fcd5a585819acb433b886834ed32c624

鞠莉 ダイヤ
1471301996-12b076cc569567f69573a329c8bc6f32

1: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/12/21(水) 01:47:38.02 ID:2UW3DXYJ0
短編・キャラ崩壊あり



鞠莉「ハグして欲しいの!」

ダイヤ「なんですのいきなり」

鞠莉「私気づいたのよ」

ダイヤ「はぁ」

鞠莉「私からはダイヤにも果南にもハグしたわ。そして果南からもハグされた。でも....」

鞠莉「ダイヤからはまだハグされてない!!」

ダイヤ「.....」

鞠莉「.....」

ダイヤ「そうですか」

鞠莉「反応薄っ!」



SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1482252457

2: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/12/21(水) 01:48:16.60 ID:2UW3DXYJ0
ダイヤ「でも、どこかでしたことありませんか?」

鞠莉「ないわ!」

ダイヤ「どこかの世界線とか過去とかできっと...」

鞠莉「急に何言ってるのダイヤは!?」

ダイヤ「大体ハグなんてルビィにも最近できてないのに何で鞠莉さんにしないといけないんですか!」

鞠莉「なんか逆ギレされた!?」


3: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/12/21(水) 01:48:54.32 ID:2UW3DXYJ0
鞠莉「ダイヤ~、ハグしてよ~。プリーズプリーズ」クイクイ

ダイヤ「まぁ別にいいですけど」

鞠莉「やったわ!」

ダイヤ「それじゃあいきますわよ?」

鞠莉「いつでもカモーーンよ!」

ダイヤ「.....」ギュ

鞠莉「.....」

ダイヤ「どうですか...?」ギュ

鞠莉「.....」





鞠莉「違う!!」

ダイヤ「はい?」


4: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/12/21(水) 01:49:44.17 ID:2UW3DXYJ0
鞠莉「なんかこう、違う!違うのよダイヤ!」

ダイヤ「何がですか」

鞠莉「なんか今のハグからは愛を感じなかったわ!」

ダイヤ「い、意味がわかりませんわ!」

鞠莉「『はぁ、まったく鞠莉さんったらまた変なことを言い出して....。これで満足してくれればいいのですが』みたいな感じのハグだったよ!」

ダイヤ「ま、鞠莉さん....」

鞠莉「あっ、ソ、ソーリィー。今のはちょっと言い過ぎたかも....」

ダイヤ「いつから心を読めるようになったのです?」

鞠莉「ほんとに思ってたの!?」ガーン


5: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/12/21(水) 01:50:29.72 ID:2UW3DXYJ0
ダイヤ「すみません。ですが今は特にハグという気分では.....。あ、でもルビィになら年中無休でハグしたいですわ」

鞠莉「聞いてないわよ!くっ、こうなったら....」

ダイヤ「こうなったら?」





鞠莉「ダイヤに私をハグしたいって思わせてやるわ!」バーン

ダイヤ「鞠莉さん.....」

鞠莉「.....」フンスッ

ダイヤ「ルビィにでもなるつもりですか?」

鞠莉「そこまでしないとダメなの!?」ガーン


6: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/12/21(水) 01:50:59.91 ID:2UW3DXYJ0
鞠莉「....ん?でも待って。ということはつまり.....」

ダイヤ「?また何か思いつきましたの?」

鞠莉「.....」

鞠莉「ダイヤお姉ちゃん」





ダイヤ「....はい?」


8: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/12/21(水) 01:51:41.29 ID:2UW3DXYJ0
鞠莉「鞠莉、ダイヤお姉ちゃんのこと大好きだから、その....」モジモジ

鞠莉「ハグ、してほしいな」バッ

ダイヤ「......」

鞠莉「......」ニコッ





ダイヤ「うわ」ヒキ

鞠莉「ちょっとぉぉぉぉぉぉぉお!」


9: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/12/21(水) 01:52:18.57 ID:2UW3DXYJ0
鞠莉「引かないでよ!私みたいな美少女がシスターなのよ!?もっと喜んでくれてもいいじゃない!」

ダイヤ「自分で言わないでください。というか同級生の鞠莉さんが妹というのは無理がありますわ」

鞠莉「えーそうかしら」

ダイヤ「そうです。色々な意味で....」チラッ

鞠莉「?」ボイーン


10: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/12/21(水) 01:53:08.34 ID:2UW3DXYJ0
鞠莉「ふっふっふ....」

ダイヤ「どうしました?」

鞠莉「ダイヤ....私がただの思いつきでハグしたいなんて言い出したと思う?」

ダイヤ「違ったのですか?(驚愕)」

鞠莉「うん、とりあえずその信じられないものを見たような顔やめて」

ダイヤ「はい」

鞠莉「私は今日の日のために、ダイヤにハグをしてもらうために....」

ダイヤ「....!」ゴクリ

鞠莉「みんなにアドバイスをもらってきたのよ!!」





ダイヤ「あ、はい」


11: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/12/21(水) 01:53:51.75 ID:2UW3DXYJ0
鞠莉「ふっふっふ、さてどうしようかしら」

