kancolle

艦これ
d312dc73 (8)

1: ◆C1IE6oGdkE 2016/05/24(火) 19:46:02.86 ID:lcXlFfg9o
注意と設定

※シリアスではありませんが当然死人が出ます。ゾンビものなので

※なんと! 女子供でも可能性が! ひどい!

※艦娘達は自分の艤装を装備していない場合 主砲とか魚雷とか撃てません

※ゾンビ映画視聴歴は100本程度 愛好家的には中級者レベル

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1464086762

2: ◆C1IE6oGdkE 2016/05/24(火) 19:47:09.83 ID:lcXlFfg9o
提督「……これは……どういう……ことだ」

本土での会議を終え、帰宅するとそこはもう僕の知る鎮守府ではなくなっていました。

いつも楽しそうに笑う艦娘たちで溢れていた間宮が燃えている
港のクレーンはへし折れ、海への発着地点も同じく炎上、路面のあちこちには血が…血が飛び散っていて…

深海からの攻撃? 全滅?

提督「誰か! 誰かいないか!? 僕だ 提督だ!!」 

脳裏をよぎる暗い考えを抑えあらん限りの声を絞り出して叫ぶ
誰か 生存者は…
すると、建物の影から2つの影が

夕張「てい…とく? 提督ですか… よく…御戻りで」
天龍「バカ野郎 お前こんな大変な時にどこに行ってやがった!」

顔を涙と鼻水でぐちゃぐちゃにした夕張と天龍が抱きついてくる
よほどうれしかったのだろう 照れも恥じらいもなく身を寄せてくるため
僕の右腕には二つの豊満な塊が、左腕には…うん…まぁ

提督「それで なにがあった」

天龍「あのな 龍田とはぐれて みんなおかしくて オレ オレどうしたらいいのかわかんなくて
   だけど今お前と会えてちょっとほっとしたけど血が血が なにが その 龍田が心配で」

提督「よしよし 説明は夕張 頼むよ」

3: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/05/24(火) 19:48:06.88 ID:lcXlFfg9o
夕張「はい、始まりは一昨日の朝でした」

夕張「行軍から戻ってきた子が体調不良を訴えて倒れ、そのまま息が止まり…お亡くなりに」

夕張「でも突然! 起き上がって! 他の子に噛みつき 噛まれた子も同じように他の子を」

夕張「それはまるで…」

提督「ゾンビ映画か!?」

天龍「そうそれ 艤装してたグループが射撃したけど 仲間は打てなくて何人もやられて」

提督「……事情はわかった。それでゾンビのタイプはどのようなタイプだ?」

天龍「タイプ?」

夕張「あっ 私そういうの詳しいです」

夕張「ノロノロ型か走るかってことですよね  走る方のゾンビでした!」


提督「なにその雑な区分」

提督「いいか? 対策を立てるには相手の情報を把握する必要がある
   走るタイプにしてもドーンのように全力疾走なのか、ハウスみたいに小走りなのか
   死霊のはらわた系なら飛んだりもするし、ザ・ホードとかゾンビハーレムなら防御力高い。
   あとバタリアンなら防御力どころか頭部破壊しても平気だったりするし
   30デイズナイトとかバンパイア系だと知能も連携もマシマシで襲ってくるよな~
   そうだ、方向性というのもあった! RECのような呪術系と従来型ウィルス系とだと感染経路も違う
   28日後のように即時感染だと難易度高 従来型ロメロ系の時間かかる系がいいな
   ウォーキングデッドみたいに死ぬ=ゾンビ化だともう詰んでる……ってその目やめろよ」

さきほどまで信頼と喜びに満ちていた二人の目はこの上なく冷め
夕張の兵器解説(開発1回につき1時間当たり前)聞く時の僕と同じ目をしている

4: ◆C1IE6oGdkE 2016/05/24(火) 19:49:02.81 ID:lcXlFfg9o
天龍「提督…お前ちょっと…ウザキモい!」

セリフパクるな

提督「それでお前らはどうして逃げないで隠れてたんだ? 足遅いから?」

夕張「違いますぅ! 急なことで艤装装備する暇がなくて」

夕張「私たちの艤装は普段発着基地においてあるんだけど… ほら燃えてるとこ」

天龍「くっそぉ オレの艤装も燃えちまったら使えねぇよなぁ」

天龍「ここ島だぜ 艤装なきゃ別のとこまで泳げねぇ」

提督「そうか とりあえず僕の乗ってきた飛行機で……あれなんか飛行機燃えてる」

こうして僕らはゾンビ艦娘のいる島で孤立無援となってしまいました

6: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/05/24(火) 19:51:11.35 ID:lcXlFfg9o
ここまで導入

後は行きあたりばったりだけど
設定の一貫性(役柄とかゾンビの強さとか)は標準的ゾンビ映画レベルの水準

※だらだら4,5日くらい続ける予定

>>0�~Z級のゾンビ映画の名シーンオマージュを艦これでやりたかった

8: ◆C1IE6oGdkE 2016/05/24(火) 19:58:15.87 ID:lcXlFfg9o
せやで

一週間だらだら続ける予定→用事が入ったので打ち切り→用事がすぐ終わった
→再開するか→どうせならサメよりもっと好きなゾンビにしよう!

という感じ。サメと違ってゾンビは量見てるから趣味に走れそう
内容がわからない人はツタヤのゾンビコーナーを一列借りてきてほしい 9割の地雷と1割の当たり

9: ◆C1IE6oGdkE 2016/05/24(火) 20:08:11.98 ID:lcXlFfg9o
『ファーストコンタクト』

提督「よし! まずは工房で武器を確保! 
   次 無線で救助を呼ぶ
   最後はショッピングセンター 食糧あるところに立てこもりだ!!」

天龍「お、おう」

夕張「話聞いて5分もたってないのに妙に冷静ですね」

提督「普段からゾンビが出現したらどう生き延びるかは熟慮してある」

天龍「提督…キモいけど頼りになるな…キモいけど」

夕張「私も普段からトレマーズが来たらどういうポテト銃作るかは考えてます」

パイロット「それ同類だと思う」

天龍「誰?」

提督「あ、パイロットさん! 僕が乗ってきた飛行機のパイロットさん! 無事だったんですね」

パイロット「ああ 何者かに射撃されたが脱出に成功した 私たち5人でこの島を脱出しよう!!」

5人?

