fcd5a585819acb433b886834ed32c624

千歌
cae377798e (1)

1: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/01/24(火) 05:32:46.28 ID:nb4IGiii0

キャラ崩壊注意・ようちか・よしりこ



千歌「と、いうわけで!チカは曜ちゃんといちゃつくから梨子ちゃんは善子ちゃんといちゃついてね!」

曜「えーっと.....」チラッ

善子「?」

梨子「??」

善子「え、なに、これは?」

梨子「急に呼び出されたと思ったら千歌ちゃんがまた意味不明なこと言ってる」

善子「ヨハネなんてわざわざバスで来たのよ?」

曜「ふ、二人ともなんかごめん」

善子「曜が謝ることじゃないけど....」



SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1485203566

2: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/01/24(火) 05:33:36.64 ID:nb4IGiii0
千歌「あとこの4人だとね!ようよしってなった時にちかりこってなるからいいかなーって思って!」

梨子「......」

善子「......」

梨子「曜ちゃんが千歌ちゃんのお世話怠るから....」ハァ

善子「ちゃんと千歌さんのこと鎖につないでないから....」ハァ

曜「私のせい!?」ガーン

千歌「よ、曜ちゃんにお世話される?それも悪くないかも///」テレテレ

よしりこ「「うわぁ....」」ヒキ

曜「ごめんね二人とも。一応私の幼馴染だから引かないであげて」


3: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/01/24(火) 05:34:11.11 ID:nb4IGiii0
善子「えっと、さっきから千歌さんが言ってる....ちか?よし?りこ?....ってなに?」

千歌「よくぞ聞いてくれました!」

善子「テンションたか」

千歌「ようちかとは曜ちゃんとチカが仲良くすることであり、よしりことは善子ちゃんと梨子ちゃんが仲良くすることなのだ!」

善子「......」

善子「いや、別に仲悪くないけど?」

千歌「だーかーらー、ちーがーうーのー」ジタバタ

梨子「駄々っ子になっちゃった」

善子「曜、任せたわ」

曜「おーよしよし。千歌ちゃんは一人でみかんの皮むけて偉いねぇー」ナデナデ

千歌「うぅ、曜ちゃぁん」ギュウウウ

善子「なにこの茶番」

梨子「私もう帰っていいかな?」


4: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/01/24(火) 05:34:39.76 ID:nb4IGiii0
善子「あ、帰るならリリーの家寄っていい?」

梨子「えっ?.....うーん」

梨子「.....い、いいけどちょっと片付けさせて」アセアセ

善子「?別にちらかっててもいいけど」

梨子「いやその、あの.....」

善子「あぁ.....。今さら同人誌の10冊や20冊気にならないわよ」

梨子「わーわー!!言わないでよ恥ずかしい!///」

善子「もうみんなにばれてるでしょ。曜と千歌さんにも.....」






千歌「ぶっぶー!!」

梨子「え?」

善子「ん?」


5: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/01/24(火) 05:35:10.83 ID:nb4IGiii0
千歌「勝手によしりこするの禁止―!!」

千歌「そーゆーのはジャーマネを通してくださいジャーマネをー!!」

善子「意味がわからないんだけど....」

梨子「どうしよう。千歌ちゃんがいまだかつてないほどめんどくさい....」

曜「あ、あはは。ほんとごめんね二人とも?」

善子「.....今日一日曜がハグしてればおとなしくなるんじゃない?」

梨子「名案」

曜「名案じゃないよ!?」ガーン

千歌「えへへー。い、一日中ハグとか曜ちゃん。お風呂とかどうするのさー、もうっ///」

曜「どうしよう。幼馴染の私もめんどくさくなってきたよ」


6: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/01/24(火) 05:36:16.35 ID:nb4IGiii0
梨子「えっと.....つまり千歌ちゃんはどうしたいの?」

