fcd5a585819acb433b886834ed32c624

20160904134427

1: 名無しで叶える物語(きしめん だぎゃー)@\(^o^)/ 2016/12/11(日) 21:38:28.03 ID:BuXIcbax.net
曜「…と、これでよしっ、これでみんなのクリスマスプレゼントはOK!」

曜「はぁ…本当ならクリスマスは千歌ちゃんとデートの予定なのに私がヘタ…ヘタレじゃない!ちょっと勇気がなくて誘えなくてAqoursのみんなでパーティすることになったんだよね…」

曜「千歌ちゃんだけに渡すプレゼントもなにか買っていこうかな…パ、パンツとかどうかな…///」

(妄想中)


曜「いけないいけない!もうこんな時間だ!そろそろ帰らないと…!
あれ?こんなところにお店なんてあったっけ…
喫茶かんかんみかん?みかんと言えば千歌ちゃんだけど…ちょっと寄ってみようかな」

2: 名無しで叶える物語(きしめん だぎゃー)@\(^o^)/ 2016/12/11(日) 21:40:51.42 ID:BuXIcbax.net
カランカラン

曜「すいませ~ん」

千歌(?)「は~い、いらっしゃいませ♪」

曜「ち、千歌ちゃん!?
こんなところで何してるの?そもそも喫茶店って?お母さん達にバレたら怒られるよ?」

千歌(?)「え…えーっと…千歌ちゃん…って誰ですか?」

曜「ま、またまた~千歌ちゃんでしょ?」

千歌(?)「?」

曜「えっ、人違い?」

3: 名無しで叶える物語(きしめん だぎゃー)@\(^o^)/ 2016/12/11(日) 21:44:08.81 ID:BuXIcbax.net
千歌(?)「そうだと…思いますけど…」

曜「へ、へえ…そうなんですか…あまりにも彼女…いえ、友達に似てたので…」アハハハ

曜「そういえばここ新しく出来たんですか?
前に来た時はなかった気が…」

千歌(?)「はい!そうなんですっ!
ついさっきオープンしたばかりなんです!」

曜「へ~♪」

千歌(?)「なので!サービスということでみかんジュース+相談でタダというキャンペーンをやってます!」

曜「凄い!!」

千歌(?)「でしょ?あっ、いえ、ですよね!」

4: 名無しで叶える物語(きしめん だぎゃー)@\(^o^)/ 2016/12/11(日) 21:46:53.12 ID:BuXIcbax.net
千歌(?)「ではこちらみかんジュースになります」

曜「あっ、ありがとうございます
すみません、もう一度確認したいんですが本当に千歌ちゃんじゃないですよね?」

千歌(?)「はい、そうですね」

千歌 (ごめんね、本当は私高海千歌
曜ちゃんを騙すつもりじゃないんだけどこうでもしないと曜ちゃん…ヘタレだから…)

曜「じ、じゃあなんでも相談していいですか?」

千歌「はいっ!なんでもどうぞっ」

曜「えと…私の彼女の…その…千歌ちゃんって子についてなんですけど…」

5: 名無しで叶える物語(きしめん だぎゃー)@\(^o^)/ 2016/12/11(日) 21:50:21.39 ID:BuXIcbax.net
千歌「はい、千歌ちゃん…ですね」

曜「はい、その千歌ちゃんに嫌われてないかが心配なんですよね…」

千歌「なにか…嫌われるようなことしちゃったんですか?」

曜「そんな!そんな事ないです!けど…」

千歌「けど?」

曜「その…私…恋愛について…というより千歌ちゃんの事になると急に緊張しちゃって…」

千歌 「!」

曜「その…キ、キス…とかしてみたいんですけど…手を握るだけでいっぱいいっぱいで…」

千歌 (曜ちゃん…可愛すぎるよぉ…///)

曜「その…あれ?そういえば貴方の名前まだ聞いてませんでしたね
なんて言うんですか?」

千歌 「私ですか?私は…みかんっていいます!」

曜「みかんさん…みかんさん的にはどう思いますか?」

7: 名無しで叶える物語(きしめん だぎゃー)@\(^o^)/ 2016/12/11(日) 21:52:24.61 ID:BuXIcbax.net
千歌 「私的には…アリ…だとは思いますけどね
なんだか曜さんって可愛いですね」

