93b30f133054b81b9643a4e53809b36e

ベジータ
hqdefault (20)
ピッコロ
smile (30)
フリーザ
0pTpa

2: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/02/24(水) 11:04:12.99 ID:PEoaT+qvO
 にこにこ星がありましてー

 にこにこ仲間がいるんですー

ベジータ「ベジータ!」

ピッコロ「ピッコロ!」

フリーザ「フリーザァ♪」

 ドキドーキあっち向いて

ベジータピッコロフリーザ「「「波ァァァ!!!」」」

3: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/02/24(水) 11:09:45.23 ID:PEoaT+qvO
ベジータ「おい!今日はこのサイヤ人の王子ベジータ様が特別に遊びを提案してやるぞ」

ピッコロ「ふん!貴様がか?」

フリーザ「おやおや、ずいぶんと大きく出ましたねベジータさん?」

ベジータ「ふん!舐めた口を聞けるのもそこまでだ、いくぞ!かくれんぼするものこの指とーまれー!」

ピッコロ「かくれんぼだと?たまにはのってやるのも悪くないな」

フリーザ「ふふふ、面白そうですね、是非私も参加させてもらいましょうか?」

ベジータ「ハハハハハ!どうだ?このオレ様の提案は?最高だろう?」

ピッコロ「ごたくはいい、さっさと始めるぞ」

フリーザ「ふふふ、この私にかくれんぼで挑んだ事を後悔させてあげますよ」

4: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/02/24(水) 11:18:46.89 ID:PEoaT+qvO
ベジータ「ではまずは最初の鬼を決めるじゃんけんだな、言っておくがオレ様はじゃんけんエリートだ、負けた事など一度もないぞ?」

ピッコロ「バカめ、じゃんけん魔王と呼ばれたオレに勝てるとでも思っているのか?」

フリーザ「おやおや世間知らずのおバカさん達ですねぇ、私が天才じゃんけん少年と呼ばれていたことも知らないとは」

ベジータ「ふん!面白いじゃないか、せいぜい楽しませてくれよ?」バシュン

ピッコロ「じゃんけん魔王の実力を見せてやろう」バシュン

フリーザ「教えてあげましょう、私のじゃんけん力は53万です」バシュン

ベジータ「いくぞ!」シュワシュワシュワ

ピッコロ「こい!」シュワシュワシュワ

フリーザ「きぇぇぇ!」シュワシュワシュワ

ベジータ「じゃん!」ブワオ

ピッコロ「けん!」ブゥン

フリーザ「ぽん!」グォゥ

ズズゥンビリビリビリ


界王「あななななぁ!?何という奴らじゃ、ただのじゃんけんで星が悲鳴をあげとるぞぉ!」

5: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/02/24(水) 11:29:02.59 ID:PEoaT+qvO
ベジータ「ククク、ハッハッハッ、ハァーッハッハッハッやはりオレ様に勝てる奴など、この宇宙に存在感しないんだ!」パー

ピッコロ「ふん、他愛ない」パー

フリーザ「バカな……私が負けた?この天才じゃんけん少年と呼ばれたこの私が?」グー

ベジータ「さぁさっさと10数えるんだなフリーザ!」

フリーザ「初めてですよこの私をここまでコケにしたおバカさん達は、オレにこんな屈辱を味あわせて!楽に隠れられるとと思うなよ!貴様等!」メキメキメキ

ピッコロ「急に変身するなフリーザ」

フリーザ「おっと私としたことが、すみません少々取り乱しました」ヒュルルルル

ベジータ「ふん!いいからさっさと数えやがれ!」

フリーザ「いいでしょう、いーち、にーい」

ベジータ「いくぞ!」バシュンギュオッ

ピッコロ「待てベジータ!くそ!なんてスピードだ」バシュンギュオッ

フリーザ「はーち、きゅーう、じゅーう……さて、一体どこまで行きましたかね?」ピッピピッ

フリーザ「ほぅ、随分と遠くまで逃げましたね、戦闘力からするとベジータさんの方が近くに隠れていますね、ふふふ一瞬で見つけてあげましょう」バシュンギュオッ

7: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/02/24(水) 11:50:53.29 ID:PEoaT+qvO
フリーザ「さて、このあたりのはずですが……あそこが怪しいですね、デスビーム!」キュオン

