139e2ca9.png


御坂美琴「上条当麻に彼女?・・・ふ~ん・・・」


【超悲報】彼女「入れて……」俺「ほぇっ!?もぅ…全部入ってますが……」【PR】
【バブル到来】俺の月収が400万超えたんだけど何か質問ある?【PR】
上か下かあてるだけの簡単な投資ですwwww【PR】
オンラインで合コンできるサイトって知ってる?【PR】
パズルを解けば女の子とエッチできるってさ【PR】
このアプリにハマッた結果wwwww【PR】
通帳残高がいつの間にこんなにあった件www【PR】
キモオタよ!エッチがしたいか!ここならできるぞ!!【PR】
ジャン「勇者たちの凱歌」




15:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/03/06(土) 11:31:18.81 ID:9fWEJbkLO


美琴「ふ…ふ-ん…まぁ私には関係無いけどね……」

黒子「(お姉様…)」

美琴「良いわね-私も作っちゃおうかな…」


16:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/03/06(土) 11:34:13.67 ID:FNPo6A7BO


黒子「えぇ。あの殿方が彼女らしき人と歩いているのが頻繁に目撃されていますわ。」

御坂「ど、どうせあの銀髪シスターでしょ?ならいつものことじゃない。」

黒子「いいえ。それが年上の日本人女性だそうで。」

御坂「」


25:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/03/06(土) 11:55:38.94 ID:hgfnQv530


土御門「にゃーん。この土御門さんがカミやんにお姫様抱っこされる日が来るとは思わんかっですたい。」

上条「お前ほんといい根性してるよな・・・」


26:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/03/06(土) 12:04:44.46 ID:9fWEJbkLO


美琴「良かったじゃない…彼女…アハッアハハハハ…はぁ…」

黒子「お姉様…」

美琴「(何なのよ…私の世界を護るって言ったじゃない)」

美琴「もう知らない///」

黒子「お姉様動揺し過ぎですわ…」


27:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/03/06(土) 12:06:09.38 ID:c9zNYj1HO


御坂「あいつ確かツインターボ萌えって言ってたよね?」

黒子「…………」

御坂「で、どこまで進んでる訳?」


28:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/03/06(土) 12:10:43.26 ID:9fWEJbkLO


翌日
美琴「アイツ…私ばっかりヤキモキさせて…こうなったら」

青髪「なんやお嬢さんイライラしとりはる?ぼくぁありとあらゆる属性を相手するけど」

美琴「ちょっと付き合って///」
青髪「子萌先生…ぼくにも春が」
美琴「そうよ私も同じ事すれば良いのよ」


33:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/03/06(土) 12:22:17.90 ID:9fWEJbkLO


青髪「ところで何処に向かってるん?」

美琴「公園」

青髪「最初は公園デートでっか!童心に帰ってブランコの鎖でSMプレイでも」

美琴「チェンジ」

美琴「あれは……ちょっとアンタ」


35:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/03/06(土) 12:31:36.97 ID:9fWEJbkLO


土御門「はにゃ-これは常磐台のレールガンじゃないかにゃ-」

美琴「ちょっと服買うの付き合って」

土御門「服かにゃ-?ここにゴスロリメイd」

美琴「ブチッ」

土御門「はにゃ-!?これはカミやんのポジションだにゃ-」

美琴「このクサレ金髪ギャングが」

土御門「どぶぼずびばぜんでじだ」


41:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/03/06(土) 12:41:58.05 ID:9fWEJbkLO


海原「御坂さんじゃないですか偶然ですね」

美琴「まぁコイツで良いか…」

海原「ちょうどここにゲコ太の冒険のチケットがあるんですよ」

美琴「なんで趣味まで知ってんのよ…でもまぁ良いわ」

海原「じゃあ一番近い映画館に行きましょう」


43:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/03/06(土) 12:52:01.36 ID:9fWEJbkLO


