1 :以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2015/08/09(日) 12:37:39.803 VgUuYzuk0.net
   A「あぁ?なんだてめぇ?」

   C「おいおいかわい子ちゃん。正義の味方気取ってんならやめときな、痛い目見るぜ?」

   ダレノガレ「私は返り討ちに出来るからいいけど (その子)出来ないじゃん」

   B「ア゛!!?舐めてんのかゴラァ!!」ダンッ!

   女「ヒッ!」ガクブル

   ダレノガレ「…フッ」

   B「ッ!!!こいつっ…!!もう容赦しネェ!!」 

   C「あ〜あ!お前終わったぜ!B君はボクシングが滅茶苦茶デキる事で有名なんだ!」

   A「くっくっく…」

   C「それだけじゃねぇ!B君は気に入らない奴ならたとえ相手が女子供トイプードルだろうと容赦なく殴りぬけるんだ!!」
3 :以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2015/08/09(日) 12:38:33.866 VgUuYzuk0.net
B「フフフ…そういうことだ。喧嘩売った相手が悪かったなぁ、お嬢ちゃん。歯の何本かは覚悟しとけヨォ!?」ブゥン!

   ダレノガレ「ねぇ調子乗るのやめな〜」ヒュイン!

   女「!?」

   B「…え?なっ…なにぃ?!」

   C「バッ、馬鹿な!?あいつ、消えたぞ!!どこへ行った!?」

   A「!B!下だ!!」

   B「なっ…「私は強いからいいけど (あんた)弱いじゃん」


    バゴォン!! パラパラパラパラ…


   A「・・・え?」
 
5 :以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2015/08/09(日) 12:39:51.918 VgUuYzuk0.net
   C「なっ!?ボクシングが得意なB君が一瞬で10m後ろに吹っ飛ばされた!!何が起きたんだ!?あの女の動きがまったく見えなかったぞ?!一体どうなっテュルンボ!!」ボコォン!! 

   A「C!?」

   A(バカな…!?Cが攻撃された!?さっきまであの女は5m以上離れてたのにっ…どういうことだ?!どうやってCの位置まで一瞬で移動した!?)

   ダレノガレ「…」ジロリ

   A「ヒッ!」オシッコジョバー

   ?「…」ザッ、ザッ、ザッ

   A「まっ待て!僕はあの大富豪の息子だぞ!?僕を傷つけたらただじゃ…」

   ?「ねぇ喋るのやめな〜」

   A「ヒェ!?」ビクッ

   ?「私は殴る側だから喋るけど (あんた)殴られんじゃん」


    ボォン!
6 :以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2015/08/09(日) 12:40:59.372 VgUuYzuk0.net
   A「アガ…アガガ……」ピクピク

   C「グッ…あぁ、なんてこった…!A君がションベン撒き散らしながら吹っ飛んだ…!あの女、一体、何者…だ……」バタン

   ?「ふぅ…」スッ…

   女「凄い…あ!あの…助けてくださってありがとうございました!」

   ?「ねぇお礼やめな〜」

   女「え?」

   ?「私はゴミ片付けただけだから (あんた)言う必要ないじゃん」スタスタ

   ?「ねぇ早く帰りな〜」

   女「…!あ、はい!それでは!」ペコリ! スタタタ…

   ?「…フッ」スタスタスタ…


     A「クッ…アっ…(糞がぁ…!絶対にゆるさねぇ…!!この僕に手を出すとどうなるか、思い知らせてやるっ…!!!)」
9 :以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2015/08/09(日) 12:42:39.121 VgUuYzuk0.net
 3日後 路上


ダレノガレ「…」スタスタ

ダレノガレ「!」ピタッ

ゴロツキ達『ククク・・・ ヘヘヘ…!』

A「よう、この間は世話になったなぁ…!」

ダレノガレ「…」

A「あぁ、こいつらか?僕が金で雇ったんだよぉ…僕に恥をかかせたお前をボコボコにする為になぁ!!どうした?ビビッて声も出ねぇか?」

ダレノガレ「…ねぇ粋がるのやめな〜」

A「…何?」

ダレノガレ「私は勝てるからいいけど (あんたら)負けるじゃん」

A「ッ!減らず口を!!お前ら、やれ!!」

ゴロツキ達「オラァ!」 「ヒャハハァ!」 「ブックルステヤル!」 『うおおおおおおおおおッ!!!』
10 :以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2015/08/09(日) 12:43:55.178 VgUuYzuk0.net
ダレノガレ「フッ!」 ヒュイーン!

