ba0bb04ce83fa1b3f7c17d577c28d6ab

みく
1464773606001

2: ◆ag9TZfREZs 2016/10/19(水) 21:52:42.42 ID:7m6V19GV0
CGプロ――



加蓮「みくの様子がおかしい?」

李衣菜「そう! 絶対おかしいよ!」

李衣菜「レッスンや収録に参加できる日はまちまちだし、遊びに誘ってもいつも断るし!」

奈緒「それくらいなら、よくある話だろ」

凛「本当は嫌われてるんじゃないの?」

李衣菜「そんなことないってば!」

李衣菜「一緒にお風呂に入るときは背中を流し合うくらいには仲良しだよ!」





加蓮「おっ」

奈緒「キマシタワー」

凛「kwsk」

李衣菜「ひえー! TP名物誘導尋問だー!」ウワーン

3: ◆ag9TZfREZs 2016/10/19(水) 21:53:50.42 ID:7m6V19GV0
凛「茶番は置いといて……」

凛「みくがおかしいと思う、何か決定的な理由があるんでしょ?」

李衣菜「そう! それが、かなり厄介なことになっちゃって……」

奈緒「おいおい、怖い話はやめてくれよな……」

李衣菜「みくっていつも制服で帰るでしょ?」

加蓮「うん、前川さんのことだね?」

李衣菜「いつも着てる割には妙に綺麗だなって思って、この間ブレザーを調べたんだ」

凛「名前が違ってた、とかいうオチはやめてよ?」

李衣菜「そしたらタグを見つけたんだけど――」

4: ◆ag9TZfREZs 2016/10/19(水) 21:55:15.64 ID:7m6V19GV0
李衣菜「『佐藤衣装』って書いてあったんだ……」

凛「……」

奈緒「」

加蓮「……」

李衣菜「それってさ……実在しない学校の制服ってこと……だよね?」

凛「……」

奈緒「」

加蓮「……」









奈緒「な、なな、なんだってぇー!!」ガクブル

凛「!?」

加蓮「!?」

5: ◆ag9TZfREZs 2016/10/19(水) 21:57:35.73 ID:7m6V19GV0
李衣菜「ね?! 絶対おかしいでしょ!?」

奈緒「つまり、みみ、みくは、この世界に存在しない、ナニモノかということにぃ……!」ガクブル

李衣菜「私は、猫又説を主張してるんだけどね?」

奈緒「よよ、よ、妖怪だとぉ……?!」ガクブル

李衣菜「そう、老いた猫が妖怪化したという、あの猫又!」

奈緒「みみ、み、みくは一体いくつなんだぁ……!?」

李衣菜「そんなのもう関係ないよ! 妖怪は不死の存在、あとは毎日墓場で運動会なんだから!」

奈緒「そ、そそ、それってまさか……ウサミン星人の上位互換……?!」ガクガクブルブル

凛「李衣菜、ちょっと待っててくれる?」ガシッ

加蓮「3人で打ち合わせするから」ガシッ

奈緒「ああぁあぁぁ……!」ズルズルガクブル

李衣菜「出たー! TP名物TP会議だー!」

6: ◆ag9TZfREZs 2016/10/19(水) 22:06:48.38 ID:7m6V19GV0
凛「奈緒、驚きすぎ」

奈緒「だだ、だ、だって……!」ガクブル

奈緒「存在しない人間なんて、まるで幽霊じゃんか!」

奈緒「ならせめて妖怪と思ったほうが――!」

加蓮「その理論だと、私も幽霊なんだけど?」

奈緒「……」

奈緒「あっ」

凛「どう? 落ち着いた?」

奈緒「あぁ……ありがとう」

加蓮「うん、じゃあ戻ろうか」

7: ◆ag9TZfREZs 2016/10/19(水) 22:08:01.17 ID:7m6V19GV0
凛「お待たせ」

李衣菜「あ、うん……」

奈緒「……」フゥ...









奈緒「現実を見ろ、みくはカスタムだ」キリッ

李衣菜「な、なんだってー!」

凛「ンフッw」

加蓮「ンハッw」

8: ◆ag9TZfREZs 2016/10/19(水) 22:09:14.40 ID:7m6V19GV0
凛「キリッじゃないよww」

加蓮「一番ビビってたの、自分じゃんwww!」

凛「何でww格好つけるわけwww?」

加蓮「お前だよwww現実を見るのはwwお前だよwww」

凛「奈緒悪い子ww分かってて笑わせにくる悪い子www」

加蓮「李衣菜も気付いてよwwそいつwさっきまでプルプル震えてたやつだからwww」





奈緒「な?」キリッ

9: ◆ag9TZfREZs 2016/10/19(水) 22:11:32.02 ID:7m6V19GV0
奈緒「それで? この話を持ちかけてきたってことは、私たちに用事があるんだろう?」キリッ

李衣菜「そう! そうなんだよ!」

李衣菜「みくのことを調べたくて、プロデューサーに相談したんだけどさ――」





P「それなら加蓮が良いな。あいつ勘が良すぎて、俺の仕事を増やすくらいだから」





李衣菜「――って言われたんだ」

奈緒「ほほぅ、なるほどね」キリッ

凛(何? Pさんを怒らせたの?)ヒソヒソ

加蓮(最近、同僚のカスタムバラしばっかりしてたから……)ヒソヒソ

凛(そりゃ怒るよ)ヒソヒソ

10: ◆ag9TZfREZs 2016/10/19(水) 22:20:38.43 ID:hQKW+yLq0
凛(だって、カスタムの子たちって、バレるたびに報告書提出するんでしょ?)

加蓮(そうだよ。いつ、どこで、誰に、どうして、なぜ、どんな風にバレたか……全部書く必要があるから面倒なんだよね……)

凛(そして、その報告を受けるたびに、プロデュースを全て再検討し直す作業がPに発生する……と)

加蓮(ここしばらくの間に、5人もバラしちゃったからなぁ……)

凛(昨日見たけど、P泣いてたよ?)

加蓮(それで今、面倒くさい問題を、私が抱えるはめに……)

凛(自業自得かな)

11: ◆ag9TZfREZs 2016/10/19(水) 22:22:49.29 ID:hQKW+yLq0
凛(というか、Pも相当キてるよね)

凛(後でみくのバレ報告が来るって、気付いてないみたいだし……)

加蓮(でも、私はPさんの信頼を受けて頼まれたわけだから、期待には応えないと)キリッ

凛(ダメだこの子wwまた報告書を提出させるつもりだwww)

加蓮(みくの名前でね!)

凛(www……ふぅw)

凛(分かったよ、私も手伝うから)

加蓮(それじゃ、今回はTPwith李衣菜で!)