千歌「梨子ちゃんに見守られながら曜ちゃんといちゃつきつつ、できれば善子ちゃんともっと仲良くなりたい」

梨子「曜ちゃん、今のを翻訳すると?」

曜「ヨーシコーともっと仲良くなりたいってさ」

善子「うそでしょ!絶対めんどくなって最後だけ解釈したでしょ!?」

梨子「こらこらよっちゃん。千歌ちゃん検定一級の曜ちゃんが言うんだから間違いないよ」

善子「なにそれ初めて聞いたんだけど」

梨子「ちなみに私は準二級です」

善子「知らないけど!?」

千歌「はいはーい!というわけで今日はチカが善子ちゃんをもらいまーす!!」ダキツキ ギュウウウ

善子「どういうわけ!?はーなーせー」パタパタ


7: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/01/24(火) 05:36:57.83 ID:nb4IGiii0
梨子「よっちゃんが捕まっちゃった....」

曜「あちゃー」

梨子「じゃあ曜ちゃん、私の家来る?」

曜「あ、行く行くー」

善子「ちょお!?」

曜「片づけ終わるまで部屋の前で待ってた方がいい?」

梨子「うん。ごめんね?すぐ片づけるから」

曜「よーそろー!」ビシッ

善子「こらー!面倒事をヨハネに押し付けるなー!!」

千歌「面倒事なんてひどいなー、善子ちゃん」ギュウウウ

善子「自覚してるでしょ絶対!」

梨子「じゃ、よっちゃん、千歌ちゃん。また後で」トテトテ

曜「善子ちゃん。千歌ちゃんが落ち着いたら連絡してねー」トテトテ

善子「うがー!!」

パタン



8: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/01/24(火) 05:37:38.69 ID:nb4IGiii0
善子「......」

善子「ほんとに行っちゃったわ、あの薄情リトルデーモンたち!」

千歌「善子ちゃんぎゅーー!」ギュウウウ

善子「ちょっ、締まってる締まってる!!」ヨハー!

千歌「あ、ごめんごめん」ギュッ

善子「まったく.....」

善子「っていうかほんとに今日の千歌さんは何がしたいの?」

千歌「んーっと....ね。まぁ、実を言うと.....ね」

善子「うん」






千歌「善子ちゃんともっと仲良くなりたいなぁ.....って」

善子「......」

千歌「......」

善子「曜の解釈で合ってたの!?」ガーン

千歌「え、えへへ」


9: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/01/24(火) 05:38:48.46 ID:nb4IGiii0
善子「っていうか何で急に....はっ!」.

善子「ま、まさか千歌さんもついに堕天使の魅力の虜に!?ふっふっふ、やはり人の姿をしていてもヨハネの溢れ出るカリスマの前では....」クックック

千歌「あ、そういうのじゃないけど」

善子「せめて最後まで言わせてよ!?」ガーンッ

千歌「んーっと....」

千歌「まず曜ちゃんは帰りのバスが一緒だから善子ちゃんと仲良いでしょ?」

善子「ヨハネよ。ま、まぁ、曜とは仲悪くはないわね」

千歌「梨子ちゃんと善子ちゃんも最近仲良いでしょ?」

善子「リリーはヨハネが誘ったら割と付き合ってくれるからつい....」

千歌「これはもうチカも善子ちゃんとラブラブになるしかないな、と!」

善子「うん、今発想がだいぶ飛んだわね」


10: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/01/24(火) 05:39:43.61 ID:nb4IGiii0
千歌「チカは曜ちゃんとはすでにラブラブだし梨子ちゃんとも親友以上。これはもう善子ちゃんともいちゃつけるようにしとかないと!」

善子「助けてリリー!曜!......うわっ、あの二人既読すらつかない!!」ポチポチ

千歌「というわけで、善子ちゃんは千歌ともっと仲良くなるのだー!」ギュウウ

善子「現在進行形で心の距離が離れていってるけど....」

千歌「そ、それはまずい!急いで体の距離を近づけないと!!」ギュウウウウウ

善子「いや、離れてるのは心の距離.....だから締まってるてばー!」イタタタッ!


