1 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/12/31(日) 21:47:22.48 sZ0OLAVo0
各アイドル毎にPが居る設定

キャラ崩壊注意



文香(まずは、さりげなく恋愛小説を読み終わる)

文香「・・・ふぅ」パタン

文香P「ん、読み終わった?」

文香「はい・・・」

P「何読んでたの?」

文香「こちらを・・・」

P「へぇー。恋愛物も読むんだね」

文香(来ました・・・!)

文香「Pさんは、どんな女性が好みですか・・・?」

文香(決まりました・・・!どこからどう見ても自然な流れです。私の下心は完璧に隠しおおせた事でしょう)

P「うーん・・・好きな女性かぁ・・・」

P(良し、格好つけて少しメタファーを織り交ぜるとしよう)

P「枕みたいな人が好きかな」

文香「枕・・・と言いますと?」

P「うん・・・その自分が無防備になる瞬間のパートナーというか、静かに、柔らかく暖かく、癒してくれる人・・・みたいな」

文香「なるほど・・・分かります。分かりました」

P「文香はどんな男の人が好き?」

文香「えっ・・・そ、その、私の事をよく理解してくれて・・・もったいないくらい魅力的だと言ってくれて、大事にしてくれる人・・・が、良いです」

P「うん。文香優しい良い娘だから、きっといつか、そんな素敵な人と出会えるよ」

文香「・・・Pさんは、結構ナルシストなんですね・・・」

P「?」

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1514724442
2 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/12/31(日) 21:47:46.09 sZ0OLAVo0
文香(さて・・・必要な情報は手に入ったので、早速あそこへ向かいましょう)

文香「失礼します・・・鷺沢文香です・・・」ウィーン

晶葉「おお、いらっしゃい。何用かな?」

文香「その・・・作って欲しい装置があるのですが・・・」

晶葉「ふむ。いいだろう。だが、それなりの代償はいただくぞ?」

文香「はい・・・覚悟の上です」

晶葉「ふふ・・・では、検体の情報収集と行こうか・・・!」



文香「・・・あの」

晶葉P「うん?鷺沢さんか。どうしたの?」

文香「お弁当箱に入っていたら嬉しいおかずは何ですか・・・?」

晶葉P「え?うーん。卵焼き!」

文香「・・・」メモチラリ

文香「すいません。それはもう確認済みですので、別のおかずを・・・」

晶葉P「え?じゃあ・・・明太子!」

文香「はい・・・ご協力ありがとうございます」ペコリ

晶葉P「ねぇ、最近色んなアイドルが俺に色んな質問しに来るんだけど・・・何で?」

文香「乙女の秘密・・・です」

ウサミンロボ「『鷺沢文香が晶葉Pに質問した理由』を特別情報機密システム『乙女の秘密』に登録したウサ。詮索するPは排除するウサ」ピロリン

晶葉P「クソッ!鷺沢さんも教えてくれなかった!」
3 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/12/31(日) 21:48:22.64 sZ0OLAVo0
文香「明太子・・・だそうです」

晶葉「よおし!これで6品目!助手にお弁当を作ってやれるぞ!」

文香(自分で聞くのは恥ずかしいし作戦がバレてしまうので、他のアイドルに質問役を頼む。晶葉さん、見事な策略です)

晶葉「さて早速食材を・・・」

文香「あの・・・」

晶葉「ああ、文香への礼が先だったな。何が欲しい?『体臭が10倍になるスイッチ』『後4年絶対待っててもらうスイッチ』・・・『婚姻届に判を押したくなるスイッチ』なんかも有るぞ」

文香「そのような物が・・・!?」

晶葉「あ、いや、すまん。最後のは『あまりにPの人権を無視しすぎている』って理由で留美さんに没収されたんだった」

文香(そういえば留美さんは最近ご結婚されたそうです。おめでたいですね)

晶葉「で、何がいい?ここにないなら作るが」

文香「枕になりたいのですが・・・」

晶葉「は?」

文香「枕に・・・」

晶葉「ええと、それなら前にみくに貸した奴をアップデートすれば行けるかな?枕のデータを送信して・・・」

晶葉「出来た!『猫か枕に変化するスイッチ』!」ポチッ

文香「にゃあ」ボフン

晶葉「ごめんちょっと戻す」ポチッ

文香「今のは一体・・・」

晶葉「今度こそ出来た!『枕に変化するスイッチ』!」ポチッ

文香(・・・!体が枕に!)

