madoka


まどか「やっぱりさやかちゃん、中沢君のこと好きなの?」



【超悲報】彼女「入れて……」俺「ほぇっ!?もぅ…全部入ってますが……」【PR】
【バブル到来】俺の月収が400万超えたんだけど何か質問ある?【PR】
上か下かあてるだけの簡単な投資ですwwww【PR】
オンラインで合コンできるサイトって知ってる?【PR】
パズルを解けば女の子とエッチできるってさ【PR】
このアプリにハマッた結果wwwww【PR】
通帳残高がいつの間にこんなにあった件www【PR】
キモオタよ!エッチがしたいか!ここならできるぞ!!【PR】
京太郎「上京して一人暮らししようとしたら咲がついてきた」




1:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2014/06/14(土) 18:18:58.53 ID:ChuPrmMV0


さやか「ぶふぅっ!!!!」ビチャァッ

まどか「ああ…机が牛乳まみれ…」

さやか「いきなり何言い出すのまどか!?」

まどか「いや、バレバレだよ…最近授業中寝ないでずっと中沢君のことチラチラみてるし」

さやか「くっ…」フキフキ

ほむら(以外だったわね…)


2:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2014/06/14(土) 18:20:09.49 ID:ChuPrmMV0


ほむら(新しく時間軸を移動してみれば…)

 仁美→恭介→さやか→中沢

ほむら(こんなことになっていたなんて…!)ホムーン

ほむら(でもここではマミはマミることなく生きているわ)

ほむら(このまま美樹さやかの問題を何とかすればワルプルギスの夜にも勝てるかもしれない!)

まどか「ねえ?ほむらちゃん?」

ほむら「ゑ?ああそうね正直皆気づいてるわ。当の中沢君以外は」

さやか「そんな見てた?」

まどか「たまに「中沢…」って小声で呟いてるのも聞こえてるよ」

さやか「アタシそんなこと言ってたの!?」サヤッ!?


3:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2014/06/14(土) 18:21:01.65 ID:ChuPrmMV0


まどか「アレだねー。今流行の肉食系女子と草食系男子って奴だね」ウェヒヒ

ほむら「どういうところを好きになったのかしら?」

さやか「いや…や…優しい…とこ…とか」

まどか「ほうほう?」キラキラ

ほむら「ほむほむ?」キラキラ

さやか「普段そりゃ…優柔不断だけど…困ってる人見ると助けてあげる…っていうか。私前係の仕事で困ってたとき助けてもらって…」

さやか「それ以来妙に意識しちゃってさ…」

まどか「かー!ベタ惚れ!ベタ惚れですわこれ!カー!」

ほむら「やばいっすねー!甘酸っぱいっすねー!」

さやか「何そのノリ!?」


4:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2014/06/14(土) 18:23:08.52 ID:ChuPrmMV0


さやか「でもやっぱ、中沢はアタシみたいなガサツな女、苦手かなあ…」

まどか「いやあ?逆に引っ張ってくれる女の子とか好きかもよ?」モグモグ

さやか「ホント!?ホントにそう思う?」

ほむら「アタックしてみなさい。あなたいつも一歩踏み出せず失敗するんだから」

さやか「なによー分かったような口利いてー」

ほむら「見てきたもの…」ボソッ

まどさや「え?」

ほむら「なんでもないわ」


5:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2014/06/14(土) 18:23:55.63 ID:ChuPrmMV0


さやか「でもどうしたらいいのかな…アタシと中沢、接点あんま無いし…」

まどか「上条君と中沢君仲よかったよね?何か聞いてみたら?」

さやか「そ、それだー!まどかナイス!」

まどか「ウェヒヒ」


6:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2014/06/14(土) 18:25:03.36 ID:ChuPrmMV0


病院

恭介「あ、さやか!…と鹿目さんと…暁美さん…だっけ?」

さやか「おいっす!」

まどほむ「こんにちは」

恭介(なんだ…今日は二人きりになれないのか…)ショボン

ほむら(目に見えて落ち込んでるわ…)


7:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2014/06/14(土) 18:26:33.10 ID:ChuPrmMV0