パイロット「この子君のところの艦娘だろう? いやぁかわいい子だなぁああぎぁあああああああああ!」

頭を撫でようとした不埒な手が食いちぎられる
パイロットが連れてきた子…一見美少女なそれは…変わり果てた姿の…
卯月だった

卯月「う~ う~」

提督「う、卯月…」

卯月「うー お腹 減った ぴょんうー」

夕張「うーちゃんがうーうーちゃんになっちゃった」

提督「バカなこと言ってるんじゃないよ君 逃げるぞ」

12: ◆C1IE6oGdkE 2016/05/24(火) 20:21:37.48 ID:lcXlFfg9o
『役割分担』

夕張「ぜーはー ぜーはー し、死ぬぅ」

提督「逃げ切った…か」

天龍「……ガキもゾンビになるのかよ こういうのってガキは死なない約束じゃねーの」

提督「洋画劇場常連バイオ2ですら子供ゾンビ有」

提督「しっかし喋る系ゾンビかー 辛いわー 殴ったりするのは辛いわー」

夕張「私も 天龍さん 第一線、前線戦闘担当頼んでもいいかしら?」

天龍「へっ? オレはその あの」

提督「なーんちゃって 戦わなければ死ぬだけだ 僕がやろう」

夕張「兵器の扱いなら私が長けています 私がやりましょう」

天龍「……じゃあオレも」

提督&夕張「どうぞどうぞどうぞどうぞ」

15: ◆C1IE6oGdkE 2016/05/24(火) 20:30:20.90 ID:lcXlFfg9o
提督「えー 分担も決まったところで工房行って武器を確保だ!」

夕張「武器は大切ね なにがいい? ナイフ? 銃? あっRPGなんてどうかしら?」

提督「室内で使えるか ハンドガンでいいよな?」

天龍「…オレに言ってんの? マジでガキ撃つの? 人間撃つの?」

提督「普段深海戦艦撃ってるじゃん とりあえず工房つくまで夕張の私物で我慢してくれ」つパールのようなもの

夕張「こっちのほうが」つ大型ドライバー

提督「ドライバーはやわらかゾンビ向け武器 レンチのほうがよくない?」

夕張「殴るなら単純にかなずちのほうがいいと思います」

天龍「」

17: ◆C1IE6oGdkE 2016/05/24(火) 20:36:33.29 ID:lcXlFfg9o
『第一目的地 工房への移動』

夕張「じゃかじゃーん♪ 天龍さんはレンチを装備した~」

提督「よし 銃がある工房目指して進撃だ!」

3人は徒歩で工房へと向かった

チャラララララ ゾンビA ゾンビB ゾンビCが現われた

提督「顔が食われてて誰かわからんな」

提督「痛みも激しく動きも鈍い。あれなら戦えるだろ」

夕張「そのレンチ早く試してみましょ?」

19: ◆C1IE6oGdkE 2016/05/24(火) 20:44:54.56 ID:lcXlFfg9o
ゾンビAの攻撃 天龍はレンチを掴まれた 天龍は悲鳴をあげてレンチを手放してしまった

天龍は提督の後ろに逃げ出した

天龍「身長的に駆逐艦じゃねぇかオレはガキはやれない大人だからやれるというわけでもないがとにかくとにかく」

提督と夕張はあきれている

提督の攻撃 かなずちが炸裂 ゾンビAは倒れた
夕張の攻撃 バールのようなものが突き刺さった ゾンビBは倒れた
ゾンビCはのたのたしている
提督の攻撃 ゾンビCは大ダメージでうごけなくなった

ぱぱぱぱっぱっぱっぱー

提督たちはゾンビの死体2つと動けなくなったゾンビを手に入れた!

提督「ちょうどいい このゾンビCで実験してどういう分類のゾンビか試してみようぜ」
夕張「おk」

天龍「……なんでお前らそんな冷酷なん?」

提督「毎日デイリー建造してデイリー解体命令してたら慣れた」
夕張「解体実行してるのわたしわたし 慣れた」

天龍(こいつら…なんて淀んだ目をしてやがるんだ…)

20: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/05/24(火) 20:57:18.32 ID:lcXlFfg9o
『工房到着』

夕張「はい ゾンビを拘束完了! これでどんどん尋問できますよ!」

提督「ゾンビが拘束もぎ取って噛みつくのバイオ1とかハゲタカゾンビとかでみたけど大丈夫?」

夕張「ええ! 私特製、深海戦艦用の拘束具 相手が長門さんでも外れませんでした!」

天龍(したの…?)

夕張「では録音よし 調査データ集計開始」

提督「尋問を開始する こちらの言葉が聞こえるか」

ゾンビC「…聞こえる」

提督「なぜ艦娘たちを襲う 仲間という意識はないのか?」

ゾンビC「艦娘? いいや…狙…いは …イン」

ゾンビC「…インを食べるとき…だけ…苦しみが…和らぐ」

ゾンビC「食わせろ あの柔らかいものを食わせろぉ」

夕張「柔らかいもの? なんですかね」

提督「ブレイン 脳みそのことだ」

夕張「ひぇえ」

21: ◆C1IE6oGdkE 2016/05/24(火) 21:02:00.00 ID:lcXlFfg9o
提督「あの系統 敵は非常に強力なタイプのゾンビだ」

夕張「そんな…」

提督「くっ せめて走るだけのゾンビであれば…」

提督「この個体のように弱ったものでないと戦えない」

提督「お願いだ お前も元艦娘ならどうか慈悲を」

ゾンビC「…イン …イン」

ゾンビC「ボインは ボインは食い殺してやる!!」

提督「……」

夕張「……」

ゾンビC「皆殺しじゃ~!!」

天龍「なんかこの駆逐艦シルエット」

提督「はい私怨怨念 えーとこの個体ではゾンビ分類特定には至らず と」

夕張「尋問記録抹消しときますねー」

―今日はここまでー

32: ◆C1IE6oGdkE 2016/05/25(水) 19:53:37.23 ID:J2Afnsz5o
再開

前回までのあらすじ

ゾンビで溢れる鎮守府…の中に残された希望
提督・夕張・天龍の生存者3人は武装するため工房へと歩を進める
無残にも散った卯月やパイロット。そしてRJの遺志を胸に抱き
絶望的な戦いに今、その身を投じたのであった!