11: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/01/24(火) 05:40:37.02 ID:nb4IGiii0
千歌「あっ、それともう一つ!善子ちゃんには言いたいことがあります!」

善子「い、言いたいこと?」

千歌「そうです」

千歌「私が最初になんて言ったか覚えてる?」

善子「最初?えっと、確か.....」

善子「ようりこと思った?ようちかでしたー、とか何とか」

千歌「そうです!ようちかです!曜ちゃんと私です!!」

善子「あ、うん」

千歌「なのに最近曜ちゃんときたら....」

善子「?なに?ケンカでもしたの?」

千歌「曜ちゃんときたら....」.






千歌「最近梨子ちゃんとすごく仲がいいのだ!!」

善子「......」

千歌「......」

善子「いいことじゃない」

千歌「ちーがーうーのー!!」ジタバタ


12: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/01/24(火) 05:44:33.34 ID:nb4IGiii0
千歌「お昼休みにね!ようちかしたいのにね!ようりこなんだよ!?」

善子「いや、うん、まぁ.....」

善子「っていうかそれとヨハネに何の関係が?」

千歌「関係大ありだよ!もっとよしりこしてよ!」

善子「?えっと.....」





善子「.....うん?」

千歌「善子ちゃんが梨子ちゃんとよしりこするほど私と曜ちゃんはようちかできるのです!」

千歌「つまり善子ちゃんは学校でもっと梨子ちゃんにもっとかまってもらうべきなのだ!」

善子「えっと.....、昼休みにリリーと一緒にいろってこと?」

善子「ヨハネが言うのもアレだけどあんまりリリーに迷惑かけるのも....」

千歌「大丈夫大丈夫!梨子ちゃんは善子ちゃんに振り回されるの楽しそうだから!」

善子「また適当なことを」

千歌「え、いや、これは適当じゃないけど....」


13: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/01/24(火) 05:45:59.93 ID:nb4IGiii0
善子「というか休みの日とかは結構リリーと二人きりで遊んでるけど」

千歌「その点に関しては大変感謝しておりますー」ハハァー

善子「なんなの....」

千歌「休みの日にようちかできる理由の半分は梨子ちゃんに先約(善子ちゃん)があるからなんだよ!」

善子「そうだったの。なんだかリリーを独占してるみたいで悪いわね」

千歌「いえいえそんな」

善子「たまには四人で遊びましょうか?」

千歌「おっ、いいねー。曜ちゃんとは家でまったりしてるだけだからどっか出かけたいねー」

善子「逆にリリーとは街に行くことが多いわね。歩いてるだけで結構楽しいし」

千歌「そうなんだー。じゃあ次はみんなでどっか行こっか」

善子「ええ」

千歌「......」

善子「......」

千歌「なんの話だったっけ?」

善子「さあ?」


14: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/01/24(火) 05:48:03.62 ID:nb4IGiii0
千歌「おっとぉー!善子ちゃんが学校でもっと梨子ちゃんにかまってもらおうって話だったよ!」

善子「忘れててよかったのに」

千歌「とりあえずお昼休みは毎日梨子ちゃんをご飯に誘うこと!」

善子「うーん。でも二年の教室まで行くのってちょっと勇気がいるのよね」

千歌「あー.....それはわかるかも」

善子「あと....」

千歌「?」

善子「えっと、その....私いつもずら丸とルビィとお昼食べてるんだけどね.....」

千歌「うん」

善子「ま....」

千歌「ま?」

善子「毎日お弁当のおかず交換しててね、その....ふ、二人とも楽しそうだし今さらやめるのもアレだし....」

千歌「......」



15: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/01/24(火) 05:48:40.03 ID:nb4IGiii0
善子「あっ、わ、私が楽しいんじゃなくてね?二人がね?特にルビィがね?」アセアセ

千歌「......」

善子「......///」

千歌「天使か!」

善子「え?」

千歌「いや何でも」

千歌「そっかー、毎日の楽しみなら仕方ないね」

善子「ええ。決してヨハネがお昼休みにずら丸とルビィとおかず交換するのが楽しいとかそういうんじゃないからね?」

千歌「うんうん。わかってるわかってる」ニコニコ


16: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/01/24(火) 05:49:10.32 ID:nb4IGiii0
千歌「よしわかった。この際お昼休みのようりこには目をつむることにするよ」