さやか「ほれ、あんたに頼まれてたCD、探しといたぞ。あとで2000円」スッ

恭介「あ、ありがとう…」

さやか「おっとお…このCD、今回は金だけじゃ渡せない」スカッ

恭介「え?」

さやか「あんたさあ…中沢といつも仲良かったよね…なんか好きなものとか知らない…?」

恭介「ゑ?そ…それって…」

まどか「さやかちゃん、中沢君好きなんだよー」ウェヒヒ

さやか「ま、まどかー」アセアセ

恭介「」


8:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2014/06/14(土) 18:27:41.51 ID:ChuPrmMV0


さやか「…なるほど、格ゲー、漫画、うまい食べ物…」

まどか「男子の標準って感じだねえ」

恭介「ア…ウン…ソウダネ…」

ほむら(パッサパサ!上条恭介の心パッサパサだよ!って叫びたいわ…)

さやか「んじゃ、また来るからー」

まどほむ「お邪魔しました」

恭介「ああ…なんてことだ…学校行ってなかったから…その間に親友にNTRなんて…」

仁美「恭介君?お見舞いに来たのだけれど…///だ、大丈夫?顔色が尋常じゃありませんわ!」


9:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2014/06/14(土) 18:31:33.49 ID:ChuPrmMV0


まどか「じゃ、今日はマミさんの家に皆でお泊りで作戦会議しよう!」

さやか「え?早速!?」

まどか「そうだよ。善は急げって言うよ。今日金曜だし」キラキラ

ほむら「そうね。思い立ったが吉日とも言うわ」キラキラ

さやか「あんたら楽しそうだな!」

まどか「どうせマミさんは暇してるだろうし」

さやか「ああ…まあ…それは確かに…」

ほむら「じゃあ各自家に一旦帰ってから行きましょう」

まどか「私がマミさんに連絡しとくね」


10:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2014/06/14(土) 18:32:21.54 ID:ChuPrmMV0


マミホーム
三人「お邪魔しまーす」

マミ「はい、いらっしゃい」

QB「チースw」

さやか「QBも居たんだ」

QB「イヤw普通いるっしょwマジさやかさんパねえw」

ほむら(なんでこの時間軸のQBはこんなチャラいのかしら…どんな道辿ったらこうなるのよ…)

QB「おほぉー、まどかさん今日もかわウィーねー!契約しない?w」

まどか「もう!そんな軽いノリで契約しないよ!」

ほむら「…」


12:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2014/06/14(土) 18:35:45.61 ID:ChuPrmMV0


まどか「で、そうだね。さやかちゃんは幸運にも格ゲーも漫画も美味しい食べ物も好きだから、接近しやすいんじゃない?」

さやか「う、うん。それはよかったなーと」

ほむら「問題はどうやって話しかけるかね」

まどか「うーん…」

マミ(この子ら、突然押しかけて私に何の話するのかも言わず勝手に三人で話し込み始めたわ…)ポツーン

QB「ちょwww家主がボッチとかパなくないっすかw」

まどか「あ、マミさんもちょっとアドバイスとかできないですか?」


14:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2014/06/14(土) 18:36:28.16 ID:ChuPrmMV0


マミ「なるほど…」

さやか「どうか!マミさん女子力()高そうだし、なにとぞ!」

マミ「多分、話聞く限りその中沢君だと向こうから話しかけることは無さそうだし…」

まどか「確かに」

マミ「さっき係の仕事が~とか言ってたわね?だったらお仕事の手伝いを頼んでみてそこから話していったらどうかしら?」

さやか「なるほど!マミさんさすが!」

まどか「すごいですマミさん!」

ほむら「巴マミ…!」

QB(いや…ごく普通のアイディアだと思うけど…こいつらの女子力半端ねえ…逆に)


16:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2014/06/14(土) 18:37:47.08 ID:ChuPrmMV0


マミ「さて…ご飯食べましょう!用意するから」

三人「はーい」


マミ「それにしても暁美さん…ありがとうね。あなたの助けがなければ…私あの時…」モグモグ

ほむら「気に病むことは無いわ。これからは魔法少女同士、仲良くしましょう」パクパク

マミ「ええ」パァ…!