曜「えっ…///て、ていうかどこで私の名前を!?」

千歌「あっ…えーっと…スクールアイドルの!ね!Aqoursの渡辺曜ちゃん、有名ですよ!」

曜「そ、そうなんですね…///」

千歌 「でもその曜さんがヘタレだとは知りませんでしたけど…」

曜「うっ…」

千歌「?」

9: 名無しで叶える物語(きしめん だぎゃー)@\(^o^)/ 2016/12/11(日) 21:55:30.55 ID:BuXIcbax.net
曜「千歌ちゃんにもよく言われるんです…曜ちゃんはヘタレだよねって…
なんとか直そうと思うんですけど…緊張しちゃって…」

千歌 「そう…なんですね」

千歌 (結構気にしちゃってたんだ…ごめんね曜ちゃん…バカチカだから気づかなくて…)

曜「で、でも!みかんさんに相談してから少しは気が楽になった気がします!
千歌ちゃんに勇気を出してしたいことしたいって言ってみます!」

千歌「ホントですか!?力になれたみたいで良かったです!」

曜「はい!ありがとうございます!
…あ、そうだ、もしまた相談したくなったらここに来て…いいですか?」

千歌「はいっ!いつでもお待ちしてますっ!」ニコッ

曜「あっ……///」

曜「で、ではまた!」

カランカラン

10: 名無しで叶える物語(きしめん だぎゃー)@\(^o^)/ 2016/12/11(日) 21:58:51.08 ID:BuXIcbax.net
その日の夜

曜「みかんさん可愛かったなぁ…ってダメダメ!私は千歌ちゃんがいるんだから!
あっそうだ、千歌ちゃんに電話してみよっ」

プルルル

千歌「もしもし?」

曜「千歌ちゃん?いま大丈夫だった?」

千歌「あっ、うん
今お風呂出たところだから裸だよ♪」

曜「よっ…よーそろ…///」

千歌「それでどうしたの?」

曜「……///」

千歌「おーい、曜ちゃん」

曜「はっ…あ、ごめん!考え事してた!」

千歌「嘘、ホントは千歌の裸想像してたでしょ!エッチ!スケベ!」

曜「そ、そんなことないって…///」ニヤニヤ

千歌「もうっ!顔がにやけてるの分かるんだからね!
それでなんか用事?」

曜「えと…明日の昼ご飯なんだけど一緒に食べない?
その…屋上とかでさ…///」

11: 名無しで叶える物語(きしめん だぎゃー)@\(^o^)/ 2016/12/11(日) 22:00:35.93 ID:BuXIcbax.net
千歌 (曜ちゃん…頑張るって言ったのに…)

千歌 「う、うん…いいよ?」

曜「?千歌ちゃん元気ないの?」

千歌「そ、そんなことないよ!元気だよ!」ヘクチッ

曜「ほら、服きないと風邪ひくよ?
じゃあまた明日!おやすみ~っ」

ツーツー

千歌 「切れちゃった…ま、いっか
明日の昼楽しみだなあ♪」

12: 名無しで叶える物語(きしめん だぎゃー)@\(^o^)/ 2016/12/11(日) 22:03:15.07 ID:BuXIcbax.net
次の日

千歌「それでさ~しいたけが~」

梨子「ち、千歌ちゃん…しいたけちゃんの話は…」

千歌「あっ、ごめん梨子ちゃん」

曜 (どうしよう…いま話しかけたら邪魔になっちゃうかな…もう少しあとに話しかけようかな…)

千歌 (はぁ…曜ちゃん…)

千歌「ごめん、梨子ちゃん
今日のお昼曜ちゃんと食べる予定で…」

梨子「あっ、大丈夫よ
私もGuilty Kissのみんなで食べる予定だったから」

千歌「そっか、じゃあまた後でね」

梨子「うん」

千歌「曜ちゃん、屋上だよね?行こ?」

14: 名無しで叶える物語(きしめん だぎゃー)@\(^o^)/ 2016/12/11(日) 22:05:16.65 ID:BuXIcbax.net
曜 「う、うん」


千歌「いや~いい天気だね~」

曜 (また千歌ちゃんに誘ってもらっちゃった…勇気出すって決めたのに…)

