||「今日はヨハネを妹と思って過ごしなさいって言われましたわ」

|c||^.- ^||「 ¶cリ˘ヮ˚)|さんはとても優しい方です」

ノξソ>ω<ハ6 「」
33 :名無しで叶える物語 2018/01/17(水) 02:48:06.67 nh2XEgWW.net
∫∫( c||^ヮ^||「どうしよう。ノξソ>ω<ハ6 ...」

ノξソ>ω<ハ6 「とりあえず、 ¶cリ˘ヮ˚)|をイスに縛り付けて見ましょうか」

∫∫( c||^ヮ^||「八つ当たりかな〜ん」





¶cリ˘ヮ˚)|「ハッピーエンドね♡」
35 :名無しで叶える物語 2018/01/17(水) 02:52:13.72 nxTXvgsk.net


ハッピーエンドかなん?
37 :名無しで叶える物語 2018/01/17(水) 02:59:54.48 V5BRw+Eg.net
|c||^.-^||乙ですわ
38 :名無しで叶える物語 2018/01/17(水) 03:12:42.06 OxxB28f9.net
|c||^.- ^||
41 :名無しで叶える物語 2018/01/17(水) 05:55:24.61 767guTAE.net
|c||^.- ^|| ←いつみてもこれの完成度というかしっくりくる感の高さが好き

鞠莉「えへへ・・・無邪気な寝顔・・・このまま、ずっと一緒に居られたらいいのに・・・」  |c||˘.-˘|| Zzz

1 :|c||^.-^|| 2018/01/17(水) 17:27:20.95 qYV3TAUj.net
鞠莉「こうやって間近で見ると・・・結構可愛い顔してるのね♥」

鞠莉「ほっぺたとか やわらかそうだし・・・」

鞠莉「はぁ・・・触っても大丈夫かしら」


|c||˘.-˘|| Zzz
3 :名無しで叶える物語 2018/01/17(水) 17:36:51.85 qYV3TAUj.net
ワン!ワン!

鞠莉「・・・! こらっ、ライラプス・・・! ダイヤがおきたらどうするよっ・・・!」

|c||・.-・|| !

鞠莉「あっ・・・目が覚めた?」

鞠莉「もぉ・・・マリーを待たせるなんて、失礼にもほどがあるわよ?」

鞠莉「はぁ・・・ほっぺたプニプニしたかったわ・・・」ボソッ

鞠莉「でも、寝顔がたっぷり見られたし・・・良しとしまショー・・・♥」ボソッ

|c||・.-・|| ?

鞠莉「なっ、何も言ってないわよ? 気のせいよ、気のせい」

鞠莉「うん! ダイヤは良く聞き間違いとかするじゃない」


|c||・.-・||

|c||^.-^||
4 :名無しで叶える物語 2018/01/17(水) 17:41:55.04 qYV3TAUj.net
鞠莉「・・・え? 膝枕・・・?」

鞠莉「あぁっ///!!」スクッ

|c||>.-<|| ドサッ ゴロンゴロン

鞠莉「庶民のクセに、マリーの膝枕を堪能するなんて、分不相応にも程がありマース!」

鞠莉「恥を知りなさい、恥を」


|c||;.-;||
5 :名無しで叶える物語 2018/01/17(水) 17:47:05.88 qYV3TAUj.net
鞠莉「あ・・・痛かった・・・?」

鞠莉「誰か!!」パンパン

ガチャ! ギィ

ザッザッザッザ

メイドA「・・・」

メイドB「・・・」

メイドC「・・・」

鞠莉「ダイヤの頭に以上が無いかチェックしなさい!」

鞠莉「精密検査も怠らないように・・・万一異常があれば・・・貴女達、みんなクビだから」

メイドABC「!?」


|c||;^.-^||
9 :名無しで叶える物語 2018/01/17(水) 17:57:02.51 qYV3TAUj.net
|c||^.-^||

サワサワ… ジロジロ…

メイドA「かたい」

メイドB「かたい」

メイドC「硬度10」

|c||´.-`||

鞠莉「・・・」

鞠莉(頭を床にぶつけた時・・・ハデな音してた・・・この程度の安物カーペットでは危険ね)

鞠莉(ダイヤが精密検査を受けている間に、張り替えさせた方がいいかしら・・・)

パンパン!パンパン!

ガチャ

ガチャ! ギィ

ザッザッザッザ

メイドD「・・・」

メイドE「・・・」

メイドF「・・・」

鞠莉「カーペットを新調しなさい。安全性を配慮したものにね」

鞠莉「分かったらさっさと行きなさい!!」

メイドDEF「!!」

タッタッタッタ


|c||;^.-^||
13 :名無しで叶える物語 2018/01/17(水) 18:14:56.57 qYV3TAUj.net
〜〜〜〜 |c||^.-^||ヘッド精密検査中デース☆〜〜〜〜

ガチャ

鞠莉「あっ!シャイニー! 大丈夫だった?」

鞠莉「ま、まぁ・・・さっき主治医から異常は無いと聞いたから、心配はしてなかったけど」

鞠莉「ほ、本当だから! 微塵も、これっぽっちも、ぜーんぜん心配なんかしてないんだから!」

|c||^.-^||

鞠莉「・・・その顔、全然信用してないわね」

鞠莉「いいわヨ べつにもうっ・・・ダイヤっていつもそんな感じなんだから・・・」

鞠莉「まぁ・・・他の奴らと違ってマリーを前にしても態度を変えないのが、ダイヤの良い所なんだけど・・・」ボソッ


✌ |c||^.-^||✌
15 :名無しで叶える物語 2018/01/17(水) 18:22:15.80 qYV3TAUj.net
鞠莉「えっ・・・また声に出てるって・・・?」

鞠莉「なっ・・・///」

鞠莉「何も言ってないわよ! 言ってないったら言ってないんだってばぁ///!!」

|c||^.-^||

鞠莉「はぁ・・・はぁ・・・まあいいわ」

鞠莉「初日から何かあったりしたら・・・マリーとしても、管理能力を問われるだろうし」

|c||^.-^|| ?
16 :名無しで叶える物語 2018/01/17(水) 18:25:07.34 qYV3TAUj.net
鞠莉「あぁ・・そういえば説明してなかったわね」

鞠莉「ダイヤは今日からここで生活するの」

鞠莉「ほんの二十畳くらいしかないから・・・生活に困るかもしれないけど・・・」

鞠莉「少しくらいは我慢してよね☆」


|c||^.-^||

|c||;^.-^|| !?
18 :名無しで叶える物語 2018/01/17(水) 18:37:20.93 qYV3TAUj.net
鞠莉「どうしてって・・・そんなの決まってるじゃない☆」

鞠莉「マリーがいつでもダイヤに会えるようによ」

|c||^.-^||

鞠莉「『毎日学校で会ってる』ですってぇ!?」

鞠莉「そんなのほんの一握りの時間じゃない!!」

鞠莉「一日は24時間しかないのよ!? 学校に居るのはその内 多く見積もっても8時間!」

鞠莉「授業で5時間取られたら3時間しかなじゃない!」

鞠莉「その3時間だって・・・ ダイヤは他の女の子と話したり、トイレに行ったり、休み時間にスクフェスしてたり・・・全然マリーの相手をしてくれないじゃない!!」

鞠莉「昨日だってそうよ・・・!  ダイヤと話をしたのは、『シャイニー☆』と『ぶっぶーですわ!』の一言だけ・・・そんなの会話したうちにはいらないデース!!」

鞠莉「一昨日もそう・・・その前だって!」

鞠莉「ダイヤはマリーがこんなに話しかけてるのに・・・いつも他の女の子(主にハグ魔)と話してたじゃない!!!」


|c||;^.-^||
19 :名無しで叶える物語 2018/01/17(水) 18:44:56.12 qYV3TAUj.net
鞠莉「えっ・・・ぁ・・・そ、それは・・・」

鞠莉「恥ずかしくて声に出せなかったから・・・///」ボソボソ

鞠莉「・・・じゃなくてぇッッッ!!!!」

|c||;゚.- ゚||

鞠莉「マリーが ダイヤに用事があるって思ってるんだから・・・ダイヤから話しかけなさいよ!」

鞠莉「これだから庶民は気が利かないって言うのヨ」


|c||;・.-・||

|c||;^.-^||
21 :名無しで叶える物語 2018/01/17(水) 18:53:12.85 qYV3TAUj.net
鞠莉「・・・いいわ。 そのあたりも含めて、ダイヤにはマリーがこれからたっぷり教育してあげる」

鞠莉「どう? 嬉しいデショ?」

|c||;´.-`||

鞠莉「訳が分からないって・・・もぅ! どうして分からないのよぉ・・・!!」

鞠莉「・・・いいわ、もう一度言ってあげる」

鞠莉「あなたは」

鞠莉「今日から」

鞠莉「ここに住むの」

鞠莉「永遠にここから出られないの!」


|c||^.-^|| …

|c||;.-;|| !?
26 :名無しで叶える物語 2018/01/17(水) 19:15:01.33 qYV3TAUj.net
ツカツカツカ・・・

鞠莉「今日からここがダイヤの住処・・・ダイヤの世界!」

鞠莉「ダイヤは、一生この部屋で暮らすのヨ。分かった?」

|c||;´.-`||

鞠莉「もぅ・・・っ! さっきから質問ばっかり・・・!」

鞠莉「マリーが好きな時にダイヤに会えるようにするために決まってるデショ!?」

鞠莉「大事な物は一番近くに置いておくの・・・当たり前じゃない」

|c||^.-^||

鞠莉「えっ・・・ぅんなっ・・・そ・・・ななっ・・・///」

鞠莉「す、すすっ好きかって、素で言われたら恥ずかしいじゃない///!」

鞠莉(こんな面と向かって言われると、破壊力バツグンね・・・///)

鞠莉(体温が2℃くらい上がった気分よ・・・///)
27 :名無しで叶える物語 2018/01/17(水) 19:26:56.58 qYV3TAUj.net
鞠莉「ま、まあ?  ダイヤがマリーに好意を持つのは百歩譲って許してあげるわ。ありがたく思いなさい///」

✌ |c||^.-^||✌

|c||^.-^||

鞠莉「ぇっ・・・? え、ぅ・・・ぁ・・・///」

鞠莉「マリーがっ・・・ダイヤのこと・・・す、きっ・・・///」

鞠莉「・・・そんなわけ無いじゃない///!!」

|c||´.-`||

鞠莉「っ・・・」

鞠莉(・・・ダメよマリー・・・今こそダイヤに告白する時)

鞠莉(永遠のLOVEを不動のものにするのよ・・・!)

鞠莉(そうしたら・・・ダイヤに言い寄ってくる邪魔なあいつらも・・・)

鞠莉(きっと諦めるに違いないわ・・・そうに決まってる)

鞠莉「んっ・・・んんっ・・・」

鞠莉「一度しか言わないからよく聞いてよ?」


|c||・.-・|| ?
28 :名無しで叶える物語 2018/01/17(水) 19:34:40.87 qYV3TAUj.net
鞠莉「私・・・小原鞠莉は・・・」

鞠莉「ダイヤのことがすっ・・・す・・・」

|c||^.-^|| !

鞠莉「・・・嫌いじゃないわ」


|c||^.-^|| ・・・

|c||´.-`|| =3
31 :名無しで叶える物語 2018/01/17(水) 19:47:01.39 qYV3TAUj.net
鞠莉「なーにーよ! 人がせっかく一大告白したのに!!」

鞠莉「・・・もしかして、今ので通じなかった?」

鞠莉「し、仕方ないわね・・・」

鞠莉「庶民にも分かりやすいように言い換えてあげる」

鞠莉「私は・・・ダイヤのことが、だっ・・・」

鞠莉「だ・・・だ・・・」

|c||^.-^||

鞠莉「だいっ嫌いでもないわ!」

|c||^.-^|| ・・・

|c||˘.-˘|| =3

鞠莉「ちょ、ちょっとぉ! マリーが間違ってるみたいじゃない!」

鞠莉「嫌いでも、だいっ嫌いでも無いのよ? 分かるデショ!?」

|c||^.-^||☞

鞠莉「ま・・・まっ・・・また好きって言ったぁ///! 好きって///!!」

鞠莉「好きって・・・マリーに向かって・・・///! 好きって・・・///!」

鞠莉「はっ・・・はぁーっはぁ、はぁーはぁっ///」ミモダエ


|c||^.-^||
33 :名無しで叶える物語 2018/01/17(水) 20:03:16.24 qYV3TAUj.net
鞠莉「ダイヤ・・・マリーを萌え殺す気///!?」

鞠莉「そうね・・・そうに違いないわ///!」

鞠莉「危なかったわ・・・気が付かなかったら、危うく命を奪われるところデース!」

|c||;・.-・||

鞠莉「でも残念ね・・・この程度でマリーを倒そうなんて百年早いわ!」

鞠莉「 ダイヤはもうマリーのモノ・・・」

鞠莉「マリーに歯向かうことは一生できないんだから!」

|c||;゚.- ゚||

タタタッ! ガチッガチャガチャ!

ワン!ワンワン!

|c||;>.-<|| !!

鞠莉「逃げようとしても無駄よ・・・」ツカツカ

鞠莉「部屋にはこのライラプスが居るんだから・・・」

鞠莉「マリーの自慢の軍用犬よ☆」

鞠莉「ダイヤが大人しくこの部屋に居る限り・・・ライラプスも危害を加えたりしないわ」

鞠莉「でも、ダイヤが少しでも逃げるような素振りを見せたら・・・」

グルルウウウゥゥ


|c||;.-;||
34 :名無しで叶える物語 2018/01/17(水) 20:21:59.09 qYV3TAUj.net
鞠莉「分かってるデショ? 訓練された軍用犬には、人間は勝てないわよ?」

鞠莉「逃げようとさえしなければ、この子は全然危険じゃないから・・・可愛がってあげてね☆」

バウッバウッ

|c||;´.-`||

鞠莉「・・・学校? そんなもの必要ないわ」

鞠莉「必要な教育は、家庭教師を呼びマース」

鞠莉「マリーと一緒にマンツーマンで・・・♥」

鞠莉「うふふっ♪ 想像するだけで嬉しくなってくるわぁ〜・・・♥」

|c||^.-^||

鞠莉「・・・」

鞠莉「とっ・・・とにかく! ダイヤはこれからずっと私と一緒なの!」


|c||;^.-^||
37 :名無しで叶える物語 2018/01/17(水) 20:44:50.68 qYV3TAUj.net
鞠莉「ここなら他の女共に惑わされること無く、マリーだけを見ていられるデショ?」

ジリリリリリ!!

鞠莉「もぅ、うるさいわね・・・今取り込み中なのに・・・!」

ガチャ

鞠莉「・・・なんですって? 侵入者?」

鞠莉「モニターに映しなさい」

ブゥーン

鞠莉「なんだ、雌犬共ね・・・もう嗅ぎつけてくるなんて」

鞠莉「丁重にもてなしてあげなさい・・・殺しちゃだめよ? 国内は面倒だから」

鞠莉「そうね・・・レズパーティーをやると言って、梨子を呼んで。あとは、同じ密室に一晩閉じ込めておきなさい」

ガチャン

鞠莉「あ〜あぁ〜、どんな可哀相な目に遭っちゃうのかしら〜♪」

鞠莉「自業自得とはいえ同情しちゃうわぁ〜・・・♪」

鞠莉「フフフッ♪ フフッ・・・アハハッアハハッウフッアハハッウフッウフッウフフッ↑ウフッウフフッ↓」


((|c||;゚.w ゚||))
39 :名無しで叶える物語 2018/01/17(水) 20:57:26.71 qYV3TAUj.net
鞠莉「あの2人・・・ダイヤの知り合いなのよね・・・?」

鞠莉「確か・・・どっかの旅館の娘とその幼馴染だっけ?」

|c||;^.-^||

鞠莉「さしずめ・・・ダイヤを取り返しに来たってとこかしら」

鞠莉「いちいち相手するのも面倒なんだけど・・・とりあえず、旅館と幼馴染の親族を買収しておけばいいかしら」

鞠莉「庶民なんてすぐに買収できるわ♪」

鞠莉「どーせああいう人種は・・・本人にダメージを与えても上手くいかないでしょうしね・・・」

鞠莉「それよりは社会的に抹殺しちゃうのが一番ね♪」


|c||;´.-`||
42 :名無しで叶える物語 2018/01/17(水) 21:12:31.52 qYV3TAUj.net
鞠莉「ろくにお金も無いくせに・・・ダイヤに言い寄った上、このマリーに盾突こうなんていい根性してるわ」

鞠莉「ま、身の程知らずには違いないけど」

|c||#・.-・||

鞠莉「・・・『お金で何でも解決するのですか』・・・ですって?」

鞠莉「はぁ・・・ダイヤもお金の価値が分かって無いのねぇ」

鞠莉「お金で買えないものなんて無いの・・・お金で人生だって帰るのヨ♪」

鞠莉「例えば・・・ダイヤの・・・ふふっ♪」

鞠莉「いいわ! これからダイヤには、マリーの思いと・・・お金の力を存分に教えてアゲル♥」

鞠莉「そして・・・毎日♥毎日♥毎日♥毎日♥毎日♥毎日♥私の相手をしてぇ・・・♥」

鞠莉「身も心も私のトリコリコになるのヨ♥」

鞠莉「ウフフッ♥ 考えただけで楽しくなってきたわぁ〜♥」


|c||;.-;||
45 :名無しで叶える物語 2018/01/17(水) 21:28:33.49 qYV3TAUj.net
鞠莉「ウフフッ♥ 今日はもう遅いから・・・明日からにしまショ♪」

鞠莉「ウフッ♥ それじゃあ・・・ゆっくりおやすみなさい♥」

ツカツカツカ

ガチャ バタン

|c||;.-;||

|c||;.-;|| ・・・

|c||・.-・|| !

|c||^.-^||

タタタタ! ガチャガチャ!!

バウ! バウバウバウ!!

|c||;>.-<|| !!

ガチャガチャ!! ガチャガチャ!!

|c||;>.-<||

ワンワン!! ワ・・・キシャアアアァァァァ!!

|c|| ロ || ゚.゚

ダダダダッ

((|c||;゚.w ゚||))

キシャアアァアァ…ワン

|c||;゚.ロ ゚|| ・・・

ワン・・・クゥーン

|c||;゚.- ゚|| ・・・

|c||;´.-`|| ・・・

|c||;・.-・|| ・・・

|c||・.-・|| ・・・

|c||ー.-ー|| ・・・

|c||˘.-˘|| Zzz



|c||^.-^|| 終わりですわ
47 :名無しで叶える物語 2018/01/17(水) 21:36:20.75 J3iexU6V.net
なんだこれ…
48 :名無しで叶える物語 2018/01/17(水) 21:41:10.79 yLiVLJZ7.net
ヤンデレCDすこ

花丸「ダイヤちゃんに」曜「なでられたい!」

1 :名無しで叶える物語 2018/01/14(日) 01:07:26.97 E2AUM3P.net
G'sベースです



花丸「ダイヤちゃん、頼まれてた仕事終わったよ!」

ダイヤ「あら、早いわね。ちょっとだけ見せて」

花丸「はい!」

ダイヤ「ふんふん……。うん、大丈夫そうね」

花丸「良かったあ」

曜「ダイヤちゃーん」

ダイヤ「はい」

曜「できた!」

ダイヤ「……とりあえず聞くけど、できたってのはそのトランプタワーのことではないわよね?」
2 :名無しで叶える物語 2018/01/14(日) 01:08:56.87 E2AUM3P.net
曜「どう!? 始めて三段積み上がったんだよ! いや〜これは千歌ちゃんに自慢できるなあ。写真撮らなきゃ」

ダイヤ「はあ……。窓開いてるから風が入ってこないうちに撮りなさい」

曜「やっぱりこの角度から撮ろうかな……。うわぁ、私のトランプタワーが!!」

花丸「あはは……言ったそばから」

ダイヤ「はいはい、トランプはしまって。それで、曜ちゃん?」

曜「あああトランプぅ……。なにダイヤちゃん?」

ダイヤ「言ってたものしまってくれた?」

曜「言ってたもの……ああ、ちゃーんとしまったよ!」

ダイヤ「あら、本当?」

曜「それくらいはやるよ〜! 手伝うって言ったのも私だし!」
5 :名無しで叶える物語 2018/01/14(日) 01:11:53.16 E2AUM3P.net
ダイヤ「ふふっ、ありがとう。まるちゃんもね」

花丸「えへへ、ダイヤちゃん大変そうだったし、まるにも手伝えることあるならと思っただけだから」

ダイヤ「それでも助かったわ。ありがとう」ナデナデ

花丸「えへへ」

曜「………」

ダイヤ「どうかした、曜ちゃん?」

曜「曜にはないのかなーって!」

ダイヤ「あなた、前はなんかいいやって言ってたじゃない」

曜「そのときはそう思ったけど、まるちゃんの顔見てたらなんかいいなぁって思ってきた」
6 :名無しで叶える物語 2018/01/14(日) 01:13:16.07 E2AUM3P.net
花丸「なでてもらったらいいよ! お姉ちゃん欲しいなあって思うよ」

曜「ええ〜ダイヤちゃんがお姉ちゃん?」

ダイヤ「あら、いや?」

曜「だってルビィちゃんが鬼だってよく言ってるし」

ダイヤ「またあの子は……」

曜「ダイヤちゃん、優しいけど厳しいんだもん」

ダイヤ「ルビィが不真面目すぎるだけよ。そうじゃなきゃ、私だってとやかく言わないわ。お互い高校生なんだし」
7 :名無しで叶える物語 2018/01/14(日) 01:15:50.22 E2AUM3P.net
曜「あ、じゃあ曜が妹になっても大丈夫系?」

ダイヤ「ごめんなさい、なにが?」

花丸「ねえねえ、まるは?」

ダイヤ「まるちゃんは当然合格よ」

曜「ねえねえ、曜は!?」

ダイヤ「そもそも、曜ちゃんは私の妹になりたいの?」

曜「……確かに」

ダイヤ「まあ、曜ちゃんが妹だったらそれはそれで面白いかもしれないけど」

曜「どういうこと?」

ダイヤ「才女の私に、運動神経抜群の曜ちゃん。正反対の姉妹って、面白いじゃない?」

曜「なるほど……!」

花丸「なるほどなの?」
8 :名無しで叶える物語 2018/01/14(日) 01:18:25.14 E2AUM3P.net
ダイヤ「ま、そんなことにはならないから。それに、妹はルビィだけで充分だわ」

曜「え〜。せっかくなってもいいかなって思ったのに」

ダイヤ「あくまで選択権が自分にあるのね……」

曜「あ! とういかそもそも頭なでてくれる話だったよね!」

ダイヤ「そもそももなにもそんなことは言ってないわ」

曜「ほらほら!」

ダイヤ「はあ……。じゃあこっちいらっしゃい」

曜「はーい!」
9 :名無しで叶える物語 2018/01/14(日) 01:21:11.67 E2AUM3P.net
ダイヤ「………」ナデナデ

曜「………」

ダイヤ「……気は済んだ?」

曜「……まだ」ギュー

ダイヤ「曜ちゃん?」

花丸「曜ちゃん、目つぶってる?」

曜「………」

ダイヤ「曜ちゃん……?」

曜「……これ、寝ちゃいそう……」

ダイヤ「はあ」

花丸「少しだけ、気持ちわかるずら……」
11 :名無しで叶える物語 2018/01/14(日) 01:24:13.38 E2AUM3P.net
ダイヤ「喜んでいいのかしら?」

曜「ダイヤちゃ〜ん」スリスリ

ダイヤ「あらあら」

曜「まるちゃん、これすっごくいいね」

ダイヤ「これとか言わない」

花丸「うん、すっごくいいずら」

ダイヤ「もういいかしら」

曜「ええ〜、後5分」

ダイヤ「寝起きじゃないんだから。はい、終わり」

曜「ああ〜……」
12 :名無しで叶える物語 2018/01/14(日) 01:27:44.21 E2AUM3P.net
花丸「ね、ね、ダイヤちゃん……」

ダイヤ「はいはい、いいわよ」

花丸「わ〜い」

曜「あ〜、ずるい! まるちゃん二度目じゃん!」

ダイヤ「そんなにいいの?」

曜「いい!」

ダイヤ「ふふっ、それであれば、曜ちゃんがいい子にしているなら、たまにならしてあげるわ」

曜「ほんとう!?」

ダイヤ「ええ、これくらいよくってよ。だから、まずは遅刻を減らすところからね」
14 :名無しで叶える物語 2018/01/14(日) 01:32:26.64 E2AUM3P.net
曜「わかった! 朝の睡眠時間削って、今度からはダイヤちゃんで寝ることにする!」

ダイヤ「間違ってないけど、間違ってるわよそれ」

曜「じゃあ私、先に部室行ってるね!」ダッ

ダイヤ「あ、まだやることあるのに」

花丸「おらたちだけでやろ?」

ダイヤ「それしかないわね」

花丸「なでてもらった分、ちゃんと働くずら!」

ダイヤ「お願いね、まるちゃん」
15 :名無しで叶える物語 2018/01/14(日) 01:35:33.62 E2AUM3P.net
部室

曜「とうちゃ〜く!」

鞠莉「いらっしゃ〜い」

果南「あれ、曜だけ?」

曜「うん、そうだよ!」

果南「ダイヤとまるちゃんは?」

曜「まだ生徒会室。もうすぐ来るよ!」

鞠莉「あれあれ〜、サボり?」

曜「いやいや〜、色々終わったから私だけきたのだ!」

果南「まあ二人ともすぐ来るでしょ」
16 :名無しで叶える物語 2018/01/14(日) 01:37:18.95 E2AUM3P.net
曜「そうそう、それでね、ダイヤちゃんすごいんだよ!」

鞠莉「なになに、ダイヤがどうしたの?」

曜「ダイヤちゃんすっごく気持ちいいの!」

果南「あはは、それじゃわからないよ〜」

曜「なんて言えばいいかな」

果南「なんかしてもらったの?」

曜「抱きしめてなでてもらった!」

鞠莉「わお、ダイヤったら大胆」

果南「へ〜。それがそんなに良かったんだ」
17 :名無しで叶える物語 2018/01/14(日) 01:40:12.55 E2AUM3P.net
曜「そのまま寝たかったくらいだよ〜。千歌ちゃんにも教えてあげたいんだけどなあ」

果南「その内買い出しから帰ってくるよ」

曜「あ、そういえば2人はなんで早かったの?」

鞠莉「マリーは特に用事はなかったから最初からいたわよ」

果南「私も自分の用事がすぐ片付いたから。といってもそんな前からいたわけじゃないけど」

鞠莉「これなら4人に着いていって買い物してても良かったかも」

果南「別にいいんじゃない? 4人でも多いかなって感じだったし」

曜「衣装の布買いに行ってるんだよね? そっち着いていっても良かったなあ」

果南「いや、ダイヤの手伝いするって言ったのは曜でしょ」

曜「まあね〜。あ、だけどダイヤちゃんになでてもらったからいいかな!」
18 :名無しで叶える物語 2018/01/14(日) 01:44:21.39 E2AUM3P.net
鞠莉「そんなにいいんだ?」

曜「最高だよ!」


ガチャ


ダイヤ「遅くなってすみません」

花丸「すみません」

曜「あ、ダイヤちゃん!」

ダイヤ「曜ちゃん、先に行ったけどまだやることあったのよ?」

曜「あれ、そうだったの?」

花丸「ダイヤちゃんとおらでやったずら」

曜「ごめんなさい〜!」

ダイヤ「まあいいわ。そんなにやることも残ってなかったから。けど、今度からはダメよ」

曜「はい〜」
19 :名無しで叶える物語 2018/01/14(日) 01:48:00.03 E2AUM3P.net
鞠莉「ねえダイヤ」

ダイヤ「はい」

鞠莉「マリーのこと、なでて?」

ダイヤ「……なぜ?」

鞠莉「曜がとっても気持ちいいって言うから! どんなものかな〜って」

ダイヤ「……曜ちゃん」

曜「ね、ね、ダイヤちゃん。曜からじゃダメ?」

ダイヤ「なんで私がなでてあげること前提なのよ。私、そんなに安い女じゃなくってよ」

鞠莉「いいじゃないちょっとくらい。私もなでてあげるから〜」

ダイヤ「いいわよそんなの」
20 :名無しで叶える物語 2018/01/14(日) 01:51:10.89 E2AUM3P.net
鞠莉「え〜、それじゃあ果南〜」

果南「私〜? 仕方ないなあ」ナデナデ

鞠莉「ふむふむ、確かにけっこういいかも」

曜「ダイヤちゃんのはそんなものじゃないよ!」

果南「わかるの?」

曜「うん!」

花丸「おらもそれには同意するずら!」

果南「まるのお墨付きまで……。これは確かに興味あるかも」

ダイヤ「果南まで……。いやだからね、私は」
22 :名無しで叶える物語 2018/01/14(日) 01:54:59.21 E2AUM3P.net
曜「え〜。ちゃんといい子にしてるから〜」

鞠莉「サンタさん方式なの?」

曜「そう! いい子にはダイヤちゃんがなでてくれるんだよ」

ダイヤ「そんな契約はしたつもりないから」

鞠莉「それならいっつもいい子のマリーはもうすでになでてもらえる権利あるよね?」

ダイヤ「ない」

果南「ばっさりいくね」

ダイヤ「大体、同学年の子をなでてどうするのよ」

鞠莉「……ロリコン」

ダイヤ「はあ?」
23 :名無しで叶える物語 2018/01/14(日) 01:58:19.14 E2AUM3P.net
曜「私はダイヤちゃんがロリコンでも全然いいよ!」

ダイヤ「一切良くないわよ」

鞠莉「違うというなら、ほら」

ダイヤ「はあ……仕方ないわね。いらっしゃい、鞠莉」

鞠莉「やった!」

曜「いいなあ、鞠莉ちゃん」プクー

ダイヤ「これでいい?」ナデナデ

鞠莉「……あー、確かにこれ、やばいかも……」

果南「そんなに? 私のときと全然反応違うじゃん」

曜「果南ちゃんのもね。悪くないんだよきっと。ダイヤちゃんが良すぎるだけなんだよ」

果南「なにそれ。私もしてもらいたい」
25 :名無しで叶える物語 2018/01/14(日) 02:02:23.12 E2AUM3P.net
ダイヤ「果南はまた今度ね」

果南「え〜〜〜」

鞠莉「ねえダイヤ。毎日家に来て? お金出すから」

曜「うわ、ずるい! お金持ちずるい!」

花丸「大人って汚いずら……」

鞠莉「この癒し効果はお金を払う価値に値するから提案してるの。ずるくも汚くもない!」

ダイヤ「毎日淡島に行くなんていやよ。たまにならこうしてあげるから我慢して」

鞠莉「え〜じゃあとりあえず後一時間はこうしてて」

曜「後がつっかえてますよお姉さん!」

果南「そもそも交代ありなら次は私だよね?」

花丸「まるだって待ってるよ」
26 :名無しで叶える物語 2018/01/14(日) 02:05:45.24 E2AUM3P.net
鞠莉「ダメ! これはまったら抜け出せない」

ダイヤ「はい、終了」

鞠莉「あ〜。お願い、本当に後もう少し」

果南「あの鞠莉がああなるって本当に本当なんだね」

曜「本当に本当なんだよ、果南ちゃん。だからね、私は今すぐにでもしてほしいの」

果南「うん、なんかキリっと言ってるけどただ甘えたいってことだよね?」

ダイヤ「はい、本当に終わり。もうそろそろみんな帰ってくるし、私たちも準備してましょう」

鞠莉「は〜、すっごい良かった! またお願いね、ダイヤ」

果南「じゃあ帰ってくるまで私をお願い」シュバッ

ダイヤ「だから」

果南「お願いだよう〜」スリスリ

ダイヤ「ああもう! 帰ってくるまでよ?」
27 :名無しで叶える物語 2018/01/14(日) 02:09:20.83 E2AUM3P.net
曜「ああ〜先越された……」

花丸「果南ちゃん、ダイヤちゃんのところに行くの見えないくらい早かった……」

果南「これ、やばいね……」

曜「果南ちゃんも理解してしまった……。これって私広めない方が良かった!?」

花丸「今となってはそうかもしれないね……」

果南「ごめんダイヤ。もたれかからせて」

ダイヤ「まさか果南が一番手のかかる甘え方してくるなんて……」

鞠莉「果南〜、くっつきすぎじゃな〜い?」ニヤニヤ

果南「だってもっとダイヤを感じたいんだもん」スリスリ

鞠莉「うっわ……」

ダイヤ「あなた際どいこと言ってるの自覚してる?」
28 :名無しで叶える物語 2018/01/14(日) 02:12:24.19 E2AUM3P.net
果南「ああ〜このまま寝ちゃいそう……」

ダイヤ「はい、おしまい」

果南「ええっ!? まだみんな帰ってきてないよ!?」

ダイヤ「だってあのまま続けたら寝るでしょう」

果南「寝ない! 寝ません! だからまだ」

鞠莉「はいはい終了〜。ほら、準備しましょう」

果南「なんで鞠莉はそんな切り替えられてるの?」

鞠莉「こういうのはね、毎日してもらうことがいいのよ。今日の後もう少しして欲しかったという気持ちが明日してもらったときに解消されて、それがカタルシスとなるの」

花丸「なるほど……!」

曜「カタルシス……?」
29 :名無しで叶える物語 2018/01/14(日) 02:14:44.95 E2AUM3P.net
鞠莉「すっごい喉渇いてるときに水飲めなくて、それを我慢してた後に水を飲んだらとても美味しく感じることあるでしょう?」

曜「うん」

鞠莉「それがカタルシスよ!」

曜「おお、おお〜!」

果南「鞠莉の言うことはわかったよ。今日は我慢する。だから明日、ね?」

ダイヤ「流石に私も4人全員は……」

曜「はいはーい! 私は毎日希望!」

ダイヤ「だから……」

果南「そんなに4人難しい? 朝と昼と練習前と後で大丈夫じゃないかな」

曜「果南ちゃん賢い!」
30 :名無しで叶える物語 2018/01/14(日) 02:17:52.78 E2AUM3P.net
花丸「それならまるは朝がいいなあ」

鞠莉「じゃあマリーは練習後で」

曜「私はお昼! 千歌ちゃんたちとご飯食べた後行くね!」

果南「私は練習前かな? 気合い入りそうだしいいよ」

ダイヤ「まったく……私の手相が無くなったらどうするつもり?」

鞠莉「安心して。ハンドクリーム買ってくるから! それとみんなの枝毛をなくすためのトリートメントも買っちゃう!」

ダイヤ「そういう問題じゃないのだけど」

果南「ダイヤのこと手伝ったりするから」

ダイヤ「別にそういうのはいいけど。そうね、それなら条件があるわ」

曜「なに?」

ダイヤ「ちゃんといい子にしてること。そうじゃなかったら、なでてあげるのはなしよ」
32 :名無しで叶える物語 2018/01/14(日) 02:21:28.14 E2AUM3P.net
果南「ちなみにいい子にしてるってなんなの?」

ダイヤ「そこは私の基準で、ね」

鞠莉「えこひいきとかはダメだよ〜」

ダイヤ「当然」

果南「う〜ん、まるはそのままでいいだろうけど……あはは、私と曜は厳しいかもね」

曜「そんなことないよ! 明日からはちゃんと起きるもんね!」


ガチャ


千歌「たっだいま〜!」

曜「あ、千歌ちゃん、みんなおかえり!」
33 :名無しで叶える物語 2018/01/14(日) 02:25:40.14 E2AUM3P.net
梨子「遅くなってすみません」

果南「謝らなくていいよ〜。買い出しなんだし」

ルビィ「えへへ、いいものいっぱいあったからたくさん買っちゃった」

善子「重いったらなかったわ……」

千歌「みんななんの話してたの?」

曜「えっと……」

鞠莉「大したことは話してないわ!」

ルビィ「そうなの?」

果南(隠す気満々だね……)

ダイヤ「ふふっ、いい子にしてたら私がなでてあげると、そんな話をしていただけよ」

曜「あー、ダイヤちゃん!」

ダイヤ「みんな公平に、ね?」
34 :名無しで叶える物語 2018/01/14(日) 02:28:42.50 E2AUM3P.net
ルビィ「お姉ちゃんまたしてるんだ……」

ダイヤ「ルビィには毎日してあげてるじゃない」

ルビィ「だってお姉ちゃん、人にしてあげてたら露骨に手抜くじゃん」

ダイヤ「手抜くって……」

果南「わかるもんなんだ」

曜「ルビィちゃんは毎日……! やっぱり私ダイヤちゃんの妹になろうかなあ。ルビィちゃんもいるし」

花丸「それならまるだってなりたいずら。ルビィちゃんとずっと一緒にいられるし」

ルビィ「私も曜ちゃんとまるちゃんがお姉ちゃんなら嬉しいなあ」

梨子「えっと……すみません、どういう話なんですか?」

鞠莉「ダイヤが言っちゃったから言うけど、言葉の通り。いい子にしてたらダイヤがなでてくれるの」
35 :名無しで叶える物語 2018/01/14(日) 02:31:46.65 E2AUM3P.net
善子「なにそれ、それだけ?」

曜「わかってないなら、わかってないままで良いのだよヨハネちゃん」

善子「なにその言い方」

千歌「そんなにいいの?」

曜「ヤバイよ」

千歌「えー、じゃあしてもらいたい!」

ダイヤ「いい子にしてたら、ね」

千歌「はい、いい子です!」

梨子「いい子は自分でいい子って言わないんじゃ……」

ダイヤ「さ、まずは練習するわよ」
36 :名無しで叶える物語 2018/01/14(日) 02:35:55.65 E2AUM3P.net
ルビィ「お姉ちゃん、買い出ししてきたから褒めて〜」

ダイヤ「はいはい偉い偉い」ナデナデ

曜「手馴れている……!」

果南「あはは、さすが妹ってやつだね」

千歌「ダイヤちゃ〜ん、千歌も行ってきたんだよ〜!」

ダイヤ「はいはい、ありがとう」ナデナデ

千歌「あ、これ……いい……!」

鞠莉「速攻堕ちたわね」

善子「……そんなにいいの?」

千歌「いいよ! ヨハネちゃんもなでてもらいなよ」

善子「え〜……。じゃあ、お願い」オズオズ
38 :名無しで叶える物語 2018/01/14(日) 02:39:38.26 E2AUM3P.net
ダイヤ「仕方ないわね。こうなったら全員なでてあげるわ」

梨子(わ、私もしれくれるんだ……!)

善子「……ああ、うん。ごめん。これ以上はなし。これ以上魅了の手に触れられてしまえばまさしく堕天してしまう」

千歌「すっごいナチュラルにヨハネモードに入ったね」

曜「それだけあのゴッドハンドがすごいんだよ」

ダイヤ「いつの間に私の手は神になったのよ」

果南「梨子はどうする?」

梨子「え、えっと……。いいんですか」

ダイヤ「いいわよ。梨子ちゃんは他の子と違っていつもいい子だから」

曜「さすが梨子ちゃん……!」
39 :名無しで叶える物語 2018/01/14(日) 02:41:33.18 E2AUM3P.net
鞠莉「私だっていつもいい子なのにな〜」

ダイヤ「はいはい。それで、いやならいいのだけど」

梨子「あ、お、お願いします!」

ダイヤ「では、どうぞ」

梨子(頭なでられるのなんていつぶりなんだろう。すっごいドキドキするよ……)

ダイヤ「梨子ちゃんはいつも作曲も頑張っているから、サービスでハグもしてあげる」

ルビィ「ああ〜! お姉ちゃん、家でもやってよね!」

ダイヤ「あなたがちゃんと朝起きればね」

ルビィ「むぅ〜」
43 :名無しで叶える物語 2018/01/14(日) 02:45:05.01 E2AUM3P.net
梨子(い、いまどういう状況なの!? ダイヤさんに抱きしめられて、頭なでられてるの!?)

