1 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/02/15(木) 02:19:20.21 ow5QBSDq0
寒さがようやくおとろえをみせた晩冬のことだ。空では東のほうが白みはじめたころだった。ベッドの上で膝を抱えて、椎名法子はつまり悩んでいた。






地の文。短いです。数レスで終わります。

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1518628759
2 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/02/15(木) 02:21:23.60 ow5QBSDq0
 あらましとしてはこうである。
日付を戻して朝、彼女は大きなリュックサックを背負って出かけた。
なにしろ手提げカバン程度では到底納まらないのだ。
その日街では紙袋いっぱいのチョコレートを持った少女がよく見られたが、彼女のそれはドーナツであった。
3 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/02/15(木) 02:23:20.06 ow5QBSDq0
 法子は人との繋がりを大事にする質だった。
人の笑顔を見るのが好きだった。
生来のドーナツ好きも相まって、このバレンタインが訪れるのを指折り数える姿があるほどだった。


 そんなことだから、前日には友人の顔を思い浮かべてはドーナツをひとつ作ったし、思い浮かばなくなってからも随分と作った。
余る分には自分で食べてしまえば良いとの思いもあったが、それ以上に不足分が出てしまうのが嫌だったのだ。
4 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/02/15(木) 02:25:31.85 ow5QBSDq0
 実際、事務所に着いてからはさながら露天商のようで、帰るころに残っていたのはひとつふたつといった具合である。
周囲は一日笑顔と感謝の言葉に溢れていて大満足の面持ちで帰路についた法子であったが、胸中には僅かな心残りがあった。
その日は急な仕事によって彼女のプロデューサーは事務所を訪れなかった。
そのため彼にだけドーナツを渡すことが出来なかったのである。


 家に帰ってからもなぜだかそればかりが妙に気になって、そうしてなかなかに寝つけぬまま夜が明けようとしていた。
5 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/02/15(木) 02:28:21.83 ow5QBSDq0
「どうしてこんなに気にしちゃうんだろうなぁ」

 まだ十三歳の少女はその感情に十分な名前を与えることができなかった。
それを想うほどに体が熱を持つのを感じた。
悲しいとも寂しいとも違っていて、胸はくるしいはずなのに嫌ではないのがただ不思議だった。




 法子がそれを恋だと気づくには、まだいましばらくの距離があった。
6 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/02/15(木) 02:29:55.67 ow5QBSDq0
以上です。依頼出してきます。