曜 「千歌ちゃん…ごめん…」

千歌「え?」

曜「その…私…自分から誘えなくて…」

千歌「大丈夫だよ!いつもの事じゃんっ!」

曜「うっ…」

千歌 (あちゃ~…)

千歌「と、とにかくご飯食べよ?
落ち込んでたらご飯も美味しくなくなっちゃうよ?」

16: 名無しで叶える物語(きしめん だぎゃー)@\(^o^)/ 2016/12/11(日) 22:07:23.57 ID:BuXIcbax.net
曜「ありがとう千歌ちゃん!」

千歌 (まぁこの曜ちゃんはこの曜ちゃんで可愛いけど…もっと男前な曜ちゃんも見たいよ…)

曜 「ち、ち、ち、千歌ちゃん!」

千歌「?」

曜「あ…あ~ん…///」

千歌「!」

千歌 (曜ちゃん…!やれば出来るじゃん!)

千歌「あ~…」

曜「やっぱり無理!」パクッ

千歌「え…」

曜「あっ…」

17: 名無しで叶える物語(きしめん だぎゃー)@\(^o^)/ 2016/12/11(日) 22:09:51.29 ID:BuXIcbax.net
千歌「うぅ…曜ちゃん…私のこと嫌いになっちゃった?」エーン

曜「そ、そんなことないよ!
好きだよ!///」

千歌「ならどうして手すら繋いでくれないの…?」チラッ

曜「それは……」

千歌「それは?」

曜「私が…ヘタレ……だから…」

千歌「もう!ヘタレ克服してよ!」

曜「う、うん…」

曜 (みかんさんに…みかんさんに力を貰えれば!)

曜「私がんばってみるよ!」

千歌「う、うん!頑張って!」

キンコーンカンコーン

18: 名無しで叶える物語(きしめん だぎゃー)@\(^o^)/ 2016/12/11(日) 22:11:16.17 ID:BuXIcbax.net
放課後

曜(あ~あ…今日もいいところ見せられなかったなぁ…
今日もみかんさんの店行こうかな…)


カランカラン

千歌「いらっしゃいませ~♪
あ、曜さん!また来てくれたんですね!」

曜「あっ、はい
その…相談したくて…」

千歌「こちらの席にどうぞ~」

19: 名無しで叶える物語(きしめん だぎゃー)@\(^o^)/ 2016/12/11(日) 22:13:13.78 ID:BuXIcbax.net
曜「あっ、メニューは…?」

千歌 「曜さんは当店1人目のお客さんなのでず~っと無料でダイジョブです!」

曜「えっ!?本当ですか?」

千歌「はい♪」

千歌 (そもそも曜ちゃんからお金をもらうことなんてできないし、一緒にいれるだけで幸せだしね♪)

千歌「それで相談というのは…」

曜「千歌ちゃん…の事なんですけど…」

千歌「この間の子ですね?」

20: 名無しで叶える物語(きしめん だぎゃー)@\(^o^)/ 2016/12/11(日) 22:15:41.52 ID:BuXIcbax.net
曜「はい…今日頑張って弁当を一緒に食べようと前もって誘ったんですが…」

千歌「千歌ちゃんの方から誘ってきた…と」

曜「…そうなんです…」

千歌「曜さんは…」

曜「?」

千歌「曜さんは千歌ちゃんとどこまでしたいんですか?」

曜「どこまで……///」ボッ

千歌「?」

曜「そ、その……///」

千歌「大丈夫ですよ、ふたりだけの秘密です」

曜「キ、キス……///」

千歌「キスだけでいいんですか?」

曜「えっ…?」

21: 名無しで叶える物語(きしめん だぎゃー)@\(^o^)/ 2016/12/11(日) 22:17:41.76 ID:BuXIcbax.net
千歌「エッチなこと……したくないんですか?」

曜「そ、そんな…///……いや…まぁ…したいです…///」

千歌 (あ~もうっ曜ちゃん可愛い…!)ギュッ

曜「えっ、あの…///」

千歌「あっ、すいません
ちょっと可愛く思えちゃって…」

曜「い、いえ…///」

曜 (ハ、ハグってこんな感じなんだ…千歌ちゃんにした事ないからよくわかんないけど…///)