凛(はいはい)

12: ◆ag9TZfREZs 2016/10/19(水) 22:23:51.71 ID:hQKW+yLq0
加蓮「まぁまぁ2人とも、ここで喋ってても埒が明かないよ」

凛「まずは全員でみくを尾行しようか」

李衣菜「尾行か……私、初めてなんだよなぁ」

奈緒「たびたびあってたまるか!」

凛「今日のみくのスケジュールは?」

李衣菜「この時間なら、もうすぐレッスンが終わる頃だね。それで、しばらく休みだったはず」

加蓮「つまり……みくが家に帰る日!」

奈緒「拠点に上がり込んで、洗いざらい吐いてもらうか!」

凛「毛玉を……ね」キリッ

奈緒「ってそれじゃ本物の猫じゃん!!」

4人「「HAHAHAHA」」

13: ◆ag9TZfREZs 2016/10/19(水) 22:25:05.93 ID:hQKW+yLq0
夕方――



みく「お先に失礼するにゃー♪」





ちひろ「お疲れ様です~」

凛「目標、事務所を出たよ」

奈緒「このあとの行動は分かるか?」

李衣菜「うん、まずは電車に乗るよ」

加蓮「それじゃ、距離を一定に保ちながら尾行を開始します」

14: ◆ag9TZfREZs 2016/10/19(水) 22:26:01.85 ID:hQKW+yLq0
電車内――



みく「……」ドクショ





奈緒「みくが真面目に読書してる……」

李衣菜「アイドルの姿ばかり見てるから、なんか新鮮だよね」

加蓮「この電車って……」

凛「うん、海に向かってるね」

15: ◆ag9TZfREZs 2016/10/19(水) 22:27:24.59 ID:hQKW+yLq0
某駅前――



みく「……」トコトコ





奈緒「目の前が港だな」

李衣菜「うわ!? 何あの船!! でっか!!」

凛「やっぱり、学園艦……!」

加蓮「しかも、あれは……!」

奈緒「おい! あの学園艦……聖グロリアーナのだぞ?!」

李衣菜「せい……あんな……何て?」

奈緒「聖グロリアーナ女学院!! その学園艦!!」

奈緒「『タイが曲がってらしてよ?』とかいう空気全開の、由緒正しいお嬢様学校だよ!!」

李衣菜「えー! そりゃロックだなぁ!」

加蓮「うん、まぁUKロックかもね」

李衣菜「ゆ、ゆー……何て?」

加蓮「あっ(察し)」

加蓮「なんでもないよ(慈愛の目)」

16: ◆ag9TZfREZs 2016/10/19(水) 22:29:38.77 ID:hQKW+yLq0
某公衆トイレ前――


みく「……」キョロキョロ

みく「……」キョロキョロ





奈緒「公衆トイレの前で、挙動不審だな」

李衣菜「あっ、小走りで入ってった」

加蓮「それじゃ、私が様子を見に行くね?」スタスタ

凛「気を付けてね」ノ

奈緒「何に気を付けるんだよ」ノ

凛「レバーを押すときに力を入れすぎて、指を骨折しないように、とか……」

奈緒「指弱っ」

17: ◆ag9TZfREZs 2016/10/19(水) 22:32:10.35 ID:hQKW+yLq0
2分後――



みほ「お待たせしました」

奈緒「相変わらず早いなー、それも西住流?」

みほ「うん、お母さん直伝の」

奈緒「家元wwオリジナルwww」

みほ「うちのお母さんって若々しいですよね? あれ、西住流化粧術なんです」

奈緒「家元www何してるんだよww」

李衣菜「えっ誰この人?!」

凛「加蓮だよ」

みほ「李衣菜さん、はじめまして。北条加蓮としてお世話になってます、西住みほです」ペコリ

李衣菜「えぇえぇぇ!? 加蓮ってカスタムだったのぉ!?」

みほ「このことは内緒でお願いします」

李衣菜「が……頑張る!」

凛「また報告書書くはめになるよ?」

みほ「大丈夫! 私、書くの早くなったから」ニコリ

凛「慣れちゃダメなヤツだよそれwww」

18: ◆ag9TZfREZs 2016/10/19(水) 22:32:57.88 ID:hQKW+yLq0
奈緒「それで、中はどうだった?」

みほ「使用中が1つだけでした」

凛「その間、トイレに出入りした人はいないよ」

李衣菜「ねぇ、これってどういうこと?」

奈緒「つまり、今から出てくるのが、みくのカスタム前ってことだ」

李衣菜「あっ……そうか」

凛「さて……鬼が出るか、蛇が出るか……」

みほ「なるべく知ってる人だと良いなぁ……」

19: ◆ag9TZfREZs 2016/10/19(水) 22:33:51.88 ID:hQKW+yLq0
ガチャンッ

ギィィィ...





奈緒「あ! もうすぐ出てくるぞ!」

凛「隠れて、隠れて!」

20: ◆ag9TZfREZs 2016/10/19(水) 22:34:25.04 ID:hQKW+yLq0
??「……」コソコソ





李衣菜「……えっ!?」

みほ「あの人は……!」

21: ◆ag9TZfREZs 2016/10/19(水) 22:35:04.21 ID:hQKW+yLq0
ローズヒップ「……」キョロキョロ





奈緒「聖グロリアーナ戦車道、クルセイダー小隊長のローズヒップ!!」

凛(奈緒、前より詳しくなったなぁ……)

李衣菜「えっ、うそ、あれがみくなの?!」

みほ「目標、港へ向かって歩き始めました。このまま尾行を続けます」

22: ◆ag9TZfREZs 2016/10/19(水) 22:35:54.33 ID:hQKW+yLq0
聖グロリアーナ学園艦――



ローズヒップ「お久し振りですわー!」タタタタッ

風紀委員「ローズヒップさん、入艦ですね」カキカキ

風紀委員「あぁ、ローズヒップ様の溌剌としたお姿……何度見てもお美しいですわぁ……///」

23: ◆ag9TZfREZs 2016/10/19(水) 22:36:57.20 ID:hQKW+yLq0
李衣菜「……今時、あんな言葉遣いの人っていたんだね」