晶葉「前回の失敗を生かして、念じれば解除されるようにしといたぞ!」

文香(前回の失敗・・・?物理的にスイッチが押せなくて困った事があったのでしょうか)

文香(そういえば最近、みくPさんが家で猫にお漏らしされたと言っていましたが、何か関係があるのでしょうか)

文香(それはさておき・・・解除)

文香「!」ボフン

文香(体が元に・・・!)

晶葉「どうだ?変化中、五感は正常に作用していたか?」

文香「ええ、問題ありませんでした」

晶葉「よし。ではこのスイッチを貸そう。返すのは気が向いたらで構わんぞ。グッドラック!」ビシッ

文香「ありがとうございます・・・」
4 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/12/31(日) 21:48:54.00 sZ0OLAVo0
文香P「ああ忙しい。今日は帰れそうにないな。仮眠室で一泊コースだなこれは」

文香(私のために・・・いつもお疲れ様です。しかし、これはチャンス。きっと安眠へ誘ってみせます)

文香(仮眠室にある元々の枕をどけて・・・変化)ボフン

文香(さぁ、準備完了です)

晶葉P「ふぁ〜あ。今日も頑張った。寝よう」ガチャッ

文香(!?晶葉Pさん!?)

文香「解除」ボフン

晶葉P「!?」

文香「すいません・・・ここは使用中ですので、横のをお使いください」

晶葉P「あぁ、うん。ごめんね」

文香「変化」ボフン

晶葉P「・・・いや、何で鷺沢さんがここに!?」ガバッ

晶葉P「居ない・・・」

晶葉P「疲れてるんだな。寝よう」



文香P「ふぅ・・・」

文香(来ました・・・!)

P「んっ」ゴロン

文香(Pさんの髪が・・・!)

P「ん・・・?」

P(何かいつもより良い匂いするな。ちひろさん洗剤変えたのかな?)クンカクンカ

文香(はうぅ)

文香(Pさんの顔を押し付けられて、Pさんの香りが・・・)

P(柔らかいし暖かいし・・・)フニフニナデナデ

文香(んっ、あっ)

P(何か、この枕落ち着くなぁ)ギュスリスリ

文香(ああ・・・そんな、抱きしめるように頬擦りされては・・・ああ)

文香(腕の温もりや、擦り付けれるように届くPさんの匂い。ああ、ああ)

P「・・・」スヤァ

文香(Pさんは寝てしまったようですね・・・ここらで解除を・・・)

文香(・・・いや、ここで解除したら、このすっぽり抱きしめられてる体勢が損なわれてしまうのでは?)

文香(それに・・・もうこのままで良いような気がしてきました。気持ちがふわふわして、ぽかぽかして・・・)
5 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/12/31(日) 21:49:35.92 sZ0OLAVo0
P「あー、何かめっちゃいい夢見た。今日も一日、文香のために頑張ろう」

文香「Pさん、おはようございます」

P「ああ、おはよう文香。・・・あれ?今仮眠室の方から来なかった?何で?」

文香「昨日は家に帰られなかったみたいですが・・・よく眠れましたか?」

P「ああ、何か知らないけど枕が抜群に良くって。最高だったよ」

P「柔らかくて、暖かくて、側にあると安心して・・・あんな枕みたいな人をお嫁さんに貰いたいね」

文香「・・・そんなに褒められると、照れてしまいます」

P「あの枕家に持ち帰りたいなぁ。ちひろさんくれるかな」

文香「も、もう同棲ですか・・・?その、不束者ですが、よろしくお願いします・・・」

P「さっきから何言ってるの?」
6 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/12/31(日) 21:50:15.23 sZ0OLAVo0
P「・・・そうだ。もう一つ、質問いいかな?」