33: ◆C1IE6oGdkE 2016/05/25(水) 19:55:19.20 ID:J2Afnsz5o
『生存者グループとの合流』

木曾「おい その声は天龍…か それに夕張 お前も」

木曾「姉貴達 助けだ 助けが来たぞ!」

ゾンビCの尋問をしていると工房の棚が空き、中に隠れていた艦娘が顔を出す

木曾「へっ また生きて会えるとは嬉しいぜ」

見ると棚の中に球磨 多摩 木曾 大井 北上の5人が隠れていた よくもまぁこんな棚に5人も…

多摩「にゃー 多摩は体が柔らかいのにゃ でも猫じゃないにゃ」
大井「北上さんと密着してうへへ うへ」

さいですか
まぁとりあえず仲間が増えたことはよかった

北上「やー提督また会えて嬉しいよ なにがなんだかさー 阿武隈の奴なんて突然噛みついてきやがって」

あ、よくない。アカンパターンだこれ

北上「あたしゃ噛まれるほど嫌われてるとは思わなかったよ ショックだねぇ」

今からもっとショックなことを伝えなくてはなりません 
言うなら早く と口を開こうとすると突然大声をあげた子が

大井「提督!! 私結構映画とか見る方なんですよ」

大井「もしもの時は私が決着をつけます」

北上「何突然? そういや大井っち午後のロードショーとか見てるよねー」

大井「あら私ったら提督に会えた嬉しさで混乱してしまって おほほ」

34: ◆C1IE6oGdkE 2016/05/25(水) 20:04:03.17 ID:J2Afnsz5o
『武装完了 無線室に出発』

前衛
夕張:右手にレンチ 左手にスパナ 夜間用照明弾と探証灯の4スロ装備 
天龍:両手持ち金属バット+ダメコン2 

後衛
球磨:火炎放射機    「高速建造の時のアレだクマ 汚物は消毒だー」 
多摩:ボウガン+矢   「シーズン6まだ見てないにゃ ダリルの活躍を見るまで[ピーーー]んにゃ」

本陣
木曾:ショットガン+小銃銃剣付き+サバイバルナイフ 「何でお前ら銃器で重武装しねーの?」
提督:ハンドガン×1 ナイフ1本 「重武装キャラって生き残らないもん…」

留守番:北上・大井

35: ◆C1IE6oGdkE 2016/05/25(水) 20:11:40.82 ID:J2Afnsz5o
提督「では 救援依頼出しに無線室へ出発しまーす!」
夕張・木曾・球磨・多摩「はーい」
提督「途中で生存者がいたら救助しましょう ゾンビがいたら躊躇しないようにしましょう」
夕張・木曾・球磨・多摩「はーい」

天龍「オレは生き残る オレは倒す オレは死なない オレは大丈夫 オレ守られる」


提督「おーい トリップすんなー 行くぞ~」

大井「貴方なんかと一緒には行きません ここは任せて先に行け」

提督「お前に言ってないし、そういうこと言うなし」

36: ◆C1IE6oGdkE 2016/05/25(水) 20:17:26.20 ID:J2Afnsz5o
~提督達移動中~

木曾「ところでさぁ 大井の姉貴はなんで残るとか言い出したんだろうな」

木曾「5人でも怖かったのに2人とか 大体戦力分散は戦闘の鉄則に」

提督「君もそういうこと言わないほうが タイプ的に」

木曾「?」

提督「軍人気質キャラは前半でも満遍なく死ぬけど後半危ない……」

木曾「全員軍人だろ?」

37: ◆C1IE6oGdkE 2016/05/25(水) 20:34:27.37 ID:J2Afnsz5o
『ゾンビの群れに遭遇した!』

ガチャ ギィー

夕張「2階右通路 クリア」

夕張「ふぅ ドアを開けるシーンはなんか緊張しますねぇ」

提督「バイオハザードみたい」

夕張「今のところは遭遇なし 順調ですね!」

工房から無線室までの道のりはほぼ消化 ゾンビとの遭遇はない
ただ血痕は数か所…惨劇があったことは容易に想像がつく

夕張「この角を曲がれば無線室……あら」

ゾンビ達「うー うー」

夕張「ゾンビの群れですね」

天龍「満潮……大潮……あれはポーラ? なんだよ…着任したばかりで…まだ話もしたことないのによ…」

提督「駆逐中心とはいえ15,6体はいるな 戦うのは難しい数だ」

夕張「だけど群れの後ろの部屋が無線室ですよ?」

提督「群れが移動するまで気がつかれないよう待とう いいか、絶対に大きな音を立てるな」

38: ◆C1IE6oGdkE 2016/05/25(水) 20:42:30.85 ID:J2Afnsz5o
提督「絶対に「「「「ズドーン!!!」」」

腹に響く重低音 耳だけではなく体に伝わる衝撃は音が振動であることを理解させる
死人をも起こすような 大きな 大きな銃声だった

木曾「姉貴! 背後に一匹来てたぜ」

木曾「後衛なんだから後ろにも気を配れよな」

木曾「しかしありだねえショットガン こんなのホムセンで売ってたら俺もキャプテンスーパー木曾…ん?」

ゾンビ達「「「「「うーーーーーーーー!」」」」

木曾「あ、やべ」

40: ◆C1IE6oGdkE 2016/05/25(水) 20:54:30.59 ID:J2Afnsz5o
提督「は、走れぇ!」

球磨「木曾! なんでよりにもよってショットガンぶっぱなすクマ」

多摩「耳が耳がキーン」

木曾「だって姉ちゃんが危ないと思って」

球磨「なら音の出ない武器で倒すクマ! うわっ ゾンビ 足 早い」

夕張「置いてかないで(真顔) 逃げるくらいなら戦っても」

提督「走るゾンビの大軍に立ち向かうのは死亡フラグ 逃げながら戦え」

提督「こうして敵の先頭にヘッドショットを……」

バキュバキューン

提督「当たらん」

41: ◆C1IE6oGdkE 2016/05/25(水) 21:08:12.92 ID:J2Afnsz5o
夕張「走りながら射撃とかそうそう当たるもんじゃないですから」