凛「そっちが気になったんだ」

奈緒「早く着けようぜ?」

凛「無茶言わないの。学園艦は学校だよ?」

凛「そんな突然訪れて『はいどうぞ』って通してもらえるわけないじゃない」

奈緒「あ……そっか」

李衣菜「えぇ~。それじゃ、今日はもう終わり?」

みほ「……あ、待ってください!」

24: ◆ag9TZfREZs 2016/10/19(水) 22:37:45.27 ID:hQKW+yLq0
ダージリン「あら、ローズヒップ。お帰りなさい」

ローズヒップ「ダージリン様! また会えてわたくし嬉しいですのー!」

ダージリン「フフ……そうね、少し久しぶりね」

ダージリン「いらっしゃい、今日はお菓子がたくさんあるから、貴女にも手伝ってもらいたいの」

ローズヒップ「わたくしがダージリン様たちとティータイムですか!? 身に余る幸栄ですわー!」









李衣菜「う、うそだ……みくが、みくが綺麗な女性に尻尾降ってる……!」ワナワナ

奈緒「ブンブンふってるのが目に見えるな」

凛「完全に犬じゃんww猫キャラwwなのにwww」

みほ「それでは皆さん、私のあとについてきてください!」

25: ◆ag9TZfREZs 2016/10/19(水) 22:39:18.73 ID:hQKW+yLq0
風紀委員「そろそろ出港時間ですわ」

風紀委員「また陸とさよならですのね……」

風紀委員「別に揺れないんだから良いじゃん」

風紀委員「ちょっと、言葉遣いが乱れてましてよ?」

風紀委員「実際に酔った方っていらっしゃるのかしら?」

風紀委員「ローズヒップ様は以前『入学初日だけ酔った』と仰っていましたわ!」

風紀委員「学園艦で酔うなんて、都市伝説だとばかり思っていましたの」

風紀委員「世の中、まだまだ分からないことがたくさんありますのね」

風紀委員「まあ私たちは、一般常識が一番危ういですけれど」

風紀委員ズ「「OHOHOHO」」









みほ「あの! すみません!」

風紀委員「……ん?」

26: ◆ag9TZfREZs 2016/10/19(水) 22:40:09.71 ID:hQKW+yLq0
みほ「私、大洗女子学園の!! 西住みほです!!」

みほ「ダージリンさんに至急用がありまして!! 直接伺いに来ました!!」

風紀委員「おぉー! あの西住みほだぁ!」

風紀委員「こら! 言葉遣いがなっていませんわよ!」

風紀委員「申し訳ありませんが、手続きが無い方を通すわけには――」









ダージリン「……今、みほさんの名前が聞こえた気がしたんだけど……」スタスタ

みほ「あ! ダージリンさん!」

ダージリン「……あら! みほさんじゃないの、どうしてここに?」

みほ「実はダージリンさんに大事な用があるんです」

27: ◆ag9TZfREZs 2016/10/19(水) 22:41:12.55 ID:hQKW+yLq0
奈緒「だけどここの人たちが、入れてくれないんだよ」

ダージリン「……後ろの方たちは?」

みほ「こちらは、手前から神谷奈緒さん、渋谷凛さん、多田李衣菜さんといいます」

みほ「皆、私の大切な仲間です」

風紀委員「えっ?! しぶりん来てるの!? どこどこどこ!?」

風紀委員「こら! 奈緒様を無視するなんて、いい度胸ですわね!?」

風紀委員「だりーなをスルーする者は地獄の業火に焼かれるであろう」

風紀委員「言葉遣い!」

ダージリン「皆さん、とても有名な方たちなのね」

みほ「あはは……」

28: ◆ag9TZfREZs 2016/10/19(水) 22:42:02.33 ID:hQKW+yLq0
ダージリン「分かりました、話は部屋で聞きましょう」

ダージリン「この方たちを通してあげてちょうだい」

風紀委員「あの……もうすぐ出港なんですけど……」

ダージリン「この方たちは、それを覚悟でここへやって来ているわ」

ダージリン「大事なお客様を迎えるよう、各所連絡お願いね?」

風紀委員「はっ! 了解しました!」ビシッ

風紀委員「お客様ですわ! しっかりもてなすのですよ!」

聖グロリアーナ「「承りましたわ!!!!」」

ダージリン「それでは、私に着いてきてください」スタスタ

みほ「ありがとうございます!」トコトコ





李衣菜「どうしよう、この空気に慣れる気がしない……」トコトコ

凛「大丈夫、諦めるっていう最後の慣れがあるから」スタスタ

奈緒「すげぇ! あたし、聖グロの学園艦にいる!!」ワクワク

29: ◆ag9TZfREZs 2016/10/19(水) 22:43:16.01 ID:hQKW+yLq0
ダージリン「それにしても、美しいお友達ですわね?」

みほ「実は(自分を含めて)全員アイドルなんです」

ダージリン「あらっそうなの?」

ダージリン「ゴメンなさいね、私、そういうのに疎くて……」

李衣菜「あっ気にしなくて良いんで!」

奈緒「これくらい、いつものことだしな」

凛「すみません……初対面なのに、馴れ馴れしくて……」

ダージリン「構いませんわ。うちはいつもこの調子ですから、むしろ新鮮ですの」

みほ「みんな、ダージリンさんに失礼だよ?」

李衣菜「あはは、ゴメンなさい」タハハ

30: ◆ag9TZfREZs 2016/10/19(水) 22:44:31.98 ID:hQKW+yLq0
李衣菜「ダージリン?さんって、スゴい人なの?」

ダージリン「あら、どうしてそう思ったかしら?」

李衣菜「だって、さっきまで堅物だった子たちが、ダージリンさんが来た途端に言いなりになったから……」

奈緒「李衣菜は、戦車道は知ってる?」

李衣菜「え? いやぁ、全然……」

奈緒「ここ聖グロリアーナは、その戦車道の全国レベルの強豪校なんだよ」

李衣菜「へぇー! スゴい!」

奈緒「そしてこの方こそ、その戦車道の隊長をつとめるダージリン、その人だ!」

李衣菜「それってさ、甲子園強豪校のキャプテンみたいな感じ?!」

奈緒「おっ、よく知ってるなぁ、甲子園のことなんて!」

李衣菜「ソファで酔いつぶれてたやきうのお姉ちゃんに教わったんだー」

奈緒「サンキューユッキ」

31: ◆ag9TZfREZs 2016/10/19(水) 22:48:11.31 ID:hQKW+yLq0
ダージリン「確かに、その認識で正しいですわ」

李衣菜「そんなにスゴい人だったなんて……」ホエー

ダージリン「でも、その理論で言えば、みほさんの方がもっと『スゴい人』ね」

みほ「そんな、私なんて……」アワアワ

ダージリン「謙遜しなくても結構よ?」

ダージリン「なんてったって、素人同然の弱小校を半年で優勝に導いた隊長なんですもの」

李衣菜「えぇえぇぇ?! 半年で全国優勝?! スゴすぎる!!」

32: ◆ag9TZfREZs 2016/10/19(水) 22:50:15.11 ID:hQKW+yLq0
ダージリン「私たち戦車道の間では有名人ですわ」

ダージリン「『素人ばかりを取り揃え、六月半で最後までイカせた姫』として……ね?」

みほ「ブフッwww」

奈緒「ちょww突然の下ネタwww」

李衣菜「お嬢様学校で下ネタとか、ロックすぎる!」ワクワク

みほ「も、もう! ダージリンさんってば///」

ダージリン「フフ……冗談ですわ♪」

ダージリン「今のは友人(ケイ)の受け売りよ」









凛(この人……クールの皮を被ったキュートだ……!)

