fcd5a585819acb433b886834ed32c624

花丸 善子
081003 (1)

1: 名無しで叶える物語(笑)@\(^o^)/ 2017/01/05(木) 21:16:30.92 ID:tkn+rlwo.net
花丸「コタツに入って、みかんが置いてあったらとりあえず食べるのが掟ずら」モグモグ

善子「何も山積みにされているのを全部食べなくったっていいじゃない……って言ってる間に」

花丸「最後の1個ずら」

善子「……やれやれね」

花丸「善子ちゃん食べる?」

善子「いらない」

花丸「だよね……おいしいのになぁ」パクッ モグモグ ゴクン

善子「…………」

花丸「…………」

善子「せっかくアンタの家に遊びに来といてなんだけどさ……」

善子「暇ね……」

花丸「そうだね……」

2: 名無しで叶える物語(笑)@\(^o^)/ 2017/01/05(木) 21:18:06.84 ID:tkn+rlwo.net
花丸(まあ、マルは善子ちゃんがただ居てくれるだけでも楽しいけどね)

善子「またアレやりましょうよ」

花丸「えー、恥ずかしいからいやずら」

善子「いいじゃない、ちょっとだけ! 最近アンタもノって来てるでしょ!」

花丸「の、ノってないずら!」

3: タイトル、?のところは「みかんおいしいずら~」です(笑)@\(^o^)/ 2017/01/05(木) 21:21:10.83 ID:tkn+rlwo.net
花丸「もう! 毎回毎回、なんでおらが善子ちゃんの精神年齢に合わせなくちゃならないの!」

善子「な、なんですって~!?」

善子「……へー、そういうこというんだ」

善子「いいもん、せっかく来てやったのに、もう帰って一人で儀式でもして楽しもうっと」モゾモゾ

花丸「……冗談だよ。ちょっとだけね、ちょっとだけ」

4: 名無しで叶える物語(笑)@\(^o^)/ 2017/01/05(木) 21:24:19.23 ID:tkn+rlwo.net
善子「私がいいって言うまで付き合ってくれなきゃヤダ」

花丸「はいはい」

善子「いいのね? コホン、では……」

善子「現れたわね! 熾天使ハナエル! 我が宿敵よ!」

花丸「ふふふ……堕天使ヨハネよ! 今日こそ決着を付けてくれるわ!」

善子(なんだかんだ付き合ってくれる花丸……やっぱり優しさからよね……)

5: 名無しで叶える物語(笑)@\(^o^)/ 2017/01/05(木) 21:27:37.56 ID:tkn+rlwo.net
善子「ほう、言ってくれるわね……性懲りもなくこのヨハネの、漆黒の12枚翼の餌食になりたいのかしら」

花丸「6対、12枚の黒き翼……堕天使ヨハネの力の象徴。確かにそれに宿る力は強大ずら……」

善子(以外と楽しんでくれてたり……っていうのは私の思い上がりかな……)

花丸「だが! もう、貴様と互角に戦わざるを得なかった今までのマルとは違うずら!」

善子(え……!?)

6: 名無しで叶える物語(笑)@\(^o^)/ 2017/01/05(木) 21:30:40.86 ID:tkn+rlwo.net
花丸「堕天使ヨハネ!! 貴様の、《全人類リトルデーモン化計画》の野望は、ここで潰える!」

花丸「見るがいい! 聖なる力を極めた証!! 力の象徴を!!」

善子「な、なにぃっ!?」

花丸「左右7対の、14枚による白き翼……!!」

善子「じゅ、14枚翼ですって……!?」

7: 名無しで叶える物語(笑)@\(^o^)/ 2017/01/05(木) 21:33:33.56 ID:tkn+rlwo.net
善子「あなたはこのヨハネと同じく、12枚の翼……それこそが力の象徴だったはず……!」

善子「ハナエル! その新たな翼を……その力をどこで手に入れた!?」

花丸「天界と魔界の力が交わり、奔流する場所……《煉獄》ずら!」

善子「れ……煉獄!? まさか……あの、深淵なる虚無の空間で修業を……!」

花丸「そう……あの過酷な地での毎日の修行が、ついに実を結んだずら……!」

8: 名無しで叶える物語(笑)@\(^o^)/ 2017/01/05(木) 21:37:19.87 ID:tkn+rlwo.net
花丸「マルは到達した……! 貴様には決して到達のできない、《第七領域》に!」