夕張「普段missとかカスダメに文句言いますけど気持ちわかりました?」

提督「だって素人でもみんなヘッドショットできてたし…」

夕張「それ映画の話~」

多摩「耳が聞こえないにゃ… うわーぐあんぐわん」

提督「そうだ 火炎放射機で一網打尽に」

球磨←重い火炎放射機捨ててダッシュ中

球磨「このクマの腕力をもってしても2,30キロ持って走るのは無理クマ」

提督「丸太より軽いぞ それくらい頑張れよ」

夕張「ハァハァ ハァ ハァハァ」

木曾「お前ら無駄話してる場合か! ヤバイ前方にも群れ 囲まれた!?」

提督「おちつけ!こういうときは」

42: ◆C1IE6oGdkE 2016/05/25(水) 21:24:21.74 ID:J2Afnsz5o
1、正義のヒーロー登場! 艤装持ち重装備の子が現れゾンビを一掃してくれる

2、ゾンビのふりをしてやりすごすんだ!

3、誰か一人がゾンビ達を引き付けてる間に逃げる

どれがいいかな。
↓に安価で今日は一時終了

43: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/05/25(水) 21:25:27.39 ID:+71PLAtJo
ウォーキングデッド好きなので2

45: ◆C1IE6oGdkE 2016/05/25(水) 21:47:05.29 ID:J2Afnsz5o
2か 了解
ウォーキングデッドでそのシーンあったっけな?
ショーンのほうばっか浮かぶ

47: ◆C1IE6oGdkE 2016/05/25(水) 23:09:59.76 ID:J2Afnsz5o
走るゾンビに追いかけられてるとこ→ゾンビ演技でやりすごす
の流れがどうするか思いつかないので(今思いついた)
こんなん書いてた


『合流していない他の生き残り艦娘はどこでなにをやっているか』

パターン 1 『とねちく』

チャララ チャッチャッチャ チャララ チャッチャッチャ♪

筑摩「はい 3分クッキングのコーナーです」

筑摩「今日の食材はこちら 提督の愛馬」

筑摩「かわいそうですけれど これもしかたありません」

筑摩「まず馬の脚の腱を切って動けなくして はい、めしあがれ!」

利根「うー うー」 ムシャムシャ

筑摩「姉さんおいしいですか? やりました!」

筑摩「ちょっと病気になったけど大丈夫」

筑摩「人以外の生き物を食べるようになれば今までと同じ 安心して付き合えますね!」

筑摩「きっと大丈夫 ね、利根姉さん?」

利根「うー うー」

48: ◆C1IE6oGdkE 2016/05/25(水) 23:11:20.52 ID:J2Afnsz5o
パターン2 『初雪』

初雪「あ~ あ~」

初雪「ふぁあああああああああ」









初雪「ふあっ(あくび音)」

初雪「………」ウトウト

初雪(……演習の時間なのに誰も呼びに来ない)

初雪(ここ3日くらい)

初雪(いいや…ひきこもろ…)

初雪「……」コックリコックリ

初雪(お腹すいたから外に出……買い置きのカプメンでいいや)

初雪(トイレ…… ペットボトルでいいや)

初雪(なんか外うるさいな…… いいよ、寝る…)