凛(そう、まるで李衣菜や奈緒のような……!)ゴクリ

33: ◆ag9TZfREZs 2016/10/19(水) 22:51:32.12 ID:hQKW+yLq0
紅茶の園――



ダージリン「お待たせ」ガチャリ

オレンジペコ「遅かったですね、ダージリン様?」

ダージリン「実は人と会っていたの……あら」

ダージリン「来てくれたのね、ローズヒップ?」

ローズヒップ「はい! ダージリン様との約束なら、絶対に守ってみせますわー!」

ダージリン「それなら、ちょうど良かったわね」

34: ◆ag9TZfREZs 2016/10/19(水) 22:52:19.19 ID:hQKW+yLq0
ダージリン「実は今、みほさんとそのお友達が来ているの」

ダージリン「是非お茶会に参加してもらおうと思ったのだけれど……良いかしら?」

オレンジペコ「みほさんなら歓迎します」

アッサム「ということは、あんこうの人たちかしら?」

ダージリン「いえ、今日は違うお友達なの」

アッサム「あら……珍しいこともあるのね」

ローズヒップ「わたくしは誰でもウェルカムですの!」

ダージリン「フフ……ローズヒップは、一番驚くと思うわ」

ローズヒップ「へ?」

ダージリン「では、どうぞ」

みほ「お久し振りですー」ヒョコッ

35: ◆ag9TZfREZs 2016/10/19(水) 22:53:30.18 ID:hQKW+yLq0
凛「お邪魔します」ゾロゾロ

李衣菜「失礼しまーす!」ゾロゾロ

奈緒「うおぉ! ここがあの、聖グロ生でも簡単に入れないと噂の『紅茶の園』かー!」ゾロゾロ









ローズヒップ「」





みほ「ちょwwフフッwww」

凛「完全にww静止したwww」

36: ◆ag9TZfREZs 2016/10/19(水) 22:58:58.87 ID:hQKW+yLq0
ダージリン「こちらはみほさんのお友達の渋谷凛さん、神谷奈緒さん、多田李衣菜さんよ」

ダージリン「みんなアイドルなんですって」

オレンジペコ「わぁ……私、アイドルの人なんて初めて見ます!」

アッサム「道理で、美人ばかり揃ってると思いましたわ」

ダージリン「ゴメンなさい、私たちはあまりテレビとか見ないものだから……」

ダージリン「この場に、皆さんを知っている方がいませんの……」

凛「あ、そうなんですか?」

みほ「十時愛梨さんとか、ご存知ありませんか? CGプロ所属のシンデレラガールなんですけど……」

アッサム「ゴメンなさい」ペコリ

奈緒「いやぁwww良いですよww」

李衣菜「そっかぁwww知ってる人いないのかぁwww」









ローズヒップ「」





みほ「www」

凛「www」

37: ◆ag9TZfREZs 2016/10/19(水) 23:00:11.37 ID:hQKW+yLq0
ダージリン「ローズヒップも、確か詳しくないと言っていたわよね?」

ローズヒップ「」









ローズヒップ「……はぃ……」ボソッ









みほ「www」

凛「www」ダンダン

奈緒「ナハハwww」

李衣菜「ファーwww」





オレンジペコ(これは……)

アッサム(まさか……)

38: ◆ag9TZfREZs 2016/10/19(水) 23:01:50.17 ID:hQKW+yLq0
ダージリン「皆さん一般家庭出身だと仰っていたので、ローズヒップなら一番話が合うと思いますわ」

李衣菜「それじゃ私、ローズヒップさんの隣ー!」ズイッ

凛「なら私は、反対側の隣が良いな」ズイッ

ローズヒップ「」





※図解

李ロ凛
テーブル





オレンジペコ「ローズヒップ様w大人気ですねw」←察した

アッサム「まさに両手に花ですわw」←察した

40: ◆ag9TZfREZs 2016/10/19(水) 23:16:54.23 ID:hQKW+yLq0
李衣菜「私、ローズヒップさんに聞きたいことが、たくさんあるんですよぉ」ニヤニヤ

凛「奇遇だね、実は私もあるんだ」

ローズヒップ「……あっはいなんでしょ……」

みほ「www」フルフル

李衣菜「好きな動物は猫ですかww?」

凛「ねぇwww嫌いな食べ物は魚かなww?」

李衣菜「好きな食べ物はwハンバーグwwですかww?」

凛「好きな言葉はw猫語だったりしてwww」

ローズヒップ「しししし知りませんわそんなことととと」ガクブルビチャビチャ

ダージリン「紅茶、こぼれてるわよ?」フフフ

41: ◆ag9TZfREZs 2016/10/19(水) 23:17:37.25 ID:hQKW+yLq0
李衣菜「あっそうだ、それならこれを観てくれますか?」つDVD

ダージリン「これは……?」

李衣菜「私の所属してるユニット『*』のライブ映像です!」

ローズヒップ「?!?!?!?!」ブーッ

ダージリン「あら、早速観ましょうか」

アッサム「では、私のノートPCを使いましょう」ガチャガチャ

オレンジペコ「流石、手際が良いですね」

アッサム「これからの時代には、こうした技術も必要ですのよ?」サイセイスタート

42: ◆ag9TZfREZs 2016/10/19(水) 23:18:24.57 ID:hQKW+yLq0
みくりーな『~♪』





オレンジペコ「うわぁ……! 李衣菜さん、可愛いですね!」

李衣菜「私としては『ロックだね』って言われたいんだけどなぁ……」

ダージリン「あら(突然)」

ダージリン「お隣の可愛い子は誰かしら(棒)」

李衣菜「その子は私のパートナーの、前川みくです(棒)」

李衣菜「ご覧の通り、猫を全面に出した、いわゆる猫キャラなんですよ(棒)」

凛「みくは可愛いよね(棒)」

奈緒「あぁ、可愛いよな(棒)」

ローズヒップ「」

43: ◆ag9TZfREZs 2016/10/19(水) 23:19:13.43 ID:hQKW+yLq0
アッサム「……あら?」



李衣菜『みくだって、しおらしさとは無縁じゃん!』

みく『それ、李衣菜チャンに言われたく無いにゃ!』



オレンジペコ「ケンカしてますけど?」

凛「ケンカするほど仲が良いってやつだよ(棒)」



李衣菜『それじゃ、実際にやって見せてよ!』

みく『やってやんよ!』

李衣菜『それじゃーねぇ……お嬢様言葉! ハイ!』

みく『え゛? えっと……』

44: ◆ag9TZfREZs 2016/10/19(水) 23:20:27.13 ID:hQKW+yLq0





みく『リミッター外しちゃいますのよ!』





李衣菜『どんな状況なのさ!?』

観客『『ワハハハハ……!!』』









ローズヒップ「あ゛あ゛あ゛あ゛あ゛あ゛あ゛あ゛あ゛あ゛あ゛あ゛あ゛あ゛あ゛あ゛!!!!!!!!」

凛「www」ドッ

45: ◆ag9TZfREZs 2016/10/19(水) 23:21:19.55 ID:hQKW+yLq0
しばらくして――



みほ「出てきてください、ローズミックさん」

ローズヒップ「これ以上いぢめないで欲しいんですけど」ズーン...

