639479

みほ
mihono_sensyado

1: 以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします 2017/03/07(火) 23:32:05.42 ID:IqVcE49o0
みほが黒森峰にいる頃の話

まほ「今日の練習は以上だ。各自、大会に向けてしっかり体調管理を怠るな」

隊員「「「はい!」」」

まほ「それと・・・。みほはこの後少し残るように。解散!」





エリカ「あなたこの前も隊長に残されてたわね。何かあったの?」

みほ「う、ううん。何もないよ、エリカさん」

エリカ「?ふぅん。それならいいけど」

2: 以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします 2017/03/07(火) 23:35:14.22 ID:IqVcE49o0
戦車倉庫裏

まほ「みほ、今日の練習の態度はなんだ。全然集中しているようには見えなかったぞ」

まほ「副隊長がそれでは隊員の士気も落ちてしまう。もう少し西住流を背負っているという覚悟をもて」

みほ「・・・はい」

まほ「・・・なんだ?何か言いたげな目をして」

みほ「いや、そういう訳じゃないけど・・・」

まほ「そうか」スッ

みほ「・・・」

まほ「ふんっ」腹パンドス

みほ「うっ!?ゲホッ、ゲホッ!」

3: 以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします 2017/03/07(火) 23:38:40.68 ID:IqVcE49o0
まほ「みほ、痛い?」

みほ「う、ん・・・。痛いよ・・・」

まほ「そうか」

まほ「私の目をそらさずに見るんだ」

みほ「・・・?」ジッ

まほ「ほっ」腹パンドス

みほ「ぐふうう!?」ヨロ

まほ「駄目、顔をよく見せて?みほ」

みほ「お姉ちゃん・・・。も、もう・・・」ウル

まほ「・・・・・・・・・・・・・・」

まほ「・・・・・・・・・・・・・・・・・・いい」ウットリ

4: 以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします 2017/03/07(火) 23:43:19.37 ID:IqVcE49o0
まほ「ふっ!」腹パンドスッ

みほ「ううっ・・・!」

まほ「・・・」フー

まほ「みほのかわいい顔を傷物にする訳にはいかないからな。今日もお腹にしておいた」

まほ「なぁ。隊長というのはなかなかにストレスの溜まるものなんだ。決してみほの事が嫌いでこうしているんじゃない」

まほ「わかるな?」

みほ「う、うん・・・」

まほ「いい子だ。・・・もちろん許してくれるよな?」ジッ

みほ「うん・・・お姉ちゃん」

まほ「・・・」ニコ

まほ「それと・・・。今日の練習で汗はかいたか?」

5: 以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします 2017/03/07(火) 23:47:31.76 ID:IqVcE49o0
みほ「う、うん。今日は暑かったからいつもよりはかいてるけど・・・」

まほ「そうか」

まほ「パンツァージャケットを貸すんだ」

みほ「うん・・・」

みほ「・・・」ヌギヌギ

まほ「ありがとう」パッ

まほ「・・・・・・・・・」

まほ「すぅ~~~~・・・・・・すぅ~~~~・・・はぁ~~~~」クンカ

みほ「あの、お姉ちゃん・・・」

まほ「んっ・・・。念のためこれは借りておく。明日の朝返すから」

みほ「うん、わかった・・・」

6: 以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします 2017/03/07(火) 23:53:05.77 ID:IqVcE49o0
翌朝
みほの部屋
みほ「うーん・・・。私のパンツァージャケット、何着かあったのに替えの分もなくなっちゃった」

みほ「お姉ちゃん、なかなか返してくれないから・・・」

みほ(お姉ちゃんが私に暴力をふるうようになったのはつい最近)

みほ(黒森峰の隊長として、私には完璧にこなしてるように見えるけど、お姉ちゃんなりに上手くいかない苛立ちがあって、それを私にぶつけるようになった)

みほ(でも私は受け入れるしかない・・・。お姉ちゃん一人に辛い思いを抱え込ませる訳にはいかないから・・・)