映画館

美琴「ワクワク///」

海原「今回の作品は作画監督が変わってクオリティが上がったらしいんですよ」

美琴「く…詳しいわね」

海原「映画版アニメ版マンガ絵本ゲームアプリ小説も全て見ましたからゲコ太のサイトのプレミアム会員でもあります」

美琴「(なんか良い奴じゃない///)」

上条「アイツは海原!?なんで魔術師が…」


45:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/03/06(土) 13:07:45.41 ID:9fWEJbkLO


上条「なんか調子狂うな…イテッ!これは!?」

上条「チケット!?海原か?」


上映中

上条「なんで私上条当麻は平均年齢10歳の映画を…しかも御坂と海原を追い掛けて見てるんだ?」

上条「中学生(中央大学生)だぞ…俺は高校生でロリコンは青髪の特権のはず……不幸だ…」


46:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/03/06(土) 13:17:36.43 ID:9fWEJbkLO


美琴「わ-見て見て-ゲコ太の新キャラ-」

海原「あれは確かゲコ太のいとこだったと思います」

美琴「へぇ-」

海原「(ふふふ上条当麻僕こそ御坂さんにふさわしいのが分かったか幻想殺しもといユメナシ)」

上条「チラッッチラッ見るな…アイツ」

上条「クソやっぱロリコンなのか…俺」


48:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/03/06(土) 13:39:40.12 ID:9fWEJbkLO


美琴「良い話だったわ…」

海原「最後のどんでん返しがまた良いですね」

美琴「はぁ楽しかったわ-///」
上条「クソっとにかく海原は魔術師…御坂を守らないと…」

上条「ビリビリ-そいつは危ない奴だから逃げろ」

美琴「何言ってんのゲコ太好きに悪い人は居ないわ!」

美琴「ていうかアンタのほうが危ない人に見えるわよ」

海原「(ふっ…コレだからバ上条は)」


49:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/03/06(土) 13:46:27.15 ID:9fWEJbkLO


上条「俺はお前が心配で」

美琴「(私を心配してくれた?でも彼女が…)アンタは彼女とよろしくやってんでしょだから私はこうして」

海原「えっ?」
上条「えっ?」

美琴「えっ?」


56:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/03/06(土) 14:47:03.24 ID:9fWEJbkLO


海原「(あれ?御坂さんは純粋に好意を向けてくれたんじゃないの?僕の脳内では一万五千四百九十八回御坂美琴ルートを攻略したはずなのに)」

上条「彼女?作ったつもりはないはずだけど(アレ?もしかして記憶消失前の俺には彼女居たのか?)」

美琴「黒子がアンタと…その…胸の大きな…年上の女の人と歩いてたのを見たって…」

上条「誰?」


58:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/03/06(土) 14:57:07.26 ID:9fWEJbkLO


美琴「確か日本刀を持っていたって」


上条「神裂!?」
神裂「な…なんですか?///」

上条「ひっぴえ-」


66:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/03/06(土) 15:07:25.44 ID:9fWEJbkLO


美琴「コイツとどういう関係なの?」

神裂「確かに私は上条当麻とはちょっと複雑な関係ですが…」

美琴「ほら見なさい!もう行こう///」

上条「何を…」

海原「はい///(ね-ちんキター!!なんかよく分かりませんが御坂さんはもらいました)」


67:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/03/06(土) 15:11:53.67 ID:9fWEJbkLO


上条「おい御坂…」

神裂「(ちょっと私///今の話の流れで複雑な関係って///)」

上条「追いかけるか…」

神裂「あっ待ってください上条当麻」


68:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/03/06(土) 15:21:07.51 ID:9fWEJbkLO