まどか「よかったですねマミさん」ウェヒヒ

さやか「かっこいいなあ魔法少女」

ほむら「…!駄目よ。二人とも。碌なことは無いわ」

マミ「ええ。私はパートナーもこうして出来たんだし、あなた達には人間のままでいて欲しいわ」

さやか「そうだね…特に願い事ってのも無いし…」

まどか「上条君も退院まで後二ヶ月だっけ?リハビリ頑張ってるみたいだね」

QB「…まあw無理強いはできないっすからwオレッチもw」(望み薄っすか…)

ほむら(本当にこの時間軸…いけるんじゃないかしら?杏子がこの町に来たら私が説得すれば…)


17:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2014/06/14(土) 18:38:59.26 ID:ChuPrmMV0


月曜
まどか「やってきたよー月曜!」

ほむら「きたわね…!」

さやか「ああ…どうしよう…」ドキドキ

まどか「さやかちゃん、まだ告白でもないんだから!シャッキリして!」

ほむら「今日から少しずつ友達になっていけばいいのよ」

さやか「う、うん!アタシ、頑張る!」キリッ


18:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2014/06/14(土) 18:39:42.97 ID:ChuPrmMV0


男「おー中沢ー」
中沢「ああ、おはよう」

まどか「あ、来たね、中沢君」

さやか「え!どこ!?」ドキッ

まどか「いやどこって…前の方に思いっきり居るじゃん」

さやか「あ、ああ、本当だ…」ドキドキ

まどほむ(か、可愛い…)キラキラ


19:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2014/06/14(土) 18:41:21.25 ID:ChuPrmMV0


昼休み
まどか「このプリントを運ぶのを手伝ってもらうんだよ!そして格ゲーか漫画の話題出して距離を縮めるの!」

さやか「う、うん」ドキドキ

ほむら「…美樹さん」

さやか「な、何?」

ほむら「…頑張って…あなたは…幸せになるべきよ」

さやか「…!あ、ありがとう…行ってくる!」ダッ


まどか「…ほむらちゃんも友達思いだね」ティヒヒ

ほむら「ええ」


20:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2014/06/14(土) 18:41:54.89 ID:ChuPrmMV0


さやか「な、中沢!」

中沢「え?あ、ああ美樹さん、どうしたの?」

さやか「このプリント運ぶの…て、手伝ってくれない?あの二人はこれからちょっと…何かあるから無理なんだって!」ドキドキ

中沢「?うんいいよ」


21:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2014/06/14(土) 18:42:58.98 ID:ChuPrmMV0


廊下
さやか(どうしよう…無言だ…)バクバク

中沢「…うーん…」

さやか「…!ど、どどどうしたの?」

中沢「え?ああいや、今度出る○○(格ゲー)欲しいなあって…でも金無くてねえ」

さやか(キター!!)

さやか「そ、そそそれ!アタシも欲しくて予約したの!」

中沢「え?そうなの?いいなあアレ1が凄い面白かったよね」

さやか「そうなの!アレやりこんだよ」(イケる…結構話せてるよ!アタシ!)

中沢「美樹さんキャラ何使ってる?」

さやか「アタシは~

中沢「へえそうかあ。僕は~


22:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2014/06/14(土) 18:43:30.17 ID:ChuPrmMV0


マミホーム
さやか「ニヘヘヘヘヘ…エヘヘ…」ニヤニヤ

まどか「帰ってきてからずっとこの調子だね。だんだんとイラつきすら覚えるよ」

ほむら「まあうまくいったのならよかったじゃない」

さやか「ふふ、舞い上がっちゃってますね!アタシ!」キリッ

マミ「共通の話題が出来たのなら、休み時間に話しかけていきなさい。がっつき過ぎないようにね!」

さやか「はい!」

ほむら「それじゃ今日は解散ね。明日からも頑張りましょう」


23:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2014/06/14(土) 18:44:51.36 ID:ChuPrmMV0


ほむら「それから、美樹さやかは中沢君へのアプローチを繰り返した…」

さやか「このキャラのコンボからさあ…」(頑張れ!頑張れさやか!)ドキドキ
中沢「ああうん、ここからハメで…」

さやか「中沢!××(携帯格ゲー)持って来たよ!一緒にやろー!」(臆するな!臆するなさやか!)バクバク
中沢「あ、うん!」

さやか「今回のラスト気になるよねー」(大丈夫。大丈夫…)
中沢「まあ確実にヒロインが敵側に落ちるだろうなあ…」

中沢「さやかー。○○が届いたらさあ、やりに行っていい?やっぱ金なくてさあw」
さやか「う、うん!いいぞー!さやかちゃんを頼るがいい!」(来てる…来てるぞ!中沢から家に来たいなんて!!)


24:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2014/06/14(土) 18:45:30.39 ID:ChuPrmMV0


マミホーム
まどか「なんか予想外にうまくいってるねー」

マミ「以外とそういうものよ。男子って基本的に仲良くしてくる女の子はそれだけで好きになっちゃったりするのよ」

さやか「ええ!?じゃ、じゃあ中沢…アタシのこと…」ガクガク

マミ「ふふ、可能性は高いわよ」

さやか「~~~!!///」カァァジタバタ

ほむら「完全に恋する乙女ね」

まどか「ていうか中沢君、あんまり女子自体と接点ある人じゃなかったし、向こうも意識しざるを得ないんじゃないかなあ?」

マミ「あらそうなの。それなら結構後はチョロいんじゃないかしら?家に来るんでしょ?」

さやか「は、はい!!そうなんです!でも…どうしたらいいのか…」ガクガク

マミ「部屋はちゃんとしておくのは当然として…折角二人なら…いつもと違うところを見せたら?」

さやか「ち、違うところ?」

マミ「そうよ、例えば普段より女の子らしい仕草を見せたりね」

さやか「な…なるほど!やってみます!」


25:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2014/06/14(土) 18:46:56.77 ID:ChuPrmMV0


土曜
中沢「お邪魔します」

さやか「お、おう!上がるがよい!」ドキマギ

中沢「なんだよそれ…」アハハ

さやか母「あら?あらあら!?さやかが!さやかが男子を家に上げた!せ、赤飯!赤飯!」

さやか「お母さん!みっともないからやめて!」

中沢「ははは…」


さやか「はいどうぞー入ってー」

中沢「うん…って綺麗な部屋!すげー」

さやか「そ、そう?」(掃除頑張ったからなあ)

中沢(でもベッドの配置真ん中って…斬新だな)


26:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2014/06/14(土) 18:47:22.00 ID:ChuPrmMV0


さやか「じゃーん!これでーす!○○!」

中沢「おおー」パチパチ


さやか「ドリャー!」

中沢「なんの!」

さやか「ウリャー!」

中沢「甘い!仕返し食らえ!」

さやか「まだまだ!」

中沢「こっちこそ!」


27:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2014/06/14(土) 18:48:21.16 ID:ChuPrmMV0


中沢「ふう…つ、強いなさやか」

さやか「ふふ、1を極めたからね!」(…ハッ)

さやか(マミ「そうよ、例えば普段より女の子らしい仕草を見せたりね」)

さやか(忘れてた!そうだよ!女の子らしく…女の子らしく…よし)

さやか「はあ…ああん…疲れた…(若干に艶かしい声)」

中沢「!?」ドキ


29:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2014/06/14(土) 18:49:59.24 ID:ChuPrmMV0


さやか(よし…今ちょっと反応したね…)

さやか(…)

さやか(後なんだ!?女の子らしくって…そ、そうだ。髪!)

さやか(いや駄目だ!そこまで髪長くない!)

さやか(…料理!料理だ!これだ!)

中沢「さやか?次やらないの?」

さやか「え?ああごめん。あのさ、お腹すか、空かない?アタシ軽いもの作ろっか?」ドキドキ

中沢「いや、別に腹は…」

さやか「いーや!アンタはお腹空いてる!今決めた!作ってくるから!」ダッ

中沢「あ、さやか…行ってしまった」


30:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2014/06/14(土) 18:50:36.77 ID:ChuPrmMV0


中沢(……)

中沢(…それにしても随分さやかと仲良くなったな…)

中沢(今まで女子と話したことも少なかったのに…なんでさやかはこんな俺に構うんだろ…?)

中沢(というか俺今女子の部屋に居るんじゃん!いや俺が行くっつったけど!しかもさやかの!)

中沢(うわあ…今更だけどなんかドキドキしてきた…)

中沢(っていうか…普通に俺のこと家にあげて…さやかにとって俺ってどうなんだ?)

中沢(友達止まりの男?…)

中沢(そもそも俺はさやかのこと…どう思ってるんだ?)


31:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2014/06/14(土) 18:52:07.31 ID:ChuPrmMV0


マミホーム
まどか「今どうなってるかなあ…さやかちゃん」

マミ「とにかく祈るしかないわね」

ほむら「そうね…」

マミ「あ、鹿目さん?紅茶のおかわりは?」

まどか「あ、すみません。いただきます…」

まどか「以外ともうラブッラブになってたりして!」キラキラ

マミ「あーんとかやってたり?」キラキラ

ほむら「「あ、ほっぺについてるよ…」からのペロッとか?」キラキラ

まどか「キャーもうそれカップルでしょほむらちゃん!」

マミ「…でもその中沢君って…やっぱり大丈夫かしら?」

まどか「え、それはどういう…?」

マミ「いやね…中沢君みたいなタイプだと自分を必要に卑下したりしてうまくいかないこともあるのよ」

ほむら「なるほど…「コイツが自分を好きなわけない」と思い込んでしまうのね」


32:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2014/06/14(土) 18:53:48.34 ID:ChuPrmMV0


さやか「お母さん!台所使うから!」

さやか母「うん。いいわよ」ニヤニヤニヤニヤ

さやか「よし…」

さやか「…何作ればいいんだ!?まったく考えてなかった!」ウガー

さやか母「さやか…お母さんが教えてあげましょう…女子力()の高い男子をオトす料理…」

さやか「な、何お母さん!?なんか怖い!」


さやか「結局、パスタか…なんか無難だね」

さやか母「いいのよ!童貞なんてその程度で落ちる!さあ行って来い!」バンッ

さやか「ど、童貞って!」


33:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2014/06/14(土) 18:55:00.37 ID:ChuPrmMV0


ガチャッ
さやか「ま、待たせたな!パスタ作ってきたゼヨ!食らうがいい!」

中沢「あ、ああ。じゃあ折角だし…」

中沢「い、いただきます」

さやか「あ、私も…いただきます…」ドキドキ

中沢「…」カチャカチャモグモグ…

さやか「ど…どう?」ジー

中沢「うん、凄い旨いよ!これ!さやか料理上手いんだね!」

さやか「!そ、そう?ありがとう!」(まあ半分お母さんの料理だけど)

中沢「うん…ホントに旨い…これ…」

さやか「そ、そんな褒めてもなんも出ないぞ!///」ハハハ・・・


35:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2014/06/14(土) 18:56:38.23 ID:ChuPrmMV0


中沢「ご…ご馳走様でした…ホントに凄く旨かったよ」

さやか「うん…お粗末さま…」

「………」

さやか「よ、よし!続きやろう続き!」ドキドキ

中沢「あ、おおう!」ドキドキ

カチャカチャ…カチャカチャ…
<デヤア!
<フンッ!

「…・・・・・・」

さやか(なんだこの沈黙は!?き、気まずい!)

さやか(もしかして…パスタホントは不味かったの!?だとしたら…ど…どうしたら)オロオロ

中沢「…さ!さやか!」


37:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2014/06/14(土) 18:58:22.00 ID:ChuPrmMV0


さやか「へ!?な、何!?」

中沢「あのさあ…ずっと気になってたんだけど…」

さやか「う…うん…」

中沢「なんで俺に…こんな構ってくれるの?」

さやか「え…」

中沢「だって…俺は今まで女子に話しかけられたりとか…あんま無くて…なのに…」

さやか「そ、それは…」ドキドキ

中沢「そんな態度とられてると…勘違いしちまうし…」

さやか「え?」


38:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2014/06/14(土) 18:59:24.31 ID:ChuPrmMV0


中沢「だから…俺のこと好きなんじゃないかとか…そんな風に思ってしまうんだよ!」

さやか「!」

中沢「…」

さやか「…な、中沢」

中沢「ご免。勝手なこと言って。帰るよ」スッ

さやか「ちょ、ちょっと待って!」


40:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2014/06/14(土) 19:00:10.62 ID:ChuPrmMV0


中沢「…」ゴソゴソ

さやか「お願い話聞いて!」

中沢「いや、さやかも困ったでしょ?ホントご免」ゴソゴソ

さやか「ち、違うんだってば!」

さやか「あ、アタシ…アタシ…!」

さやか「好きなの!あんたのことが!ホントに!あんたの妄想じゃなく!!」

中沢「え…」


41:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2014/06/14(土) 19:01:01.67 ID:ChuPrmMV0