初雪:グウスカ

50: ◆C1IE6oGdkE 2016/05/26(木) 21:02:31.83 ID:qBPmMdVOo
『急募 ゾンビの演技が通じなくて食われる映画』

>>42の続き

提督「ゾンビのふりをするんだ!!」

夕張「提督無茶です もう肉と認識されています」

提督「考えがある 全員そこの部屋に入れ!!」

全員に命令 近くの部屋へと逃げ込む
そしてドアを閉めてひと安心

夕張「じゃないです!! 逃げ場のない部屋に逃げ込んで」
   これ単なる袋小路でゾンビからは認識され  あああ終わった」

提督「君は『ゾンビ』を見たことが?」

夕張「はい?」

提督「ロメロの『ゾンビ』 あの名作
   ヘリ坊やはエレベーター内で噛まれた かろうじてゾンビを押し戻したものの
   ドアが閉まっている間にゾンビ化」

提督「そしてエレベーターが開いた時! 押し戻されたゾンビは彼を仲間と受け入れた」
   
夕張「はぁ」

提督「つまりだ 今の僕らの状況と一緒」

   追われてる時いきなりゾンビ演技してもさすがにアカンけど
   なんか一度視界から外れちゃえば大丈夫! さぁゾンビのふりして表出よう」

夕張「RJを見て喋るゾンビ設定は珍しいとかおっしゃってましたが」

夕張「その映画、ゾンビ知能水準は喋るランク?」

提督「oh」

51: ◆C1IE6oGdkE 2016/05/26(木) 21:21:11.01 ID:qBPmMdVOo
ドシン ドシン

天龍「ドアがもうもたねぇ」

一度肉と認識された以上、ただゾンビの演技をしても通用しない

なにかもっとどかーんと気を逸らして 僕らの存在を忘れさせることができたならば…

夕張「提督 早くプランを考えてください」

提督「ランドオブザデッド形式! 花火を打ち上げて注意を逸らす!」

夕張「屋内だし花火なんかないしあれ最後食われたし!」

提督「悪魔の毒々パーティ方式! バンド組んで音楽で威圧する!」

夕張「そんなバカな映画があるか!」

52: ◆C1IE6oGdkE 2016/05/26(木) 21:21:43.95 ID:qBPmMdVOo
球磨「多摩 もっと下を押さえるクマ!」

球磨「おい、聞いてるクマか?」ユサユサ

多摩「? 木曾が耳元でショットガンぶっぱなしたせいで耳キーンにゃ」

木曾「ごめん」

提督「それだ!!」

提督「一般的にゾンビは物音に強く反応する」
    
提督「木曽 ショットガンで球磨の持ってきた火炎放射機を打て」

提督「大爆発耳キーンで僕らの存在どころじゃなくなるぞ!」

木曾「アリだな よし」

「Fire!!!!!!」

53: ◆C1IE6oGdkE 2016/05/26(木) 21:36:16.35 ID:qBPmMdVOo
『ゾンビの演技で』

たっぷりの燃料で満たされた火炎放射機を射撃した爆発は大きく
周囲の壁を破壊し、2,3体のゾンビも巻き添えにすることができた

ゾンビ達も混乱しているようだ

提督「うー うー」

天龍「うぉー うぉー」

球磨「ガオー ガオー」

その混乱の隙を突き各自ゾンビのまねごとをしながら無線室へと
幸い気がつかれてはいない ゾンビの群れの中を恐る恐る歩く

まさに大成功 ただ問題もある

爆風で多くの艦娘ゾンビが中破絵よりさらに酷い服装になっていることだ

満潮ゾンビは乳首丸出しだし、大潮ゾンビに至っては下半身が丸見え

『僕はロリコンではない 僕はロリコンではない 僕はロリコンではない』

念じながら歩く。神様、このあとどのような試練が襲いかかってきてもいい
股間が勃起したなどという理由で演技がバレたら末代までの恥
どうか 静まれ 静めてください

発育がよろしいゾンビを出さないでください

55: ◆C1IE6oGdkE 2016/05/26(木) 21:51:40.69 ID:qBPmMdVOo
『犠牲者』

どうにか無線室まで耐えきりましたが爆風で無線は壊れていました

神様 試練一つ目ですか?

木曾「終わりだ 助けがよべねぇ」

球磨「連絡が途絶えれば本部から確認来るクマ 希望を捨てるなクマ」

夕張「それまで何日かかるかしら」

木曾「ええぃ クソあいつら全員ブッ殺してやる!!」

天龍「あんな化け物と戦うってのか オレはごめんだ籠城しよう」

球磨「取りあえず脱出クマ 球磨が様子を伺ってくるクマ」

夕張「私、この戦いを生き残れたら大型建造するんだ…」

提督「なんで死亡フラグ建てるの」

57: $gigi 2016/05/26(木) 22:06:42.77 ID:qBPmMdVOo
提督「とにかく落ち着け」

提督「全員そこ並べ!!」

提督「おい 多摩 お前も早くこっち来い」

多摩「……なんにゃ なんか言ったかにゃ?」

木曾「姉ちゃんまだ耳聞こえないのかよ…… って後ろ!!」

多摩の背後に動くものが 
危ない ゾンビだ!

58: ◆C1IE6oGdkE 2016/05/26(木) 22:19:12.90 ID:qBPmMdVOo
提督「多摩ー 後ろ後ろ!」

多摩「あん? なに?」

木曾「姉ちゃん! 逃げろ?」

多摩「なに口パクパクさせてるにゃ」

木曾「こうなればジェスチャーだ!」

提督「了解」

僕が両手を地面と平行に前に出し 先ほどのようにゾンビの模倣姿勢に入ると
おもむろに猫耳を取りだした木曾 装着し後ろを向く

そこで彼女の肩へ力無く持ち上げた腕をかけ 力任せにマントをもぎ取る
その下にはむき出しの首筋!!

普段は漆黒のマントに守られ、人目に触れることすら許されない瑞々しい裸の花園
そのうるおしい果実をむしゃぶる! 舐める! かぶりつく!

「キァアアア」 木曾が悲鳴をあげる。と、ここで二人で多摩に向かってはいポーズ。伝わったかな?


多摩「ああ、後ろになんかいるの? わぁゾンビにゃ」

多摩「ぎにゃあああああ」

気が付くのが一瞬遅れ 逃げ遅れた多摩の首筋に鋭い死を纏う牙が付きたてられる
あのポニーテールは…伊勢。戦艦級のパワーに捕まってはもう…

59: ◆C1IE6oGdkE 2016/05/26(木) 23:41:46.39 ID:qBPmMdVOo


多摩「多摩はもう助からないにゃ…ゾンビなんかになりたくないにゃ!」

提督「打て木曾 お前の武器が一番苦しまずにやれる」

木曾「えっ やだよ 姉ちゃん 大切な姉ちゃんなんだ」

提督「姉ちゃんをゾンビにしていいのか? やれ!」

木曾「だって そんな 多摩姉ちゃんと俺は」

~回想~
木曾「なーなー姉ちゃん 俺頑張ったら一軍戦力になれるかな」

木曾「球磨姉みたいに改二と互角だったり、大井北上の姉貴みたいに特殊能力が」

多摩「そうだにゃ なれるといいにゃ」ナデナデ

姉妹の中で一番俺に優しかった多摩姉ちゃん
遠征で忙しいのに末っ子の俺の練習に付き合ってくれた多摩姉ちゃん
3人と違い自分たちは弱い 弱いから助け合おうと言ってくれた多摩姉ちゃん



木曾「やったー 改二で雷巡になれたよ!」

多摩「……ケッ」

木曾「多摩姉…ちゃん?」

多摩「いい気になんじゃねーぞ」

多摩「おうおう 多摩だけただの軽巡で悪いか? 憐みの視線ですかコラ」

~回想終わり~

「ズドーン!!!」

62: ◆C1IE6oGdkE 2016/05/26(木) 23:52:55.24 ID:qBPmMdVOo
『アイテム屋に籠城』

多摩を失った苦しみに打ちひしがれる一行
ショッピングセンター…はないのでアイテム屋に立て篭もることにした

提督「無課金でアイテム取り放題~」
夕張「うーん家具重いけど取り放題の魅力が…」
天龍「バリケードの道具を」

木曾「おう、俺らは食糧庫のほう見てくるから」
球磨「ゾンビ映画ショッピングモールで家具取る奴初めて見たクマ」

提督「ふっふっふー これやってみたかったんだ~」

さぁ、栄光の名シーン

無人のレジにクレジットカード投げ捨て! ようとした手が、レジ下からいきなり捕まれて

明石「うー うぉあー」

提督「ひぎゃーーーー」

63: ◆C1IE6oGdkE 2016/05/27(金) 00:02:37.18 ID:YJeHLaymo
明石「って驚きました? うわっおしっこちびってるwwwwww」

明石「パーティ用のゾンビコスですってばあ」

夕張「ちょーうけるwwwwww おもらしww」

天龍「……」

明石「まぁここまで生き抜いたレベルのゾンビコスですけれど」

明石「うぉあー ってやったらひぎゃーでおもらしwwwwww」

明石「提督ぅ それでも軍人ですかあー?」

提督「いや だって こんなん 誰でもなるって」

64: ◆C1IE6oGdkE 2016/05/27(金) 00:12:10.42 ID:YJeHLaymo
『ガーフィールド』

明石「提督が特段ビビりなだけですよwwwwww」

提督「ちがわい」

明石「じゃちょっと見ててくださいね」

そう言うと明石はコソコソと食糧棚のほうに寄って行き
「うー うぉあー」  ズドーン!!!