善子「ようりこて.....。正直あの二人が千歌さんを蔑ろにするとは思えないけど」

千歌「蔑ろにはされてないよ?」

善子「そうなの?」

千歌「うん」


17: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/01/24(火) 05:51:11.18 ID:nb4IGiii0
千歌「....ただ」

善子「ただ?」






千歌「なんていうか、その.....こ、高校で出会ったにしては曜ちゃんと梨子ちゃんって異様に仲良くないかなーっていうか、その、あの....」

善子「......」

千歌「よ、曜ちゃんの幼馴染はチカなんだぞー、っていうか、その.....///」

善子「......」

千歌「......///」






善子「千歌さん....」

千歌「な、なに?」

善子「後で鏡を貸してあげるわね」ハァ

千歌「う、うん。.....え、なに?」

善子「いえ、別に」

千歌「???」


18: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/01/24(火) 05:52:21.74 ID:nb4IGiii0
善子「っていうか今のを言うためだけに私と二人になったの?」

千歌「いや、正直曜ちゃんと梨子ちゃんが帰っちゃう(正確には梨子ちゃんち行っちゃう)のは予想外だった」

善子「あ、意図してヨハネと二人きりになったわけじゃなかったのね」

千歌「でも今日は善子ちゃんと仲良くなりたいって思ってたから、これはケガのみょーこーなのだ!」

善子「功名じゃない?」

千歌「細かいことは気にしない!」

千歌「.....ってことで!」

善子「なに?」




千歌「ポッキーゲームをしよう!」





善子「......」ポチポチ

千歌「......」

善子「リリーと曜に電話かけても出ないんだけど」ポチポチ

千歌「やめてよ!?怒られちゃうじゃん!?」ガーンッ

善子「あぁ、怒られる自覚はあるのね....」


19: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/01/24(火) 05:53:41.68 ID:nb4IGiii0
千歌「仲良くなるにはこれが一番よ、って」

善子「誰が?」

千歌「鞠莉さん」

善子「明日マリーにきつく言っておくわね」

千歌「寸止めするから大丈夫なのだ!」

善子「全然だいじょばないわよ!」

善子「....っていうか曜とはしたことあるの?ポッキーゲーム」






千歌「えっ?」

善子「ん?」

千歌「よよよよーちゃんとポッキーゲーム!?ししししたことあるわけないでしょ恥ずかしい何言ってるの善子ちゃん///」

善子「あんだけようちかとか言ってて何でこれで恥ずかしがってるのよ!?」


20: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/01/24(火) 05:55:50.70 ID:nb4IGiii0
善子「っていうかそれなら、なおさら私たちだけでポッキーゲームなんてできないでしょ」

千歌「そ、そうだね、うん///」

千歌「するなら私は曜ちゃんと、善子ちゃんは梨子ちゃんとした後だよね」

善子「えっ、そういう問題?」

千歌「じゃあ何しよっかー」

善子「そうね.....堕天使の儀式の手伝いをしてくれてもいいのよ?よかれと思って今日は水晶玉と魔法陣を持ってき.....」

千歌「することないねー」

善子「ちょっと!?」

千歌「時間があったら遊びに行きたかったねー」

善子「そうね。でももう夕方だしやっぱりここは儀式を.....」

千歌「あ、スマ〇ラでもする?」

善子「私の話聞く気ないでしょ!?」


21: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/01/24(火) 05:56:33.86 ID:nb4IGiii0
千歌「よっ、はっ!....とりゃ!」カチャカチャ

善子「甘い!」カチャッ

千歌「しまった!」フットビー

善子「ふっ、あとは崖近くでファ〇アーボールを打つだけで....」

千歌「あー!復帰阻止ずるいー!」

善子「そういうゲームでしょ!」

善子「.....ってあれ?目の前にアイテムが.....」ポンッ


ドカーン!!