善子「第七領域……! 伝説とされていた、神に祝福された者のみが到達できる、究極の領域……」

善子「すなわち……、《力の神域》…………! それが……実在、していたですって……!?」

花丸「神に祝福されし『7』という《聖数》。対して、悪魔の崇敬する『6』という《魔数》……」

花丸「この優劣がある時点で、天界と魔界の雌雄は、とうに決していたのだ!」

9: 名無しで叶える物語(笑)@\(^o^)/ 2017/01/05(木) 21:42:45.07 ID:tkn+rlwo.net
善子「ぐっ……! 聖魔の、数の優劣……!」

花丸「悪魔、そして、貴様のような堕天使は……! 第七領域に到達する術を持たない!!」

花丸「力の象徴である翼は、第六の領域である6対の12枚翼止まり……!」

花丸「悪魔は神を超えられない! 堕天使は天使を超えられない!!」

花丸「天界を追放された貴様に!! 勝ち目などないずら!!!」

善子「そ、そんな……!」

11: 名無しで叶える物語(笑)@\(^o^)/ 2017/01/05(木) 21:45:32.54 ID:tkn+rlwo.net
花丸「力の神域……第七領域の絶対的なる力! その象徴であるこの翼!!」

花丸「白き7対の14枚翼から放たれるこの力の激流……!」

花丸「黒き6対の12枚翼しかもたぬ貴様に! 果たして受け止めきれるかな……!!」

善子「ま!? 待った!!! 待って、ちょっと待って!!?」

花丸「塵すら残らぬと覚悟せよ!! 喰らうがいいずらーーーーーーーーーーー!!!!」

善子「きゃあああああああああああああああああーーーーーーーーーーーーーー!!!!」

12: 名無しで叶える物語(笑)@\(^o^)/ 2017/01/05(木) 21:48:22.32 ID:tkn+rlwo.net
善子「う、う~ん……ガクッ…………」フラフラ ヨロヨロ

善子「………………」バタリ

花丸「か……勝った……! ついに、長年の宿敵である、堕天使ヨハネに……!!」

花丸「勝ったずらーーーーー!!!」バンザーイ

善子「……って待たんかーーーーーいっ!!!」タタタッ チョップ

ビシッ

花丸「あたっ!」

13: 名無しで叶える物語(笑)@\(^o^)/ 2017/01/05(木) 21:52:29.00 ID:tkn+rlwo.net
花丸「な、何するの善子ちゃん!! せっかくおらがこのいつもの寸劇に付き合ってあげたのに!!」

善子「聞いてない聞いてない聞いてなーーい!! 何よ《第七領域》って! 何よ7対の14枚翼って!!」

善子「こんなの反則よ反則!! っていうか私を塵すら残らないくらいに消し去らないで!?」

花丸「そんなこといわれても……。ああ、もちろんマルは善子ちゃんにそんな酷いこと、絶対に絶対にしないよ?」

善子「ちょっとちょっとぉ! どうしたのよずら丸! なんか今日、今までで一番ノリノリだったわよね!?」

15: 名無しで叶える物語(笑)@\(^o^)/ 2017/01/05(木) 21:56:42.63 ID:tkn+rlwo.net
善子「毎回必ず引き分けのルールのはずでしょ! 私とアンタの実力は拮抗してるの!!」

善子「なにアンタが私を圧倒してんのよ! っていうか私、今回やられちゃったんですけど!!」

花丸「だってぇ……毎回毎回同じ引き分けだと、つまんないかなって思って……」

善子「うぐっ……、マンネリっていいたいわけ……?」

花丸「そうじゃないけど……とりあえずおら、今回頑張って設定を考えてみたんだけど、やっぱりイヤだった?」

善子「むっ……」

16: 名無しで叶える物語(笑)@\(^o^)/ 2017/01/05(木) 21:59:59.65 ID:tkn+rlwo.net
善子(毎回付き合ってもらってる上に、今回は設定まで考えてくれた、か……)

