fcd5a585819acb433b886834ed32c624

千歌
1461761877-69a1a176c2ad64ff8d9203636c6d455f (7)

1: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/02/14(火) 00:51:38.10 ID:Q7l1GTxlO

2: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/02/14(火) 00:53:30.38 ID:Q7l1GTxlO

千歌「今日はバレンタインデー♪」

千歌「大好きなみんなに……私からめいっぱいのハッピーバレンタイン♪」

千歌「甘い甘いチョコレートをお届けしちゃうよ♪」


4: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/02/14(火) 01:06:22.84 ID:Q7l1GTxlO

千歌「りーこちゃんっ♪」

梨子「千歌ちゃん?どうしたの?」

千歌「えへへ♪今日はなんの日か知ってる?」

梨子「今日って……バレンタイン?」

千歌「そうっ♪今日は私からみんなにハッピーバレンタインなの♪」

梨子「千歌ちゃんがチョコレートくれるの?」

千歌「そうだよ~♪って言っても、手作りじゃないけど~」ゴソゴソ

梨子「べつに期待してないけど」クスクス

千歌「むっ、そんなこと言う梨子ちゃんにはチョコレートあげるのやめよっかなー」ムスー

梨子「ああっゴメンゴメン」アセアセ

千歌「欲しい?」

梨子「うんっ♪千歌ちゃんのチョコレートちょうだい♪」

千歌「じゃー、目をつむって」

梨子「ん……」

千歌「あーん♪」

梨子「あーん……」

千歌「……♪」ハムッ

千歌「♪///」チュッ

梨子「んっ!?///」パチッ

千歌「えっへへ~♪」

梨子「な、あ……!?い、今……!///」カアァ

千歌「甘かった?」ニコッ

梨子「もうっ、千歌ちゃんっ!///」プシュー


5: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/02/14(火) 01:16:05.98 ID:Q7l1GTxlO

千歌「曜ちゃん発見っ♪おーいっ♪」ノシ

曜「千歌ちゃんっ♪」

千歌「曜ちゃんっ、はいこれ♪」

曜「?」

千歌「ハッピーバレンタイン♪」

曜「ああ、今日ってバレンタインだったね。で、ポッキー?」

千歌「作るのはレベルが高くて……」

曜「ああ、だよね。でもありがとう♪」

千歌「どういたしまして♪」サクサク

曜「って千歌ちゃんが食べるんだ?」

千歌「ちゃんと曜ちゃんにもあげるから♪んっ♪」クイッ

曜「んっ……って、ええっ!?///」

千歌「んー♪」

曜「あげるって……そういう!?///なんでバレンタインデーにポッキーゲーム!?///」

千歌「♪」ニコニコ

曜「……じゃ、じゃあ……もらうよ?///」ハム

サクサク……

サクサク……

サクサク……

チュッ

曜「~//////」

千歌「もっとする?♪」

曜「……うん///」


6: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/02/14(火) 01:26:30.08 ID:Q7l1GTxlO

千歌「ルービィーちゃーんっ♪」ギューッ

ルビィ「ピギャッ!?ち、千歌ちゃんっ!?ビックリしたぁ……」

千歌「ゴメンゴメン♪ほら、今日バレンタインデーだから♪」

ルビィ「なんの関係もないよっ!?ただルビィがビックリしただけだよっ!?」

千歌「ゴメンってば~♪じつはルビィちゃんにチョコレート持ってきたんだ~♪」

ルビィ「チョコレート?」パアッ

千歌「じゃーんっ♪チョコボール~♪」

ルビィ「わーいっ♪」

千歌「あーんっ♪」

ルビィ「あーん♪」

千歌「待てっ」ビッ

ルビィ「ピギッ!?」

千歌「お手っ!」

ルビィ「お手っ!?」

千歌「お手だよお手。ほれほれ~♪チョコレートが欲しくないのかい?」

ルビィ「ほ、欲しいです……///」

千歌「はい、お手♪」

ルビィ「……わんっ///」

千歌「おかわり♪」

ルビィ「わんわんっ///」

千歌「ルビィちゃん可愛い~///」ナデナデ

ルビィ「チョコレートは!?」ガーン


7: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/02/14(火) 01:46:27.92 ID:Q7l1GTxlO