李衣菜「すっかりテーブルの下に潜り込んじゃった……」

奈緒「完全に乃々じゃねーかコレ」

凛「このままじゃ埒があかないね」

オレンジペコ「どうしましょうか?」

アッサム「う~ん……こういう状況のデータは持っていないわ……」

ダージリン「……私に任せてちょうだい」

46: ◆ag9TZfREZs 2016/10/19(水) 23:22:11.75 ID:hQKW+yLq0
ダージリン「ローズヒップ、立ち上がりなさい」

ローズヒップ「え、でも……」

ダージリン「あなたの長所は、どんな困難にも全力でぶつかることのできるところよ?」

ダージリン「私の知るローズヒップは、こんなことで挫けるような子じゃないわ」

ダージリン「私の中のローズヒップのイメージ……守ってくれるかしら?」

ローズヒップ「ダージリン様……」





ローズヒップ「了解ですわー……」ゴソゴソ

奈緒「勢いが死んでるww」

みほ「でも、ローズミックさんが出てきてくれました」

凛「それ、連呼しないでww鬼畜めwww」ダンダン

49: ◆ag9TZfREZs 2016/10/19(水) 23:38:22.48 ID:hQKW+yLq0
みほ「かくかくしかじか」

ローズヒップ「くるせいだーず」





みほ「つまりローズミックさんは昔から、セルプロでアイドル活動をしていたんですね?」

ローズヒップ「はい……うちは大家族だから、家計の足しにしたいと思って……」

50: ◆ag9TZfREZs 2016/10/19(水) 23:42:00.30 ID:hQKW+yLq0
CGプロ用語――セルプロ



セルフプロデュースの略称

事務所に所属せず、自分で自分をプロデュースするアイドルを意味する

やりたい放題出来るのが特徴だが、文字通り全てを自分でこなす必要があるため、新規参入しやすい反面、継続するにはある種の才能が必要である

51: ◆ag9TZfREZs 2016/10/19(水) 23:43:10.64 ID:hQKW+yLq0
奈緒「それで好きな猫をモチーフに、猫アイドルになったのは分かるけど……」

李衣菜「別にウィッグまでかぶる必要無かったんじゃないの?」

オレンジペコ「その赤髪、綺麗ですよ?」

ローズヒップ「えっと、これはその……」

ローズヒップ「棒読みでお嬢様な高校生スクールアイドルと、キャラデザがかぶってると抗議されるのを避けるためでして……」

凛「まきちゃんはそんなこと言わない」

奈緒「まきちゃん」

52: ◆ag9TZfREZs 2016/10/19(水) 23:44:14.24 ID:hQKW+yLq0
凛「それにしても、立派な赤髪だね」

奈緒「日本人でここまで立派な赤髪の地毛って、珍しすぎるよな」

ローズヒップ「あ、これは母の遺伝ですの」

奈緒「えっ」

ローズヒップ「わたくし、赤髪の綺麗なイギリス人の母と日本人の父のハーフなのですわ」

みほ「えぇ?! ローズミックさんってハーフだったんですか!?」

ダージリン(日本人)「それは、初耳だわ」

アッサム(日本人)「私も知りませんでした」

オレンジペコ(日本人)「どうりで端整な顔立ちをしていると思いました」

李衣菜「なんか今、失礼なテロップが流れた気がする……」

53: ◆ag9TZfREZs 2016/10/19(水) 23:45:35.78 ID:hQKW+yLq0
みほ「でも、よく聖グロリアーナに入学できましたね?」

凛「ここって偏差値高いことで有名だよ?」

奈緒「しかも学費が高そうだ」

アッサム「その心配は無用ですわ」

アッサム「ローズヒップは成績優秀者として、奨学金が出ていますの」

TP「「えええぇぇ?!」」

李衣菜「えっ?! みくって、そんなに賢いの!?」

アッサム「正直な話、学業には自信のある私でも、歯が立ちませんわ」

李衣菜「すげー! みくすげー!」

凛「えっ、それじゃ、入学式に壇上に上がったの?」

アッサム「上がりましたよ」

ダージリン「上がっていたわ」

オレンジペコ「写真でなら、見たことがあります」

みほ「えぇ~……イメージが……」

ローズヒップ「私はなんにでも一生懸命なだけですのよー!」プンプン

54: ◆ag9TZfREZs 2016/10/19(水) 23:46:41.06 ID:hQKW+yLq0
ローズヒップ「まぁ……そんなわけなので……」

ローズヒップ「学園艦ではローズヒップとして、事務所では前川みくとして、公共の場では前川さんとして、家では大阪丸出しの大家族の末っ子として……」

ローズヒップ「時と場合によって、自分のキャラを調整しています……」

李衣菜「自分曲げすぎじゃない!?」

ローズヒップ「曲げ曲げですわ……」

凛「しかも大阪出身なんだよね?」

アッサム「あとイギリス人とのハーフも」

奈緒「キャラ濃すぎィ!」

ローズヒップ「だからキャラ作りでデチューンしていますの」

李衣菜「キャラを作ってキャラを減らすって、初めて聞いたんだけど……」

みほ「皆を騙している罪悪感とか、無いんですか?」

ローズヒップ「どれも生活に必要だったので……特には……」

奈緒「無いのかよ」

55: ◆ag9TZfREZs 2016/10/19(水) 23:59:52.73 ID:hQKW+yLq0
オレンジペコ「え?! オレンジペコ様は関西人なんですか?!」

ローズヒップ「いやそれはちゃうねんて今はほんまごっつ標準語いけるし」

オレンジペコ「すごく大阪ですね!?」

アッサム「……先日『ダージリン様の机の上はなおしておきましたわ!』などと意☆味☆不☆明のことを言っていたのは……もしかして方言……?!」

ローズヒップ「いやいや、なおすは普通に標準語やんか」

アッサム「違います!」





※なおす……関西では『片付ける』を意味します

56: ◆ag9TZfREZs 2016/10/20(木) 00:01:08.90 ID:aBoOYQhC0
李衣菜「家では関西弁なんだ……」

凛「今までよく隠せたね」

ローズヒップ「めっさ頑張りましてよ?」

奈緒「出てる出てる」

みほ「方言については、私も思い当たるところがあります」

みほ「基本的に、周りが標準語だと、特に訛らないんですよ」

凛「そうなんだ」

みほ「ローズミックさんは、家に同郷の親族がたくさんいるから、家だけ方言になるんだと思います」

ローズヒップ「そう! その通りですの!」

みほ「ですよね!」キャッキャッ

李衣菜「地方出身あるあるなのかな?」

奈緒「多分な」

57: ◆ag9TZfREZs 2016/10/20(木) 00:02:05.28 ID:aBoOYQhC0
みほ「私も実家に帰った時は、熊本弁全開ですから」

凛「あ、そっか。熊本出身なんだっけ?」

ダージリン「熊本弁のみほさん……是非聞きたいわ」

オレンジペコ「あっ私も」

みほ「では、今だけ……」コホン









みほ「闇に飲まれよ、聖なる英姫、橙の従者、黄金の知将、公爵の薔薇騎士よ!(お疲れ様です、ダージリンさん、オレンジペコさん、アッサムさん、ローズミックさん!)」

3人「「!?!?!?!?」」

58: ◆ag9TZfREZs 2016/10/20(木) 00:02:56.24 ID:aBoOYQhC0
みほ「来る鉄の聖戦、我が軍勢も力を手に入れ、聖騎士団を打ち砕いて見せよう!(次の大会では、大洗もたくさん練習してくるので、負けませんよ!)」

李衣菜「おー!」パチパチ

奈緒「立派な熊本弁だなー!」パチパチ

ローズヒップ「何を仰ってるかさっぱり分かりませんのー!」パチパチ

凛「今度蘭子を連れて実家に行って良い?」パチパチ

みほ「剛の流派の顕現とその体現者の赦しがあらば(うん、お母さんとお姉ちゃんが良いって言ったら)」





アッサム(えっ驚いてるの私たちだけ!?)