梨子(ダイヤさん、すっごくいい匂いする……。みんながテンション高くなる理由わかっちゃうな)

梨子(もうここから動きたくない……。お姉ちゃんがいたら、こんな感じなんだ)

ダイヤ「はい、終わりよ」

梨子「……あ、は、はいっ!」

曜「どう、良かった?」

梨子「う、うん……!」

曜「じゃあ最後は私が」

ダイヤ「今日はおしまい。練習しましょう」

曜「ちぇ〜。じゃあいい子目指して、ヨーソロー!」

ダイヤ「いい子じゃなくて、優勝のためでしょ!」
45 :名無しで叶える物語 2018/01/14(日) 02:45:44.23 E2AUM3P.net
これで終わりです。お読み下さりありがとうございました
47 :名無しで叶える物語 2018/01/14(日) 02:53:17.26 WFp+rhxU.net
最高だった
49 :名無しで叶える物語 2018/01/14(日) 03:11:48.11 n3CbKU1v.net
このダイヤさん好き

善子「私達って一応美少女の範疇じゃない?」曜『うん』

1 :名無しで叶える物語 2018/01/14(日) 21:54:44.12 B02CBlYl.net
善子「つまり、お互いにオカズを提供し合えば丸く収まると思わない?」

曜『善子ちゃん……』



曜『天才じゃない?』

善子「でしょ?」
2 :名無しで叶える物語 2018/01/14(日) 21:57:06.66 EbbkU3QY.net
天才じゃったか
7 :名無しで叶える物語 2018/01/14(日) 22:07:28.86 B02CBlYl.net
善子「つまり問題は、不完全燃焼なことにあると思うのよ」

曜『一理あるね』

善子「ちゃんとスッキリ出来ていたら……」

曜『私は千歌ちゃんや梨子ちゃんにムラムラすることがなくなり』

善子「私もずら丸やルビィにムラムラしなくなる」

曜『完璧じゃん!天才よーしこーじゃん!』

善子「クックック、もっと誉め称えなさい。あとヨハネ」
12 :名無しで叶える物語 2018/01/14(日) 22:19:11.44 B02CBlYl.net
曜『でも、提供し合うと言ってもどうやるの?』

善子「無難に自撮りを送り合えばいいんじゃない?」

曜『おおっ、今流行のエロ自撮りというやつですな!?』

善子「いや流行かは知らないけど……顔とか個人特定できそうなものは写さないようにね。最近は流出とか怖いから」

曜『ネットリテラシーちゃんとしてる……やっぱりいい子の善子ちゃんなんだねぇ』

善子「誰がいい子の善子か。そもそもいい子ならこんなこと言い出すわけないでしょ」

曜『あはは、確かに』
17 :名無しで叶える物語 2018/01/14(日) 22:34:29.86 B02CBlYl.net
善子「毎日お互いに送り合ってたらすぐにネタが尽きちゃうから、一日おきに一人ずつ送ることにしましょう。とりあえず今日は私が送るわ」

曜『じゃあ私は明後日送ればいいんだね!善子ちゃんの自撮り楽しみにしてるであります!』

善子「ヨハネよ。じゃあ今日中に送るわ。すぐには難しいけど……あと感想とかも要らないからね」

曜『か、感想言うのはちょっと恥ずかしいよ……///』

善子「だから要らないって言ってんでしょ!///もう切るわよ、おやすみ」

曜『おやすみソロー!』

善子「なんじゃそりゃ」ピッ

善子(さて、どうしようかしら)
24 :名無しで叶える物語 2018/01/14(日) 22:46:03.27 B02CBlYl.net
誤送信

善子(配信とかは年中やってるけど、自撮りなんてしたことないし……)

善子(エロ自撮り……って言うと、鏡の前で撮るやつとか?顔をスマホで隠して……)

善子(や、やっぱりエロ自撮りって言っても、乳首とかアソコが写ってるのはヤバイわよね?)

善子(そう言えば、リトルデーモン達が私の腋がどうとかこうとかコメントしてたわね)

善子「よし……それなら」
29 :名無しで叶える物語 2018/01/14(日) 22:57:35.13 B02CBlYl.net
ピロンピロン

曜「お、来たかな?」

曜(いやー、善子ちゃんにいきなり言われたときはびっくりしたけど、実際名案なんだよね)

曜(千歌ちゃんは無防備だし、梨子ちゃんも結構隙が多いし……二人とも美少女の自覚がないんだから困っちゃうよ)

曜「さてさて、善子ちゃんの自撮りは……ぶっ!?///」

曜(言っていた通り顔は写ってない。部屋とかも写さないためか、画面のほとんどを被写体、つまり善子ちゃんが埋めている)

曜(黒い薄手のキャミソール。上げられた二の腕から丸見えの腋、はみ出てるおっぱいまでのラインが艶かしく……)

曜(え!?ちょ、いきなりえっち過ぎない!?最初はもっと首筋とか鎖骨とか、そういうちょっぴりえっちな感じからじゃないの!?)

曜(うーっわー……ちょっと善子ちゃんの腋……えっち過ぎでしょこれ……ちょっと汗ばんでるし……肌の白さが際立って余計に///)

曜(えー……うわー……えー……///)

曜(と、とりあえず、当所の目的を達しますか)



曜「……ふぅ」
33 :名無しで叶える物語 2018/01/14(日) 23:09:42.06 B02CBlYl.net
二日後

曜「今日は私の番だね。……どうしよう」

曜(善子ちゃんの自撮りはそりゃもう優秀で、私はこの二日間すっきり爽快に過ごしていた)

曜(千歌ちゃん梨子ちゃんにドキドキはしても、ムラムラはしない……挙動不審にならずスキンシップもできた。善子ちゃんの自撮りのお陰であります)

曜(でも、自分が送るとなると……うーん///)

曜(最初はこう、服をはだけさせて、谷間でも写して送ろうかなって思ってたんだけど……善子ちゃんいきなりあんなえっちなの送ってきたもんね///)

曜(あれぐらいえっちなの送らなきゃいけないよね……やっぱり)

曜(うー///分かんないよ///善子ちゃんの腋くらいえっちな自撮りなんて出来ないって///)

曜(でも、送らないわけにはいかないし……)

曜「それじゃあ……うん」
38 :名無しで叶える物語 2018/01/14(日) 23:22:00.90 B02CBlYl.net
ピロンピロン

善子「……来たわね」

善子(もしかしたら送ってこないかな、とちょっぴり思っていた。エロ自撮りとか、そういうのが出来そう人じゃないし)

善子(でも、期待はしてた。……しょうがないじゃない!曜みたいな美少女のエロ自撮りとか欲しいに決まってるでしょ!)

善子「さてさて、どんな自撮りを……まあ曜のことだから、谷間とか太股とか微エロくらいのしゃしえっろ」

善子(思わず口走っていた。いや、なに、この、えっろ)

善子(谷間は谷間なんだけど、谷間というか山だった。山が二つだった)

善子(少なくとも上半身は裸。写真には糸くずすら写ってない、圧倒的な肌色。おっぱいを細い腕が隠してはいるものの、おっきいから上からも下からもはみ出て……それどころかむちゅっと形を変えていて……)

善子(えっろ)

善子(は!?なんなのあの人、なんでいきなり裸なの!?肌色多すぎない!?)

善子(しかもよく見たらうっすらと日焼け痕が残ってるし……コントラストやばいえろい)

善子(大体これ、バスト逆サバしてるでしょ!?千歌さんと一緒がいいから過少申告してるでしょ!!)

善子(ちょっともう……こんな……えっろ……)



善子「……ふぅ」
40 :名無しで叶える物語 2018/01/14(日) 23:35:31.26 x1gPkFaZ.net
文字だけなのにえっろ
41 :名無しで叶える物語 2018/01/14(日) 23:36:30.74 B02CBlYl.net
二日後

善子「さて……」

善子(曜から貰った自撮りでスッキリ出来た私は無敵だった)

善子(ずら丸はロリ巨乳美少女とかいうリーサルウェポンだし、ルビィはたまにめちゃくちゃ色っぽいし)

善子(リトルデーモンに惑わされる堕天使なんてあり得ない!と思っても、どうにもならなかったムラムラがぱったりと湧き上がらなくなった)

善子(お互いにオカズを提供する。我ながら名案だったわね)

善子(これからも続けていきたい。今日は私の番……なんだけど)

善子「一気にハードル上げられた感が有るわね……」

善子(私の腋写真なんて比じゃない、あまりにえろい曜っぱいの写真。あれに匹敵する自撮りなんて撮れないわよ……)

善子(谷間とか下乳とか、胸の写真は駄目ね。向こうには私のより大きい自前のものがあるわけだし)

善子(B地区は最終手段にとっておいた方がいいだろうし……)

善子(えろ……えろ……うーん)

善子「こんな感じなら……少しは興奮できるかしら?」
48 :名無しで叶える物語 2018/01/14(日) 23:54:13.86 B02CBlYl.net
ピロンピロン

曜「来た……」

曜(正直心待ちにしていました)

曜(でもなぁー。善子ちゃん一発目からあれだったもんなぁ)

曜(またハードルガン上げしてくるえっちな自撮りだったらどうしよ)

曜(えーい、まずは見てみなきゃ!さーて、今回の善子ちゃんは?)

曜「…………これは」

曜(おへそと、お腹と、大事なところが見えそうなギリギリまで下ろされたジーンズ)

曜(真っ白いお腹は、私や果南ちゃんとは違ってすっごく柔らかそうで、すべすべしていそうで、撫で回したくなる)

曜(鼠径部が……普通なら見えないところが、こんなに露になって)

曜(善子ちゃんえっち過ぎない?大丈夫?腋だけじゃなくてお腹までえっちなんて善子ちゃんえっち過ぎるでしょ)

曜(お腹でこんなにえっちな気分になるなんて……えー?どうしよ)

曜(これ、善子ちゃんと銭湯とか行けなくなるかも……だって腋とかお腹ですらこんなにえっちなのに……無理だって///)


曜「……ふぅ」
51 :名無しで叶える物語 2018/01/15(月) 00:00:23.40 U/uMunmf.net
これが青春なんだなって
54 :名無しで叶える物語 2018/01/15(月) 00:08:38.43 vMMlrgLW.net
二日後

曜「はー……困ったなぁ……///」

曜(ダンスの練習中とか、ちらちら覗く善子ちゃんのお腹につい目が行っちゃうよ///)

曜(ムラムラしないための自撮りで、ムラムラが増幅されちゃったら駄目でしょ///もお///)

曜(はー……善子ちゃんみたいな美人が、あんなえっちな体してるなんて……///)

曜(やめやめ!一回やめ!とりあえず、今日の分送らなきゃ)

曜(でも、何を写せばいいんだろ……またおっぱい?)

曜(先っちょとか、アソコは、まだ恥ずかしいし……///)

曜「うーん……あっ!これだったらどうかな……?」
55 :名無しで叶える物語 2018/01/15(月) 00:16:19.40 vMMlrgLW.net
ピロンピロン

善子「……」

善子(今度は下半身裸とか、そういうハードルの上げ方してないわよね?そこまでされたらもう、ハードルくぐるわよ?)

善子「いざ………………えっっっ!!!」

善子(青い競泳水着は見たことある。曜が掛け持ちしているもうひとつの部活の方で使っているやつだ)

善子(でもこんな、エグいハイレグではない。つまり、曜が自分で水着を引っ張っているのだいや、着てればいいってもんじゃないでしょっっっ!)

善子(えっろ……)

善子(足の付根とか鼠径部とか丸見えの競泳水着とか、下手なスケベ水着よりよっぽどスケベでしょ……しかもなんか、うっすら割れ目が……駄目でしょこれ……///)



善子「……ふぅ」
57 :名無しで叶える物語 2018/01/15(月) 00:22:09.53 vMMlrgLW.net
二日後

善子「うー……///」

善子(屋上からは、曜が練習しているプールが見える。今日は何度なくそっちに意識が向いた)

善子(目が良いわけじゃないから、はっきり曜の水着姿を見れるわけじゃないけど……いや、あの曜が、あんなスケベな格好して学校に居ると思うだけでクルものがある)

善子(あんまりプールを気にしてたから、千歌さんやリリーにからかわれちゃったし……そういうのじゃないってば!)

善子(何だか、当所の目的を見失っている気がする。ムラムラしないための自撮り交換なのに、これだと……)

善子(でも、曜のエロ自撮りが欲しくて、私は今日も曜にエロ自撮りを送る)



善子(そうして、しばらくの間)

曜(私たちは、自撮りを送り合い続けた)
62 :名無しで叶える物語 2018/01/15(月) 00:32:05.10 vMMlrgLW.net
千歌「え……えーっ!?曜ちゃんと善子ちゃん付き合ってるの!?」

曜「えっとまあ……うん///」

ルビィ「曜さん、善子ちゃん、おめでとう!」

曜「あはは、ありがとう///」

善子「だからヨハネ……ありがと///」

花丸「でも、何だか意外ずら。二人は結構違うタイプだと思ってたけど」

鞠莉「あら、違うタイプだからこそ惹かれ合ったってことかもよ?それともマルちゃん、ヨハネを取られて嫉妬ファイヤーなのぉ?」

花丸「そんなんじゃないずら。でも確かに、帰りのバスも一緒だったずらね」

梨子「で、二人はどういうきっかけで付き合い始めたの?」

曜「え゙」

梨子「やっぱり帰りのバスが一緒だったから仲良くなって、そのまま?」

曜「まあ、そんな感じ……かな?」

善子(リリーやたら食い付いてくるわね)

梨子「でもそれだけじゃないでしょ?もっと決定的なきっかけが他にあるはずよ」

善子「それは……その」

曜「まあ……たぶん、あれだよね」

梨子「何?何なの?」

曜「……ナイショ」

千歌「えー気になるー!曜ちゃん、私にも教えてくれないの?」

曜「いくら千歌ちゃんの頼みでもだめ///」

ルビィ「善子ちゃんは……?」

善子「ククク……それは禁忌。隠匿された裏予言の深淵に触れるしょぎょ」

花丸「はいはい、内緒ってことずらね」

善子「最後まで言わせなさいよ!」
64 :名無しで叶える物語 2018/01/15(月) 00:34:20.77 vMMlrgLW.net
曜(きっかけなんて、あのことしか思い浮かばない)

善子(結果的に曜と付き合えたんだから、やっぱりあれは名案だったんだけど)

ようよし((そんなきっかけ、人に言えるわけないでしょっ///))

終わり
68 :名無しで叶える物語 2018/01/15(月) 00:37:35.90 VI0HBSHl.net

ようよしいいよね
69 :名無しで叶える物語 2018/01/15(月) 00:40:12.68 mrwIsuKu.net
71 :名無しで叶える物語 2018/01/15(月) 00:46:12.26 vMMlrgLW.net
オマケ・送られた自撮りの一例

善子→曜

善子(こうやって、指二本で上手く隠して……)

曜「!!!」

曜(先っちょだけ指で隠された善子ちゃんのおっぱい……すごい、形がいい……ハリもありそうで……と言うか指で隠しきれてないよ///ちょっぴり見えちゃってるよ///)


曜→善子

曜(鏡の前で足を開いて……大事なところは枕で隠して……)

善子「!!!」

善子(鏡の前でM字開脚とかえっろ!!しかも何?足首にショーツ引っ掛けたままとか、脱ぎたてアピール?今はいてないアピール?スケベ過ぎるでしょ……!///)
75 :名無しで叶える物語 2018/01/15(月) 00:51:51.64 UIyhpuQi.net
|c||^.- ^|||c||^.- ^|||c||^.- ^||
76 :名無しで叶える物語 2018/01/15(月) 00:53:08.55 d6tTOucZ.net
お客様の中に絵師様はいらっしゃいませんか〜?
77 :名無しで叶える物語 2018/01/15(月) 00:54:39.56 7Aq8jEnM.net
この設定がもう神の思想

千歌「あっ、テルマエ・ロマエの時間だ」ポチーッ

1 :名無しで叶える物語 2018/01/13(土) 21:13:29.19 9Ge8jQ0X.net
ーーー千歌の部屋


千歌「それにしても阿部ちゃんって、外人に勝るとも劣らない彫りの深さだよね」

曜「ねっ、ローマの人たちの中に溶け込んでるもんね」

千歌「はぁ、阿部ちゃん、渋カッコいいよねぇ……」

曜「えー、お父さんの方がカッコいいよぉ」

千歌「まぁ、曜ちゃんの場合はね……」

曜「……ねぇ、梨子ちゃん……」




梨子「……///」カオマッカッカ

曜「いつまで目隠ししてるの、もう男の人の裸が出てるシーン終わったよ?」
2 :名無しで叶える物語 2018/01/13(土) 21:16:58.70 9Ge8jQ0X.net
梨子「……終わった?」チラッ

千歌「うん。今、CMだよ」

梨子「……ほっ」

曜「ほっ、じゃないよ。何大袈裟に安心してるの」

梨子「……だって、なんだか恥ずかしいじゃない……」モジモジ

千歌「梨子ちゃんが男の人の裸に恥ずかしがるくらいウブだったなんて、知らなかったよ」
3 :名無しで叶える物語 2018/01/13(土) 21:21:45.13 9Ge8jQ0X.net
梨子「……千歌ちゃんは恥ずかしくないの?」

千歌「べっつにー。旅館のお手伝いしてたら、男の人の裸くらい珍しくもないよね」

梨子「……曜ちゃんは?」

曜「ぜーんぜん。内浦に住んでたら男の人の裸なんて、当たり前だよね」

梨子「恥ずかしくないのはわかったけど、なんていうか2人とも……その発言は誤解を招くよ……?」
4 :名無しで叶える物語 2018/01/13(土) 21:26:46.79 9Ge8jQ0X.net
梨子「あっ、また裸のシーン……」

梨子「……///」カオマッカッカ

千歌「……筋肉ムキムキのお兄さんの裸を恥ずかしがるならともかく……」

曜「おじいちゃんの裸で目隠しするなんて、よっぽどだね」

梨子「……終わった?」チラッ

千歌「上戸彩のシーンに変わったよ」

梨子「……ほっ、よか……」

曜「あ、また男の人の裸のシーン」

梨子「……///」カオマッカッカ

ようちか「目隠しするのはやっ」
5 :名無しで叶える物語 2018/01/13(土) 21:33:37.09 9Ge8jQ0X.net
梨子「……ねぇ、終わった? 終わった?」チラッ

千歌「シーン変わって、今は服着た阿部ちゃん出てる」

梨子「……服着てるなら……」

曜「ほんと男の人の裸はダメなんだね」

梨子「裸だけはどうしてもダメなの……」

曜「えー、筋肉美に興奮できないなんて、勿体ないよ」

千歌「筋肉に興奮するのは曜ちゃんだけだと思うよ」
8 :名無しで叶える物語 2018/01/13(土) 21:40:19.52 9Ge8jQ0X.net
梨子「服着てるなら、しばらくは安心して観れる……」

千歌「こりゃ重症だねぇ……」

曜「この様子だと、梨子ちゃんはきっとお父さんとお風呂に入ったこともないんだろうね」

千歌「えー、1回くらいはあるでしょ?」

梨子「……覚えてない……」

千歌「マジか」
9 :名無しで叶える物語 2018/01/13(土) 21:46:39.21 9Ge8jQ0X.net
千歌「チカだって子供の頃はお父さんと何回かはお風呂入ったことあるのに……」

曜「私は今でもお父さんが船から帰ってきたときは毎回、一緒に入るけどね」

千歌「はっ? マジで? 曜ちゃん」

曜「も、もちろんちゃんとタオルは巻いて入るよ?」

千歌「それくらい当たり前だよ。裸で一緒に入ってたら事案だよ、事案」

曜「事案、って家族同士でも発生するの?」

千歌「時と場合に寄るんじゃない?」

曜「……この前たまたまタオル無くって、裸で一緒に入っちゃったけど……」

千歌「アウトー!」
11 :名無しで叶える物語 2018/01/13(土) 21:50:41.68 9Ge8jQ0X.net
曜「えっ、アウト!? ……どうしよ、お父さん逮捕されちゃう?」オロオロ

千歌「一緒に入ったとき、おじさんが曜ちゃんにちょっかいかけてたら、まぁ……」

曜「……それは流石に無かったよ」

千歌「それなら良かったね、最近は実の親子でも過ちが起きる場合が……」

曜「……ずっと股間抑えてたけど」

千歌「……ギリギリセーフだよそれ」
13 :名無しで叶える物語 2018/01/13(土) 21:55:35.83 9Ge8jQ0X.net
千歌「……曜ちゃんがおじさんのこと、だいだいだーいすきなのは知ってるけどさ……もう一緒にお風呂入るのやめよーよ」

曜「嫌だよ、私の生き甲斐が無くなっちゃう……」

千歌「生き甲斐なの? 生きる糧なの、おじさんと入浴するの」

曜「だって、お父さんのおっきな背中流すの、楽しいもん……」
15 :名無しで叶える物語 2018/01/13(土) 22:02:01.03 9Ge8jQ0X.net
千歌「……楽しいとか楽しくないじゃなくってさ、曜ちゃんも貞操の危機というものを自覚しないと……」

曜「……もしそうなっても、お父さんとなら……」

千歌「うっわ衝撃発言だ」

曜「……だってお父さん大好きだから……」

千歌「はぁ……曜ちゃん。それはもう病的だよ、病んでるよ、スーパーウルトラデラックスファザコンだよ」

曜「……長いよ、名前が」
19 :名無しで叶える物語 2018/01/13(土) 22:06:04.89 9Ge8jQ0X.net
梨子「……さっきから刺激の強い話をしないでよ……///」カオマッカッカノカー

千歌「映画そっちのけでこっちの話聞いてたの梨子ちゃん」

梨子「だって気になって仕方なかったんだもの……///」

曜「……梨子ちゃんはあれだ、ムッツリの要素があるね」

千歌「おー、曜ちゃんするどい分析するね」

梨子「り、梨子はムッツリじゃないよ!」
24 :名無しで叶える物語 2018/01/13(土) 22:15:08.17 9Ge8jQ0X.net
曜「だって、男の人の裸見れないくらいにウブなのに、私とお父さんの関係性に聞き耳立てるんだよ? なんか矛盾してるよ」

千歌「曜ちゃん、それ人が聞いたら誤解される言い方」

梨子「矛盾って……曜ちゃんの話がちょっと気になっただけだもん……」

曜「いーや、梨子ちゃんはムッツリ。ムッツリーニ首相だよ」

千歌「あぁそれ、世界史の授業で習ったね。イタリアの偉い人だっけ」

梨子「ムッソリーニだよ、それを言うなら……」
28 :名無しで叶える物語 2018/01/13(土) 22:25:07.75 9Ge8jQ0X.net
曜「この際ムッソリーニにでもムッツリーニにでもどっちでもいいよ」

梨子「よくないよ、世界史のテストに出る、って先生言ってたよ?」

曜「梨子ちゃんはムッツリなの。とにかくムッツリスケベのムッツ梨子ちゃんなの」

千歌「おお、ムッツ梨子ちゃん……なんか語呂がいい!」

梨子「良くないよっ、私はムッツリじゃないったら……!」
29 :名無しで叶える物語 2018/01/13(土) 22:41:44.13 9Ge8jQ0X.net
曜「ムッツリじゃないと言うなら、ちゃんと男の人の裸、直視してよー」

千歌「ほらほら、テルマエ・ロマエに集中して!」

曜「あっ、ちょうど男の人の裸のシーンだ!」

梨子「えっ、嫌だ……///」カオマッカッカ

千歌「目隠ししない!」

梨子「て、手を抑えないで、千歌ちゃん……!」

曜「目を瞑らない!」

梨子「瞼を強制的に開けないで、曜ちゃん!」
30 :名無しで叶える物語 2018/01/13(土) 22:47:09.13 9Ge8jQ0X.net
曜「ほらぁ、阿部ちゃんの胸筋綺麗だよ……?」

梨子「あわ、あわわわ……///」

千歌「ほらほら、阿部ちゃんの乳首、いい色してなぁい……?」

梨子「ち、ちく、ちく、ちかび……///」

千歌「今ちかび、って言った! チカの名前と混同してる!」

梨子「……も、もうっ、ダメ……///」ブホッ

バタンキュー

千歌「うそっ、梨子ちゃん倒れちゃった!」

曜「しかも鼻血まで出した! まるで漫画じゃん!」
31 :名無しで叶える物語 2018/01/13(土) 22:56:08.34 9Ge8jQ0X.net
梨子「」チーン

千歌「……梨子ちゃん、本気で男の人の裸ダメなんだね……」

曜「……マジで悪いことしちゃったね……今更懺悔だよ……」

千歌「とりあえず、氷のう取ってくる。めちゃくちゃ梨子ちゃんのぼせてるから、冷やしてあげないと」

曜「あ、あと大浴場からフルーツ牛乳も取ってきて。なんか飲みたくなってきた」

千歌「えー。……まぁチカも飲みたくなったから、しょうがないけど、取ってきてあげる」

曜「梨子ちゃんが起きたら飲めるように、3本持ってきてね」

千歌「ほいほい。全く人使い荒い曜ちゃんなんだから……」




梨子「」チーン

終わり
37 :名無しで叶える物語 2018/01/13(土) 23:29:33.12 gPGn2/de.net
これ読んだ感想としてはね
俺も娘に背中ながしてもらいたいだけの人生だったなって
46 :名無しで叶える物語 2018/01/14(日) 06:37:29.04 uLJeE3LD.net
良かった

梨子「は、は……ハグ、しよ……!」

1 :名無しで叶える物語 2018/01/15(月) 23:11:35.61 sXdcxqRb.net
ーーースクールアイドル部 部室



果南「そういえば、梨子ちゃん」

梨子「なんです、果南ちゃん?」

果南「私も最近ようやく、あの映画観たよ」

梨子「あの映画……?」
3 :名無しで叶える物語 2018/01/15(月) 23:15:02.55 sXdcxqRb.net
果南「そう、あの映画」

梨子「あの映画、って一体なんの映画なの……?」

果南「……なんだっけ。んーと……えっとー……」

梨子「嫌だ、果南ちゃん……。もしかして、物忘れ?」

果南「うーん……。最近さ、妙に物忘れが多くって……じいちゃんと二人暮らししてるせいかな?」

梨子「別におじいちゃんのせいでは無いと思う……」
4 :名無しで叶える物語 2018/01/15(月) 23:17:49.80 sXdcxqRb.net
果南「なんだったかなあ……もう少しで出そうなんだけど……」

梨子「何かヒントは、ないの? 果南ちゃん」

果南「ヒント、ヒント……。確か人の名前だったような……」

梨子「人の名前の映画……」

果南「そうそう。名前聞いてるタイトルの映画……」
5 :名無しで叶える物語 2018/01/15(月) 23:20:45.74 sXdcxqRb.net
梨子「んー、もしかして、それ……」

果南「おっ、もしかして梨子ちゃん、わかってくれた?」

梨子「……『君の名は。』?」

果南「……私の名前は『松浦果南』だけど……?」

梨子「……人の答えをボケて返されても困るよ……」
7 :名無しで叶える物語 2018/01/15(月) 23:25:59.19 sXdcxqRb.net
果南「あっはは、そうだったそうだった! 『君の名は。』だ! いやぁ、思い出した!」

梨子「この間、テレビで放送されてたもんね。果南ちゃん、観てたんだ」

果南「映画館で上映されてたのを見逃して、ずっとDVDも借りれず終いだったからね……。本当、今更って感じだけど」

梨子「私もこの間始めて観たので、大丈夫ですよ、今更仲間、ってやつです」フフッ

果南「それは心強いや」クスッ
9 :名無しで叶える物語 2018/01/15(月) 23:32:23.93 sXdcxqRb.net
梨子「千歌ちゃんと曜ちゃん、『君の名は。』を観て影響されたのか、次の日に『君の名は。』ごっこ、してましたよ」

果南「まあ、あの二人はなんでもテレビの影響受けちゃうからねぇ……」

梨子「『私たち、入れ替わってる!?』って言って、二人で顔を見合わせてました」クスクス

果南「……っていうかさ、あの二人が仮に入れ替わったとしても……あんまり生活に影響なさそうだよね。立場は変わってもお互い性格は似た感じだし」

梨子「……流石は幼馴染、冷静な分析だ……」
11 :名無しで叶える物語 2018/01/15(月) 23:35:07.37 sXdcxqRb.net
果南「もし、私と梨子ちゃんが入れ替わったら……どうなっちゃうんだろうね?」

梨子「私と、果南ちゃんが?」

果南「私、作曲できるかなあー……」

梨子「私も、ダイビングなんてできないよ……」

果南「……よっし、それじゃあ今からシミュレーションしてみよっか」

梨子「えっ、なんのシミュレーションなんです?」
13 :名無しで叶える物語 2018/01/15(月) 23:41:04.33 sXdcxqRb.net
果南「なんの、って……私と梨子ちゃん、もしお互いの身体が入れ替わった時のためのシミュレーションだよ」

梨子「そんなこと、早々あり得ないと思うんだけど……あれ、SF映画だから……」

果南「でも、彗星が落ちることだって実話たまにはあるんだからさ、身体が入れ替わることだって……」

梨子「彗星は落ちますけど、あんな被害をもたらすことなんてそう滅多に……って言うか、やっぱり身体が入れ替わることってあり得ない……」
14 :名無しで叶える物語 2018/01/15(月) 23:42:32.60 sXdcxqRb.net
果南「兎にも角にも、備えあれば憂いなし、ってことで」

梨子「そんな防災訓練的なノリで言われても……」

果南「みんなが来るまで、シミュレーションしよ?」

梨子「……強引だなあ……」
16 :名無しで叶える物語 2018/01/15(月) 23:48:05.40 sXdcxqRb.net
果南「私のヘアゴム、貸してあげるから……梨子ちゃんも、ヘアピンとバレッタ、貸して?」シュルッ

ファッサー

梨子(わぁ……果南ちゃん、髪の毛サラッサラだ……///)

果南「……私の髪の毛見つめて、どうしたの?」

梨子「あっ、あのえっとその……果南ちゃん髪の毛が……」アセアセ


果南「……もしかして、枝毛見つけた?」

梨子「この距離で枝毛見つけれたらすごい観察力だよ……」
17 :名無しで叶える物語 2018/01/15(月) 23:53:36.61 sXdcxqRb.net
梨子「果南ちゃん、髪の毛解いて、一体どうするの?」

果南「どうする、って……。入れ替わったシミュレーションなんだから、お互い身体が入れ替わったことを想定して、髪型も入れ替えっこするの」

梨子「あ、あー……なるほど」

梨子(……これ、なるほど、なの?)

果南「それじゃ、梨子ちゃんはポニーテールにしてね。私は梨子ちゃんの髪型、真似するから」
20 :名無しで叶える物語 2018/01/16(火) 00:00:15.93 dMvzXXio.net
ーーーそして


梨子「……こんな感じで、どうかな……?」ファサッ

果南「うん、いい感じに私っぽいね。私はどうかな?」フフッ

梨子「オッケーですっ。ふふっ……なんか、変な感じ。まるで鏡を見てるみたい」クスクス

果南「これ、ヘアピンで前髪を『ピョコン』って跳ねらせるの、難しいね……。梨子ちゃんのこだわりがわかったよ……」

梨子「確かに前髪は……梨子も、こだわってるかな? ……地味だから」

果南「こんな前髪跳ねさせてる時点で、それなりに目立ってるよ」クスクス

梨子「……それ、あんまり褒めてないでしょ」ムスッ
23 :名無しで叶える物語 2018/01/16(火) 00:05:03.13 dMvzXXio.net
果南「髪型変えたし、あとはお互いのセーラーのタイも交換して……」

スルッ

果南「……これで良し。うん、どこからどう見ても、今の梨子ちゃんは松浦果南だ」フフッ

梨子「果南ちゃんも、立派に桜内梨子になってますよ」フフッ

果南「よしっ、それじゃあシミュレーション、始めっ!」パンッ

梨子「えっ、あ、いきなり!?」
24 :名無しで叶える物語 2018/01/16(火) 00:08:48.09 dMvzXXio.net
果南「……」モジモジ

梨子(えー、いきなり黙っちゃったよ果南ちゃん……。なんて声かければいいのかな……)

梨子「えーっと、果南ち……」

果南「……今の私は梨子ちゃんだよ」ボソッ

梨子「ああっと、そうだった。……り、こちゃん? さ……作曲の方は、順調かな……?」

果南「……順調かなん?」ボソッ

梨子「そこ拘る必要あります?」
25 :名無しで叶える物語 2018/01/16(火) 00:13:09.86 dMvzXXio.net
果南「えっとぉ……作曲の方はぁ……まだ、そんなに進んでなくてぇ……」モジモジ

梨子「そ、そうなの。……早く、梨子ちゃんの作曲した新曲、聴いてみたいなぁ……」

果南「はっ……はい! が、頑張ります……っ!」モジモジ

梨子「あ、あの……ちょっと、ちょっといいですか?」

果南「な、なあに果南ちゃん……?」モジモジ

梨子「とりあえず、シミュレーション中断で」
26 :名無しで叶える物語 2018/01/16(火) 00:17:08.54 dMvzXXio.net
果南「一体どうしたの、梨子ちゃん。何か、気になるところでもあった?」

梨子「あの……果南ちゃん。私……そんなにモジモジしてますか?」

果南「……ん?」

梨子「さっきから果南ちゃん、手をモジモジしっぱなしなんだけど……」

果南「えっ、梨子ちゃんって大体こんな感じじゃない?」

梨子「えっ」
28 :名無しで叶える物語 2018/01/16(火) 00:21:24.45 dMvzXXio.net
果南「例えば、千歌が梨子ちゃんのお弁当、つまみ食いした時……」

果南「『ち、千歌ちゃんやめてよぉ、抱おかず食べないでよぉ……///』モジモジ」

果南「……こんな感じだし、曜が梨子ちゃんに抱きついた時も……」

果南「『曜ちゃん、いきなり抱きついてこないでぁ……///』モジモジ」

果南「ざっとこんな感じ」

梨子「……そこまで私モジモジしてないよぉ……///」モジモジ

果南「いいや、してる。十分してる」
31 :名無しで叶える物語 2018/01/16(火) 00:25:44.80 dMvzXXio.net
果南「あっはは。まあ、なかなか自分の癖とかって自分ではわからないからね……」クスクス

梨子(私……そこまで自覚なかったのにぃ……///)

果南「……そういえば、前によっちゃんにちょっかいかけられてた時も……」

果南「『よ、よっちゃん……! 私……///』モジモジ」

梨子(うぅぅ……もうっ!)
32 :名無しで叶える物語 2018/01/16(火) 00:29:12.98 dMvzXXio.net
梨子「り、り……梨子ちゃん!」

果南「えっ、あ、突然再開? ……なあに、果南ちゃん……」モジモジ

梨子(……果南ちゃん、悪ふざけの度がすぎてる! だから……)

梨子「は、は……ハグ、しよ……!」

果南「え、は、ハグは恥ずかしいよぉ……」モジモジ

梨子「いいからっ、ハグっ、しよ!」
33 :名無しで叶える物語 2018/01/16(火) 00:33:49.13 dMvzXXio.net
ガバッ

梨子「……!」ハグゥーッ

果南「ちょ、ちょっと、果南ちゃん、力がつよ……」

梨子「……」グスッ

果南「……泣いてるの? 梨子ちゃん……」

梨子「だって、あまりにひどいんだもん……私のこと、バカにしてる……」グスッ
34 :名無しで叶える物語 2018/01/16(火) 00:39:27.56 dMvzXXio.net
果南「……とりあえず、ハグを解こう、ね?」

梨子「……うん」
35 :名無しで叶える物語 2018/01/16(火) 00:47:35.28 dMvzXXio.net
果南「……ごめん、ちょっとふざけ過ぎた」

梨子「……」グスッ

果南「だからごめん、ってば……」

梨子「……果南ちゃんのバカ……」ボソッ

果南「うおっ、まさかの言葉……」
36 :名無しで叶える物語 2018/01/16(火) 00:52:15.52 dMvzXXio.net
梨子「……やっぱり千歌ちゃんと曜ちゃんの幼馴染だ……梨子のことからかって、楽しんでるんだ……」ボソッ

果南「……んーまあ、からかいやすい、っていうのは否定しないけど……」

梨子「……果南ちゃんのバカ……」ボソッ

果南「だから、ごめん。ごめんってば……」
39 :名無しで叶える物語 2018/01/16(火) 01:00:44.68 dMvzXXio.net
梨子「……果南ちゃんのバカ……」ボソッ

果南(んー参ったなぁ……まさかこうなっちゃうとは……)

果南「ねぇ梨子ちゃん……今度からあんまりからかったりしないから、ね?」

梨子「……あんまりじゃなくって、からかわないでください……」

果南「……ごめん、それは無理、あんまりぐらいしか約束できないよ……」

梨子「……正直だね。……それならそれでいいです……」

果南「ほっ、以外に許してれた……」
41 :名無しで叶える物語 2018/01/16(火) 01:06:09.99 dMvzXXio.net
果南「……とにかく、泣き止んでくれてよかった……」ホッ

梨子「果南ちゃん……」

果南「ん? なあに梨子ちゃん……」

梨子「……ハグ、してください……」

果南「えっ、梨子ちゃんの方から頼むの?」

梨子「……なんだか、そんな気分なんで……」
43 :名無しで叶える物語 2018/01/16(火) 01:09:53.32 dMvzXXio.net
果南「そんな気分というならば……やらないわけにもいかない、っか」

果南「……いいよ、さっきのお詫びも込めて……」

果南「ハグ、してあげる」フフッ

梨子「……果南ちゃん……!」
44 :名無しで叶える物語 2018/01/16(火) 01:15:23.76 dMvzXXio.net
ガバッ

果南「……」ハグッ

梨子「……やっぱり、果南ちゃんのハグって、優しい……」

果南「梨子ちゃんのさっきのハグは強すぎるよ。ハグはもっと、優しく包み込むようにしないと……」

梨子「……肝に命じますっ」フフッ

果南「それにしても……梨子ちゃんって、抱き心地がいいね……。なんていうか、体のラインが抱きやすい、っていうか……」

梨子「……何を言い出すんです、果南ちゃん……///」

果南「抱き枕として抱いて寝たら、いい睡眠が取れるかも」クスクス

梨子「……やっぱり、そうやってからかうんだ、果南ちゃんは……///」



終わり
46 :名無しで叶える物語 2018/01/16(火) 01:18:39.60 EqkPM4SQ.net
|c||^.- ^|| ピュアッピュアなお二人の幸せを願いますわ
48 :名無しで叶える物語 2018/01/16(火) 01:28:29.87 O3FLVcyA.net
|c||^.- ^|| 乙ですわ

曜「ごめんごめん!」千歌「もぅ!よーちゃん意地悪だよ!///」

1 :名無しで叶える物語(たこやき) 2018/01/12(金) 21:02:36 K9nCJfC8
曜・千歌22才の設定です。
同じ大学に通って、同棲してます!

