1 :名無しで叶える物語 2018/02/05(月) 17:33:26.74 rWJH7IIx.net
果南「へ?どうしたのいきなり
また何か変なものでも拾って食べた?」

千歌「そんなことしないよ!
…全く、こっちは真剣に悩んでるのに!」

果南「ごめんごめん、それでキスの話だっけ
この時期は微妙かなぁ…6〜9月に卵を蓄えるから夏がいいよキスは」

千歌「それは魚のキスの話でしょ!
もう果南ちゃんのバカ!!」

果南「あー、ごめんって
千歌がそんなこと聞いてくるとは思わなかったからさ…その、真剣に聞くから!」

千歌「むーっ…」

果南「どうしたの?」ギュッ

千歌「あのね…」
3 :名無しで叶える物語 2018/02/05(月) 17:36:11.03 rWJH7IIx.net
千歌「果南ちゃん達は卒業後の話だけど、来年から沼津の学校と合併するでしょ?」

果南「…うん、そうだね」

千歌「それで今日鞠莉ちゃんに言われたんだけど…」

鞠莉「あ、千歌っち〜♪」

千歌「鞠莉ちゃん!やっほー♪」

鞠莉「突然だけど…千歌っちはキス、したことあるのかしら?」

千歌「へっ…///」

鞠莉「あ、その反応はもしかしてまだだった?」

千歌「な、なんでキスの話なんかいきなりするの…?///」
4 :名無しで叶える物語 2018/02/05(月) 17:38:51.28 rWJH7IIx.net
鞠莉「いやぁ、ね
今度合併する学校の視察をしてきたんだけど…」

千歌「?」

鞠莉「共学なのよね、あそこ」

千歌「えっ…えぇぇぇ!?」

鞠莉「うちの学校は女子校でしょ?
今まで男の子とほとんど関わらなかったとはいえ、来年から共学ってことになったら…」

千歌「なったら…?」

鞠莉「まっちがいなく!性が乱れる3年間になるに間違いないわ!」

千歌「そ、そんなこと…」
5 :名無しで叶える物語 2018/02/05(月) 17:40:56.02 rWJH7IIx.net
鞠莉「そう?絶対に違うと言えるかしら?」

千歌「うぅ…」

鞠莉「梨子だって曜だって…あのルビィでさえカレシが出来るかもよ?」

千歌「な、何が言いたいの…?」

鞠莉「キス、まだなんでしよ?
練習しとかなくっていいのかなーって」

千歌「ま、鞠莉ちゃんは…した事あるの…?」

鞠莉「トーゼン!」

鞠莉 (ま、ウソだけどね♡)
6 :名無しで叶える物語 2018/02/05(月) 17:45:26.45 rWJH7IIx.net
千歌「って鞠莉ちゃんが…!」

果南「あー…なるほどね」

果南 (多分鞠莉がキスした事ある、っていうのは嘘だと思うけど…)

千歌「それでね、果南ちゃんもあるのかなー…って
も、もしかしたら鞠莉ちゃんとしてたりとか!
普段から仲良いもんね…あはは…」

果南「んー…まぁ、あるっちゃある、けど…鞠莉とはした事ないかな」

千歌「えっ…した事ある…んだ…」

果南「……ん」

千歌「そっか……」

果南「ねぇ、千歌」

千歌「……ん?」
7 :名無しで叶える物語 2018/02/05(月) 17:47:57.33 rWJH7IIx.net
果南「千歌は私とキス、したかったの?」

千歌「へっ…///」

果南「その、さ…どうなのかなって…
私ってそういうの鈍いからさ…」

千歌「……たい…したい…よ?」

果南「そっか……する?」

千歌「えっ…///」

果南「あー…ごめん、そのムードも無しに…」

千歌「や、千歌そういうのわかんないけど…いいの?」

果南「うん」

千歌「じ、じゃあ…しよ…?」
8 :名無しで叶える物語 2018/02/05(月) 17:49:58.73 rWJH7IIx.net
果南「いいよ?」

千歌「そ、その…リードしてくれない?
よく、わかんないや…///」

果南「そっか、んー…じゃあ目閉じて?」

千歌「んっ……///」

果南「…千歌…」チュッ

千歌「………果南ちゃ……っ///」

果南「どう…だった?」

千歌「凄い…ドキドキした…かな…」
9 :名無しで叶える物語 2018/02/05(月) 17:52:35.07 rWJH7IIx.net
千歌「その、今度は私からしてみていい…?」

果南「いいよ…」

千歌「じ、じゃあするね…っ」

千歌「あのね、果南ちゃん…
好き、だよ…///」チュッ

果南「……んっ…///」

千歌「す、する方がキンチョーすごいね…///」

果南「ファーストキス、千歌がしてくれて良かったよ♪」

千歌「へっ?どういうこと??
果南ちゃんキスした事あるんじゃないの?」

果南「うん、あるよ?」
10 :名無しで叶える物語 2018/02/05(月) 17:56:00.18 rWJH7IIx.net
千歌「ん…??」

果南「そのー…よく千歌が家に泊まりに来る時にさ」

千歌「うんうん」

果南「一緒の布団で寝てる時、勝手にしてたん…だよね…///」

千歌「えっ…えぇぇぇ!?」

果南「だからその、千歌からキスしてもらったファーストキス…って意味、だったんだけど…///」

千歌「もう!果南ちゃんのバカ!!
勝手にそんな事しちゃダメでしょ!」

果南「ごめんごめん」ギュッ

千歌「ゆ、許さないもんっ…」

果南「ハグでも?」

千歌「も、もうキスの味…しちゃったからキスしてくれないと許さない〜っ!」

果南「……千歌、好きだよ…」チュッ

千歌「っ……///」

千歌「ねぇ、もう1回キス、しよ?」


おしまい
11 :名無しで叶える物語 2018/02/05(月) 18:00:16.48 jSsSOKLF.net
ちかなんすき
13 :名無しで叶える物語 2018/02/05(月) 18:08:52.34 KaRmZWwZ.net
|c||^.- ^|| あら^〜