fcd5a585819acb433b886834ed32c624


海未「穂乃果、我慢しないでいつでも射精して下さいね」シコシコ



【超悲報】彼女「入れて……」俺「ほぇっ!?もぅ…全部入ってますが……」【PR】
【バブル到来】俺の月収が400万超えたんだけど何か質問ある?【PR】
上か下かあてるだけの簡単な投資ですwwww【PR】
オンラインで合コンできるサイトって知ってる?【PR】
パズルを解けば女の子とエッチできるってさ【PR】
このアプリにハマッた結果wwwww【PR】
通帳残高がいつの間にこんなにあった件www【PR】
キモオタよ!エッチがしたいか!ここならできるぞ!!【PR】
ミカサ「このSSは素晴らしい」




7:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2014/01/20(月) 17:21:58.60 ID:qzD8BWQcP


穂乃果「前回のラブライブ!」デェン!

穂乃果「ある日眠りから覚めると股間に妙な違和感を感じた私!」

穂乃果『な、何これぇーーーーーー!?』

穂乃果「突然生えてきた男の子のものに困惑しながらも、とりあえず学校へ向かったけど」

海未『穂乃果、どうしたのですか?』

穂乃果『ど、どうもしないよ!』

穂乃果「海未ちゃんは出会って数分ですぐに私の態度がおかしいことに気づいちゃった!」

海未『嘘です。私にはわかりますから』

穂乃果『ほ、本当になんでもないってば…』(う、海未ちゃん、顔が近いよ…なんだかドキドキする…)

海未『ほ、穂乃果!? ス、スカート! なんなんですかそれ!?』

穂乃果『えっ!?』ギンギン

穂乃果「これからいったいどうなっちゃうの!?」


9:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2014/01/20(月) 17:28:34.06 ID:qzD8BWQcP


穂乃果「あ、あのね? 私にもよくわからないんだけど」カクカクジカジカ

海未「朝起きたら突然、その、男性のものが? ついていたと?」

穂乃果「う、うん…」

海未「……一応聞いておきますけど、実は隠していただけで生まれた時から男だった、なんてことはないですよね?」

穂乃果「そんなわけないでしょ!」

海未「わかっていますよ。一応確認してみただけです。穂乃果の裸なら何度も見たことありますから」

穂乃果「うぅ……海未ちゃん……どうしよぉこれ……」ギンギン

海未「とっ、とりあえずそれ、目立ちますから、直してください」

穂乃果「直そうと思って直せるものならもうとっくにやってるよ!」ギンギン


10:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2014/01/20(月) 17:32:29.42 ID:qzD8BWQcP


海未「と、とりあえずあそこのトイレに行きましょうか。話はそれから」

穂乃果「うん…」ギンギン


~個室トイレ~

海未「二人で入ると狭いですね、さすがに」

穂乃果「そうだね……」

海未「それ、治りそうですか?」

穂乃果「全然……」ギンギン

穂乃果(というか、個室に入って海未ちゃんとの距離が近くなったせいでますます収まりが…)

海未「……穂乃果、ちょっと脱いでみてください」

穂乃果「ええっ!?」

海未「その、一応原因を確かめてみないと……」


11:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2014/01/20(月) 17:37:55.11 ID:qzD8BWQcP


穂乃果「うん……」スルスルッ パサッ

海未「……」

穂乃果「……」ギンギン

海未「……つ、作り物とかではないみたいですね……」

穂乃果「最初からそういってるじゃん!まだ信じてなかったの!?」

海未「はい……すみません……」

海未(……スカートを持ち上げてる時点でちょっと思ってましたけど)

穂乃果「じ、じろじろ見ないでよ……恥ずかしいから……」

海未(これ……凄く大きいです……)

穂乃果「海未ちゃん?」

海未「はっ! はい、なんです?」

穂乃果「いや……なんか無言になってたから、つい……」


16:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2014/01/20(月) 17:43:15.79 ID:qzD8BWQcP


海未「穂乃果、」

穂乃果「?」

海未「ちょっと触ってみますね」スリスリ

穂乃果(……ッ!)