オレンジペコ(ローズヒップ様も普通に受け止めています……!)

ダージリン(生熊本弁……初めて聞いたわ)ウキウキ

60: ◆ag9TZfREZs 2016/10/20(木) 00:04:05.70 ID:aBoOYQhC0
凛「せっかくだから、みくの姿になってよ」

ローズヒップ「え゛っ」

ダージリン「あら、それは素敵ね」

オレンジペコ「アイドルのローズヒップ様のお姿、是非見たいです」

アッサム「えぇ、とても興味深いわ」

みく「でも……」

奈緒「だからってそのままだと、加蓮がいじり続けるぞ?」

みほ「お願いしますローズミックさん!」

ローズヒップ「さっきからうぜぇですの!」

アッサム「ローズヒップ」

ローズヒップ「あ、はい……先程から雑念を催しすぎですの」

李衣菜「それ正しいの?」

61: ◆ag9TZfREZs 2016/10/20(木) 00:09:41.74 ID:aBoOYQhC0
ダージリン「ローズヒップ、是非あなたのアイドルの姿が見たいわ」

ローズヒップ「でも、その……服を脱ぐ必要が、ありまして……」

ローズヒップ「この神聖な紅茶の園で、そんな破廉恥なことは――!」

ダージリン「今だけ認めます!」

オレンジペコ「異議ありません!」

アッサム「D・V・D! D・V・D!」

奈緒「それ、外では絶対に言っちゃダメだから!」

ダージリン「ローズヒップ、お願い?」

ローズヒップ「うぅぅ……ダージリン様が仰るなら……」

みほ「報告書のことは私が詳しいので安心してください、ローズミックさん!」

ローズヒップ「分かりました! 分かりましたからいい加減、そのローズミックさんはやめてくれですわー!」

62: ◆ag9TZfREZs 2016/10/20(木) 00:11:28.27 ID:aBoOYQhC0
ローズヒップ「……とはいっても、実際にはあまりすることはありませんの」ガサゴソ

ローズヒップ「……お言葉に甘えて、服を脱がせていただきますわ」プチプチ

ローズヒップ「とにもかくにも、この貧胸(バストダウン)ブラを脱ぎまして……」ボロンッ

アッサム(でかっ!!)

オレンジペコ(綺麗……///)

ダージリン(ぐぬぬ)

李衣菜「そのわがままボディ、ずっと隠してるの?」

ローズヒップ?「もう、おっぱいパンっパンですわ!」

奈緒「ハーフなら、妙にスタイルが良いのも頷けるわー」

ローズヒップ?「今日はお気に入りの猫チャンブラをつけて……」ヨイショヨイショ

凛「そのサイズで、よくそんな可愛いの見つけたね?」

ローズヒップ?「実はコレ、前のライブの衣装をもらいましたの」

凛「あっその手があったか……!」

63: ◆ag9TZfREZs 2016/10/20(木) 00:12:43.75 ID:aBoOYQhC0
ローズヒップ?「猫チャンしっぽは……今日はスカートにつけますわ」カチャッ

ローズヒップ?「あとはみくウィッグをつけて……」パチッパチッ

ローズヒップ?「11ヶ所とめて……」パチッパチッ

奈緒「多いwww」

李衣菜「アイドルへの気合いがスゴい伝わってくる……」

李衣菜「あれ!? それじゃ、今まで一緒にお風呂に入ったときも……?!」

ローズヒップ?「『今日は髪洗わない日だから』って、いつもタオル頭に巻いてたでしょ?」パチッパチッ

李衣菜「……確かに!」

64: ◆ag9TZfREZs 2016/10/20(木) 00:13:38.98 ID:aBoOYQhC0
ローズヒップ?「あとは、モードをアイドルに変更すれば……」ティンッ

??「完成!」









みく「猫アイドル・前川みくの誕生にゃ!」ニャニャーン

65: ◆ag9TZfREZs 2016/10/20(木) 00:15:35.99 ID:aBoOYQhC0
アッサム「ローズ……ヒップ……?!(混乱)」

オレンジペコ「わぁ……可愛いですよ、ローズヒップ様!」

みく「のんのん! 今の私は前川みくにゃ! お分かりかにゃ、オレンジペコチャン?」ニャーン

オレンジペコ「あ、はい……///」ドキッ

ダージリン「フフフ……オレンジペコったら」クスクス

オレンジペコ「あぅぅ……///」

凛「それじゃみくは、高2だったんだね」

※遅ればせながら、本SSはローズヒップ高校2年生説を採用していますの

みく「中1でアイドルを始めたんだけど、小学生って言った方がウケが良いって聞いたから……」

奈緒「理由が俗い」

66: ◆ag9TZfREZs 2016/10/20(木) 00:16:20.29 ID:aBoOYQhC0
ダージリン「人は必ず、誰にも知られていない秘密を抱えているの」

ダージリン「でも、時にはそれが驚異となって、私たちに襲いかかることがあるわ」

ダージリン「大洗との親善試合で、一瞬にして4台も仲間を失った時のように……」

みほ「ダージリンさん……」

ダージリン「それを受け入れて、どれだけ私たちの戦車道を貫き通せるか――これはあなたの宿題よ、オレンジペコ」

オレンジペコ「分かりました」

オレンジペコ「必ず答えを見つけ、証明して見せます」

奈緒「なんか、すごく良い現場に立ち会ったみたいだな」

凛「部活って良いなぁ……」

みく「聖グロリアーナの戦車道は選択授業にゃ」

67: ◆ag9TZfREZs 2016/10/20(木) 00:17:00.83 ID:aBoOYQhC0
みく「あの……みくは正体を隠してアイドルをしてるから……」

みく「本当は、こうして正体をバラすのは、すっっっごい問題行為なの……」

みく「だからお願いします……この事は、ここだけの秘密に……!」ドゲザァ

ダージリン「……」

ダージリン「あら、ローズヒップが見当たりませんわね?」

アッサム「変装でもしているのでは?」

ダージリン「それはないでしょう。ねぇ?」

アッサム「そうですわね」

オレンジペコ「はい、仰る通りです」

みく「……ダージリンチャン、ありがとにゃあ!」ギュウゥゥ!!