 ボガガガガガガガガン!!!!!

ゴロツキ達「アラァ!?」 「アババァ!!」  『ぐわああああああああああああああッ!!?』

A「あっ?え?嘘!?」

ダレノガレ「…」ヒュイーン!

A「あ!や!ちょっと待っ…」 ボガァン!

ダレノガレ「ねぇ挑むのやめな〜? 私は戦うの好きだからいいけど (あんた)弱いじゃん」

 スタスタスタ…
11 :以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2015/08/09(日) 12:45:35.578 VgUuYzuk0.net
 それから3日後、夜道


ダレノガレ「…」テクテクテク

Aの手先「…(あれが標的の女か…。普通の女じゃないか。全く、坊ちゃんにも困ったものだ…。あんな細身の女にやられるとは…。もっとしっかりしてもらわないと…。)」

Aの手先「(まぁいい。こういう事は、とりあえずあの女を倒してから考えよう。…距離は20m、場所は路地裏、明かりはほぼ無し。)・・・よし。」ザッ…

ダレノガレ「ねぇ闇討ちやめな〜」ピタッ

Aの手先「!?」(気づかれただと!?) ヒュイーン!

ダレノガレ「あたしは気ぃ張ってるからいいけど (あんた)気配駄々漏れじゃん」グワンッ!

Aの手先「なッ…?!(距離をつめられた!?いつのまに…ッ!?)」

Aの手先「!!?(いや、違う!?周りの景色…!これは…『俺がこの女の所まで移動した』のか…ッ!?)
  
 ヒュイン! ボガァン!

ダレノガレ「!」

Aの手先「くっ…!これしきで…ッ 吹きッ飛ぶッッ…かぁっ!!」ブゥン!!
13 :以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2015/08/09(日) 12:47:12.153 VgUuYzuk0.net
 ヒュイン! ゴォン!

Aの手先「ぐッ…!?」

Aの手先(パンチが地面に吸い寄せられた…ッ!?あの女、何を…?!)

ダレノガレ「…」

Aの手先(あの女に殴られたとき、暗くてよく見えなかったが、何か『視界に違和感があった』 あの女の攻撃はおそらく、その違和感と関係がある筈だ。 )

Aの手先(それに、攻撃が地面に引き寄せられたとき。あの時も違和感があった。何か、得体の知れないものに引っ張られる感覚。あの女の攻撃、その『引っ張る力』を利用しているのか?)

ダレノガレ「ねぇ考察やめな〜」

Aの手先「…何?」



ダレノガレ「私はさっき本気出してなかったから 考察しても無意味じゃん」



Aの手先「なっ…! ヒュイーーン!! ボッガァァン!!

Aの手先「ぐわぁあああああああああっ!!!」
  
ダレノガレ「…」スタスタスタ…
14 :以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2015/08/09(日) 12:49:58.720 VgUuYzuk0.net
 次の日、昼

ダレノガレ「…」テクテク

殺し屋(ターゲット補足…。間違いない、あの女だ…。距離800…。風は無し…。…いける。)

ダレノガレ「…」テクテクテク

殺し屋(にしても、雇い主はあんな女にやられただと?大財閥の息子も大したことねぇな。)

殺し屋「…悪く思わないでくれよ。俺は頼まれた仕事をやるだけだ。」

ダレノガレ「…」テクテク

殺し屋「死ね、女」

殺し屋「ここだ…」

殺し屋「そのキレイな顔をフッ飛ばしてやる!」 カチッ

  パァンッ!
15 :以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2015/08/09(日) 12:54:16.999 VgUuYzuk0.net
ダレノガレ「!」 ヒュイーン!

 パスンッ

殺し屋(外れた!?いや、あの感覚、間違いなく当たるはずだった!)

ダレノガレ「フッ!」ダッ!ヒュイン!

殺し屋「なっ何…っ!?(あいつが動く前…!風景が…捻じ曲がって、次の瞬間には一瞬で移動しているっ!!雇い主が言っていた謎の力か!これは、まさか…ッ!!)」
 
ダレノガレ「ねぇ暗殺やめな〜」 ヒュイーン!