穂乃果「い゙っ!」ビクン!

海未「あ、ごめんなさい!痛かったですか?」

穂乃果「う、ううん。痛かったわけじゃなくて……なんか……」

海未「……?」

穂乃果「なんかその……気持ちよかった……っていうか……」

海未「気持ちいい、ですか?」

穂乃果「う、うん……」


18:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2014/01/20(月) 17:49:44.00 ID:qzD8BWQcP


海未「…どうすれば…」

穂乃果(……海未ちゃんの手……)

海未「水でもかけたら冷やされて腫れが引いたりしないでしょうか?」

穂乃果(……気持ちよかったな……)

海未「どう思いますか? 穂乃果」

穂乃果「海未ちゃん」

海未「はい?」

穂乃果「も、もっかい触って?」

海未「えっ?」

穂乃果「さ、触って!」ハァハァ

海未「ええっ!?」


20:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2014/01/20(月) 18:00:21.63 ID:qzD8BWQcP


海未「さ、触って…とは?」

穂乃果「お願いっ!さっきみたいにやって!」

海未「そ、そういわれても」アタフタ

穂乃果「海未ちゃん! お願いだからぁ!」

海未「し、しかし…」オタオタ

穂乃果「わ、わたし! も、もう我慢できないっ!」ダキッ!

海未「きゃあっ! ちょ、何を…!」

穂乃果「はぁっ!はぁっ! 海未ちゃん!海未ちゃん!」カクカク

海未「ほ、穂乃果ぁ! ちょ、ちょっと待ってくださっ…! な、何かヌルヌルが!ヌルヌルが!」

穂乃果「ああ海未ちゃん! 海未ちゃんの太もも気持ちいいよ!」カクカク

海未「ほ、穂乃果! すりつけないでください! 服が汚れてしまいます!」

穂乃果「海未ちゃん!海未ちゃん!」カクカク


25:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2014/01/20(月) 18:13:02.43 ID:qzD8BWQcP


穂乃果「ううっ! な、なんか来ちゃう! なんか来ちゃうよ海未ちゃん!」カクカク

海未「とりあえずいったん落ち着いて…!」

穂乃果「あっ!あっ!海未ちゃん!海未ちゃあぁんっ!!」ビュルビュルッ!

海未「きゃああああ!!」

穂乃果「で、出るっ!出てるよ海未ちゃん!」ビュッビュッ!

海未「ほ、穂乃果っ!いい加減に…」

穂乃果「海未ちゃん…海未ちゃん…」ピュッ…ピュッ…

穂乃果「……ふぅ」

海未「……収まりましたか…?」

穂乃果「ハァ……ハァ……ううっ…」ペタリ

海未「……大丈夫ですか?」

穂乃果「う、海未ちゃん……こ、腰が抜けちゃって……立てない……」

海未「……制服、どうしましょう」


27:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2014/01/20(月) 18:22:36.36 ID:qzD8BWQcP


園田家

海未「…はぁ」

穂乃果「ごめんね、海未ちゃん」

海未「……ごめんじゃないですよ、まったく。制服は汚れましたし、学校は遅刻どころの話じゃないですし…」

穂乃果「あはは……いや、そのこともごめんなさいなんだけど……」

海未「?」

穂乃果「さっき……無理やりしちゃって……」

海未「……まあ、それは」

穂乃果「海未ちゃん! ほんとにごめん!!!」ドゲザァ!