22: 名無しで叶える物語(きしめん だぎゃー)@\(^o^)/ 2016/12/11(日) 22:22:42.34 ID:BuXIcbax.net
千歌「したいならしたいって言わないと伝わらないですよ?」

曜「そう…ですよね…」

千歌「もし何だったら…私が練習相手になりましょうか?」

曜「へ?」

千歌「キスでもエッチでも…千歌ちゃんにしたい事…私で試してもいいんですよ?」

曜「みかんさんが…」

千歌「はい♪…いざという時本当に出来ますか?
できる補償はありますか?
それなら私で練習してもいいんですよ?」

曜(みかんさんは千歌ちゃんにそっくり…みかんさんでやれればきっと千歌ちゃんでも…)

曜 (でも!やっぱり初めては千歌ちゃんとがいい!)

曜「その…やっぱり初めては千歌ちゃんとが…」

千歌「…///」

曜「千歌ちゃんとがいいです!」

千歌「本当に…好きなんですね…///」

曜「うっ…はい…///」

24: 名無しで叶える物語(きしめん だぎゃー)@\(^o^)/ 2016/12/11(日) 22:25:10.76 ID:BuXIcbax.net
千歌「それならいい方法を教えてあげます♪」

曜「いい方法?」

千歌「はい♪クリスマスの日、Aqoursのみんなでパーティを終えたあと千歌ちゃんを曜ちゃんの家に誘ってしまえばいいんです♪」

曜「へ?なんでAqoursのみんなでパーティをすること知ってるんですか?」

千歌「えっ、あの…神の味噌汁です!
あっ…神のみぞ知る!です♪」

曜「そ、そうですか…でもそれで本当に千歌ちゃん来てくれますかね?」

26: 名無しで叶える物語(きしめん だぎゃー)@\(^o^)/ 2016/12/11(日) 22:26:45.75 ID:BuXIcbax.net
千歌「来てくれるに決まってます!
だって好きな人が勇気を出してくれたんですもん、来ないはずありません♪」

曜「そ、そうですね!じゃあ頑張ってみたいと思います!」

千歌「はい♪」

曜「じゃあまた!」

千歌「ではまた♪(楽しみにしてるよ、曜ちゃん♡)」

27: 名無しで叶える物語(きしめん だぎゃー)@\(^o^)/ 2016/12/11(日) 22:31:05.78 ID:BuXIcbax.net
そして時は流れて

ダイヤ「それではみなさん!準備はよろしいですか?」

鞠莉「フゥ~♪イェァァァァァァァ!イェェェェェェェス!!!」

果南「鞠莉、うるさい」

鞠莉「なによ、こういうのは騒いだ者がウィンなのよ!」

ルビィ「まだぁ…?」

花丸「はむはむ…このチキンおいしいずら…」

ルビィ「あっ、花丸ちゃん…先に食べちゃダメだよぉ…」

善子「ふっふっふ…堕天使がキリストの生誕を祝うなんてゴウゴドウダン!」

梨子「言語道断、でしょ?
しかも言語道断って元は仏教用語なんだけど…」

千歌「たっのしい~♪クリスマス~♪楽しいな~♪」

曜(千歌ちゃんを家に誘う、千歌ちゃんを家に誘う)

28: 名無しで叶える物語(きしめん だぎゃー)@\(^o^)/ 2016/12/11(日) 22:33:15.39 ID:BuXIcbax.net
ダイヤ「うるさいですわ!
みなさんが静かにしてくれないと乾杯できないではありませんか!」

シーン

鞠莉「ふふっ…」

ダイヤ「…もういいですわ!乾杯!」

みんな「乾杯~!」

ワイワイガヤガヤ

鞠莉「モバイルドットモミモミ~♪」

果南「ちょ、鞠莉!胸揉まないでよ!」

鞠莉「それ♪ダイヤもモバイルドット…な、ない…!」

ダイヤ「失礼ですわね!」パシーン

鞠莉「あべしっ!」

30: 名無しで叶える物語(きしめん だぎゃー)@\(^o^)/ 2016/12/11(日) 22:35:10.44 ID:BuXIcbax.net
曜 (大丈夫かな…ちゃんと誘えるかな…)