甘々だったりヤンヤンだったりします。

誤字脱字、キャラ、設定崩壊しまくってるかもしれませんがご容赦下さい。
3 :名無しで叶える物語(庭) 2018/01/12(金) 21:04:26 nSvGiizS
ようちかたこやき!
6 :名無しで叶える物語(しまむら) 2018/01/12(金) 21:08:43 ueEKIMN9
アゴクイッ→ペンチで歯グイッ→鼻ボキッ→原グシャッ
7 :名無しで叶える物語(たこやき) 2018/01/12(金) 21:10:31 K9nCJfC8
曜「それは困る!」

千歌「なんで!」

千歌「よーちゃんだって朝忙しいからチカがちゃんと起きたほうがいいでしょ?」

曜「ダメダメ!千歌ちゃんには寝ぼけてもらうほうがいいんだよ!」

千歌「えぇ〜。でも・・・。」

曜「だってぇ〜♪」ジー

曜「あんなに可愛い千歌ちゃんを見られなくなるのは勿体無いなってね♪」ホッペツンツン

千歌「もう///よーちゃん意地悪!!///」

千歌「あさからチカを苛めて〜!!///」
8 :名無しで叶える物語(たこやき) 2018/01/12(金) 21:12:20 K9nCJfC8
千歌「ひどいのだ!!///」

曜「ふふふ、愛しい千歌ちゃんにはついつい意地悪しちゃうんだよ♪」

曜「この気持ちは止められないかな〜♪」

千歌「ぶー!」プンプン

曜「怒った顔も可愛いよ♪」

曜「さぁ、そろそろ朝ごはんにしようか!」ナデナデ

曜「朝ごはん冷めちゃうし、大学に遅れちゃうよ?」

千歌「わかったよ〜だ♪」
9 :名無しで叶える物語(たこやき) 2018/01/12(金) 21:14:27 K9nCJfC8
―――
――


曜「そういえば今日ゼミの飲み会があるんだ。」

千歌「え?そうなの?」

曜「本当は断りたかったんだけど、教授からたまには出ろって言われてね・・・。」

千歌「・・・、うん・・・。分かったよ・・・。」ウツムキ

曜「ほぉ〜らっ!そんな顔しないで♪」

曜「ゼミのみんな、私には千歌ちゃんがいるってこと知ってるから♪」ナデナデ
10 :名無しで叶える物語(たこやき) 2018/01/12(金) 21:16:29 K9nCJfC8
曜「なるべく早く帰ってくるから!ね?」ギュッ

千歌「あまりお酒飲まないでね?」ギュッ

千歌「よーちゃん強いけど飲むと甘えん坊さんになるんだから・・・。」

千歌「誰にでも抱きつくし・・・。」

千歌「私以外には甘えて欲しくないよ・・・。」

曜「大丈夫!千歌ちゃん以外には甘えないよ!」

千歌「ならチカに誓いを立てて・・・。」

千歌「お願い!」ウルウル

曜「うん。千歌ちゃんに誓います。」
11 :名無しで叶える物語(たこやき) 2018/01/12(金) 21:18:25 K9nCJfC8
曜「なるべく早く帰ってきて、千歌ちゃんを不安にさせないって!」

曜「だから安心してね♪」

チュッ

千歌「よーちゃん・・・。」

千歌「ありがとう!」

曜「はいはい♪」

曜「それじゃあ行こっか♪」テヲギュッ

千歌「うん!」ギュッ
12 :名無しで叶える物語(しまむら) 2018/01/12(金) 21:18:57 ueEKIMN9
夜めっちゃアヘってそう
13 :名無しで叶える物語(たこやき) 2018/01/12(金) 21:20:43 K9nCJfC8
―夜21時

千歌「・・・。」チラッ

千歌「はぁ・・・、もう21時だよ・・・。」

千歌「よーちゃん遅いな・・・。」

千歌「何かあったのかな?」

千歌「・・・。」ソワソワ

千歌「メッセージも特に来てないし・・・。」

千歌「どうしよう・・・。電話しようかな・・・。」

千歌「でも、盛り上がってるところだと悪いし・・・。」
14 :名無しで叶える物語(たこやき) 2018/01/12(金) 21:22:21 K9nCJfC8
千歌「うぅ・・・。」グスッ

千歌「よーちゃん・・・、よーちゃん・・・。」ポロポロ

♪〜〜〜

千歌「!?」バッ

千歌「もしもしよーちゃん!いまどこにいるの!?」

善子『あっ、千歌。私よ!善子。』

千歌「え?善子ちゃん?どうしたの?よーちゃんは!?」

善子『いやぁ、私の隣にいるんだけど・・・。』

善子『完全に潰れちゃっててね・・・。』
15 :名無しで叶える物語(たこやき) 2018/01/12(金) 21:24:21 K9nCJfC8
善子『私が送って帰るって言ったんだけど、千歌ちゃんが来ないと帰らないって頑張っちゃって・・・。』

善子『悪いんだけど、こっちまで迎えに来てくれない?』

善子『もう席には私と曜しかいないから安心して。』

千歌「わかったよ!すぐ行くね!」

ピッ

千歌「もう!よーちゃんったら!」パタパタ

千歌「でもよかった・・・。」

千歌「何もなくってよかったよ・・・。」

千歌「よーちゃん・・・。」グスッ
16 :名無しで叶える物語(たこやき) 2018/01/12(金) 21:26:24 K9nCJfC8
―居酒屋

ガヤガヤ

千歌「よーちゃん!」

曜「あれぇ〜?千歌ちゃんだぁ〜。」ヘラヘラ

曜「どうしたの?」

千歌「どうしたの?じゃないよ!こんなに酔っ払って・・・。」ダキシメ

千歌「朝あんなに飲みすぎたらダメだって言ったのに・・・。」ポロポロ

曜「あはは〜、ごめんね〜♪」

善子「いらっしゃい千歌。」
17 :名無しで叶える物語(たこやき) 2018/01/12(金) 21:28:16 K9nCJfC8
善子「悪かったわね。こんなところまで。」

千歌「ううん。むしろこっちこそごめん・・・。」

千歌「善子ちゃんが相手してくれなかったらと思うと・・・。」

千歌「ありがとう。連絡までしてくれて・・・。」

善子「良いのよ別に。」

善子「こういうの花丸とルビィで慣れてるから。」

善子「それより早く連れて帰ってあげたら?」

善子「このままだとこの娘誰とでもハグしそうだったわよ。」

曜「あぁ〜ひどい!それは言わない約束であります!」
18 :名無しで叶える物語(たこやき) 2018/01/12(金) 21:30:17 K9nCJfC8
曜「それにハグするのは善子ちゃんだけだよ〜♪」ガバッ

善子「はいはい、そういうのは恋人の千歌にしてあげなさい。」サッ

曜「痛いであります・・・。」グスッ

千歌「はぁ・・・、それじゃあ連れて帰るね・・・。」

千歌「お金いくら置いていけば良い?」

善子「いいわ、ここは私が出しておいてあげる。」

千歌「でも善子ちゃんに悪いよ!」

善子「いいの、私結構稼いでるから。今日くらいおごってあげるわよ。」

千歌「ええ。。。学生なのに沢山稼いでるって・・・。」
19 :名無しで叶える物語(たこやき) 2018/01/12(金) 21:32:36 K9nCJfC8
善子「いかがわしい事してないから!」

善子「ちょっとネット関係で稼いでるだけよ!」

千歌「わかったよ!ありがとう!」

善子「だたし!またこういうのに付き合ってよね!」

善子「千歌とも話ししたいんだからね!///」

千歌「ふふふ、やっぱり善子ちゃんは善い子だね♪」ナデナデ

善子「頭なでるな!」

曜「よ〜しよしよしこ!」ナデナデ

善子「変な掛け声もダメ!!!」
20 :名無しで叶える物語(もみじ饅頭) 2018/01/12(金) 21:34:38 tqOJbK8W
でもヨハネは卒業してるんだろうな
22 :名無しで叶える物語(しまむら) 2018/01/12(金) 21:35:39 ueEKIMN9
>>20
処女のことかと勘違いするからややこしい言い方するなよ
21 :名無しで叶える物語(たこやき) 2018/01/12(金) 21:34:39 K9nCJfC8
―ようちかROOM

曜「ただいま帰ってきたであります!」ケイレイッ

千歌「もう!静かにして!ご近所さんに迷惑だよ!」

曜「えへへ、ごめんごめん。」

千歌「よーちゃんそこに座って!」

曜「はぁ〜い。」

曜「あっ、その前にいい?」

千歌「だめ!先に座るの!」

曜「ちぇ・・・。」ポスン
23 :名無しで叶える物語(たこやき) 2018/01/12(金) 21:36:53 K9nCJfC8
千歌「・・・。」ポスン

千歌「・・・。よーちゃん・・・。」スリスリ

曜「千歌ちゃん?どうしたの?」

千歌「よーちゃん。チカとっても心配したんだよ?」

千歌「帰りが遅いから何かあったんじゃないかなって・・・。」

千歌「誰かにひどいことされてないのかなって・・・。」グスッ

曜「えー、そんなに心配したの?」ケラケラ

千歌「ひどい!なんで笑ってられるの!」

千歌「よーちゃん、チカがどれだけ心配したか全然わかってない!」
24 :名無しで叶える物語(たこやき) 2018/01/12(金) 21:38:39 K9nCJfC8
千歌「とっても寂しかったのに・・・。」

曜「千歌ちゃん?」

曜「私なら大丈夫なのに♪」

曜「誰が来てもこっちからぶっとばしてあげるよ!」

曜「それに善子ちゃんもいたから危ないこともないよ♪」ニコッ

千歌「っ!! もう知らない!!」

千歌「チカがこんなに心配してるのに!!」バンッ

ダンダンダン バタンッ

曜「あれぇ?千歌ちゃん?」
25 :名無しで叶える物語(たこやき) 2018/01/12(金) 21:40:25 K9nCJfC8
曜「う〜ん?どうしたのかな?」

曜「怒っちゃったのかな?」

曜「まあいっか!私も寝ようっと!」

曜「ふぁ〜、眠いや・・・。」

ガチャガチャ

曜「うん?鍵かかってる・・・。」ウーン

曜「仕方ない・・・。今日はソファーで寝るか・・・。」

曜「うぅ・・・。ちょっと寒いかも・・・。」

曜「おやすみ〜。」ゴソゴソ
26 :名無しで叶える物語(たこやき) 2018/01/12(金) 21:42:17 K9nCJfC8
―翌朝

ピピピピピ

曜「う〜ん・・・。朝?」

曜「いたっ!頭痛い・・・。」ズキズキ

曜「なんで私ソファーで寝てるんだろ?」

曜「ダメだ・・・。昨日の記憶がないや・・・。」

曜「どうやって帰ってきたんだろ?」

曜「そういえば千歌ちゃんはどこ?」

ガチャッ
27 :名無しで叶える物語(たこやき) 2018/01/12(金) 21:44:21 K9nCJfC8
曜「千歌ちゃんいる?」

曜「あれ?寝室にはいないや・・・。」

ガチャッ ガチャッ ガチャッ

曜「どこにもいない・・・。」

曜「スマホにメッセージもないし・・・。」

曜「書置きもなしか・・・。」

曜「と、とりあえず電話しないと!」

プルルルル プルルルル ガチャッ

曜「千歌ちゃん!今何処にいる・・・。」
28 :名無しで叶える物語(たこやき) 2018/01/12(金) 21:46:16 K9nCJfC8
おかけになった電話は電波の届かない・・・

曜「え?電源が落ちてる!?」

曜「嘘でしょ・・・。」

曜「どうしよう!!」

曜「探しに行かないと!でもどこに!?」

曜「千歌ちゃん・・・。」

曜「何かあったの?」

曜「どこにいるの?」

曜「どこなの・・・。」ペタン
29 :名無しで叶える物語(たこやき) 2018/01/12(金) 21:48:22 K9nCJfC8
―正午

曜「まだ何も連絡がない・・・。電話にも出ない・・・。」

曜「どうしたらいいの・・・。」

曜「そうだ!昨日一緒だった善子ちゃんなら何か知ってるかも!」

プルルルル プルルルル ガチャッ

善子『もしもし、曜どうしたの?』

曜「善子ちゃん!千歌ちゃんどこに行ったか知らない!?」

善子『もう!電話口で叫ばないで!』

善子『耳がおかしくなるでしょ!』
30 :名無しで叶える物語(たこやき) 2018/01/12(金) 21:51:04 K9nCJfC8
曜「ごめん・・・。」

善子『それで千歌がどうしたって?』

曜「今朝起きてみたら千歌ちゃんがいなくなってたの!」

曜「どこにもいないの!電話をかけても繋がらないの!」

曜「どうしよう・・・。私どうしたらいいの・・・。」

善子『・・・。あたな昨日どうやって帰ったか覚えてる?』

曜「え?」

善子『まあ覚えてないわよね。あんなに酔ってたんだから。』

曜「まさか私何かやっちゃったの?」
31 :名無しで叶える物語(たこやき) 2018/01/12(金) 21:52:36 K9nCJfC8
善子『さあ?私が知ってるのは千歌に酔っ払ったあなたを引き渡したところまでよ。』

善子『そこから先は知らないわ。』

善子『もちろん千歌の行き先なんて皆目検討もつかないわね。』

曜「そ、そんな・・・。」

善子『ふぅ・・・。あなた昨日の朝に千歌と誓い立てたそうね?』

曜「・・・。」

善子『そんなことすら覚えてないのかしら?』

曜「覚えてます・・・。」

善子『あなたそれを守ったの?』
32 :名無しで叶える物語(たこやき) 2018/01/12(金) 21:54:24 K9nCJfC8
曜「守ってません・・・。」

善子『なら自業自得ね。愛想つかされても仕方ないんじゃない?』

曜「ふぇ・・・。」ウルウル

善子『自分がやったことを反省しながら待つしかないんじゃない?』

善子『闇雲に探してもすれ違いになるだけだから、そこでじっとしておきなさい。』

善子『そして待つほうの辛さを身をもって味わえばいいわ。』

曜「善子ちゃん・・・。」

善子『安心して何かあったら教えてあげるから。』

曜「ありがとう・・・。」
33 :名無しで叶える物語(たこやき) 2018/01/12(金) 21:56:26 K9nCJfC8
善子『ま、まあたまにはこの私を頼ってもいいのよ!』

善子『あなたは私の大切な人なんだから!///』

曜「うん・・・、っグス」

善子『それじゃあ切るわね。気を落とさないで!』

ガチャッ

曜「待つしかないのか・・・。」

曜「千歌ちゃん・・・。」ポロポロ

曜「早く帰ってきて・・・。」ポロポロ

曜「ごめんなさい・・・。」ポロポロ
34 :名無しで叶える物語(たこやき) 2018/01/12(金) 21:58:19 K9nCJfC8
―夕方

曜「もう夕方・・・。」

曜「千歌ちゃん・・・。」ウツブセ

曜「嫌われちゃったのかな・・・。」ポロポロ

曜「もう帰ってきてくれないのかな・・・。」ポロポロ

曜「嫌だよ・・・。千歌ちゃん・・・。」ポロポロ

曜「ごめんなさい・・・。」ポロポロ

曜「私が悪かったよ・・・。」ポロポロ

曜「帰ってきて・・・。」ポロポロ
35 :名無しで叶える物語(もんじゃ) 2018/01/12(金) 21:59:39 t2KoZNCo
善子ちゃんいい子すぎる
36 :名無しで叶える物語(たこやき) 2018/01/12(金) 22:00:18 K9nCJfC8
―0時

曜「0時になっちゃった・・・。」

曜「帰ってこないよ・・・。」

曜「・・・。」

〜〜〜♪

曜「っ!? 千歌ちゃん!?」

曜「じゃなかった・・・。善子ちゃん・・・。」

ピッ

曜「もしもし。」
37 :名無しで叶える物語(たこやき) 2018/01/12(金) 22:02:27 K9nCJfC8
善子『曜?その声だとまだ返ってきてないみたいね。』

曜「うん・・・。帰ってきてないよ・・・。」

曜「帰ってきて・・・。お願い・・・。」

曜「お願い・・・。」

曜「いつも千歌ちゃんがこんな想いしてるなんて思ってなかった・・・。」

曜「もうしないよ・・・。」

曜「ごめんなさい・・・。ごめん・・・。」

善子『ふぅ・・・。本当に反省してるようね。』

曜「ぐすっ、うん・・・。」

善子『どうする千歌?曜のこと許してあげる?』
38 :名無しで叶える物語(たこやき) 2018/01/12(金) 22:04:24 K9nCJfC8
曜「え?」

千歌『よーちゃん・・・。』

善子『本当にあなたたち面倒ね!』

善子『曜!さっさと玄関開けなさい!』

曜「!?」ダダダダッ

ガチャッ

千歌「・・・。」

曜「千歌ちゃん!」

千歌「・・・、よーちゃん・・・。」
39 :名無しで叶える物語(たこやき) 2018/01/12(金) 22:06:25 K9nCJfC8
曜「ごめん!ごめんなさい!」ダキッ

千歌「・・・、うん。」

千歌「チカこそごめん・・・。」ギュッ

善子「ここじゃ近所迷惑よ。さっさと中に入りなさい。」

善子「それと私は帰るから、後は2人で解決しなさいよ!」

千歌「善子ちゃん今から1人で帰れるの?」

善子「大丈夫よ。」

善子「車で来てるから安全だし。」

善子「私のことを誰だと思ってるの?」
40 :名無しで叶える物語(たこやき) 2018/01/12(金) 22:08:29 K9nCJfC8
曜「善い子の善子ちゃん♪」ナデナデ

善子「くっ、善い子っていうなぁ〜///」

千歌「善子ちゃんありがとね。」

曜「ありがとう。」

善子「いいわよ。今度ここに遊びに来るから。」

善子「盛大にもてなしなさい!」

善子「それでチャラにしてあげる!」

千歌「うん!」

曜「必ず招待するよ!」

善子「フフフ、それじゃあね♪」
44 :名無しで叶える物語(たこやき) 2018/01/12(金) 22:13:37 K9nCJfC8
曜「だね。善い子過ぎるよね。」

千歌「だからチカも、ううん。私も変わるね!」

曜「千歌ちゃん?」

千歌「もう迷わない!」

千歌「よーちゃんに守られてばかりじゃなくって、今日からは私もよーちゃんのこと支えてあげる♪」

千歌「だからよーちゃんも・・・。ね?」

曜「・・・。そうだね。」

曜「千歌ちゃん。いや、千歌!」

曜「私も千歌の想いを疑わない!信じる!」
45 :名無しで叶える物語(たこやき) 2018/01/12(金) 22:14:37 K9nCJfC8
曜「だから千歌の全てを私に捧げてほしい。」

曜「私の全てを千歌に捧げるから・・・。」

千歌「はいっ。お願いします。よーちゃん♪」

曜「はぁ〜。なんだか久々にあんな気持ちになったよ。」

曜「すっかり卒業したと思ったのにな〜。」

千歌「ふふふ、昔からよーちゃんは自分で抱え込む性格だからね。」ナデナデ

千歌「イケメンのしっかりものよーちゃんもいいけど、たまには甘えてね?」

曜「うん!今度からはい〜っぱい甘えることにするよ〜♪」

千歌「うん!」

曜「えへへ〜、やっぱり千歌が一番だよ〜♪」スリスリ
46 :名無しで叶える物語(たこやき) 2018/01/12(金) 22:15:39 K9nCJfC8
千歌「あっ///」

千歌「あの・・・/// それでね?/// せっかく仲直りしたから・・・、ね?///」

千歌「ええっと///」

曜「どうしたの千歌? 顔が真っ赤だよ?」

千歌「その・・・/// 善子ちゃんに言われてちょっと思い出したんだけど・・・。///」

千歌「決してけしかけられたというわじゃなくて・・・///」

千歌「私たちってまだシたことないじゃない?///」

曜「うん?したことがない?」

曜「何を?」クビカシゲ
47 :名無しで叶える物語(しまむら) 2018/01/12(金) 22:16:16 ueEKIMN9
天然痘
48 :名無しで叶える物語(たこやき) 2018/01/12(金) 22:17:25 K9nCJfC8
千歌「・・・///、エッチダヨ・・・///」カオマッカ

曜「・・・? ・・・えええええええ!///」

曜「い、いや!/// うぇ!?///」

千歌「よーちゃんいくらなんでも動揺しすぎじゃないかな?」ジー

曜「でででで、でも!///そんな・・・/// エッチダナンテ・・・///」ゴニョゴニョ

千歌「もう!私たちも大人なんだし!もう4年も同棲してるんだよ!」

千歌「そろそろシたっていいじゃん!」プンプン

千歌「善子ちゃんにも毎日ヤってるもんだと思ってたわ・・・。って呆れられたんだよ!」

千歌「なんか悔しいじゃん!」
49 :名無しで叶える物語(たこやき) 2018/01/12(金) 22:18:06 K9nCJfC8
曜「確かにそうだろうけど・・・。」

曜「で、でも///」

曜「ハズカシイヨーソロー///」ボソボソ

千歌「それとも私ってそんなに魅力ないかな?」

千歌「よーちゃんに襲ってもらえないほど魅力ないのかな?」

千歌「うぅ・・・。」

千歌「やっぱり普通星人の私なんて・・・。」イジイジ

曜「そんなことない!千歌は魅力だらけだよ!」ガシッ

千歌「よ、よーちゃん!?」
50 :名無しで叶える物語(たこやき) 2018/01/12(金) 22:19:46 K9nCJfC8
曜「そのさらさらな髪の毛も!」サワサワ

千歌「よーちゃん・・・///」

曜「この大きな目も!」ジー

千歌「うぅ・・・///」メソラシ

曜「このモチモチなほっぺも!」ナデナデ

千歌「もぅ・・・///」

曜「この綺麗な鎖骨も!」チュッ

千歌「きゃっ・・・///」

曜「この綺麗な腕も!」アマガミ

千歌「ふぇ・・・///」
51 :名無しで叶える物語(たこやき) 2018/01/12(金) 22:21:36 K9nCJfC8
曜「このしなやかな指も!」パクッ

千歌「いやぁ・・・///」

曜「このくびれた腰も!」ギュッ

千歌「やだぁ・・・///」

曜「このムチムチな太ももも!」サワサワナデナデ

千歌「ちょっとっ!/// なでないで!///」

曜「この大きく実ったおっぱいも!」モミモミ

千歌「やんっ!/// だ、だめだよぉ〜///」

曜「そ・し・て!このプルプルな唇も!」クチビルナデナデ

曜「身体の隅々までぜぇ〜んぶ魅力的だよ!」フンスッ
52 :名無しで叶える物語(しまむら) 2018/01/12(金) 22:22:31 ueEKIMN9
しゅごい
53 :名無しで叶える物語(たこやき) 2018/01/12(金) 22:23:03 K9nCJfC8
千歌「だったら!/// 私のこと全部愛して♪///」ウルウル

千歌「よーちゃんの愛で私の身体を満たして欲しいな♪///」ウデヒロゲ

曜「・・・。」ブチン

千歌「よーちゃん?///どうかな?///」ウワメヅカイ

曜「ふふふ、もう知らないよ?」ニヤァ

千歌「ふぇ?よーちゃん?」

曜「千歌が悪いんだからね!」オヒメサマダッコ

千歌「きゃっ///よーちゃん///」

曜「今までずっと、ずぅ〜っと我慢してたんだからね!」
54 :名無しで叶える物語(たこやき) 2018/01/12(金) 22:24:15 K9nCJfC8
曜「同じベットで寝て!横からいい匂いもするし。」プルプル

曜「抱きついてくるし、色々やわらかいものもあたって・・・。」プルプル

曜「無自覚にもほどがあるよ・・・。」プルプル

曜「私がどれだけ我慢してたか・・・。」プルプル

千歌「うん///もう我慢しないで///」

千歌「私のこと好きにしていいからね♪///」ホホナデナデ

曜「わかった。もう我慢しない!」

曜「千歌が止めてって言っても止めないから!」

曜「私の好きにさせてもらう!」
55 :名無しで叶える物語(たこやき) 2018/01/12(金) 22:24:49 K9nCJfC8
曜「ふふふ、今夜はぜぇ〜ったいに寝かさないよ♪」

曜「覚悟してね?千歌♪」ミミモトササヤキ

千歌「は、はいっ・・・///」

曜「それじゃあベッドに行こうか。」チュッ

千歌「うん♪///」

曜「たぁ〜っぷり可愛がってあげるよ♪」

千歌「よーちゃん♪/// 好きだよ♪///」

ガチャッ バタン

―Fin
56 :名無しで叶える物語(たこやき) 2018/01/12(金) 22:25:47 K9nCJfC8
はい!
ようちかの喧嘩の様子を書いてみました
ご覧いただきありがとうございました

エロは無理です、諦めてください
57 :名無しで叶える物語(たこやき) 2018/01/12(金) 22:26:37 K9nCJfC8
過去作も宜しければご覧ください。

千歌「新年!」曜「明けまして!」千歌・曜『おめでとうございます!』
https://fate.5ch.net/test/read.cgi/lovelive/1514730069/

曜「初詣に行こう!」千歌「お外寒いよぉ〜。」
https://fate.5ch.net/test/read.cgi/lovelive/1514795302/

曜「え!?ここどこ!?」 千歌(大人)「よーちゃん?どうしたの?」
https://fate.5ch.net/test/read.cgi/lovelive/1514900430/

千歌「よーちゃんが大人に!?」 曜(大人)「ふふふ、可愛いね千歌♪」
https://fate.5ch.net/test/read.cgi/lovelive/1514986849

曜「千歌ちゃん!?どうしてここに!?」千歌「・・・。」
https://fate.5ch.net/test/read.cgi/lovelive/1515072014

千歌「もう耐えられないよ・・・。」曜「いいよ千歌ちゃん・・・。」
https://fate.5ch.net/test/read.cgi/lovelive/1515230038/
58 :名無しで叶える物語(きしめん だぎゃー) 2018/01/12(金) 22:30:21 mpOXA9+K
あああああああ良い!
59 :名無しで叶える物語(しうまい) 2018/01/12(金) 22:36:43 WYQ2JXNv
おつおつ
こうして初夢が正夢になるわけですね。すばら
61 :名無しで叶える物語(茸) 2018/01/12(金) 23:20:45 /P+0jWZy
王道を征くようちかssいいですね
できれば次は千歌ちゃんに抱っこされてしまうような手弱女曜ちゃんを見てみたいものです
お疲れ様です
63 :名無しで叶える物語(たこやき) 2018/01/13(土) 10:54:48 wuCinhEl
>>61
たまにはイケメン千歌もいいですね
挑戦してみたいです

>>62
善子については後日談でちょっとだけ出てきます
あまり大きな複線ではないんですけど・・・
62 :名無しで叶える物語(もんじゃ) 2018/01/13(土) 08:29:22 Us9yPnoC
恐る恐る読んだらいつもの砂糖入りたこやきで安心
しかし善子ちゃんがどうも気になりますねぇ……

聖良「幼稚園まで哺乳瓶を手放さなかったそうですね?」善子「なっ…」

1 :名無しで叶える物語 2018/01/15(月) 13:59:30.73 BrcoOeVa.net
善子「な、なんで知ってるのよ!?」

聖良「それはともかく、これを見てください」おっぱいポロン

善子「うわっ…///」

聖良「ふふふ、吸ってみたいんですよね?」

善子「そ、そんな、こと…」ジーッ

聖良「私のお願いを聞いてくれたら、吸わせてあげますよ?」

善子「…何が望みなの?」

聖良「簡単なことですよ…ふふふ」
4 :名無しで叶える物語 2018/01/15(月) 14:02:23.30 BrcoOeVa.net
聖良「これがかの有名な芥川龍之介が書いた蜘蛛の糸の手書きの原稿ですよ」ヒラヒラ

花丸「ずらぁ…歴史的価値ある逸品ずら〜」

聖良「よろしければ差し上げましょうか?」

花丸「い、いいんですかずら?」

聖良「ええ、その代わりお願いがあるのですが…」
5 :名無しで叶える物語 2018/01/15(月) 14:04:30.35 BrcoOeVa.net
聖良「見てください、これが北海道のご当地限定のお菓子ですよ」

ルビィ「わぁ〜美味しそう〜」キラキラ

聖良「好きなだけ食べてもいいんですよ」

ルビィ「ほ、本当ですか?わーい!」

聖良「その代わり、お願いがあるんですよ…」

ルビィ「お願い?」
8 :名無しで叶える物語 2018/01/15(月) 14:05:55.75 /pGcIYy9.net
ルビィちゃんだけ安く釣られててわろた
10 :名無しで叶える物語 2018/01/15(月) 14:07:44.30 BrcoOeVa.net
1ヶ月後

理亞「みなさん初めまして、私たちは…」

理亞・善子・花丸・ルビィ「セイントスノーアクアです!」

千歌「こ、これどういうことなの?」

曜「最近姿を見ないと思ったら、こんなことになってるなんて…」

梨子「許せないわ!私たちを裏切ってしかも、理亞ちゃんと新しいグループを結成してるだなんて…」

千歌「梨子ちゃん…」

梨子「私、今から函館に行ってくるわ!」

曜「今から!?」

梨子「ええ!ルビィちゃんと花丸ちゃんもあの堕天使を引きずってでも連れて帰ってくるわ!」
12 :名無しで叶える物語 2018/01/15(月) 14:10:24.65 BrcoOeVa.net
1週間後

梨子「こんにちはみなさん、新しく加入した桜内梨子です、作曲担当として頑張りますので、応援よろしくお願いしますハート❤」

曜「….」

千歌「…」

曜「ミイラ取りがミイラになっちゃったね…」

千歌「つ、ついに2人だけになっちゃった…どうしよ…」

曜「私が行ってくるよ….」

千歌「だ、ダメだよ!曜ちゃんまでいなくなったら私…」ギュッ
13 :名無しで叶える物語 2018/01/15(月) 14:13:08.29 BrcoOeVa.net
曜「心配しないで、私なら大丈夫、それに千歌ちゃんは最後の希望なんだから、信じてここで待っていてね」

千歌「よーちゃん…」ウルウル

曜「今度帰って来るときはみんなも一緒だから、そしたらまたみんなでAqoursを始めようね」

千歌「うん…」

曜「そ、それで、あ、あのね、千歌ちゃん…実は私…ずっと前から千歌ちゃんのことが…///」

千歌「?」

曜「ううん、何でもない、帰ってきたら言うことにするね、えへへ」
19 :名無しで叶える物語 2018/01/15(月) 14:22:18.61 BrcoOeVa.net
2週間後

千歌「よーちゃん遅いなぁ…まだ帰ってこないのかな…」

美渡「千歌、お前宛に荷物が届いてるぞ」

千歌「荷物?」

ガサガサ

千歌「なんだろ、DVDが入ってる…高海千歌さんへ?」

曜「ち、千歌ちゃん、久しぶり….ご、ごめんね、梨子ちゃんたちを連れ戻しにくるはずだったけど、私はもうAqoursを脱退して函館に
住むことにしたから、もう私のことは放っておいてね….電話も着信拒否にしたしLineのトーク履歴も全部消したから、もう連絡してこないでね…❤」

聖良「久しぶりですね高海さん、そう言うわけですので、これからはみなさんにはセイントスノーアクアとして活動してもらいますから」

理亞「やっぱり姉様はすごいわ!新しくメンバーを集まるのに苦心していたら、Aqoursからメンバーを引き抜いてくれるなんて!」

聖良「ふふふ、可愛い妹のためですもの、当たり前じゃないの」ナデナデ

理亞「あ、でも高海千歌、あなたはいらないわ、これからは1人で活動頑張ってね」
23 :名無しで叶える物語 2018/01/15(月) 14:24:32.39 BrcoOeVa.net
千歌「み、みんな…どうして…」

しいたけ「クゥーン…」

千歌「しいたけ….私ね、1人ぼっちになっちゃった…」

千歌「ぐすっ…梨子ちゃん、よーちゃん…」ポロポロ

しいたけ「…」
24 :名無しで叶える物語 2018/01/15(月) 14:24:39.40 y8nizly1.net
どういう事なのだ
26 :名無しで叶える物語 2018/01/15(月) 14:33:17.60 BrcoOeVa.net
理亞「さあ、今日からセイントスノーアクアは本格的に活動するわよ!」

梨子(ああ…ごめんなさい千歌ちゃん、でも聖良さんが幻の月刊壁ドンの創刊号をくれるっていうから仕方なかったのよ…)

曜(ごめんね千歌ちゃん…だって聖良さんのパイズリがあまりにも気持ち良かったから…///)

女子生徒「あの、鹿角さん?」

理亞「何?」

女子生徒「入部希望者の人たちが来ているみたいなんだけど…3人、校舎の裏で待ってるって言ってたわ」

理亞「入部希望者?けど、もう人数は足りてるのよね…会って適当に追い返せばいいか…」

校舎裏

理亞「お待たせ、悪いけど、もう人数はいっぱいで…」



      _____      ,,´⌒⌒⌒⌒-ゝ k
    ./"       ゛ヽ    8" ̄ ̄ ̄ ̄゛ヽ/○ゝ    _____▽⌒ヾ
   /_,_,_,_☆,_,_,_,_,_,_,_,_,ヽ  8          ゝ_ノ.  ./:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.△:.:.:.ヽ
   /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ /  ´     `   ヽ   ./:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.ヽ:.:.:.:j
   l::::::::l::::::l_/l__l_l/l_l_llヽ:::ヽl  l__ノ`ヽゝ´``ヽ ヽ l  /:.:__ノ"ノリヾ:.:j:.:.:j:.:.:.:l、:.:.j
   ヽ:::::l>l ∧   ∧ 'ヽ/l.l ノ ∧   ∧ `i l ゝ l:.:l∧  ∧`j:.:.:l:.:.:.:.j l:.:.:.:j
.   l:::/l:::::l""" ロ ""  l:/)ヽl  ヽ人ノ   ノ /ヽ/  ヽl  ワ   l:.:.:lヽ:./ j:.:.:.:.j
   l:::ヽl:::::l,,___・________ノl:l ((ヽヽ_____________ノ .ノ_/`ゝ  j、______ノl:.::l_/ノ /:.:.:./
   l:::/ l:::/ .lヽ____/ /:/、 `ヽゝゝl、_____/ノ ノ ヽゝ)  /llヽ___ノ /:./ヽ!:.:.:.:.j     
    (  ''ヽヽくioi>    ヽ /  く`ioi´>(_/     )  / .`l>0<l   `ヽ:.:j
31 :名無しで叶える物語 2018/01/15(月) 14:38:50.20 BrcoOeVa.net
理亞「あ、あなたたち!?一体どうして…」

ダイヤ「それはこっちのセリフですわ」

果南「まったく、相変わらず手間がかかるねー」

鞠莉「でも、手間がかかる子供ほど可愛いって言うじゃない❤」

理亞「く、黒澤ダイヤは東京のF欄大学に…松浦果南と小原鞠莉は海外に行ってるはずなのに…」

ダイヤ「呼ばれたのですわ」

理亞「くっ….高海千歌の仕業ね!」

ダイヤ「違いますわ、しいたけさんに呼ばれたのですわ」

理亞「な、なんですって?」

ダイヤ「つい先日、汚れて傷付いたしいたけさんが私の通ってる大学に姿を現したのですわ、これはただ事ではないと思い、千歌さんに連絡をしてみれば…」

果南「それで、ダイヤ経由で私たちにも伝わったってワケ」
33 :名無しで叶える物語 2018/01/15(月) 14:43:08.80 BrcoOeVa.net
鞠莉「さーて、トークタイムはもう終わりよ」

果南「時間が無いから手短にいくよ〜」ボキッベキっ

曜「か、果南ちゃん….なんだか行く前と比べて体が逞しく成長してるね?」ブルブル

果南「まあね、向こうじゃ日常的にセクハラしてくる馬鹿な男を蹴散らすために鍛えたんだ」

ルビィ「お、おねいちゃあ…」ガクガク

ダイヤ「まったく、いけない子ですわねルビィ、ついでに花丸さんと善子さん?」

花丸「ず、ずらぁ…おらは善子ちゃんに脅されて仕方なく…」

善子「あ、あんた1人だけ裏切るつもり!?」

ダイヤ「連帯責任ですわ!」
34 :名無しで叶える物語 2018/01/15(月) 14:47:35.07 BrcoOeVa.net
理亞「ね、姉様助けて!」

ダイヤ「聖良さんなら来ませんわよ」

理亞「!?姉様に何をしたの!」

果南「今ごろしいたけと遊んでるんじゃないの?」

理亞「そ、そんな…姉様が犬如きに遅れを取るなんて…」

ダイヤ「しいたけさんはああ見えてテクニシャンですのよ、口の中でサクランボのヘタを蝶々結びにしてしまうほどにね」ニコニコ

理亞「ひぃっ!嫌!来ないでケダモノ!ルビィ助けなさい!!」

鞠莉「ふふふ、大丈夫、痛いのは最初だけよ〜」
36 :名無しで叶える物語 2018/01/15(月) 14:55:33.35 BrcoOeVa.net
    .r''´ ̄`ヽ   ☆ ぽかぽか
     .l 、f!!!i_i!!」 /
  (( |c1^.-^ノ|つ   ☆ ぽかぽか
    |ヽ'}}◇n'´ ̄`h、/
    <_つ_i_(( ミ i彡))
     (ノJ∩ノp从从(   
     (_λ___ノ


                    ┼ヽ  -|r‐、. レ |
                    d⌒) ./| _ノ  __ノ
40 :名無しで叶える物語 2018/01/15(月) 14:59:50.26 Uob9NgSI.net
名犬しいたけの物語
42 :名無しで叶える物語 2018/01/15(月) 15:03:49.33 JJY8nrD0.net
ダイヤさんが可愛いだけの話だった
49 :名無しで叶える物語 2018/01/15(月) 17:45:13.81 vtuTf/Nh.net
ぽかぽか好き

千歌「よーちゃんっ、おはよ!朝一番のハグだーっ♪」ギュッ 曜「千歌ちゃん!あ、あわわわ……」

1 :名無しで叶える物語 2018/01/13(土) 10:58:38.99 Mxhz2A1c.net
千歌(えへへ……今日も照れてる♪かわいいなぁ、こいつぅ///)

曜(最近の千歌ちゃんすぐレズみたいなことしてくる……女子校に毒されたのかな……)
7 :名無しで叶える物語 2018/01/13(土) 11:10:22.35 Mxhz2A1c.net
梨子「おはよう、二人とも」

千歌「梨子ちゃんおはよ!」

曜「おはヨーソロー!」

梨子「朝からすっごく仲良しだね。まるでカップルみたい」クスッ

千歌「えーそーかなー?(謙遜)」

曜「えーそうかな……(否定)」

梨子「カップルらしく手つないで学校行っちゃうなんてどうかな?」

千歌「えー!えー!そんなの恥ずかしいよぉ……ね、曜ちゃんもそうだよね?」ウワメヅカイー

曜(千歌ちゃんに変なこと吹き込んでるのはこいつかぁ……)
11 :名無しで叶える物語 2018/01/13(土) 11:13:55.21 rkmQOimJ.net
じわじわとレズを増やす魔女桜内
14 :名無しで叶える物語 2018/01/13(土) 11:20:40.75 NNWUGp+V.net
千歌ちゃんのウワメヅカイーが効かないなんて大したノンケだ
16 :名無しで叶える物語 2018/01/13(土) 11:24:02.77 Mxhz2A1c.net
千歌「お手々つないで学校なんて小学校以来だね……///」

曜「え、あれ、いつの間にかする流れになってる?」

梨子「ひゅーひゅー!こっちまで暑くなってきちゃうよ///」

曜(この転校生っ…!)

千歌「もーやめてよー///」

曜「とか言いながら手袋脱がそうとしてくる!?」

千歌「えへへっ。こうするとあったかいね!」ギュッ

曜「う、うん……手袋脱がされたからちょっと寒いけどね……」

千歌「小学校の時も曜ちゃんの手あったかかったなぁ……///」

曜「回想に入っちゃうんだね……」

梨子「恋人つなぎにした方がいいんじゃない?」

曜(余計なこと言うな!)
20 :名無しで叶える物語 2018/01/13(土) 11:36:58.55 Mxhz2A1c.net
曜「ごめんね、私汗っかきだから指の間ぬるぬるしちゃってなんかアレだよね」

千歌「ううん!私は気にならないよーっ♪」ギュッギュッ

曜「私は気になるけどなら良かった私は気になるけど」

千歌「あ、バス来たね!」

梨子「ちょうど一番うしろが空いてるから私がそこに座るのでひとつ前の2人席に2人が座ればいいわね」

曜「何がちょうどだったの?梨子ちゃんだけハブにしてるみたいで心苦しいよ!」

千歌「じゃあ曜ちゃんが窓側だね!座ろーっ」

曜「何がじゃあだったの!?」

千歌「いやぁ夫婦だなんてそんなぁ……ただの幼馴染ですよーっ///」

曜「他の乗客に話しかけてるーっ!?何をアピールしてるの???」

梨子「もう。曜ちゃんたら照れ屋さんなんだから」クスッ
26 :名無しで叶える物語 2018/01/13(土) 11:54:47.59 Mxhz2A1c.net
曜(なんか外堀埋めに来てるし……千歌ちゃんが悪い意味で賢くなってきてて幼馴染として怖いよ)

千歌「学校ついたよ!」

梨子「結局バスの中でもずっと手つないでたね」ニコニコ

曜(離してくれないんだもん)

千歌「よーちゃんは恥ずかしくてイヤだった……?」チラー

曜「そっ、そんな事ないよ!」

千歌「えへ。よかった!」ニコッ

曜(あぁダメだ……もう私の力じゃこの勢いと満面の笑みを止めることはできない……)


???「ぶっぶーですわぁぁぁ!!」
27 :名無しで叶える物語 2018/01/13(土) 12:04:05.93 Mxhz2A1c.net
曜(よし!)

ダイヤ「あなた方!神聖なる学び舎でお手手つないでイチャコラなんて許されませんわよぉ〜!」

曜(待ってたよダイヤさん!鬼の生徒会長!内浦の支配者黒澤家!)