ダイヤ「というか言ってよかったんですの?今の」

鞠莉「ノープロブレムよ!ダイヤに何かすることはもう言っちゃったし!」

ダイヤ「すでにプロブレムな気がしますが....」

鞠莉「気にしないわ。そしてまずはこれよ!」

ダイヤ「?」





鞠莉「ダイヤ....」

鞠莉「ハグ.....しよ?」


12: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/12/21(水) 01:54:36.80 ID:2UW3DXYJ0
ダイヤ「.....」

鞠莉「......」

ダイヤ「何を教えてますの果南さんは」

鞠莉「あちゃー、やっぱりダイヤにはバレるわね」

ダイヤ「わたくしどころかアクアの全員がわかると思いますけど」

鞠莉「それで、どう?どう?ハグしたくなった?」

ダイヤ「いえ別に」

鞠莉「!?....くっ、やっぱり幼馴染だと耐性がついてるのね」

ダイヤ「そういう問題ではない気がしますが....」

鞠莉「次よ!!」

ダイヤ「はぁ」


13: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/12/21(水) 01:56:07.99 ID:2UW3DXYJ0
鞠莉「我が漆黒の契約にはリトルデーモンからの抱擁が必要不可欠....」ゴゴゴ

鞠莉「あなたも....私と一緒に堕ちてみない?」キリッ

ダイヤ「......」

鞠莉「......」

ダイヤ「ていっ」ゴスッ

鞠莉「アウチッ!?何するのよダイヤ!」

ダイヤ「す、すみません。善子さんが乗り移ったのかと」

鞠莉「善子が乗り移ってたらチョップするの!?」

ダイヤ「いえ....それより何故そのセリフを実行しようと思ったのですか?」

鞠莉「ギャップ萌えでワンチャンあるかと....」

ダイヤ「ギャップ萌えの使い方を間違えていますわ」

鞠莉「くっ。次よ!」

ダイヤ「あ、はい」


14: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/12/21(水) 01:57:19.27 ID:2UW3DXYJ0
鞠莉「あ....と、その....ダイヤ....さん」モジモジ

鞠莉「オ、オラのこと....ハグしてほしい.....ずら///」

ダイヤ「!!」ドキッ

鞠莉「.....」

ダイヤ「....鞠莉さん」

鞠莉「な、なに、ダイヤ?」

ダイヤ「ちょっと花丸さんに用事ができたので行ってきますわ」

鞠莉「花丸にハグしたくなっちゃったの!?」ガーン

ダイヤ「生徒会室に呼び出したほうが早いでしょうか?」

鞠莉「ノ、ノーよダイヤ!さっきのは花丸じゃなくて私が言ったのよ!?」

ダイヤ「え....?」

ダイヤ「......はっ!す、すみません鞠莉さん。あまりの可愛らしさについ....」

鞠莉「喜んでいいのかすっごい複雑なんだけど!?」


15: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/12/21(水) 01:57:59.37 ID:2UW3DXYJ0
ダイヤ「い、今のは危なかったですわ」

鞠莉「花丸がね」

ダイヤ「鞠莉さんのものまねが上手だったからでしょう」

鞠莉「う、嬉しいようなそうでもないような....」

鞠莉「とにかく次よ!!」

ダイヤ「はい」


16: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/12/21(水) 01:59:04.71 ID:2UW3DXYJ0
鞠莉「ダイヤさん!鞠莉にハグしてください!お願いします!」バッ

ダイヤ「これは....!」

鞠莉「~~♪」ニコッ

ダイヤ「.....」





ダイヤ「千歌さん....ですわね!」

鞠莉「.....」

ダイヤ「.....」

鞠莉「正解!」

ダイヤ「よし!」

鞠莉「....って、違うでしょ!?」ガーン

ダイヤ「?」


17: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/12/21(水) 01:59:57.38 ID:2UW3DXYJ0
ダイヤ「元気いっぱいなのは曜さんと迷いましたが自分のことを名前で呼ぶのは千歌さんだと思いまして」

鞠莉「なるほど~『鞠莉にハグして!』の部分で....ってそうじゃなくて!」

ダイヤ「?」

鞠莉「なんでアドバイスした人を当てるゲームになってるのよ!?」

ダイヤ「え?....あ、そういえば何のゲームでしたっけ?」

鞠莉「ゲームじゃないわよ!?」


18: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/12/21(水) 02:00:42.57 ID:2UW3DXYJ0
鞠莉「くっ、曜のも似たようなセリフだったし梨子の壁ドンされるは難易度高すぎるし....」

ダイヤ「むしろ梨子さんのアドバイスが気になるのですが」

鞠莉「ダイヤに壁ドンされて後は流れで....っていうアドバイスだったわ」

ダイヤ「目的が壁ドンされることになってますわ」

鞠莉「確かに」


19: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/12/21(水) 02:01:45.59 ID:2UW3DXYJ0
ダイヤ「ルビィにも聞いたんですの?」