海未「ど、土下座までするようなことじゃ……」

穂乃果「ほっんとにごめんなさい!!!」ゲザァ

海未「…」

穂乃果「許してもらえるようなことじゃないかもしれないけど…でも、私…」

海未「……頭を上げてください、穂乃果」


29:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2014/01/20(月) 18:28:55.89 ID:qzD8BWQcP


穂乃果「…海未ちゃん」スッ

海未「確かに先ほどの穂乃果の行為はその…あんまりなものでしたけど…」

海未「穂乃果から頼まれたとおり私がやれなかったのが悪いわけでもありますから」

海未「それは言いっこなしですよ」ニコ

穂乃果「海未ちゃん…」ジワリ

海未「でも」

穂乃果「?」

海未「その…さっきのあれは…つまり…言ってみれば…男女の営み…なわけですから…」

海未「あそこまでしておいて……責任取らないってわけじゃ、ないですよね?」


30:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2014/01/20(月) 18:35:57.32 ID:qzD8BWQcP


穂乃果「責任……」

海未「…私にあそこまでの事をやったんですから…わかりますよね?」

穂乃果「…わかったよ!」スタッ

海未「!」

穂乃果「海未ちゃん!」ガバッ

海未「…」ドキドキ

穂乃果「私、たぶんまだ戸籍上は女だし、見た目も女のままだけど……それでも、海未ちゃんを絶対幸せにしてみせるから!」

海未「…穂乃果ぁ!」ギュッ

穂乃果「海未ちゃんっ」ギュッ

海未(ああ、お父さん、お母さん! 私、私、幸せです!)

海未「穂乃果…ずっと一緒ですよ!」

穂乃果「うん…!」

海未「絶対…絶対ですよ、穂乃果」

穂乃果「絶対だよ…!!」


32:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2014/01/20(月) 18:41:47.93 ID:qzD8BWQcP


海未「……」

穂乃果「……」

海未「……」

穂乃果「あ、そういえば」スッ

海未「…えっ?」

穂乃果「制服、どうしようか? さすがにあれをクリーニングに出すわけにはいかないよね」

海未「制服? え、まあ…別に替えのが一着ありますし…いや、今はそんな話より…」

穂乃果「そんな話より…? あ、そっか。そういえば学校にまだ連絡いれてないもんね」

海未「いや、学校なんかよりも…」

穂乃果「え? あ、私のコレのことか!」

海未「……いや、そのこともありますけど…」

海未(……え? 今の流れ、トイレで中断した事の続きを今から私のベッドで、という流れではないんですか?)

海未(責任取るって……いやお嫁さん的な意味での責任もそうですけど…。え?)


その後穂乃果と海未はいかに学校生活で股間のテントを隠していくかという話題で数時間を過ごし、穂乃果は自宅へ帰っていったのだった


35:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2014/01/20(月) 18:48:21.07 ID:qzD8BWQcP


次回のラブライブ!

海未『お互い公認のカップルとなった穂乃果と私の二人でしたが、しかし』

海未「穂乃果、我慢しないでいつでも出してくださいね」シコシコ

穂乃果「ううっ!」ビュルビュル

海未『どういうわけか穂乃果は私を身体を汚そうという気は一切ないようで、私は妄想で自分を慰める毎日』

海未「穂乃果…穂乃果…」クチュクチュ

海未『しかしそんな私達の日々に新たなるトラブルの予感が…』

穂乃果「出すよ海未ちゃんっ!」ビュルビュル

海未「……いっぱい出ましたね、穂乃果」

(・8・)「……」ババーン!


 完


37:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2014/01/20(月) 18:49:59.09 ID:FiWydNk50


もっとドロドロしたものが見たかった
精液だけに



38:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2014/01/20(月) 18:52:02.55 ID:H8l4JL3B0


次の放送はいつですかね



39:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2014/01/20(月) 18:57:44.43 ID:BfxRSoA90


うみちゃんを責めたかったおつ




【超悲報】彼女「入れて……」俺「ほぇっ!?もぅ…全部入ってますが……」【PR】
【バブル到来】俺の月収が400万超えたんだけど何か質問ある?【PR】
上か下かあてるだけの簡単な投資ですwwww【PR】
オンラインで合コンできるサイトって知ってる?【PR】
パズルを解けば女の子とエッチできるってさ【PR】
このアプリにハマッた結果wwwww【PR】
通帳残高がいつの間にこんなにあった件www【PR】
キモオタよ!エッチがしたいか!ここならできるぞ!!【PR】
苗木「江ノ島さんって本当に超高校級のギャルなの?」