fcd5a585819acb433b886834ed32c624

ダイヤ ルビィ
1473520720-c40c1f3ea3cf639264f3ac05dd1bf0a1

1: 名無しで叶える物語(笑)@\(^o^)/ 2016/12/08(木) 21:19:40.60 ID:si+2h2KJ.net
ダイヤ「片付けてね☆ボックスを任せたいのです」

ルビィ「なにそれぇ…?…」プリンプルプル

ダイヤ「あれは生徒のお悩み相談のようなものです…お仕事が貯まってしまって手がつけられないのです…」

ルビィ「つまりルビィがみんなのお悩みを解決すればいいんだね!!」

4: 名無しで叶える物語(笑)@\(^o^)/ 2016/12/08(木) 21:21:09.90 ID:si+2h2KJ.net
………………

ルビィ「ということなんだ」

善子「へぇ…なんか面白そうね」

花丸「でやるの?」

ルビィ「うんっ!おねえちゃんに任されちゃったからね!………それで……」

善子「それで?」

ルビィ「ふたりにも手伝ってほしいな?」

8: 名無しで叶える物語(笑)@\(^o^)/ 2016/12/08(木) 21:23:37.86 ID:si+2h2KJ.net
善子「任せなさいっ」ムキッ

花丸「ルビィちゃんひとりじゃ心配ずら」

ルビィ「ありがとう✨」

善子「片付けてね☆ボックスはどこにあるのよ?」

ルビィ「生徒会室だって」

善子「じゃあ早速いくわよ」

ルビィ「うんっ!」

10: 名無しで叶える物語(笑)@\(^o^)/ 2016/12/08(木) 21:26:08.34 ID:si+2h2KJ.net
コンコン

ルビィ「失礼しまーす!」

ガラララ

ダイヤ「ルビィ…それに善子さんに花丸さん?」

ルビィ「ルビィはひとりじゃ大変そうだからふたりに手伝ってもらうことにしたよ!」

ダイヤ「まあ、それは心強いですね」

片付けてね☆ボックス

11: 名無しで叶える物語(笑)@\(^o^)/ 2016/12/08(木) 21:27:44.05 ID:si+2h2KJ.net
ダイヤ「じゃあ任せましたよ」

ルビィ「うんっ!」

善子「イエッサー♪」

花丸「了解ずら!」

ダイヤ(はぁ…ルビィが働いている間に家庭科室に隠しておいたプリンでも食べて休憩しましょう…)

14: 名無しで叶える物語(笑)@\(^o^)/ 2016/12/08(木) 21:30:52.68 ID:si+2h2KJ.net
ルビィ「さて!箱の中身はなーにかなー?」

ガッサガッサ

ルビィ「おっ?以外と少ないよ!!」

善子「まあ多すぎても困るわ」

ルビィ「最初はこれ!!」

≪家庭科室の冷蔵庫に持ち主不明のプリンがあります。先生に聞いても違うと言いますし賞味期限も近づいています。捨ててしまっても良いのでしょうか?≫

花丸「お悩み?……」

善子「その以来はおととい来たみたいね」

17: 名無しで叶える物語(笑)@\(^o^)/ 2016/12/08(木) 21:33:24.65 ID:si+2h2KJ.net
ルビィ「さっそく家庭科室にいこー♪」