善子「しょ、しょうがないわねー! 許してあげる!」

花丸「やったぁ! ……ねえ、毎回戦ってばかりじゃあれだからさ……」

花丸「次は休戦協定を結んだ設定でやろうよ……お互い歩み寄って……ね?」

善子「はぁ? 休戦協定……? このヨハネにとって、そんなぬるいものなど……」

17: 名無しで叶える物語(笑)@\(^o^)/ 2017/01/05(木) 22:03:42.02 ID:tkn+rlwo.net
花丸「そっか……」シュン

善子「い、いや! まあ、たまにならいいかもね……」

花丸「そっかぁ……よかった♪」ニコッ

善子「……ふん」

善子「……それにしてもずら丸……アンタ大分、私色に染まって来てるわよね」

花丸「ええ!? そ、それはイヤずら!! お断りずら!」

19: 名無しで叶える物語(笑)@\(^o^)/ 2017/01/05(木) 22:07:36.80 ID:tkn+rlwo.net
善子「《第七領域》……」ボソッ

花丸「……! ///」カァッ

善子「白き7対の14枚翼……」ボソッ

花丸「……!! ////」カァァァ

善子「神に祝福されし『7』という《聖数》……悪魔の崇敬する『6』という《魔数》……」ボソボソッ

花丸「や、やめるずら~~~!! //////」チョップ

ビシッ

善子「あたっ!」

善子「と、とにかく! とってもノリノリだったじゃない!!」

善子「このヨハネにとって、非常に喜ばしいことよ……フフフ」ニヤニヤ

花丸「だからやめて~~! /////」

20: 名無しで叶える物語(笑)@\(^o^)/ 2017/01/05(木) 22:12:07.13 ID:tkn+rlwo.net
善子「さて、とりあえず……一旦コタツに入り直しましょう」モゾモゾ

花丸「……うん」モゾモゾ

善子「……じゃあこんどは熾天使じゃなくて、アンタが私のリトルデーモンになったという話をやるわよ」

花丸「善子ちゃん、おらはリトルデーモンには絶対ならないっていつも言ってるでしょ」

善子「知ってる。……その理由、また聞かせて?」ニヤニヤ

21: 名無しで叶える物語(笑)@\(^o^)/ 2017/01/05(木) 22:15:50.42 ID:tkn+rlwo.net
花丸「な、なんで! 何ニヤけてるずら!」

善子「いいからいいから」ニヤニヤ

花丸「……よ、善子ちゃんと……対等で……いたいから……」モジモジ

善子「ふーん。私と対等が良いんだぁ。そうなんだー」ニヤニヤ

花丸「ま、前も言ったのになんでまた言わなくちゃいけないずら! /////」

22: 名無しで叶える物語(笑)@\(^o^)/ 2017/01/05(木) 22:19:27.33 ID:tkn+rlwo.net
善子「別にー。ただ、もしなってくれるのなら、普通のリトルデーモンより格上げしてあげてもいいのになー」

善子「やっぱりなってくれないのかなー、残念だなぁ」

花丸「……はぁ、しょうがないなぁ……期間限定、今だけ善子ちゃんのリトルデーモンになってあげても」

善子「ヨハネ様」

花丸「ヨハネちゃん!」

23: 名無しで叶える物語(笑)@\(^o^)/ 2017/01/05(木) 22:22:46.91 ID:tkn+rlwo.net
善子「まあ、それで妥協してあげる♡」

花丸「ほーら、対等じゃない……だからほんとは嫌だと」

善子「ふーん、なってくれないんだー、ふーん……」

花丸「な、なるよ、今だけ…善子ちゃ」

善子「ヨハネ!」

花丸「……ヨハネちゃん」

24: 名無しで叶える物語(笑)@\(^o^)/ 2017/01/05(木) 22:26:38.47 ID:tkn+rlwo.net
善子「あなたには最上級リトルデーモンの位をあげるわ。ありがたく思いなさい」