美琴「ふふっそんなの使えないわよ」

美琴「ちょろっとコツがあってね…チェイサー」メキョッ…ガゴン

上条「ぶっ今なんかパステル彩のものが…」

神裂「(私はジーンズ…でもハミパンがっ)」

美琴「(なんかこれデジャヴ///)」

海原「逆に助けられましたね…美琴さんの為に何かしなければと思ったんですが…」

美琴「…いいのよありがとう//(アイツと違ってこんなに想ってくれる人が居るなんて)」


69:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/03/06(土) 15:28:17.82 ID:9fWEJbkLO


海原「もう大丈夫ですか?」

美琴「あうん…落ち着いた今日は楽しかったわ」

海原「また会えるのを楽しみにしてますよではまた」


上条「…」

神裂「帰るみたいですね…」

上条「…ああ」

神裂「私で良ければ何か手伝いますが…私が掻き混ぜたようですし」

上条「すまん…ありがとう///」

神裂「いっいえ…///」


72:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/03/06(土) 15:37:19.05 ID:9fWEJbkLO


二日後
コンビニ
海原「よし!ほどよく間が空いたしここでデートと持ち込みたい」

海原「昨日は後輩と買い物に行っていたが御坂さんと趣味が合う人間ではなかったから買いたいパジャマを買えなかったはず」

海原「御坂さんの出したゴミから推測するに生理でもない」


74:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/03/06(土) 15:42:10.40 ID:9fWEJbkLO


海原「今日は常磐台中(央大)学は記念日で唯一休み」

海原「後輩の白井もジャッジメントの仕事で居ないなそして月曜日だからホップステップジャンプの発売日必ず雑誌を読みに来る」


海原「おっ僕の追跡魔術だと今寮を出てこちらに向かっている」

海原「寮にスネークして声も拾えるからコンビニに行くと言ったのもバッチリ撮れている」

海原「美琴キター」

店員「雑誌見ながら叫ぶとは…」


79:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/03/06(土) 15:51:28.00 ID:9fWEJbkLO


コンビニ
美琴「あれ?アンタ…」

海原「御坂さんじゃないですか奇遇ですね」

美琴「結構ここ来るの?私は立ち読みを」

海原「ボクもですよ御坂さん」

美琴「気が合うわね…ホント」

海原「そうですね」

美琴「私ワンバースを見るかな」

海原「とうとうホワイトヒゲが政府に攻撃ですね」

美琴「そうね-」

海原「今のところで話の半分らへんだそうですよ」

美琴「そうなの?」

海原「ええ早い段階から何話と決めていたそうです」

美琴「何でも知ってるのねー//」


85:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/03/06(土) 16:10:10.32 ID:9fWEJbkLO


喫茶店
美琴「海原君って読心術でもできるの?」

海原「いえそんな事は出来ませんが手相を見る事は少し」

美琴「へ-ちょっとやってみてよ」

上条「まさか…手を触る口実手相!?」

神裂「巧いですね…そうだ私も手相を見れるんですよ!じゃあまず手を胸に///」

上条「」

上条「えっ?まさか貴方は手相を女性の象徴で見るとおっしゃりやがるつもりでせう?」

神裂「えっ///ええっとですね///実は手より胸のほうが敏感///」ボン///


88:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/03/06(土) 16:26:45.48 ID:9fWEJbkLO


海原「う-んこの手相だと御坂さんは片想いの悲恋になる可能性が高いですよ」

美琴「えっ嘘…」

海原「そうですね…割り箸は綺麗に割れますか?」

美琴「あんまり」

海原「割り箸が綺麗に割れないと片方によりますよねそれで片想いっていう」

美琴「はぁ…(私って片想い…)」

??「いらっしゃいませ-」


91:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/03/06(土) 16:36:23.71 ID:9fWEJbkLO


美琴「アンタ…ここで何してんのよ」

ミサカ10032「ただのバイトですが…」

美琴「調整は良いの?」

ミサカ10032「現在も調整はしていますがミサカには維持費がかかるので経験を積ませるのと同時に支出を抑えようとバイトに出る事をスケジュールに組んであります」

美琴「合理的ね…」


95:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/03/06(土) 16:44:03.37 ID:9fWEJbkLO