花丸「れっつごー!」

善子「簡単そうね♪」

とことことこ

ルビィ「プリン♪プリン♪」

善子「遊びにいくわけじゃないのよ?」

ルビィ「わかってるよ!」

花丸「……」グゥ~

19: 名無しで叶える物語(笑)@\(^o^)/ 2016/12/08(木) 21:35:11.08 ID:si+2h2KJ.net
コンコン

ルビィ「失礼しまーす♪」

善子「誰も居ないみたいね…」

花丸「調理研究会はいないんだね…」グゥ~

ルビィ「冷蔵庫!」

善子「開けるわよぉ?」

花丸「えいっ!」ガチャッ

抹茶プリン

ルビィ「抹茶プリンはっけん!!」

20: 名無しで叶える物語(笑)@\(^o^)/ 2016/12/08(木) 21:37:47.39 ID:si+2h2KJ.net
花丸「これは…」

善子「どうしたのずら丸隊員?!」

花丸「毒物の可能性があります!!」

ルビィ「どくぅ!?プリンが!?」

花丸「マルはプリンにそっくりな毒をしっています!!」

善子「そ……そんな……じゃあどうすんのよ!?」

花丸「まだ毒物かわからないので…マルが毒見します!!」

22: 名無しで叶える物語(笑)@\(^o^)/ 2016/12/08(木) 21:39:33.63 ID:si+2h2KJ.net
ルビィ「おおっ!まるちゃん隊員!さすがです!」

善子「毒でしょ?食べて良いの?」

花丸「少量なら問題ありません!!」

ペリペリ

ルビィ「もう開けてるし!!」

花丸「ぐっ……毒じゃないことを祈るずら…」パクッ

善子「アーメン…」

25: 名無しで叶える物語(笑)@\(^o^)/ 2016/12/08(木) 21:42:25.91 ID:si+2h2KJ.net
花丸「毒じゃありません!」パクッ

ルビィ「ルビィもどくみ!!」パクッ

善子「私にもちょうだい!!」パクッ

花丸「おいしいずらぁ」トローン

ルビィ「これおいしいねえ!」

善子「なかなかやるんじゃない?」ペロリンチョ

ルビィ「あっ!善子ちゃんひとくち大きい!!」

善子「そうかしら?」

花丸「………」パクッモグモグ

30: 名無しで叶える物語(笑)@\(^o^)/ 2016/12/08(木) 21:47:17.06 ID:si+2h2KJ.net
花丸「おいしかった…」

ルビィ「うん…」

善子「次いくわよ♪」

ルビィ「うんっ!簡単だったね♪」

トットコトットコ

━━━━━━━━━━━━━━━━━
数分後家庭科室……

ダイヤ「はぁ…」キョロキョロ

ダイヤ(誰も居ませんね…)

ガチャッ

ダイヤ「なっ!?」

ダイヤ(プリンが……無い?!)ガクッ

ダイヤ「うぅ…家に置いたらルビィに食べられ…家庭科室に置いたら消える…私はどこでプリンを食べれば良いのでしょう……」

31: 名無しで叶える物語(笑)@\(^o^)/ 2016/12/08(木) 21:49:52.14 ID:si+2h2KJ.net
ルビィ「次のお仕事は~?」ガッサガッサ

ヒョイッ

≪さいきん私の友達がえっちな絵を描いてます!男の人の裸!!心配です!とっても心配です!!≫

ルビィ「………」

花丸「これは…」

善子「難題ね…」

ルビィ「はれんちだよぉ」

32: 名無しで叶える物語(笑)@\(^o^)/ 2016/12/08(木) 21:51:27.14 ID:si+2h2KJ.net
善子「えっちな絵を描いているということ以外情報が無い…」