ダージリン「あらあら、甘えん坊な子猫ちゃんだこと」ナデナデ

奈緒(……これが聖グロの外交力……!)ゴクリ

68: ◆ag9TZfREZs 2016/10/20(木) 00:17:52.79 ID:aBoOYQhC0
凛「私も、あんな風に頼れる先輩が欲しいな……」

みほ「卯月さんがいるじゃないですか」

凛「卯月は違うかな」

奈緒「即答」

李衣菜「バッサリ」

凛「それだったら、加蓮や奈緒の方が、頼れる先輩って感じかな?」

みほ「あ、はい///」

奈緒「急にデレるなよ///」

李衣菜「……」ニヤニヤ

69: ◆ag9TZfREZs 2016/10/20(木) 00:19:30.15 ID:aBoOYQhC0
ダージリン「ローズヒップがいないなら、仕方ないわね」

ダージリン「みくさん、ご一緒にお茶は如何かしら?」

みく「みく、イギリスのティータイムなんて初めてにゃ……」

ダージリン「私たちが教えますから、気楽にどうぞ」

みく「それじゃ、お呼ばれしまーす♪」

奈緒(そこまでなりきるのか……流石はトップアイドル)

アッサム「ここまで出来るのに、私の時はどうして1年半もかかったのかしら……」アタマカカエ

みく「いやぁ……さすがに淑女弁は難しくって……」

アッサム「ちょ゛?!」

ダージリン「フフ……淑女弁……フフフ……」テカクシー

オレンジペコ「言い得て妙です」

みほ(ダージリンさん、肩震えてますよ!)

70: ◆ag9TZfREZs 2016/10/20(木) 00:20:21.94 ID:aBoOYQhC0
しばらくして――



奈緒「いやぁ~……もうお腹いっぱいだぁ~……」

李衣菜「こんなに本格的なティータイム、生まれて初めて!」

凛(……桃華も将来、ここに通うのかな?)

オレンジペコ「楽しんでいただけたようですね」

みほ「はい。ありがとうございました」

みく「楽しかったにゃ!」

ダージリン「フフ……」

71: ◆ag9TZfREZs 2016/10/20(木) 00:20:55.23 ID:aBoOYQhC0
アッサム「……ところで、皆さんはこれから、どうなさるつもりですか?」

李衣菜「え?」

アッサム「いえ、もう学園艦は出港していますし……」

凛「え」

奈緒「あ」

李衣菜「ウソ!?」

アッサム「……もしかして、考えていなかった……とか?」

凛「ち、違うの! そこまで考えが至らなかっただけで……!」

みく「人はそれを『考えていなかった』って言うにゃ!」

奈緒「ぐっ……正論はやめろぉ……!」

アッサム「アッサムです!」

72: ◆ag9TZfREZs 2016/10/20(木) 00:21:30.32 ID:aBoOYQhC0
オレンジペコ「みほさんは、どうするつもりでしたか?」

みほ「うん……やろうと思えば何とでもなるから、大丈夫かなって」

オレンジペコ「なるほど」

アッサム「まぁ、そうですわね」

李衣菜「えっ? そんなものなの!?」

凛「さすが学園艦暮らしが長いだけあるね」

73: ◆ag9TZfREZs 2016/10/20(木) 00:22:50.81 ID:aBoOYQhC0
みほ「それに、いざとなったら、飛行機を所有している学園艦に連絡して、乗せてもらうって手もあるから」

奈緒「はぁ?! 何だそれ!?」

みほ「たとえばケイさんに――あ、サンダースの戦車道の隊長さんなんだけど」

みほ「たとえば『学園艦間輸送訓練に付き合いたい』と話をつけて、『聖グロリアーナ→サンダース→東京→大洗』で空輸を行うのがスムーズかな?」

アッサム「今の学園艦の位置情報を踏まえると、それが最短経路ですわね」カタカタ

ダージリン「その時は、聖グロリアーナ名物のきゅうりを贈りましょう」

みほ「うちは干し芋のストックがありますから、それでいきます」

オレンジペコ「私、そろそろサンダース流のピザが食べたいと思っていました」ワクワク

みほ「うちはスペアリブ用のお肉が欲しいかなぁ……」





李衣菜「何この別世界の会話」

凛「さすが戦車道歴が長いだけあるね」

奈緒「というか、そんな無茶苦茶な計画を通せる力を持ってるみほがやべぇ」

74: ◆ag9TZfREZs 2016/10/20(木) 00:24:00.74 ID:aBoOYQhC0
ダージリン「皆さんは、明日以降の予定は大丈夫かしら?」

奈緒「えっと……明後日までなら」パラッ

李衣菜「こっちも大丈夫!」ピッピッ

凛「……うん、何とかなるよ」

奈緒(せめて手帳か何かを見てから言えよ……)ゴクリ

李衣菜(シンデレラガールの『何とかなる』は威圧感がすごい……)ゴクリ

ダージリン「それなら宿舎に空きがあるので、そこに泊まったらどうかしら?」

奈緒「良いんですか!?」

ダージリン「みほさんの大切なお友達ですもの、丁重におもてなししなくては……ね」

李衣菜「よ、良かった~……」ホッ

75: ◆ag9TZfREZs 2016/10/20(木) 00:28:51.28 ID:aBoOYQhC0
ダージリン「そうだ。折角ですから、私たちの練習でも見学なさる?」

奈緒「え! 良いんですか!?」

ダージリン「そうね……『来賓への催し及び聖グロリアーナの戦車道の宣伝のため』という口実でどうかしら?」

アッサム「さっそく各車長に連絡します」

ダージリン「ありがとう」

李衣菜「これって、もしかしてスゴいこと?」

奈緒「ロックなことだな」

李衣菜「マジで!? ウッヒョー!!」

奈緒「おいクールアイドル」

みほ「やみのま!」

李衣菜「やみのま!(条件反射)」

ダージリン「フフ……やみのま」

奈緒「やみのまー」

凛「やみのま」

アッサム(えっなにこれ)ヒソヒソ

オレンジペコ(何かの儀式でしょうか?)ヒソヒソ

76: ◆ag9TZfREZs 2016/10/20(木) 00:30:19.99 ID:aBoOYQhC0
ダージリン「それではアッサム、凛さんたちを宿舎へご案内してあげて」