善子「ちょっとズラ丸!あんた食べ過ぎ!私の分がなくなるじゃない!」

ルビィ「えへへ…善子ちゃんのナゲット貰っちゃった♪」

花丸「とられるほうが悪いずらね」

善子「も~!あんた達バチが当たるわよ!」プンプン

31: 名無しで叶える物語(きしめん だぎゃー)@\(^o^)/ 2016/12/11(日) 22:37:01.56 ID:BuXIcbax.net
梨子「それでね、作曲とかしてみたんだけど…」

千歌「凄い!流石だよ梨子ちゃん♪」

梨子「そう…かな?とりあえず帰ったら聞いてみてくれる?
何かあったらすぐ直すから」

千歌「うんっ!わかった!じゃあまた後で確認するよ!」


果南「曜?ちょっと」チョイチョイ

曜「?何?果南ちゃん」

32: 名無しで叶える物語(きしめん だぎゃー)@\(^o^)/ 2016/12/11(日) 22:39:32.87 ID:BuXIcbax.net
果南「千歌、曜が誘ってくれるの待ってるんじゃないの?」

曜「えっ…でも…」

果南「でもじゃないよ、いい?
こういう出会いっていうのは何かあってからじゃ遅いんだから
もしかしたらもう一生チャンスないかもしれないんだよ?」

曜「そんなおおげさな…」

果南「私と鞠莉とダイヤだってそうだったんだから
千歌たちが居なかったら今の私達はなかったし」

曜「……」

果南「いきなよ、千歌が言う前に自分から」

曜「…わかった!」

果南「うん、いっといれ」

鞠莉「トイレだけに?」

(無言のビンタ)

33: 名無しで叶える物語(きしめん だぎゃー)@\(^o^)/ 2016/12/11(日) 22:41:10.83 ID:BuXIcbax.net
曜「ち、千歌ちゃん!」

千歌「?どうしたの?」

曜「その…さ…ここじゃあれだからちょっとあっちの方行かない?」

千歌「いいよ」



千歌「どうしたの?」

曜「その…さ…今からいうこと引かないで聞いてくれる?」

千歌「聞いてもないのにわからないよ…」

曜「あっ…そっか…じゃあ話すね」

千歌「うん」

34: 名無しで叶える物語(きしめん だぎゃー)@\(^o^)/ 2016/12/11(日) 22:44:17.33 ID:BuXIcbax.net
曜「今までゴメン!
私…すごいヘタレで…千歌ちゃんに情けな思いばっかりさせてた…本当はかっこいいところ見せたいのに…」

千歌「……」

曜「本当はギュッて抱きしめたり手をつないだり…キ、キスしたり……エッチなことも…してみたかった…///」

千歌「ん……///」

曜「だ、だからさ!その…私これから頑張るから!
だからチャンスをくれないかな?
これから…私の家に来て欲しいんだ!」

曜 (言えたっ!)

千歌「曜ちゃんの家に?」

曜「うん…ダメ…かな?」

千歌「ううん…嬉しい…嬉しいよ…」グスッ

曜「なんで泣いてるの?」

千歌「なんでもないよ♪」

35: 名無しで叶える物語(きしめん だぎゃー)@\(^o^)/ 2016/12/11(日) 22:47:08.26 ID:BuXIcbax.net
曜「じゃあ…行こっか…」

千歌「あっ、ちょっと待ってて?」

曜「うん」


千歌「果南ちゃん、曜ちゃんやったよ
ちゃんと私のこと誘ってくれた♪」

果南「そう、よかったね
じゃあ楽しんできな?」

千歌「うん♪」


ダイヤ「本当に嬉しそうな顔してましたね、千歌さん」

鞠莉「そりゃそうよダイヤ
だって10年以上ず~っと千歌は曜の事好きだったからね」

ダイヤ「そうだったんですの?」

果南「知らなかったの?
まぁ…曜も千歌のこと同じぐらいに好きだけどね」

ダイヤ「構いませんわね、あの2人には」



千歌「おまたせ曜ちゃん♪
行こっ?」

37: 名無しで叶える物語(きしめん だぎゃー)@\(^o^)/ 2016/12/11(日) 22:49:50.04 ID:BuXIcbax.net
曜「…ついたね」