善子「......」

千歌「......」

千歌「マ〇オ、吹っ飛んだね....」

善子「なんで目の前に〇ム兵が出てくるのよ!!」


22: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/01/24(火) 05:57:31.77 ID:nb4IGiii0
善子「.....忘れてたけど、もうリリーたち呼んでいいわよね」

千歌「だね」

千歌「.....っていうか!!」

善子「?」

千歌「意図せずしてようりこになってるじゃん!?早く呼ばないとあの二人がますます仲良くなってチカが除け者に!!」

善子「誰のせいでこの状況になってると思ってんの!?」

千歌「早く呼ぼう今すぐ呼ぼう曜ちゃん梨子ちゃーん!!」

善子「落ち着いてよ。今ケータイ出すから....」

曜「呼ばれて飛び出てヨーソロー!!」バンッ

千歌「よーちゃん!!」

善子「ツッコミが追い付かない!!」


23: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/01/24(火) 05:58:26.09 ID:nb4IGiii0
梨子「千歌ちゃん、よっちゃん、さっきぶりね」

善子「誰かと思えばヨハネに面倒事(千歌さん)を押し付けて帰ったリトルデーモンじゃない」ジロッ

梨子「あ、あはは」

梨子「ご、ごめんね、よっちゃん?今度ケーキおごるから」

善子「......」

梨子「......」

善子「ま、まぁ、ヨハネは寛大だから許してあげるわ」

梨子「ふふっ。ありがとー」ナデナデ

善子「なーでーるーなー///」


24: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/01/24(火) 06:00:14.81 ID:nb4IGiii0
千歌「くっくっく。その調子でもっとよしりこするのだ」

曜「?何言ってるの、千歌ちゃん?」

千歌「な、なんでもないよー」アセアセ

曜「そう?」

曜「というか今日のはなんだったの?よーちかーとかはもういいの?」

千歌「ようちか!チカは曜ちゃんといちゃいちゃするのだー!」ダキツキー

曜「わっ。....よくわかんないけど千歌ちゃんがいつも通りでよかったよ」フフッ

千歌「むー。いつも通りじゃないのにー。いつもよりいちゃいちゃしたいのにー.....」

曜「??」

千歌「もういいもん!鈍感な曜ちゃんはちかっち検定準一級に格下げだもん!」

曜「よーそろー!?」ガーンッ

曜「よ、よくわかんないけど機嫌直して千歌ちゃん?」ナデナデ ギュー

千歌「.....///」

千歌「な、なでなでぎゅーしてくれたので免許皆伝になりました」

曜「千歌ちゃん検定軽いね!?」


25: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/01/24(火) 06:00:49.13 ID:nb4IGiii0
善子「リリーと曜はさっきまで何してたの?」

曜「スマ〇ラ」

善子「なんで私たちと同じなのよ!?」

梨子「曜ちゃんすっごく上手かったよ。よっちゃんといい勝負かも」

善子「え、そうなの?」

善子「曜、よかったら今から勝負しない?」

曜「よーそろー!望むところであります!」


26: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/01/24(火) 06:01:33.22 ID:nb4IGiii0
千歌「でもチカはさっき善子ちゃんに勝ったよー」フフーン

梨子「へぇ、千歌ちゃんすごいね」

梨子「......あっ、もしかしてアイテム有りでやった?」

千歌「?うん」

梨子「よっちゃんなぜか目の前に爆発アイテム出るから....」

千歌「あぁ....」


27: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/01/24(火) 06:02:31.18 ID:nb4IGiii0
善子「ふっ、とりゃっ.....隙あり!」カチャカチャ

曜「っと!....ていっ、よーそろ!」カチャカチャ

フッ、ナカナカヤルワネ! ヨシコチャンコソ!

千歌「......」

千歌「とおー!私たちも混ぜろー!」ポチッ

善子「ちょおお!?今勝てそうだったのにー!」ガーンッ

曜「ナイス、千歌ちゃん!」グッ

善子「こらー!」

梨子「ふふっ、私もやるわ」

マケナイゾー! リコチャンモツヨイヨネ
ギャーギャー ダカラナンデバクハツスルノヨ!

おわり