ピーンポーン
ガチャ
エリカ「みほー、学校行くわよー」

みほ「あっ、ちょっと待ってエリカさーん」

みほ「・・・今度また新しいの買っておかなきゃ」

7: 以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします 2017/03/07(火) 23:57:59.50 ID:IqVcE49o0
戦車道練習後
戦車倉庫裏

まほ「なぁみほ」

まほ「今日の練習中、途中からお母様が見に来られていたのに気付いていたか?」

みほ「えっ!?そうなの・・・?」

まほ「やはり気付いていなかったか。・・・まぁ、すぐに帰られたからな」

まほ「・・・お叱りを受けたよ。今の指揮ではまだ西住流を体現できていない、と」

まほ「西住流を継ぐ人間として、私は一個人である前に西住の戦車乗りなんだ」

まほ「ある程度結果も残している。・・・私なりに頑張っているつもりなんだがな・・・」スッ

みほ「・・・?お姉ちゃ・・・うっ!?」クビシメ

まほ「隊員たちはみな私の指導に従ってくれている」ギュ

まほ「もちろんみほもだ。・・・頼りにしてるよ」ギュウウ

みほ「かっ・・・!ゲホッ!」

まほ「それなのに私はお母様の期待に応えられない」ギュウウ

みほ「ぐっ・・・!く、苦しっ・・・い」

8: 以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします 2017/03/08(水) 00:00:52.72 ID:p1Y7KEfM0
まほ「お母様はみほを褒めていたよ。みほには才能があるって」

みほ(お母さん・・・が・・・?)

まほ「姉として、とても誇らしいよ、みほ」ニコ

まほ「・・・・・・それなのに私は」

まほ「どうして・・・なんだろうな」ギュウ

まほ「どうして・・・」

まほ「どうして・・・!」

まほ「どうして・・・!!」ギュウウ

みほ「お・・・ねえ、ちゃ・・・」

みほ「・・・」ガクッ

まほ「っ!?すまないっ、みほっ!」パッ

みほ「・・・う・・・・んっ・・・」

まほ「息は・・・あるな・・・。気を失っただけか・・・」ホッ

9: 以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします 2017/03/08(水) 00:05:34.70 ID:p1Y7KEfM0
まほ「みほ・・・」ナデ

まほ「みほだけだ・・・。私の味方は」

まほ「・・・・・・・・」グイ

まほ「みほ・・・チュッ・・・んっ・・・レロ・・・」

まほ「・・・・・」

まほ「・・・・・」ペロペロペロ

みほ「」

まほ「・・・。流石に反応がないとむなしいな」フフッ

まほ「・・・・・・」ピッポッパ Prrrrr

エリカ『はい、どうかしましたか?』ガチャ

まほ「エリカ、みほが貧血で倒れたんだ。部屋まで運ぶのを手伝ってくれ」

エリカ『みっ・・・副隊長が!?すぐ行きます!』

まほ「すまない、助かる。戦車倉庫にいるから」ピッ

10: 以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします 2017/03/08(水) 00:08:15.72 ID:p1Y7KEfM0

みほの部屋

みほ「んっ・・・」

エリカ「!ようやく起きたのね」

みほ「あれ・・・私・・・」

エリカ「あなた、貧血で倒れたそうよ。だから私と隊長で部屋まで運んできたって訳」

みほ「ああ・・・・・・。そういう事になってるんだ」ボソ

エリカ「?何か言った?」

みほ「ううん。なんでもないの。ありがとう、エリカさん」ニコ

エリカ「これくらいチームメイトとして当然よ!」

エリカ「だいたいあなた、普段からコンビニ弁当ばっかり食べてるから貧血なんかになるのよ」

みほ「でも、最近のコンビニのお弁当はすごくおいしくなってて・・・」

エリカ「そういう問題じゃない!」

11: 以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします 2017/03/08(水) 00:20:40.21 ID:p1Y7KEfM0
エリカ「とにかく!・・・黒森峰の副隊長が貧血で倒れてるようじゃダメよ」