千歌「イチャコラなんてそんなぁ……///」

梨子「ワードセンスがちょっと古いんですね……」

曜「あ、ほらダイヤさん怒ってるしそろそろやめよっか」パッ

千歌「あ……」

曜「え」

千歌「……うんっ!ごめんね、チカまたやり過ぎちゃったのだ♪」

曜(……そんな──)

曜(そんな悲しそうな笑顔見ちゃったら……私は……)


ギュッ
28 :名無しで叶える物語 2018/01/13(土) 12:07:09.39 Ebr5PZtx.net
ノンケの皮を被ったレズやろこれ
29 :名無しで叶える物語 2018/01/13(土) 12:08:25.00 wOL3TijY.net
この展開めっちゃすき
33 :名無しで叶える物語 2018/01/13(土) 12:14:04.70 Mxhz2A1c.net
千歌「え、え?えぇぇ……!?///」

曜「腕組むなとは言われてなかったでしょ♪ほらいこっ!」

曜(昔から千歌ちゃんのあの顔には弱いんだよなぁ……私もしっかりバカ曜だなぁ、ふふっ)

千歌「曜ちゃん……うんっ!ありがとっ」ギューッ

ダイヤ「曜さん……あ・な・た・という人はぁぁぁ……」ゴゴゴゴゴ

曜「あ、あはは……お説教はまた放課後にでも……」

ダイヤ「……もう。イチャコラするのは部活の時になさいな」

曜「は?」
36 :名無しで叶える物語 2018/01/13(土) 12:23:03.37 Mxhz2A1c.net
ダイヤ「そういう事はもっと秘めやかになさいと言っているのです……///」

曜「そこは止める流れだろコレぇー!!!」

梨子「なら今日はユニット練習だね♪」クスッ

曜「ちょっと!」

ダイヤ「ルビィも気を遣ってあげなさいね」

ルビィ「がんばる」

曜「ちょ」

千歌「曜ちゃんの腕あったかい♡」

曜「私はなんだか寒気がしてきたよ……」


おわり
38 :名無しで叶える物語 2018/01/13(土) 12:24:25.07 9Xny6bwE.net
潜在レズとは新しい
40 :名無しで叶える物語 2018/01/13(土) 12:27:42.95 jZiuoN4Z.net
この後ずるずると同棲まで行くんだよね
42 :名無しで叶える物語 2018/01/13(土) 12:31:54.12 Mxhz2A1c.net
また思いついたら続くということで……ノンケ曜ちゃんと攻めっちの組み合わせが好きなんですがうまくやりきれなかった
43 :名無しで叶える物語 2018/01/13(土) 12:34:29.59 KcGP2olB.net
攻めっちもっと流行れ
46 :名無しで叶える物語 2018/01/13(土) 14:26:16.41 Us9yPnoC.net
梨子ちゃんいいキャラしてて好き

善子「焼き鳥屋・宜候」

1 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/01/11(木) 18:27:46.81 vmkOOz0w0
『開店前』




善子「曜はこの辺って言ってたわよね……あ、あった」


善子「『焼き鳥屋・宜候』……なんていうか、そのまんまね…」


善子「まあ、入ってみましょうか」


SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1515662866
2 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/01/11(木) 18:31:24.34 vmkOOz0w0

善子「…知り合いの店ってなんて言って入ればいいのかしら」


善子「…ご、ごめんください?」ガララ




曜「あ!ようこそ善子ちゃん」

善子「久しぶりね、曜」

曜「来てくれてありがとう!どう?最近」

善子「まあ、ぼちぼちね」

曜「じゃーん!曜ちゃんは店の店長になりました!」

善子「ホントに開いたのね…ビックリだわ…」

曜「どう?どう?この店?」

善子「……いい店だと思うわ、なんだか懐かしい感じ」

曜「やったー!嬉しい!」




曜「…本音を言うと?」

善子「滅茶苦茶狭い」
3 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/01/11(木) 18:32:22.79 vmkOOz0w0

曜「だよね〜カウンター五席だもん」

善子「大丈夫?店として成立してるのこれ?」

曜「そこまで言う…?大丈夫大丈夫、ちゃんとやってるよ」

善子「客はどれくらい来てるの?」

曜「善子ちゃんが初めてのお客さんだよ」

善子「だめだ、この店潰れる」
4 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/01/11(木) 18:33:04.04 vmkOOz0w0
曜「だって今日から開店なんだもん」

善子「あ、そうなの?」

曜「そうだよ!だからちゃんと日付指定して来てもらったんだ」

善子「なるほどね…」


曜「取り敢えず座ってよ、なんか焼くからさ」

善子「分かったわ……よいしょ…」ギシギシッ

曜「ごめんね、ちょっと椅子がボロくて」

善子「大丈夫、大丈夫……これはこれで木の本来の音を感じられて良いわ」

曜「変に褒めようとして訳分からなくなってるよね」
5 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/01/11(木) 18:33:42.04 vmkOOz0w0

曜「……」ジュ-ジュ-

善子「……本当に焼き鳥焼くのね…」

曜「嘘だと思った?」

善子「いや…なんていうか突拍子もなさすぎて」

曜「まあ誰にも言ってなかったし…普通そうだよね」

善子「勉強とかしたの?」

曜「二年とちょっと焼き鳥屋さんでアルバイトやってた、その間に色々ね」

善子「ふーん……」

曜「他にもなんか聞きたいことある?」

善子「ねじり鉢巻が異様に似合ってる」

曜「ありがと」
6 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/01/11(木) 18:34:27.52 vmkOOz0w0

善子「なんで急に焼き鳥?」

曜「…私、学生の頃航海士なるって言ってたじゃん」

善子「ええ、よく言ってたわね」

曜「うん、夢だった。小さな頃からの大切な思い出だから」

曜「でもね、色々あって無理だったんだ」

善子「……」

曜「女だから、とか色々あったけど…結局は気力の問題だったんだと思う」
7 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/01/11(木) 18:35:19.98 vmkOOz0w0

曜「あはは…この話はやめよっか、お肉が美味しくなくなっちゃう」

善子「…ええ」

曜「まあ、なんやかんやあって…こうして曜ちゃんはスーパー店長になったのです!」

善子「ふふっ…なによそれ」

曜「はい、焼けたよ!まずはオーソドックスにももとねぎまとかわ、タレね」


善子「結構お肉大きいわね…頂きます」

善子「……」モグモグ

曜「どう…?」





善子「うん、普通においしい」

曜「普通て」
8 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/01/11(木) 18:36:38.51 vmkOOz0w0

善子「いや、ごめんごめん…でも美味しいわよ」

曜「良かった…今まで味見はして来たけど人の感想を聞くのは初めてだから…嬉しい!」

善子「いや、本当に美味しいわよ肉厚だし…炭火のいい香りもするし」

曜「炭火で焼いたお肉って美味しいよね〜…我慢出来なくなって来た…私も焼いて食べよ」

善子「ちょっと…それ在庫じゃないの?」

曜「いいのいいの!それよりお酒もあるよ?善子ちゃんもビール飲む?」

善子「あ…頂くわ」

曜「はいよ〜〜」

善子「………待って、善子ちゃん『も』って何」
9 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/01/11(木) 18:37:14.81 vmkOOz0w0

曜「まあまあ」

善子「まあまあじゃないわよ」

善子「待って、店員が酒を飲むのはやめて」

曜「やめない!」プシュ

善子「ちょっと」



曜「……ごめん、本当は開店は明日からなんだ」

善子「なんでそんなしょうもない嘘…」

曜「いや…もし五人席埋まってたら善子ちゃんには外で焼き鳥食べて貰わないといけなくなるから…」

善子「何その地獄」

曜「あ、でも夏ならいいかもしれない!海近いし海見ながら焼き鳥とか!……テイクアウトもいいかも」

善子「話聞いてる?」
10 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/01/11(木) 18:41:39.61 vmkOOz0w0

曜「まあまあ、ほらビール…後砂肝」

善子「ありがと」

曜「じゃあ…乾杯!」

善子「…乾杯」

曜「ゴクッ…ゴクッ…ぷはっ…!やっぱ焼き鳥と言えばビール、ビールと言えば焼き鳥だよね」

善子「ゴクッ……ふぅ…まあ、それはあるわね」

曜「善子ちゃんお酒は好き?」

善子「まあ、そこそこね…一人で飲むことはあまりないかも」

曜「へー…そうなんだ」
11 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/01/11(木) 18:42:13.34 vmkOOz0w0

曜「どう?最近」

善子「どうって…それなりよ?別段大変な事はないけど忙しいって感じ」

曜「ふうん……」

善子「でも確かに、日々の慌しさに飲まれてると…自営業ってのも羨ましい気がして来たかも…」

曜「いや〜……自営業も大変だよ?」

善子「……あなたまだ開店もしてないでしょ」

曜「あはは…バレたか」
12 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/01/11(木) 18:47:48.66 vmkOOz0w0

善子「新店舗なのに割と……なんていうか…年季の入った感じね」

曜「古いとか言うな!」

善子「オブラートに包んだのに…」

曜「まあ、この辺の家は全部こんな感じだからね…ピカピカの方が却って浮いちゃうよ」


善子「なるほどね……」

曜「ちなみに千歌ちゃんは高一までオブラート知らなかったよ」

善子「え…何その無駄情報…渡されてどうしろって言うの…」
13 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/01/11(木) 18:49:04.87 vmkOOz0w0

善子「じゃあ、そろそろ帰るわ」

曜「えー…もう?」

善子「……流石に店の在庫食べてそのままっていかないし、お金払うわよ」

曜「……いや、私もお酒飲んで接客しちゃったし」

曜「それに、まだ開店前だし」

善子「でも……」
14 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/01/11(木) 18:49:49.05 vmkOOz0w0

曜「うーん、それじゃあ……実は一人だと少し手が足りなくて…手伝いして貰えないかな?」

善子「例えば…?」

曜「皿洗いとか…」

善子「ねえ、代金の代わりに皿洗いってそれ食い逃げした人がやらされるやつよね」

曜「まあね」

善子「まあねじゃないわよ」
15 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/01/11(木) 18:51:38.72 vmkOOz0w0

曜「じゃあ、いつでも来てね〜!バイバイ!」


善子「ええ、また」









善子「はあ、焼き鳥屋なんて……昔からは想像も出来ないわね…」

善子「しかし…よりによってこんな所に、ねえ…」







冷ややかな潮風が?を刺す、陽は丁度落ち星々が姿を現し始める頃に善子は帰路に着いた。


照れ臭そうに彼女が紹介していた店構えを思い起こす。煙の匂いの染み付いてない、なのに少し古めかしい作りの店。
その名は…「焼き鳥屋・宜候」



その店は少し寂れた、しかし、綺麗な海や山々に囲まれた海岸通りの町。太陽の温かさを一杯に感じられる、潮の香る町。

そんな内浦に店を構えていました。
16 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/01/11(木) 18:54:02.15 vmkOOz0w0
『パトロン』



鞠莉「あ、善子からLINEね……何々…」


鞠莉「『曜が店を開いたそうです、あなたの家にも近いわよ』なにそれ初耳…」


鞠莉「日曜は定休日だから閉まってる、あと20日には来ないこと……」


鞠莉「…………な、ん、で、20日はダメなの…っと」







鞠莉「あ、返信来た…ええと『なんでもよ!』……」








鞠莉「…………」



鞠莉「20日に行こ、実家近いし」
17 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/01/11(木) 18:54:34.98 vmkOOz0w0
鞠莉「こんにちはー!」


曜「いらっしゃいませ……って鞠莉ちゃん!」


鞠莉「曜久しぶり〜!元気にしてた?」


曜「え、元気だけど……どうしたの?」


鞠莉「いや…そこの皿洗いから教えてもらってね、丁度近くに行く機会があったから来てみたのよ!」


善子「……誰が皿洗いよ!」


鞠莉「実際皿洗ってるじゃない、食い逃げでもしたの?」


善子「してない!」
18 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/01/11(木) 18:55:24.82 vmkOOz0w0
鞠莉「取り敢えず座らせてもらうわ」


曜「はい、お冷とおしぼり……鞠莉ちゃんは最近どうしてた?」


鞠莉「ここ数年は海外を飛び回ってたけど…やっと落ち着いて日本に居られるようになった…って感じかな」

鞠莉「あ、ももとぼんじりとせせり、タレで」


曜「ヨーソロー!了解しました!」


鞠莉「あ!それ久しぶりに聞いた!やっぱ注文受けるたびに言うの?」


曜「ううん、今初めて言った」


鞠莉「ふふ…なにそれ…あ、ビールお願い」
19 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/01/11(木) 18:56:28.26 vmkOOz0w0
曜「はい鞠莉ちゃん、ももぼんじりせせりだよ」


鞠莉「どうも」


曜「善子ちゃんももう終わっていいよ、こっち来て一緒に飲もうよ」


善子「待って、あなたまた飲むつもり?」


曜「いや…だってお客さんもう来ないし…」


鞠莉「……大丈夫なのこの店?お客来てる?」


善子「もう誰からも心配されてるじゃない……私が皿洗ってる間にも二、三人しか人来てないし…」


曜「実はね、お客さんが一番来るの午前中なんだ」


善子「なんでよ?」


曜「漁師さんが帰って来るから」


鞠莉「あぁ……なるほど」


曜「海に出た後は肉が食べたいみたい…あと近所のおばあちゃんとかだね、夕食に一品足したいとか」
20 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/01/11(木) 18:58:03.06 vmkOOz0w0

曜「話が逸れちゃったけど気を取り直して…乾杯!」

鞠莉「かんぱーい!」

善子「…乾杯」

鞠莉「ゴクッ…ゴクッ…ふぅ…うん、入れ方がいいわね!」

曜「どうも!結構練習したんだ」

鞠莉「お肉もジューシーでいいわね、肉の脂が美味しい」

曜「善子ちゃんもなんか食べる?」

善子「……食べたらまた皿洗いさせられる気がする」

曜「大丈夫、まかないだよ」

善子「本当…?」

曜「本当本当、曜ちゃん嘘つかない」

善子「…………ももとレバー」

鞠莉「あ、かわとつくね頂戴」

曜「あいよ!」
21 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/01/11(木) 18:59:08.38 vmkOOz0w0

鞠莉「なんでまた焼き鳥屋?」


曜「肉が焼きたかったから」


鞠莉「そんな衝動ある?」


曜「あはは……まあ色々あってね、話せば長くなるんだけど」


鞠莉「そう……あ、ビールもう一本もらえる?」


曜「はいはい〜」



鞠莉「そういえば、善子も割と久しぶりよね」


善子「そうだっけ…?」


鞠莉「どう、最近?」


善子「どうって…まだ学生だから…それなりに忙しく過ごしてるわ」


鞠莉「あれ、そうだっけ?」


善子「じゃなかったら皿洗いになんか来れないわよ…」


曜「焼けたよ〜!こっちが鞠莉ちゃんのでこっちが善子ちゃんのお皿」


鞠莉「来た〜!ありがと!」
22 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/01/11(木) 19:00:53.79 vmkOOz0w0

鞠莉「しっかし…時間って過ぎるものね…」


善子「何よ…急にオバさんみたいな事言って」


鞠莉「いや出会った頃からすると…まさかビール片手に焼き鳥一緒に齧る羽目になるなんてねえ……」


曜「場所はあんま変わってないけどね、前もこのあたり」


鞠莉「そういえば…なんでここに店構えたの?」


曜「うーん……なんでだろ?」


善子「質問で返してどうすんのよ」


曜「いや、物件を探してたら目に止まって…それで」


曜「………実はね、このお店をやろう、ってなるずっと前…ちょっと失敗しちゃって…塞ぎこんじゃってたんだ」


鞠莉「……」


曜「その後、やり直そうってなった時選んだのが此処だった」


曜「もう一回のスタートは不安だったけど……ここなら何となく…もう一度上手く行く気がしたんだ」


23 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/01/11(木) 19:01:53.52 vmkOOz0w0

鞠莉「そう…色々あったのね…」

曜「……うん」

鞠莉「ま、私は嬉しいわ!実家に居ればいつでも行けるし!」

曜「…うん!いつでも来てね」

鞠莉「OK〜!じゃあ取り敢えずねぎまとハツとかわ!タレで!」

曜「ヨーソロー!承りました!」

鞠莉「支払いは善子の皿洗いでお願い」

善子「…なんでよ!」

曜「あはは……」
24 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/01/11(木) 19:03:17.29 vmkOOz0w0

鞠莉「二人でお店やってくなら私もやりたい……!」


善子「いや、あなた忙しいでしょ…まず私従業員じゃないし」


鞠莉「それは…ほら、パトロン的な」


曜「小原家がパトロン…いい…!」


善子「欲望に忠実なのやめなさいよ」


鞠莉「パトロン小原、皿洗い善子」


善子「私皿洗いじゃないから!」


鞠莉「パトロン小原ってドルトムント香川みたいじゃない?」


善子「まって、何の話?」
25 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/01/11(木) 19:03:51.48 vmkOOz0w0

串に打たれた肉を焼く音が店に響く。炭火を収める機械はまだ汚れの無くピカピカの新品だ。店主を名乗るには些か若々しい彼女がいつに無く真剣に肉の様子を見つめている。その様子が少し、微笑ましく見えてきた。


鳥の脂を酒で流し込み、ほっと一息つく。こんな時間がたまらなく好きだ、人生で最も好きだ。酔いでぼんやりした頭でそう考える。



道すがらの電灯に明かりが灯り始めた。登る煙に香る脂の焼けた匂い。昔馴染みの三人が姦しく、賑やかに時を過ごしていく。
26 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/01/11(木) 19:04:58.47 vmkOOz0w0
一旦おしまい
30 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/01/12(金) 01:05:39.99 tLHRvAkr0
好き
続きもぜひ

千歌「よーちゃん?///どうかな?///」ウワメヅカイ 曜「ふふふ、もう知らないよ?」ニヤァ

1 :名無しで叶える物語 2018/01/12(金) 21:02:36.43 K9nCJfC8.net
曜・千歌22才の設定です。
同じ大学に通って、同棲してます!

甘々だったりヤンヤンだったりします。

誤字脱字、キャラ、設定崩壊しまくってるかもしれませんがご容赦下さい。
2 :名無しで叶える物語 2018/01/12(金) 21:04:26.11 K9nCJfC8.net
―ようちかROOM

千歌「ふぁ〜、おはようよ〜ちゃん・・・。」ムニャムニャ

曜「やっと起きてきた♪」

曜「お寝坊千歌ちゃんおはよう♪」

千歌「うぅ〜ん・・・。まだ眠いよぉ〜。」メクシクシ

千歌「よ〜ちゃ〜ん・・・。だっこ〜。」ウデヒロゲ

曜「はいはい♪」

曜「いくらでも抱っこしてあげるよ♪」ギュッ

千歌「よ〜ちゃんのお胸はいい匂いがする〜。」スリスリクンクン
4 :名無しで叶える物語 2018/01/12(金) 21:06:26.66 K9nCJfC8.net
千歌「はぁ〜、いやされるのだ〜。」スリスリ

曜「ふふふ、もぅ寝ぼけてなのだ口調になってるよ♪」アタマナデナデ

曜「その口調は卒業したんじゃないの?」

千歌「いいのぉ〜、よ〜ちゃんの前だからいいの〜。」スリスリ

曜「そうか〜、私の前だけか〜♪」

曜「それなら仕方ないよね♪」

曜「でもそろそろ起きないとね!」

千歌「ふぇ?」

曜「お寝坊お姫様を起こすのには・・・、これ!」アゴクイッ
5 :名無しで叶える物語 2018/01/12(金) 21:08:20.05 K9nCJfC8.net
ちゅ〜っ♪

千歌「!?///」

曜「ぷはぁ〜、どう目が覚めたかな?」クビカシゲ

千歌「なっ!///なぁ〜!!!///」

千歌「朝から何やってるのよーちゃん!!」カオマッカ

曜「いつまでも寝ぼけてる千歌ちゃんが悪いんだよ♪」

曜「う〜ん!朝から千歌ちゃん分を補給出来たであります!」ケイレイッ

千歌「うぅ・・・。恥ずかしい///」

千歌「もう朝寝坊なんてしないよ///」
7 :名無しで叶える物語 2018/01/12(金) 21:10:31.51 K9nCJfC8.net
曜「それは困る!」

千歌「なんで!」

千歌「よーちゃんだって朝忙しいからチカがちゃんと起きたほうがいいでしょ?」

曜「ダメダメ!千歌ちゃんには寝ぼけてもらうほうがいいんだよ!」

千歌「えぇ〜。でも・・・。」

曜「だってぇ〜♪」ジー

曜「あんなに可愛い千歌ちゃんを見られなくなるのは勿体無いなってね♪」ホッペツンツン

千歌「もう///よーちゃん意地悪!!///」

千歌「あさからチカを苛めて〜!!///」
8 :名無しで叶える物語 2018/01/12(金) 21:12:20.01 K9nCJfC8.net
千歌「ひどいのだ!!///」

曜「ふふふ、愛しい千歌ちゃんにはついつい意地悪しちゃうんだよ♪」

曜「この気持ちは止められないかな〜♪」

千歌「ぶー!」プンプン

曜「怒った顔も可愛いよ♪」

曜「さぁ、そろそろ朝ごはんにしようか!」ナデナデ

曜「朝ごはん冷めちゃうし、大学に遅れちゃうよ?」

千歌「わかったよ〜だ♪」
9 :名無しで叶える物語 2018/01/12(金) 21:14:27.57 K9nCJfC8.net
―――
――


曜「そういえば今日ゼミの飲み会があるんだ。」

千歌「え?そうなの?」

曜「本当は断りたかったんだけど、教授からたまには出ろって言われてね・・・。」

千歌「・・・、うん・・・。分かったよ・・・。」ウツムキ

曜「ほぉ〜らっ!そんな顔しないで♪」

曜「ゼミのみんな、私には千歌ちゃんがいるってこと知ってるから♪」ナデナデ
10 :名無しで叶える物語 2018/01/12(金) 21:16:29.43 K9nCJfC8.net
曜「なるべく早く帰ってくるから!ね?」ギュッ

千歌「あまりお酒飲まないでね?」ギュッ

千歌「よーちゃん強いけど飲むと甘えん坊さんになるんだから・・・。」

千歌「誰にでも抱きつくし・・・。」

千歌「私以外には甘えて欲しくないよ・・・。」

曜「大丈夫!千歌ちゃん以外には甘えないよ!」

千歌「ならチカに誓いを立てて・・・。」

千歌「お願い!」ウルウル

曜「うん。千歌ちゃんに誓います。」
11 :名無しで叶える物語 2018/01/12(金) 21:18:25.04 K9nCJfC8.net
曜「なるべく早く帰ってきて、千歌ちゃんを不安にさせないって!」

曜「だから安心してね♪」

チュッ

千歌「よーちゃん・・・。」

千歌「ありがとう!」

曜「はいはい♪」

曜「それじゃあ行こっか♪」テヲギュッ

千歌「うん!」ギュッ
13 :名無しで叶える物語 2018/01/12(金) 21:20:43.48 K9nCJfC8.net
―夜21時

千歌「・・・。」チラッ

千歌「はぁ・・・、もう21時だよ・・・。」

千歌「よーちゃん遅いな・・・。」

千歌「何かあったのかな?」

千歌「・・・。」ソワソワ

千歌「メッセージも特に来てないし・・・。」

千歌「どうしよう・・・。電話しようかな・・・。」

千歌「でも、盛り上がってるところだと悪いし・・・。」
14 :名無しで叶える物語 2018/01/12(金) 21:22:21.26 K9nCJfC8.net
千歌「うぅ・・・。」グスッ

千歌「よーちゃん・・・、よーちゃん・・・。」ポロポロ

♪〜〜〜

千歌「!?」バッ

千歌「もしもしよーちゃん!いまどこにいるの!?」

善子『あっ、千歌。私よ!善子。』

千歌「え?善子ちゃん?どうしたの?よーちゃんは!?」

善子『いやぁ、私の隣にいるんだけど・・・。』

善子『完全に潰れちゃっててね・・・。』
15 :名無しで叶える物語 2018/01/12(金) 21:24:21.52 K9nCJfC8.net
善子『私が送って帰るって言ったんだけど、千歌ちゃんが来ないと帰らないって頑張っちゃって・・・。』

善子『悪いんだけど、こっちまで迎えに来てくれない?』

善子『もう席には私と曜しかいないから安心して。』

千歌「わかったよ!すぐ行くね!」

ピッ

千歌「もう!よーちゃんったら!」パタパタ

千歌「でもよかった・・・。」

千歌「何もなくってよかったよ・・・。」

千歌「よーちゃん・・・。」グスッ
16 :名無しで叶える物語 2018/01/12(金) 21:26:24.31 K9nCJfC8.net
―居酒屋

ガヤガヤ

千歌「よーちゃん!」

曜「あれぇ〜?千歌ちゃんだぁ〜。」ヘラヘラ

曜「どうしたの?」

千歌「どうしたの?じゃないよ!こんなに酔っ払って・・・。」ダキシメ

千歌「朝あんなに飲みすぎたらダメだって言ったのに・・・。」ポロポロ

曜「あはは〜、ごめんね〜♪」

善子「いらっしゃい千歌。」
17 :名無しで叶える物語 2018/01/12(金) 21:28:16.22 K9nCJfC8.net
善子「悪かったわね。こんなところまで。」

千歌「ううん。むしろこっちこそごめん・・・。」

千歌「善子ちゃんが相手してくれなかったらと思うと・・・。」

千歌「ありがとう。連絡までしてくれて・・・。」

善子「良いのよ別に。」

善子「こういうの花丸とルビィで慣れてるから。」

善子「それより早く連れて帰ってあげたら?」

善子「このままだとこの娘誰とでもハグしそうだったわよ。」

曜「あぁ〜ひどい!それは言わない約束であります!」
18 :名無しで叶える物語 2018/01/12(金) 21:30:17.77 K9nCJfC8.net
曜「それにハグするのは善子ちゃんだけだよ〜♪」ガバッ

善子「はいはい、そういうのは恋人の千歌にしてあげなさい。」サッ

曜「痛いであります・・・。」グスッ

千歌「はぁ・・・、それじゃあ連れて帰るね・・・。」

千歌「お金いくら置いていけば良い?」

善子「いいわ、ここは私が出しておいてあげる。」

千歌「でも善子ちゃんに悪いよ!」

善子「いいの、私結構稼いでるから。今日くらいおごってあげるわよ。」

千歌「ええ。。。学生なのに沢山稼いでるって・・・。」
19 :名無しで叶える物語 2018/01/12(金) 21:32:36.61 K9nCJfC8.net
善子「いかがわしい事してないから!」

善子「ちょっとネット関係で稼いでるだけよ!」

千歌「わかったよ!ありがとう!」

善子「だたし!またこういうのに付き合ってよね!」

善子「千歌とも話ししたいんだからね!///」

千歌「ふふふ、やっぱり善子ちゃんは善い子だね♪」ナデナデ

善子「頭なでるな!」

曜「よ〜しよしよしこ!」ナデナデ

善子「変な掛け声もダメ!!!」
21 :名無しで叶える物語 2018/01/12(金) 21:34:39.47 K9nCJfC8.net
―ようちかROOM

曜「ただいま帰ってきたであります!」ケイレイッ

千歌「もう!静かにして!ご近所さんに迷惑だよ!」

曜「えへへ、ごめんごめん。」

千歌「よーちゃんそこに座って!」

曜「はぁ〜い。」

曜「あっ、その前にいい?」

千歌「だめ!先に座るの!」

曜「ちぇ・・・。」ポスン
23 :名無しで叶える物語 2018/01/12(金) 21:36:53.50 K9nCJfC8.net
千歌「・・・。」ポスン

千歌「・・・。よーちゃん・・・。」スリスリ

曜「千歌ちゃん?どうしたの?」

千歌「よーちゃん。チカとっても心配したんだよ?」

千歌「帰りが遅いから何かあったんじゃないかなって・・・。」

千歌「誰かにひどいことされてないのかなって・・・。」グスッ

曜「えー、そんなに心配したの?」ケラケラ

千歌「ひどい!なんで笑ってられるの!」

千歌「よーちゃん、チカがどれだけ心配したか全然わかってない!」
24 :名無しで叶える物語 2018/01/12(金) 21:38:39.96 K9nCJfC8.net
千歌「とっても寂しかったのに・・・。」

曜「千歌ちゃん?」

曜「私なら大丈夫なのに♪」

曜「誰が来てもこっちからぶっとばしてあげるよ!」

曜「それに善子ちゃんもいたから危ないこともないよ♪」ニコッ

千歌「っ!! もう知らない!!」

千歌「チカがこんなに心配してるのに!!」バンッ

ダンダンダン バタンッ

曜「あれぇ?千歌ちゃん?」
25 :名無しで叶える物語 2018/01/12(金) 21:40:25.66 K9nCJfC8.net
曜「う〜ん?どうしたのかな?」

曜「怒っちゃったのかな?」

曜「まあいっか!私も寝ようっと!」

曜「ふぁ〜、眠いや・・・。」

ガチャガチャ

曜「うん?鍵かかってる・・・。」ウーン

曜「仕方ない・・・。今日はソファーで寝るか・・・。」

曜「うぅ・・・。ちょっと寒いかも・・・。」

曜「おやすみ〜。」ゴソゴソ
26 :名無しで叶える物語 2018/01/12(金) 21:42:17.30 K9nCJfC8.net
―翌朝

ピピピピピ

曜「う〜ん・・・。朝?」

曜「いたっ!頭痛い・・・。」ズキズキ

曜「なんで私ソファーで寝てるんだろ?」

曜「ダメだ・・・。昨日の記憶がないや・・・。」

曜「どうやって帰ってきたんだろ?」

曜「そういえば千歌ちゃんはどこ?」

ガチャッ
27 :名無しで叶える物語 2018/01/12(金) 21:44:21.79 K9nCJfC8.net
曜「千歌ちゃんいる?」

曜「あれ?寝室にはいないや・・・。」

ガチャッ ガチャッ ガチャッ

曜「どこにもいない・・・。」

曜「スマホにメッセージもないし・・・。」

曜「書置きもなしか・・・。」

曜「と、とりあえず電話しないと!」

プルルルル プルルルル ガチャッ

曜「千歌ちゃん!今何処にいる・・・。」
28 :名無しで叶える物語 2018/01/12(金) 21:46:16.87 K9nCJfC8.net
おかけになった電話は電波の届かない・・・

曜「え?電源が落ちてる!?」

曜「嘘でしょ・・・。」

曜「どうしよう!!」

曜「探しに行かないと!でもどこに!?」

曜「千歌ちゃん・・・。」

曜「何かあったの?」

曜「どこにいるの?」

曜「どこなの・・・。」ペタン
29 :名無しで叶える物語 2018/01/12(金) 21:48:22.48 K9nCJfC8.net
―正午

曜「まだ何も連絡がない・・・。電話にも出ない・・・。」

曜「どうしたらいいの・・・。」

曜「そうだ!昨日一緒だった善子ちゃんなら何か知ってるかも!」

プルルルル プルルルル ガチャッ

善子『もしもし、曜どうしたの?』

曜「善子ちゃん!千歌ちゃんどこに行ったか知らない!?」

善子『もう!電話口で叫ばないで!』

善子『耳がおかしくなるでしょ!』
30 :名無しで叶える物語 2018/01/12(金) 21:51:04.40 K9nCJfC8.net
曜「ごめん・・・。」

善子『それで千歌がどうしたって?』

曜「今朝起きてみたら千歌ちゃんがいなくなってたの!」

曜「どこにもいないの!電話をかけても繋がらないの!」

曜「どうしよう・・・。私どうしたらいいの・・・。」

善子『・・・。あたな昨日どうやって帰ったか覚えてる?』

曜「え?」

善子『まあ覚えてないわよね。あんなに酔ってたんだから。』

曜「まさか私何かやっちゃったの?」
31 :名無しで叶える物語 2018/01/12(金) 21:52:36.89 K9nCJfC8.net
善子『さあ?私が知ってるのは千歌に酔っ払ったあなたを引き渡したところまでよ。』

善子『そこから先は知らないわ。』

善子『もちろん千歌の行き先なんて皆目検討もつかないわね。』

曜「そ、そんな・・・。」

善子『ふぅ・・・。あなた昨日の朝に千歌と誓い立てたそうね?』

曜「・・・。」

善子『そんなことすら覚えてないのかしら?』

曜「覚えてます・・・。」

善子『あなたそれを守ったの?』
32 :名無しで叶える物語 2018/01/12(金) 21:54:24.64 K9nCJfC8.net
曜「守ってません・・・。」

善子『なら自業自得ね。愛想つかされても仕方ないんじゃない?』

曜「ふぇ・・・。」ウルウル

善子『自分がやったことを反省しながら待つしかないんじゃない?』

善子『闇雲に探してもすれ違いになるだけだから、そこでじっとしておきなさい。』

善子『そして待つほうの辛さを身をもって味わえばいいわ。』

曜「善子ちゃん・・・。」

善子『安心して何かあったら教えてあげるから。』

曜「ありがとう・・・。」
33 :名無しで叶える物語 2018/01/12(金) 21:56:26.53 K9nCJfC8.net
善子『ま、まあたまにはこの私を頼ってもいいのよ!』

善子『あなたは私の大切な人なんだから!///』

曜「うん・・・、っグス」

善子『それじゃあ切るわね。気を落とさないで!』

ガチャッ

曜「待つしかないのか・・・。」

曜「千歌ちゃん・・・。」ポロポロ

曜「早く帰ってきて・・・。」ポロポロ

曜「ごめんなさい・・・。」ポロポロ
34 :名無しで叶える物語 2018/01/12(金) 21:58:19.38 K9nCJfC8.net
―夕方

曜「もう夕方・・・。」

曜「千歌ちゃん・・・。」ウツブセ

曜「嫌われちゃったのかな・・・。」ポロポロ

曜「もう帰ってきてくれないのかな・・・。」ポロポロ

曜「嫌だよ・・・。千歌ちゃん・・・。」ポロポロ

曜「ごめんなさい・・・。」ポロポロ

曜「私が悪かったよ・・・。」ポロポロ

曜「帰ってきて・・・。」ポロポロ
36 :名無しで叶える物語 2018/01/12(金) 22:00:18.79 K9nCJfC8.net
―0時

曜「0時になっちゃった・・・。」

曜「帰ってこないよ・・・。」

曜「・・・。」

〜〜〜♪

曜「っ!? 千歌ちゃん!?」

曜「じゃなかった・・・。善子ちゃん・・・。」

ピッ

曜「もしもし。」
37 :名無しで叶える物語 2018/01/12(金) 22:02:27.02 K9nCJfC8.net
善子『曜?その声だとまだ返ってきてないみたいね。』

曜「うん・・・。帰ってきてないよ・・・。」

曜「帰ってきて・・・。お願い・・・。」

曜「お願い・・・。」

曜「いつも千歌ちゃんがこんな想いしてるなんて思ってなかった・・・。」

曜「もうしないよ・・・。」

曜「ごめんなさい・・・。ごめん・・・。」

善子『ふぅ・・・。本当に反省してるようね。』

曜「ぐすっ、うん・・・。」

善子『どうする千歌?曜のこと許してあげる?』
38 :名無しで叶える物語 2018/01/12(金) 22:04:24.66 K9nCJfC8.net
曜「え?」

千歌『よーちゃん・・・。』

善子『本当にあなたたち面倒ね!』

善子『曜!さっさと玄関開けなさい!』

曜「!?」ダダダダッ

ガチャッ

千歌「・・・。」

曜「千歌ちゃん!」

千歌「・・・、よーちゃん・・・。」
39 :名無しで叶える物語 2018/01/12(金) 22:06:25.24 K9nCJfC8.net
曜「ごめん!ごめんなさい!」ダキッ

千歌「・・・、うん。」

千歌「チカこそごめん・・・。」ギュッ

善子「ここじゃ近所迷惑よ。さっさと中に入りなさい。」

善子「それと私は帰るから、後は2人で解決しなさいよ!」

千歌「善子ちゃん今から1人で帰れるの?」

善子「大丈夫よ。」

善子「車で来てるから安全だし。」

善子「私のことを誰だと思ってるの?」
40 :名無しで叶える物語 2018/01/12(金) 22:08:29.33 K9nCJfC8.net
曜「善い子の善子ちゃん♪」ナデナデ

善子「くっ、善い子っていうなぁ〜///」

千歌「善子ちゃんありがとね。」

曜「ありがとう。」

善子「いいわよ。今度ここに遊びに来るから。」

善子「盛大にもてなしなさい!」

善子「それでチャラにしてあげる!」

千歌「うん!」

曜「必ず招待するよ!」

善子「フフフ、それじゃあね♪」
41 :名無しで叶える物語 2018/01/12(金) 22:10:22.35 K9nCJfC8.net
―部屋内

カチッ・カチッ・カチッ・カチッ

曜「・・・。」

千歌「・・・。」

曜「ゴメンナサイ・・・。」ボソッ

千歌「・・・ウン。」

曜「ごめんなさい・・・。」ポロポロ

曜「ごめんなさい、っ・・・ごめんなさい。」ポロポロ

千歌「うん。」ギュッ
42 :名無しで叶える物語 2018/01/12(金) 22:12:06.71 K9nCJfC8.net
曜「千歌ちゃん、ごめんなさい!」ポロポロ

千歌「ううん。私のほうこそごめんなさい。」ナデナデ

千歌「つまらない意地はっちゃったね。」

曜「違う!違うだよ!悪いのは全部私!」ポロポロ

曜「誓いを守れなかった私だよ!」

曜「千歌ちゃんは悪くない!」

曜「悪くないんだよ・・・。」

千歌「よーちゃん・・・。」

千歌「・・・昨日ね。善子ちゃんに言われちゃった。」ギュッ
43 :名無しで叶える物語 2018/01/12(金) 22:12:59.79 K9nCJfC8.net
曜「・・・。」

千歌「もういい加減に大人になりなさいって。」

千歌「いつまでもお互いに甘えてるんじゃないわよ!って。」

千歌「いっぱい怒られちゃった♪」テヘッ

千歌「あの時も鞠莉ちゃんや果南ちゃんに怒られちゃったけど。」

千歌「まだ子供だったんだね・・・。心のどこかでまだ信じきれてなかった。」

千歌「チカ達、あの頃から何も変わってないのかもしれないね・・・。」

千歌「でもね?昨日善子ちゃんに色々言われて憑き物が落ちちゃったみたいにすっとしてるんだ。」

千歌「善子ちゃん本当に善い子だよね♪」
44 :名無しで叶える物語 2018/01/12(金) 22:13:37.58 K9nCJfC8.net
曜「だね。善い子過ぎるよね。」

千歌「だからチカも、ううん。私も変わるね!」

曜「千歌ちゃん?」

千歌「もう迷わない!」

千歌「よーちゃんに守られてばかりじゃなくって、今日からは私もよーちゃんのこと支えてあげる♪」

千歌「だからよーちゃんも・・・。ね?」

曜「・・・。そうだね。」

曜「千歌ちゃん。いや、千歌!」

曜「私も千歌の想いを疑わない!信じる!」
45 :名無しで叶える物語 2018/01/12(金) 22:14:37.61 K9nCJfC8.net
曜「だから千歌の全てを私に捧げてほしい。」

曜「私の全てを千歌に捧げるから・・・。」

千歌「はいっ。お願いします。よーちゃん♪」

曜「はぁ〜。なんだか久々にあんな気持ちになったよ。」

曜「すっかり卒業したと思ったのにな〜。」

千歌「ふふふ、昔からよーちゃんは自分で抱え込む性格だからね。」ナデナデ

千歌「イケメンのしっかりものよーちゃんもいいけど、たまには甘えてね?」

曜「うん!今度からはい〜っぱい甘えることにするよ〜♪」

千歌「うん!」

曜「えへへ〜、やっぱり千歌が一番だよ〜♪」スリスリ
46 :名無しで叶える物語 2018/01/12(金) 22:15:39.69 K9nCJfC8.net
千歌「あっ///」

千歌「あの・・・/// それでね?/// せっかく仲直りしたから・・・、ね?///」

千歌「ええっと///」

曜「どうしたの千歌? 顔が真っ赤だよ?」

千歌「その・・・/// 善子ちゃんに言われてちょっと思い出したんだけど・・・。///」

千歌「決してけしかけられたというわじゃなくて・・・///」

千歌「私たちってまだシたことないじゃない?///」

曜「うん?したことがない?」

曜「何を?」クビカシゲ
48 :名無しで叶える物語 2018/01/12(金) 22:17:25.33 K9nCJfC8.net
千歌「・・・///、エッチダヨ・・・///」カオマッカ

曜「・・・? ・・・えええええええ!///」

曜「い、いや!/// うぇ!?///」

千歌「よーちゃんいくらなんでも動揺しすぎじゃないかな?」ジー

曜「でででで、でも!///そんな・・・/// エッチダナンテ・・・///」ゴニョゴニョ

千歌「もう!私たちも大人なんだし!もう4年も同棲してるんだよ!」

千歌「そろそろシたっていいじゃん!」プンプン

千歌「善子ちゃんにも毎日ヤってるもんだと思ってたわ・・・。って呆れられたんだよ!」

千歌「なんか悔しいじゃん!」
49 :名無しで叶える物語 2018/01/12(金) 22:18:06.05 K9nCJfC8.net
曜「確かにそうだろうけど・・・。」

曜「で、でも///」

曜「ハズカシイヨーソロー///」ボソボソ

千歌「それとも私ってそんなに魅力ないかな?」

千歌「よーちゃんに襲ってもらえないほど魅力ないのかな?」

千歌「うぅ・・・。」

千歌「やっぱり普通星人の私なんて・・・。」イジイジ

曜「そんなことない!千歌は魅力だらけだよ!」ガシッ

千歌「よ、よーちゃん!?」
50 :名無しで叶える物語 2018/01/12(金) 22:19:46.24 K9nCJfC8.net
曜「そのさらさらな髪の毛も!」サワサワ

千歌「よーちゃん・・・///」

曜「この大きな目も!」ジー

千歌「うぅ・・・///」メソラシ

曜「このモチモチなほっぺも!」ナデナデ

千歌「もぅ・・・///」

曜「この綺麗な鎖骨も!」チュッ

千歌「きゃっ・・・///」

曜「この綺麗な腕も!」アマガミ

千歌「ふぇ・・・///」
51 :名無しで叶える物語 2018/01/12(金) 22:21:36.29 K9nCJfC8.net
曜「このしなやかな指も!」パクッ

千歌「いやぁ・・・///」

曜「このくびれた腰も!」ギュッ

千歌「やだぁ・・・///」

曜「このムチムチな太ももも!」サワサワナデナデ

千歌「ちょっとっ!/// なでないで!///」

曜「この大きく実ったおっぱいも!」モミモミ

千歌「やんっ!/// だ、だめだよぉ〜///」

曜「そ・し・て!このプルプルな唇も!」クチビルナデナデ

曜「身体の隅々までぜぇ〜んぶ魅力的だよ!」フンスッ
53 :名無しで叶える物語 2018/01/12(金) 22:23:03.23 K9nCJfC8.net
千歌「だったら!/// 私のこと全部愛して♪///」ウルウル

千歌「よーちゃんの愛で私の身体を満たして欲しいな♪///」ウデヒロゲ

曜「・・・。」ブチン

千歌「よーちゃん?///どうかな?///」ウワメヅカイ

曜「ふふふ、もう知らないよ?」ニヤァ

千歌「ふぇ?よーちゃん?」

曜「千歌が悪いんだからね!」オヒメサマダッコ

千歌「きゃっ///よーちゃん///」

曜「今までずっと、ずぅ〜っと我慢してたんだからね!」
54 :名無しで叶える物語 2018/01/12(金) 22:24:15.27 K9nCJfC8.net
曜「同じベットで寝て!横からいい匂いもするし。」プルプル

曜「抱きついてくるし、色々やわらかいものもあたって・・・。」プルプル

曜「無自覚にもほどがあるよ・・・。」プルプル

曜「私がどれだけ我慢してたか・・・。」プルプル

千歌「うん///もう我慢しないで///」

千歌「私のこと好きにしていいからね♪///」ホホナデナデ

曜「わかった。もう我慢しない!」

曜「千歌が止めてって言っても止めないから!」

曜「私の好きにさせてもらう!」
55 :名無しで叶える物語 2018/01/12(金) 22:24:49.34 K9nCJfC8.net
曜「ふふふ、今夜はぜぇ〜ったいに寝かさないよ♪」

曜「覚悟してね?千歌♪」ミミモトササヤキ

千歌「は、はいっ・・・///」

曜「それじゃあベッドに行こうか。」チュッ

千歌「うん♪///」

曜「たぁ〜っぷり可愛がってあげるよ♪」

千歌「よーちゃん♪/// 好きだよ♪///」

ガチャッ バタン

―Fin
58 :名無しで叶える物語 2018/01/12(金) 22:30:21.94 mpOXA9+K.net
あああああああ良い!

