fcd5a585819acb433b886834ed32c624

7151b8f4 (1)

1: 名無しで叶える物語(SB-iPhone)@\(^o^)/ 2017/01/21(土) 17:50:08.09 ID:5yH5LZ7p.net
梨子「え、ええ…」

曜「だ、誰に!!」

梨子「私は知らないのよ!」

梨子「でも誘拐された場所は高校だから……」

曜「高校だね!わかった!!」

梨子「あ!曜ちゃん!!」

2: 名無しで叶える物語(SB-iPhone)@\(^o^)/ 2017/01/21(土) 17:50:39.30 ID:5yH5LZ7p.net
曜「着いたね!」

梨子「な、なんで息切れなしなの……」ゼーゼー

曜「ん?あそこ…二人組が来たよ!」

梨子「なんか変なマスク付けてるわね」

3: 名無しで叶える物語(SB-iPhone)@\(^o^)/ 2017/01/21(土) 17:51:07.88 ID:5yH5LZ7p.net
マスク1「お、おうおう!な、なんのよ……ようじゃあ!」オドオド

マスク2「痛い目にあいたくないなら大人しく引き返すずら!」

梨子(ルビィちゃんと花丸ちゃんじゃん!?)

曜「お前達が千歌ちゃんを攫ったのか!」

マスク2「ふふふ、誰がそんな事教えるずら!」

曜「なら、力強くで聞くしかないね」

4: 名無しで叶える物語(SB-iPhone)@\(^o^)/ 2017/01/21(土) 17:52:12.51 ID:5yH5LZ7p.net
曜「これが渡辺式CQC……」

マスク2「す、すいませんでした…」

マスク1「ピギッ…」

梨子「い、一瞬で……」

曜「待っててね千歌ちゃん!必ず助けるからね」

5: 名無しで叶える物語(SB-iPhone)@\(^o^)/ 2017/01/21(土) 17:52:53.40 ID:5yH5LZ7p.net
マスク「来ましたわね。鞠莉……隊長さん」

隊長「ふっふっふ、そうイージーに千歌っちのとこには来させないわよ!」

マスク「では、早速出すんですの?」

隊長「イエース!いきなりベリーハードよ!これで曜はジ・エンドね!」

マスク「了解ですわ。えーっと、果南さん出番ですわよ」

果南『え?もう?仕方ないなぁ』

6: 名無しで叶える物語(SB-iPhone)@\(^o^)/ 2017/01/21(土) 17:53:22.92 ID:5yH5LZ7p.net
曜「警備は薄いね」ササッ

梨子(当たり前でしょ!?なんであの二人組見て集団だと思うのよ!!どうみてもあの二人じゃん!なんで気がつかないのよ!!)

曜「梨子ちゃん?どうしたの?」

梨子「い、いやーなんでもないよ!」

曜「うん、じゃあ慎重に……は!」

曜「梨子ちゃん!危ない!」

ドーン。

7: 名無しで叶える物語(SB-iPhone)@\(^o^)/ 2017/01/21(土) 17:53:56.53 ID:5yH5LZ7p.net
曜「また新しい奴だね!」

マスク「ここから先は通さないよ!」

曜「今度の奴は歯ごたえがありそうだね…」

曜「梨子ちゃんはそこにいて!」

梨子(あ、あわわわ…曜ちゃんに押し倒されて更に床ドンとか何このコンボ!///)

8: 名無しで叶える物語(SB-iPhone)@\(^o^)/ 2017/01/21(土) 17:54:35.32 ID:5yH5LZ7p.net
曜「くっ!素早い!」

マスク「甘い甘い!」シュバババ

マスク「さあ、大人しくハグされな!!」ガバァ

曜「くあ!な、何この抱擁感!!すごく落ち着いてくる!」

マスク「ふふふ…さあ、ハグの虜になっちゃえ!」

曜「だけど、私は負けない!」

マスク「な!私のハグを破った!?」

曜「更にこんなに近いなら避けられないよね!」ガシッ

マスク「げっ、うわ!!」

曜「渡辺一本背負!!」

マスク「きゅう……」

曜「千歌ちゃんの為に負けられない!!」

曜「行くよ!梨子ちゃん!」

梨子「う、うん///」

9: 名無しで叶える物語(SB-iPhone)@\(^o^)/ 2017/01/21(土) 17:55:14.64 ID:5yH5LZ7p.net
マスク「ま、鞠莉さーん?」

