fcd5a585819acb433b886834ed32c624

善子
ar05 (3)

2: ◆YeIiAvi..Y4L 2017/02/03(金) 21:54:52.93 ID:xqGIyR2Y0
善子「リリー!」

梨子「なあに、よっちゃん?」

善子「あのね、さっき転んでお弁当ひっくり返しちゃったの???」ショボン

梨子「え!大丈夫?怪我とかしてない?」アセッ

善子「うん???大丈夫」

梨子「そっか良かった???」ホッ

善子「全然良くない!リリーとの食事楽しみにしてたんだから!お弁当がないから一緒に食べられないじゃない!」プンスコ

梨子「ふふっ、そっか♪楽しみにしてくれててありがとう?」ニコッ

善子「なっ、笑い事じゃあないんだから!///」ドキッ

3: ◆YeIiAvi..Y4L 2017/02/03(金) 21:55:59.49 ID:xqGIyR2Y0
梨子「そんなに怒らないで???私のお弁当分けてあげるからこっちに来て?」

善子「べっ、別に怒ってないし!///」チョコン

梨子「よしよし、お弁当残念だったね?」ナデナデ

善子「///」ギュー

梨子「ちょっ、ちょっと抱きついたら食べられないよ///」

善子「んー、いい匂いする」クンクン

梨子「そんなにする?」

善子「うん、落ち着く???」

梨子「なんの匂いだろ?ハンバーグかな?」クンクン

善子「違う」

梨子「??」

4: ◆YeIiAvi..Y4L 2017/02/03(金) 21:57:09.17 ID:xqGIyR2Y0
善子「リリーの匂い」

梨子「え"ぇ"!?私ぃ?!///」

善子「この匂い好きー」クンカクンカ

梨子「ちょっ、ダメ!嗅がないで///」

善子「なんでー?」クンカクンカ

梨子「恥ずかしいから!///」

善子「いやーもうちょっとー」クンカクンカ

梨子「嗅ぎすぎだから!止めてくれないとお弁当あげないよ///」

善子「それは困る???」スッ

梨子「もう???///」プクー

5: ◆YeIiAvi..Y4L 2017/02/03(金) 21:59:29.25 ID:xqGIyR2Y0
文字化けは「…」です。

すみません><

6: ◆YeIiAvi..Y4L 2017/02/03(金) 22:02:27.66 ID:xqGIyR2Y0
梨子「いただきます」

善子「わーい!リリーのお弁当!いただきまーす!」ワクワク

梨子「もぐもぐ」

善子「…」ジー

梨子「もぐもぐ」チラッ

善子「…」ジーー

梨子「もぐもぐ///」チラッチラッ

善子「…」ジーーー

梨子「もう!なんで見てるの?///」

7: ◆YeIiAvi..Y4L 2017/02/03(金) 22:03:51.02 ID:xqGIyR2Y0
善子「やっぱり、リリーって綺麗ね!」

梨子「ゑ"ぇ"!?そんなこと???///」

善子「いいえ!あるわ!」

梨子「急にどうしたの?///」

善子「急にじゃない!前から思ってた!」

善子「作曲ができるピアノと絵も上手で勉強までできて…」

梨子「褒めすぎだよ~///」テレリコ

善子「優しいしおしとやかで美人おまけに優美な曲線!」

梨子「きょ、曲線って…///」カオマッカ

善子「きっとお母様も美人なんだろうな~」

梨子「まm…お母さんまで褒めても何も出ないよ///」

善子「あーん」

8: ◆YeIiAvi..Y4L 2017/02/03(金) 22:04:56.54 ID:xqGIyR2Y0
梨子「ヱ"?///」

善子「あーん!」

梨子「あ、あーん…///」

善子「もぐもぐ」ワーイ

善子「おいしい!」

梨子「これが狙いだったの?///」

善子「違う、これがオマケ!」

梨子「ほ、ホント?///」

善子「そうよ!」

善子「だから…あーん!」アーン

梨子「仕様がないなー///」

9: ◆YeIiAvi..Y4L 2017/02/03(金) 22:06:30.91 ID:xqGIyR2Y0
キャッキャッウフフ

千歌「…よーちゃん、このみかんすごく甘いよ?」

曜「…そうなの?」

千歌「うん…ほら、あーん」

曜「あーん…もぐもぐ」

曜「…ホントだすごく甘いね」

千歌「うん、本当にね」


|c||^.∀^||<あなた方も甘いですわ

10: ◆YeIiAvi..Y4L 2017/02/03(金) 22:07:36.97 ID:xqGIyR2Y0
桜全般「精神の美」「優美な女性」

桜の花言葉
・ソメイヨシノ「優れた美人」
・八重桜「しとやか」「善良な教育」
・ヤマザクラ「あなたに微笑む」


梨の花「愛情」

梨の木「慰め」「癒し」

11: ◆YeIiAvi..Y4L 2017/02/03(金) 22:10:01.64 ID:xqGIyR2Y0
終わり

読んでくださった方がおりましたらありがとうございます。