a0a4a623353cce9b72ed553d56c5926e

阿笠
hqdefault (1)

1: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2015/09/01(火) 00:38:26.967 ID:oJhvPMnb0.net
コナン「すごいぜ博士!さっそく借りてくぜ!」

阿笠「悪用するんじゃないぞぉ!」

3: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2015/09/01(火) 00:39:21.123 ID:oJhvPMnb0.net
阿笠「・・・・・」

阿笠「しまった!あのスイッチには重大な欠陥があったんじゃ!急いで追いかけねば!」

6: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2015/09/01(火) 00:40:39.217 ID:oJhvPMnb0.net
コナン「光彦が9月1日に死ぬなんてワクワクするなぁ。押してみるか」

ポチッ

コナン「何も起こらない・・・」

コナン「ってそりゃそうか!9月1日にならないと効果は出ないしな!」

7: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2015/09/01(火) 00:41:24.150 ID:oJhvPMnb0.net
阿笠「コナーン!!!」

阿笠「だ、だめじゃ・・・全然見つからんのう・・・」

阿笠「こりゃまずいことになってしまいそうじゃ・・・」

9: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2015/09/01(火) 00:42:54.953 ID:oJhvPMnb0.net
コナン「いや~、9月1日が楽しみだなあ~」

ポチッポチッ

コナン「なにせ光彦が自殺するんだ、最高のショーが見られるぜwww」

ポチッポチッ

コナン「・・・・・」

ポチッポチッポチッ

コナン「そうだ!いいことを思いついたぞ!!!」

ポチッポチッポチッ

10: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2015/09/01(火) 00:43:55.906 ID:oJhvPMnb0.net
~阿笠宅~

コナン「お~い!灰原!」

ポチッポチッ

灰原「あら?どうしたのそのスイッチ」

コナン「これは博士が作ってくれた光彦が9月1日に自殺するスイッチなんだ!」

ポチッポチッ

11: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2015/09/01(火) 00:44:54.873 ID:oJhvPMnb0.net
灰原「博士ったら、また変なスイッチを作ったのね」

コナン「それでさー灰原、こいつを少し改造してほしいんだ!」

ポチッポチッ

灰原「まったくそうくると思ったわ。で、スイッチをどうしたいの?」

コナン「このスイッチをすごい勢いで連打できるように改造してくれよ!」

ポチッポチッ

12: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2015/09/01(火) 00:46:54.688 ID:oJhvPMnb0.net
灰原「そのスイッチは9月1日に円谷君が自殺するスイッチなんでしょ?」

灰原「一回押せば効果はもう十分でるんじゃないの?」

コナン「だけどよー光彦が自殺するんだぜw?」

ポチッポチッ

コナン「何回押したって押し足りねーよwww」

ポチッポチッポチッ

13: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2015/09/01(火) 00:48:54.996 ID:oJhvPMnb0.net
灰原「貴方ならそう言うと思ったわ。貸してちょうだい」

コナン「お?改造してくれるのか?サンキュー灰原」

ポチッポチッポチッ

灰原「ええ、30分くらいでできると思うから、ちょっと待ってて」

コナン「こいつは楽しみだぜwww」

15: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2015/09/01(火) 00:50:56.194 ID:oJhvPMnb0.net
~一方その頃~

歩美「コナンくん?ううん見てないよ」

元太「鰻」

阿笠「ここにもいないか。一体どこにいってしまったのかのう・・・」

16: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2015/09/01(火) 00:51:55.396 ID:oJhvPMnb0.net
灰原「はい、改造スイッチができあがったわよ」

ポチチチチチチチチチチチ

コナン「すごいなこれ!一体どうなってるんだ!」

ポチチチチチチチチチチチ

灰原「そうね、毎秒何百・・・いえ何千と自動で連打されるように改造したわよ。」

ポチチチチチチチチチチチ

コナン「これがあれば光彦は9月1日に自殺すること間違いなしだぜ!」

ポチチチチチチチチチチチ

19: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2015/09/01(火) 00:53:54.852 ID:oJhvPMnb0.net
コナン「そうだ灰原!スイッチは自動連打されることだし、新作のゲームを買ったんだ、一緒に遊ぼうぜ!」

