title

リト「ララのこと無視する」




【超悲報】彼女「入れて……」俺「ほぇっ!?もぅ…全部入ってますが……」【PR】
【バブル到来】俺の月収が400万超えたんだけど何か質問ある?【PR】
上か下かあてるだけの簡単な投資ですwwww【PR】
オンラインで合コンできるサイトって知ってる?【PR】
パズルを解けば女の子とエッチできるってさ【PR】
このアプリにハマッた結果wwwww【PR】
通帳残高がいつの間にこんなにあった件www【PR】
キモオタよ!エッチがしたいか!ここならできるぞ!!【PR】
モバP「俺は虚弱体質なんでスタドリなんて飲めません」ちひろ「」



1:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/12/23(月) 01:52:56.55 ID:yaJT3CGv0




ララ「おっはよー、リト!」



リト「……」



ララ「おはよー!」



リト「……」



ララ「リトぉ? どうしたの、挨拶くらいしてよー?」



リト「……」








7:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/12/23(月) 01:58:41.96 ID:yaJT3CGv0




ララ「もう、リト。お・は・よっ!」



リト「……」



ララ「聞こえてるんでしょー。おはよーって返してよぉ~」



リト「……」



ララ「あ、何か怒ってるんでしょ? 言ってみて」



リト「……」



ララ「リ、リトってば!」








10:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/12/23(月) 02:02:51.53 ID:yaJT3CGv0




蜜柑「おはよう、リト、ララさん。朝食できてるよ」



リト「おう、おはよう。毎朝サンキューな」



ララ「むーっ。蜜柑にはちゃんと挨拶してるのにぃ!」



ララ「ねぇ、リト。私にも挨拶してよォ~!」



リト「……」



ララ「リト……」








11:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/12/23(月) 02:06:07.00 ID:yaJT3CGv0




蜜柑「どうかしたの?」



ララ「リトがね、今朝から一度も私と口利いてくれないの」



蜜柑「ちょっとリト。何だか知らないけどそういうの男らしくないんじゃない」



リト「何のことだ?」



蜜柑「何のことって……」



ララ「私のことだよ、リト!」



リト「……」



ララ「また無視したぁ(;;)」








14:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/12/23(月) 02:12:39.07 ID:yaJT3CGv0




蜜柑「リト、何かの悪ふざけ?」



リト「だから、何のことだって」



リト「悪いけどもう出ないと学校遅刻するから」



リト「話の続きは帰ってからな、蜜柑」



リト「それじゃ、いってきます」



ガチャ



ララ「あっ! ちょっと、おいてかないでよー! リトぉ」



ララ「私も一緒に行くから~(><)」








16:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/12/23(月) 02:15:45.51 ID:yaJT3CGv0




通学路



リト「ふあぁー」



ララ「えへへ、リト眠そうだねぇ」



ララ「そうだ! 私の発明品で眠気覚ましてあげよっか!?」



リト「……」



ララ「ね? リト」



リト「……」



ララ「……」



ララ「ご、ごめん。必要ないよね……」








22:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/12/23(月) 02:20:24.19 ID:yaJT3CGv0




春菜「おはよう、結城君」



リト「あ、おはよう、西連寺」



春菜「大丈夫? 何だか眠たそうだけど」



リト「そ、そんなことないさ! あはは」



春菜「そっか。ふふ」



春菜「ララさんもおはよう」



ララ「……」



春菜「ララさん?」








27:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/12/23(月) 02:25:08.69 ID:yaJT3CGv0




ララ「え、あ」



ララ「おっはよぉー! 春菜!」



春菜「お、おはよう」



春菜「あの、ララさん」



ララ「何?」



春菜「何かあったの?」



ララ「え、どうしてそんなこと聞くの~?」



春菜「なんか今朝のララさん、いつもより大人しい感じがして」



ララ「そんなことないよぉ。元気元気ぃ」



春菜「そう、ならいいんだけど」








31:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/12/23(月) 02:31:54.54 ID:yaJT3CGv0