千歌「よーちゃん?///どうかな?///」ウワメヅカイ 曜「ふふふ、もう知らないよ?」ニヤァ

1 :名無しで叶える物語 2018/01/12(金) 21:02:36.43 K9nCJfC8.net
曜・千歌22才の設定です。
同じ大学に通って、同棲してます!

甘々だったりヤンヤンだったりします。

誤字脱字、キャラ、設定崩壊しまくってるかもしれませんがご容赦下さい。
2 :名無しで叶える物語 2018/01/12(金) 21:04:26.11 K9nCJfC8.net
―ようちかROOM

千歌「ふぁ〜、おはようよ〜ちゃん・・・。」ムニャムニャ

曜「やっと起きてきた♪」

曜「お寝坊千歌ちゃんおはよう♪」

千歌「うぅ〜ん・・・。まだ眠いよぉ〜。」メクシクシ

千歌「よ〜ちゃ〜ん・・・。だっこ〜。」ウデヒロゲ

曜「はいはい♪」

曜「いくらでも抱っこしてあげるよ♪」ギュッ

千歌「よ〜ちゃんのお胸はいい匂いがする〜。」スリスリクンクン
4 :名無しで叶える物語 2018/01/12(金) 21:06:26.66 K9nCJfC8.net
千歌「はぁ〜、いやされるのだ〜。」スリスリ

曜「ふふふ、もぅ寝ぼけてなのだ口調になってるよ♪」アタマナデナデ

曜「その口調は卒業したんじゃないの?」

千歌「いいのぉ〜、よ〜ちゃんの前だからいいの〜。」スリスリ

曜「そうか〜、私の前だけか〜♪」

曜「それなら仕方ないよね♪」

曜「でもそろそろ起きないとね!」

千歌「ふぇ?」

曜「お寝坊お姫様を起こすのには・・・、これ!」アゴクイッ
5 :名無しで叶える物語 2018/01/12(金) 21:08:20.05 K9nCJfC8.net
ちゅ〜っ♪

千歌「!?///」

曜「ぷはぁ〜、どう目が覚めたかな?」クビカシゲ

千歌「なっ!///なぁ〜!!!///」

千歌「朝から何やってるのよーちゃん!!」カオマッカ

曜「いつまでも寝ぼけてる千歌ちゃんが悪いんだよ♪」

曜「う〜ん!朝から千歌ちゃん分を補給出来たであります!」ケイレイッ

千歌「うぅ・・・。恥ずかしい///」

千歌「もう朝寝坊なんてしないよ///」
7 :名無しで叶える物語 2018/01/12(金) 21:10:31.51 K9nCJfC8.net
曜「それは困る!」

千歌「なんで!」

千歌「よーちゃんだって朝忙しいからチカがちゃんと起きたほうがいいでしょ?」

曜「ダメダメ!千歌ちゃんには寝ぼけてもらうほうがいいんだよ!」

千歌「えぇ〜。でも・・・。」

曜「だってぇ〜♪」ジー

曜「あんなに可愛い千歌ちゃんを見られなくなるのは勿体無いなってね♪」ホッペツンツン

千歌「もう///よーちゃん意地悪!!///」

千歌「あさからチカを苛めて〜!!///」
8 :名無しで叶える物語 2018/01/12(金) 21:12:20.01 K9nCJfC8.net
千歌「ひどいのだ!!///」

曜「ふふふ、愛しい千歌ちゃんにはついつい意地悪しちゃうんだよ♪」

曜「この気持ちは止められないかな〜♪」

千歌「ぶー!」プンプン

曜「怒った顔も可愛いよ♪」

曜「さぁ、そろそろ朝ごはんにしようか!」ナデナデ

曜「朝ごはん冷めちゃうし、大学に遅れちゃうよ?」

千歌「わかったよ〜だ♪」
9 :名無しで叶える物語 2018/01/12(金) 21:14:27.57 K9nCJfC8.net
―――
――


曜「そういえば今日ゼミの飲み会があるんだ。」

千歌「え?そうなの?」

曜「本当は断りたかったんだけど、教授からたまには出ろって言われてね・・・。」

千歌「・・・、うん・・・。分かったよ・・・。」ウツムキ

曜「ほぉ〜らっ!そんな顔しないで♪」

曜「ゼミのみんな、私には千歌ちゃんがいるってこと知ってるから♪」ナデナデ
10 :名無しで叶える物語 2018/01/12(金) 21:16:29.43 K9nCJfC8.net
曜「なるべく早く帰ってくるから!ね?」ギュッ

千歌「あまりお酒飲まないでね?」ギュッ

千歌「よーちゃん強いけど飲むと甘えん坊さんになるんだから・・・。」

千歌「誰にでも抱きつくし・・・。」

千歌「私以外には甘えて欲しくないよ・・・。」

曜「大丈夫!千歌ちゃん以外には甘えないよ!」

千歌「ならチカに誓いを立てて・・・。」

千歌「お願い!」ウルウル

曜「うん。千歌ちゃんに誓います。」
11 :名無しで叶える物語 2018/01/12(金) 21:18:25.04 K9nCJfC8.net
曜「なるべく早く帰ってきて、千歌ちゃんを不安にさせないって!」

曜「だから安心してね♪」

チュッ

千歌「よーちゃん・・・。」

千歌「ありがとう!」

曜「はいはい♪」

曜「それじゃあ行こっか♪」テヲギュッ

千歌「うん!」ギュッ
13 :名無しで叶える物語 2018/01/12(金) 21:20:43.48 K9nCJfC8.net
―夜21時

千歌「・・・。」チラッ

千歌「はぁ・・・、もう21時だよ・・・。」

千歌「よーちゃん遅いな・・・。」

千歌「何かあったのかな?」

千歌「・・・。」ソワソワ

千歌「メッセージも特に来てないし・・・。」

千歌「どうしよう・・・。電話しようかな・・・。」

千歌「でも、盛り上がってるところだと悪いし・・・。」
14 :名無しで叶える物語 2018/01/12(金) 21:22:21.26 K9nCJfC8.net
千歌「うぅ・・・。」グスッ

千歌「よーちゃん・・・、よーちゃん・・・。」ポロポロ

♪〜〜〜

千歌「!?」バッ

千歌「もしもしよーちゃん!いまどこにいるの!?」

善子『あっ、千歌。私よ!善子。』

千歌「え?善子ちゃん?どうしたの?よーちゃんは!?」

善子『いやぁ、私の隣にいるんだけど・・・。』

善子『完全に潰れちゃっててね・・・。』
15 :名無しで叶える物語 2018/01/12(金) 21:24:21.52 K9nCJfC8.net
善子『私が送って帰るって言ったんだけど、千歌ちゃんが来ないと帰らないって頑張っちゃって・・・。』

善子『悪いんだけど、こっちまで迎えに来てくれない?』

善子『もう席には私と曜しかいないから安心して。』

千歌「わかったよ!すぐ行くね!」

ピッ

千歌「もう!よーちゃんったら!」パタパタ

千歌「でもよかった・・・。」

千歌「何もなくってよかったよ・・・。」

千歌「よーちゃん・・・。」グスッ
16 :名無しで叶える物語 2018/01/12(金) 21:26:24.31 K9nCJfC8.net
―居酒屋

ガヤガヤ

千歌「よーちゃん!」

曜「あれぇ〜?千歌ちゃんだぁ〜。」ヘラヘラ

曜「どうしたの?」

千歌「どうしたの?じゃないよ!こんなに酔っ払って・・・。」ダキシメ

千歌「朝あんなに飲みすぎたらダメだって言ったのに・・・。」ポロポロ

曜「あはは〜、ごめんね〜♪」

善子「いらっしゃい千歌。」
17 :名無しで叶える物語 2018/01/12(金) 21:28:16.22 K9nCJfC8.net
善子「悪かったわね。こんなところまで。」

千歌「ううん。むしろこっちこそごめん・・・。」

千歌「善子ちゃんが相手してくれなかったらと思うと・・・。」

千歌「ありがとう。連絡までしてくれて・・・。」

善子「良いのよ別に。」

善子「こういうの花丸とルビィで慣れてるから。」

善子「それより早く連れて帰ってあげたら?」

善子「このままだとこの娘誰とでもハグしそうだったわよ。」

曜「あぁ〜ひどい!それは言わない約束であります!」
18 :名無しで叶える物語 2018/01/12(金) 21:30:17.77 K9nCJfC8.net
曜「それにハグするのは善子ちゃんだけだよ〜♪」ガバッ

善子「はいはい、そういうのは恋人の千歌にしてあげなさい。」サッ

曜「痛いであります・・・。」グスッ

千歌「はぁ・・・、それじゃあ連れて帰るね・・・。」

千歌「お金いくら置いていけば良い?」

善子「いいわ、ここは私が出しておいてあげる。」

千歌「でも善子ちゃんに悪いよ!」

善子「いいの、私結構稼いでるから。今日くらいおごってあげるわよ。」

千歌「ええ。。。学生なのに沢山稼いでるって・・・。」
19 :名無しで叶える物語 2018/01/12(金) 21:32:36.61 K9nCJfC8.net
善子「いかがわしい事してないから!」

善子「ちょっとネット関係で稼いでるだけよ!」

千歌「わかったよ!ありがとう!」

善子「だたし!またこういうのに付き合ってよね!」

善子「千歌とも話ししたいんだからね!///」

千歌「ふふふ、やっぱり善子ちゃんは善い子だね♪」ナデナデ

善子「頭なでるな!」

曜「よ〜しよしよしこ!」ナデナデ

善子「変な掛け声もダメ!!!」
21 :名無しで叶える物語 2018/01/12(金) 21:34:39.47 K9nCJfC8.net
―ようちかROOM

曜「ただいま帰ってきたであります!」ケイレイッ

千歌「もう!静かにして!ご近所さんに迷惑だよ!」

曜「えへへ、ごめんごめん。」

千歌「よーちゃんそこに座って!」

曜「はぁ〜い。」

曜「あっ、その前にいい?」

千歌「だめ!先に座るの!」

曜「ちぇ・・・。」ポスン
23 :名無しで叶える物語 2018/01/12(金) 21:36:53.50 K9nCJfC8.net
千歌「・・・。」ポスン

千歌「・・・。よーちゃん・・・。」スリスリ

曜「千歌ちゃん?どうしたの?」

千歌「よーちゃん。チカとっても心配したんだよ?」

千歌「帰りが遅いから何かあったんじゃないかなって・・・。」

千歌「誰かにひどいことされてないのかなって・・・。」グスッ

曜「えー、そんなに心配したの?」ケラケラ

千歌「ひどい!なんで笑ってられるの!」

千歌「よーちゃん、チカがどれだけ心配したか全然わかってない!」
24 :名無しで叶える物語 2018/01/12(金) 21:38:39.96 K9nCJfC8.net
千歌「とっても寂しかったのに・・・。」

曜「千歌ちゃん?」

曜「私なら大丈夫なのに♪」

曜「誰が来てもこっちからぶっとばしてあげるよ!」

曜「それに善子ちゃんもいたから危ないこともないよ♪」ニコッ

千歌「っ!! もう知らない!!」

千歌「チカがこんなに心配してるのに!!」バンッ

ダンダンダン バタンッ

曜「あれぇ?千歌ちゃん?」
25 :名無しで叶える物語 2018/01/12(金) 21:40:25.66 K9nCJfC8.net
曜「う〜ん?どうしたのかな?」

曜「怒っちゃったのかな?」

曜「まあいっか!私も寝ようっと!」

曜「ふぁ〜、眠いや・・・。」

ガチャガチャ

曜「うん?鍵かかってる・・・。」ウーン

曜「仕方ない・・・。今日はソファーで寝るか・・・。」

曜「うぅ・・・。ちょっと寒いかも・・・。」

曜「おやすみ〜。」ゴソゴソ
26 :名無しで叶える物語 2018/01/12(金) 21:42:17.30 K9nCJfC8.net
―翌朝

ピピピピピ

曜「う〜ん・・・。朝?」

曜「いたっ!頭痛い・・・。」ズキズキ

曜「なんで私ソファーで寝てるんだろ?」

曜「ダメだ・・・。昨日の記憶がないや・・・。」

曜「どうやって帰ってきたんだろ?」

曜「そういえば千歌ちゃんはどこ?」

ガチャッ
27 :名無しで叶える物語 2018/01/12(金) 21:44:21.79 K9nCJfC8.net
曜「千歌ちゃんいる?」

曜「あれ?寝室にはいないや・・・。」

ガチャッ ガチャッ ガチャッ

曜「どこにもいない・・・。」

曜「スマホにメッセージもないし・・・。」

曜「書置きもなしか・・・。」

曜「と、とりあえず電話しないと!」

プルルルル プルルルル ガチャッ

曜「千歌ちゃん!今何処にいる・・・。」
28 :名無しで叶える物語 2018/01/12(金) 21:46:16.87 K9nCJfC8.net
おかけになった電話は電波の届かない・・・

曜「え?電源が落ちてる!?」

曜「嘘でしょ・・・。」

曜「どうしよう!!」

曜「探しに行かないと!でもどこに!?」

曜「千歌ちゃん・・・。」

曜「何かあったの?」

曜「どこにいるの?」

曜「どこなの・・・。」ペタン
29 :名無しで叶える物語 2018/01/12(金) 21:48:22.48 K9nCJfC8.net
―正午

曜「まだ何も連絡がない・・・。電話にも出ない・・・。」

曜「どうしたらいいの・・・。」

曜「そうだ!昨日一緒だった善子ちゃんなら何か知ってるかも!」

プルルルル プルルルル ガチャッ

善子『もしもし、曜どうしたの?』

曜「善子ちゃん!千歌ちゃんどこに行ったか知らない!?」

善子『もう!電話口で叫ばないで!』

善子『耳がおかしくなるでしょ!』
30 :名無しで叶える物語 2018/01/12(金) 21:51:04.40 K9nCJfC8.net
曜「ごめん・・・。」

善子『それで千歌がどうしたって?』

曜「今朝起きてみたら千歌ちゃんがいなくなってたの!」

曜「どこにもいないの!電話をかけても繋がらないの!」

曜「どうしよう・・・。私どうしたらいいの・・・。」

善子『・・・。あたな昨日どうやって帰ったか覚えてる?』

曜「え?」

善子『まあ覚えてないわよね。あんなに酔ってたんだから。』

曜「まさか私何かやっちゃったの?」
31 :名無しで叶える物語 2018/01/12(金) 21:52:36.89 K9nCJfC8.net
善子『さあ?私が知ってるのは千歌に酔っ払ったあなたを引き渡したところまでよ。』

善子『そこから先は知らないわ。』

善子『もちろん千歌の行き先なんて皆目検討もつかないわね。』

曜「そ、そんな・・・。」

善子『ふぅ・・・。あなた昨日の朝に千歌と誓い立てたそうね?』

曜「・・・。」

善子『そんなことすら覚えてないのかしら?』

曜「覚えてます・・・。」

善子『あなたそれを守ったの?』
32 :名無しで叶える物語 2018/01/12(金) 21:54:24.64 K9nCJfC8.net
曜「守ってません・・・。」

善子『なら自業自得ね。愛想つかされても仕方ないんじゃない?』

曜「ふぇ・・・。」ウルウル

善子『自分がやったことを反省しながら待つしかないんじゃない?』

善子『闇雲に探してもすれ違いになるだけだから、そこでじっとしておきなさい。』

善子『そして待つほうの辛さを身をもって味わえばいいわ。』

曜「善子ちゃん・・・。」

善子『安心して何かあったら教えてあげるから。』

曜「ありがとう・・・。」
33 :名無しで叶える物語 2018/01/12(金) 21:56:26.53 K9nCJfC8.net
善子『ま、まあたまにはこの私を頼ってもいいのよ!』

善子『あなたは私の大切な人なんだから!///』

曜「うん・・・、っグス」

善子『それじゃあ切るわね。気を落とさないで!』

ガチャッ

曜「待つしかないのか・・・。」

曜「千歌ちゃん・・・。」ポロポロ

曜「早く帰ってきて・・・。」ポロポロ

曜「ごめんなさい・・・。」ポロポロ
34 :名無しで叶える物語 2018/01/12(金) 21:58:19.38 K9nCJfC8.net
―夕方

曜「もう夕方・・・。」

曜「千歌ちゃん・・・。」ウツブセ

曜「嫌われちゃったのかな・・・。」ポロポロ

曜「もう帰ってきてくれないのかな・・・。」ポロポロ

曜「嫌だよ・・・。千歌ちゃん・・・。」ポロポロ

曜「ごめんなさい・・・。」ポロポロ

曜「私が悪かったよ・・・。」ポロポロ

曜「帰ってきて・・・。」ポロポロ
36 :名無しで叶える物語 2018/01/12(金) 22:00:18.79 K9nCJfC8.net
―0時

曜「0時になっちゃった・・・。」

曜「帰ってこないよ・・・。」

曜「・・・。」

〜〜〜♪

曜「っ!? 千歌ちゃん!?」

曜「じゃなかった・・・。善子ちゃん・・・。」

ピッ

曜「もしもし。」
37 :名無しで叶える物語 2018/01/12(金) 22:02:27.02 K9nCJfC8.net
善子『曜?その声だとまだ返ってきてないみたいね。』

曜「うん・・・。帰ってきてないよ・・・。」

曜「帰ってきて・・・。お願い・・・。」

曜「お願い・・・。」

曜「いつも千歌ちゃんがこんな想いしてるなんて思ってなかった・・・。」

曜「もうしないよ・・・。」

曜「ごめんなさい・・・。ごめん・・・。」

善子『ふぅ・・・。本当に反省してるようね。』

曜「ぐすっ、うん・・・。」

善子『どうする千歌?曜のこと許してあげる?』
38 :名無しで叶える物語 2018/01/12(金) 22:04:24.66 K9nCJfC8.net
曜「え?」

千歌『よーちゃん・・・。』

善子『本当にあなたたち面倒ね!』

善子『曜!さっさと玄関開けなさい!』

曜「!?」ダダダダッ

ガチャッ

千歌「・・・。」

曜「千歌ちゃん!」

千歌「・・・、よーちゃん・・・。」
39 :名無しで叶える物語 2018/01/12(金) 22:06:25.24 K9nCJfC8.net
曜「ごめん!ごめんなさい!」ダキッ

千歌「・・・、うん。」

千歌「チカこそごめん・・・。」ギュッ

善子「ここじゃ近所迷惑よ。さっさと中に入りなさい。」

善子「それと私は帰るから、後は2人で解決しなさいよ!」

千歌「善子ちゃん今から1人で帰れるの?」

善子「大丈夫よ。」

善子「車で来てるから安全だし。」

善子「私のことを誰だと思ってるの?」
40 :名無しで叶える物語 2018/01/12(金) 22:08:29.33 K9nCJfC8.net
曜「善い子の善子ちゃん♪」ナデナデ

善子「くっ、善い子っていうなぁ〜///」

千歌「善子ちゃんありがとね。」

曜「ありがとう。」

善子「いいわよ。今度ここに遊びに来るから。」

善子「盛大にもてなしなさい!」

善子「それでチャラにしてあげる!」

千歌「うん!」

曜「必ず招待するよ!」

善子「フフフ、それじゃあね♪」
41 :名無しで叶える物語 2018/01/12(金) 22:10:22.35 K9nCJfC8.net
―部屋内

カチッ・カチッ・カチッ・カチッ

曜「・・・。」

千歌「・・・。」

曜「ゴメンナサイ・・・。」ボソッ

千歌「・・・ウン。」

曜「ごめんなさい・・・。」ポロポロ

曜「ごめんなさい、っ・・・ごめんなさい。」ポロポロ

千歌「うん。」ギュッ
42 :名無しで叶える物語 2018/01/12(金) 22:12:06.71 K9nCJfC8.net
曜「千歌ちゃん、ごめんなさい!」ポロポロ

千歌「ううん。私のほうこそごめんなさい。」ナデナデ

千歌「つまらない意地はっちゃったね。」

曜「違う!違うだよ!悪いのは全部私!」ポロポロ

曜「誓いを守れなかった私だよ!」

曜「千歌ちゃんは悪くない!」

曜「悪くないんだよ・・・。」

千歌「よーちゃん・・・。」

千歌「・・・昨日ね。善子ちゃんに言われちゃった。」ギュッ
43 :名無しで叶える物語 2018/01/12(金) 22:12:59.79 K9nCJfC8.net
曜「・・・。」

千歌「もういい加減に大人になりなさいって。」

千歌「いつまでもお互いに甘えてるんじゃないわよ!って。」

千歌「いっぱい怒られちゃった♪」テヘッ

千歌「あの時も鞠莉ちゃんや果南ちゃんに怒られちゃったけど。」

千歌「まだ子供だったんだね・・・。心のどこかでまだ信じきれてなかった。」

千歌「チカ達、あの頃から何も変わってないのかもしれないね・・・。」

千歌「でもね?昨日善子ちゃんに色々言われて憑き物が落ちちゃったみたいにすっとしてるんだ。」

千歌「善子ちゃん本当に善い子だよね♪」
44 :名無しで叶える物語 2018/01/12(金) 22:13:37.58 K9nCJfC8.net
曜「だね。善い子過ぎるよね。」

千歌「だからチカも、ううん。私も変わるね!」

曜「千歌ちゃん?」

千歌「もう迷わない!」

千歌「よーちゃんに守られてばかりじゃなくって、今日からは私もよーちゃんのこと支えてあげる♪」

千歌「だからよーちゃんも・・・。ね?」

曜「・・・。そうだね。」

曜「千歌ちゃん。いや、千歌!」

曜「私も千歌の想いを疑わない!信じる!」
45 :名無しで叶える物語 2018/01/12(金) 22:14:37.61 K9nCJfC8.net
曜「だから千歌の全てを私に捧げてほしい。」

曜「私の全てを千歌に捧げるから・・・。」

千歌「はいっ。お願いします。よーちゃん♪」

曜「はぁ〜。なんだか久々にあんな気持ちになったよ。」

曜「すっかり卒業したと思ったのにな〜。」

千歌「ふふふ、昔からよーちゃんは自分で抱え込む性格だからね。」ナデナデ

千歌「イケメンのしっかりものよーちゃんもいいけど、たまには甘えてね?」

曜「うん!今度からはい〜っぱい甘えることにするよ〜♪」

千歌「うん!」

曜「えへへ〜、やっぱり千歌が一番だよ〜♪」スリスリ
46 :名無しで叶える物語 2018/01/12(金) 22:15:39.69 K9nCJfC8.net
千歌「あっ///」

千歌「あの・・・/// それでね?/// せっかく仲直りしたから・・・、ね?///」

千歌「ええっと///」

曜「どうしたの千歌? 顔が真っ赤だよ?」

千歌「その・・・/// 善子ちゃんに言われてちょっと思い出したんだけど・・・。///」

千歌「決してけしかけられたというわじゃなくて・・・///」

千歌「私たちってまだシたことないじゃない?///」

曜「うん?したことがない?」

曜「何を?」クビカシゲ
48 :名無しで叶える物語 2018/01/12(金) 22:17:25.33 K9nCJfC8.net
千歌「・・・///、エッチダヨ・・・///」カオマッカ

曜「・・・? ・・・えええええええ!///」

曜「い、いや!/// うぇ!?///」

千歌「よーちゃんいくらなんでも動揺しすぎじゃないかな?」ジー

曜「でででで、でも!///そんな・・・/// エッチダナンテ・・・///」ゴニョゴニョ

千歌「もう!私たちも大人なんだし!もう4年も同棲してるんだよ!」

千歌「そろそろシたっていいじゃん!」プンプン

千歌「善子ちゃんにも毎日ヤってるもんだと思ってたわ・・・。って呆れられたんだよ!」

千歌「なんか悔しいじゃん!」
49 :名無しで叶える物語 2018/01/12(金) 22:18:06.05 K9nCJfC8.net
曜「確かにそうだろうけど・・・。」

曜「で、でも///」

曜「ハズカシイヨーソロー///」ボソボソ

千歌「それとも私ってそんなに魅力ないかな?」

千歌「よーちゃんに襲ってもらえないほど魅力ないのかな?」

千歌「うぅ・・・。」

千歌「やっぱり普通星人の私なんて・・・。」イジイジ

曜「そんなことない!千歌は魅力だらけだよ!」ガシッ

千歌「よ、よーちゃん!?」
50 :名無しで叶える物語 2018/01/12(金) 22:19:46.24 K9nCJfC8.net
曜「そのさらさらな髪の毛も!」サワサワ

千歌「よーちゃん・・・///」

曜「この大きな目も!」ジー

千歌「うぅ・・・///」メソラシ

曜「このモチモチなほっぺも!」ナデナデ

千歌「もぅ・・・///」

曜「この綺麗な鎖骨も!」チュッ

千歌「きゃっ・・・///」

曜「この綺麗な腕も!」アマガミ

千歌「ふぇ・・・///」
51 :名無しで叶える物語 2018/01/12(金) 22:21:36.29 K9nCJfC8.net
曜「このしなやかな指も!」パクッ

千歌「いやぁ・・・///」

曜「このくびれた腰も!」ギュッ

千歌「やだぁ・・・///」

曜「このムチムチな太ももも!」サワサワナデナデ

千歌「ちょっとっ!/// なでないで!///」

曜「この大きく実ったおっぱいも!」モミモミ

千歌「やんっ!/// だ、だめだよぉ〜///」

曜「そ・し・て!このプルプルな唇も!」クチビルナデナデ

曜「身体の隅々までぜぇ〜んぶ魅力的だよ!」フンスッ
53 :名無しで叶える物語 2018/01/12(金) 22:23:03.23 K9nCJfC8.net
千歌「だったら!/// 私のこと全部愛して♪///」ウルウル

千歌「よーちゃんの愛で私の身体を満たして欲しいな♪///」ウデヒロゲ

曜「・・・。」ブチン

千歌「よーちゃん?///どうかな?///」ウワメヅカイ

曜「ふふふ、もう知らないよ?」ニヤァ

千歌「ふぇ?よーちゃん?」

曜「千歌が悪いんだからね!」オヒメサマダッコ

千歌「きゃっ///よーちゃん///」

曜「今までずっと、ずぅ〜っと我慢してたんだからね!」
54 :名無しで叶える物語 2018/01/12(金) 22:24:15.27 K9nCJfC8.net
曜「同じベットで寝て!横からいい匂いもするし。」プルプル

曜「抱きついてくるし、色々やわらかいものもあたって・・・。」プルプル

曜「無自覚にもほどがあるよ・・・。」プルプル

曜「私がどれだけ我慢してたか・・・。」プルプル

千歌「うん///もう我慢しないで///」

千歌「私のこと好きにしていいからね♪///」ホホナデナデ

曜「わかった。もう我慢しない!」

曜「千歌が止めてって言っても止めないから!」

曜「私の好きにさせてもらう!」
55 :名無しで叶える物語 2018/01/12(金) 22:24:49.34 K9nCJfC8.net
曜「ふふふ、今夜はぜぇ〜ったいに寝かさないよ♪」

曜「覚悟してね?千歌♪」ミミモトササヤキ

千歌「は、はいっ・・・///」

曜「それじゃあベッドに行こうか。」チュッ

千歌「うん♪///」

曜「たぁ〜っぷり可愛がってあげるよ♪」

千歌「よーちゃん♪/// 好きだよ♪///」

ガチャッ バタン

―Fin
58 :名無しで叶える物語 2018/01/12(金) 22:30:21.94 mpOXA9+K.net
あああああああ良い!

ダイヤ「千歌さんと花丸さんが暴走族になったってそれ本当ですの!?」

1 :名無しで叶える物語 2018/01/10(水) 21:39:48.40 ky7edTkA.net
花丸「ずらずら〜」

千歌「邪魔だ邪魔だどけどけ〜」

花丸「ずらずら〜」
2 :名無しで叶える物語 2018/01/10(水) 21:40:35.91 ky7edTkA.net
花丸「ニューヨークがアキバに似てるって馬鹿なこと言ってんじゃねぇずらバカヤロ、コンニャロオメェ!」

千歌「コンニャロオメェ、アキバのどこに摩天楼があるんだ!バカヤロコンニロオメェ!」
3 :名無しで叶える物語 2018/01/10(水) 21:41:16.44 ky7edTkA.net
花丸「ニューヨークがアキバに似てるって馬鹿なこと言ってんじゃねぇずらバカヤロ、コンニャロオメェ!」

千歌「コンニャロオメェ、おめぇただの観光客だろ!バカヤロコンニャロオメェ!」
4 :名無しで叶える物語 2018/01/10(水) 21:41:55.24 ky7edTkA.net
千歌「おらおら〜」

花丸「邪魔だ邪魔だどけどけ〜」

千歌「どけどけ〜」
9 :名無しで叶える物語 2018/01/10(水) 21:45:39.97 SvKLAPJq.net
KKE
7 :名無しで叶える物語 2018/01/10(水) 21:44:28.68 ky7edTkA.net
千歌「次は?」

花丸「>>9ずら」
11 :名無しで叶える物語 2018/01/10(水) 21:49:17.21 ky7edTkA.net
千歌「かしこいかわいいエリーチカって言ってんじゃないぞバカヤロ、コンニャロオメェ!」

花丸「コンニャロオメェ、そのフレーズ本人以外使ってねぇずら!バカヤロコンニャロオメェ!」
12 :名無しで叶える物語 2018/01/10(水) 21:50:12.17 ky7edTkA.net
千歌「かしこいかわいいエリーチカって言ってんじゃないぞバカヤロ、コンニャロオメェ!」

花丸「コンニャロオメェ、そういうのを嫌みって言うんずら!バカヤロコンニャロオメェ!」
13 :名無しで叶える物語 2018/01/10(水) 21:50:44.78 ky7edTkA.net
花丸「ずらずら〜」

千歌「邪魔だ邪魔だどけどけ〜」

花丸「ずらずら〜」
16 :名無しで叶える物語 2018/01/10(水) 21:54:51.38 MV3jX51n.net
9人やうちを入れて
14 :名無しで叶える物語 2018/01/10(水) 21:51:24.76 ky7edTkA.net
花丸「次は>>16ずら」
19 :名無しで叶える物語 2018/01/10(水) 21:58:27.60 ky7edTkA.net
花丸「9人やうちを入れてって言ってんじゃねぇずらバカヤロ、コンニャロオメェ!」

千歌「コンニャロオメェ、誰も誘ってないよ!バカヤロコンニャロオメェ!」
20 :名無しで叶える物語 2018/01/10(水) 21:59:47.08 ky7edTkA.net
花丸「9人やうちを入れてって言ってんじゃねぇずらバカヤロ、コンニャロオメェ!」

千歌「コンニャロオメェ、9人にうちを入れてって言うパターンだろ!バカヤロコンニャロオメェ!」
21 :名無しで叶える物語 2018/01/10(水) 22:00:12.64 ky7edTkA.net
千歌「おらおら〜」

花丸「邪魔だ邪魔だどけどけ〜」

千歌「どけどけ〜」
24 :名無しで叶える物語 2018/01/10(水) 22:05:38.05 ZTql6XeL.net
凛はこっちのかよちんも好きにゃ〜
22 :名無しで叶える物語 2018/01/10(水) 22:01:37.56 ky7edTkA.net
千歌「ラス2で次は>>24のパターンだろコレェ!」
27 :名無しで叶える物語 2018/01/10(水) 22:14:43.41 ky7edTkA.net
千歌「凛はこっちのかよちんも好きにゃ〜とか言ってんじゃねぇぞ!バカヤロ、コンニャロオメェ!」

花丸「コンニャロオメェ、おめぇの好みなんて聞いてないずら!バカヤロコンニャロオメェ!」
28 :名無しで叶える物語 2018/01/10(水) 22:15:44.77 ky7edTkA.net
千歌「凛はこっちのかよちんも好きにゃ〜とか言ってんじゃねぇぞ!バカヤロ、コンニャロオメェ!」

花丸「コンニャロオメェ、おめぇどんなかよちんも好きだろ!バカヤロコンニャロオメェ!」
29 :名無しで叶える物語 2018/01/10(水) 22:16:11.15 ky7edTkA.net
花丸「ずらずら〜」

千歌「邪魔だ邪魔だどけどけ〜」

花丸「ずらずら〜」
32 :名無しで叶える物語 2018/01/10(水) 22:19:48.43 LW9Hhdiq.net
洗剤全部入れたずら
30 :名無しで叶える物語 2018/01/10(水) 22:17:11.93 ky7edTkA.net
花丸「最後は>>32ずら」
33 :名無しで叶える物語 2018/01/10(水) 22:20:00.49 QmY346gF.net
かしこーい!
34 :名無しで叶える物語 2018/01/10(水) 22:22:01.10 f0dsIr87.net
これはラストにふさわしいお題
36 :名無しで叶える物語 2018/01/10(水) 22:29:48.76 ky7edTkA.net
花丸「洗剤全部入れたずらって言ってんじゃねぇずらバカヤロ、コンニャロオメェ!」

千歌「コンニャロオメェ!食器すぐ綺麗になるじゃねぇか!かしこいコンニャロオメェ!」
37 :名無しで叶える物語 2018/01/10(水) 22:30:59.72 ky7edTkA.net
花丸「洗剤全部入れたずらって言ってんじゃねぇずらバカヤロ、コンニャロオメェ!」

千歌「コンニャロオメェ!全部入れちゃう発想がかわいい!かわいいコンニャロオメェ!」
38 :名無しで叶える物語 2018/01/10(水) 22:32:02.68 ky7edTkA.net
花丸「……///」

千歌「……///」
39 :名無しで叶える物語 2018/01/10(水) 22:33:22.39 Qr46Plej.net
|c||^.- ^||
40 :名無しで叶える物語 2018/01/10(水) 22:33:46.83 ky7edTkA.net
花丸「……千歌ちゃん、まるを暴走族に誘ってくれてありがとう///」

千歌「……///」


ダイヤ「暴走族なんてぶっぶーですわっ!」

41 :名無しで叶える物語 2018/01/10(水) 22:35:07.56 ky7edTkA.net
お笑いパロネタ難しすぎ。
支援ありがとうございました。
42 :名無しで叶える物語 2018/01/10(水) 22:36:51.54 QhnhpLcx.net
良かった乙
43 :名無しで叶える物語 2018/01/10(水) 22:37:07.33 VDQjWBg3.net
乙。かわいかった
47 :名無しで叶える物語 2018/01/10(水) 22:49:38.46 g1rGGjbE.net
面白かった 乙
48 :名無しで叶える物語 2018/01/10(水) 22:54:48.28 GUQBOo22.net

歌丸いいね

花丸「マルね…千歌ちゃんの事…///」千歌「マルちゃん…!?///」ドキドキ

1 :名無しで叶える物語 2018/01/10(水) 14:55:29.15 MzSw6WBM.net
花丸「なーーーんて嘘ずら♪」ペロッ

千歌「……だと思ってたよこれぇwww」

花丸「マルにときめいたずら?ときめいちゃったずら〜♪」

千歌「絶対嘘だと思ってたもんねー!」


花丸(つい誤魔化しちゃったずら…勇気ないな、オラ…///)ドキドキドキ

千歌(絶対ときめいちゃったもん…何この気持ち…///)ドキドキドキ
4 :名無しで叶える物語 2018/01/10(水) 14:58:24.46 WwnBoQQx.net
|c||^.- ^||あく
10 :名無しで叶える物語 2018/01/10(水) 15:02:33.09 wEebayEX.net
从c*•ヮ•§あくするパターンだろコレェ!
12 :名無しで叶える物語 2018/01/10(水) 15:03:45.14 MzSw6WBM.net
花丸はどうする 下2
13 :名無しで叶える物語 2018/01/10(水) 15:05:08.98 Q3kBqg3L.net
口で言うのは恥ずかしいので恋文を書く
14 :名無しで叶える物語 2018/01/10(水) 15:05:13.57 wEebayEX.net
とりあえず一緒にファミレス行く
17 :名無しで叶える物語 2018/01/10(水) 15:13:19.01 MzSw6WBM.net
花丸「そうだ!ねえ千歌ちゃん、これからファミレス行かない?」

花丸(うわー!なんでこんな事言ったずらオラ!
今日はいつもみたいに馬鹿……できる自信がないずら…)

花丸(千歌ちゃんは…どんな顔してるの?)チラッ

千歌「下2」
18 :名無しで叶える物語 2018/01/10(水) 15:14:10.52 ZP7zX3ve.net
アホ2人ほんま好き
19 :名無しで叶える物語 2018/01/10(水) 15:14:53.34 6iR9dSbb.net
千歌も同じこと考えてた///
21 :名無しで叶える物語 2018/01/10(水) 15:17:10.29 MzSw6WBM.net
千歌「千歌も同じこと考えてた///」

千歌「行こ!ファミレスへ!」

千歌(なんか今は花丸ちゃんと離れたくない///)

花丸「ずらぁ♪」
24 :名無しで叶える物語 2018/01/10(水) 15:23:26.43 MzSw6WBM.net
ファミレス

イラッシャイマセー

ゴチュウモンハ

千歌「ドリンクバーとポテトで」

千歌「じゃあいつもみたいにやろっかwww」

花丸「でも今日は善子ちゃんいないずらよ…?」

千歌「あっそっか……って」

千歌「あっ!下2ちゃんと下3ちゃん!」
25 :名無しで叶える物語 2018/01/10(水) 15:24:47.39 LTdzDYCs.net
 `¶cリ˘ヮ˚)|
26 :名無しで叶える物語 2018/01/10(水) 15:25:12.10 7lpKlP8.net
曜ちゃん(恋愛相談中)
27 :名無しで叶える物語 2018/01/10(水) 15:26:29.74 GUQBOo22.net
鞠莉
29 :名無しで叶える物語 2018/01/10(水) 15:30:04.85 MzSw6WBM.net
千歌「あっ!曜ちゃんと鞠莉ちゃん!」