千歌「ワンちゃんのマネしたルビィちゃん可愛かったなぁ~♪チョコレート食べてるところはもっと可愛かったけど♪さて次は……」

ドンッ

千歌「うわっと!?」

花丸「ずらっ!?」

ドテーン

千歌「あいたた……」

花丸「ち、千歌ちゃん……?ごめんなさいずら……」

千歌「ううん、こっちこそ。ケガしてない?」

花丸「うん。千歌ちゃんは?」

千歌「花丸ちゃんのポヨポヨなところがクッションになりました♪」

花丸「ずらっ!!?///」

千歌「えへへ、冗談冗談♪ちょうどよかった、今みんなのこと探してたんだ~♪」

花丸「探してた?」

千歌「今日はバレンタインデーだからね♪みんなに私からハッピーバレンタインって♪」

花丸「チョコくれるずら?///」パアアッ

千歌「うん♪花丸ちゃんには……これっ♪チョココロネ♪」

花丸「こ、ころね?」

千歌「チョコ入ってるし、花丸ちゃんパン好きだから♪」

花丸「あんまりバレンタインデーって感じはしないけど……でも、せっかくくれるんだしありがたくいただくずら♪」

千歌「召し上がれ♪」

花丸「んぁ~♪」パクッ

花丸「ん~♪甘くておいしいずら~♪」

トローリ

千歌「あっ、チョコ垂れちゃう」

花丸「うわわ……っ!」

千歌「っと」スクッ

花丸「ありがとうずら……でも千歌ちゃんの指が汚れちゃった……」

千歌「ん~……じゃあ、はい♪」

花丸「ずら?」

千歌「舐めていーよ♪」

花丸「ずらっ!?///」

千歌「花丸ちゃんにあげたチョコレートだもん。だから……ね?♪」

花丸「うぅ……///」ペロッ

千歌「♪」

花丸「うあぁ……なんだか恥ずかしいずらぁ……///」


8: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/02/14(火) 02:02:21.22 ID:Q7l1GTxlO

千歌「これで四人に渡したから、あと半分だね~♪」モグモグ

千歌「この棒付きチョコレートおいしい♪」

善子「ん?マヌケ面して歩いてるかと思えば、なんだ千歌じゃない」

千歌「おっ、善子ちゃん♪」

善子「善子じゃなくてヨハネ!!」

千歌「今日も元気だねー♪」

善子「年中元気なあなたに言われたくないけど……こんなところでなにしてるのよ」

千歌「みんなにチョコレートを渡してるとこなんだよ♪」

善子「チョコレート?ああ、今日はバレンタインデーだったわね。クックックッ……♪愚かな……所詮あなたも矜持に踊らされる哀れなマリオネットの一人だと言うことね♪」

千歌「善子ちゃんにも持ってきたんだよ~♪」

善子「チョコレートっ!!」ジュルリ

善子「はっ!!///ふ、ふんっ///人間の戯れなんかに、この堕天使ヨハネが興じるとでも?」ギランッ

千歌「いらないの?じゃあ私が食ーべよっと」ンァー

善子「ああっ!!」

千歌「……くださいは?」

善子「ど、どうしても貢ぎ物を捧げたいと言うなら、許してあげなくもないわっ///」

千歌「じゃあいいや~」スタスタ

善子「うそうそ!!チョコ欲しいわよっ!!///」

千歌「最初からそう言えばいいのに。はい」

善子「って、普通の棒付きチョコレートじゃない。しかも自分も食べてるし」

千歌「善子ちゃんのはミルク、私のはイチゴ味なんだよ」

善子「どうせならイチゴ味ちょうだいよ……私イチゴ好きなんだから」

千歌「そうだっけ?じゃあ……」トロッ

千歌「はいっ♪」

スポッ

善子「むぐっ!!?///」

千歌「おいしい?♪」

善子「なっ……なぁっ……!///」プルプル

善子「味なんかわかるわけないでしょバカ!!!//////」


10: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/02/14(火) 09:05:06.22 ID:Q7l1GTxlO

ダイヤ「……………………」カキカキ

ダイヤ「んっ……」ノビー

ダイヤ「ふぅ……」

コンコン

千歌「失礼しまーす」ガラガラ

ダイヤ「千歌さん?生徒会室になにかご用ですか?」

千歌「生徒会室にっていうか、ダイヤさんに?」

ダイヤ「なぜ疑問系なのですか。……クンクン。この香りは……?」

千歌「おっ♪さすがダイヤさん、よくお気付きで♪」

ダイヤ「これ見よがしにマグカップを片手に、なにをおっしゃっているんですの……?」

千歌「いやー、今日ってバレンタインじゃないですか♪だから……はいっ♪」

ダイヤ「ホットチョコレート……?」

千歌「いつもみんなのために頑張ってるダイヤさんに♪私からハッピーバレンタイン♪」

ダイヤ「千歌さん……」

千歌「冷めないうちに、召し上がれ♪」

ダイヤ「……はい、ありがとうございます♪」ニコッ

ズッ……

ダイヤ「あちゅっ……!」

ダイヤ「あ……///」

千歌「あちゅっ♪」

ダイヤ「う、うるさいですわ!///予想以上に熱かっただけですっ!///」

千歌「ちょっと温めすぎたかな?じゃあ……」

ダイヤ「?」

千歌「フー……フー……」

ダイヤ「っ、顔!///近いですわ!///」

千歌「フー……フー……。はいっ♪これでどうですか?♪」

ダイヤ「……ズッ。……お、おいしい……です///」

千歌「愛情いっぱい込めましたからね♪」

ダイヤ「……ちゃんと感じますわ///ありがとうございます、千歌さん///」


11: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/02/14(火) 09:51:23.72 ID:Q7l1GTxlO