教室



ララ「……」



春菜(やっぱり今日のララさん)



春菜(いつもと様子が違う気がするんだけどな)



籾岡「ねぇねぇ、ララちぃ」



ララ「なぁに?」



籾岡「正直、あれからリトとはどのくらい進んだのさ」



ララ「えっ」



籾岡「定期的に経過は教えてもらわないと」



ララ「え、えっと……」








34:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/12/23(月) 02:37:50.18 ID:yaJT3CGv0




ララ「まずまずかな、なんて。えへへ」



籾岡「おおー」



沢田「さすがに言うことが違うねー」



ララ「あはは」



籾岡「そうなると言葉だけじゃなく行動でも見たいもんだねぇ」



ララ「え、えぇっ!」



沢田「見せて見せて。今ここで。まずまず進んだ結城とのラブラブっぷり」



ララ「ん、んーと……」



ララ「……」








36:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/12/23(月) 02:42:37.57 ID:yaJT3CGv0




ララ「リぃ~ト」



ピタ スリスリ



ララ「え、えへへ」



リト「……」



ララ「ほら」



籾岡「そんなスキンシップなんていつもやってるじゃん」



沢田「もったいぶらないでもっと見せつけちゃってよー」



ララ「で、でもこれ以上やるとリトがめいわ」



籾岡「ん? 何か言ったー?」



ララ「ううん、何でもない……」



リト「……」








37:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/12/23(月) 02:47:18.67 ID:yaJT3CGv0




籾岡「それにしても今日の結城、やけに冷静だな」



沢田「うん。いつもなら少し触れただけで騒ぎ立てるのにねー」



ララ「リトだっていつも落ち着きがない訳じゃないよ」



ララ「いざというときはすごく頼りになるんだから」



ララ「ね、リト?」



リト「……」



ララ「ほ、ほら、リトも『うん』だってさ」



ララ「えへへ……」








44:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/12/23(月) 03:04:22.57 ID:yaJT3CGv0




屋上



ララ「……」



ララ「……グスッ」



春菜「ララさん」



ララ「は、春菜。それに唯も」



ララ「春菜たちも屋上へ涼みに来たの~?」



唯「そんな訳ないでしょ。ララさん、あなたと結城君は今日日直でしょ」



ララ「あ、うん……」



唯「いくらあんな結城君でも、彼だけに当番の仕事を任せるなんて許されないわ」



ララ「……」








48:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/12/23(月) 03:11:26.88 ID:yaJT3CGv0




春菜「待って、古手川さん」



唯「?」



春菜「ララさん。もしよければ私に話してくれない」



ララ「春菜……」



春菜「やっぱり今日のララさん、何か悩んでるように見えるの」



唯「へ? いつもと変わらないような気がするけど……」



春菜「朝のリサたちとの会話聞いてたんだけど、その時も元気なさそうで」



春菜「今も泣いてた……ように見えたから」



ララ「……」



春菜「間違ってたらごめんなさい。でも、もし本当なら少しでもララさんの力になりたい」



ララ「春菜……春菜ァ、わたし……グス」








50:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/12/23(月) 03:19:02.42 ID:yaJT3CGv0




・・・

・・





春菜「そっか。そんなことがあったんだ……」



唯「あの結城君があなたを無視するなんて……ちょっと意外ね」



ララ「今朝からずっと私と話してくれなくて」



ララ「私はまったく心当たりなくて」



ララ「理由を聞いてもやっぱり答えてくれなくて」



ララ「私、どうしたらいいかわからなくて……グスッグス」



春菜「泣かないで、ララさん」








52:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/12/23(月) 03:23:54.07 ID:yaJT3CGv0




春菜「みんなで理由を考えましょう」



唯「考えるもなにも、ここまで来たらただの意地悪なんじゃないかしら?」



ララ「それはないよ!」



ララ「リトはそんなことしないもん、きっと」



春菜「私もそう思う。結城君はそういうこと絶対しないと思う」



唯「ま、まあ、そうかもね……///」








53:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/12/23(月) 03:30:06.86 ID:yaJT3CGv0