エリカ「それにあなた、ただでさえいつもボーッとして危なっかしいんだから」

みほ「・・・・・ふふ、あはは」

エリカ「?何笑ってるのよ、いきなり」

みほ「ごめんなさい。・・・私の為に色々言ってくれるエリカさんを見てるとつい・・・嬉しくなっちゃって」

みほ「ありがとう、エリカさん」

エリカ「・・・・もう、変な子ね」

12: 以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします 2017/03/08(水) 00:23:47.42 ID:p1Y7KEfM0
エリカ「あ、そうだ。そういえば前回帰港した時にとってもいい雰囲気のカフェを見つけたの。今度一緒に行ってみない?」

みほ「ほんと!?行ってみたいな!」

エリカ「はい、決まりね。それじゃちょうど明日帰港するからその時に行きましょ」

みほ「うん!」

エリカ「じゃあ、私そろそろ帰るから。また明日ね」

みほ「・・・あの、エリカさん!」

エリカ「?どうしたの?」

みほ「楽しみにしてるね!」ニコ

エリカ「・・・ええ、私もよ」ニコ

13: 以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします 2017/03/08(水) 00:28:32.62 ID:p1Y7KEfM0
翌日
帰港後

エリカ「やっと陸に着いたわね。行きましょ、みほ」

みほ「うん!」

・・・・・・・・・
・・・・・・
・・・

みほ「ねえ、エリカさん、ずいぶん細い路地を通ってるけどほんとにこの道で合ってるの・・・?」

エリカ「そうね・・・。この辺までくればいいかしら」

みほ「エリカさん・・・?」



エリカ「・・・・・・人に見られなくてっ!」ボコォ



みほ「きゃっ!?」ドタッ

14: 以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします 2017/03/08(水) 00:31:57.63 ID:p1Y7KEfM0
エリカ「いけない。興奮して顔を殴っちゃったわ。・・・・・跡が残るじゃない」

みほ「エ、エリカ・・・さん・・・?」ヨロ

エリカ「ああ、だから隊長もお腹にしていたのね。流石隊長だわ」ブツブツ

みほ「エリカさん・・・!」

エリカ「うるさいわね・・・・はっ!」腹パンドス

みほ「ぐふぅ・・・!?・・・ど、どうして・・・?」ジワ

エリカ「私、見ちゃったのよね。・・・隊長があなたを殴ってるとこ」

みほ「!」

みほ「そんな・・・!・・・・。そんなの・・・嘘だよ。お姉ちゃんが・・・そんな事する訳n

エリカ「ああ、庇わなくていいから。私、動画も撮ってるし」

みほ「!・・・だったら・・・・・・。どうして・・・どうしt

エリカ「『どうして止めてくれなかったの?』」

みほ「!」

15: 以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします 2017/03/08(水) 00:39:34.48 ID:p1Y7KEfM0
エリカ「そんなの簡単。気付いてしまっただけよ。・・・あなたにはこんな『使い方』があるんだ、ってね!」ドスッ

みほ「う”っ!?・・・オ”エエ・・・!」

エリカ「あはは、吐いてる」

エリカ「戦車道ってすっごく楽しいわ。私はそう思ってる。・・・・・・でもね、時々すごくもどかしい気持ちになる時があるの。例えば・・・・・・。どんなに練習しても、同学年にどうしても勝てない存在がいるって思い知らされる時、とか」