千歌「鞠莉ちゃーん♪」

鞠莉「What?どうしたの千歌っち」

千歌「鞠莉ちゃんにチョコレート渡そうと思って♪」

鞠莉「チョコレート?Oh♪そういえば今日はValentine dayだったわね~♪千歌っちが私にくれるなんてSo happy♪」ギューッ

千歌「わっ!///もー鞠莉ちゃんったら~///」

鞠莉「感謝の気持ちよ♪」

千歌「まだ渡してないし。手作りじゃなくて、普通の板チョコなのが申し訳ないけどね。はい♪」

鞠莉「こういうのは気持ちが大事なのよ♪ありがたくいただくわね♪」

千歌「くるしゅうない♪それじゃね~♪」ノシ

鞠莉「Thank you♪千歌っち~♪」ノシ



鞠莉「チョコレートチョコレート~♪私もみんなに渡そうかな~♪」ペリペリ

鞠莉「ん?包み紙の間になにか……手紙?」ピラッ

千歌『いつもステキな笑顔でみんなを明るくしてくれる鞠莉ちゃんへ。今日は鞠莉ちゃんに、私の思いを伝えたいと思って手紙を書きました』

鞠莉「もしかしてLove letter……?も~///千歌っちったら~♪私には果南がいるのに~///えーと、なになに……?」

千歌『あ、ちなみにラブレターじゃないからね』

鞠莉「違うんだ」

千歌『なにから書いていいかわからないけど、鞠莉ちゃんがいたから、私はこの学校でスクールアイドルをやれてるんだと思う。あのとき、私たちにチャンスをくれたから。鞠莉ちゃんが私たちみんなが繋がるきっかけをくれたんだよ。すごく感謝してる。ちゃんとお礼を言ってなかったから、今伝えるね』

タタタ……

鞠莉「?」

ホッペチュッ

鞠莉「~!」

千歌「鞠莉ちゃん、ありがとうっ♪」

タタタ……

鞠莉「……………………」ポカン

鞠莉「……ありがとうは、こっちのセリフだよ千歌っち///」


13: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/02/14(火) 13:59:10.39 ID:Q7l1GTxlO

千歌「果南ちゃん♪」ギューッ

果南「わっと!なーに千歌?」

千歌「エリーチカ?」

果南「一言も言ってないよ。で、なにか用?」

千歌「チョコレート渡しに来たの♪」

果南「チョコレート?なんで?」

千歌「Aqoursのみんなそうだけど、バレンタインデーに関心が無いって女子的にどうなの?恋愛対象がいなくてもだいたいの女子は友チョコとか用意してるよ?」

果南「あー、今日バレンタインデーだったんだ。どうりで朝からみんなにチョコもらうなって思ってた」

千歌「さりげなくモテ自慢された」

果南「それで、千歌もくれるの?チョコレート」

千歌「この流れで渡すとありふれたチョコレートの一つになっちゃいそうでイヤなんだけど……」

果南「そんなことないって♪千歌がくれるんならそれは特別だよ♪」

千歌「むー、なんか言いくるめてくる。……しょうがないなー」ヌリヌリ

果南「ありがとっ♪って……なんで急にリップ塗ってるの?」

千歌「これリップの形のチョコレートなんだよ」

果南「なんで千歌が自分に塗ってるのってことなんだけど……」

千歌「そーれーはーねー……んっ♪」ツンッ

果南「へ?」

千歌「バレンタインチョコだよ♪」

果南「いやいやっ!///」

千歌「イヤなのー?」プクー

果南「イヤっていうか……///」

千歌「……………………」

千歌つ果南|下足箱ドンッ

果南「ち、千歌?///」

千歌「グズグズしてると溶けちゃうでしょ」

チュウ

果南「っ//////」

チュッ チュウ……チュパッ

果南「~~~//////」カアァァ

千歌「……プハ♪よかったね、溶ける前に食べられて♪」ニコッ

果南「……溶けるっていうか、蕩けるんだけど//////」プシュー


14: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/02/14(火) 14:08:35.79 ID:Q7l1GTxlO

千歌「渡し終わった~っ♪」

千歌「ん~っ♪みんな喜んでくれたかな~♪大好きをいーっぱい込めた……あまーいあまーいチョコレート♪」

千歌「ホワイトデーのお返しが楽しみだな~♪」ルンルン

千歌「みんなのことだから、すぐにお返しに来たりして♪」ニシシ

千歌「それはそれで楽しそうだけど♪」

千歌「さーて、じゃあ帰ろっかな……っと!危ない危ない……大切なこと忘れてた」ピタッ



千歌「コホン……えーっと、いつも私たちのことを応援してくれてありがとうございますっ♪私たちの歌を聴いてくれるみんな、私たちを支えてくれるみんなに……私、高海千歌からめいっぱいの感謝と大好きって気持ちを込めて♪」



千歌「ハッピーバレンタインっ♪」



チュッ



千歌「……えへへ//////」


15: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/02/14(火) 14:09:21.33 ID:Q7l1GTxlO

おわり。
みんな、ハッピーバレンタイン。