唯「でも、だったら何が原因でララさんにそんなことしてるっていうの」



春菜「それは」



ララ「やっぱり、リト、私のこと嫌いになっちゃったのかなぁ……」



春菜「大丈夫。結城君に限ってそんなことないから」



春菜「安心して」



ララ「うぅ……うんっ」



唯(待って。今日、私、結城君と一度も会話してないじゃない)



唯(もしかして、結城君、私のことも無視するつもりなんてことは……ないわよね)








55:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/12/23(月) 03:34:06.33 ID:yaJT3CGv0




ララ「あれ。唯、どこへ行くの?」



唯「ち、ちょっと、一旦教室に」



唯「すぐここへ戻ってくるから」



春菜「え、ええ」



スタスタスタ



ララ「唯。急に慌ててどうしたんだろう?」



春菜「さあ」








56:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/12/23(月) 03:38:49.97 ID:yaJT3CGv0




教室



唯「……」



リト「……」



唯「コホン、コホン」



リト「どうしたんだ、古手川」



唯「え?」



リト「俺の机の前でウロウロして。何か落し物?」



唯「ち、違うわよっ! ただあなたがまたハレンチなことしてないか見張ってただけ!」



リト「おいおい……相変わらずひどいな」



唯「これからもちゃんと見張ってるから、気を付けなさいよっ! それじゃあね!」



タッタッタ



唯(ふぅ。とりあえず、よかった……)








57:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/12/23(月) 03:43:40.11 ID:yaJT3CGv0




ララ「唯たちはいいよね……。リトと普通に会話できて」



唯「!?」



唯「ララさん、今の見てたの」



ララ「結局、リトは私だけ……私だけ話もしてくれなくて……グスッ」



春菜「古手川さん!」



唯「ち、ちがっ! 今の行動はただその、結城君がどんな精神状態なのか」



唯「確認しようと思っただけで! べ、べべ、別に深い意味はぁ!」








115:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/12/23(月) 14:00:22.15 ID:yaJT3CGv0




ララ「リト……」 ショボン



唯「え、えっと……。西連寺さん」



春菜「ラ、ララさん、落ち込まないで」



春菜「もう一度、原因を考えてみましょう」



ララ「でも、やっぱり何も考え付かないよ」



ララ「もう、本当にリトが私のこと嫌いになったとしか……うぅ」



春菜「わかった。こうなったら私が直接、結城君に理由をきいてみる」



ララ「えっ」








116:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/12/23(月) 14:02:20.78 ID:yaJT3CGv0




春菜「どうしてララさんを無視するのか。結城君にきいてみる」



ララ「春菜……」



春菜「それが一番、手っ取り早くて確実だと思うから」



春菜「どうかな、ララさん」



ララ「……」








119:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/12/23(月) 14:04:46.38 ID:yaJT3CGv0




ララ「うん!」



ララ「ちょっと怖いけど、私もリトの本当の気持ち知りたい!」



ララ「本当は私から聞けたらいいんだけど……」



ララ「ごめんね、春菜。頼んでいいかな」



春菜「もちろん」



ララ「ありがとう!」








121:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/12/23(月) 14:14:55.95 ID:yaJT3CGv0




教室



春菜「それじゃあ、聞いてくるね」



ララ「お願いっ」



春菜「あ、あの、結城君」



リト「西連寺」



春菜「ちょっと結城君に聞きたいことがあって」



リト「な、なに?」



春菜「ララさんの件なんだけど」



リト「ララ……さん?」








123:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/12/23(月) 14:24:25.97 ID:yaJT3CGv0




春菜「いいかな」



リト「あ、あのさ」



リト「悪いんだけど、そのララさんって誰のこと?」



リト「西連寺の友達とか?」



ララ・春菜・唯「えっ」








124:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/12/23(月) 14:27:04.56 ID:yaJT3CGv0