みほ「・・・」

エリカ「あ、勘違いしないでよね。別にあなたの事が嫌いって訳じゃないからね」

エリカ「ただどうしてもその事実が、どんなに普段気にしないようにしても、胸の奥底でチクチクするの」

エリカ「私は一番にはなれないんだ、って。・・・ふふ。結局は負けず嫌いなのよね、私」

エリカ「色々考えちゃって、悶々としてる時に偶然見つけちゃったのがあなたと隊長の関係」

エリカ「すっごく・・・・・・・・・興奮したわ」

エリカ「その時思ったの。・・・・・私もこの子に、ひどい事したい・・・って」

エリカ「そうすれば、この劣等感を、ストレスを解消できるんじゃないか・・・って!」ニタァ

16: 以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします 2017/03/08(水) 00:43:14.07 ID:p1Y7KEfM0
エリカ「戦車道では絶対勝てないあの西住みほを私の手で好きにできる・・・。もしそんな事ができれば、こんな支配感って他じゃ味わえないわ!」

エリカ「そうだ」

エリカ「昨日だって、みほが貧血で倒れたって隊長に呼ばれたけど・・・。あれ、嘘よね?」

エリカ「ねえ、隊長と何してたの?」

エリカ「人に言えないようなことしてたんじゃないの?」

エリカ「私にも・・・やらせて?」

みほ「そんな・・・!ひどい、よ」ジワッ

エリカ「何?断るの?隊長には好きにさせてる癖に」

みほ「あれは・・・。お姉ちゃんは、本当はあんな事しない・・・。けど、今はちょっとストレスが溜まってて・・・。それで、たまたまああいう事をしてるだけで・・・」

エリカ「ふぅん。・・・ま、私には隊長がどんな理由であなたを殴ってたかなんて関係ないわ」

エリカ「肝心なのは、私にも隊長と同じことをさせてくれるかどうか、って事」

17: 以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします 2017/03/08(水) 00:46:58.02 ID:p1Y7KEfM0
みほ「そんな・・・。そんなの・・・嫌、だよ」グスッ

みほ「私は、ふ、普通に、エリカさ、んと・・・・ううっ。仲良く、したい・・・よぅ」ポロポロ

エリカ「・・・・・・・・・」

エリカ「そう。わかったわ・・・・・」スッ

エリカ「ごめんね、みほ」抱き

みほ「エリ・・・カさん・・・?」

エリカ「あなたの言う通り、私もあなたとは仲良しでいたい。さっきも言ったけど、ただあなたが嫌いでこんな提案をしたんじゃないの」ナデナデ

エリカ「さっきのは私のワガママ。心の弱い私が押しつぶされないように、あなたをストレスのはけ口にしようとしてしまっただけ」

みほ「・・・」ポロポロ

エリカ「何の落ち度もないあなたに、ひどい事した私を許して・・・?」

エリカ「・・・・・・・」ギュッ

エリカ「ねえ、みほ」

エリカ「もし、私が・・・あなたと隊長の関係を撮った動画を隊員たちに見せてしまったら、隊長は・・・・・どうなると思う?」ボソ

みほ「え・・・?」

18: 以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします 2017/03/08(水) 00:53:50.71 ID:p1Y7KEfM0
エリカ「私は心が弱いの。・・・いえ、汚れてるのかしらね。とにかく、はけ口の見つからない私は・・・。間違いを犯してしまうかもしれないわ」

みほ「間違いって・・・」

エリカ「尊敬すべき隊長のそんな姿を見たら、隊員たちはどう思うかしらね?」

エリカ「・・・・きっと失望するでしょうね。自分たちの隊長は、副隊長に暴力をふるってる。そんな人について行くことはできない、ってね」

みほ「そんな・・・。そんな事になったらお姉ちゃんは・・・!」

エリカ「そう。ますます上手くいかなくなって、さらにストレスを感じるようになるはずよ」

エリカ「そしたらあなたへの暴力もエスカレートするかもしれないわね?」

エリカ「私がそんな間違いを起こさないように・・・・・・。抑制になる存在が必要だとは思わない?」

19: 以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします 2017/03/08(水) 00:58:25.59 ID:p1Y7KEfM0
みほ「・・・・・・ううっ。グスン・・・あああ・・・」ポロポロ