花丸「これは困ったね…」

ルビィ「うーん…お絵かき…お絵かき…」

善子「とりあえず美術室いってみる?」

ルビィ「そうだね、お絵かきできるのは美術室!」

花丸「お絵かき…」

33: 名無しで叶える物語(笑)@\(^o^)/ 2016/12/08(木) 21:56:32.39 ID:si+2h2KJ.net
美術室……

ルビィ「失礼しまーす」

花丸「!誰かいるよ!」

ルビィ「梨子ちゃん!!」

梨子「わあっ!?」ビクッ

ルビィ「何してるの?」

梨子「ちょっとダビデ像の…」

善子「きゃあっ!!これ…」

花丸「……」

34: 名無しで叶える物語(笑)@\(^o^)/ 2016/12/08(木) 21:58:53.05 ID:si+2h2KJ.net
ルビィ「男の子の…裸…」

梨子「……ダビデ像だよ?」

善子「…///」

花丸「梨子ちゃんだったんだね…」

梨子「へ?何が?」

ルビィ「実は…」

≪さいきん私の友達がえっちな絵を描いてます!男の人の裸!!心配です!とっても心配です!!≫

梨子「ええっ!?」

36: 名無しで叶える物語(笑)@\(^o^)/ 2016/12/08(木) 22:03:03.19 ID:si+2h2KJ.net
善子「ということよ」

梨子「………千歌ちゃん?」

ルビィ「!なるほど!このお悩みは千歌ちゃんが!!」

花丸「千歌ちゃんはダビデ像を知らなかったんだね」

梨子「……もぅ…千歌ちゃん…ちゃんと授業聞いてよぉ……」

善子「授業を真面目に聞かない千歌に…」

花丸「天罰が必要ずら」

ルビィ梨子「ええっ!?」

37: 名無しで叶える物語(笑)@\(^o^)/ 2016/12/08(木) 22:06:46.53 ID:si+2h2KJ.net
ルビィ「善子ちゃんだって教科書にへんな絵書いて遊んでるじゃん…いっつもまるちゃんにノート借りて…」

善子「魔方陣がわからないの?…無知とは罪ね……」

梨子「やめときなよ…千歌ちゃんは私のことを心配してくれて…」

花丸「大丈夫ずら!ひどいことはしないよ!」

善子「私刑よ私刑!」

梨子「死刑!?」

38: 名無しで叶える物語(笑)@\(^o^)/ 2016/12/08(木) 22:11:51.25 ID:si+2h2KJ.net
部室………

ルビィ「!…千歌ちゃんはっけん!!」

善子「準備は?」

花丸「おっけーずら!」

ガラララッ

ルビィ「みざる!!🙈」ガバッ

千歌「ふわぁっ!?誰?!!」👀❌

花丸「いわざる!!🙊」

千歌「おごっモゴゴゴゴ」👄❌

善子「聞かざる!!🙉」

千歌「もごっ!」👂❌

40: 名無しで叶える物語(笑)@\(^o^)/ 2016/12/08(木) 22:14:54.69 ID:si+2h2KJ.net
千歌「おごっ!!もごもご!!」

善子「くっくっく…これが我等三人の合体必殺技……えっと……」

花丸「日光猿軍団!!」

善子(必殺技の名前が思い付かない!!このままじゃダッさい日光猿軍団になっちゃう!!)

ルビィ「どぉーだ!!千歌ちゃん!!」

千歌「おっ!もごもご!」バタバタ

41: 名無しで叶える物語(笑)@\(^o^)/ 2016/12/08(木) 22:18:32.52 ID:si+2h2KJ.net
善子「思い知ったか!我等が力!!」

花丸「これじゃ千歌ちゃんなにも聞こえてないよ」

ルビィ「あっ!!」パッ👐

千歌「っぷはぁー…って…なにしてるの!?」 👀👄👂

花丸「日光猿軍団!!」

千歌「え?」

善子「堕天流三覚縛」

ルビィ「どうだ!思い知ったか!!」

千歌「なにが!?」

42: 名無しで叶える物語(笑)@\(^o^)/ 2016/12/08(木) 22:24:20.07 ID:si+2h2KJ.net
善子「この人知ってる?」

ダビデ像画像

千歌「うん!知ってるよ!」

花丸「えっ!?」

ルビィ「名前は?」

千歌「えっと…ウィトルウィウス君だっけ?」

善子「違ぁぁう」

千歌「ええっ!?じゃあニケちゃん?それともミロちゃん?」

善子「違う違う違う違う!!」

千歌「ええっ!?じゃあ誰?!!」

43: 名無しで叶える物語(笑)@\(^o^)/ 2016/12/08(木) 22:27:26.59 ID:si+2h2KJ.net
ルビィ「ダビデ君だよ!!」

千歌「誰?」

花丸「知らないなら覚えようね」

千歌「へえ~ダビデくん……覚えた!!」

善子「よろしい…」

ルビィ「よし!解決!!」

千歌「解決?なにして遊んでるの?」

善子「これは遊びじゃない!!」

千歌「うわわっごめんごめん…何してるの?」

44: 名無しで叶える物語(笑)@\(^o^)/ 2016/12/08(木) 22:30:00.99 ID:si+2h2KJ.net
ルビィ「実は片付けてね☆ボックスのお悩みを…」