花丸「珍しい組み合わせずらね」

花丸「そうだ!気づいてないみたいだし
コッソリ近づいて脅かしちゃうずら♪」

千歌「それいい〜♪」

花丸「ずらぁ♪」
30 :名無しで叶える物語 2018/01/10(水) 15:34:39.85 MzSw6WBM.net
ソーットソーット


鞠莉「……なんでそんな勇気ないのよ」

曜「だって……向こうはそんなんじゃないかもしれないじゃん…」

鞠莉「そんなヘタレじゃ一生そのままよ?」



千歌「うわー…なんか重いね」

花丸「でもさ、傍から見ると面白くない?」

千歌「でも幼馴染として曜ちゃんの好きな人って気になるよ」
34 :名無しで叶える物語 2018/01/10(水) 15:44:07.37 MzSw6WBM.net
鞠莉「でもさ?このままだと花丸かルビィにGetされちゃうかもよ?」

曜「花丸ちゃんは大丈夫ですよ、最近は千歌ちゃんとべったりだし…」

ちかまる「!?」

鞠莉「まぁ〜…そう?でもさ?あの二人ってそういう風な仲じゃないように見えるけど…」

曜「甘い、千歌ちゃんがああまでふざけちゃう相手は花丸ちゃんが初めてなんだよ?
私にも果南ちゃんにもしたことない顔見せてるんだ」



千歌(え、曜ちゃんなに言ってんのーーー!?そんな言い方だとまるで私が…///)チラッ

花丸(え…待って、千歌ちゃんってマルの事を実は凄くトクベツに思ってたりしたりしてなかったり
でも…マルにはそんな風には…)

花丸「(視線…)!」チラッ

千歌「!!!」

花丸「ずらぁ……///」ウィンク

千歌(何送ってんのさーーー!?)
35 :名無しで叶える物語 2018/01/10(水) 15:49:39.91 MzSw6WBM.net
鞠莉「まあ花丸はともかく…ルビィちゃんは多分、いやかなり危ないと思うわよ?
あの子ああ見えて結構やりそうな…」

曜「大丈夫ですよ、あっちが同じ学年なら
こっちは近所だし同じバスで帰ってるんだし
いや!むしろ二人きりの時間はこっちのが…」

鞠莉「ああ、でも結局一番の強敵は梨子だと思…あっ」

曜「あああああ…そうだ…こんな事してる間にまた善子ちゃんと仲良くなってそうな…あぁぁ…」ブツブツ 

鞠莉「あちゃー…」
36 :名無しで叶える物語 2018/01/10(水) 15:51:14.51 MzSw6WBM.net
千歌(へー…曜ちゃんが…)

花丸(善子ちゃんの事を好きだったとは…驚きずら…)

千歌「どうする?花丸ちゃん」コソコソ

花丸「どうするったって…」コソコソ

花丸「下2」
37 :名無しで叶える物語 2018/01/10(水) 15:52:05.93 SGRZ78gs.net
嘘のラブレター靴箱に入れておくずらァァァwwwwwww
38 :名無しで叶える物語 2018/01/10(水) 15:52:45.57 ZTql6XeL.net
千歌ちゃん好き
43 :名無しで叶える物語 2018/01/10(水) 16:02:56.06 MzSw6WBM.net
花丸「……千歌ちゃん好きずら」コソッ

千歌「こんな時に何言って…」コソッ

花丸「マル…私は本気ずら!」コソッ

花丸「曜ちゃんを見て決意したずら」

花丸「こうやって今の心地良い関係を千歌ちゃんと続けても
そのうち千歌ちゃんが別の女の子のものになっちゃってるかもしれない」

花丸「だから…だから…マルは…千歌ちゃんが好き!誰よりも大好きずら!」

花丸「オラだけの千歌ちゃんになって欲しいずら!!!」
45 :名無しで叶える物語 2018/01/10(水) 16:06:41.03 MzSw6WBM.net
花丸「千歌ちゃんは……どう?」


千歌「……」

千歌「……分かんないよ」 

千歌「分かんないもん!!!
だって…花丸ちゃんの事気になりだしたの、今日からだもん!」

千歌「いつも一緒に馬鹿な事して……そういうの今まで全然無かったし…」

花丸「……(やっぱり千歌ちゃんは…)」

千歌「でもさ…!」

千歌「下2」
46 :名無しで叶える物語 2018/01/10(水) 16:07:54.87 w/EWU1EI.net
これから好きになってけばいいよね
47 :名無しで叶える物語 2018/01/10(水) 16:07:58.81 n8ZujBvo.net
好きになっちゃうパターンだろ、これぇ…///
51 :名無しで叶える物語 2018/01/10(水) 16:15:38.45 MzSw6WBM.net
千歌「好きになっちゃうパターンだろ、これぇ…///」

花丸「千歌ちゃ……///」

千歌「分かんないって言ったけどさ……花丸ちゃんと一緒にいるのって
誰よりも楽しいんだ」

千歌「だからそんな人と恋人関係になったら、もっと楽しくなると思う」

千歌「だから……よろしくお願いします///」

花丸「……うん!よろしくずら!」
55 :名無しで叶える物語 2018/01/10(水) 16:22:41.12 MzSw6WBM.net
この後曜ちゃんと鞠莉ちゃん、そして店内の人から祝福されました

そしてその後曜さんは善子ちゃんに告白して、無事付き合い始めました

マルと千歌ちゃん?今でもよく善子ちゃんにイタズラして
曜さんに叱られちゃったりしてます

でもちょっぴり…昔とは千歌ちゃんとの距離は変わりました
それはふとした瞬間に感じるんだ

それに…マルっていつもは千歌ちゃんに強気なんだけどね、
夜になると千歌ちゃんのが全然強いから……♡
やっぱり千歌ちゃんは上級生ずら♡
って見直した所もあるかな♡

そういう所も含めてマルと千歌ちゃんはお付き合いしているずら♡
56 :名無しで叶える物語 2018/01/10(水) 16:23:21.17 MzSw6WBM.net
マルと千歌ちゃんの物語はこれからもずっと続いていくずら!
57 :名無しで叶える物語 2018/01/10(水) 16:23:39.59 MzSw6WBM.net
久しぶりにSS書くとやっぱ慣れんわ
58 :名無しで叶える物語 2018/01/10(水) 16:24:12.68 w/EWU1EI.net
60 :名無しで叶える物語 2018/01/10(水) 16:26:48.65 GUQBOo22.net
純愛ちかまるいいぞ 乙
64 :名無しで叶える物語 2018/01/10(水) 16:28:37.93 xZW8O0rJ.net
从c*•ヮ•§ 乙するパターンだろ、コレェ!!
66 :名無しで叶える物語 2018/01/10(水) 16:35:12.02 X84TWw11.net
|c||^.- ^|| 素晴らしいパターンですわ!
68 :名無しで叶える物語 2018/01/10(水) 16:59:46.93 cQ3q7GS9.net
有能すぎだろコレぇ

千歌「花丸ちゃんは髪型変えたほうが絶対いいっ!」花丸「じゅらぁ~?」


1 :名無しで叶える物語 2018/01/11(木) 21:13:46.85 LZv0s4gO.net
花丸「考えたこと無かったずら」

千歌「例えばポニテとか!」ゴソゴソ


千歌「できたー!」

花丸「おぉ……なんかまるがまるじゃないみたいずら……」
3 :名無しで叶える物語 2018/01/11(木) 21:15:54.96 LZv0s4gO.net
千歌「チカの見立ては正しかったのだ。萌え死ぬパターンだろコレェ!」

曜「千歌ちゃーん」

千歌「あ、曜ちゃん」

花丸「じゅら〜」

曜「こ、こんにちは……」
5 :名無しで叶える物語 2018/01/11(木) 21:18:46.58 LZv0s4gO.net
曜「ねぇ千歌ちゃん、この人だれ……?」

千歌(あれ、もしかして花丸ちゃんに気付いてない……?)
花丸(あれ、もしかしてまるに気付いてない……?)

千歌「……」チラッ

花丸「……」チラッ


千歌「この人はAqoursの当たらしいメンバーなのだ」

花丸「ずら」

曜「えええええええええええええええ!?」
6 :名無しで叶える物語 2018/01/11(木) 21:22:06.18 LZv0s4gO.net
曜「んっ……?ずら?」

花丸「え、えっと……」

千歌「ヅラ!千歌がさっきヅラって言ったんだよ!」

曜「えぇ〜千歌ちゃんの声だったかなぁ〜?」

千歌「私の声に決まってるよ!だってこの人は……えーっと……」

千歌「喉を痛めてて今喋れないのだ!」
8 :名無しで叶える物語 2018/01/11(木) 21:25:47.88 LZv0s4gO.net
部室

千歌「という訳でアクアの新メンバーだよ!」

鞠莉「Ohー!ベリベリキュートガール!」

千歌「さっきも言った通り喉を痛めてて喋れないから今はラジオの音声を合成して喋ってるのだ」

ルビィ「どこのバンブルビーだビィ」

花丸『皆さん、こんにちは!よろしくな!』
9 :名無しで叶える物語 2018/01/11(木) 21:30:46.98 LZv0s4gO.net
梨子「私は梨子。よろしく。あなたの名前は?」

花丸『私はヘナメルよ。よろしくね』

果南「ヘナメルさんが入るのはいいけどさ、フォーメーションどうするの?また作り直しになるよ」

千歌「大丈夫!新メンバーは入れ替わりで加入するから!」

ダイヤ「どういうことですの?」

千歌「一人クビにするのだ!」

曜「えええええええええええええええええ(棒)」
10 :名無しで叶える物語 2018/01/11(木) 21:33:08.81 LZv0s4gO.net
数時間前

曜「なんだぁ〜。花丸ちゃんだったのか」

花丸「騙してすまんずら」

曜「でも本当ポニテになると別人みたいだね」

千歌「そうだ!果南ちゃんにドッキリを仕掛けようよ!」

花丸「どっきり?」
11 :名無しで叶える物語 2018/01/11(木) 21:35:09.43 LZv0s4gO.net
千歌「そう!普段怖い果南ちゃんをびっくりさせてあげるの!」

花丸「面白そうずら〜!」

千歌「曜ちゃんは仕掛け人ね」

曜「えぇ……」
14 :名無しで叶える物語 2018/01/11(木) 21:42:53.77 TG3/Y+gm.net
画像無いとイメージ湧かないと思うんで貼っとくぞ

29 :名無しで叶える物語 2018/01/11(木) 22:17:49.57 5ergtE1l.net
>>14
別キャラみたい
16 :名無しで叶える物語 2018/01/11(木) 21:50:25.21 LZv0s4gO.net
そして現在

善子「で、どうやってクビメンバー決めるのよ」

曜「公平にクジ引きでいいじゃない?」

千歌「それいい!」

果南「確か部室に箱の中身はなんだろなゲーム用の箱があったね」

曜「じゃあ私がくじ作るね。」

鞠莉「おねがいね!」
17 :名無しで叶える物語 2018/01/11(木) 21:52:29.18 LZv0s4gO.net
曜「できたのであります!」

千歌「じゃあみんな順番に引いていって〜」

ルビィ「花丸ちゃん来てないけどくじはどうするの?」

曜「くじが一つ余るからそれを花丸ちゃんのでいいじゃない?」

ダイヤ「まぁそれが無難ですわね」

ゴソゴソ
18 :名無しで叶える物語 2018/01/11(木) 21:55:09.13 LZv0s4gO.net
千歌「みんな〜くじ引いた〜?」

みんな「はーい!」

千歌「じゃあサンサンサンシャインでいーの!で一斉に開けるよ!」

サーンサーンサンシャイーン

いっせーのっ!

バッ
19 :名無しで叶える物語 2018/01/11(木) 21:58:08.39 LZv0s4gO.net
善子「残留っ!」

ルビィ「残留ビィ!」

ダイヤ「残留ですわ」

鞠莉「残留!当然!」

曜「私も残留」

果南「あ、残留」

花丸『あまったくじも残留です』

千歌「……」

『クビ』
21 :名無しで叶える物語 2018/01/11(木) 22:02:56.30 6paCUtEp.net
こんなのあんまりなのだ
22 :名無しで叶える物語 2018/01/11(木) 22:03:34.15 LZv0s4gO.net
千歌「え……ちょっと待って……曜ちゃん?」

果南「じゃあクビは千歌ってことで」

善子「寂しいけど……これも運命……」

千歌(ちょっと曜ちゃん!クビは果南ちゃんが引くよう仕組んでって行ったじゃん!)

曜(ミスったみたい)

千歌「ち、ちょっとまって!こんなのおかしいよ!」

梨子「変な人」

鞠莉「じゃあね千歌っち!千歌っちの輝きは忘れないから!」


千歌「なんのパターンだよこれぇ!」
23 :名無しで叶える物語 2018/01/11(木) 22:04:43.53 LZv0s4gO.net
ルビィ「ピギ」

『逆どっきり大成功』



千歌「……は?」
24 :名無しで叶える物語 2018/01/11(木) 22:08:41.29 LZv0s4gO.net
千歌「なんだよ〜マジでビビったじゃんか〜」

曜「だって千歌ちゃんが騙そうとするから」

千歌「結局全員グルだったってことかよ〜」

花丸「ずら」

千歌「いい加減にしろぉ〜!」

果南「これに懲りてドッキリなんてもうやらないこと」

梨子「安心して千歌ちゃん。誰もクビになんてならないから」

曜「めでたしめでたし!ヨーソロー!(*> ᴗ •*)ゞ」
25 :名無しで叶える物語 2018/01/11(木) 22:12:31.67 LZv0s4gO.net
ダイヤ「それではおふざけも終えたところで練習にしますわよ」

ハーイ

曜「千歌ちゃーんペア組もー」

千歌「おっけい〜」

ガヤガヤ

梨子「……」チラ

『真・クビ!w』

梨子(あわよくば……ってことね。あのアマ……!)チラッ

曜「ヨーソロー(*> ᴗ •*)ゞ」
27 :名無しで叶える物語 2018/01/11(木) 22:13:15.35 LZv0s4gO.net
おしまい

果南「ん?千歌またおっぱい大きくなった?」モミモミ 千歌「あっ♡果南ちゃん///」梨子「!?」

1 :名無しで叶える物語 2018/01/10(水) 12:47:12.74 FGhMHBHP.net
曜「果南ちゃん!私も大きくなったよ♡」

果南「おっどれどれ〜?」モミモミ

曜「んっ♡」

梨子「!?!?!?」
6 :名無しで叶える物語 2018/01/10(水) 12:53:52.42 FGhMHBHP.net
梨子「なっ///ななななな何してるんですか果南さん!!/////」

果南「えっ…何って乳比べだけど」モミモミ

千歌「ん♡果南ちゃん揉みすぎ♡」

曜「また大きくなっちゃうよ♡」

梨子「おおおおかしいですこんなこと!!!///」

果南「えー普通だと思うけどなぁ東京じゃやらないの?」モミモミ

梨子「やりません!っていうかいつまで揉んでるんですか!!!////」
8 :名無しで叶える物語 2018/01/10(水) 12:58:29.34 FGhMHBHP.net
果南「も〜これくらい普通だよ?だってほら、あれみてよ」

梨子「えっ?」

ルビィ「わぁ〜花丸ちゃんまたおっぱい大きくなったの?いいなぁ♡」モミモミ

花丸「んっ♡そういうルビィちゃんも前より大きくなってるずら♡」モミモミ

ルビィ「えへへ♡花丸ちゃんが揉んでくれるおかげかな♡」

梨子「!?!?!?!?」
9 :名無しで叶える物語 2018/01/10(水) 13:04:12.47 FGhMHBHP.net
梨子「えっ…!?えっ!?!?」

梨子(あのぴゅあぴゅあなルビィちゃんと花丸ちゃんがお互いのむ、む、胸を…!/////)

果南「ね?普通でしょ?」

梨子「おかしい…おかしいです…こんなことあるわけが…」

ガチャッ

ダイヤ「おや?皆さん集まってらしたのね」

梨子「ダイヤさん!」

梨子(そうだ!ダイヤさんならこんなことおかしいと分かるはず!)
10 :名無しで叶える物語 2018/01/10(水) 13:09:05.53 FGhMHBHP.net
梨子(ダイヤさん、このおかしな状況をなんとかして…!!)

ダイヤ「あら、果南さんまた大きくなりました?全く羨ましいですわ♡」モミモミ

果南「わっ///いきなり揉まないでよダイヤ♡」

ダイヤ「千歌さん達にはいきなりするあなたの言えたことですの?♡」モミモミ

果南「そ、それとこれとは違うのぉ♡」

梨子「な、な、な、な…ダイヤさんまで!?////」
14 :名無しで叶える物語 2018/01/10(水) 13:19:21.61 FGhMHBHP.net
梨子「ま、まさか…!こんなことあっていいの…!?」

ガチャッ

鞠莉「hello〜」

善子「堕天降臨!」

梨子「!!」

梨子(善子ちゃんと鞠莉さん!この二人、ユニットは同じだけど練習で乳比べしてるところは見たことない!!)

梨子「善子ちゃん、鞠莉さん!助けて!!」

鞠莉「What!?どうしたの?」

善子「ヨハネよ」

梨子「み、みんなが乳比べとか言ってお互いのむ、胸を揉み合ってるんです!///」

鞠莉「あ〜乳比べね。懐かしい♡」

善子「そういえば高校に上がってからしたことないかもしれないわね」

梨子「……!?」
15 :名無しで叶える物語 2018/01/10(水) 13:26:43.28 FGhMHBHP.net
鞠莉「へぇ〜♡じゃあ善子の高校初の乳比べ、マリーが貰っちゃお♡」モミッ

善子「ひゃっ♡よっヨハネだってば♡」

鞠莉「ふふ、善子結構いいおっぱいしてるじゃない♡」モミモミ

善子「うぐぐ…///調子に乗るなぁー!」モミモミ

鞠莉「あん♡善子激しい♡♡」モミモミ

善子「ククク…いつかこのおっぱいを揉みしだくやのが夢だったのよ…♡」モミモミ

鞠莉「あら♡これからは毎日揉んでもいいのよ♡」



梨子「う、嘘でしょ…!?」ボーゼン
17 :名無しで叶える物語 2018/01/10(水) 13:34:02.83 FGhMHBHP.net
梨子「………」

千歌「果南ちゃんダイヤさんに取られちゃったからよーちゃん揉んで♡」

曜「うん♡千歌ちゃんも私の揉んで♡」モミモミ

千歌「わかった♡」モミモミ

ダイヤ「どうすればこんな風に大きくなるのでしょう?」モミモミ

果南「毎日揉んでもらえばその内なるよ♡」モミモミ

ルビィ「花丸ちゃん♡」モミモミ

花丸「ルビィちゃん♡」モミモミ

鞠莉「善子夢中になりすぎ♡」モミモミ

善子「ヨハネよ♡」モミモミ

梨子「う…」

梨子「羨ましい…!!」
18 :名無しで叶える物語 2018/01/10(水) 13:35:35.17 pfGo06sk.net
正体表したね
19 :名無しで叶える物語 2018/01/10(水) 13:36:49.93 YfYpVVrp.net
素直でよろしい
21 :名無しで叶える物語 2018/01/10(水) 13:43:18.43 FGhMHBHP.net
梨子「あ、あの……!!///」

8人「?」

梨子「わ、私のむ、む、胸に興味がある人はいないのかなーって///」モジモジ

千歌「んー?胸じゃわからないな〜♡」

梨子「っ…///」

曜「梨子ちゃん、胸じゃなくて?♡」

梨子「おっ…//ぉっぱぃ…////」

ダイヤ「ふふ、おっぱいをどうしてほしいんですの?♡」

梨子「えっ…えっと…///」

ルビィ「大丈夫、怖くないよ梨子さん♡」

花丸「マル達がついてるずら♡」

梨子「わ、私のおっぱい…/////」

鞠莉「さぁ、勇気を振り絞って♡」

善子「頑張るのよリリー♡」

梨子「私のおっぱい、揉んでください!!!//////」カァァァ

果南「その言葉を待ってたよ♡」モミッ

梨子「あっ♡」
24 :名無しで叶える物語 2018/01/10(水) 13:49:37.07 FGhMHBHP.net
梨子「あっ♡あっ♡なに、これぇ♡♡」

果南「ふふ、揉まれるだけでいいの?」モミモミ

梨子「えっ?」

果南「揉んでいいよ♡」

梨子「っ…///」サワッ

果南「んっ♡」

梨子「や、やわらかい…♡」モミモミ

千歌「あー!果南ちゃんずるい!チカも梨子ちゃんと乳比べしたい!」

曜「私も梨子ちゃんのおっぱい気になるなー」

ダイヤ「まぁまぁ、時間はたっぷりありますから、順番に比べましょう?」

果南「これからは毎日揉んであげるからね、梨子♡」

梨子「は、はい…♡♡♡」


おわり
27 :名無しで叶える物語 2018/01/10(水) 13:53:02.20 /LILhgV0.net
よくわかんないからもうちょっと続けて
29 :名無しで叶える物語 2018/01/10(水) 14:39:15.20 kwgPHiMg.net
もっと人集めて乳もみで輪を作れ

千歌「え、曜ちゃんまだ下の毛生えてないの!?」曜「うぅ…//」

1 :名無しで叶える物語 2018/01/07(日) 10:18:06.53 u7e9vM0O.net
千歌「曜ちゃんはまだまだ子供だなあ…♡」

曜「そ、そんなことないもん…!///」
11 :名無しで叶える物語 2018/01/07(日) 10:38:03.42 Kzar6d2u.net
曜「千歌ちゃん!やっと生えてきたよ!」

千歌「……」ゴソゴソ

曜「何探してるの?」

千歌「剃刀だよ」

曜「剃刀なんて何に…まさか」

千歌「あったあった…よーちゃん、ちょっと大人しくしててね」ガシッ

曜「えっ…嘘でしょ……やめて!ちかちゃーん!」

イヤー!


曜「……」ツルツル

千歌「……」ニコニコ
13 :名無しで叶える物語 2018/01/07(日) 10:43:22.72 u7e9vM0O.net
曜「うぅ…おまたがチクチクしてかゆいよぅ…///」モジモジ

千歌「曜ちゃん♡そんなにアソコばちっかりいじってはしたないよ♡」

曜「だ、だって…///」

千歌「もしかしていじってもらいたいのかな?♡」

曜「ち…ちが…///」
16 :名無しで叶える物語 2018/01/07(日) 10:46:39.51 BMVMzMdb.net
千歌「ちょっと見せて?」

曜「やだよ! 恥ずかしいもん……」

千歌「失礼しまぁす」スルッ

曜「やめてっ!!」パーン

千歌「っ!?」ヒリヒリ

曜「ご、ごめん! 思ったより強く叩いちゃった」

千歌「曜ちゃん、私のこと嫌いなんだ」グスッ

曜「だからごめんってば! でも千歌ちゃんだって……」

千歌「お詫びに見せて」スルッ

曜「本当にやめてよ!」

千歌「また叩くの?」

曜「叩かないよ! でも本当に嫌なの!!」

千歌「私のこと好きなら見せられるよね」

曜「千歌ちゃんのことは好きだよ? でもそれとこれとは話が違うっていうかさ……」

千歌「見せるの? 見せないの?」ニコッ

曜「見せます……」スルスル


曜ちゃんは私のお願いなら何でも聞いてくれるんだ!えへへ!!
22 :名無しで叶える物語 2018/01/07(日) 10:58:47.91 u7e9vM0O.net
千歌「おっぱいはそこそこあるのに…」モミモミ

曜「…あっ…///やめて千歌ちゃん…///」

千歌「何故か下の毛はないよね♡」

曜「…そ、そんなに見ないでよ…///」

曜「ち、千歌ちゃんこそどうなのさ!


千歌「うーん、私は普通かなあ…」

千歌「曜ちゃん子供みたいでかわいい♡」

曜「わ、私だってすぐ生えてくるもん!!」
25 :名無しで叶える物語 2018/01/07(日) 11:06:02.97 u7e9vM0O.net
千歌「えー、どうかなあ…?」

曜「な、なにがさ!」

千歌「曜ちゃん聞いたよー」ニヤニヤ

千歌「まだお父さんと一緒にお風呂入りたいってダダこねてるって」

曜「ち、ちがっ!!パパとは一緒に入ってるけどちゃんとタオルも巻くようにしてるし…!」

千歌「やっぱり入ってるんだ♡」

曜「うぅ…///」

千歌「曜ちゃんはお子ちゃまだなあ…♡」
26 :名無しで叶える物語 2018/01/07(日) 11:11:51.74 u7e9vM0O.net
千歌「それにパパって…いつもの曜ちゃんはお父さんって呼んでるのに…曜ちゃんかわいい♡」

曜「ま、まちがえたの!パパじゃなくてお父さん!」

千歌「無理しなくてもいいじゃん♡」

曜「無理なんかしてないもん!私だってもう大人だし!」ムスー

千歌「へー…」ニヤニヤ

千歌「じゃあ大人なことしてみる?♡」

曜「いいよ!だって大人だし!余裕だよ!」フン

千歌「ニヤリ」
33 :名無しで叶える物語 2018/01/07(日) 13:27:56.11 u7e9vM0O.net
千歌「曜ちゃんはさ…」

曜「な、なにさ…」

千歌「オ○ニーしたことあるの?♡」

曜「……」

曜「……?」

曜「…お…なにー…?ってなあに?」

千歌「(…マジか…)」
34 :名無しで叶える物語 2018/01/07(日) 13:34:47.44 u7e9vM0O.net
千歌「ほんとにしらないの?」

曜「…あ」

曜「(知ってることにしないとまた子供扱いされちゃう…!)」

曜「…あ、ああ、アレね!あれ!今思い出したよ!いや〜すっかりド忘れしちゃってさ〜」アハハ

千歌「…」

千歌「…」ニヤリ

千歌「…へー、曜ちゃんはどんなオ○二ーするのかな?」

曜「え、えーと…」
36 :名無しで叶える物語 2018/01/07(日) 13:42:58.03 u7e9vM0O.net
曜「わ、私のはすごいよ!」

曜「かっこよくて、かわいくて!」

曜「どかーん!ってなって…」

曜「ええと、それから、それから…」

千歌「…道具は…?」

曜「も、もちろんいいやつ使うよ!なんたって大人だからね!」フンッ

千歌「…」ニヤニヤ

千歌「曜ちゃんスゴーイ、思った以上に大人なんだ!♡」

曜「えへへー///」
37 :名無しで叶える物語 2018/01/07(日) 13:47:06.75 MVQc19Y0.net
家に帰ってから調べて欲しい
38 :名無しで叶える物語 2018/01/07(日) 13:52:38.82 u7e9vM0O.net
>>37
いいなそれ

>>40
コンマ以下奇数
曜ちゃん家に帰って意味を調べたり聞いたりで翌日

コンマ以下偶数
意味分からないまま、千歌ちゃんにあれやこれや当日
40 :名無しで叶える物語 2018/01/07(日) 13:55:31.29 q7mnIT9n.net
はい
41 :名無しで叶える物語 2018/01/07(日) 13:59:47.57 zebvSt+/.net
間違っても梨子ちゃんあたりに聞いてはいけない(戒め)
42 :名無しで叶える物語 2018/01/07(日) 14:01:07.24 u7e9vM0O.net
奇数ね

千歌「じゃあ曜ちゃん…大人なお○にーは明日一緒にやろ?♡場所は曜ちゃんちね♡」

曜「あ、明日ね!もちろんいいよ!」

千歌「…」

千歌「(…明日曜ちゃんどんな顔してるのかな…楽しみ♡)」

曜「(きょ、今日中に意味しらべないと、また千歌ちゃんに子供扱いされちゃうよ…!)」アセアセ
45 :名無しで叶える物語 2018/01/07(日) 14:09:35.81 u7e9vM0O.net
曜「ただいまー!」

曜ママ「あら曜、おかえり!」

曜「ねえママー!教えて欲しいことがあるんだけど…!」

曜「お〇にーってなあに?」

曜ママ「」

曜「ねえねえ!」

曜ママ「こ、こらっ!バカ曜!親をからかうもんじゃありません!」ベシッ

曜「いたっ!」

曜「ひ、ひどいよ…ただ意味聞いただけなのに…」グス
49 :名無しで叶える物語 2018/01/07(日) 14:13:29.82 u7e9vM0O.net
曜ママ「(ま、まさかほんとに意味知らないの…?)」

曜「…グス…いいもん…パパ今日いるからパパに聞くもん…!」ダッ

曜ママ「ま、まちなさい曜!!」

曜ママ「…行っちゃった…」

曜ママ「(無邪気ないい子に育ってくれたのはいいけど…無邪気すぎるのも考えものね…)」

曜ママ「まああとはパパに任せるか…」
51 :名無しで叶える物語 2018/01/07(日) 14:19:32.57 u7e9vM0O.net
曜「パパー!」ギュッ

曜パパ「はっはっは、いきなりどうした曜ちゃん」

曜「あのね教えて欲しいことがあるんだけど…」モジモジ

曜「…お○にーってなにか知ってる」

曜パパ「」

曜「ねえねえ!」グイグイ

曜パパ「(まいったな…)」

曜パパ「ママには聞いた?」

曜「…うん…ぶたれた…」グス

曜パパ「…うーん…」
53 :名無しで叶える物語 2018/01/07(日) 14:31:08.43 SpWDhq/p.net
小学生の俺かな?
54 :名無しで叶える物語 2018/01/07(日) 14:35:04.73 u7e9vM0O.net
曜パパ「曜ちゃんも大きくなったら結婚して、赤ちゃんを生む時が来るかもしれないだろ?」

曜「うん…」

曜パパ「パパも詳しくは知らないけどその時の準備みたいなものなんじゃないかな?」

曜「ん〜…よく分かんないよう…」

曜パパ「あとは…そうだな…あんまり上品な言葉じゃないからあまり人の前で口に出しちゃダメだよ?」

曜「うん…分かった…」

曜パパ「よしよし、曜ちゃんはいい子だから大丈夫!」ナデナデ

曜「えへへー!パパありがと!///」


曜パパ「(…ふう…なんとかうまくごまかせたかな…)」
58 :名無しで叶える物語 2018/01/07(日) 14:45:22.32 SpWDhq/p.net
梨子ちゃん
56 :名無しで叶える物語 2018/01/07(日) 14:43:54.68 u7e9vM0O.net
曜「…うーんパパにも聞いたけど詳しくは知らないって言ってたし…」

曜「女の人に聞いた方がいいのかなあ…?」

曜「ママには怒られちゃったし…」

曜「千歌ちゃん以外のみんなに聞いてみようかな…」

曜「誰にしよう…」

>>58
60 :名無しで叶える物語 2018/01/07(日) 14:45:52.10 p0gEtzyG.net
(アカン)
61 :名無しで叶える物語 2018/01/07(日) 14:46:06.41 g4UbM3Py.net
これはまずい
66 :名無しで叶える物語 2018/01/07(日) 14:48:34.41 u7e9vM0O.net
メノノリかはわわわかどっちにしますかねえ…
>>59-70
までで多い方で
70 :名無しで叶える物語 2018/01/07(日) 14:49:23.30 zebvSt+/.net
自分は王道を往く… はわわりこちゃん!
69 :名無しで叶える物語 2018/01/07(日) 14:49:08.66 u7e9vM0O.net
間違えた>>70-80まで
71 :名無しで叶える物語 2018/01/07(日) 14:49:31.80 uYau8fC3.net
メノノリ
72 :名無しで叶える物語 2018/01/07(日) 14:49:54.00 QwdM3Q9n.net
はわわわわ
73 :名無しで叶える物語 2018/01/07(日) 14:50:00.76 g4UbM3Py.net
メノノリ安定
74 :名無しで叶える物語 2018/01/07(日) 14:50:00.81 m91P40+w.net
メノノリ
75 :名無しで叶える物語 2018/01/07(日) 14:50:02.17 0/5X+ttm.net
はわわ
76 :名無しで叶える物語 2018/01/07(日) 14:50:12.70 NlCSWk0Q.net
はわわわわ
77 :名無しで叶える物語 2018/01/07(日) 14:50:31.49 a9RhKFeA.net
メノノリ
78 :名無しで叶える物語 2018/01/07(日) 14:50:42.76 j2PPqD6+.net
ここはあえてはわわ
79 :名無しで叶える物語 2018/01/07(日) 14:50:47.00 Kzar6d2u.net
はわわ
80 :名無しで叶える物語 2018/01/07(日) 14:50:49.74 Vve4lRGu.net
メノノリ
84 :名無しで叶える物語 2018/01/07(日) 14:52:04.44 E0aoah8P.net
はわわやったぜ!
86 :名無しで叶える物語 2018/01/07(日) 14:53:17.00 0/5X+ttm.net
メイ*^ ᴗ ^リ 
97 :名無しで叶える物語 2018/01/07(日) 15:05:25.90 u7e9vM0O.net
曜「ここはやっぱり同じ学年の梨子ちゃんかな…大人っぽいし!」

曜「よっと!」

you『ねーねー梨子ちゃん!今暇?』

梨子「曜ちゃんからだ…なんだろ…」

riko『うん、大丈夫よ』

you『今から遊びに行ってもいい?』

riko『うん、いいけど…』

you『わーい!やったー!すぐ行くね*\(^o^)/*』

梨子「…よ、曜ちゃんと2人だけで遊ぶの初めてかも…///」
100 :名無しで叶える物語 2018/01/07(日) 15:11:32.64 u7e9vM0O.net
ピンポーン

梨子「いらっしゃい、曜ちゃん!」

曜「えへへー!おじゃましまする!」

梨子「お茶持ってくるね」

曜「うん!ありがとー!」


曜「…」

曜「(梨子ちゃんの部屋女の子っぽいなあ…私の部屋とは大違いだよ…)」

曜「…」クンクン

曜「(梨子ちゃんの甘い匂いがする///)」
102 :名無しで叶える物語 2018/01/07(日) 15:15:47.90 u7e9vM0O.net
梨子「お、おまたせー」

曜「ありがとー!」

曜「梨子ちゃんの部屋いつ来ても女の子らしくてかわいいね!いい匂いもするし!」

梨子「そ、そうかな///」

曜「私も梨子ちゃんみたいに女の子っぽければなあー」

梨子「よ、曜ちゃんの方が私なんかよりすごいかわいいよ!///」

曜「え…」

梨子「…///」

曜「あ、ありがと///」
104 :名無しで叶える物語 2018/01/07(日) 15:20:10.71 u7e9vM0O.net
曜「(な、なんだろこの雰囲気…///)」

曜「(あ、てかあのこと聞かなきゃじゃん!)」

曜「あ、あの梨子ちゃんに教えてもらいたいことがあるんだけど!」

梨子「は、はい!」

曜「梨子ちゃん大人っぽいしきっと知ってると思うんだけど…」

曜「お○にーってなにか知ってる…?」

梨子「」
107 :名無しで叶える物語 2018/01/07(日) 15:33:00.42 u7e9vM0O.net
梨子「お、おおおななななな…////」

曜「あ、梨子ちゃん知ってるんだ!」ワクワク

頭ペシッ

曜「いたっ!?」

梨子「よ、曜ちゃんのバカ!///」グス

曜「り、梨子ちゃん!?」

梨子「そ、そんな変なこときいて!曜ちゃんなんて嫌い!///」ダッ

曜「り、梨子ちゃーん!!」
109 :名無しで叶える物語 2018/01/07(日) 15:38:27.83 u7e9vM0O.net
梨子「(ど、どうしよう…いきなりあんなこと聞かれて…頭真っ白になって…)」

梨子「(曜ちゃんの頭たたいて家から出てきちゃった…)」

梨子「(き、嫌われちゃったかな…)」ポロポロ

曜「梨子ちゃーん!」

梨子「よ、曜ちゃん…ごめんね…私…」グス

曜「ううん、悪いのは私だよ…変なこと聞いちゃってごめんね…」ギュッ

梨子「ううん…わたしこそ叩いちゃって…ごめんね…」

曜「仲直りしよ!」ギュッ

梨子「曜ちゃん…///」
111 :名無しで叶える物語 2018/01/07(日) 15:43:25.50 u7e9vM0O.net
梨子「(曜ちゃん…優しいな…私も逃げちゃダメだ…!)」

梨子「あ、あのね…曜ちゃん…さっきの話なんだけど…」

曜「ん、なあに?」

梨子「その、さっきのお、おな…///」

曜「!教えてくれるの!?」

梨子「…///」コク

曜「わーい!梨子ちゃん大好きー!」ギュッ

梨子「…///」
113 :名無しで叶える物語 2018/01/07(日) 15:48:42.10 u7e9vM0O.net
梨子の部屋

梨子「…か、簡単に言うとね…気持ちよくなることなの…」

曜「気持ちよくなること…?」キョトン

曜「でもどーやって…?」

梨子「…///」

梨子「い、1度しかやらないからね…///」

曜「…!///」

曜「り、梨子ちゃんスカートめくってなにを…///」

クニュ

梨子「…ん…///」

曜「…!」
120 :名無しで叶える物語 2018/01/07(日) 15:55:48.95 u7e9vM0O.net
梨子「…ん///…あっ…///」クニクニ

曜「(な、なんか)」ドキドキ

梨子「…///」ハァハァ

曜「(り、梨子ちゃん顔真っ赤…//」

梨子「…よ、曜ちゃん…///」

曜「(え、えろい…///)」

梨子「…んっ///やっ…///」クニクニ

曜「(なんか私も…おまたが変な感じする…///)」

曜「…///」モジモジ
121 :名無しで叶える物語 2018/01/07(日) 16:00:14.76 u7e9vM0O.net
梨子「…///」ハァハァ

曜「(わ、私も変な気持ちになって…きた…///)」

梨子「…っあん…!///」

曜「…!」ビクッ


梨子「こ、こんな感じかな…///」

曜「り、梨子ちゃん///」

曜「(な、なんだろう…梨子ちゃん顔真っ赤で心配なんだけど、それよりも…)」

曜「(…か、かわいくて抱きしめたいちゃい…///)」
125 :名無しで叶える物語 2018/01/07(日) 16:26:40.44 0/5X+ttm.net
梨子
124 :名無しで叶える物語 2018/01/07(日) 16:26:05.93 u7e9vM0O.net
このまま押し倒して梨子ちゃんにいじめてもらうか、それともスレタイどおり翌日千歌ちゃんにいじめてもらうかどっちがいいかなあ…

欲張りセットは無理だから希望とるわ

>>125-140までの多い方で
126 :名無しで叶える物語 2018/01/07(日) 16:26:58.72 XU/Oj+Ew.net
梨子
130 :名無しで叶える物語 2018/01/07(日) 16:31:00.32 u9kbEdEk.net
りこりこリコッピーで
どっちにしろいじめられるのか(困惑)
138 :名無しで叶える物語 2018/01/07(日) 16:38:34.69 8X+m9tag.net
りこっぴー
156 :名無しで叶える物語 2018/01/07(日) 19:28:50.82 u7e9vM0O.net
曜「(ってダメだダメだ…!)」

曜「あ、ありがと梨子ちゃんだいたいわかったよ!///」


梨子「…///」裾ギュッ

梨子「…か、帰っちゃうの?///」

曜「!」

梨子「曜ちゃんずるいよ…」

梨子「…私だけ恥ずかしい思いするばっかりなの…?///」グス

曜「り、梨子ちゃん…」
159 :名無しで叶える物語 2018/01/07(日) 19:48:14.97 u7e9vM0O.net
梨子「…私、もっと曜ちゃんと仲良くなりたいよ…///」グス

曜「わ、分かった!私もじゃあやってみるね…!///」

曜「(確か…こうやっておまたに手を当てて…)」

ザリザリ

曜「(うーん…ジーンズの上からだからよく分からない…)」

曜「梨子ちゃん私ちょっと服脱ぐね!」ヌギヌギ

梨子「よ、曜ちゃん!?///」

曜「ふうっ」下着ダケ-
161 :名無しで叶える物語 2018/01/07(日) 19:53:35.14 u7e9vM0O.net
梨子「…///」ジー

曜「り、梨子ちゃん!そんなにじっと見ないでよ…///」

梨子「…だ、だって曜ちゃんが急に脱ぎ出すから…//」

曜「こ、更衣室でよくみてるじゃん!」

梨子「…今日は部屋で2人っきりだし…///」

曜「…っなっ///」カァァ

曜「も、もう!変なこと言って!///こうなったら梨子ちゃんも脱ぐの!!」

梨子「え、え〜!///」
165 :名無しで叶える物語 2018/01/07(日) 19:58:02.14 u7e9vM0O.net
梨子「…うぅ…///」下着ダケー