木曾「おい ここもゾンビが居るぞ 籠城前に中の見回り必要だな」

提督・夕張・天龍「………」

言わぬが花 事実は隠蔽された

65: ◆C1IE6oGdkE 2016/05/27(金) 00:24:25.74 ID:YJeHLaymo
本筋 今日の分終わり


本筋と関係ない部分
『合流しない他の生き残り艦娘はどこでなにをやっているか』

パート3 『北上大井組』

ガブリ グチャクチャ

北上「うー うー」

大井「ふふっ おいしいですか北上さん」

北上「うー うー」

大井「さてスイッチを入れて… 点火タイマー5分後にセット」

グチャクチャ

大井「最後が焼却場なんて美しくないけれど」

大井「あなたと一つになりながらであればどこだって」

北上「うー うー」

ガブグチャ

大井「艦は解体されるときどうなるのかしら」

大井「鉄は溶かして再利用されたのかしら」

大井「鉄の姿のあなたもこうして溶けたのかしら」

大井「一緒に溶けたら混ざりあえるのにね」

大井「人型だと燃えてしまうことが恨めしい」

『』

71: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/05/27(金) 20:36:33.03 ID:YJeHLaymo
>>69 ありゃりゃ ほんとだ ありがとー

日曜日にイベント終わらせないとアカンので土曜最終回予定
すぐだから今後酉なしでいいや


いままでのあらすじ

鎮守府内でゾンビウィルスが蔓延
外部との連絡も取れない絶望的状況において
提督と行き残りの艦娘たちは店主を失ったアイテム屋に籠城
バリケードを築き、集団生活を開始します。

72: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/05/27(金) 20:37:06.22 ID:YJeHLaymo
『アイテム屋に籠城してから一週間』

夕張「はーい 今日の建築班は バリケード強化」

夕張「7万7千コインの加賀模型&桐箪笥をバラして木材に。ふふふ気分が高翌揚します」

木曾「ゾンビ捕獲用落とし穴かぁ」

木曾「魚雷を発破にして掘んの? 大丈夫かよ…」」

天龍「洗濯 洗濯…っと」

天龍「制服洗濯してる間は限定グラ……ゾンビもので水着ぃ?」


まだ助けはきませんがこの一週間は平穏

艤装持ちこそいないものの他の生存者とも合流 戦力も増強
ゾンビ映画で言うと65分経過、最後の山場前に酒盛りとか昔語りしてるあたりです。

ちなみに合流したメンバーは

73: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/05/27(金) 20:37:39.35 ID:YJeHLaymo
子日「提督~ 今日は何の日? ……審判の日だよ」

子日「人の子が栄光の中にすべての御使いたちを従えて来る時彼はその栄光の座に着くであろう。
   そして、すべての国民をその前に集めて、羊飼いが羊と山羊とを分ける様に……」

提督「ミスト的展開は勘弁」

提督「なぁ、響」

響「私に構うな 部屋に入ってきたら撃ち[ピーーー]」

響「暁みたいに噛まれていることを隠しているかもしれないもう誰も信頼できない」

響「飯はドアの前に置いておけ」

提督「はぁ」

由良「ドーントレス……じゃなくてオブ・ザ・デッドとかそういうのは苦手」

由良「走らないゾンビなら鬼怒や五十鈴もあの時…」

由良「でも由良は生き残ったの ホント?やったー?殺った」

一人っきりになって病んでる子が多いです。

74: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/05/27(金) 21:08:49.16 ID:YJeHLaymo
武蔵「フッ、仕方ないさ。変わり果てた友人家族が自分を食おうと襲いかかってくる」

武蔵「映画でもなし。よほどの強い心を持っていなければ心がもたん」

武蔵「酒にでも逃げるのが賢明だ」グビグビ

睦月「睦月型は何人も生き延びてるけど…」

睦月「アニメで味わったあの辛さ 睦月、皆の気持ち分かるのね」

武蔵「えらいぞ」

武蔵「如月は……提督に聞いたがまた残念だったらしいな」

睦月「うん。睦月と皐月ちゃんと三日月ちゃん望月ちゃんと…如月ちゃん5人で逃げてたけど」




如月「なんで如月のほうにばっかり」

如月「おいしそうなのはわかるけど私の体は提督のもの」

如月「ああ、金剛さん榛名さん大和さんまで待ってやめてオーバーキル」

如月「いやああああ」

バリバリボリ



睦月「って…」

皐月「ボクも頑張ったんだけど戦艦ゾンビ相手じゃ…」

三日月「努力が足りなくて 守り切れませんでした」

睦月「アニメじゃないのに5人の中でどうして如月ちゃんだけ狙われたんだろ…」

望月「迫ったのは本人?…ま、しれーかんのせいだね」

皐月「…ん? なんで口笛吹き始めたの司令官? 吹けてないのかわいいね!」

望月「ホラー映画には優先順位があるよー」

75: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/05/27(金) 21:18:09.94 ID:YJeHLaymo
『救助を待つべきか脱出計画を実行すべきか』

提督「本日はゾンビ…というかパニック系映画で籠城後どちらの道を取るべきか」

提督「永遠の課題を話し合いたいと思います」

80~90年代前半作品の籠城全滅バッドエンドブーム?はあった。でも、多いですよね
居た場所から無理に移動して被害拡大パターンのゾンビとかパニック映画

ゾンビアルカトラズとか
ショーンオブザデッドも家にいれば主要人物大体生存してるし
アンデッドもある意味

76: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/05/27(金) 21:23:36.61 ID:YJeHLaymo
『脱出派』
木曾「助けを待つなんてしゃらくせぇ 天は自ら助くる者を助く なぁ?」
武蔵「いいことを言う。これだけの戦力がいれば」

『籠城派』
天龍「オレは仲間と戦いたくない 無理 …もう無理」
球磨「連絡途絶え→救援は必然 冷静に考えて語尾を取るとイケメン球磨を信じろ」

その他

子日「あなたがたは泣き叫べ。主の日が近づき、待ってました滅びが来る」

77: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/05/27(金) 21:33:17.90 ID:YJeHLaymo
提督「その他は中立と うーん」

