ba0bb04ce83fa1b3f7c17d577c28d6ab

貴音
サイクリングレース 四条貴音

1: ◆.xKc9zwqNY 2014/07/27(日) 22:31:32.33 ID:lIbDgi1R0
エロとは似て非なる何かです

よろしければお付き合い下さい

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1406467882

2: ◆.xKc9zwqNY 2014/07/27(日) 22:32:15.44 ID:lIbDgi1R0
ピンポーン

響「はーい」トテトテ

ガチャッ

貴音「響、ごきげんよう」

3: ◆.xKc9zwqNY 2014/07/27(日) 22:33:05.29 ID:lIbDgi1R0
響「おー、待ってたぞー。ささ、あがってよ!」

貴音「ええ、では失礼いたします」

響「で、貴音。例の物は持ってきたの?」

貴音「もちろんですとも。先日響と行った動物園の模様を録画したでぇぶいでぇは、しかとこちらに」

4: ◆.xKc9zwqNY 2014/07/27(日) 22:33:50.75 ID:lIbDgi1R0
響「楽しかったよね! ペンギン可愛かったなぁ」

貴音(ぺんぎんに瞳を輝かせる響の方が可愛かったですけどね」

響「なっ、突然何言い出すさー////」

貴音「おっと、思考が漏れ出てしまいました。では、早速あの楽しき日の記録を二人で振り返りましょう」

5: ◆.xKc9zwqNY 2014/07/27(日) 22:34:18.19 ID:lIbDgi1R0
響「そうだね! あ、ちょっと待ってて。今お茶とお菓子持ってくるから」

貴音「お気遣い痛み入ります」




6: ◆.xKc9zwqNY 2014/07/27(日) 22:34:56.58 ID:lIbDgi1R0
……

響「よいしょっと。お待たs」ガチャッ

貴音「この痴れ者!」

響「うわっ!? ど、どしたの貴音?」

7: ◆.xKc9zwqNY 2014/07/27(日) 22:35:45.61 ID:lIbDgi1R0
貴音「どうしたもこうしたもありません! この者が私と響の大切な思い出のでぇぶいでぇを割ってしまったのです!」

オウ助「……」

響「お、オウ助がか!? どうしてそんなことやったんだ?」

8: ◆.xKc9zwqNY 2014/07/27(日) 22:36:28.50 ID:lIbDgi1R0
オウ助「」トリハヒカルモノニヨワインダヨー

響「そうか。それで驚いて……貴音、オウ助も悪気はなかったんだ。許してやってくれないかな?」

貴音「いくら響のお願いであろうと、こればかりは譲れません! このでぇぶいでぇは、あの日の響との楽しい思い出の結晶。それを無碍にするなど、許せるはずもありません!」

9: ◆.xKc9zwqNY 2014/07/27(日) 22:37:11.13 ID:lIbDgi1R0
響「うぅ……ごめんね貴音。自分に出来ることなら何でもするから許して欲しいぞ」

貴音「……何でも?」ギラッ

響「ひっ!? う、うん」

10: ◆.xKc9zwqNY 2014/07/27(日) 22:37:56.00 ID:lIbDgi1R0
貴音「そうですか……では響、今この場で服を脱いで下さい」

響「ふ、服を!?」

貴音「ええ。即ち、裸になれと言うことです」

響「そんなのはずかしいよ……」

11: ◆.xKc9zwqNY 2014/07/27(日) 22:38:54.32 ID:lIbDgi1R0
貴音「おや、何でもと言ったのは嘘だったのでしょうか?」

響「嘘じゃないけど……こんなこと」

貴音「それでは私の大切なでぇぶいでぇを今! この場で直して下さると言うのですか!?」

響「うぅ……」

12: ◆.xKc9zwqNY 2014/07/27(日) 22:39:32.56 ID:lIbDgi1R0
貴音「でぇぶいでぇ! でぇぶいでぇ!」

響「ぅ……」シュルッ

貴音「ふふふふふ」ジュルリ

13: ◆.xKc9zwqNY 2014/07/27(日) 22:40:10.27 ID:lIbDgi1R0
響「こ、これで良いのか?」

貴音「おぉ……これは、素晴らしい。響の幼さの残る顔や身長に、しっかりと自己主張する胸部……真、眼福でございます」

響「も、もう良いでしょ!」

貴音「なりません!」

響「ひっ!」ビクッ

14: ◆.xKc9zwqNY 2014/07/27(日) 22:40:57.71 ID:lIbDgi1R0
貴音「その両手で隠している所を開いて、私にじっくりと見せるのです」

響「そ、そんなぁ……」

貴音「でぇ・ぶい・でぇ! でぇ・ぶい・でぇ!」

響「う、うぅ……」ソロッ

15: ◆.xKc9zwqNY 2014/07/27(日) 22:41:36.25 ID:lIbDgi1R0
貴音「こ、これは……響の美しい逆三角地帯に、うっすらと生えた柔らかそうな陰毛……これでらぁめんを作ればさぞかし美味でしょう」

貴音「加えてこの縦すじ。全くもって芸術品の如き美しさ!」サワサワ

響「ひゃぅっ! 貴音ぇ、そこはダメぇ……」

貴音「おやぁ? では、私に先程のでぇぶいでぇを返して下さるというのですか? 今すぐ、この場で!」

16: ◆.xKc9zwqNY 2014/07/27(日) 22:42:16.06 ID:lIbDgi1R0
響「うっ、それは……」

貴音「ほら、でぇぶいでぇ! でぇぶいでぇ!」

響「わ、分かったよぅ」モジモジ

17: ◆.xKc9zwqNY 2014/07/27(日) 22:42:48.59 ID:lIbDgi1R0
貴音「では響、今度はしっかりと股を開いて、私にその美しい響の大切なところを見せてくれませんか?」