曜「…」ジトー

梨子「そ、そんなに見ないで…///」

曜「えへへ!さっき見られたお返しだもん!♪」

梨子「…曜ちゃんのバカ…///」


曜「…//」
梨子「…//」

曜「(な、なんだろうこの空気…//)」
168 :名無しで叶える物語 2018/01/07(日) 20:07:34.09 u7e9vM0O.net
曜「そ、そうだ!お○にーっていうのやってみるんだった!」

梨子「よ、曜ちゃん…そんな大きい声で…///」

曜「えへへー!ちょっと恥ずかしいけど…」

曜「(た、確かおまたをこうやって…)」

グニグニ

曜「…ん?」

グニグニ

曜「(…うーん?)」

曜「(ちょ、ちょっとくすぐったいけど…あんまりよくわかんないかも…)」

梨子「…どう?曜ちゃん…」

曜「え、う、うん…気持ちいいよ!」アセアセ

梨子「…」
169 :名無しで叶える物語 2018/01/07(日) 20:12:30.74 u7e9vM0O.net
梨子「…ほんとに…?」

曜「…う、うん!」

梨子「…」

梨子「…曜ちゃんあのね…実はさっき言ってなかったコツがあるの…」

曜「そ、そうなの」

梨子「…する時にね、大好きな人のことや、その人のえっちなところを想像するの…」

曜「…え///」

梨子「そ、そうすればうまくできるかも…」

曜「(だ、大好きな人やその人のえっちなとこ…)」
172 :名無しで叶える物語 2018/01/07(日) 20:20:15.50 u7e9vM0O.net
曜「(う、うーん)」

曜「(確かあの時…)」

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
梨子「…ん///…あっ…///」クニクニ

梨子「…///」ハァハァ

曜「(り、梨子ちゃん顔真っ赤…)

梨子「…んっ///やっ…///」クニクニ

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

曜「(お、おまたが変な感じになって…)」

グニ

曜「…んっ///」
174 :名無しで叶える物語 2018/01/07(日) 20:28:49.99 u7e9vM0O.net
曜「(あ、頭がポーってなって…///)」

グニグニ

曜「…んっ…ん…///」

梨子「(…目つむって…曜ちゃんかわいい…///)」ジー

曜「(…き、気持ちいい…かも…//)」

曜「…んっ//梨子っ…ちゃん…っ!//」グニグニ

梨子「!」

梨子「(私の名前呼んでくれた…!)」

梨子「(わ、私のこと考えてくれたのかな…///)」
179 :名無しで叶える物語 2018/01/07(日) 20:49:10.92 u7e9vM0O.net
梨子「曜ちゃん…//」

曜「…ふ、ふえ…///」

梨子「私はここにいるよ…♡」ギュッ

曜「り、梨子ちゃん…///!」ハァハァ

曜「(わ、私お○にー…しちゃったの…かな…///)」

梨子「曜ちゃん…かわいかったよ♡」

曜「…//」テレテレ
180 :名無しで叶える物語 2018/01/07(日) 20:57:07.56 u7e9vM0O.net
梨子「…でも曜ちゃん、力いれていじりすぎ…かな…」

梨子「曜ちゃんの大事なトコなんだからもっとやさしくしてあげて…//」

曜「や、やさしく…?///」

梨子「そう…こうやって…」

クニ…

曜「…やっ…///」ビクッ

梨子「どう…かな?♡」

曜「だ、ダメだよっ…!んっ///」

曜「そ、そこおしっこするとこなのに…、き、きたないから…///…っ!///」

梨子「きたなくなんかないよ…♡」
183 :名無しで叶える物語 2018/01/07(日) 21:07:41.31 u7e9vM0O.net
クニクニ

梨子「…曜ちゃん…パンツびちょびちょだよ…///」

曜「わ、分かんない///おしっこしてないのになんで…///」

梨子「気持ちいい証拠なんだよ♡」クニクニ

曜「…あんっ…///」

クチュ

曜「!」

曜「…だ、ダメっ!パンツの中は///」

梨子「(あ、あれ曜ちゃんもしかして…)」

曜「…やっ///くっ…///」
186 :名無しで叶える物語 2018/01/07(日) 21:16:11.94 u7e9vM0O.net
曜「…や、やだ…!パンツ脱がさないで…///」

スルリ

曜「…や、やだぁ…」グス

梨子「や、やっぱり…生えてない…」ジー

曜「…うぅ…梨子ちゃんにも見られちゃった///」

梨子「梨子ちゃんに…も…」

曜「う、うん…千歌ちゃんにお子ちゃまだってバカにされたから隠したかったのに…」

梨子「(そっか…千歌ちゃんはもう先に…)」ズキ
187 :名無しで叶える物語 2018/01/07(日) 21:24:08.83 u7e9vM0O.net
曜「ど、どうしたの梨子ちゃん?」

梨子「な、なんでもないのよ…」

梨子「(知らなければよかったな…)」

曜「…」

曜「…」ギュッ

梨子「よ、曜ちゃん?///」

曜「裸で恥ずかしいけど…///これで寂しくないよ!梨子ちゃん!」ギュ-

梨子「ありがと…曜ちゃん///」ギュッ
188 :名無しで叶える物語 2018/01/07(日) 21:30:02.24 u7e9vM0O.net
梨子「じゃあ続きするね?」ニコ

曜「や、やっぱりするの?///」

梨子「もちろん♡」クニクニ

曜「…ふぁ…///やんっ…///」

梨子「ここはどうかなあ…?♡」クリクリ

曜「…っ!//」ビクッ

梨子「あ、ビクッってなった♡」

曜「り、梨子ちゃん…そこ…ダメっ///」

梨子「…曜ちゃん…♡」

曜「…やっ!!くっ!!あんっ!!///」

梨子「曜ちゃん声大きくなってるよ…///」
189 :名無しで叶える物語 2018/01/07(日) 21:35:04.27 u7e9vM0O.net
曜「…だ、だって!///」



梨子ママ「梨子ちゃーん!!」


曜梨子「!」

梨子ママ「なんか声聞こえたんだけどどうかしたのー!?」1階から

梨子「な、なんでもないのよ!お母さん!」ドキドキ

梨子ママ「あら、そうー??」

梨子ママ「あんまり騒いじゃだめよー!」

梨子「は、はーい!」


梨子「…ふぅ」
192 :名無しで叶える物語 2018/01/07(日) 21:43:44.31 u7e9vM0O.net
梨子「今度声出したらめってするからね…♡」

曜「そ、そんな…んっ…///」

梨子「…///」クリクリクリクリ

曜「…〜〜〜〜〜っ///」

曜「(もう…だ…め…声出ちゃうよ…///)」

梨子「曜ちゃん…曜ちゃん…///」クリクリ

曜「…やんっ!…///あっ!///…ん〜〜〜〜〜っ!」ビクビクビク
209 :名無しで叶える物語 2018/01/07(日) 23:20:03.16 u7e9vM0O.net
曜「…ハァハァ///」

梨子「…!」

シーン

梨子「(よ、よかったお母さんに気づかれてない…!)」

曜「(…こ、腰がガクガクしてうまく動けないよ…///)」

梨子「曜ちゃん…気持ちよかった…?♡」

曜「…う、うん…」

頭ペシッ

梨子「大きな声出しちゃ出したからメっ♡だよ///」

曜「…///」

曜「梨子ちゃん大好き…♡」ギュッ

梨子「私も…♡」ギュッ
210 :名無しで叶える物語 2018/01/07(日) 23:24:14.28 u7e9vM0O.net
ドタドタドタドタ

梨子「(…!?まずい!?誰かくる!?)」

バーン!!

千歌「…」

曜「…ち、千歌ちゃん!どうしてここに…!?」

千歌「梨子ちゃんと遊ぶ予定があるって言ったら梨子ちゃんのお母さんすぐに通してくれたよ」ニコニコ

梨子「…ち、千歌ちゃん…怖い…」

千歌「カーテン開けっ放しで2人だけで楽しそうなことしてるなあって思って♡」
211 :名無しで叶える物語 2018/01/07(日) 23:30:26.44 u7e9vM0O.net
千歌「2人とも下着姿…曜ちゃんはスッポンポンだし…なにしてたのかな♡」

梨子「あの…その…///」

千歌「私もいれて♡」

曜「え、えー!!?///」

千歌「だいたい曜ちゃんお○にー知らないんじゃなかったの??」

曜「あ、う…それはその…///」

千歌「それに梨子ちゃん…♡まだ気持ちよくなってないよね千歌には分かるよ♡」

梨子「ま、まあ…それは…その…///」
213 :名無しで叶える物語 2018/01/07(日) 23:36:23.65 u7e9vM0O.net
千歌「私が気持ちよくしてあげる…♡」

ンチュ…

梨子「ち、千歌ちゃ…んっ///」

千歌「梨子ちゃん…梨子ちゃん…♡」レロレロ

梨子「あっ♡千歌ちゃん…♡」

スルリ
梨子「あ、だ、ダメ…///」

千歌「梨子ちゃんのココ、すごいきれい♡」チュッ

梨子「や…//千歌ちゃん…あん…//」



曜「…あ…あ…梨子ちゃんが…」
215 :名無しで叶える物語 2018/01/07(日) 23:44:58.88 u7e9vM0O.net
千歌「梨子ちゃんかわいい♡」ボソッ

梨子「…っ!///」ビクッ

千歌「甘いいい匂いするし、大人っぽい…もう千歌のものだよ…♡」

梨子「…ハァハァ」


千歌「…」チラッ

曜「…///」ドキドキ

千歌「…ニヤリ」

千歌「…曜ちゃんは…」

曜「な、なに…///」

千歌「…確かお○にーするんだったよね♡」

曜「!」
217 :名無しで叶える物語 2018/01/07(日) 23:49:07.27 1pniqQ95.net
えっろ過ぎでしょ
218 :名無しで叶える物語 2018/01/07(日) 23:49:22.02 u7e9vM0O.net
千歌「…かっこよくて、かわいい…どかーんてなるお○にー♡」

曜「(そ、そういえばそんなこと言っちゃったかも…)」

千歌「じゃあ私は梨子ちゃんと楽しんでるから曜ちゃんは1人で頑張ってね♡」


曜「…そ、そんな…」


千歌「…梨子ちゃん♡」ンチュ

梨子「…ん///…あん///」


曜「…うぅ…」
220 :名無しで叶える物語 2018/01/07(日) 23:55:20.77 u7e9vM0O.net
曜「い、いいもん…///」

クチュ…

曜「…ひゃっ…///」


千歌「りーこちゃん♡」モニュモニュ

梨子「…千歌ちゃん…んっ///私壊れちゃうよう…///」

千歌「…♪」グイッ

梨子「…あっ!///あっ!///」ビクッ


曜「…」クチュクチュ
221 :名無しで叶える物語 2018/01/08(月) 00:02:43.66 kciMp48Y.net
梨子「あっ///あっ///」

曜「…梨子ちゃんあんなにえっちな声出してる…」


曜「…ん///」クチュ

曜「(…私も一緒に…)」

千歌「…えい♡」

梨子「っあっ///っああああん////」ビクビク

曜「…」

曜「…グス」

曜「…寂しいよぅ」ポロポロ

千歌「…♡」

千歌「どうしたの?曜ちゃん…うらやましいの…?♡」

曜「…うん…」グス

千歌「しょうがないなあ…♡」
222 :名無しで叶える物語 2018/01/08(月) 00:05:18.50 iX/eZvYs.net
攻めっち最高かよ
225 :名無しで叶える物語 2018/01/08(月) 00:07:07.10 4rw7ooz.net
2
226 :名無しで叶える物語 2018/01/08(月) 00:07:40.07 UJa7ih5b.net
2
227 :名無しで叶える物語 2018/01/08(月) 00:07:45.29 wuFX9isd.net
2
224 :名無しで叶える物語 2018/01/08(月) 00:06:34.57 kciMp48Y.net
最後だから多数決じゃなくて安価で
>>227

1、曜ちゃんに特製バイブを渡して最後まで放置プレイ

2、曜ちゃんを仲間に入れてあげる
228 :名無しで叶える物語 2018/01/08(月) 00:07:49.35 eNRmiFZL.net
2
229 :名無しで叶える物語 2018/01/08(月) 00:07:51.48 7CMHNGWD.net
2
230 :名無しで叶える物語 2018/01/08(月) 00:07:51.11 dPlcZCBX.net
2
231 :名無しで叶える物語 2018/01/08(月) 00:08:09.80 4rw7ooz.net
素晴らしい団結力
234 :名無しで叶える物語 2018/01/08(月) 00:13:26.07 kciMp48Y.net
曜「な、仲間入れてくれるの!?」

千歌「そ〜だなあ♡」

千歌「ちゃんとごめんなさいできたらいいよ!♡」

曜「…う…」

千歌「ほんとはお○にーなんて全然知りませんでしたごめんなさいって♡」

曜「…ヒック…ほんとは…お○にーなんて…知らなったヒック…です…」グス

曜「…ヒック…嘘ついてごめんなさい…ヒック」グスグス

千歌「よしよし素直でよろしい♡」ナデナデ
237 :名無しで叶える物語 2018/01/08(月) 00:18:38.76 kciMp48Y.net
千歌「あとお願いね!♡」

曜「…え…」

千歌「えっちな私を気持ちよくしてくださいって♡」

曜「…そ、そんなこと言えない…///」

千歌「じゃあ無理かなー残念♡ね、梨子ちゃん♡」クリクリ

梨子「…あっ//…あっ//」ビクビク

曜「…///」

曜「わ、分かった///い、言うから…///」

曜「…え、えっちな…私を」プルプル

曜「…気持ちよく…してください…!」カァァ

千歌「…」ゾクゾク
239 :名無しで叶える物語 2018/01/08(月) 00:24:15.10 kciMp48Y.net
千歌「いいこいいこ♡」ナデナデ

千歌「いじわるしてごめんね曜ちゃん♡」

曜「…///」

千歌「じゃあ私の膝の上においで…♡」

曜「こ、こう…?///」ポスッ


千歌「曜ちゃんのココかわいい♡」クリクリ

曜「…んあっ///おこさまって…//んっ…//バカにしたくせに…///」

千歌「そんなこと無いよ♡すっごいきれいで私大好き♡」クリクリ

曜「…あっ!あっ!///ビクッ」
242 :名無しで叶える物語 2018/01/08(月) 00:29:25.36 kciMp48Y.net
千歌「曜ちゃんの中はどうなってるのかな…?♡」クチュ

曜「(…千歌ちゃんの指が私の奥に…!)」

クチュクチュクチュクチュ

曜「…お、おなか…んっ…熱いよう…!///」

千歌「こっち向いて曜ちゃん♡」

ンチュ

曜「(…き、キスも…)」

曜「(き、気持ちいい…//)」

梨子「…やん//あん///」

曜「(…りこちゃんの喘ぎ声も…いつものきれいな声の梨子ちゃんが…)」
243 :名無しで叶える物語 2018/01/08(月) 00:35:21.06 kciMp48Y.net
曜「…あっ!あっ!///」ビク

梨子「(…いつも元気なで無邪気な曜ちゃんが…あんな姿に///)」

梨子「よ、曜ちゃん…♡」

曜「…あっ///」

曜「(梨子ちゃんが…私のこと呼んでくれた…りこちゃん…)」

曜「…んっ///りこちゃん…♡」

梨子「…///」


千歌「(2人とももうこんななのに名前で呼びあっちゃってかわいいなあ♡)」
244 :名無しで叶える物語 2018/01/08(月) 00:41:21.31 kciMp48Y.net
千歌「じゃあ最後は2人仲良く気持ち良くね♡」

グイッ…クチュクチュクチュクチュクチュ

曜「あっダメ!///私…んっ!///」ビクビク

梨子「曜ちゃん…曜ちゃん…」ビクビク

曜「あっあっあっあっ!///」

梨子「んっ//やっ///ダメ///」


曜「っん〜〜〜!!////♡♡♡」プシャァー

梨子「やっ//ん〜〜!///♡♡♡」ビクビク


千歌「ふぅ♡」
245 :名無しで叶える物語 2018/01/08(月) 00:45:48.19 kciMp48Y.net
〜〜〜〜〜〜

曜「ご、ごめんね梨子ちゃん私のせいで布団びちょびちょで…///」

梨子「い、いいのよ、洗えばすぐだし///」

曜「そいえば千歌ちゃんすぐ帰ってっちゃったね…」

梨子「う、うん…」


曜「…!そうだ!」

曜「今度千歌ちゃんに仕返ししよ!2人で!」

梨子「そ、そんな、無理だよ///」

曜「2人ならいけるよ!絶対だからね!」

梨子「だ、大丈夫かなあ…//」
246 :名無しで叶える物語 2018/01/08(月) 00:46:34.40 kciMp48Y.net
仕返しを誓ったようりこであった。
返り討ちに合ったかは誰も知りません。

おしまい
247 :名無しで叶える物語 2018/01/08(月) 00:47:45.10 oO483XKd.net
メイ*^ ᴗ ^リ ありがとう♪
249 :名無しで叶える物語 2018/01/08(月) 00:49:54.00 OQzj1kD1.net
はわわ梨子ちゃんから正直最高でしたわありがとう
250 :名無しで叶える物語 2018/01/08(月) 00:50:49.61 z37kQtUM.net
やっぱりはわわなんだよなぁ
253 :名無しで叶える物語 2018/01/08(月) 00:54:54.56 pfQsn7cV.net
|c||^.- ^|| 最高ですわ

(ピンポーン!)千歌「あっ!牛乳屋さんだ!」

1 :名無しで叶える物語 2018/01/08(月) 10:24:06.47 xyFrreFB.net
千歌「はいは〜い!よいしょっと!」ガララッ

聖良「おはようございます、千歌さん」

千歌「聖良さん!!」

聖良「牛乳を届けにきましたよ」

千歌「もぅ〜。ずっと待ってたんだからね!さぁ、入って入って!」

聖良「ええ。それではお邪魔しますね」
3 :名無しで叶える物語 2018/01/08(月) 10:27:56.01 xyFrreFB.net
千歌「ねぇ、聖良さん!!早く早く!!」

聖良「別に慌てなくても結構ですよ。牛乳は逃げませんから」ニコッ

千歌「えへへっ///」

聖良「では、よいしょっと…」ヌギヌギ

聖良「お待たせしました」ブルン

聖良「さぁ、搾りたてを召し上がれ♪」

千歌「わぁ…ミルクだぁ///」モニュ
4 :名無しで叶える物語 2018/01/08(月) 10:29:34.53 lryU+Osd.net
産地直送過ぎる
6 :名無しで叶える物語 2018/01/08(月) 10:32:42.03 xyFrreFB.net
千歌「いただきま〜す///」あむっ

聖良「ん”っ♡」

千歌「…///」チュパチュパ

聖良「あ”っ♡あ”っ♡」

聖良「ち、千歌さん。もっとゆっくり吸って頂けませんか?///」

千歌「ううん。やだ…///」チュパチュパ

聖良「えっ?!」

千歌「だって千歌、聖良さんが来るまで喉カラカラだったんだもん…」
11 :名無しで叶える物語 2018/01/08(月) 10:40:03.52 xyFrreFB.net
千歌「全部搾り取るまで絶対離さないんだから…///」レロレロ

聖良「だ、だからってそんな…おほっ♡」ビクッ

千歌「んぐっ…んぐっ…」レロチュパ

聖良「はぁあああ♡♡♡」

千歌「んぐっ…んぐっ…ぷはぁっ!!」
16 :名無しで叶える物語 2018/01/08(月) 10:46:25.68 xyFrreFB.net
聖良「ち、千歌さん。それ以上刺激されたら、私…///」

聖良「あ”っ♡あ”っ♡」ビクッ

千歌「へっ?せ、聖良さん…?」

聖良「はっ…あっ……///」

聖良「イ”ッ♡イ”グゥ”…♡♡♡」ビクンビクン





\ プシャーーーーー!!!!!!! /
19 :名無しで叶える物語 2018/01/08(月) 10:52:41.41 xyFrreFB.net
千歌「ひゃあ?!」

聖良「ゔっ…ハァハァ…///」

千歌「………………」ポタポタ

聖良「あっ!す、すみません千歌さん!勢いあまって顔面に牛乳が…!」

千歌「………………」

聖良「えーと、ティッシュティッシュは…」

千歌「ちょっと、聖良さん…?」

聖良「へっ?」
20 :名無しで叶える物語 2018/01/08(月) 10:58:59.68 xyFrreFB.net
千歌「酷いよ!顔に牛乳ぶっかけるなんて!変態!」

聖良「ち、ちがうんです。今のは不可抗力というかなんというかその…」

千歌「許さない…」

聖良「えっ?千歌さん…?」

千歌「聖良さんに責任取ってもらうからね!」ヌギヌギ

聖良「い、一体何をしてるんです…?」

千歌「ミカンジュース、飲んでって!」ボイン
24 :名無しで叶える物語 2018/01/08(月) 11:04:07.69 pPcOc46E.net
これがフルーツ牛乳か
27 :名無しで叶える物語 2018/01/08(月) 11:12:55.31 9CUksmsD.net
天才かよ
28 :名無しで叶える物語 2018/01/08(月) 11:14:22.82 xyFrreFB.net
聖良「んっ?ミカンジュース…?」

千歌「そうですよ!果汁100パーセントで甘くて美味しいんだから!」

聖良「………………」

千歌「あれ?どうしたんですか?」

聖良「それじゃあ、こうしませんか?」

聖良「千歌さんの先端と、私の先端を擦り合わせて…」スリスリ

千歌「あっ♡な、何するの聖良さん…///」
34 :名無しで叶える物語 2018/01/08(月) 11:27:23.65 xyFrreFB.net
聖良「よいしょ♡よいしょ♡」

千歌「んっ♡んっ♡」ビクッ

千歌「そんなに激しく擦り合わせたら…///ひゃあ///」

聖良「まだまだ足りませんね。ほらほら♡」スリスリ

千歌「んっ♡んっ♡」ビクッ

千歌「な、なんかくる…!」

聖良「えっ?」

千歌「ハァハァ…///」ビクンビクン

聖良「ち、千歌さん?!」
38 :名無しで叶える物語 2018/01/08(月) 11:34:05.88 xyFrreFB.net
千歌「はぁあああ♡♡♡」

聖良「私も限界ですぅ♡♡♡」

千歌「ハァハァ…///」

千歌「せ、聖良さん…///二人で一緒に出そう?///」

聖良「わかりました///千歌さん…///」

聖良「いっぱい出してくださいね♡ミカン汁♡」

スリスリ

スリスリ

千歌「あああ♡♡♡出ちゃう〜♡♡♡♡♡」





\ プシャーーーーー!!!!!!! /
41 :名無しで叶える物語 2018/01/08(月) 11:50:27.87 xyFrreFB.net
志満「んっ?何かしら?」



美渡「どうしたの志満ねぇ?」煎餅バリバリ

志満「さっきから二階が騒がしいような…?」

美渡「ああ。どうせ千歌の事だから、またダンスの練習でもやってんじゃないの?」

志満「………………」

志満「美渡ちゃん…」

美渡「えっ?」

志満「ちょっと様子見てきてくれる?」
43 :名無しで叶える物語 2018/01/08(月) 11:57:49.96 xyFrreFB.net
美渡「はっ?なんで私が…?」

志満「うん。私ちょっと今手が離せないから」

美渡「大丈夫大丈夫。そのうち静かになるって」煎餅バリバリ

志満「………………」

志満「美渡ちゃ〜ん?」ニコッ

美渡「」ゾクゾクッ!!



美渡(ったく、しょうがないなぁ…)てくてく
44 :名無しで叶える物語 2018/01/08(月) 12:08:40.49 xyFrreFB.net
美渡「おーい!!バカ千歌ァ!!」

美渡「お前朝っぱらから何やってんだ!!」ガララッ



千歌「あああ♡♡♡出ちゃう〜♡♡♡♡♡」 





\ プシャーーーーー!!!!!!! /



美渡「………………」

ポタポタ…
45 :名無しで叶える物語 2018/01/08(月) 12:13:14.50 xyFrreFB.net
千歌「あっ、美渡ねぇ」

聖良「お邪魔してます」

美渡「………………」ポタポタ

聖良「良かったら美渡さんもどうですか?」

聖良「フルーツ牛乳。美味しいですよ?」ニコッ

美渡「」




美渡「北海道に帰れーーーーー!!!!!」


〜完〜
46 :名無しで叶える物語 2018/01/08(月) 12:15:22.15 tKjmHs5E.net


美渡さんのみかんジュースも飲んでみたいです
47 :名無しで叶える物語 2018/01/08(月) 12:16:13.05 9CUksmsD.net
おつ
美渡志満ねぇの完熟みかんもいいぞ
54 :名無しで叶える物語 2018/01/08(月) 13:54:35.98 ZX7Pq26T.net
???「ミルク出ちゃう!」
55 :名無しで叶える物語 2018/01/08(月) 13:57:28.14 Ecz7N2d/.net
>>54
理亞ルビ編もできるな!

曜「一途な想いと勘違い」

2 :名無しで叶える物語 2018/01/08(月) 18:31:52.57 G1G81L4L.net
最近どんどんと募る想い。

この想いをどうしたらいいだろ?

スクールアイドルを始めてからどんどん綺麗に可愛くになっていく千歌ちゃん。

いろんな人と仲良くなり、いろんな人が千歌ちゃんの魅力に引き寄せられている気がして。

「このままじゃ誰かに千歌ちゃんを盗られちゃう!」っていう思いが日に日に膨らんでいった。

そんな中函館でのクリスマスライブが終わった後、Aqoursのみんなでクリスマスパーティを開くことになった。

絶好の機会だと考えた私はずっと、ずーーーっと前から想いを寄せていた幼馴染の千歌ちゃんに告白することにしたんだ!

流石にパーティー中はそんなこと出来ないから、終わった後二人きりになった時にするんだけど。

それが結構難しくて、結局は果南ちゃんにお願いして2人になれるようにしてもらったんだ。

まあどうやって誘い出してくれたのかはわからないんだけどね。
3 :名無しで叶える物語 2018/01/08(月) 18:32:57.13 G1G81L4L.net
千歌「いやぁー、函館でのライブ大成功だったねー。」

曜「そうだねー。」

曜「でもまさかSaint Snowの2人と一緒にSaint Aqours Snowとしてライブに参加するとは思わなかったけど。」

千歌「私も思いもしなかったけど、結果的には良かったんじゃないかなって思ってる。」

曜「千歌ちゃん?」

千歌「Saint Snowの2人とはライブライブのステージで競演出来なかったのも寂しかったし。」

千歌「それに色々相談に乗ってもらった聖良さんに少しでも恩返し出来たのかなっ、なーんてね♪」テヘッ

曜「・・・。」
4 :名無しで叶える物語 2018/01/08(月) 18:34:14.79 G1G81L4L.net
やっぱりだ。

やっぱり千歌ちゃんの世界が広がっていく気がする。

どんどんどんどん広がってきっと私との距離もどんどん広がっていって、いずれ私のことなんて忘れちゃいそう。

こんな状態で告白しても成功するのか?

失敗して幼馴染として付き合うのさえ無理になったりしないのか?

一緒に遊んだり、一緒にご飯を食べたり、一緒にお話したりするもの出来なくなっちゃわないかな?

そんなことないって!思いたいけど、私の想いはネガティブな方向に向かいそうになる。
6 :名無しで叶える物語 2018/01/08(月) 18:36:36.00 G1G81L4L.net
千歌「もう!よーちゃん!私の話ちゃんと聞いてるの!」

曜「へっ?あー、も、もちろんだよ。」

曜「私が千歌ちゃんの話を聞き逃すわけないのであります!」ケイレイッ

千歌「じゃあ何の話してたか言ってみてよ!」

曜「えー、あー、そのー・・・。」

曜「・・・、ごめん聞いてませんでした・・・。」

千歌「どうしたの?よーちゃん疲れてるの?」

千歌「冬休みだけどラブライブに向けて練習もあるし、早く帰ろうよ!」

曜「ううん、ちょっと考え事してただけだから大丈夫だよ」
7 :名無しで叶える物語 2018/01/08(月) 18:38:52.00 G1G81L4L.net
曜「もう少しだけ一緒におしゃべりしてくれないかな?」

千歌「むー、まー私はいくらでもいいんだけど、果南ちゃんからもお願いされたし。」

果南ちゃんからのお願い?どんな誘い方したの果南ちゃん。

やっぱり頼む人間違えちゃったかな?

千歌「それにしてもやっぱり寒いね!息も真っ白!」

千歌「あれ?よーちゃんひょっとして手袋してないの?」

千歌「寒がりなのに忘れちゃったの?」

曜「あはは、実はそうなんだ〜。」

曜「急いで出てきたから忘れちゃったんだよね。」
8 :名無しで叶える物語 2018/01/08(月) 18:41:49.00 G1G81L4L.net
曜「でもコートの中に手を入れてるから大丈夫だよ!」

コートに突っ込んだ手をアピールするように見せてみた。

すると千歌ちゃんがじーっと私を見つめて。

千歌「よーちゃん。私が手袋持ってるからこれを付けて!」

千歌「コートに手を入れたままだとこけた時に危ないよ!」

曜「でもそれじゃあ千歌ちゃんの手が冷たくなっちゃうよ。」

いーの!はいっ!と左手の手袋を渡してきた千歌ちゃん。

左手だけ?って考えていると急に近寄ってきて、右手側のコートに左手を入れてきた千歌ちゃん。

千歌「えへへ♪こーしたら身体も寄り添えるし、二人とも温かくなるからお得だね♪」
11 :名無しで叶える物語 2018/01/08(月) 18:44:52.30 G1G81L4L.net
曜「っ〜〜///」

千歌ちゃんって本当に天然たらしだと思う!

こんなことされたらますます好きになっちゃうよ!

確かにさっきまで感じてた冬の冷たい風も一気に感じなくなるくらい顔も身体も温かくなってきたのはいいんだけどね。

危なかったぁ、運も味方をしてくれてるみたい。

右手で良かったよ。

左手のポケットにはこの日のために用意した告白用のプレゼントが入ってるんだ。

これを渡すことが出来たら、きっと今までに無いくらい幸せな気持ちなれると思う。

ぎゅっと左手に収まってる小箱を掴む力強くなる。
12 :名無しで叶える物語 2018/01/08(月) 18:46:52.25 G1G81L4L.net
千歌ちゃんの家にもうちょっとで着いちゃう。

そろそろ決めないと!

曜「ちっ、ちかちゅぁん。」

あー、盛大に噛んだ。

幸先悪すぎ。

千歌「なぁーに、よーちゃんどうしたの?」

曜「ちょっとそこの浜辺に行かない?」

もうこうなったら決める!絶対に今日!ここで!

曜「大事な話があるんだ!聞いてくれる?」
13 :名無しで叶える物語 2018/01/08(月) 18:47:32.33 G1G81L4L.net
千歌「大事な話・・・。うん、いいよ。」

千歌「よーちゃんの話、私も聞きたい。」

変わらず横にくっついてくる千歌ちゃんを連れて浜辺へ移動。

月が照らされて幻想的に見える海。

告白するにはこのタイミングしかない!

曜「千歌ちゃん!改めて言うね!」

ここで決めろ!渡辺曜!決めなきゃ女がすたる!

曜「私と付き合ってください!」
14 :名無しで叶える物語 2018/01/08(月) 18:48:01.22 G1G81L4L.net
千歌「ふぇっ?曜ちゃん?大事な話ってそれのこと?」

千歌「うん!いいよ!付き合ってあげる!」

曜「え!?えーーーーーーーーーーーーー!いいの!?付き合ってくれるの!?」

曜「本当の、ほぉーーーんとうに!?」

ヨーソロー!!!!

嘘じゃないよね?夢じゃないよね!!

あー、生きてて良かったー!

千歌「だからそんなことくらいならいいって言ってるのに。」

千歌「あっ、でも年末はおうちの手伝いで忙しいから明日ならいいよ。」
17 :名無しで叶える物語 2018/01/08(月) 18:49:48.91 G1G81L4L.net
曜「うん?明日?」

千歌「うん!それで?どこに付き合えばいいの?」

千歌「久しぶりだし2人っきりでぱぁーっと遊ぼう!」

さーっと言う音が頭の中を駆け巡る。

血の気が引くってこのことを言うのか・・・。

引きすぎると目の前って真っ白じゃなくて真っ黒になるんだね。

貴重な体験だよ。

それにしても千歌ちゃん付き合うの意味を間違えてるよ。

どうしよう。どうしよう。
18 :名無しで叶える物語 2018/01/08(月) 18:51:04.17 G1G81L4L.net
千歌「やっぱり果南ちゃんの言ったとおりだったよ!」

千歌「果南ちゃんが「最近曜が千歌との時間が減って寂しいって言ってたよ!このパーティ終わったら2人っきりで話しておいで!」って聞いて私びっくりしたんだから!」ニシシッ

千歌「よーちゃん昔っから寂しがり屋のわりに恥ずかしがり屋だよねぇ〜♪」

これ駄目なやつだ。

本当に駄目なやつだよ・・・。

もう駄目だよ、終わりだ諦めよう・・・。

曜「うん、ありがとう・・・。とってもうれしいよ!」

曜「明日2人でお出かけしよう!時間は・・・」
19 :名無しで叶える物語 2018/01/08(月) 18:51:58.73 G1G81L4L.net
その後のことは余り覚えていない。

どんな言葉を交わして、どんな別れ方をして、どうやって帰って来たのかも。

お風呂さえ入るもの億劫で布団の中でぼーっと想いを巡らせている。

あの感じじゃ告白しても失敗してたよね。

付き合うって言っても恋人同士になるじゃなくて、ただ遊びに付き合う程度に思われてないんじゃ。

振られたわけじゃないけど、想いが届かなかったことを実感すると自然に涙が溢れてきた。

私じゃ駄目だったのかな?

他に好きな人でもいるのかな?

それはAqoursの誰か?それとも私も知らない人?
20 :名無しで叶える物語 2018/01/08(月) 18:53:09.22 G1G81L4L.net
そもそも同姓にはそんなチャンスすらなかったのかな?

嫌っ、嫌だよ、千歌ちゃんの隣に!一番近くにいられなくなるのは嫌だよ!

溢れる涙が止め処なく流れ、負の感情は渦となって私の中で暴れまわる。

心は激流に任せて奈落の底に下っていく。

それほど大きな存在になってたことを改めて実感した。

この世から消えてしまいたい衝動に駆られる。

曜「死んじゃえば千歌ちゃんの思い出の中で生きていられるかな・・・。」

そういえば机の中にカッターがあったことを思い出し、ふらふら立ち上がる。

そばに近づいたところで涙で滲む視界に大切なものが見えた。
23 :名無しで叶える物語 2018/01/08(月) 18:53:52.60 G1G81L4L.net
机の上に置かれた小箱。

箱を開けると月明かりに輝いてきらりと光る指輪が姿を現した。

私がデザインしたオリジナルの指輪。

善子ちゃんから教えてもらったオーダーメイドのショップでせっかく作ったのに。

これも無駄になっちゃった。

ぱたんと小箱を閉じて窓から思いっきり投げ捨て・・・、たかったけど無理だった。

自分の不甲斐なさにその場にへたり込んでしまう。

曜「私どれだけ未練たらたらなの。」

曜「もうこんなもの必要ないのに。」
24 :名無しで叶える物語 2018/01/08(月) 18:54:47.65 G1G81L4L.net
曜「私はどうしたらいいの?どうしたいの?何がしたかったの?」

また涙が溢れてきた。

机の上で伏せるように目を瞑っていたらそのまま眠りの闇へと落ちていった。

曜『千歌ちゃん!ずっと、ずぅーーっと前から好きだったんだ!』

曜『私と親友としてじゃなくて恋人として付き合ってくれないかな?』

千歌『え?曜ちゃん何言ってるの?私女の子だよ?』

千歌『曜ちゃんも女の子じゃん。ありえないよ。気持ち悪い。』

千歌『幼馴染からそんな目で見られていたと思うと・・・、寒気がするよ。』

千歌『二度と私に近づかないで!』

曜『千歌ちゃん!待ってお願い私を置いていかないで!』
25 :名無しで叶える物語 2018/01/08(月) 18:55:22.41 G1G81L4L.net
私の足はその場から一切動かない。

千歌ちゃんだけがどんどん遠ざかっていって、見えなくなっていく。

曜『千歌ちゃん!千歌ちゃん!千歌ちゃーーん!!」

曜「はぁっ、はぁっ、はぁっ・・・、夢?」

窓から太陽の光が見えていた。

もう朝が来たみたいだ。

昨日そのまま机の上で寝ちゃってたみたい。

曜「夢だったのか・・・。良かった・・。」

目を瞑ると蘇る大好きな親友の氷のような冷たい瞳。

思い出すたびに震えが止まらなかった。
26 :名無しで叶える物語 2018/01/08(月) 18:56:02.45 G1G81L4L.net
現実ではない自分の勝手な想像なのに、現実の千歌ちゃんから向けられたものじゃないのに怖くてたまらなかった。

曜「アレハユメダ。チカチャンジャナイ。チカチャンハアンナコトイワナイ。アンナメヲシナイ。」

自分に言い聞かせるようにずっと同じことをつぶやく。

しばらくするとスマホに着信が・・・。

手に取るとディスプレイに表示されたのは千歌ちゃんの名前。

流石にとらないわけにはいかないので電話に出ることに。

千歌「もしもし?よーちゃん?今どこにいるの?」

曜「え?どこにいるって?」

千歌「もー!忘れたの!よーちゃんが付き合って欲しいっていうから約束したんじゃん!」
27 :名無しで叶える物語 2018/01/08(月) 18:57:09.56 G1G81L4L.net
千歌「約束の時間から1時間過ぎてるよー!」

千歌ちゃんが少し怒っているみたい。

焦る私は横目で時計を見る。

約束の時間は確か10時のはず・・・。

時計の時間は午前11時。

やばい、完全に遅刻してる。

曜「ご、ごめん!寝坊しちゃったみたい!今から用意してすぐ行くね!」

千歌「昨日の夜もなんだか上の空だったし・・・。曜ちゃん何かあったの?」

千歌「まぁ、もういいよ!いま・・」ガチャッ
28 :名無しで叶える物語 2018/01/08(月) 18:58:00.38 G1G81L4L.net
つー、つー、つー。千歌ちゃんの声が突然無機質な音に変わる。

曜「千歌ちゃん・・・?」

曜「ねえ!千歌ちゃん!待って!ねぇってば!」

慌てて千歌ちゃんに電話をかけなおすも繋がらない。

曜「千歌ちゃん・・・。なんで?なんで電話に出てくれないの?」

曜「もう私のこと嫌いになっちゃったの?」

曜「お願い千歌ちゃん!電話に出て!私の話聞いてよぉ」

何度リダイヤルしても結果は同じ、電話は繋がらないまま。

駄目だ。夢と同じだ。私、千歌ちゃんに嫌われちゃったんだ。
29 :名無しで叶える物語 2018/01/08(月) 18:58:54.62 G1G81L4L.net
今朝の悪夢もあったせいか、現実でも襲った絶望が私の身体を苛んでいった。

曜「私どうしたらよかったのかな?」

曜「この気持ちどこに向けたらよかったの?」

曜「もう分かんないよ・・・。」

昨日から何度流したかわからない涙がまた出てくる。

何も考えたくない。
30 :名無しで叶える物語 2018/01/08(月) 19:00:10.24 G1G81L4L.net
思考が停止し始める。

無意識に机の中にあるカッターを手にとって、銀色の刃を出していた。

そっと左手の手首に当てる。

冷たい刃の感覚が伝わってきた。

刃を引いたらこの苦しい想いから解き放たれるんだ!