花丸「最上級って……他のリトルデーモンと何が違うの?」

善子「常に私のそばに控えて私の盾となり、このヨハネを護るという権利と責任が与えられるわ」

善子「これは重要な使命だから、心して全うすることね」

花丸「はいはい。マルは何があろうともヨハネちゃんのことを、この命にかえても護り抜きますよ」

善子「……じゃあとりあえず私のそばに来なさいよ」

花丸「わ、わかったよ」モゾモゾ トトトッ

花丸「……///」モゾモゾ

善子「……よろしい」

善子「さてと……手始めに……」

26: 名無しで叶える物語(笑)@\(^o^)/ 2017/01/05(木) 22:30:49.32 ID:tkn+rlwo.net
善子「『ヨハネ様愛しています』って10回言いなさい」

花丸「はぁ!? ///」

善子「何? 私のリトルデーモンのくせに、このヨハネの命令に従えないと?」

花丸「くっ……! ///」

花丸(平然と言ってくれるね……!)

花丸(それなら、お望み通り連呼して、善子ちゃんを照れさせてやるまでずら!)

27: 名無しで叶える物語(笑)@\(^o^)/ 2017/01/05(木) 22:34:13.45 ID:tkn+rlwo.net
花丸「いいよ……じゃあ言うよ」

善子「……」ゴクリ

花丸「よ、ヨハネ様……あ、愛しています…! ///」

花丸(くぅっ……! 善子ちゃんに向かって、この至近距離でこのセリフ、恥ずかしすぎるずら……! ////)

善子「……! ///」ビクッ

花丸「ヨハネ様愛しています! ヨハネ様愛しています! /////」

善子「……!! ////」モジモジ

花丸(! き、効いてる?)

28: 名無しで叶える物語(笑)@\(^o^)/ 2017/01/05(木) 22:37:14.12 ID:tkn+rlwo.net
花丸「ヨハネ様愛しています! ヨハネ様愛しています! ヨハネ様愛しています!」

善子「……!!! /////」ウズウズ

花丸(効いてる……! 照れてる……!)

花丸「ヨハネ様愛しています! ヨハネ様愛しています! ヨハネ様愛しています!」

善子「~~~~っ!!! //////」バタバタ

花丸(照れてる照れてる……! とどめっ!)

花丸「善子ちゃん、愛してるずら! ////」

善子「なっ!!! //////」 👀
Rock54: Caution(BBR-MD5:0be15ced7fbdb9fdb4d0ce1929c1b82f)

30: 名無しで叶える物語(笑)@\(^o^)/ 2017/01/05(木) 22:42:52.30 ID:tkn+rlwo.net
善子「ちょ、ちょっとぉ!! 花丸ぅ!! //////」

花丸「あ、最後の1回はノーカン? じゃあ、ラストもう1回、ヨハネ様、」

善子「ストーップ!! もういい!! もういいからっ! ////」

善子(くぅぅ、見事に自爆した! 返り討ちにあった……!!)

花丸「…………」ニヤニヤ

善子(おのれぇ、花丸め……! こうなったら……!)

善子「ずら丸、次の命令」

花丸「なんでしょう、ヨハネちゃん」

善子「私にキスしなさい」

31: 名無しで叶える物語(笑)@\(^o^)/ 2017/01/05(木) 22:45:55.78 ID:tkn+rlwo.net
花丸「! ……それはできません」

善子「はぁ!?」

花丸「キスは命令されてやるものではありません」

花丸「マル、それは命令なしでやりたいなぁ」

善子「い、いいじゃない今くらい! もう何度もしたでしょ! ///」

花丸「そう言われても困るずら」

善子「だって、せっかく! せっかくアンタが、初めて私のリトルデーモンになってくれたんだから!」

善子「今だけでもアンタを私の思い通りにしたいの!!」

32: 名無しで叶える物語(笑)@\(^o^)/ 2017/01/05(木) 22:48:05.63 ID:tkn+rlwo.net
花丸「よ、善子ちゃん、そういう趣味が……」

善子「ちがーう!! 趣味っていうなぁ!! あとヨハネでしょ!」

花丸「やれやれ、ヨハネちゃんの命令なら仕方ないずら」

花丸「……んっ」チュッ

善子「ん……はっ」

花丸「…………///」

善子「…………///」

善子「さ、さーて、次はどうしよっかなー///」

花丸「お、お手柔らかに……」

善子「じゃあ、次の命令はね……///」



おしまい