文香「?はい。どうぞ」

P「晶葉Pの奴に、好きな食べ物聞いたって本当?」

文香「・・・ええ、はい」

P「それって・・・お弁当作ってあげたいから、とか?」

文香「いえ・・・私は別に」

P「・・・なら、いいんだけど・・・」

文香「・・・もしかして、焼き餅を、してくれているのですか・・・?」

P「えっ!?いや、俺はただ、アイドルとしての文香が心配で・・・」

文香「・・・大丈夫ですよ。私はいつでもPさんの側に居ますから・・・お休みの時でも」

P「それで、晶葉Pに質問した理由ってなんなの?」

ウサミンロボ「『乙女の秘密』防衛フェイズに移行するウサ」ズダダダダダダ

P「あばばばば」



   −終わり−
7 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/12/31(日) 21:50:44.27 sZ0OLAVo0
おまけ



藍子(さぁ、枕になってPさんを癒します!)

藍子(Pさんまだかな・・・)

藍子(遅いな・・・)

藍子「ぐぅ」



P(この枕すごいめっちゃ眠れる)スヤァ



有休全部溶かした。
8 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/12/31(日) 21:51:11.82 sZ0OLAVo0
おまけ2



凛「聞いて来たよ。ポニーテールが好きなんだってさ」

晶葉「そ、そうか!早速結って見せに・・・」ササシュルル

凛「待ってよ」

晶葉「ああ、凛への礼が先だったな。何が欲しい?また『体臭が10倍になるスイッチ』か?」

凛「ううん。今度は文香が使った奴が欲しい」

晶葉「『枕に変化するスイッチ』か?あれは今、思念回路の調子が悪くて意志での解除ができないんだが・・・」

凛「ああ、うん。それでいいよ。好都合」

晶葉「?」



凛P(何か知らんが枕になってしまった)ボフン

凛「わぁ、具合の良さそうな枕。ちょっとお昼寝しようかな」

P(ま、まずい!)

凛「んーっ」ギュウッ

凛「んーっ」クンカクンカ

P(ああやばいやばい凛の髪とほっぺたと胸がぎゅーってなって最高)

凛(この温度・・・そろそろかな?)ポチッ

P「あぁ・・・凛・・・凛・・・」ボフン

P「!?」

凛「Pさん!?私が昼寝してる間に、一体何を・・・?」

P「ご、誤解だ凛!違う・・・」

凛「あーあ、これはもう一生をかけて償うしかないね。結婚しよ」ギューッ

凛「んーっ」クンカクンカクンカクンカ

P「あぁ・・・」
9 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/12/31(日) 21:51:48.18 sZ0OLAVo0
おまけ3



まゆ「聞いて来ましたよぉ。ウサミミが好きだそうですぅ」

晶葉「よしっ!早速助手にアピールを・・・」スチャッ

まゆ「・・・晶葉ちゃん?」

晶葉「ああ、まゆへの礼が先だったな。何がいい?」

まゆ「『猫に変化するスイッチ』を・・・」

晶葉「ああ、あれからまだ改良してなくてだな・・・このスイッチでしか解除できないままなんだが・・・」

まゆ「それでいいですよぉ」



まゆP(何か知らんが猫になった)ニャア

まゆ「あら、可愛い猫ちゃん。まゆと一緒に暮らしましょうねぇ♪」ダッコ

P「んにゃあ!?」



   −終わり−
10 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/12/31(日) 21:52:14.92 sZ0OLAVo0
以上になります。

流行れ。アイドル七変化SS。