2 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/01/09(火) 22:46:49.87 jeWaHWRI0
夕美「あっ、お帰りなさい、プロデューサーさんっ」

夕美「あれ?」

夕美「何だか、疲れてる?」

夕美「……」

夕美「そうなんだ。いつも、私のためにご苦労さまです」

夕美「ふふっ、あのね、リラックスできる方法、知ってるんだけど……どうかな?」

夕美「本当に?」

夕美「それじゃあ、早速」

――――――――――――
3 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/01/09(火) 22:47:35.81 jeWaHWRI0
夕美「今、お香を焚くから、ゆったりしてて」

夕美「お部屋、暗くするね?」

夕美「え? 何も見えない?」

夕美「大丈夫っ、私がいるよ。ふふっ」

夕美「怖い……?」

夕美「じゃあ、手を握っててあげるね」
4 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/01/09(火) 22:48:11.76 jeWaHWRI0
夕美「ほら、怖くないよ。ぎゅ〜」

夕美「あっ、ごめんね。痛かった?」

夕美「?」

夕美「いつもの私じゃないみたい?」

夕美「えへへ、プロデューサーさんにリラックスしてもらいたくって……」
5 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/01/09(火) 22:48:39.65 jeWaHWRI0
夕美「プロデューサーさん、いつもありがとう」

夕美「……」

夕美「……」

夕美「……///」

夕美「も、もう! 何か言ってよ〜!」

夕美「プロデューサーさんのイジワルっ」
6 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/01/09(火) 22:49:14.50 jeWaHWRI0
夕美「ほら、プロデューサーさん、横になって!」

夕美「駄目だよっ、プロデューサーさん」

夕美「イジワルしたお返し。私の言うこと、ちゃんと聞いてね!」

夕美「……」

夕美「そ、そう。膝枕……///」

夕美「ほ、ほらっ、目を瞑って!」

夕美「いい? プロデューサーさん、私の声に合わせて、深呼吸してね」
7 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/01/09(火) 22:49:46.53 jeWaHWRI0
夕美「絶対、私の声に従うんだよ?」

夕美「そうしたら、幸せな気分になれるから」

夕美「……」

夕美「そ、それじゃあ……」

夕美「吸って〜」

夕美「……」

夕美「吐いて〜」

夕美「呼吸をするたびに、気持ちよくなっていくよ」
8 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/01/09(火) 22:50:17.15 jeWaHWRI0
――――――――――――

夕美「肩の力が抜けていく。全身がリラックスする」

夕美「気持ちいいのが、どんどん溜まっていく」

――――――――――――

夕美「気持ちいいの溜まってきたかな?」

夕美「身体の中が気持ちいいので膨らむよ」

夕美「だんだんと身体が軽くなって、ふわふわ、もこもこの温かいものに包まれる」

夕美「とっても温かくて、すっごく幸せな気分」

夕美「まだまだ、気持ちいいのは溜まっていく」

――――――――――――
9 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/01/09(火) 22:51:41.54 jeWaHWRI0
夕美「身体がほぐれていく。全身が一つの柔らかいものになっていく」

夕美「プロデューサーさんはどんどん力が抜けていって、気持ちいので満たされていくよ」

夕美「指の先にはもう力が入らない。何も抵抗できない」

夕美「でも大丈夫。怖くない」

夕美「側に私がいるから。夕美ちゃんがしっかり守っているから」

夕美「えへへ、深呼吸しよ? 怖がらないでいいんだよ」
10 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/01/09(火) 22:52:30.00 jeWaHWRI0
夕美「プロデューサーさんは今、とっても幸せな気分」

夕美「お腹の底から温かいのが広がって、息を吸い込むごとに、幸せな気分がどこまでも膨らんでいく」

夕美「不安とか、疲れとか、怖いものは息を吐くごとに身体の中から、出て行く。残るのは幸せな気分だけ」

夕美「ほら、いい香り」

夕美「胸一杯に吸い込んで?」

夕美「いい香りが肺を満たして、全身に染み渡る」

夕美「どんどん、幸せになる」
11 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/01/09(火) 22:53:10.83 jeWaHWRI0
夕美「ねえ、プロデューサーさん。この香り、何の香りかな?」

夕美「……」

夕美「お花? ライラック、ラベンダー、ミントに金木犀、お花だって、色んな香りがあるよ?」

夕美「どんな香りかな?」

夕美「爽やかで、優しくて、とっても安心する香り?」

夕美「そうだね、プロデューサーさん。とっても安心する香り」

夕美「そんな香りが、プロデューサーさんの身体の中を満たしていくよ。小さな小さな隙間も、幸せで一杯。」
12 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/01/09(火) 22:53:58.56 jeWaHWRI0
夕美「疲れたプロデューサーさんのこと、香りが包んで、今までとは違う、ステキなプロデューサーさんに変えてくれる」