ポチチチチチチチチチチチ

灰原「あら、貴方がゲームなんて珍しいわね。これは・・・モンスターハンタークロス?」

ポチチチチチチチチチチチ

コナン「博士が開発に携わってたらしくて特別にくれたんだ。一狩り行こうぜ!」

ポチチチチチチチチチチチ

灰原「そうね、博士も帰ってこないし少し遊んでみましょうか」

ポチチチチチチチチチチチ

22: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2015/09/01(火) 00:55:57.066 ID:oJhvPMnb0.net
~道端~

阿笠「困ったのう。コナンくんを見つけられずに夜になってしもうた」

阿笠「仕方ない。もう帰ろうかのう・・・」

23: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2015/09/01(火) 00:58:11.775 ID:oJhvPMnb0.net
コナン「おし!新しいヘビィボウガンが作れたぜ!」

ポチチチチチチチチチチチ

灰原「クスッ。貴方ったら子供みたいね」

ポチチチチチチチチチチチ

コナン「な、なんだよいいじゃないか。このボウガンがあればもっと強くなれるんだぜ?」

ポチチチチチチチチチチチ

コナン「そういう灰原こそ、新しい笛担いで楽しげじゃねえかw」

灰原「な、なによ、いいじゃないそのくらい!」

25: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2015/09/01(火) 01:00:03.387 ID:oJhvPMnb0.net
ガチャッ

阿笠「おーい、帰ったぞー」

灰原「あら博士、おかえりなさい。」

ポチチチチチチチチチチチ

コナン「おう博士!おかえり!」

ポチチチチチチチチチチチ

阿笠「し、新一!こんなところにおったのか!」

ポチチチチチチチチチチチ

コナン「なんだよ博士!そんなに慌てて!」

ポチチチチチチチチチチチ

26: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2015/09/01(火) 01:02:03.751 ID:oJhvPMnb0.net
阿笠「あのスイッチはどうしたんじゃ!」

ポチチチチチチチチチチチ

コナン「あのスイッチって光彦が9月1日に自殺する?」

ポチチチチチチチチチチチ

阿笠「そうじゃ!!!スイッチはどうしたんじゃ!!!」

ポチチチチチチチチチチチ

28: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2015/09/01(火) 01:04:04.103 ID:oJhvPMnb0.net
コナン「す、スイッチならそこに・・・」

ポチチチチチチチチチチチ

阿笠「ああああああああああああああああ!!!!!!!!」

バキィ!

灰原「博士!?一体どうしちゃったの!絶叫をあげながらスイッチを叩き壊して!」

コナン「そうだよ!あのスイッチは9月1日に光彦が自殺する大事なスイッチなんだぜ!」

29: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2015/09/01(火) 01:05:12.382 ID:oJhvPMnb0.net
灰原「二人とも!ケンカはやめて!」

阿笠「う、うむ・・・すまんの哀くん」

コナン「ああ悪かったよ」

灰原「それで、スイッチの欠陥ってなんなの?」

阿笠「うむ、そのスイッチの欠陥じゃが・・・」

30: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2015/09/01(火) 01:06:03.562 ID:oJhvPMnb0.net
阿笠「そのスイッチはのぅ、押された回数分光彦くんが自殺する年数が先延ばしにされてしまう効果があるんじゃよ!!!」

コナン「な、なんだって博士!それは本当なのか!!!???」

灰原「そ、それじゃあ円谷君は・・・」

阿笠「うむ・・・そのスイッチが100回押されていれば100年後の9月1日まで自殺しないということなんじゃ・・・」

コナン「う、嘘だろ・・・一体何回押しちまったんだ・・・」

灰原「こんなこともあろうかとスイッチを押した数カウンターを付けておいたわ。見てみましょう・・・」

32: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2015/09/01(火) 01:08:03.357 ID:oJhvPMnb0.net
灰原「スイッチを押した回数は・・・」