提督「船とか作って全員で海に逃げるのは難しいのか?」

夕張「ボート程度を作ることは可能ですが」

夕張「海中にもゾンビ艦娘はいるそうです」

提督「なん…だと?」

夕張「偵察したところ潜水艦ゾンビがサメを襲っていました」

夕張「水中にも奴らが ボート程度ですと途中で沈められる可能性は捨てきれません」

提督「そんな…」

夕張「ちなみにサンゲリアはサメの判定勝ちだと思います。」

提督「だよな」

78: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/05/27(金) 22:08:55.27 ID:YJeHLaymo
『資材調達』

どうするかはさておき ボートを建造する資材は遠征しておこうという結論になりました

武蔵:50キロくらいの資材を片手持ち

提督「艤装なくてもすげぇ いや、筋力に艤装関係ないか」

望月「すごいよねぇー 3人で鋼材運びとか無理だと思ったけど」

望月「あたしPS3より重い物とかもったことないよー」

武蔵「まぁ耐久装甲等々 基礎パワー面が5倍は違うのだからな!」

人型フォークリフトが資材を運ぶ
荷物の重さと本人の体重を合わせて何キロなのだろう 歩くたびに床が軋んで…あっ床踏み抜いた

武蔵「…おっとっと って あいでででで」

提督「どうした?」

武蔵「……踏み抜いた床の下に 誰だ…清霜か ゾンビがいて足噛まれた」

武蔵「小破にも至っていないが…やはりダメだろうな」

武蔵「清霜見事だ。戦艦になることは叶わずともこの武蔵を屠るとは賞賛に値する」

武蔵「仕方ないさ… ゾンビにはなりたくない。私やってくれ」

提督「武蔵…」

許せ! そう心で唱え手持ちのレンチを振り下ろす。

79: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/05/27(金) 22:26:28.28 ID:YJeHLaymo
武蔵「痛い」

おりゃ

武蔵「あでっ」

望月「どりゃ」

武蔵「ぐっ」

てりゃー

武蔵「ぐえ」

提督「ハーハー」
望月「ゼーゼー」

武蔵←小破未満

提督「……だめだ 僕や駆逐艦の腕力では君を倒せないよ」

武蔵「フッ 無様だな ただ痛くて ゾンビにもなるのか」

武蔵「単なる殴られ損か」

武蔵「ふふふ 逃げろよ 私がゾンビになったらこの怨念を精いっぱいぶつけてやるからな」

武蔵「ふふふ」

「ふふふふふふふふふふふ」

後の脅威となることは承知でしたが逃げました。だってこわかったんだもん

80: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/05/27(金) 22:35:17.28 ID:YJeHLaymo
明日で最終回予定

艦娘たちが籠城するアイテム屋に襲いかかる謎の敵

籠城か脱出か?
審判の日は来るのか?
果たして提督達は生き残れるのか?

次回
『ヒャッハ― 軽空母部隊来襲』

謎の敵 その正体はいったい…?

84: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/05/28(土) 14:31:49.83 ID:Cp/bikTuo
再開

『ヒャッハ― 軽空母部隊来襲』

立て篭もり10日目
ついに恐れていたことが
ゾンビ映画定番 人同士の争いを起こすグループと遭遇してしまったのです…

隼鷹「ヒャッハ― 酒だ! 酒を徴発する」

飛鷹「酒ぇ! もう3日も飲んでない!」

千歳「酒だけはかかせない!」

九九式艦爆によりバリケードを破壊され、僕らになすすべはなかった。
貴重な食料が 酒が 資材が 運び去られていく

僕らを襲う軽空母達は艤装を装着していた。

85: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/05/28(土) 14:32:25.43 ID:Cp/bikTuo

提督「隼鷹! 僕たちは仲間 生き残り同士何故助けあえない!」

隼鷹「提督~ な・か・ま?」

隼鷹「じゃあ最近あたしらってどういう風に使われてるか答えてみろよ」

隼鷹「支援部隊以外で使った?」

隼鷹「最初のころはもてはやして正規空母揃ったら手のひらクルー」

隼鷹「烈風や流星でいきたい って言ったろ? あたしの烈風どこやったよ」

隼鷹「基地航空隊? ふざけんな」

隼鷹「正規空母の連中は片づけた 艤装ない空母 カモ撃ちみたいなもんだったねぇおい」

提督「……お前」

既に他の生存者にも手をかけていたとは

このヒャッハーは北斗の拳イチゴ味ではなく無印! アカンやつや!

87: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/05/28(土) 14:43:55.58 ID:Cp/bikTuo
球磨「バカなことをするな 鎮守府が連絡途絶えたんだ 本土から救援が来る!」

球磨「その時どうする? フレンドリーファイアがバレるぞ!」

球磨「今だったらこの球磨が取り成してやってもグハッ

イケメンにも説得を試みた球磨。その肩を機銃が貫いた。

飛鷹「大当たりぃ♪」

木曾「姉ちゃん!!」

88: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/05/28(土) 14:51:00.77 ID:Cp/bikTuo
提督「…どういうつもりだ 球磨が言ったとおり救援は来る その時には」

飛鷹「来ないわよ」

隼鷹「救援を求める飛行機は初日に飛ばしてみたさ」

飛鷹「他の町も鎮守府もゾンビが蔓延」

隼鷹「原因知らんけど世界がおしまいってことは事実だねぇ」

飛鷹「だとしたら資源の奪い合いになるのは必然。昔の仲間より自分」

木曾「ゲスがっ!」

そうか ロメロ的な突如全世界で死人が蘇る系ゾンビ…

そうなってくると資源争いは当然
さすが民間の出二人 ハナからの軍人と違い利に聡い

89: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/05/28(土) 14:57:57.61 ID:Cp/bikTuo
隼鷹「ヒャッハ― 酒だぁ 酒はぜーんぶあたし達のもんだ」