千歌「片付けてね☆ボックス?」

善子「?知らないの?だってこんかいのお悩みは千歌じゃないの?」

千歌「え?知らないよ!!」

花丸「!!謎が……」

ルビィ「これは…」

善子「…………」

花丸ルビィ善子「ごめんなさい!!」

47: 名無しで叶える物語(笑)@\(^o^)/ 2016/12/08(木) 22:32:54.74 ID:si+2h2KJ.net
千歌「ふむふむ、おもてをあげい!」

パッ

ルビィ善子花丸「!」

千歌「ゆるそうではないか!」

ルビィ「すみませんでした…ルビィたちの早とちりで…日光堕天なんとかを…」

千歌「良いってこと!」

善子「………じゃああの依頼は誰からなのかしら……」

花丸「むぅーん……」

千歌「………もしかして曜ちゃんかな?」

48: 名無しで叶える物語(笑)@\(^o^)/ 2016/12/08(木) 22:35:02.62 ID:si+2h2KJ.net
花丸「…なるほど…その可能性は……」

ルビィ「あるね!」

善子「そうと決まれば善子は急げよ!!」

千歌「善は急げ!うん良いね善子ちゃん!!頑張って謎を解いて!!」

ルビィ「任せて!」

花丸「曜ちゃんは…」

千歌「プールだよ!」

49: 名無しで叶える物語(笑)@\(^o^)/ 2016/12/08(木) 22:39:48.41 ID:si+2h2KJ.net
プール……

花丸「ここが事件現場ずら…」

ルビィ「事件なんて起きてないよぉ」

善子「プールねぇ……」

曜「あれ?こんなところで何してるの?」

ルビィ「おっ曜ちゃん!ちょうど良いところに!!」

曜「?ということは私に用が?」

善子「曜だけに?」

曜「ちがう!!」

52: 名無しで叶える物語(笑)@\(^o^)/ 2016/12/08(木) 22:46:39.41 ID:si+2h2KJ.net
ルビィ「やいやい!この人はだーれだ?」

ダビデ像画像

曜「あっ!!」

善子「知ってるの?」

曜「………内緒だよ?」

花丸「誰にも言わないずら!」

曜「実は…この人梨子ちゃんの彼氏なんだよ…」

ルビィ「えぇぇ~っ!?」

53: 名無しで叶える物語(笑)@\(^o^)/ 2016/12/08(木) 22:48:55.13 ID:si+2h2KJ.net
ルビィ「梨子ちゃんに彼氏!?」

善子「んな訳ないでしょうが!」ポコッ

ルビィ「はっ!?そうだ!!」

曜「えっ!?違うの?!だって裸の絵なんて……///」

花丸「この人はダビデくんだよ」

曜「へぇ~ダビデっていうんだぁ…帰国子女なのかな?……桜内ダビデ…うーん合わないね」

善子「違う!!」

55: 名無しで叶える物語(笑)@\(^o^)/ 2016/12/08(木) 22:52:45.36 ID:si+2h2KJ.net
曜「じゃあなんなの?」

善子「これは像よ!!」

曜「えっ!?象さんなの!?🐘」

ルビィ「ちがう!!ちがう!!」

花丸「これはミケランジェロっていう人が500年くらい前に作った像なんだよ?」

曜「へぇ~ずいぶん長生きなんだね」

ルビィ「ちがう!!生きてないよ!!」

曜「えっ?えっ?」

花丸「大理石でできた像!!」

曜「なるほど!」

59: 名無しで叶える物語(笑)@\(^o^)/ 2016/12/08(木) 22:57:06.61 ID:si+2h2KJ.net
曜「つまり……?…」

花丸「梨子ちゃんはダビデ像のデッサンをしてただけだよ!」

ルビィ「曜ちゃんがダビデさんを知らないから勘違いしちゃったの!!」

曜「……精進します…」

花丸「一応聞くけど片付けてね☆ボックスに入れた?」

曜「うん…友達が男の子の裸の絵書いてて心配ですって…」

善子「これで謎が解けたわね…」

花丸「解決ずら」

ルビィ「これからは美術もちゃんとお話聞きましょう!!」

曜「ヨーソロー!」

61: 名無しで叶える物語(笑)@\(^o^)/ 2016/12/08(木) 23:13:21.82 ID:si+2h2KJ.net
善子「さぁーて…次はどうかしら?」

