jpg 9c84c7

チノ
i320 (3)

1: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2015/07/06(月) 00:43:48.470 ID:pD/kXfgcp.net
ココアサン「スゥ……スゥ……」

チノ「こ、ココアさんが……こ、こんなに小さくなって……!?」

チノ「……こ、ココアさん…?」

ココアサン「ゥ……ン…、……ア、チノチャン、オハヨッ!」

チノ「お、おはよう、ございます………、…と、とりあえずココアさんはここに……」

ココアサン「!?チノチャン……⁉︎」

2: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2015/07/06(月) 00:47:08.080 ID:pD/kXfgcp.net
リゼ「朝起きてたら、ココアがポケット大の大きさになっていた、と……」

チノ「はい、どうすればいいんでしょう……」


ココアサン「ワー、コーヒーカップダー!マッテマッテー」トテテテ


チノ「………」

リゼ「でもどうしろって言ったって、原因が分からないんじゃあ…」

ココアサン「ヒャッ!」ドテッ

チノ「このままでもいいかも…」ボソッ

リゼ「え……?」

9: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2015/07/06(月) 01:10:59.992 ID:pD/kXfgcp.net
リゼ「い、いやいやいや、ま、マスターにはなんていうんだ、…というか今朝何か言われなかったのか?」

チノ「今朝はまだ寝ていると言ったので……」

リゼ「あぁ、なるほど…」


ココアサン「ウゥ…イタイヨゥ……」


チノ「それに、こっちの方が…う、うるさくないですし……」

リゼ「いや、しかしだな…」

13: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2015/07/06(月) 01:15:52.632 ID:pD/kXfgcp.net
千夜「わー、ココアちゃん、こんなに小さくなって」

リゼ「そんな田舎のおばあちゃんみたいな…というかなんでお前らまでこんなところに」

シャロ「え、ええと、私は千夜についてきただけで…」

千夜「忘れ物取りに来たのよねー?」

シャロ「言わないでよっ!」

リゼ「まぁそれはともかく、お前らは何か心当たりはないのか?」

シャロ「んー…とは言われても、最近会った時も特には…」

千夜「あ、そういえばこの間ココアちゃんにこれを…」ピラッ

19: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2015/07/06(月) 01:20:16.722 ID:pD/kXfgcp.net
『可愛がられるようになるおまじない☆』

リゼ「…な、なんだこれは…?」

リゼ「…………、…ココアパウダーにバニラエッセンス……ってこれ、ドーナツの作り方じゃないか」

千夜「あら、……でも私はこれくらいしか……」

チノ「というかこれではないですか…?」

『ペットになる薬』

リゼ「100%それじゃないか!!!」

24: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2015/07/06(月) 01:27:28.594 ID:pD/kXfgcp.net
チノ「ええと…袋の裏に「体に多大な影響があるので用法用量を守って正しく使用するように」とありますね…」

リゼ「…というか、この……2錠しか入ってなかったのに用法用量なのか……」

シャロ「…とりあえず時間が経てば戻るんでしょ?というかそういうパターンのやつよね?」

チノ「ええと……元に戻すにはキスを……、……キス…ですか…?」

リゼ「どれどれ……、…っていうか横に書いてあるが、「ペット化した時に最初に呼んだ人」って、これ、もしかして……」

チノ「……ま、まさか…」


チノ「……こ、ココアさん…?」
ココアサン「ゥ……ン…、……ア、チノチャン、オハヨッ!」
チノ「お、おはよう、ございます………、…と、とりあえずココアさんはここに……」



チノ「あ、あぁ…………」キューーーポンッ

26: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2015/07/06(月) 01:35:32.684 ID:pD/kXfgcp.net
1時間後


ココアサン「ンー、ンー、」

リゼ「ん?ココア、どうした?」

ココアサン「チノチャンアソンデー」ピョコピョコ

リゼ「あー、チノは今忙しいから、私でよかったら遊んであげるぞ」

ココアサン「ンー、チノチャンガイイナー…」シュン

リゼ(こ、これはシスコンと言われても仕方ないレベルだな…)




チノ(た、確かに、薄い本でも何冊もそういう描写があるとはリゼさんにも聞きましたし、実際アニメ最終回ではああなりましたけども…)

チノ「だからって、ココアさんと……、…き、キス…なんて……」

チノ「……で、でも、いつまでも迷っていたら仕事になりませんし……、…ほ、ほんのちょっと、だけなら…」グッ

27: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2015/07/06(月) 01:39:18.665 ID:pD/kXfgcp.net
千夜「これでチノちゃんもレズに目覚めるのね、楽しみだわ♪」

リゼ「相変わらずお前の頭はどうなってるんだ…」

シャロ「あ、先輩、チノちゃんが…」

リゼ「お、チノ、…えっと、決まったのか…?」

チノ「……はい、で、でも、すぐ戻られても困るので、私の部屋で……」

リゼ「あぁ、早くココアを治してやれよ?…っと、肝心のココアココア…」

シャロ「先輩が言うとまるで軍隊用のうさぎですよね…」ボソッ

リゼ「え、エーデルワイスは賢いから違うぞっ」

ココアサン「プハァ、…アレ、リゼチャン、チノチャン、ミンナー?」


リゼ「じゃ、チノ、行ってこい」

チノ「……はいっ」

29: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2015/07/06(月) 01:44:32.442 ID:pD/kXfgcp.net
チノ「ココアさん……」

ココアサン「チノチャン、アソボーヨー」パタパタ

チノ「………もう、いつもみんなに迷惑かけて……」

ココアサン「……?チノチャン…?」

チノ「…もういいです、早くキスを

ココアサン「チノチャン!」チュッ

チノ して……え?」


パァァァァッ



リゼ「ココア…ココアっ!」

ココア「ん……、…あれ、リゼちゃん、どうしたの…?」

リゼ「いや、それはともかく…というかチノは?」

ココア「あ、チノちゃんなら隣で……あれ?」

30: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2015/07/06(月) 01:46:27.222 ID:pD/kXfgcp.net
リゼ「…まさか……」

チノチャン「コ、ココアサン!タ、タスケテクダサイ…!」

リゼ「………」

ココア「あれ?なんでチノちゃん、小さくなっちゃってるの?」


おわり






次回作書く時にはもっとマシなネタ持ってくるわ