鞠莉「まぁ」

ダイヤ「あまり人の妹に変なことを言わないでくださいね?」ゴゴゴゴ

鞠莉「だ、大丈夫よ。ルビィからはアドバイスもらえなかったから」アセアセ

ダイヤ「そ、それはそれでさみしい気も....」

ダイヤ「というか、みんなも鞠莉さんが変なことを言ったら止めて欲しいですわ」ハァ

鞠莉「変なこととは何よ!ダイヤにハグされたいからみんなで方法を考えよー!ってなっただけよ!」

ダイヤ「十分変なことですわ!」


20: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/12/21(水) 02:02:56.22 ID:2UW3DXYJ0
鞠莉「......」

鞠莉「(実はルビィからもアドバイスはもらってるんだけど....)」

ダイヤ「?」

鞠莉「(なんていうか....かなり抽象的だったというか....)」



お姉ちゃんは優しくて、でも....だから.....鞠莉さん....



ダイヤ「どうかしましたか、鞠莉さん?」

鞠莉「(でも多分ルビィは正しくて....)」

ダイヤ「鞠莉さーん?」

鞠莉「(怖がってるのは私.....かしら)」

ダイヤ「聞いてますのー?」


21: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/12/21(水) 02:04:18.25 ID:2UW3DXYJ0
鞠莉「ねぇ、ダイヤ」

ダイヤ「?なんです?」





鞠莉「ハグ.......して?」バッ





ダイヤ「......」

鞠莉「......」

ダイヤ「はいはい」ギュッ

鞠莉「!!」


22: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/12/21(水) 02:06:01.34 ID:2UW3DXYJ0
ダイヤ「......」ギュウウ

鞠莉「......」

ダイヤ「わ、わたくしは、その....」ギュー

鞠莉「?」

ダイヤ「果南さんや鞠莉さんと違って....こういったことは慣れてないのです.....」

鞠莉「......」

ダイヤ「聞いてますの?」

鞠莉「うん、聞いてるよ」ギュッ

ダイヤ「あの....イヤじゃありませんか?」

鞠莉「なんで!?私が頼んだのよ!?すっごく嬉しいよ!!」ギュウウ

ダイヤ「!!....そ、そうですか」

ダイヤ「....というか耳元で叫ばないでください」ギュウー

鞠莉「なによー」ギュウウウウウ

ダイヤ「なんですか」ギュウウウウウ


23: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/12/21(水) 02:08:19.96 ID:2UW3DXYJ0
――――

お姉ちゃんは優しくて、でも怖がりだから....


鞠莉さんが怖がらずにお願いすればきっと大丈夫だよ


――――
――


鞠莉「(心のどこかで私は....ダイヤにハグされないのを怖がってたのかも....)」

鞠莉「(でもダイヤは....ハグするのを怖がってた....?)」

鞠莉「ルビィの言ってる意味がようやくわかったわ」クスッ

ダイヤ「?何か言いましたか?」


24: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/12/21(水) 02:09:45.70 ID:2UW3DXYJ0
鞠莉「何でもないわ。それより終わった?」

ダイヤ「ええ。というかいつもより仕事は少なかったのに、誰かさんのせいでいつも通りの時間ですわ」

鞠莉「えー私のせいー?」

ダイヤ「当たり前ですわ」



ダイヤ「....と言いたいところですが」

鞠莉「?」

ダイヤ「さ、さっきまでのことを考えるとわたくしも悪かった気がします」

鞠莉「?....あー、確かにハグの時間けっこう長かったわね」

ダイヤ「い、言わないでください!ハグの時間とか分からないんですよ!」

鞠莉「ふふっ♪それだけダイヤが私のこと好きってことよね?」

ダイヤ「なんでそうなるんですの!」


25: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/12/21(水) 02:11:00.78 ID:2UW3DXYJ0
鞠莉「ワォ!ダイヤったらアングリーね」

ダイヤ「....怒ってはいませんが鞠莉さんの頭にチョップを入れたくなりましたわ」ゴゴゴゴ

鞠莉「怒ってるじゃない。チョップされる前に私は部室にランニングよ!」タタタッ

ダイヤ「あ、こら!廊下を走るんじゃありません!」タタタッ

鞠莉「ダイヤも走ってるじゃなーい!」タタタッ

ダイヤ「鞠莉さんを止めるためですわ!」タタタッ

ダイタイリジチョウガロウカヲー! セイトカイチョウコソー!
ギャーギャー

おわり


26: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/12/21(水) 02:11:52.47 ID:2UW3DXYJ0
前作

梨子「よっちゃんのどこが可愛いのかわからない」

梨子「よっちゃんはね♪」

善子「リリー、ポッキーゲームするわよ!」

ルビィ「そういえば明日はハロウィンかぁ」

梨子「そもそもなんで私とよっちゃんが仲良いことになってるの?」 曜「はぁ」

Aqoursの何もない一日

【サンシャインSS】善子「リリーのバカ!変態!」 梨子「ありがとうございます!」

【SS】ルビィ「善子ちゃんはルビィの話を聞かない」

花丸「マルと結婚しよう!」 善子「なんでよ!」