1 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/01/08(月) 17:22:31.14 rpX7OEf0
クールアイドル達の短編をオムニバス形式で

読まなくても問題ない前作
モバP「クールな事務所」
https://ex14.vip2ch.com/i/read/news4ssnip/1515319538/

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1515399750
2 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/01/08(月) 17:23:44.39 rpX7OEf0
[むーりぃー]

楓「乃々ちゃーん、レッスンの時間ですよー」

乃々「むーりぃー……」

楓「どうしてですか?」

乃々「楓さんとレッスンなんて恐れ多いんですけど……」

楓「そうですか?」

乃々「はい……だって楓さんは背が高くてカッコいいですし、歌も凄い上手いですし……」

乃々「森久保なんかとは格が違うんですけど」

楓「私はまだまだだと思っているのですけど……」
3 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/01/08(月) 17:24:28.39 rpX7OEf0
楓「まあいきますよ、乃々ちゃん」

乃々「どうしてそんなに必死なんですか……今までこんなことなかったのに……」

楓「ふふっ、気になりますか?実は
レッスンのあと飲みにいく約束なんです」

乃々「うぅ……」

楓「いきますよ」

乃々「うぅ……」

楓「乃々ちゃん」

乃々「ひぃぃ……」

楓「乃々ちゃん」

乃々「……乃々はノーノーですけど……」

楓「!」ピキ-ン!
4 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/01/08(月) 17:24:55.70 rpX7OEf0
楓「乃々ちゃんもこっち側だったんですか!」

乃々「……え」

楓「受けて立ちますよ」

楓「避けられないお酒……なーんて」フフッ

楓「猫が寝転がる……うーん、いまいちですかね……」

乃々「なんか夢中になってるんですけど……」

乃々(なんとかやり過ごせそうです……)
5 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/01/08(月) 17:25:21.61 rpX7OEf0
1時間後

楓「うーん、いまいちいいのが思いつきませんねぇ……」

モバP「森久保ォ!」

乃々「ひぃっ!」

モバP「楓さんも!」

楓「あ、Pさんこんにちは」

モバP「ああ、こんにちは。ってなんで楓さんも一緒になってレッスンサボってんですか!?」

楓「あ、乃々ちゃんがダジャレを言ったのでついつい。申し訳ないです」

モバP「もう!レッスン行きますよ!」

楓「はーい」

モバP「乃々もいくぞー」ズルズル

乃々「酷いんですけど……アイドル以前に女の子にすることじゃないんですけど……」

モバP「あ、楓さん。今日の飲み会は無しです」

楓「え!?」

モバP「レッスンサボってたんで当然です」

楓「そんな……そこをなんとか……」

モバP「ダメです」

楓「そんな……」シュ-ン
6 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/01/08(月) 17:26:05.60 rpX7OEf0
[勘違い]
アンジャッシュネタです
多少の百合要素注意

文香「初めてのドラマ出演……」

文香「しかし、初めてだからといって半端にいくわけにはいけません」

文香「しっかり練習しないと……」

文香「えっと……お世話になっている人に思いを伝えるシーンですか……」

文香「というかこれ相手の人『ありす』っていう名前なんですね」

文香「ありすちゃんが事務所に戻ってきたらいっしょに練習してもらえるように頼んでみましょうか……」

文香「声に出すのは恥ずかしいですが、とりあえず1人で練習しておきましょう……」

ありす「ただいま戻りま……」

文香「実は私、ありすちゃんのことが好きなんです!」

ありす「えっ……!」
7 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/01/08(月) 17:26:39.82 rpX7OEf0
文香「あっ、もしかしてありすちゃん聞きましたか……?」

ありす「は、はい!」

文香(恥ずかしいです……まあ練習の手伝いをしてもらおうと思ってたので構いませんが)

ありす(もしかして聞かなかったことにすればよかったんじゃないでしょうか)
↑文香がそういう趣味だと勘違いしている

文香「あの……もしありすちゃんさえよければ私に付き合ってくれませんか?」

ありす「つ、付き合うですか……!?」

文香「あ、ありすちゃんの気持ちがいちばん大事ですからもしイヤなら……」

ありす「イヤとかではないんですが……文香ちゃんはそういう趣味だったんですか?」
8 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/01/08(月) 17:27:15.08 rpX7OEf0
文香「趣味というか……最近興味が湧いてきました」

ありす「最近ですか……」

ありす(奏さんとか周子さんとかカッコいいですから……そのせいでしょうか)

文香「それで、奏さんにお願いして2人でやったんですけど……」

ありす「ヤったんですか!?もうしたんですか……」

文香「でも、私が慣れてなくて……本番で興奮してたくさん噛んじゃったりしました……」

ありす「噛んだんですか!?それはダメですよ!」
9 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/01/08(月) 17:27:49.81 rpX7OEf0
ありす「あっ、このことってPさんは知ってるんですか?」