痛みは一瞬。そう言い聞かせる。

曜「さようなら千歌ちゃん。心の底から愛してたよ。」

ぐっと腕に刃を押さえつけたその時。
31 :名無しで叶える物語 2018/01/08(月) 19:01:12.28 G1G81L4L.net
千歌「よーちゃーん!おそよー!もー心配だったから起こしにきちゃ・・・。」

千歌「って、何してるの!?よーちゃん!」

目の前に急に現れた千歌ちゃん。

血相を変えて私の手からカッターを取り上げる。

千歌「・・・、ねぇ?なんで!なんでこんなことしてるの!?」

千歌「何かあったの?何か悩んでるの?何しようとしてたの!?」

千歌「よーちゃん!ねぇってば!答えて!」

半ば放心状態の私に次々と言葉を投げかけてくる。

千歌ちゃんの声が停止した思考を動かせ始めていた。
32 :名無しで叶える物語 2018/01/08(月) 19:02:04.60 G1G81L4L.net
曜「千歌ちゃん?」

曜「千歌ちゃんなの?なんでここに?私のこと嫌いになってないの?」

千歌「よーちゃん何言ってるの?」

千歌「今日の約束にも遅れるし、昨日も様子がおかしかったから心配してここに来たんじゃん!」

千歌「それに嫌いになるって何!?私がよーちゃんのこと嫌いになるわけないじゃん!」

千歌「本当にどうしちゃったの?よーちゃん・・・」

目にいっぱい涙を貯めて、私を抱きしめてくれる千歌ちゃん。

あー、暖かい。

やっぱり千歌ちゃんは私の太陽だよ。
33 :名無しで叶える物語 2018/01/08(月) 19:03:04.02 G1G81L4L.net
心がぽかぽかしてくる。

さっきまで空っぽだった心が満たされてくる。

かけがえのない存在。

曜「ごめん。心配かけちゃったね。」

曜「大丈夫だから。もう大丈夫だから!ねっ。」

千歌ちゃんを抱きしめ返して頭を優しくなでる。

千歌「ぐすっ、違う!私じゃなくてよーちゃん!」

千歌「本当のこと言って!何があったの!なんであんなことしようとしてたの!」
34 :名無しで叶える物語 2018/01/08(月) 19:04:11.32 G1G81L4L.net
目と鼻の距離で千歌ちゃんが私を見つめてくる。

この目をした千歌ちゃんは中途半端なことでは引かないよね。

ここで嘘をつくことも出来るけど、また同じことの繰り返しになりそう。

ここまで来たら言うしかない!

曜「ごめん。今から変なこと言っちゃうけど、嫌になったら聞かなくてもいいからね。」

千歌「・・・。」

曜「ふー、昨日千歌ちゃんに『私と付き合ってください!』って言ったよね。」

曜「千歌ちゃん勘違いしちゃったんだけど、あれは恋人になってくださいってことなの。」

曜「私ね!ずっと、ずーーーーーーっと前から千歌ちゃんのことが好きなの!」
35 :名無しで叶える物語 2018/01/08(月) 19:04:42.72 G1G81L4L.net
曜「それは友達としてじゃない!恋人になりたいって好きなの!」

曜「同姓の幼馴染にこんなこと急に言われて戸惑うと思うんだ。でももう抑えきれないて・・・。」

曜「昨日思い切って告白したんだけど・・・。」

曜「千歌ちゃん勘違いしちゃったっみたいで・・・。」

曜「ってことは私のことなんてなんとも思ってないのかなって。」

曜「この想いは一方的なものなのかなって。」

駄目だ。また涙が溢れてくる。

曜「そんなことばっかり思ってたら、訳分からなくなっちゃって。もう何もかも嫌になってきたの。」

曜「ごめん・・・ね、千歌ちゃん!ごめん!」
36 :名無しで叶える物語 2018/01/08(月) 19:05:46.11 G1G81L4L.net
曜「こんな幼馴染いらないよね。きもちっ、悪いよねっ?」

曜「もう近づかないようにするから!だ 千歌「ちょっと待って!」」

今度は千歌ちゃんがぎゅーっと抱きしめ返してくれる。

千歌「よーちゃん。私いつよーちゃんのこと気持ち悪いなんていった?」

千歌「そんなこと思ったこともないよ!」

千歌「まさかよーちゃんがそこまで私のこと想ってくれて、思い詰めていたなんて思ってみなかった。」

千歌「だから私ももう逃げない!」

千歌ちゃんが私の頬を両手でそっと押さえ、目を合わせてきた

千歌「よーちゃん!私もよーちゃんのこと好き!大好き!」
37 :名無しで叶える物語 2018/01/08(月) 19:06:17.91 G1G81L4L.net
曜「こんな幼馴染いらないよね。きもちっ、悪いよねっ?」

曜「もう近づかないようにするから!だ 千歌「ちょっと待って!」」

今度は千歌ちゃんがぎゅーっと抱きしめ返してくれる。

千歌「よーちゃん。私いつよーちゃんのこと気持ち悪いなんていった?」

千歌「そんなこと思ったこともないよ!」

千歌「まさかよーちゃんがそこまで私のこと想ってくれて、思い詰めていたなんて思ってみなかった。」

千歌「だから私ももう逃げない!」

千歌ちゃんが私の頬を両手でそっと押さえ、目を合わせてきた

千歌「よーちゃん!私もよーちゃんのこと好き!大好き!」
46 :名無しで叶える物語 2018/01/08(月) 21:52:14.87 G1G81L4L.net
>>37 >>38 の間ぬけてました・・・

千歌「家族やAqoursの誰よりも好き!愛してる!」

千歌ちゃんの顔が近づいてくる。

そしてそっと唇同士が触れた。

それは一瞬のやさしい時間。

だけど今まで生きてきた中で一番満たされた瞬間でもあった。

千歌「ごめんね。本当は昨日の意味勘違いしてたわけじゃないんだ。」

千歌「もしよーちゃんが付き合うの意味が違っていたらって思ったら、あーいう答えになっちゃった。」

千歌「臆病だね私・・・。」

曜「ううん。私が悪いの。『付き合ってください』じゃなくて『好きです』ってことを伝えればよかったんだ。」

曜「こっちこそごめん。でも嬉しい。夢じゃないかなって今でも思ってる。」
38 :名無しで叶える物語 2018/01/08(月) 19:07:06.24 G1G81L4L.net
曜「こっちこそごめん。でも嬉しい。夢じゃないかなって今でも思ってる。」

千歌「夢じゃないよ?ほら、私のことぎゅっとして。」

千歌「暖かいでしょ。この暖かさは本当だよ。」

あー、本当だ。この暖かさは間違えようがないよ。

何年も貰っている暖かさだもん。

曜「千歌ちゃんに渡したいものがあるんだ。」

机の上に置いてあった小箱を千歌ちゃんに差し出す。

曜「本当は告白と同時に渡したかったんだけど、ちょっと遅れちゃったね。」

箱を開けて中にある指輪を見せる。
39 :名無しで叶える物語 2018/01/08(月) 19:08:15.80 G1G81L4L.net
曜「私からはまだきちんと言葉にしてなかったね。」

曜「千歌ちゃん!私も千歌ちゃんのこと好きです!大好きです!」

曜「私と付き合って!恋人になってもらえますか?」

指輪を取り出し、左の薬指にそっと嵌める。

千歌「はい、私で良かったら喜んで!」

そういった彼女の指輪についたペリドットが太陽の光で輝いていた。

これからも私を照らし続けてね!

愛しい千歌ちゃん!

終わり
40 :名無しで叶える物語 2018/01/08(月) 19:09:26.88 4nn/kUJo.net
(*; ᴗ ;*)ゞありがてぇありがてぇ
42 :名無しで叶える物語 2018/01/08(月) 19:11:18.01 KmeAw38g.net
|c||;.- ;||👍 良かったですわ…感動しましたわ…

千歌「ねぇ、梨子っち!」梨子「なあに、千歌ちゃん?」曜「……」ムカッ

1 :名無しで叶える物語 2018/01/08(月) 16:09:18.61 69m780hV.net
ーーー教室


千歌「また音楽室で、ピアノ弾いてよー! 梨子ちゃんのピアノ聴きたいのだ」フフッ

梨子「うん、もちろんいいよ」ニッコリ

千歌「わぁーい、わぁーい!」ピョンコピョンコ

梨子「ふふっ、千歌ちゃんってば子供みたいな喜び方」クスクス

曜「……ねぇ、千歌ちゃん……」ムスッ
4 :名無しで叶える物語 2018/01/08(月) 16:12:27.46 69m780hV.net
千歌「どうしたの、曜ちゃん?」

曜「あのさぁ……」

千歌「なんでそんな怖い顔してんの? もしかしてお腹痛いの、それならトイレ行ってきなよ」

曜「……違う違う、あのさ……さっき、梨子ちゃんのこと『梨子っち』って呼んだよね?」

千歌「うん、それがどーしたの?」
6 :名無しで叶える物語 2018/01/08(月) 16:17:06.16 69m780hV.net
曜「そのあだ名さ……私が最初に梨子ちゃんに付けたのに、……なんで勝手に使ってんの?」

千歌「……はぁっ? 別にいいじゃん、減るものじゃないし!」

曜「……減るよ! 私が梨子ちゃんのために付けたあだ名なのに!」

千歌「曜ちゃん人間小さいなー、あだ名なんて著作権フリーでしょ? フリー素材みたいなもんじゃん!」

曜「フリー素材じゃないし! 唯一無二だし!」
12 :名無しで叶える物語 2018/01/08(月) 16:23:05.28 69m780hV.net
梨子「あ、あの千歌ちゃん、曜ちゃん……喧嘩はやめて……」オロオロ

千歌「っていうかさ……チカのこと『チカっち』って呼んでくれないのに、なんで梨子ちゃんのことは『梨子っち』って呼ぶの」

曜「……だって『梨子っち』の方が可愛いじゃん」

千歌「……可愛いならチカのことも『チカっち』って呼んでよ!」

曜「……なんかその呼び方個人的にしっくりこない、っていうか……」

千歌「しっこりこいよー!」
14 :名無しで叶える物語 2018/01/08(月) 16:28:08.82 69m780hV.net
曜「……とにかく! 梨子ちゃんの『梨子っち』呼びは曜専用だからね! 千歌ちゃんなんかには使わせないよ!」

千歌「……何さ、曜ちゃんのケチ! ドケチ! 守銭奴!」

曜「ふん、なんとでも言え!」

千歌「……ケツの穴がちいさ……」

曜「それだけは言うなー!」

ようちか「ぐぬぬぬ……」
15 :名無しで叶える物語 2018/01/08(月) 16:32:37.90 69m780hV.net
梨子「……もうっ、喧嘩は……やめてーっ!」ドッカーン

ようちか「……!?」ビクッ

梨子「……」ハァハァ

曜「ちょっと梨子ちゃん……いきなり沈黙破らないでよ……」

千歌「びっくりするじゃん……」
16 :名無しで叶える物語 2018/01/08(月) 16:42:48.54 69m780hV.net
梨子「……さっきから聞いていれば……曜ちゃん、あだ名に対して変なこだわり方するし……」

曜「そりゃあこだわるよ! 梨子ちゃんのオンリーワンのあだ名だし!」

梨子「……千歌ちゃんは汚い言葉使うし……」

千歌「汚いとはなんだー!」

梨子「け、け、け……ケツの穴が小さい、とか……!」カオマッカ

千歌「……なんだって、もう一回!」

梨子「け、け、け……ケツの穴が小さい、とか!」カオマッカッカ

曜「何、千歌ちゃんに乗せられてるのー!」
21 :名無しで叶える物語 2018/01/08(月) 16:50:16.33 69m780hV.net
梨子「曜ちゃん……、私からお願い。千歌ちゃんにも使わせてあげて。曜ちゃんの考えたあだ名」

曜「えー……私がせっかく頭ひねって考えたのに……?」

梨子「……お願い」ウルッ

曜「うっ……なんで涙目になってるの……」

梨子「だって……千歌ちゃんと曜ちゃんが例え些細なことでも喧嘩するを姿……私、見たくないもの……」グスン

曜「梨子ちゃん……」

千歌「ほーらほーら、梨子ちゃんもそう言ってるんだから、使わせろよー!」
24 :名無しで叶える物語 2018/01/08(月) 16:57:21.12 69m780hV.net
曜「……梨子ちゃんがそう言うなら、仕方ないけど……」

千歌「ふっふーんだ、曜ちゃんざまぁ見るのだぁ」ニヤニヤ

梨子「……千歌ちゃんも。さっき言った言葉を撤回して? ケチとか、守銭奴とか……け、ケツの穴が、ち、小さいとか……」

千歌「ごめん、最後聞こえなかった。もう一回」

梨子「……ケツの穴が小さい、とか!」

曜「何回梨子ちゃんに言わすの……」
26 :名無しで叶える物語 2018/01/08(月) 17:03:49.85 69m780hV.net
千歌「はぁ……曜ちゃん、さっきはごめん。ヒートアップしてケチ、って言って。あとケツの穴小さい、とか」

曜「……いいよ、こっちも意固地になって……ごめん」

千歌「……しょうがないなあ。……許してやるのだ」

曜「なんでそんな上から目線なの」ムッ

千歌「許してやる、って言ってんのに、いちいち噛みつかないでよ!」

曜「なんだとー!?」

ようちか「うぬぬぬぬ……」

梨子「……もおっ! 言った途端に……!」
30 :名無しで叶える物語 2018/01/08(月) 17:09:19.06 RPwDVFAe.net
これ梨子ちゃんにケツの穴て言わせるための仕込みだろ
32 :名無しで叶える物語 2018/01/08(月) 17:14:03.53 69m780hV.net
千歌「……っていうか、さっき曜ちゃん、『曜専用』って言ったじゃん。すっごい語呂良かったんだけど」

曜「えっ、そうだった? あんまり気にしてなかったよ」

千歌「……YO-YO!ヨーセンYO!」ヘイヨー

曜「……ふふっ、今のラッパーのつもり? 手の動きとか」クスッ

千歌「えへへ、ラッパーっぽく見えた?」

曜「うん。MCチカになってた」

千歌「YO-YO!ヨーセンYO!」ヘイヨー

曜「YO-YO!ヨーセンYO!」ヘイヨー

ようちか「YO-YO!ヨーセンYO!」ヘイヨー

ようちか「……あはははは」ケラケラ

梨子「……ふふっ」ニコニコ
34 :名無しで叶える物語 2018/01/08(月) 17:25:03.58 69m780hV.net
梨子「……そういえば、次の授業、ここじゃなかったよね?」

曜「そうだった、美術室でデッサンの授業だった!」

千歌「あー、もう休み時間が終わっちゃう、早く準備して行かないと!」

梨子「遅刻したら怒られちゃうもんね」

千歌「あの先生、遅刻には厳しいんだよねぇ……」

曜「遅れると、目が釣り上がって、激おこプンプン丸になっちゃうもんね」

千歌「曜ちゃんそれちょっと古い」

曜「え、そう?」

千歌「激おこプンプン丸なんて死語だよ。もう全然ナウくないよ」

梨子「……ナウい、って言葉はもっと死語だと思うけど……」

ようちかりこ「……うふふふ」クスクス
36 :名無しで叶える物語 2018/01/08(月) 17:31:24.90 69m780hV.net
ーーーそして


千歌「オッケー、準備できた!」

曜「早く行こ、早く!」

梨子「それじゃあ、行きましょ? ……チカっち、曜っち」フフッ

曜「……今、私のこと『曜っち』って……」

千歌「『チカっち』って呼んでくれた……」

梨子「……だって、私だけ『梨子っち』って呼ばれたら、不公平でしょ? だから、私も2人のことを『チカっち』、『曜っち』って呼ぶことにしたの。……今、決めたの」ニッコリ
37 :名無しで叶える物語 2018/01/08(月) 17:36:25.87 69m780hV.net
曜「……チカっち!」

千歌「曜っち!」

ようちか「ふふっ、なんか新鮮でいいねっ」クスクス

梨子「……うんっ」ニコニコ

千歌「よっしゃー、今から美術室まで競争なのだ!負けたらジュース奢りね!」

曜「うおっし、負けないよ!」

ようちか「ほらほら、ヨーイドンだよ! 梨子っち!」

シュタタタタッ

梨子「え、あ、ちょ、ちょっと待ってー! チカっち! 曜っちー! いきなりなんてずるーい!」




終わり
41 :名無しで叶える物語 2018/01/08(月) 17:43:25.11 d7bFl5i8.net
セクハラっちいいぞ
43 :名無しで叶える物語 2018/01/08(月) 18:00:22.69 z/4rmM7n.net

曜「ちょっと仲居さん来てくれるー?」千歌「はーい!すぐ参ります」

1 :名無しで叶える物語 2018/01/08(月) 13:54:05.19 EqnJ8+wG.net
ガラガラ

千歌「どうされました?」

曜「この部屋歯ブラシが無いからさ、持ってきてもらえる?」

千歌「大変申し訳ありませんでした。ただいまお持ちします」

曜「よろしくね」

千歌「はい。失礼いたします」

ガラガラ

曜「……」
3 :名無しで叶える物語 2018/01/08(月) 13:59:56.77 EqnJ8+wG.net
コンコン

千歌「歯ブラシを持って参りました」

曜「どうぞー」

ガラガラ

千歌「失礼します」

千歌「歯ブラシはここに置いておきますね」フリフリ

曜「……」ムラッ

千歌「また何かありましたらお呼びください」

曜「……」サワッ

千歌「きゃっ!?///」

曜「…♡」モミモミ

千歌「やだ!///何でお尻触るんですか!?////」
5 :名無しで叶える物語 2018/01/08(月) 14:02:32.17 1F93SRfu.net
こいついつも妄想してんな
9 :名無しで叶える物語 2018/01/08(月) 14:09:38.66 Hb/cQ5Nz.net
今日はそういうプレイなのね
15 :名無しで叶える物語 2018/01/08(月) 14:15:36.71 EqnJ8+wG.net
曜「仲居さん可愛いね♡名前なんていうの?」サワサワ

千歌「たかみ…ちかです///」

曜「ちかちゃんっていうんだ……名前も可愛い♡」モミッ

千歌「やんっ…♡」

曜「……」ムラムラ

曜「……このまましちゃうね?いいよね?」ガバッ

千歌「あっ…だめ///これバイトの人の着物だから…///」

曜「……ちょっとちかちゃん?」

千歌「なーに?♡」

曜「設定を壊すような発言はやめてって前にも言ったよね?」
17 :名無しで叶える物語 2018/01/08(月) 14:17:14.15 UrVsO7uF.net
やっぱりプレイじゃないか(呆れ)
18 :名無しで叶える物語 2018/01/08(月) 14:23:13.72 EqnJ8+wG.net
千歌「あっ…ごめん」

曜「せっかく今ノリノリだったのにさぁ……」

千歌「ごめん…」シュン

曜「……」

曜「まあ、そういうとこも可愛いから良いけど…///」

千歌「よーちゃん…///」

千歌「……でもごめんね。ここは客室だし、着物も汚しちゃだめだから」

曜「ううん、私もごめんね。ちかちゃんが可愛くて我慢できなって…///」

千歌「もぅ…♡」
20 :名無しで叶える物語 2018/01/08(月) 14:33:22.66 1WhztW7P.net
こいつらいっつもプレイしてんな
21 :名無しで叶える物語 2018/01/08(月) 14:35:55.02 OTVg260n.net
窓から梨子ちゃんが覗いてそう
22 :名無しで叶える物語 2018/01/08(月) 14:36:14.50 EqnJ8+wG.net
千歌「ねぇよーちゃん、お風呂で続きしよっか…///」

曜「お風呂?」

千歌「お客様のお背中を流すのも仲居さんの仕事だよ♡」

曜「……じゃあお願いしようかな///」

千歌「了解です!」



曜「じゃあ高海さん、お風呂入るから背中流してもらえるかな」キリッ

千歌「はーい!準備したらすぐ向かいます♡」
33 :名無しで叶える物語 2018/01/08(月) 15:01:37.48 EqnJ8+wG.net
曜「ちかちゃん家のお風呂入るの久しぶりだなぁ」

スルスル パサッ

曜「誰も居ないといいけど…」

ガラガラ

隣人A「あら、あれって…」

隣人B「曜ちゃんかしら」

曜(誰かいる…しかも知り合いだ……)ガッカリ

曜(まあ仕方ないか……)

曜「こんにちヨーソロー!」ピシッ

隣人A「こんにちわぁ」

隣人B「やっぱり曜ちゃんね」
36 :名無しで叶える物語 2018/01/08(月) 15:04:06.19 66KsgKOw.net
隣人扱いされる桜内
37 :名無しで叶える物語 2018/01/08(月) 15:05:35.04 EqnJ8+wG.net
隣人A「曜ちゃん大きくなったわねぇ」

隣人B「いくつになったの?」

曜「16になりました」

隣人A「もうそんなになるのね」

隣人B「そりゃ私もおばちゃんになるわけだわ」

曜「あはは…」

ガラガラ

千歌「失礼しまーす!…ってあれ?お客さんだ」キョトン

曜「……」
38 :名無しで叶える物語 2018/01/08(月) 15:13:22.98 EqnJ8+wG.net
隣人A「あら、千歌ちゃんじゃないの」

隣人B「可愛くなったわねぇ」

千歌「えへへ…///」

曜「」ドヤッ

隣人A「そんなに可愛かったらモテるでしょう?」

千歌「そんなことないです///」

隣人B「あらあら照れちゃって」

隣人A「付き合ってる人とかいるの?」

千歌「いえ、それは…」

隣人B「まだ早いわよねぇ?」

千歌「あ、あはは…」チラッ

曜「……」
39 :名無しで叶える物語 2018/01/08(月) 15:17:22.39 EqnJ8+wG.net
隣人A「じゃあそろそろおばちゃん達はあがるわね」

隣人B「それじゃあまたね」

スタスタ ガラガラ



千歌「……ふぅ」

曜「……」ムスー

千歌「……ごめんね?」

曜「…何が?」

千歌「こんな時間にお風呂入ってる人がいるなんて知らなくて」

曜「……そんなことどうでもいいよ」
41 :名無しで叶える物語 2018/01/08(月) 15:22:09.36 EqnJ8+wG.net
千歌「じゃあ何怒ってるのー?」プニプニ

曜「……付き合ってる人いるの?って聞かれた時、即答してくれなかったじゃん……」

千歌「あはは、そんなこと?」

曜「そんなことって……」

千歌「おばちゃん達に話したら変な噂になっちゃうでしょ?」

曜「噂になってもいいもん……千歌ちゃんとなら」

千歌「よーちゃん……」

曜「……ごめん、ちょっと頭冷やしてくるね。先にあがってる」バシャ

千歌「うん……」

ガラガラ
43 :名無しで叶える物語 2018/01/08(月) 15:29:39.93 EqnJ8+wG.net
ーーー千歌ちゃん部屋ーーー

曜「私、何してんだろ……」

曜「せっかくの千歌ちゃんと居られる休日なのに……」ゴロゴロ

曜「面倒くさいこと言って、千歌ちゃんを困らせちゃったかな……」




コンコン

千歌「失礼しまーす」

曜「えっ?ちかちゃん……その格好///」

千歌「バイトさんの着物はダメだけどね、美渡姉の予備を借りてきちゃった」

千歌「新しい衣装の参考にするって言ってね」

曜「ちかちゃん…」
46 :名無しで叶える物語 2018/01/08(月) 15:39:54.15 EqnJ8+wG.net
千歌「客室じゃないのは残念だけど、続きしよっか♡」

曜「うん…!///」



曜「仲居さん、ずっと気になってたことがあるんだけど」キリッ

千歌「何ですか?」

曜「着物の下って下着着けないって本当なの?」サワサワ

千歌「やっ…♡またお尻…///」

曜「ちょっと確かめさせてよ」グイッ

千歌「あ〜〜れ〜〜♡♡」パサッ

曜「わっ…!?///何で本当にはいてないの…///」

千歌「……チカもよーちゃんのことが大好きだよって教えてあげたくて…♡」ボソッ

曜「〜〜〜ちかちゃんっ!♡」ガバッ

千歌「やぁんっ♡」


この後びちゃびちゃの着物が美渡姉に返却された

おわり
52 :名無しで叶える物語 2018/01/08(月) 16:07:46.12 /cJw6/Jx.net
次のプレイあくあく
53 :名無しで叶える物語 2018/01/08(月) 16:19:49.13 9606mpAZ.net
ええぞええぞ
また描いてくれ

鞠莉「焚き火に夢を詰め込んで」

1 :名無しで叶える物語(らっかせい) 2017/12/31(日) 06:35:14 NWKWnxo5
ようまり。
2 :名無しで叶える物語(庭) 2017/12/31(日) 06:37:01 Qto2dMOi
【焼き芋】

曜「日が短くなってきたねー」

鞠莉「そうね。油断してるとすぐ暗くなっちゃうから、なんだかもったいない気分」

曜「ねー。ん…」ピタ

鞠莉「曜?」

曜「くんくん…」

鞠莉「急に立ち止まって、どうしたの?」

曜「いい匂いがする…」

鞠莉「いい匂い…ああ、もしかして焼き芋のこと?」
3 :名無しで叶える物語(庭) 2017/12/31(日) 06:37:45 Qto2dMOi
曜「うん」

鞠莉「ふむ。買っていく?」

曜「いいの!?」

鞠莉「なんか凄く食べたそうだから。好きなの?」

曜「もちろん!私が思うに、焼き芋が嫌いな女の子はいないよ」

鞠莉「なるほど、その点は私も例外じゃないかな」

曜「あ、買ってる人結構いるっぽい!無くなる前に確保してくる!」ダッ

鞠莉「あらあら」クスッ
4 :名無しで叶える物語(庭) 2017/12/31(日) 06:38:34 Qto2dMOi
鞠莉「無事に買えたわね」

曜「本数は少なかったけど、大きいのが残ってて良かったよ。細いとがっかりしちゃうもん」

鞠莉(いい匂い…)ゴクリ

曜「なにはともあれ、割ってみるね」グイ

曜「あちち」

鞠莉「火傷に気をつけて」

曜「うん。よいしょ、と…」

フワッ

曜「わぁ…!」

鞠莉「湯気がきらめいて、感動的ね…」

曜「間違いなく本日のハイライトだね!」
5 :名無しで叶える物語(庭) 2017/12/31(日) 06:39:16 Qto2dMOi
ようまり「いただきまーす」

曜「ん…おいひぃ」ハフハフ

鞠莉「んっ、ほんとだ」ハフハフ

曜「ホクホクだし、結構蜜も入ってる。これは当たりを引いたね!」

鞠莉「曜のくじ運に感謝ね」

曜「そこは目が利くって言って欲しいかなー」

鞠莉「ふふ、お見それしました」

曜「えへへっ」
6 :名無しで叶える物語(庭) 2017/12/31(日) 06:40:20 Qto2dMOi
曜「ふう、ごちそうさま」

鞠莉「あっという間に食べちゃったわね」

曜「美味しかったねー。満足満足!」

鞠莉(私はもう少し食べたくなってきちゃった…)ウズウズ

曜「焼き芋といえばね。ルビィちゃんの話だと、花丸ちゃんが焼き芋づくりの達人でね。すっごく美味しいらしいんだ」

鞠莉「へぇ、意外な特技ね」ウズウズ

曜「みんなで焼き芋パーティとか出来たらいいよね!」

鞠莉(…今から、はさすがに無理だよね)



鞠莉(お芋、食べたいなぁ…)
7 :名無しで叶える物語(庭) 2017/12/31(日) 06:41:08 Qto2dMOi
【ハンバーガー】

曜「ハンバーガー。これもまた放課後の定番と言えるよね」

鞠莉「ふふ、いきなりどうしたの」

曜「いや、どこでも手軽に美味しくハンバーグが食べられるって素敵だなーって思ってさ」

鞠莉「ハンバーグとハンバーガーは結構違う気もするけど」

曜「いいんだよ、私は幸せだからさ」

鞠莉「なら、いっか」

曜「そうそう、いいのいいの」
8 :名無しで叶える物語(庭) 2017/12/31(日) 06:42:02 Qto2dMOi
鞠莉「…!」ピコーン

鞠莉「曜、私の一口どう?」

曜「いいの?実は気になってたんだ!」

鞠莉「どうぞどうぞ」ハイ

曜「ありがと!いただきまーす」モグモグ

鞠莉(ふふ…食べた食べた)

曜「んっ!これも美味しいねー!」
9 :名無しで叶える物語(庭) 2017/12/31(日) 06:42:58 Qto2dMOi
曜「じゃあお礼に、私のも一口どうぞ!」

鞠莉「あら、ありがとう」ニッ

鞠莉「それじゃ遠慮なく一口…あーんっ!」モグッ

曜「あー!?」ガタッ

鞠莉「もぐもぐ…んー、ソーデリシャス!」

曜「ちょ、ちょっと!一口が大きいよ!私の倍以上は食べてるじゃん!?」

鞠莉「悪く思わないでね、一口は一口よ♪」

曜「一口は一口でも、全然違う一口だよー!」
11 :名無しで叶える物語(庭) 2017/12/31(日) 06:45:40 Qto2dMOi
【綿あめ】

鞠莉「あ、綿あめ売ってる」

曜「綿あめってなんとなく夏祭りってイメージがあるから、この時期に見ると新鮮だね」

鞠莉「ちょっと見てみよっか」

曜「うん!」

鞠莉「へぇ、フレーバーが選べるのね。イチゴとかメロンとか」

曜「かき氷みたいだね。あ、ブルーハワイ味とかあるよ」

鞠莉「いよいよかき氷ね」

曜「もちろん普通のもあるけど、どうする?」

鞠莉「そりゃあ、せっかくだから」

曜「ブルーハワイだね!」
12 :名無しで叶える物語(庭) 2017/12/31(日) 06:46:27 Qto2dMOi
曜「へへ、綺麗な色してる。いただきまーす」あむっ

鞠莉「どう、お味は」

曜「おお…」

鞠莉「その反応、微妙なの?」

曜「ん」スッ

鞠莉「どれどれ…」あむっ

鞠莉「おお…」

曜「美味しくないわけじゃないけど、そんなリアクションになっちゃうよね」

鞠莉「想像通りといえば想像通りの味ね」あむあむ
13 :名無しで叶える物語(庭) 2017/12/31(日) 06:48:12 Qto2dMOi
曜「昔からの夢なんだけど、一度でいいから雲みたいに大きな綿あめ作ってみたいんだ」

鞠莉「わかるわ。上に乗れちゃうくらいのやつでしょ?」

曜「そうそう!綿あめの上に乗って空を飛びながら、お腹が空いたら周りの綿あめを食べて…」

鞠莉「うっかり食べ過ぎちゃって、乗るところが無くならないようにしないとね?」クスクス

曜「イチゴ味やブルーハワイ味で、綿あめ船団を作ればきっと大丈夫だよ!」

鞠莉「ふふっ、随分とカラフルな空の旅ですこと♪」
14 :名無しで叶える物語(庭) 2017/12/31(日) 06:49:40 Qto2dMOi
【クレープ】

曜「あ、クレープの移動販売だ」

鞠莉「そうね」

曜「じー…」

鞠莉「食べたいの?」

曜「うん!」

鞠莉「じゃ、例によってチェックしてみましょうか」

曜「うんうん!」
15 :名無しで叶える物語(庭) 2017/12/31(日) 06:50:18 Qto2dMOi
鞠莉「種類が豊富ね。何にするの?」

曜「私は定番のバナナチョコかなー」

鞠莉「なら、私はイチゴホイップにするわ」

曜「おっ。さすがGuilty Kiss。strawberry trapperってことだよね」

鞠莉「特にそんな意図はないけど…」

曜「すみませーん、バナナチョコとイチゴホイップ、お願いしまーす」
16 :名無しで叶える物語(庭) 2017/12/31(日) 06:52:15 Qto2dMOi
曜「うわぁ、美味しいー!」

鞠莉(ふふ、嬉しそうに食べちゃて)

曜「2人並んでクレープを食べるって、デートの定番って感じだよね」

鞠莉「デート、ねぇ」フム

鞠莉「デートと言えば。はい、あーん♡」

曜「え、いいの?」

鞠莉「どうぞどうぞ」ニコ
18 :名無しで叶える物語(庭) 2017/12/31(日) 07:00:12 Qto2dMOi
鞠莉「はい、今度は本当にどうぞ」

曜「…信じていいんだね」

鞠莉「それはどうかしらね?」

曜「…信じるよ。あー…んっ」パクッ

鞠莉「あら、大きく行った」

曜「ひろくちはひろくちらもん」モグモグ

鞠莉「口に入れたまま喋らない。ああ、口の周りついてるよ」

曜「んっ…うん!イチゴも美味しいね!ありがと、鞠莉ちゃん!」

鞠莉「それはなによりです♪」

鞠莉(ころころ表情が変わって。可愛いなぁ)クスッ
19 :名無しで叶える物語(庭) 2017/12/31(日) 07:01:34 Qto2dMOi
【回転寿司】

鞠莉「次は何食べよっかな」ワクワク

曜「鞠莉ちゃん、なんだか楽しそうだね」

鞠莉「楽しいもん!回るお寿司って、本当にエンターテイメントだよねぇ」

曜「回らないお寿司のほうが、ある意味エンターテイメントな気がするけどねー」

鞠莉「まぁその辺はさておき…卵、かんぴょう巻き、それにハンバーグねぇ」

曜「あ。今セレクトがお子ちゃまだって思ったでしょ」

鞠莉「そういうことじゃないけど、曜らしいなって」

曜「なら、いいけどー。はむっ」モグモグ
20 :名無しで叶える物語(庭) 2017/12/31(日) 07:03:17 Qto2dMOi
鞠莉「気にしてるの?食べたいものを食べられる、それが回転寿司の良さでしょ」

鞠莉「私も好きなもの頼んでるし、曜もそうしようよ」

曜「ん、そうだね!では遠慮なく食べたいものを…」ピッピッ

鞠莉「あ、それ私も」

曜「はいよ。お、これなら食べれそう」ピッピッ

鞠莉「あ、一つ戻って…なんだ、売り切れかぁ」

曜「あ!失敗したなぁ、こっちにすればよかったよ」

鞠莉「創作寿司…これはちょっと冒険ね。曜にも付き合ってもらうわよ」ピッピッ
21 :名無しで叶える物語(庭) 2017/12/31(日) 07:04:14 Qto2dMOi
アリガトウゴザイマシター

曜「まさか、あんなに食べてしまうとは…」

鞠莉「調子に乗って、あれやこれやと頼んじゃったからね…フライドポテトとか、パフェとか」

曜「おなかはいっぱいだけど、懐は空っぽになっちゃったよ…」

鞠莉「ご利用は計画的に、ね…」
22 :名無しで叶える物語(庭) 2017/12/31(日) 07:05:34 Qto2dMOi
【パンケーキ】

鞠莉「いい時間だし、そろそろ何か食べたいところだけど…」

鞠莉「今日はノープランで来ちゃったし、どうする?」

曜「実はね、鞠莉ちゃんさえよければ、行ってみたいところがあるんだけど」

鞠莉「ほぅ?」

曜「でも、人気のお店だから、少し待っちゃうかもしれないんだ」

鞠莉「待ち時間も食事を美味しくするスパイスよ。何かしら」

曜「実は…」
23 :名無しで叶える物語(庭) 2017/12/31(日) 07:07:21 Qto2dMOi
鞠莉「曜の食べたいものが、パンケーキっていうのは意外だったな」

曜「この前クレープ食べてから、生クリーム食べたい衝動が収まらなくなっちゃって」エヘヘ

鞠莉「あるある。スイッチが入っちゃったってわけね」

オマタセシマシター

曜「わ、来た来た!」

鞠莉「おお…」

曜「写真で見る以上に凄いねぇ」

鞠莉「このうず高く山のように積まれた生クリーム。圧倒されちゃうわ」パシャ

曜「インスタ映えが流行語になるわけだよねー」パシャパシャ

鞠莉「そうね。写真をラインで共有してっと。さ、いただきましょうか」

曜「うん!」
24 :名無しで叶える物語(庭) 2017/12/31(日) 07:08:27 Qto2dMOi
曜「今更だけど、ホットケーキとパンケーキって何が違うのかな?」モグモグ

曜「一般的には、ホットケーキは甘いデザート系、パンケーキは甘くない食事系だって聞いたことがあるわ」モグモグ

曜「へえー、なるほど」

鞠莉「見ての通り、その境目はあいまいになってるみたいだけどね」

曜「この量とこの味、少なくともご飯ではないよね」

鞠莉「かといって、デザートのレベルも超えてるけどね」
28 :名無しで叶える物語(庭) 2017/12/31(日) 07:14:32 Qto2dMOi
鞠莉「大丈夫って」

曜「なにが?」

善子「なにがって、その…体重とか」

曜「ああ、全然心配ないよ」

鞠莉「マリーもでーす」

善子「え、嘘でしょ。話を聞くだけでも相当食べてる感じなのに」

曜「私の場合は水泳もやってるし」

鞠莉「マリーは乗馬やヨガで鍛えてるからね」

善子(そういうものなのかしら…)
29 :名無しで叶える物語(庭) 2017/12/31(日) 07:16:04 Qto2dMOi
曜「私たちのことよりも、その…ね?」

鞠莉「うん…」

善子「な、なによ」

鞠莉「言いにくいんだけど、善子の方こそ少し気をつけたほうがいいんじゃないかなって」

善子「うっ!?」ギクッ

曜「多分、花丸ちゃんの食生活につきあってるからだと思うけど」

曜「あれは多分、花丸ちゃんだから出来る食べ方であって、普通の人にはね…」

鞠莉「流石の堕天使も、摂取カロリーには太刀打ちできないってことね…」

善子「そ、そんな…!?」グラッ
30 :名無しで叶える物語(庭) 2017/12/31(日) 07:16:55 Qto2dMOi
曜「あ。でも、そんなお困りの善子のちゃんにひとつ提案があるんだけど」

善子「え、なになに!?」

鞠莉「今日は善子って呼ばれても『ヨハネよ!』って言わないのね」

善子「それも大事なことだけど、今は元の身体を取り戻す秘策の方が最優先!」

善子「なんなの、教えなさいよ!」

曜「あのね、鞠莉ちゃんのところのフィットネスに行ってみない?」

善子「え゛」
31 :名無しで叶える物語(庭) 2017/12/31(日) 07:19:57 Qto2dMOi
曜「きっと摂取カロリーに対して、消費カロリーが足りてないと思うんだよ」

鞠莉「確かに、インドア派だものねぇ」

曜「消費カロリーを増やすには、運動して代謝をあげるのが一番!」

曜「私たちも付き合うから、ガンガン運動しようよ!」

善子「ええっ!?」

鞠莉「おーぅ、ナイスアイデアでーす!」

善子「いやっ、でも、それは…」

善子(スポーツ大好き系の2人がつきっきりでなんて、体がもたない…!)
33 :名無しで叶える物語(庭) 2017/12/31(日) 07:22:10 Qto2dMOi
全弾撃ちつくしました。焼き芋食べる鞠莉さんが書きたかったんです。

話は全然繋がりませんが前に書いたものです、よろしければお願いします。

鞠莉「帰ったら乾杯しましょう」曜「いいね!でも、ノンアルコールでね」
http://fate.2ch.net/test/read.cgi/lovelive/1513982124/

ありがとうございました。
34 :名無しで叶える物語(庭) 2017/12/31(日) 07:24:47 Qto2dMOi
追記となりますが、下記のスレを間借りしてSSを書いておりました。
事情により未完のもの多数ですが、よろしければこちらもお願いします。
いつも間借りしてすみません。

曜「マリーお姉ちゃん!」ムギュッ 鞠莉(これは…!) ゾクゾクッ
http://fate.2ch.net/test/read.cgi/lovelive/1514531779/

千歌「なんで・・・鞠莉ちゃんと曜ちゃんがキスしてるの・・・」
http://fate.2ch.net/test/read.cgi/lovelive/1514372703/

鞠莉「ふふっ、チュウしちゃうわよ?」曜「へ?」
http://fate.2ch.net/test/read.cgi/lovelive/1514165489/

ありがとうございました。
35 :名無しで叶える物語(きしめん だぎゃー) 2017/12/31(日) 07:26:31 q/H8LmJc
おつおつ!ようまりも良いね
過去作も拝見させてもらうぜ
36 :名無しで叶える物語(庭) 2017/12/31(日) 12:30:18 OoK5oU/m
ええやん、こういうの好き
37 :名無しで叶える物語(たこやき) 2017/12/31(日) 12:32:53 ZOQDgtgb
おつ
39 :名無しで叶える物語(笑) 2017/12/31(日) 13:15:14 DGXXvvf9

ようよしまりもいいぞ
41 :>>16訂正、何度もすみません(らっかせい) 2017/12/31(日) 13:49:54 7ZY5hEKC
曜「うわぁ、美味しいー!」

鞠莉(ふふ、嬉しそうに食べちゃって)

曜「2人並んでクレープを食べるって、デートの定番って感じだよね」

鞠莉「デート、ねぇ」フム

鞠莉「デートと言えば。はい、あーん♡」

曜「え、いいの?」

鞠莉「どうぞどうぞ」ニコ
お知らせ
当サイトについて
TOP絵紹介!
スカイプもやっておりますので、
お気軽にコンタクト追加よろしくです!
skype ID sssokuhou.com New
Twitter

ブログの更新通知 Twitter
フォローお願いします。
アクセス

    カテゴリ!