千歌「うん♪あのね…今日はお母さんに曜ちゃんの家に泊まるって言ってあるから…///」

曜「えっそれって…///」

千歌「もう…言わせないでよ…///」

曜「……///
と、とりあえず部屋に入ろ?」




千歌「久しぶりに来たなぁ曜ちゃんの家」

曜「中に入るのは久しぶりかもね」

千歌「うん」

曜「千歌ちゃん」

千歌「?」

曜「好きだよ…」チュッ

千歌「!///」

曜「……キス…しちゃった…///」

千歌「ぁ…ぁ…///」

39: 名無しで叶える物語(きしめん だぎゃー)@\(^o^)/ 2016/12/11(日) 22:52:20.98 ID:BuXIcbax.net
曜「千歌ちゃん?」

千歌「ちゅー…しちゃった…///
したい…もっとして…///」

曜「うん…///」チュッ

千歌「よーちゃん…すきぃ…///」

曜「千歌ちゃん///」

千歌「あのね、あのね…私ねよーちゃんのこと好きなんだぁ」

曜「私も千歌ちゃんの事好きだよ?」

千歌「ぅー」

曜「?」

千歌「好きだったらほかにすることあるでしょー?」

曜「えっ…///そ、それは…していいの…?///」

千歌「もぉ、言わせないでよ!」

曜「ご、ごめん///」

40: 名無しで叶える物語(きしめん だぎゃー)@\(^o^)/ 2016/12/11(日) 22:54:29.81 ID:BuXIcbax.net
曜「千歌ちゃん…」

千歌「んー?」

曜「エッチなことしたい…///」

千歌「したいの?」

曜「うん……///」

千歌「…いいよ///
あ、でも…電気消して…?恥ずかしい…///」

曜「わかった…///」

パチッ

曜「服…脱がせるね」スルスル

千歌「……///よーちゃんも!」スルスル

曜「裸……///」

千歌「なっちゃったね……///」

41: 名無しで叶える物語(きしめん だぎゃー)@\(^o^)/ 2016/12/11(日) 22:57:25.11 ID:BuXIcbax.net
千歌「でも暗くてよく見えな……」

曜「千歌ちゃん?」

千歌「ううん、よく見える…曜ちゃんの顔真っ赤…///」

曜「千歌ちゃんの顔もだよ…///」

千歌「好きな人に裸を見られてるからだよ…///」

曜「千歌ちゃん……」クチュ

千歌「んっ♡」

曜「いいよね…///」クチュクチュ

千歌「ゃ…ん…ぁん♡」

曜「千歌ちゃんにも…して欲しいな…///」

千歌「もう…エッチなんだから…///」クチュ

曜「ゃ…なにこれ…♡」

千歌「どーお?」

曜「やばいよ…んっ…ゃ…♡」

42: 名無しで叶える物語(きしめん だぎゃー)@\(^o^)/ 2016/12/11(日) 23:01:19.19 ID:BuXIcbax.net
千歌「よーちゃん…好き…ずっと…ず~っと好き…ひゃ…///」

曜「私も…千歌ちゃんの事ずっと好きだよ…っ///」

千歌「えへへ…んっ♡ぁ…イっちゃった…///」

曜「可愛い…♡
ぁ…待って…ゃ…んっ!///
私もイっちゃった……///」

千歌「えへへ…ねぇ布団入ろっか♪」

曜「うん♪」

ガバッ

千歌「えへへ~あったかぁい///」

曜「そう…だね……zzz」スゥ

千歌「曜ちゃん?」

曜「すぅ…すぅ…」

千歌「寝ちゃったのかなぁ……よく頑張ったねよーちゃん♡」ナデナデ

曜「しゅき……すぅ…」

43: 名無しで叶える物語(きしめん だぎゃー)@\(^o^)/ 2016/12/11(日) 23:03:58.42 ID:BuXIcbax.net
次の日

曜「そういえばみかんさんに成功したお礼言いに行かないと!」



曜「あれ!?ない!!」

千歌「あれ?曜ちゃん、どうしたの?」

曜「ここにあった喫茶かんかんみかんって店がないんだよ!」

千歌「…そうなんだ」

曜「何か知らない?」

千歌「知ってるよ」

曜「へ?」

千歌「みかんさんは私ってことぐらいしか知らないけどね♪」

曜「えっ、それって…」

千歌「えへへ♪神の味噌汁だよ♡
あっ、神のみぞ知るだった♪」


おしまい