飛鷹「お前たちはこの出雲丸様にかしずく奴隷として生かしてあげる おーほっほっほっほっほ」

隼鷹「さぁ酒と資材を運び出すんだよ!!」

隼鷹の声に祥鳳瑞鳳千代田達が申し訳なさそうな顔をしつつも略奪を再開する
千歳「あらっ神亀♪ 獺祭も♪」
例外も

見ると艤装をつけているのは隼鷹・飛鷹だけであり後は生身
支援部隊かなにかで艤装を付けていた二人が力で従わせているのだろう

つまり二人さえ倒せば…

どのみち略奪されてしまうのであれば…

90: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/05/28(土) 15:22:07.10 ID:Cp/bikTuo
『最終手段』

提督「わかったお前達に従う……だから命だけは 命だけは」

隼鷹「ほほぉ 感心だねぇ」

提督「あっ。こっちにドンペリとレミー・マルタンと十四代あるんスよ」ヘコヘコ

隼鷹&飛鷹「「す、すげー!!」」

木曾「チッ 腰ぬけが」

夕張「提督…」

提督「こっち来て下さい 高級な酒なんでこの鍵のかかった地下倉庫に」

ガチャ

金剛「うぁー あー」
榛名「あー あー」
大和「う゛ぁー」

隼鷹「なっ」
飛鷹「うああっ!」

91: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/05/28(土) 15:35:41.23 ID:Cp/bikTuo
もし、ゾンビ治療薬が出てくる可能性も と。地下倉庫直結の落とし穴で捕獲したゾンビ達

ドアを空ければゾンビが解き放たれ、アイテム屋は当然放棄

いざという時はボートで逃げる取り決めですが何人が逃げ切れることか…

とりあえず開いた瞬間、ドア前に居た人が逃げ切れるわけもなく

飛鷹「ひゃあああ!いや、助けてぇ!食べないでぇ! だずげぇ、だずげぇでぇ!!!!!」

隼鷹「いでぇ、いでぇぇぇぇっ! 畜生 覚えてろよぉおおおおおお!!」

92: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/05/28(土) 15:40:07.57 ID:Cp/bikTuo
『提督の最後?』

提督「よくやった 後は提督LOVE勢ゾンビは食欲より愛が上回るという展開希望」

ゾンビ金剛「提督う゛ぁー! 提督の『ハート』を掴むのは、私DEATH!」

ゾンビ榛名「ていていてい提督 おいおいおいしそう 生でも大丈夫」

ゾンビ大和「提督よこせ……提督食う……提督のすべて手に入れる……」

提督「ひいぃ」

93: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/05/28(土) 16:03:11.66 ID:Cp/bikTuo
逃げようとするも金剛が右肩をガッチリと掴む。まるで振り払える気が

背中には体温を持たない大和の豊満な乳が押し付けられた
従来であれば夢と希望が詰まったその袋にはもう嫌悪と恐怖しか残っていない。
ゾンビに興奮できる特殊性癖はあんまりない

提督「っがあっ」

やられた

左薬指を噛みちぎった榛名がにたにた笑う

彼女が指輪物語三部作を延々と見ていた姿を思い出した。アピール遠まわしすぎ

ゾンビ金剛「ああっ 薬指がぁ… なら私は提督の股間を食いちぎるネー」

ゾンビ大和「それは大和のもの我慢してください」

ゾンビ金剛「じゃあハートは私 股間は譲ってあげるヨー」

体のどこの部位を食べるか
おぞましい相談をしている

94: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/05/28(土) 16:20:06.99 ID:Cp/bikTuo
右側には金剛 左側には榛名。背中には大和 前方も順番を待つゾンビが多数

逃げ場はなく、そもそも噛まれてしまった以上逃げても意味がない。

もう……だめ…か

そう思った瞬間であった

夕張「提督 これを使ってください!」

夕張えもん? 馬鹿な。今さらどんな道具があろうとも

こ、これは 

電動…芝刈り…機

95: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/05/28(土) 16:27:20.88 ID:Cp/bikTuo
スイッチを入れると金色の刃が高速で回り始め

刈れる

刈れる

刈れる

腕が飛び 頭が切れ 腸が散り 鮮血が雨あられ

芝を刈るようにゾンビが刈れる

さっすが夕張特製電動芝刈り機 細かいことは説明不要

そう芝刈り機こそゾンビ業界最強兵器じゃぁあああああああい

96: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/05/28(土) 16:48:47.39 ID:Cp/bikTuo
『再び集う当初>>9に居たメンバー』

提督「はぁ はぁ はぁ」

 すっ きり

全てのゾンビを倒した 芝刈り機にかかれば戦艦も一撃

だが 既に左手を…

提督「僕は噛まれた ゾンビになる前に…楽にしてくれ」

夕張「かまれてからすぐ? だったら腕切り落とせば生き残れません?」

提督「へっ」

97: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/05/28(土) 16:53:57.53 ID:Cp/bikTuo
夕張「ウォーキングデッド見てないんですか? じゃあいきますよ」ギコギコ

提督「ひぎぃ」

天龍「切ったところの上を…紐ないな 眼帯で縛る」グイー

提督「普通切る前に縛りませんか」

夕張「最後に、傷口を焼いて」ジュー

提督「や、あ゛ぁああ!!!!!」

夕張「これであなたもメルルちゃん」

~提督失神中~

98: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/05/28(土) 17:09:26.32 ID:Cp/bikTuo
目を覚ますと仰向けに寝転んだ僕を囲む3人 

先ほどの戦艦3人に囲まれた時とは違う安心感

提督「腕切り落として傷口焼いたら普通ショック死するよね」

提督「だけどまぁ助かったよ」

右側にいた夕張の頭を撫でる 彼女は本当によくやってくれた

左側にいる天龍の頭を撫でる手はもうない

そして足もとにいる 卯月 …うん? 卯月?


卯月が股間に噛みついた

提督「ぽんぎゃあああああああああああああああああ!!」

夕張「局部切断用意!」

99: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/05/28(土) 17:31:50.70 ID:Cp/bikTuo
『ボートの名前はスティーブ号』

提督「いいです ほんともういいです」

提督「僕を置いてどこかの無人島にでも逃げろ」

夕張「いいんですか? 切れば治るかも」

提督「ムリさ 皆の面倒を頼む」

提督「僕はボートには乗らない」

提督「この鎮守府に残って美しい朝日が昇るのを見るよ」

桟橋に立つと生き残り達が乗ったボートを見送る

彼女達が無事にどこかの島に辿り着くことを願って…   おわり