ダージリン「みほさんは私と打ち合わせをしますので。その後で私が案内するわ」

アッサム「分かりました」

ダージリン「後は、そうね……みくさんはオレンジペコに、芸能界の話をしてもらえるかしら?」

みく「任せるにゃ!」

オレンジペコ「ありがとうございます」wktk

ダージリン「それではみほさん、こちらへ」トコトコ

みほ「はい、失礼します……」トコトコ

77: ◆ag9TZfREZs 2016/10/20(木) 00:31:33.30 ID:aBoOYQhC0
学園艦――艦内廊下――



みほ「こんなにしていただいて、ありがとうございます」

ダージリン「構いませんわ。みほさんの新しいご友人には、私たちも興味津々ですので」

みほ「あはは……」

ダージリン「……」

みほ「あの……」

ダージリン「何?」

78: ◆ag9TZfREZs 2016/10/20(木) 00:32:20.53 ID:aBoOYQhC0









みほ「どうして嘘ついているんですか?」





ダージリン「……」

79: ◆ag9TZfREZs 2016/10/20(木) 00:33:07.77 ID:aBoOYQhC0
ダージリン「……フフ」

ダージリン「突然何を言うかと思えば……」フフフ

ダージリン「みほさんは、いつも私たちを驚かせてくれるのね?」

みほ「はぁ……」

ダージリン「それで、私が嘘をついていると思ったのは、何故かしら?」

みほ「やみのまー!」

ダージリン「えぇ、やみのま」

みほ「……ダージリンさんがこれを知っているのは、不自然なんです」

ダージリン「……」

80: ◆ag9TZfREZs 2016/10/20(木) 00:34:32.12 ID:aBoOYQhC0
みほ「ダージリンさんを始め、あの場にいた聖グロリアーナ生は全員『アイドルに詳しくない』と証言しました」

みほ「アイドルの中でも特に知名度の高いシンデレラガールの3代目・凛さんを見ても、初代・愛梨さんの名前を出しても、それは同じでした」

みほ「それはつまり、2代目・蘭子さんのことも知らないのが自然です」

みほ「なのにダージリンさんは、私の熊本弁に驚くことなく、むしろ楽しそうに聞き入っていました」

みほ「熊本弁は、蘭子さんの登場によって広く知れ渡った方言です。彼女なくして熊本弁は語れません」

ダージリン「……」

81: ◆ag9TZfREZs 2016/10/20(木) 00:35:50.51 ID:aBoOYQhC0
みほ「極めつけはやみのまです」

みほ「あの時私は、文脈を無視して言いました」

みほ「普通は、あれが挨拶だなんて思いませんよ?」

ダージリン「……その前に『闇に飲まれよ』と仰っていたわ、その略だと思って――」

みほ「あの短時間で、しかも略称だと思いつく人はそういません」

ダージリン「……意味は分からなくても、挨拶だと思ったから――」

みほ「いえ、その言い分も厳しいです」

ダージリン「なぜ?」

みほ「そもそも、あれを初回で聞き取れる人って、まずいないんです」

みほ「『やみ……え、何て?』って言われるのがオチですから」

ダージリン「そう……」

ダージリン「……」

82: ◆ag9TZfREZs 2016/10/20(木) 00:36:21.83 ID:aBoOYQhC0









ダージリン「おやりになるわね?」フゥ









83: ◆ag9TZfREZs 2016/10/20(木) 00:38:07.94 ID:aBoOYQhC0
ダージリン「みほさんの言うとおりよ」

ダージリン「私は、そこまでアイドルに疎くはないし、皆さんのことも全員知っていました」

みほ「それなら、どうして……?」

ダージリン「単純に、イメージの問題ですわ」

ダージリン「歴史と伝統の聖グロリアーナ女学園の戦車道隊長・ダージリンが、アイドルのことに詳しいと知られて、プラスになるとは思えませんもの」

みほ「本当は、どのくらい詳しいんですか?」

ダージリン「一通り……かしら? 深い話題でなければ、たいていのアイドルのことは理解しているつもりよ」

ダージリン「少なくとも隊員たちの話題は、おおよそ理解しているわ」

ダージリン「ちなみに私、箱では推さない主義なので」

みほ「い、意外と詳しい……」

84: ◆ag9TZfREZs 2016/10/20(木) 00:39:24.60 ID:aBoOYQhC0
みほ「さっき『全員知っていた』って言いましたよね?」

みほ「それってもしかして、みくさんのこともですか?」

ダージリン「……」

ダージリン「こんな言葉を知っているかしら?」

ダージリン「『深淵を覗くとき、深淵もまたこちらを覗いているのだ』」





みく「……そこでみくが、仁奈チャンを迎えに行ったにゃ!」

オレンジペコ「ニーチェですね」

みく「仁奈チャンだよ!?」





ダージリン「詮索したくなる気持ちは分かるけれど、深追いしてはいけないわ……元の自分に戻れなくなってしまうから」

みほ「は、はい……」

みほ(これってもしかして……聖グロリアーナの闇……?!)ゴクリ

85: ◆ag9TZfREZs 2016/10/20(木) 00:40:05.17 ID:aBoOYQhC0
ダージリン「……今の状況に意訳すれば……」









ダージリン「『恥ずかしいからこれ以上聞かないで』……という意味よ……///」

みほ「あっゴメンなさい///」

86: ◆ag9TZfREZs 2016/10/20(木) 00:41:07.59 ID:aBoOYQhC0
ダージリン「……」コホン

ダージリン「とはいえ、黙っていると根掘り葉掘り聞かれてしまいそうだから……」

ダージリン「私の推しメンを紹介して、この話題は終わりましょう」

みほ「分かりました」

みほ(想像以上にダージリンさんがアイドルに詳しい……)

みほ「でも、ダージリンさんのお眼鏡にかなう子って、なかなかいなさそうですよね」

ダージリン「……確かに、3人しかいないわ」

みほ「3人もいるんだ」

ダージリン「感想はご自由に」

みほ「それって、誰ですか……?」

ダージリン「……」フフ

87: ◆ag9TZfREZs 2016/10/20(木) 00:41:58.38 ID:aBoOYQhC0









ダージリン「推しが前川みく」



ダージリン「激推しが北条加蓮」



ダージリン「神推しがオレンジペコよ」









88: ◆ag9TZfREZs 2016/10/20(木) 00:42:38.74 ID:aBoOYQhC0
みほ「……フフ……そうですね、アイドルですね」クスクス

ダージリン「えぇ、最後だけは譲れないわ」ニコリ

みほ「それにしても……そっか、ダージリンさんにはバレてたんですね」

ダージリン「これでも、大勢の隊員を預かる隊長ですのよ?」

みほ「やっぱりダージリンさんは凄いです……!」

ダージリン「フフ……」

89: ◆ag9TZfREZs 2016/10/20(木) 00:44:16.08 ID:aBoOYQhC0









ダージリン(言えない……)





ダージリン(本当は、公衆トイレでのやり取りを全部見てしまったから、とは言えないわ――!!)









90: ◆ag9TZfREZs 2016/10/20(木) 00:45:53.82 ID:aBoOYQhC0
同刻――
CGプロ――



P「おーい! お待たせー!」

P「あれ? どこ行ったかな?」

P「……あ、電話中か」

??「えぇー! また変なこと言って、相手困らせてるの?!」

??「今は私無理だから、そっちでなんとかできそう? ……本当? それじゃお願いね?」ピッ

P「忙しかったか?」

??「あ゛……んんっ! いえ! もう済みました!」

P「今から車回すから、玄関口で待っててくれ」









有香「押忍! 今日もお願いします!」





続く?

91: ◆ag9TZfREZs 2016/10/20(木) 00:46:34.07 ID:aBoOYQhC0
以上です、ありがとうございました