fcd5a585819acb433b886834ed32c624

花丸 ヨハネ
1444251176-9eff8db6d34745fb0ae9f0ce0e5d1b6f (1)

1: 1(もも)@\(^o^)/ 2016/12/31(土) 23:07:21.64 ID:EBtX7aq7.net
花丸「今年もいろいろあったね、善子ちゃん」

善子「そうねぇ、ずら丸。……善子言うな!」

花丸「最後の日くらい、いいと思うずらー」

善子「ん、んんん、うぅん」

花丸「それに、善子ちゃんにはヨハネっていう名前は似合わないずらー」

善子「それってどういうことよずら丸ぅ!」ガタッ

花丸「善子ちゃんは可愛いから、ヨハネっていうかっこいい名前は似合わないずら」

善子「なによ、私がかっこよくないって言うの?」

花丸「どっちかっていうと、か・わ・い・い、ずら」

善子「う、ううん、うれしいような、うれしくないような……」

2: 1(もも)@\(^o^)/ 2016/12/31(土) 23:11:55.10 ID:EBtX7aq7.net
花丸「それにしても、今年はうれしいことがいろいろあったずら」

善子「……そうね、まさかこのヨハネがアイドルになるなんて」

花丸「それもそうだけど……」

善子「けど?」

花丸「幼稚園の頃の、懐かしい知り合いに会えたこともそのうちのひとつずら」」

善子「……そか」

花丸「……うん」

善子「……」

花丸「……」

善子「……隣、行っていい?」

花丸「うん」

4: 1(もも)@\(^o^)/ 2016/12/31(土) 23:17:41.94 ID:EBtX7aq7.net
花丸「やっぱりお外は寒いね、善子ちゃん」ヨリカカリ

善子「そうね」ギュッ

善子「びっくりしたわよ?こんな時間に外に行きたい、なんて……」

花丸「今日はお空が綺麗だから……ね」

花丸「せっかくだから、善子ちゃんと一緒にこのお空を見たくて……」

善子「……ん」

善子「まったく、次からはもっと早く連絡をよこしなさいよ」

花丸「……うん」コクリ

善子「……親からOK出なかったから、わざわざ抜け出してきたのよ?」

花丸「……え、えぇっ!?」

5: 1(もも)@\(^o^)/ 2016/12/31(土) 23:20:54.12 ID:EBtX7aq7.net
花丸「そ、それなら断ってもよかったのに……!」

善子「あんたの誘いを断りたくなかったのよ」

善子「……」

善子「幼稚園のころ、覚えてる?」

花丸「ずら?」

善子「あんたが公園で遊ぼうって言って、家の用事で行けないって言ったら」

花丸「……ぁ」

善子「うん。とっても大泣きしてたわよね。私の服を掴んで……」

花丸「……懐かしいずらー」

6: 1(もも)@\(^o^)/ 2016/12/31(土) 23:23:59.12 ID:EBtX7aq7.net
花丸「そんな昔のこと、覚えてたの?」

善子「あんたが誘ってきたときに思い出したのよ」

善子「……」

善子「なんか、こっぱずかしくなってきたからこの話はおしまいで……」

花丸「……えへへ~」

善子「な、なによ、気味悪いわね」

花丸「そんな昔のことを覚えてくれてたら、こんな顔にもなるずら~」ニコニコ

善子「……え、えぇい!恥ずかしいからやめなさい、ずら丸!」ホッペムニ

花丸「いひゃいふら~!!」ジタバタ

8: 1(もも)@\(^o^)/ 2016/12/31(土) 23:31:46.53 ID:EBtX7aq7.net
善子「……」パッ

花丸「うぅ、ほっぺがはれちゃうずら~」

善子「もとからまっかっかよ」ムニムニ

花丸「うぅ~」

善子「まったく。こんな寒空の中で1時間も待ってればそうなるわよ」

善子「帽子も手袋もなしで……ほら」

善子「私のマフラー長くて余ってるから。これ巻きなさい」

花丸「うん……」クルクル ピト

善子「……」ギュゥッ

花丸「さっきよりあったかいずら~」

善子「ずら丸、体冷たい……ほんっとに、バカなんだから」

花丸「善子ちゃんが来るって信じてたから……」ギュッ

善子「……ま、あんたが呼ぶんなら、行ってやるわよ」

善子(……どんなときでも、ね)ギュッ

9: 1(もも)@\(^o^)/ 2016/12/31(土) 23:37:18.67 ID:EBtX7aq7.net
花丸「……あと30分で、今年も終わりずら」

善子「……そうねぇ」

花丸「……」

善子「……ずら丸?」

花丸「……善子ちゃんがあったかくて、ねむたくなってきたずら~……」

善子「私は湯たんぽじゃないわよ!」

善子「えーい!目を覚ましなさい、花丸!!」ユッサユッサユッサ

花丸「は~いずら~」ユッサユッサ

善子「……別のところがゆさゆさしてるわね……」

花丸「ふぇ?」

花丸「……」

花丸「……よしこちゃんのえっちー!!」ベチーン

善子「へぶんっ!!」

10: 1(もも)@\(^o^)/ 2016/12/31(土) 23:43:17.05 ID:EBtX7aq7.net
花丸「善子ちゃんがえっちずら……すけべずら……」