コナン「お、おい何回なんだ?」

灰原「・・・・・60億回よ」

阿笠「なんじゃって・・・?」

灰原「だから!60億回なの!」

コナン「そんな!そしたら、そしたらよぉ・・・」

34: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2015/09/01(火) 01:10:03.410 ID:oJhvPMnb0.net
コナン「後60億年たたないと光彦の自殺を見られないのかよ!!!」

灰原「な、なんてこと・・・大変なことをしてしまったわ・・・」

阿笠「60億回も押されることは想定しておらん・・・オーバーフローで正常に動く可能性もあるが・・・正直、まったくわからんわい・・・」

灰原「とにかく、スイッチの効果があるかは9月1日になるまでわからないわ」

コナン「そうだな・・・今日のところは帰ることにするよ・・・」

阿笠「うむ・・・そうしたほうがよかろう・・・」

35: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2015/09/01(火) 01:12:04.480 ID:oJhvPMnb0.net
~9月1日の小学校~

歩美「あ~あ、今日から新学期だよ。ほんとだるいよね~」

元太「Unaaaaaaaaaaaaa!!!!」

コナン「そ、そうだな・・・(光彦はまだ登校してないか・・・)ヒソヒソ」

灰原「(もしかしたらスイッチが正常に作動して9月1日になった瞬間死んだのかもしれないわ)ヒソヒソ」

光彦「みなさん!おはようございます!」

コナン「お、おう!おはよう!」

灰原「あ、あら円谷君・・・おはよう・・・」

元太「ウナウナウナウナウナウナウナウナウナウナ」

歩美「うわぁ・・・」

36: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2015/09/01(火) 01:14:03.129 ID:oJhvPMnb0.net
コナン「み光彦!自殺してなかったんだなぁ!」

光彦「コナンくんなんてこと言うんですか!僕は自殺なんてしませんよ!」

歩美「光彦自殺する予定だったのかよ、死ねばよかったのに・・・!(光彦君おはよー!)」

灰原「どうやら・・・一件落着ね・・・」

37: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2015/09/01(火) 01:16:06.089 ID:oJhvPMnb0.net
~15年後~

歩美「コナン君!哀ちゃん!おめでとう!乾杯!」

一同「かんぱ~い!」

阿笠「いや~まさかコナン君と哀君が結婚するとわのう!」

蘭「コナン君・・・本当におめでとう!(新一はいつになったら迎えにきてくれるのかしら・・・)」

光彦「僕もそろそろ身を固めたいですねぇ!」

元太「鰻鰻鰻鰻鰻鰻鰻鰻鰻鰻鰻鰻」

38: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2015/09/01(火) 01:17:03.793 ID:oJhvPMnb0.net
~更に20年後~

コナン「博士は・・・ いつも子供たちに優しい・・・ 素晴らしい人でした・・・ グスッ」

コナン「博士・・・ どうして死んじまったんだよぉ!」

哀「あなた・・・ 博士はきっと笑って送って欲しいと思ってるはずよ・・・ 泣かないで・・・ シクシク」

歩美「え~ん!博士ぇ!博士ぇ!(もう便利な道具手に入らねえよ!どうすんだよ!)」

元太「ウナ・・・ ウナナァ・・・」

40: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2015/09/01(火) 01:19:43.573 ID:oJhvPMnb0.net
~更に更に50年後~

コナン「おぉ・・・ 光彦ぉ・・・」

光彦「・・・」

コナン「お前さんが歩美とデキ婚した後事故にあって植物人間になってずいぶん経ってしまったのぅ・・・」

光彦「・・・」

コナン「哀も、元太も、歩美も、蘭も、みんなみんな死んじまった・・・ 」

光彦「・・・」


コナン「わしもそろそろお迎えが来そうじゃ・・・お前を置いて先に逝く事になりそうじゃ・・・」

光彦「・・・」

コナン「すまんのう光彦ぉ・・・ お前さんには取り返しのつかないことをしてしまったわい・・・」

光彦「・・・」

コナン「お前さんが寂しくないように三途の川でずっと待ってるからな・・・」

光彦「・・・」

コナン「ずっと・・・ ずっと・・・ 」

42: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2015/09/01(火) 01:23:06.245 ID:oJhvPMnb0.net
~209X年~