上条「(胸で手相を見るってッッッッッッ)」

上条「(落ち着け上条当麻クールに決めるんだまず素数を数えよう0…アレ?)」


97:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/03/06(土) 16:50:13.85 ID:9fWEJbkLO


上条「(0って素数…ん?その数でしか割れないよな…よしここはフィボナッチ数列を数えよう)」
上条「(1…アレ?次は1?)」


99:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/03/06(土) 16:53:07.05 ID:9fWEJbkLO


神裂「えっと上条当麻?(ドキドキ///)大丈夫ですか///」


105:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/03/06(土) 17:04:48.15 ID:9fWEJbkLO


ミサカ「ところでお姉様あの方を追い掛けるのは辞めたのですかとミサカはミサカは期待を胸に尋ねてみます」

美琴「えっ?」

ミサカ「その殿方と仲の良いようででは私は上条当麻を頂きましょうとミサカはミサカはフルネームを述べながら宣言します」

美琴「アイツには彼女が…」

ミサカ「そうですか…でもミサカはミサカは想いを伝えようと思います」

美琴「どうして?」


106:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/03/06(土) 17:11:09.61 ID:9fWEJbkLO


ミサカ「!?お姉様は気持ちを抑えたままで良いのですか?とミサカはミサカはお姉様に疑問を隠さず問います」

美琴「だって彼女が居るって」

ミサカ「それは直接言われたのですかそれとその気持ちに嘘が有るのですか?」

美琴「それは…」


113:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/03/06(土) 17:29:59.25 ID:9fWEJbkLO


美琴「…」

ミサカ「ミサカは振られるかも知れませんしかしそれは憶測でやって見なければ分かりませんそしてこの想い嘘は無いと信じているからですとミサカは加えます」


上条「色即是空色即是空色即是空」

神裂「…」


115:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/03/06(土) 17:41:14.10 ID:9fWEJbkLO


美琴「…分かった」

美琴「私は自分の意志で自分の気持ちに嘘をつかずにアイツの気持ちを確かめる」

ミサカ「それでこそ私達のお姉様です」

美琴「ごめん海原君私は気持ちを伝えないといけない人が居るの」

海原「…そうですか…奢りますと言ったのは僕なのでどうぞ行ってください(このクソ女二人が///)」


116:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/03/06(土) 17:53:28.50 ID:9fWEJbkLO


神裂「(こうなったら行くところまで///)」スル

上条「色即是空色即是…(今なんか白いシャツが脱げて///ふくよかな女性の象徴母性の塊…)」

上条「(玉のような艶やかな肌と年相応の女性特有の皮下脂肪の詰まった男の欲望を駆り立てるまがまがしき女の最終兵器…神裂さん…アンタはリーサルウェポンや///)」


121:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/03/06(土) 18:33:05.38 ID:9fWEJbkLO


prrr…
上条「もしもし?来たか!」

神裂「私の魔術によると海原が御坂美琴の1キロ圏内に入りましt」

上条「よし行こうすぐ行こう」

神裂「貴方は今日学k」

上条「そげぶ!」

青髪「せんせ-上条君が携帯電話での通話に夢中になってま-す」

子萌「かっ上条ちゃん!学校は勉強をするところで…」

上条「黙れ名無し小僧と万年小学生」


122:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/03/06(土) 18:36:26.63 ID:9fWEJbkLO


青髪「そこまで言わんでもええやん…」

子萌「ひぐっ…ぐすっ」

青髪「大丈夫や子萌ちゃんにはわいがおるっぺ」

姫神「北陸出身確定」

土御門「にゅういん!」


125:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/03/06(土) 19:03:33.17 ID:9fWEJbkLO