善子「しょ、しょうがないじゃない!」

善子「自然と口がそう動いちゃったんだから!」

花丸「やっぱりすけべずら……」プルプル

善子「ごめんってばー!」

花丸「……まぁ、善子ちゃんなら、許してあげるずら……」ムギュ

善子「……え、あ、うん……?」

善子(ず、ずいぶんとあっさりしてるわね……)

花丸「……」

花丸(善子ちゃんにちょっと、いじわるしちゃったずら)

花丸「……マルは優しいから、すぐ許しちゃうずら」

花丸(……これが照れ隠し、なのかな)ギュゥゥ

11: 1(もも)@\(^o^)/ 2016/12/31(土) 23:49:06.62 ID:EBtX7aq7.net
花丸「……あとちょっと、ずら」

善子「……そう、ね」

花丸「ね、善子ちゃん」

善子「何よ?」

花丸「……こんどは。……離れ離れにならない?」

善子「……」

善子「……さぁ、ね」

花丸「……マルは、離れたくないな」

花丸「せっかく会えたのに……」

善子「大丈夫よ。……言ったでしょ?」

善子「呼んだら行ってあげる、って」

善子「ずら丸はさみしんぼだから、私がいないとダメだものねっ!」

花丸「……」

花丸「……えへっ。……うん、そのとおり……かも、しれないずら」

善子「……ちょ、ちょっと。予想してなかった返事だから、ちょっと焦ったわ」

12: 1(もも)@\(^o^)/ 2016/12/31(土) 23:54:00.01 ID:EBtX7aq7.net
花丸「……」

善子「……」

花丸「……あと、数分ずら」

善子「……うん」

花丸「あと少しで、今年ともうバイバイずら」

善子「……うん」

花丸「……ふふ」

善子「?」

花丸「……なんでもないずら~」

善子「何よそれ~」

花丸「……ね、善子ちゃん」

花丸「もう少し強く、抱きしめてほしいずら」

善子「……分かったわよ」グイッ ギュゥッ

13: 1(もも)@\(^o^)/ 2017/01/01(日) 00:00:05.32 ID:1IKxoigf.net
花丸「……善子ちゃん」

善子「……うん」

花丸「……」ニコッ

善子「……」ギュッ

花丸「……あけまして、おめでとう。今年も、よろしくずら!」

善子「……うんっ」

花丸「よーしーこーちゃーん!!」

善子「うわっ!?ずら丸、いきおい良すぎよっ!!」ドテーン

花丸「えへへっ!」

14: 1(もも)@\(^o^)/ 2017/01/01(日) 00:05:48.01 ID:1IKxoigf.net
善子母「善子~~!!どこ行ったの~~!!」

善子「うげ!?やばっ!?」

花丸「よ、善子ちゃん、どうするの?」

善子「ん、んんー……」

善子「逃げるっ!!」ダキッ

花丸「ふぇっ!?よ、善子ちゃん!?」///

善子「このまま逃げるわよ!」

善子「……今は、あんたともっと一緒にいたいから!!」

花丸「……善子ちゃん……」

花丸「……うんっ!」

15: 1(もも)@\(^o^)/ 2017/01/01(日) 00:16:51.83 ID:1IKxoigf.net
善子「んんん~~っ……!!」

花丸「……っ!!」

善子「あんたと一緒に年が明けるまで過ごせてよかったわ!」

花丸「……マルもっ!善子ちゃんと一緒にいれてよかった!」

善子「今年はいい年になるわよ!きっと……いや、絶対っ!」

花丸「……うんっ!!」

スゥゥゥッ……

善子「はっぴーにゅーいやーーっ!!」

花丸「やーっ!!」

~~~

花丸(それから後日、善子ちゃんはお母さんにこっぴどく怒られたみたいずら)

花丸(でも、善子ちゃんはマルに向かってこう言ってくれたずら)

花丸(『あんたと一緒にいられるこの数分が、とてつもなく私にとって大事だから』……って)

花丸(……善子ちゃんは、本当に、かっこいいんだから)

花丸(……本当に……)






~HAPPY NEW YEAR~