隊長「んー?どうしたの?ダイヤ」

ダイヤ「か、果南さんがや、やられましたわ…」

鞠莉「んな!?あ、後残ったのは?」

ダイヤ「よ、善子さんだけですわね…」

鞠莉「」

ダイヤ「ど、どうします?」

鞠莉「至急全校生徒を使って曜を邪魔するわ」

ダイヤ「お辞めなさい!せっかく休日に!」

鞠莉「うぐ…ど、どうしたら…」

10: 名無しで叶える物語(SB-iPhone)@\(^o^)/ 2017/01/21(土) 17:55:41.11 ID:5yH5LZ7p.net
マスク2「ま、マルに任せるずら!」

マスク1「み、見つけることなら出来ると思います!」

鞠莉「マルにルビィ!よし、それでいいわ!レッツゴーよ!」

ダイヤ「る、ルビィ!無茶はしてはダメですからね!」

11: 名無しで叶える物語(SB-iPhone)@\(^o^)/ 2017/01/21(土) 17:56:08.22 ID:5yH5LZ7p.net
曜「ん…梨子ちゃんストップ」

梨子「ど、どうしたの?曜ちゃん?」

曜「足音が二つ…」

梨子「え?……全然聞こえないけど?」

曜「梨子ちゃん、隠れて!」

梨子「ひゃあ!」

12: 名無しで叶える物語(SB-iPhone)@\(^o^)/ 2017/01/21(土) 17:56:50.16 ID:5yH5LZ7p.net
ルビィ「あれ?いないねぇ?」

花丸「うん、多分ここら辺だと思うんだけどなぁ…」

曜「……」

梨子「んー!んー!」

曜「よし、行ったね」

梨子(わ、私も壁ドンプラス口押さえとか言う超レベル高い事されていきそうになったわ!)

13: 名無しで叶える物語(SB-iPhone)@\(^o^)/ 2017/01/21(土) 17:57:22.05 ID:5yH5LZ7p.net
ルビィ「ん?」

花丸「どうしたずら?ルビィちゃん」

ルビィ「今、あそこら辺で何かが動いた気が…」

花丸「じゃあ、マルが見てくるずら」

ルビィ「き、気をつけてね」

14: 名無しで叶える物語(SB-iPhone)@\(^o^)/ 2017/01/21(土) 17:57:47.87 ID:5yH5LZ7p.net
花丸「曜ちゃん、いるずら?」

花丸「んーいないずらー」

花丸「あれ?こんなダンボール置いてあったかなあ?」

花丸「……」

ダンボール「……」

花丸「うん、気のせいずら!」クルッ

ダンボール「ガバッ!!」

15: 名無しで叶える物語(SB-iPhone)@\(^o^)/ 2017/01/21(土) 17:58:17.90 ID:5yH5LZ7p.net
ルビィ「うーん、マルちゃん遅いなあ…」

ルビィ「マルちゃーん?そろそろ戻ろうよー…」

ルビィ「マルちゃん?」

ルビィ「……」

ルビィ「い、意地悪はやめてよマルちゃん……怖いよぉ……」

ルビィ「あれ?なんだろこのダンボール……」

ダンボール「……」

ルビィ「こんなとこにあったかなあ…」ソーッ

ダンボール「ガバッ!」

ルビィ「ピギィィィィィ!!!」

16: 名無しで叶える物語(SB-iPhone)@\(^o^)/ 2017/01/21(土) 17:59:05.08 ID:5yH5LZ7p.net
鞠莉「うーん、マルとルビィから報告はー?」

ダイヤ「まだありませんわね」

鞠莉「もう、ならこっちから電話するわ!」

prrrr

鞠莉「あ、もしもしーマルー?」

曜『おはよーそろーございます』

ブチッ!