夕美「でも、それは変わるんじゃなくて、香りがプロデューサーさんの良い所を引き出してくれるの」

夕美「だから、安心して、ゆっくり息をしようね?」

夕美「……」
13 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/01/09(火) 22:54:33.83 jeWaHWRI0
夕美「プロデューサーさん、手を握るよ?」

夕美「……温かい」

夕美「ねえ、いつか、私がプロデューサーさんの心の栄養になればいいな、って話したの覚えてる?」

夕美「いま、私、心の栄養になれてるかな?」

夕美「なんて、えへへ」

夕美「プロデューサーさん、答える代わりに口を開けて?」

夕美「ほら、あーん」
14 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/01/09(火) 22:55:03.61 jeWaHWRI0
夕美「……」

夕美「どうかな?」

夕美「美味しい?」

夕美「フローラルで甘酸っぱい感じ、蜂蜜みたい?」

夕美「えへへ、そっかぁ」

夕美「もっと食べる?」

夕美「うん! 沢山あるからねっ」
15 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/01/09(火) 22:55:41.10 jeWaHWRI0
――――――――――――

夕美「それでね、このお香、××ちゃんに作ってもらったんだ」

夕美「? ××ちゃんだよ」

夕美「……そろそろ、効いてきたのかな?」

夕美「えへへ、ごめんね。プロデューサーさん」

夕美「お花にも毒はあるんだよ?」
16 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/01/09(火) 22:56:12.60 jeWaHWRI0
夕美「このお香、本当はリラックスする効果なんてないんだ」

夕美「××ちゃんに作ってもらったのは、心を溶かすお香」

夕美「だけど、これだけじゃ本当は駄目で」

夕美「心を開いている相手と一緒になる。そういうお香なの」

夕美「プロデューサーさん、たっぷり吸い込んだよね」
17 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/01/09(火) 22:56:49.04 jeWaHWRI0
夕美「少し恥ずかしかったけど」

夕美「プロデューサーさんの身体の中、私の匂いで一杯だねっ。 プロデューサーさんの身体、もう私とおんなじ、だよね?」

夕美「……イタズラしてもいいかな?」

夕美「…………」

夕美「………………」

夕美「……………………」

夕美「ぷはっ」

夕美「こういうのって、息、止めないものなのかな?///」
18 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/01/09(火) 22:57:26.60 jeWaHWRI0
夕美「この味……分かる?」

夕美「うん、正解!」

夕美「……」

夕美「もっと、近くに行ってもいい?」

夕美「……駄目って言っても、行くからねっ」
19 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/01/09(火) 22:57:57.73 jeWaHWRI0
夕美「……」

夕美「やっぱりプロデューサーさん、温かいなぁ」

夕美「もう指先だって、動かないよね」

夕美「でも、私の声を聞くだけで幸せになる」

夕美「私の匂いを嗅いだだけで、満たされる」

夕美「おしべとめしべは、蕾の中で静かに暮らすんだよ」
20 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/01/09(火) 22:58:34.55 jeWaHWRI0
夕美「でもね、幸せな時間はいつか終わっちゃう」

夕美「プロデューサーさんの中で一杯に膨らんだ、気持ちいいのもだんだん萎んでいく」

夕美「怖い? ずっとこのままがいい?」

夕美「ふふっ、大丈夫だよ」

夕美「もうプロデューサーさんは、気持ち良くなる方法を知ってるから」
21 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/01/09(火) 22:59:21.59 jeWaHWRI0
夕美「私の声を聞いただけで、私の匂いを嗅いだだけで、プロデューサーさんの中から、気持ちいいのがどんどん溢れてくるよ」

夕美「私が、プロデューサーさんの中に刻み付けちゃったから」

夕美「ほら、分かる?」

夕美「今、プロデューサーさんの指を噛んでるんだよ」

夕美「痛い?」

夕美「このまま、プロデューサーさんの指、食べちゃってもいいかな?」
22 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/01/09(火) 22:59:58.35 jeWaHWRI0
夕美「プロデューサーさんが私のお腹の中で溶けて、私になるんだよ」

夕美「髪の毛の一本一本から、指の先まで、相葉夕美はプロデューサーさんで出来上がるの」

夕美「駄目?」

夕美「どうしてかな? すごく気持ちのいいことなのに」

夕美「……」

夕美「うんっ、そうだね」

夕美「プロデューサーさんはもう起きる時間」

夕美「それじゃあ、目覚めようか?」
23 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/01/09(火) 23:00:26.44 jeWaHWRI0
――――――――――――

夕美「おはよう、プロデューサーさん」

夕美「よく眠れたみたいだねっ」

夕美「大丈夫だよ、三十分くらいしか経ってないから」

夕美「えへへ、どうだったかな?」

夕美「……」

夕美「リラックスできた? それなら、良かった♪」

夕美「ふふっ、プロデューサーさん」

夕美「またしてあげるね?」


終わり
24 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/01/09(火) 23:01:07.39 jeWaHWRI0
以上で終わりです。

短いですが、お付き合いいただきありがとうございました。