ルビィ「これっ!!」

ヒョイッ

≪果南が怒ってる!!なんで?!私何かした?ハグもしてくれない!!≫

ルビィ「…………」

花丸「…………」

善子「………これ」

ルビィ「鞠莉ちゃんかな?……」

花丸「まあ…間違いなく鞠莉ちゃんずら……」

62: 名無しで叶える物語(笑)@\(^o^)/ 2016/12/08(木) 23:15:45.62 ID:si+2h2KJ.net
善子「………」

ルビィ「じゃあ三年生のとこいこっか……」

花丸「うん」

ルビィ「果南ちゃんが怒ってるって…」

花丸「鞠莉ちゃんが何かしたのかな?」

善子「きっとそうだわ…」

63: 名無しで叶える物語(笑)@\(^o^)/ 2016/12/08(木) 23:21:48.08 ID:si+2h2KJ.net
ルビィ「こんにちはー」

果南「あれ?どうしたの?」

花丸「とある筋から果南ちゃんが怒ってるという情報を手にいれたずら」

善子「仲直りしたいらしいわよ」

ルビィ「鞠莉ちゃんが」

果南「……………はぁ」

花丸「いったいなにがあったの!?」

果南「この前…教室でお弁当勝負をすることになって」

善子「お弁当勝負?」

花丸「楽しそう」

64: 名無しで叶える物語(笑)@\(^o^)/ 2016/12/08(木) 23:26:20.01 ID:si+2h2KJ.net
回想…………

ダイヤ「私が公平に審査しますわ」

鞠莉「私のスッペシャアルなお弁当を召し上がれ♪」

どっさりもりもりシャイニー弁当

ダイヤ「まあ!とっても多いですね♪」

果南「高そう……」

ダイヤ「では…いただきます」🍴🙏

鞠莉「どう?どう?」

65: 名無しで叶える物語(笑)@\(^o^)/ 2016/12/08(木) 23:28:49.08 ID:si+2h2KJ.net
モグモグ

ダイヤ「……おいっしいですわ!!」

鞠莉「デリシャス!!?」

ダイヤ「はい!とっても」ガツガツ

果南「……これいくらぐらいなの?」

鞠莉「うーん…4万くらいね」

果南「!」

ダイヤ「おいしいですわ!」ガツガツ

66: 名無しで叶える物語(笑)@\(^o^)/ 2016/12/08(木) 23:31:39.10 ID:si+2h2KJ.net
…………………………………

ダイヤ「ふぅ…満腹ですわ…」タップリ

果南「じゃあ私の食べて?」

ごはんですよ、ごはん、卵焼き、きんぴら、ブロッコリー、こんにゃくゼリー

ダイヤ「……………すみません」

果南「えっ!?」

ダイヤ「お腹がいっぱいで……」

果南「ちょっ!?審査は!?」

鞠莉「私の勝ちね!!」

69: 名無しで叶える物語(笑)@\(^o^)/ 2016/12/08(木) 23:36:20.96 ID:si+2h2KJ.net
果南「お金にものを言わせて…私はお弁当を食べてももらえなかった(結局自分で食べた)…それが悔しくて…悔しくて………」

花丸「……かわいそう……」

ルビィ「それは鞠莉ちゃんが悪いね…」

善子「なにやってんのよ……」

果南「お金で勝利を勝ち取る…そんな卑怯なことするなんて…友達じゃない!!」

善子(すっごい怒ってる…)