さやか「だから…前からあんたのこと好きで…!一生懸命話しかけたりして…!」アセアセ

中沢「さやか…」

さやか「と、とにかく!好きなの!大好きなのよ!」

中沢「そうか…俺の独りよがりじゃ…なかったんだ…」

さやか「…うん」

さやか「ねえ、聞くけど…。さっきみたいなこと言ったってことは…あんたもアタシのこと…す…好き?」

中沢「…そうだよ」

さやか「!」

さやか「じゃ…じゃあさ…あ、アタシと付き合って…くれない?」

中沢「…後悔しない?」

さやか「え?」


42:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2014/06/14(土) 19:02:20.08 ID:ChuPrmMV0


中沢「俺って本当にさやかのこと好きで…だから…」

さやか「アタシが軽いノリだっていうの?だから違うの!本当に一生一緒に居たい位好きなの!」

中沢「じゃあ…こっちから言わせて…」ドキドキ

さやか「…」ドキドキ

中沢「……付き合ってくれ。俺と」

さやか「…うん!」


43:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2014/06/14(土) 19:03:49.38 ID:ChuPrmMV0


マミホーム
さやか「お邪魔します」ガチャッ

まどか「来たっ」ガタッ

マミ「来たわねっ」ガタッ

ほむら「ほむっ」ガタッ

QB「ちょ、え、マジ?え?来た?w」

さやか「あ…皆…」マッシロナハイ

まどか「ど、どうだったの…?」

さやか「それは…」

QB「もしやもう付き合っちゃったり?w」

マミ「どうかしら?どうかしら?」

さやか「あ…うん…」

ほむら「え…?その反応…本当に…?」

さやか「う…うん…付き合うことになっちゃった」


44:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2014/06/14(土) 19:04:23.24 ID:ChuPrmMV0


まどか「…本当?」

さやか「ほ…本当だよぅ…」

さやか「…?」

まどか「」

ほむら「」

マミ「」

QB「」


「イヤッホオォォォォォォォウ!!!!」

さやか「ビクッ」


45:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2014/06/14(土) 19:05:18.01 ID:ChuPrmMV0


マミ「やったわね!おめでとう!」

まどか「おめでとう!おめでとうさやかちゃん」ティヒヒヒ

ほむら「よかったわ…!本当に。おめでとう…」

QB「パネエwwwwwパネエっすwwwwwちょwお祝いっしょwwwwお祝いwww」

マミ「QBの言う通りよ!お祝いしましょ!料理作るわよお!!」

さやか「み、皆…ありがとう」


46:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2014/06/14(土) 19:06:11.54 ID:ChuPrmMV0


マミ「さああ!!!出来たわよ!料理が!!」

「イヤッホオォォォォォォォウ!!!!」


マミ「それではあ…?」

まどか「さやかちゃんとお…?」

ほむら「中沢君のお…?」

QB「将来にい…w?」

さやか「か、かんぱーい!!」


「かんぱーーーい!!!!」」


おわり


48:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2014/06/14(土) 19:10:05.88 ID:ChuPrmMV0


後日談

 通学路
男「おーう恭介!退院おめでとう!」
恭介「うん。まだ松葉杖は手放せないけど…」
恭介(やっと…学校に戻ってきた…)
恭介(さやか…待っててくれ…僕は諦めない…!)
さやか「あー恭介!おはようアーンド退院おめでとさん!」
恭介「あ、さやか!うん!ありがとう」ドキッ  …って、え?」
中沢「おう恭介!おめでとう!」
恭介「な…なんで二人とも…一緒に登校…して…」
さやか「そ…それは…///」
中沢「付き合うことになったんだ俺達」
男「マジで!?抜け駆けか中沢!!」
恭介「」
中沢「告白の時、一生一緒にいたいってまで言ってくれたんだぜ」
さやか「も、もう///余計なこと言うな///」
男子「アッツアツだなあおいおい…っておい恭介!」
恭介「」フラッ
さやか「だ、大丈夫!?」
中沢「おい、足まだ治ってないんじゃないのか!?」

 教室
仁美(ついに…始まりますわ…私と上条恭介君のスクールライフ///)


本当におわり





【必見】月収百万以上行くにはどうしたらいいの?【PR】
こんなに楽して稼いでしまってもいいのか?【PR】
彼女とエッチをした結果wwwww【PR】
全裸のプロフィールが拝めるサイトです【PR】
世の中のエロげーを超越したエッチなエロげー【PR】
今の時代のアプリはエッチなこともできるんだぜwww【PR】
バイナリってなんでこんなに稼げるの?【PR】
今の世の中はキモオタでもエッチができる件www【PR】
エレン「くじ引きデート?」