ベジータ「くおっフリーザ!」ギュイン

フリーザ「ベジータさんみっけ!さて次はあのナメック星人ですね」ギュオッ

ベジータ「ダニィ!ピッコロよりもこのオレ様の方が先に見つかっただとぉ!?チクショオ!チクショオ!チクショオ!」バシュンギュオッ

フリーザ「ふふふあそこですね?デスビーム!」キュオン

ピッコロ「ぐあっフリーザめ!」ギュイン

フリーザ「ナメック星人みっけ!さて次の鬼はベジータさんですね」

ベジータ「このサイヤ人の王子である、ベジータ様が鬼だと?クックックッいいだろう、一瞬で貴様等を見つけて恐怖というものを味あわせてやろう、いーち、にーい」

フリーザ「ふふふ、果たして見つけられますか?」ギュオッ

ピッコロ「ふん!」バシュンギュオッ

ベジータ「なーな、はーち、きゅーう、じゅーう、さてと、気を探れば居場所など……これはフリーザか、ちっピッコロの奴気を消しやがったな?だが今のオレ様なら……見つけたぞピッコロ!ハァーッハッハッハッ」バシュンギュオッ

8: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/02/24(水) 11:57:52.26 ID:PEoaT+qvO
ベジータ「あそこだな?いくぞピッコロ!ビッグバンアタック!」ドゴォ

ピッコロ「ぐおぁっベジータの奴め!」ズズン

ベジータ「ピッコロみーっけ!さてフリーザ!次は貴様だ!」ギュオッ

ピッコロ「次の鬼はオレか」バシュンギュオッ

ベジータ「ふん!気を消す事も出来んとは、居場所がマルワカリだぞフリーザ!ビッグバンアタック!」ドゴォ

フリーザ「ぐぁぁ!ベジータ!?」ズズン

ベジータ「ハァーッハッハッハッどうだ?これがサイヤ人の王子である、ベジータ様の実力だ、さぁピッコロ次は貴様が鬼だ」

ピッコロ「ふん、オレを舐めるなよ?いーち、にーい」

ベジータ「ハァーッハッハッハッ見つけられるなら見つけてみやがれ!」ギュオッ

フリーザ「お待ちなさいベジータさん!」バシュンギュオッ

ピッコロ「はーち、きゅーう、じゅーう……ふん、あいにくと貴様等程デカい気など探る必要もない、何もしなくても居場所が分かるぞベジータ!フリーザ!」バシュンギュオッ

10: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/02/24(水) 12:02:39.97 ID:PEoaT+qvO
ピッコロ「まずはフリーザ!貴様だ!魔貫光殺法!」ビシュウ

フリーザ「ぬあっナメック星人め!」ズシィ

ピッコロ「そしてベジータ!魔貫光殺法!」ビシュウ

ベジータ「ぬぉぁ!くそ!このオレ様が!」ズシィ

ピッコロ「さて、次の鬼はフリーザ、貴様だな」

フリーザ「いいでしょう、さぁ始めますよいーち、にーい」

ピッコロ「今度はさっきのようにはいかんぞ!」ギュオッ

ベジータ「このオレ様がそう何度も見つかるかあ!」バシュンギュオッ

フリーザ「きゅーう、じゅーう、さぁいきますよ!」ピッピピッ


 こうしてにこにこ星の1日は過ぎていくのだった

11: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/02/24(水) 12:05:52.90 ID:PEoaT+qvO
  チャッチャチャチャーチャチャチャチャチャチャチャーチャチャ

オッスオラ小林!次回はピッコロが遊びを提案するぞ!じゃあまた来週!

  チャチャチャッチャチャ