春菜「誰って、ララさんだよララさん」



リト「ご、ごめん。ちょっとわからないかも」



ララ「どうしてそんなこと言うの、リト!? 私だよ、私ぃ!」



ララ「デビルーク星から来た、ララ・サタリン・デビルーク!」



ララ「今もリトの家に一緒に棲んでる、ララだよぉ!?」



リト「悪いな、西連寺。力になれなくて」



ララ「リト、私なんだよ……」








130:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/12/23(月) 14:41:04.72 ID:yaJT3CGv0




ララ「リトぉ……そろそろ許してよ……えぐっ、えぐっ」



春菜「結城君、何かララさんのことで気にしてることがあったら」



春菜「この際、ここで言ってあげて」



春菜「じゃないと、これ以上見ていられない」



リト「い、いや、だから、気にするも何も」



リト「その人自体よくわからなくて」



春菜「ほら、すぐここにいるじゃない。泣いてるよ」



リト「と、言われましても……」



唯「ここまで来ると結城君もよほど徹底してるわね……」








133:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/12/23(月) 14:54:33.71 ID:yaJT3CGv0




春菜「お願い、目を覚まして」



春菜「結城君はそんなことする人じゃない」



リト「さ、西連寺……」



唯「何のつもりか知らないけど、友人を無視するなんて」



唯「風紀が乱れるわ。大人げない真似はその辺にしてあげなさいよ」



唯「ラ、ララさんも少しかわいそうだし……」



リト「いや、だから本当にさっぱりなんだって。ま、参ったな」








135:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/12/23(月) 15:05:57.56 ID:yaJT3CGv0




ヤミ「話は聞かせてもらいました」



春菜「ヤミさん!」



ヤミ「結城リト」



ヤミ「えっちぃことを除けば」



ヤミ「私はあなたのことを少しは骨のある標的だと買っていたのですが」



ヤミ「どうやら完全な見込み違いだったようです」



リト「お、おい、ヤミ……! どういうことだ!?」



ヤミ「プリンセスには恩があります」



ヤミ「その彼女が哀しんでいる姿を見るのは忍びないです」



ヤミ「よってその原因であるあなたを今ここで殺します」



リト「ま、待て!」








140:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/12/23(月) 15:18:10.92 ID:yaJT3CGv0




リト「さっきから皆目見当が付かないんだよぉ」



リト「だからとりあえず、落ち着いて話し合おう!」



ヤミ「問答無用」



ヤミ「トランス」



ビュシ ビュシ ドス ドス



リト「う、うわああぁ!」



ララ「やめて、ヤミちゃん!」








142:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/12/23(月) 15:22:06.35 ID:yaJT3CGv0




ヤミ「プリンセス、なぜ庇うのですか?」



ヤミ「結城リトはあなたのことを虫けらのように扱ったのですよ」



ヤミ「無視だけに」



ララ「わかってる。でも、仕方ないよ」



ララ「リトをそこまでさせたのは私だから」



ララ「えへへ……」



春菜「ララさん」








159:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/12/23(月) 16:05:44.90 ID:yaJT3CGv0




ララ「今までごめんね、リト」



ララ「私、鈍いから気づかなかったよ」



ララ「いつもリトが優しくしてくれるから勘違いしてたのかも」



ララ「嫌いだったのにずっと優しくしてくれてたんだよね」



ララ「本当に今までありがとう……リト、春菜も唯も」



唯「ち、ちょっと、どこへ行くつもり?」



春菜「まさか、デビルーク星に帰るんじゃ……」








163:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/12/23(月) 16:07:59.33 ID:yaJT3CGv0




ララ「みんなのおかげですっごく楽しかったよ」



ララ「せめてさよならくらい、リトの口から言ってほしかったけど……」



ララ「それじゃ、バイバイ。ヤミちゃんも」



ヤミ「……」



春菜「ララさん、待って!」



唯「いくらなんでも早まりすぎよ!」








164:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/12/23(月) 16:10:52.43 ID:yaJT3CGv0