花丸「はぁ…鞠莉ちゃん呼んでくるね…」

72: 名無しで叶える物語(笑)@\(^o^)/ 2016/12/08(木) 23:40:13.14 ID:si+2h2KJ.net
鞠莉「あら果南」

果南「……………」プイッ

善子「マリー…なんでカナンが怒ってるか知ってる?」

鞠莉「わからないわ」

果南「……」イラッ

花丸「お弁当勝負のこと覚えてる?」

鞠莉「ああ……まさかあのことでアングリー?!?」

果南「あのさぁ……はぁ…もういいよ…」

73: 名無しで叶える物語(笑)@\(^o^)/ 2016/12/08(木) 23:45:48.33 ID:si+2h2KJ.net
鞠莉「なんで!?勝負でしょ?」

花丸「果南ちゃんは…高くておいしくて量が多いお弁当を出した鞠莉ちゃんがズルいと思ってるんだよ」

善子「せっかく早起きしてお弁当多く作ってきたのに…食べてももらえないなんて…かわいそうだと思わない?」

鞠莉「私は……コックさんに作ってもらった……」

ルビィ(いっきに鞠莉ちゃんのお弁当を食べちゃったおねえちゃんも悪いような…)

果南「………………」

76: 名無しで叶える物語(笑)@\(^o^)/ 2016/12/08(木) 23:53:02.43 ID:si+2h2KJ.net
善子「ちゃんと自分で作って自分の力で勝負しなさい…」

鞠莉「……果南……ごめんね…」

果南「はぁ……いいよ今さら…むかしから変わらないわけだし……」

鞠莉「本当にごめん…いままで…私は……」

果南「もういいって…大丈夫……無視してごめんね」

善子(無視してたの!?やっぱりものすごい怒ってた!?)

鞠莉「こんどはちゃんと…自分で作って来るわ♪」

果南「負けないよ」

鞠莉「望むところよ」

ガラララ

ダイヤ「あれ?皆さんこんなところで何を?」

78: 名無しで叶える物語(笑)@\(^o^)/ 2016/12/08(木) 23:55:59.87 ID:si+2h2KJ.net
ルビィ「あっおねえちゃん」

ダイヤ「?」

果南「はぁ…もういいよ…」

ダイヤ「はい?何が?」

鞠莉「こんどはちゃんと食べ比べてね」

ダイヤ「?!???」

果南「じゃあ私たち帰るから」

鞠莉「じゃあね👋」

ダイヤ「さようなら………?」

79: 名無しで叶える物語(笑)@\(^o^)/ 2016/12/08(木) 23:58:59.62 ID:si+2h2KJ.net
ルビィ「…………………ということだよ」

ダイヤ「まあっ!?私のせいでふたりが喧嘩を!!!?」

善子(気づいてなかったの?)

花丸「ちゃんと謝るんだよ?」

ダイヤ「……そうですね…こんどは果南さんのお弁当から食べます」

善子「そういうことじゃないから!!」

80: 名無しで叶える物語(笑)@\(^o^)/ 2016/12/09(金) 00:02:38.13 ID:VgLQrD7S.net
ダイヤ「しかし…本当に美味しくて…止まらなくて……」

ルビィ「まあそのことはもういいよ…」

善子「まあ一応…解決ね……」

花丸「うん…」

ダイヤ「片付けてね☆ボックスは順調ですか?」

ルビィ「うんっ!たくさんお悩み解決してるよ!」

ダイヤ「そうですか……私もひとつ…相談しても良いでしょうか…」

81: 名無しで叶える物語(笑)@\(^o^)/ 2016/12/09(金) 00:09:24.59 ID:VgLQrD7S.net
善子「お安いご用よ」

花丸「マルたちに任せて!」

ダイヤ「ふふふ、心強いですね」

ルビィ「……おねえちゃんのお悩み……なあに?」

ダイヤ「私…家庭科室の冷蔵庫にプリンを置いていたのですが…」

善子花丸ルビィ「!」ギクッ

ダイヤ「それが無くなってしまったのです…生徒会のお仕事が一区切りついたら食べようと思っていたのですが…いったい誰に取られたのでしょう……」

ルビィ花丸善子「……………」

ダイヤ「犯人を突き止めてほしいのです」

ルビィ善子花丸「「「ごめんなさい!!」」」



~fin~


また会う日まで……