文香「?知っていると思いますが……」

文香(Pさんがとってきた仕事ですし……)

ありす「Pさん公認なんですか……」

文香「はい、周子さんもすごく応援してくれました」

ありす「周子さんも知ってるんですか!?というか応援してるんですか!?」

文香「一回奏さんとやってるところを撮影して、周子さんに見てもらったことがあります」

ありす「なんで周子さんに見せる必要があるんですか!?」
10 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/01/08(月) 17:29:09.52 rpX7OEf0
文香「やっぱり他の人に見てもらったほうがいいと思いまして……」

ありす「そんなもの見せられたら周子さんびっくりしますよ……」

文香「?周子さんはしっかり見てくれましたよ?」

ありす(周子さん、何やってるんですか!?)

ありす「あの……そもそもこういうことに興味をもつきっかけってなんだったんですか?」

文香「奏さんがきっかけだと思いますが……」

ありす(予想通り、奏さんですか……)

文香(奏さんの演技、カッコよかったです……)

文香「ある日、奏さんに付き合ってほしいって言われて……」

ありす「そこで……その……2人でヤったんですか……?」

文香「いいえ、他の人も集めて5人でやりました」

ありす「5人ですか!?一人で余るじゃないですか!?」

文香「ペアを組む訳ではないので余りませんが……」

ありす「それは凄そうですね……」
11 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/01/08(月) 17:29:35.34 rpX7OEf0
文香「奏さんに度胸をつけるためって言われて近くの公園でやったんですけど人が集まってしまって……」

ありす「現役アイドルですよ!?何してるんですか!?」

文香「ですよね……時と場所を守るべきでした……」

文香「えっと、話は戻るんですが……」

ありす(もしかして……)

文香「もし良ければ私とその……してくれませんか?」

ありす(やっぱりぃぃぃ!)
12 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/01/08(月) 17:30:08.01 rpX7OEf0
ありす「む、無理です!第1そんな経験全然ないですし!」

文香「しょうがないですね……今夜は一人ですることにします」

ありす「そんなこと言う文香さんはみたくありませんでした……」

文香「しかし、文香さんがしてくれないなら一人でするしかないので……」

文香「でしたら、今から一人でするので見てくれませんか?」

ありす「ダメですよ!?」
13 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/01/08(月) 17:30:53.28 rpX7OEf0
文香「一回だけでもいいですから……感想をくださると助かります」

ありす「感想なんて言えませんよ!」

ありす「っていうかそもそもなんで私なんですか!?」

ありす「それこそ奏さんや周子さんでいいのでは……」

文香「ありすちゃんじゃないとダメなんです……!」
↑相手役の名前がありすのため

ありす「絶対にですか?」

文香「絶対にです」

ありす(文香さんがここまでいうなんて……)

ありす「……分かりました。でも一回だけ、特別にですよ」
14 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/01/08(月) 17:31:58.43 rpX7OEf0
文香「一回だけですね、わかりました」

ありす「あっ、いや、でも結果によってはも二回でも三回でも……」

ありす(ってこれ私がしたいみたいになってませんか……?)

文香「ありがとう、ありすちゃん」

ありす「えっと、私こういうの初めてで上手くできるかわかりませんが精一杯頑張ります!」

文香「大丈夫ですよ」

ありす「恥ずかしいから目を閉じてもらってもいいですか?」

文香(演技を見られるのが恥ずかしいんでしょうか?)

文香「わかりました」
15 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/01/08(月) 17:32:25.69 rpX7OEf0
ありす「文香さんにお願いされたとき、恥ずかしくて……でもそこまでイヤじゃなくて……」

文香(もう演技に入ってるのでしようか……?)

ありす「この感情がなんなのかわからないんです」ジリジリ

ありす「でも、文香さんとしてみれば分かると思うんです」ジリジリ


文香「えっと、ありすちゃん……?」

文香(近づいてきてるような……)

チュッ

文香「えっ!!ありすちゃんいきなり何して!?」

ありす「文香さん……」

文香「ありすちゃん!!目が、目が怖いです!」

このあと誤解に気づいたありすが罪悪感で落ち込むのはまた別の話
16 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/01/08(月) 17:33:08.96 rpX7OEf0
[理解るわ]

飛鳥「川島さん」

瑞樹「飛鳥ちゃん、どうかしたの?」

飛鳥「貴方の『理解るわ』凄くカッコいいと思うよ」

飛鳥「まさか蘭子以外に仲間がいるなんてね……」

飛鳥「おっと、すまない。用はこれだけだ」

飛鳥「邪魔したね。ボクはここいらで失礼するよ」スタスタ

瑞樹「なんだったのかしら……?」
17 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/01/08(月) 17:34:18.57 rpX7OEf0
以上で終わりです
ご覧頂きありがとうございました
ネタが思いつけばまた書きます