ペケ「あのー、ララ様」



ララ「何?」



ペケ「さっきからずっと気になっていたんですが」



ペケ「ララ様の背中に付いてるのは」



ペケ「もしやこの前、ララ様が独自開発した『スケスケカメレオンくん』じゃありませんか」



ララ「あ、本当だ。どういう発明品だったっけ?」



ペケ「確か、これに張り付かれた者は他の皆から姿が見えなくなるとかなんとか」



ララ「あ、そうだそうだ。これ造ってリトを驚かしちゃおうって」



春菜「それじゃあ、まさか今朝から結城君だけララさんの姿見えないのは」



春菜「その背中に付けてる発明品のせい……?」








169:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/12/23(月) 16:12:49.82 ID:yaJT3CGv0




唯「ちょっと待って。だったらなんで結城君だけ見えなくて他の私たちには見えるの?」



唯「それになんか結城君、ララさんの記憶まで失くしてる雰囲気だったし」



ヤミ「確かプリンセスの発明品には不備がよくみられると伺ってます」



ララ「そういえば、これ造ってる間ずっとリトのことばっかり考えたなー」



ペケ「それが原因でどこか製作工程がおかしくなったのでしょうかねぇ」



ララ「そうとわかれば、それ!」



ペシ ポイッ








170:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/12/23(月) 16:15:26.02 ID:yaJT3CGv0




ララ「カメレオンくんは払いのけたよ。これでどうかな……ドキドキ」



リト「お、おい、ヤミ、いいかげん、放して、くれェ……くるし」



ヤミ「失礼、忘れてました」



ポイっ



リト「けほっけほっ。助かったァ……」



ララ「ね、ねぇ、リト」



リト「な、なんだよ、ララ」



ララ「リト……!」








174:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/12/23(月) 16:19:35.52 ID:yaJT3CGv0




春菜「元に戻ったわ」



ララ「わ、私のことわかるよね? わかるよね?」



リト「いきなり何言ってんだよ。当たり前じゃんか」



リト「ララはララだろ」



ララ「わあぁー! やっほー!」



ララ「リト、だぁい好きー!」



スリスリ



リト「わ、わわっ! こらっ、こんなところで抱き着くなってば!///」








180:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/12/23(月) 16:25:17.35 ID:yaJT3CGv0




リト「胸が当たってるんだって!!」



唯「あ、あなたたち! ば、場所を弁えなさい、ハハ、ハレンチなっ!///」



ヤミ「まったく人騒がせにもほどがありますね、結城リト」



ヤミ「やはりいつか私の手で引導を渡した方がよさそうです」



リト「ちょ、ちょっと待て! どうしてそうなる! 俺が何をした~!」



春菜(本当によかった。本当に……)



ララ「ねぇ、リト」



リト「今度は何だよ、ララ」



ララ「えっとね、言い忘れてたっ」



ララ「おはよう!」



リト「あ、ああ、おはよう」



おわり








184:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/12/23(月) 16:28:12.77 ID:x/rA6DMeO




おつ

ララが幸せならそれでいい









189:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/12/23(月) 16:31:56.20 ID:dbQ7Yo0a0




乙ー



久々にとらぶる見たくなった








【必見】月収百万以上行くにはどうしたらいいの?【PR】
こんなに楽して稼いでしまってもいいのか?【PR】
彼女とエッチをした結果wwwww【PR】
全裸のプロフィールが拝めるサイトです【PR】
世の中のエロげーを超越したエッチなエロげー【PR】
今の時代のアプリはエッチなこともできるんだぜwww【PR】
バイナリってなんでこんなに稼げるの?【PR】
今の世の中はキモオタでもエッチができる件www【PR】
漆原「ベルが遊びにやってきた」鈴乃「『面倒を見に来た』だ」