ミサカ「おや?貴方はここに居たのですか…お姉様とは入れ違いになったのですか?とミサカは不安感たっぷりに問います」

上条「ぼっ母性…はっ!?ミサカえ-と美琴は?」

ミサカ「貴方を探しに外へ行きましたよ」

上条「なんだって…」


126:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/03/06(土) 19:12:36.00 ID:9fWEJbkLO


ミサカ「貴方はお姉様を見張っていたのですか?とミサカは疑問のたけをぶつけます」

上条「ああアイツが海原と居るのをずっと見ていた」

ミサカ「ソレは嫉妬ですかとミサカは単刀直入に聞きます」

上条「うっ………そうかもな…」


128:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/03/06(土) 19:49:51.64 ID:9fWEJbkLO


ミサカ「かもですか?そうなのですか?とミサカはっきりしろこのバカ野郎と苛立ちを隠せず聞きます」

上条「……その通りだよ…よく分かんねーけど美琴と海原がいちゃつくのがこの間からイラついてたんだよ」

ミサカ「乳繰りやがって何を言うとミサカ勘の良さをアピールします」

上条「…」

ミサカ「それで貴方はお姉様が好きなのですかとミサカは白黒付けさせます」

上条「ああそうだ」


129:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/03/06(土) 20:09:09.80 ID:9fWEJbkLO


ミサカ「私は貴方が好きです」

上条「悪いが美琴が好きだ
神裂…手伝ってくれてありがとうな」

ミサカ「では追って下さい私の言いたい事は以上です」

上条「ああ」ダッ

神裂「…」

海原「…アレはね-ちん?…なんか可愛い///(おっぱいもでかい///)」

海原「確か上条のフケがあったはず」


130:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/03/06(土) 20:15:07.10 ID:9fWEJbkLO


美琴「どこなのよアイツ///」

美琴「と…と-まぁ-…」

上条「居たっ!お-い美琴-」ダッ

上条「ハァハァ…」

美琴「あっアンタ探したのよ!」

上条「俺もな///」

美琴「えっ?どうして」

上条「言いたい事があってな…」
美琴「私もよ」


131:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/03/06(土) 20:17:36.19 ID:9fWEJbkLO


上条「じゃあ俺から言うぞ…御坂美琴お前が好きだ///」

美琴「…なんでアンタがソレを言うのよ…アンタには彼女が」

上条「彼女は居ない神裂は友人だそしてこの気持ちに嘘は無い」

美琴「バカ…私が言おうとするのに先に言っちゃうのよ…」

上条「え…じゃあ」

美琴「そうよ両想い///」

上条「これじゃあ何時ものセリフも言えないな///」

美琴「ええそうね…それに今なら割り箸も完璧に割れるわね…」


132:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/03/06(土) 20:22:11.17 ID:9fWEJbkLO


完です
完璧にオナニーでしたね
駄文ですみませんでした反省してますひれ伏して謝罪します許してください

あと海原はあの後アステカの魔術で上条になりすましてバレてね-ちんに殺されました


133:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/03/06(土) 20:23:39.71 ID:6AFItqgR0


よくやった、乙!



134:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/03/06(土) 20:28:42.26 ID:tuBksMB60


お疲れ様ぁーず



136:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/03/06(土) 20:32:59.09 ID:fZyQiv2f0


乙乙



139:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/03/06(土) 21:12:18.13 ID:NVEOgWfaO


乙だけど
さすがにフケでは無理だろ






【必見】月収百万以上行くにはどうしたらいいの?【PR】
こんなに楽して稼いでしまってもいいのか?【PR】
彼女とエッチをした結果wwwww【PR】
全裸のプロフィールが拝めるサイトです【PR】
世の中のエロげーを超越したエッチなエロげー【PR】
今の時代のアプリはエッチなこともできるんだぜwww【PR】
バイナリってなんでこんなに稼げるの?【PR】
今の世の中はキモオタでもエッチができる件www【PR】
美希「ハニー、ミキ結婚するね?」