18: 名無しで叶える物語(SB-iPhone)@\(^o^)/ 2017/01/21(土) 17:59:38.98 ID:5yH5LZ7p.net
ダイヤ「ど、どうしたんですの?鞠莉さん?」

鞠莉「に、逃げるわよダイヤ」

ダイヤ「はい?」

鞠莉「い、今すぐ学校からエスケープよ!!」

ダイヤ「よ、善子さんと千歌さんはどうするんですか!」

鞠莉「置いていくわ!じゃあ!バイバーイ!!」ガラッ

19: 名無しで叶える物語(SB-iPhone)@\(^o^)/ 2017/01/21(土) 18:00:13.08 ID:5yH5LZ7p.net
鞠莉「オウ……」

曜「……見つけたよ鞠莉ちゃん」

鞠莉「ムグッ!」

曜「千歌ちゃんはどこ?」

鞠莉「な、ナイフ!?そんなの何処から!?」

曜「質問してるのは私だよ?鞠莉ちゃん……」

鞠莉「ハイ!千歌っちはこの理事長室にいます!!」

曜「うん、わかった。ありがとう」

鞠莉「ほっ…」

曜「じゃあここで寝ててね」キュッ

鞠莉「ぐぇっ」バタッ

曜「よし、行こうか梨子ちゃん」

梨子「うん///」

20: 名無しで叶える物語(SB-iPhone)@\(^o^)/ 2017/01/21(土) 18:01:04.11 ID:5yH5LZ7p.net
曜「千歌ちゃん!助けに来たよ!」

曜「いない……」

曜「だけど、人の気配が……」

曜「理事長の机の下、大人しく出てきて」

ダイヤ「ガタガタガタ」

21: 名無しで叶える物語(SB-iPhone)@\(^o^)/ 2017/01/21(土) 18:06:00.43 ID:5yH5LZ7p.net
曜「ダイヤさん、千歌ちゃんは何処ですか?」

ダイヤ「ぶ、部室ですわ!」

曜「鍵は?」

ダイヤ「な、なんの事でしょうか……」

曜「」バァン!(台パン)

ダイヤ「こちらですわ」

曜「ありがとう」

22: 名無しで叶える物語(SB-iPhone)@\(^o^)/ 2017/01/21(土) 18:06:32.33 ID:5yH5LZ7p.net
曜「千歌ちゃん!助けに来たよ!」

千歌「ふえ?早かったね曜ちゃん」

善子「あ、よーし!千歌さん喰らえ!」

千歌「え?あ!赤甲羅!」

善子「よーし!このまま1位でゴールよー!」

曜「あ、手が滑った」キュッ

善子「ぐぇっ」キュウ

23: 名無しで叶える物語(SB-iPhone)@\(^o^)/ 2017/01/21(土) 18:07:03.67 ID:5yH5LZ7p.net
曜「千歌ちゃん……無事で良かったよ…」

千歌「ん?私、ただ善子ちゃんとマリカーしてただけだよ?」

曜「あ、そうなんだー!あははは、千歌ちゃんが誘拐されたって聞いて焦ったよぉ」

千歌「もー曜ちゃんはすぐ心配するんだからー」

曜「じゃあ帰ろうか千歌ちゃん!」

千歌「あ、善子ちゃん起こさないと」

曜「大丈夫!梨子ちゃんがなんとかしてくれるから!ね?」

梨子「うん!うん!///」

千歌「ん?」

24: 名無しで叶える物語(SB-iPhone)@\(^o^)/ 2017/01/21(土) 18:08:00.57 ID:5yH5LZ7p.net
こうして曜ちゃんは千歌ちゃんを救出したのであった……。

鞠莉「え?なんであんなプランを立てたかだって?」

鞠莉「だって、曜ったらいつもうじうじと…」

鞠莉「だーかーら、千歌っちを誘拐した事にして曜を試して見たら……」

鞠莉「まさかあんな事になるなんてね…」

鞠莉「次は安全なプランを立てましょ……」ハァ


おしまい。