ba0bb04ce83fa1b3f7c17d577c28d6ab

P
404b8c2b_2016052522572766bs

1: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/01/04(水) 02:10:47.45 ID:/kxzsYdoo
事務所

P「おーい、ありすー。どこだー?」

ありす「……。」

P「お、居たか。どうした、俺のデスクの近くで。」

パウパウ♪

P「ん?」

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1483463446

3: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/01/04(水) 02:13:54.62 ID:/kxzsYdoo
ありす「橘です…。ん、うう…。」

P「ど、どうしたありす?なに持ってるんだ?」

ありす「み、見ないでください!」

つ 洗濯前のPのYシャツ

ありす「あ。」

P「」

おや?ありすのようすが…。

パウパウ♪

4: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/01/04(水) 02:16:11.48 ID:/kxzsYdoo
テンテンッ♪テンテンッ♪テンテンッテッテー♪

テンテンッ♪テンテンッ♪テンテンッテッテー♪

ありす「橘です…橘です…。」

ありす「ふ、ふーん、あんたが私の橘です…。」

ありす「…まあ、悪くないかな…。橘です…。」

P「」ゾクッ


6: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/01/04(水) 02:19:51.05 ID:/kxzsYdoo
P 「な、なんかよくわからんがほっておくと、俺の貞操がとんでもないことになりそうな気がする!」

P「キャンセルだ!キャンセルだ!キャンセルだ!」

P「BBBBBBBBBBBBBBBBBB!」


テンテンッ♪テンテンッ♪テンテンッテッテー♪

ありす「私は橘…蒼が好きかな…。」

P「どぼじでとまってぐれないのおおおおおおお!」

7: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/01/04(水) 02:23:48.21 ID:/kxzsYdoo
P「こ、これか!」

P「ありす、それを離すんだ!」バッ

つ PのYシャツ



ありす「あっ…。」

ありすの へんか が とまった。

P「せ、セーフ…。」



8: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/01/04(水) 02:26:36.92 ID:/kxzsYdoo
ありす「わ、私は何を…。」

P「ありす、大丈夫か?」

ありす「だ、大丈夫です。あと、橘です…。」

P「何があったんだ。」

ありす「わ、分かりません。ちひろさんに貰った飴を舐めた後、急に…。」

P「そ れ だ。」

9: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/01/04(水) 02:29:19.84 ID:/kxzsYdoo
P「取り敢えずYシャツは遠ざけた方がいいな…。」

ありす「あっ。」

P「ん?」

ありす「な、何でもありません。」

P「取り敢えずちひろさんに電話をしないと。ありすはそこで休んでな。」

P「えーと、電話電話。」

10: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/01/04(水) 02:31:56.75 ID:/kxzsYdoo
P「えっと、あったあった。」テクテク

電話君「」

P「えーと、鬼畜生、鬼畜生と。」

ピポパ

P「あー、留守電かよ。」

パウパウ♪

P「ん?」

11: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/01/04(水) 02:35:24.28 ID:/kxzsYdoo
ありす「ん、頭が…。」

P「こ、今度はなんだ!?」

ありす「ほ、本を読んでいたら…。」

P「ほ、本なら何となく安心な気が…。」

ありす「こ、この本を…。」







つ婚姻届(女性誌付録)

P「」

12: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/01/04(水) 02:40:03.08 ID:/kxzsYdoo
おや?ありすのようすが…。

パウパウ♪

テンテンッ♪テンテンッ♪テンテンッテッテー♪

テンテンッ♪テンテンッ♪テンテンッテッテー♪

ありす「待てますか、せ、責任…。」

ありす「婚期…。」

P「BBBBBBBBBBBBBBBBBB」

13: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/01/04(水) 02:42:43.80 ID:/kxzsYdoo
P「こ、今回はこの婚姻届だな!?」

P「ありす、離すんだ!」

ガシッ

P「!?」

ありす?「駄目よ、邪魔しないで。」

ギリギリギリ

P「ひ、ひいいいい。」

14: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/01/04(水) 02:47:45.95 ID:/kxzsYdoo
テーテーテーテー♪テテテテテテテー♪

おめでとう!ありすは るみへしんかした!

るみのじょうほうがずかんへとうろくされます

わくいるみ
クールアイドル
26さい
さいしょはきむずかしいが、いちどみそめたプロデューサーにはどこまでもついていき、のがすことはない。



P「」

留美「ふう、どうかしら?」ファサ

P「お、お綺麗です、和久井さん。」

16: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/01/04(水) 02:51:50.24 ID:/kxzsYdoo
留美「あら、名字だなんて水くさいわ。」

留美「名前で呼んで、ね?」

P「い、いや、前から名字呼びにしてほしいと言われていたので…。」

P「進化したのでお疲れですよね?今日は帰りましょうか?」

留美「疲れてはないけど、お腹空いちゃったわね?」

P「な、ならご飯でも食べに行きますか。」

18: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/01/04(水) 02:56:16.51 ID:/kxzsYdoo
留美「そうじゃなくて」ガシッ

P「えっ。」

留美「げんきのかたまりが欲しいわ。」ペロリ

P「ひ、ひいいいいいい!」

留美「さ、仮眠室に行きましょうか♪」ズルズルズル

P「え、ちょ。力つよ!だ、だれかー!助けてえええええええ!」

ズルズルズル

ガチャ

パタン



テンテンテテテーン♪(ポケモンセンターの音)

21: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/01/04(水) 03:08:40.97 ID:/kxzsYdoo
文香「その後のことをお話ししましょう。」

文香「進化して更に美しくなった留美さんは、何故か最近やつれているプロデューサーさんと二人三脚で進み、」

文香「今もアイドルマスターへの道を爆進されているそうです。」

文香「また、時々事務所から男性の悲鳴が聞こえると怪談が流れ始めたようですが、余談ですね。」

文香「女は変わるものです。」カチッ

文香「えっ、このボールですか?」

文香「これは1週間後れのサンタさんに、とあるやつれた男性の枕元に置いてほしいと頼まれたものです。」

文香「中には好奇心旺盛な文学少女が入っているとか。」

文香「それでは私はお引っ越しの準備がありますので。」

文香「それでは、それでは…。」フリフリ

22: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/01/04(水) 03:09:12.21 ID:/kxzsYdoo
~Fin~