指揮官「ここが、例の患者がいる場所か」

軍人「そのようです、例の不老不死の患者はここにいるはずです!」

研究者「そのサンプルがあれば我々の研究は大きく進展します。必ず確保してください」

指揮官「よし、アルファチームは正面から、ブラボーは裏口、チャーリーはヘリで屋上からだ。作戦開始!」

43: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2015/09/01(火) 01:26:13.134 ID:oJhvPMnb0.net
~21XX年~

緊急警報です。敵国より戦略兵器の発射を確認しました。職員は直ちにシェルターに避難してください。繰り返します・・・

研究者「なんてことだ!あのサンプルだけは何としてでも保護しなければ!」

軍人「チーフ!時間がありません!サンプルは諦めて避難してください!」

研究者「ああ・・・人類は・・・不老不死の夢を永遠にあきらめなければならないというのか・・・」

44: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2015/09/01(火) 01:29:18.556 ID:oJhvPMnb0.net
~3XXX年~

光彦「・・・・・」

光彦「こ、ここはどこなんでしょうか?」

ナレーション「それは、奇跡であった。核戦争により人々が滅び去った後、何年もの時が経った」

ナレーション「西暦2015年のテクノロジーで60億年後の9月1日まで自殺できず、植物人間になってしまった光彦に」

ナレーション「地球を覆いかぶす放射線が、新たな命と、一番楽しかった時だった小学生の頃の身体を光彦に蘇らせたのである!!!」

光彦「な、なにもありません・・・ 一体、何が起こったのでしょうか・・・ 僕はトラックにひかれて・・・」

45: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2015/09/01(火) 01:31:43.173 ID:oJhvPMnb0.net
~20億年後~

犬?「バウワウ!」

光彦「あはは!くすぐったいですよ!」

猫?「ミアォウ!ミアォウ!」

光彦「目覚めたときは何もいませんでしたが・・・最近こうして色んな動物が進化してきましたね!」

光彦「僕はもう一人じゃない!独りじゃないんです!!!」

46: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2015/09/01(火) 01:32:50.692 ID:oJhvPMnb0.net
~50億年後~

光彦「いやに太陽が暑いですね・・・」

光彦「色んな命が、生き物がいました・・・」

光彦「犬みたいなのや、猫みたいなのが生まれ、人間みたいなのが文明を作ってました・・・」

光彦「でももうおしまいです・・・ みんな、この暑さで死んでしまいました」

光彦「僕はこれから、どうなってしまうんでしょうか・・・」

47: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2015/09/01(火) 01:34:29.298 ID:oJhvPMnb0.net
~????????????年後~

光彦「地球は・・・ 死の星になりました・・・」

光彦「太陽の膨張による影響で公転軌道から外れ、太陽系からはじき出され、今や、宇宙の迷子になってしまいました・・・」

光彦「星空しか見えない、真っ暗で、冷たい凍った世界」

光彦「いつからか、死んでしまったみなさんのためにお墓を作るようになりました」

光彦「一日・・・ といっても時間すら曖昧です。起きては作って寝て。また起きては作って寝て・・・」

光彦「コナン君、歩美ちゃん、元太君、哀ちゃん、博士、みんな、みんな・・・」

48: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2015/09/01(火) 01:35:57.523 ID:oJhvPMnb0.net
ナレーション「地球が太陽の昇らない星になって以来、暦という概念も、日付という概念も失われてしまった」

ナレーション「60億年後の9月1日は、永遠にやってこないまま、地球は、宇宙をさ迷うことになった」

ナレーション「独りぼっちになってしまった光彦君は、宇宙の彼方でお墓を作り続ける」


ナレーション「ずっと・・・ ずっと・・・」


おしまい

50: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2015/09/01(火) 01:37:49.035 ID:y2n2oZ3L0.net
感動した