殺し屋(早い…!! 雇い主の情報、謎の音、当たらなかった弾丸・・・!捻じ曲がった風景信じられん…ッ!が、やはり、こいつの能力は・・・!)
   
殺し屋「空間歪曲か…ッ!!」
16 :以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2015/08/09(日) 12:56:10.854 VgUuYzuk0.net
ダレノガレ「ねぇ考察やめな〜 あたしは勝つからいいけど (あんた)負けるから無意味じゃん」

殺し屋「抜かせッ!俺を舐めるなよ!」ナイフクルクルパシッ! ダッ!

殺し屋(あいつの能力は空間歪曲、移動時と攻撃時は、空間歪曲をスリングショットのように使い、弾く力で移動と攻撃の威力を急激に上げている…!)

ダレノガレ「フンッ!」 ヒュイーン! ボガァン!

殺し屋「ぐっ!(壁を破壊するほどの威力!だが、弱点は見えた!空間歪曲をスリングショットのように使って攻撃する時は、必ず直前に、『空間を引き絞らなければならない』!)」

殺し屋(つまり、あいつが攻撃のモーションに入ったとき!あいつは一瞬無防備になる!そこに攻撃を叩き込む!!)

ダレノガレ「…」スッ

殺し屋「!(今だ!!)」ダッ!

ダレノガレ「!」

殺し屋「もらった!!」

ダレノガレ「ねぇ私ばっか見るのやめな〜」

殺し屋「!?」
17 :以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2015/08/09(日) 12:58:13.821 VgUuYzuk0.net
ダレノガレ「私は空気(の流れ)読んでるからいいけど (あんた)空気読んで無いじゃん」

殺し屋「はっ!(風景が…捻じ曲がってない…!!)   

キュイーン! キィン!

殺し屋「ぐわっ!?ナイフが!何が…!」

殺し屋「!」(銃弾!?これはさっき俺が撃った…!この女、空間歪曲で銃弾を…!!)

殺し屋「化け物め…ッ! ヒュイン!ボガァン!

ダレノガレ「…」
22 :以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2015/08/09(日) 13:06:09.745 y9CEz8whF.net
じわじわくる
23 :以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2015/08/09(日) 13:12:04.453 Xd52O/Fi0.net
ダレノガレこんな喋り方だったっけwwww
24 :以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2015/08/09(日) 13:13:08.632 VgUuYzuk0.net
 200m先、ビルの屋上
   

A「糞がっ!!何が最強の殺し屋だ!負けてんじゃねぇよ!!!」双眼鏡ガンッ!

A「何のために金を払ったと…ッ『ヒュイン!』ん?ひぇえっ!!」

ダレノガレ「…」ザッ

A「うっうわぁああ!!まっ!まっまっ待って!許してくれぇ!金ならいくらでも渡すからっ!!だから・・・!」

ダレノガレ「ねぇタメ語やめな〜」

A「ヒァッ!?」オシッコジョバー!

ダレノガレ「私は強いからいいけど (あんた)雑魚じゃん」

A「あっ!m 『ヒュイーーーーン!!! ドッ バァアアアアアン!!!!!』
        
ダレノガレ「フゥ…」
25 :以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2015/08/09(日) 13:14:43.433 VgUuYzuk0.net
  一時間後


   マネージャー「もう遅いなぁ…!何してるんだ…!」

   マネージャー「そういえば、さっき近くで大財閥の息子が再起不能とかどうとか…まさか!何かに巻き込まれたんじゃ…ってあっ!やっと来た!遅いですよ!今日は撮影があるって言ったじゃないですか!」

   ダレノガレ「ねぇ騒ぐのやめな〜 私は静かにしてるからいいけど (あんた)うるさいじゃん」スタスタ

   マネージャー「誰のせいだとっ…!あっ!ちょっと、どこ行くんですか!ちょっと待ってくださいよー!ダレノガレさーん!」

   
     おわり
26 :以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2015/08/09(日) 13:16:50.932 Xd52O/Fi0.net
28 :以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2015/08/09(日) 13:20:27.066 zNSopH6Dd.net
まったく脳内再生されなくてワロタ