響「グスッ、これでいいんでしょ?」グイッ

貴音「おやおや、口ではいやがっている割に、ココはもうこんなに」ペロ

響「んっ、うぅ」

18: ◆.xKc9zwqNY 2014/07/27(日) 22:43:45.71 ID:lIbDgi1R0
貴音「まるで洪水のようですね。響、貴女は周囲に変態変態と言いますが、その実自身が一番の変態なのではありませんか?」

響「ち、違っ。これは貴音が……」

貴音「言い訳とは見苦しいですよ、響。さてと、下の方ばかりでなく、こちらも味わわねばなりませんね」ムニュ

19: ◆.xKc9zwqNY 2014/07/27(日) 22:44:25.43 ID:lIbDgi1R0
響「嫌っ、ん……やめてよ、貴音ぇ」ハァハァ

貴音「このつきたての餅を思わせる手触り……素晴らしい!」ムニュムニュ

響「んっ、うぅ……そんなに強く揉んじゃダメぇ」

貴音「ふふふ、味もみておきましょう」ペロリ

響「ひゃぅっ!?」

20: ◆.xKc9zwqNY 2014/07/27(日) 22:45:24.64 ID:lIbDgi1R0
貴音「んっ、むっ……この柔らかい乳房と、コリコリとした突起がたまりませんね」チュパチュパ

響「あっ、んぅ……」ハァハァ

貴音「ふふ、一生懸命声を抑える響、真かわいらしいですね」

21: ◆.xKc9zwqNY 2014/07/27(日) 22:46:02.65 ID:lIbDgi1R0
響「た、貴音ぇ、もう許してよぉ」ウルウル


貴音「ゴクリ……響、その反応は……逆効果です!」ガバッ

響「ふぇ? うわっ!?」バタッ

22: ◆.xKc9zwqNY 2014/07/27(日) 22:46:49.22 ID:lIbDgi1R0
貴音「響、もう我慢出来ません。私、これより響と一つになります」ヌギヌギ

響「な、何するの、貴音? やめてよ。何だか今日の貴音、怖いよ……」

貴音「響。愛は時に、人を野獣に変えるのです!」

響「や、やぁ……」

貴音「うふ、うふふふふ……」グワァッ



23: ◆.xKc9zwqNY 2014/07/27(日) 22:47:27.20 ID:lIbDgi1R0





ボス「キングクリムゾン!!」






24: ◆.xKc9zwqNY 2014/07/27(日) 22:48:12.20 ID:lIbDgi1R0
……

チュンチュン

貴音「ふぅ……」

響「うぅ……」シクシク

25: ◆.xKc9zwqNY 2014/07/27(日) 22:49:09.34 ID:lIbDgi1R0
貴音(欲望に溺れてとんでもないことをしてしまった気がします)

響「グスッ、酷いぞ……自分、やめてって何度も言ったのに」

貴音「も、申し訳ありません。私、つい魔が差してしまって……」

響「自分、もう貴音の言葉を信じる自身がないよ……」

26: ◆.xKc9zwqNY 2014/07/27(日) 22:50:25.69 ID:lIbDgi1R0
貴音「ご、後生です、許して下さい! 全ては私の響への愛故の暴走だったのです!」

響「あ、愛//!?」

貴音「ええ。愛する響に、日頃抱く劣情をぶつける好機と思うと、いけないとは解りつつもつい……」

27: ◆.xKc9zwqNY 2014/07/27(日) 22:51:35.44 ID:lIbDgi1R0
響「……」

貴音「あれほどの事をしでかしたのです。許せないというのも道理でしょう。しかし、どうかあの行為が私の情欲のみによるものであるという誤解だけはしないで下さいませ。全ては、響への深い愛故の行動だったのです」

28: ◆.xKc9zwqNY 2014/07/27(日) 22:55:35.40 ID:lIbDgi1R0
響「……許したげる」

貴音「えっ!?」

29: ◆.xKc9zwqNY 2014/07/27(日) 22:56:45.21 ID:lIbDgi1R0
響「許したげるっていってんの! 自分完璧だからな。悪いことした貴音も広い心で許しちゃうぞ!」

貴音「ま、真ですか!? 自分で言うのもなんですが、私のしでかしたことはそうそう許せるものではありませんが」

30: ◆.xKc9zwqNY 2014/07/27(日) 22:57:16.48 ID:lIbDgi1R0
響「でも、それって貴音が自分のこととっても好きだからやっちゃったんでしょ? 今日の貴音は怖かったけど、自分普段の貴音は大好きだから……だから、今日はトクベツに許しちゃうぞ!」

貴音「響……」

響「だから……もし今度こんなことがある時は」

31: ◆.xKc9zwqNY 2014/07/27(日) 22:57:43.78 ID:lIbDgi1R0
響「……優しく、してね//」

貴音「ひ、響ぃいいいいいいいいいいいっ!!!!!!」ガバッ


響「うわぁっ!?」

32: ◆.xKc9zwqNY 2014/07/27(日) 22:58:17.16 ID:lIbDgi1R0
貴音「響、響ぃぃ……なんと可愛らしいのでしょうか。目に涙を溜め、先程の野獣の如き情事に恐怖しつつも、潤んだ瞳で私を見上げるその姿……もうたまりません!」

貴音「響、次回事に至る時は、是非でぇぶいでぇで記録を!」

響「そ、そんなの絶対ダメ! 恥ずかしいぞ////」

34: ◆.xKc9zwqNY 2014/07/27(日) 22:59:10.63 ID:lIbDgi1R0
貴音「でぇぶいでぇ! でぇぶいでぇ!」

響「しつこい!」

おわり