エリカ「あら、どうしたの?何か言いたい事でm

みほ「私、がっ・・・!ふうう・・・。グスッ・・・エリカさんの、ス、ストレスの・・・はけ口になりますっ・・・!」ポロポロ

みほ「ヒンッ・・・お姉ちゃんがぁ、私にっ・・・ううっ・・・。してる、事をっ・・・!・・・エリカさんもしていいですっ・・ううう・・・!」

みほ「だからぁっ・・・!うぅ・・・お姉、っちゃんの事を・・・。みんなにっ、ばらさないで、く、下さいぃっ・・・・!」

エリカ「・・・・・・」

エリカ「ありがとう、みほ」

エリカ「あなたが自分の意志でそう言ってくれてとっても嬉しいわ」

エリカ「これからもよろしくね」ニコ

みほ「うわああああああああああっ・・・・・!」ボロボロ

・・・・・・・・・
・・・・・・
・・・

20: 以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします 2017/03/08(水) 01:04:50.92 ID:p1Y7KEfM0
みほ(それからの生活は)

みほ(練習後はお姉ちゃんに)

~~~
まほ『みほ。我慢するんだ・・・。少し強くいくぞ・・・!フッ!』タイキック

みほ『ひいっ!?』
~~~

みほ(部屋に帰った後はエリカさんに)
~~~
エリカ『今日は隊長に何されたの・・・?言ってみなさいよ・・・!』ハァハァ

みほ『・・・』
~~~

みほ(お姉ちゃんの暴力は日に日に過激になっていってる)

みほ(エリカさんも、お姉ちゃんがした事を私に聞いて、律儀に同じことをしようとしてくる)

みほ(次第に私は、二人から受ける暴力に対して何も思わなくなってきた)

みほ(そんな中、全国大会が始まり決勝戦であの事件が起きて、私は黒森峰を去った)

21: 以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします 2017/03/08(水) 01:11:38.49 ID:p1Y7KEfM0
月日が流れ、大洗女子学園
みほ「以上で今日の練習は終わりです!みなさん、お疲れ様でした!」

「「「お疲れ様でしたーー!」」」

杏「西住ちゃ~ん。今日も指導あんがとねぃ」ニヒ

みほ「いえ、私にできる事なんてそんな・・・」

沙織「みぽりーん!帰ろうよーー!」

麻子「はぁ。疲れた・・・」

華「こんな日はきっとお夕飯がとっても美味しい筈です!」

優花里「五十鈴殿、いつもそれ言ってますぅ!」



みほ(初めは素人だったみんなも、少しずつだけど、練度が上がってきている)

みほ(でも、全国の強豪校と戦うとなると、これじゃあまだ・・・)

みほ(大洗のみんなと全国大会で優勝するなんて、私の力量じゃ無理なのかな・・・)

みほ(黒森峰から、お姉ちゃんやエリカさんから逃げてきた私が、あの人たちと戦えるのかな・・・)

みほ(・・・)ドクン

みほ(・・・・・・)ドクン ドクン

みほ(なんだろう・・・・。動悸がする・・・)

22: 以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします 2017/03/08(水) 01:26:25.35 ID:p1Y7KEfM0
みほ「・・・・・・」ボーッ

優花里「西住殿?皆さん行かれてますよ?」

みほ「あっ・・・。優花里さん・・・・」

優花里「はい?どうされました?」

みほ「この後、戦車倉庫裏に来てくれない?ちょっとお話があるんだけど・・・」

優花里「はいぃ!不肖、秋山優花里!西住殿がついて来いと言うならどこへでも馳せ参じますぅ!」シュバッ

みほ「・・・・・」

みほ「ありがとう。・・・・・優花里さん」ニコ



戦車倉庫裏

優花里「・・・それで、西住殿。お話と言うのh

みほ「・・・!」腹パンガスッ

優花里「うっ・・・!?」

優花里「西住・・・・殿・・・?」

みほ「・・・・」ゾク

みほ「ごめんね、優花里さん」

みほ「でも・・・・。優花里さんなら、黙って受け入れてくれるよね?」ニコ

おわり