madoka

ほむら「まどかを裂き損ねた」



【超悲報】彼女「入れて……」俺「ほぇっ!?もぅ…全部入ってますが……」【PR】
【バブル到来】俺の月収が400万超えたんだけど何か質問ある?【PR】
上か下かあてるだけの簡単な投資ですwwww【PR】
オンラインで合コンできるサイトって知ってる?【PR】
パズルを解けば女の子とエッチできるってさ【PR】
このアプリにハマッた結果wwwww【PR】
通帳残高がいつの間にこんなにあった件www【PR】
キモオタよ!エッチがしたいか!ここならできるぞ!!【PR】
響「新しい首輪を買ったぞ!!」P「よっと――お、似合う似合う」




1:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/12/07(土) 22:50:08.97 ID:5zyGexi6P




ほむら「裂きそこねた結果」



まどか「ほむらちゃ~~~んwwwwどしたのワサワサwwwww」



さやか「あんた……自分が何したかわかってんの!?」



ほむら「残念ながら私にもわからないわ……」



まどか「もー、無視なんてひどいよほむらちゃ~ん!もしかして私に見とれちゃってる!?」



ほむら「も、もしかしてまどかから余計なものまでひっぺがしてしまったのかしら……」



さやか「こんなまどか見てられないよ!」



まどか「えっ何々?さやかちゃんまで私に見惚れちゃったの!?ん!?んんんん~!?」








4:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/12/07(土) 22:55:32.12 ID:5zyGexi6P




ほむら「まどかがアンビリーバブルなバカになってしまった」



まどか「もー!バカって言ったほうがバカなんですー!」



まどか「やーい!ほむらちゃんの、バァァカ!」



まどか「ぶあぁぁぁぁぁぁぁか!」



さやか「うわ、うっぜー……」



ほむら「なんか理性とか、もっと裂くなり複製するなりする部分を考えるべきだったわね……」



さやか「こんな最悪なところでドジっ子要素を魅せつけて欲しくなかったよ」



まどか「もー!さやかちゃんもほむらちゃんものりが悪いよぉー!」



さやか「なんか出版社とかジャンルとか似通ってる感じがしてるけどなんだろう、もう他と一線を画してバカだよ……」



ほむら「は、はじめてだったから失敗したのよ!」



さやか「次があってたまるかこのバカ転校生!」








6:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/12/07(土) 23:01:16.82 ID:5zyGexi6P




さやか「と、とりあえず学校いこうまどか」



まどか「うん!よーし学校まで競争だよー!」



さやか(まどかに主導権を握られてるってすごい違和感がある!)



さやか「ほらほむらも早く突っ立ってないで……」



ほむら「これが私の望んだ銀の庭だというの……」



さやか「うわぁほむらがざくろまみれで全身真っ赤!」



まどか「あははははは!!ほむらちゃん超真っ赤!!しかもべっちゃべちゃとか!」



まどか「ざくろじゃおっぱいは大きくなんないよバカだなぁ~」



ほむら「ンギィィィィィ!」



さやか「お、おちつけほむら!目の下が血管あみだくじみたいになってきてる!」








7:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/12/07(土) 23:07:24.00 ID:5zyGexi6P




ひーるかーもね



まどか「ほむらちゃんお昼だよおっひるー!」



ほむら「そ、そうね」



さやか「まどかがほむらにべったりなのにほむらが全然嬉しくなさそう」



ほむら「さやかも一緒に食べない?」



さやか「うわぁほむらが露骨に私に助けを求めてきてる」



まどか「そうだよさやかちゃんも一緒に食べようよ!」



さやか「う、うん!そうだね、一緒に食べるよまどか」



まどか「わーい!」



ほむら「はぁ……どうしてこんな事に」



さやか「元はといえばほむらが原因なんだからそんな顔してもダメだからね!」








9:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/12/07(土) 23:14:47.57 ID:5zyGexi6P




まどか「そうだほむらちゃん、ほむらちゃんってばー」



ほむら「聞いてるわよまどか」



まどか「私ね、この間ほむらちゃんに言われた自分を変えない云々って話、ちゃんと考えてみたんだ」



ほむら「」ビクッ



さやか(……ん?)



まどか「それでねー、私やっぱりほむらちゃんには悪いんだけど」





まどか「私、やっぱり変わりたいって思ったんだー」





ほむら「ま、まどか……?」



さやか(も、もしかしてまどか、アンタまだ円環とつながってる!?)








11:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/12/07(土) 23:21:09.80 ID:5zyGexi6P




まどか「私は将来BIGでボイーンになりたい!そこで!」



まどか「今日はカルシウムたっぷり弁当にしてみました!」



さやか(あ、ダメだこれつながってない)



ほむら「あ、あらそうなの……」ホッ



まどか「パパに頼んで魚とか乳製品をいっぱい入れてもらったんだよ!」



さやか「あ、あははーすごいなーごはん以外全部煮干だー」



ほむら「え、あぁその……い、いいんじゃないかしら」



まどか「……えっ、ほむらちゃん、この間まであんなに熱弁してたのに自分の意見をそんな簡単に曲げちゃうの?」



ほむら「ンググギギギギ」



さやか「うわぁ、このまどかすっごい絡みにくい」








14:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/12/07(土) 23:27:11.09 ID:5zyGexi6P




杏子「ふふふ……ほむら、まどか、さやか!」



杏子「私の中学デビューはあの3人をぎゃふんと言わせて派手にいくぞ!」



杏子「地上波で中学生がエンジョイ出来なかった分をここで巻き返すんだ!」



杏子「今日こそ私の真の中学デビューなり!」



杏子「いくぞ!」



ガラッ!



杏子「ほむら、まどか、さやか!」



杏子「今日はお前らをぶっとばすために朝……から……?」



シーン



杏子「あ……体育の時間なんだな、今」








16:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/12/07(土) 23:36:25.89 ID:5zyGexi6P




ほーうーかーごー、ほうかご



さやか「あぁ、なんか今日一日超疲れたよ……」



まどか「もーさやかちゃんったら魔法少女なのに体力なさすぎー!」



まどか「私をみてよ!ほーら!フンフンフンフンフンフンフン!!」シュバババババ



ほむら「こんなのまどかじゃないわ……!」



さやか「あんたね……他人事みたいに嘆いてないでさ、自分の尻は自分で拭いなさいよ!」



まどか「えー!?ほむらちゃん自分のお尻自分で拭けないの!?私でも自分でできるよそのぐらい!」



ほむら「いや、そういう意味ではないのよまどか」



まどか「あ、もしかしてほむらちゃんもしかして体超固いの?まな板みたいに」



ほむら「ぬぅぅぅぅぅぅぅぅ!!」



さやか(なんかほむらが不憫になってきた……)





マミ「どうやら、お困りのようですね~」








18:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/12/07(土) 23:43:43.83 ID:5zyGexi6P




まどか「あっマミさん!」



ほむら「巴マミ……」



さやか「あれ、なんかマミさんもなんかいつもと雰囲気が違うような……?」



マミ「そうかしら~?私はいつもの私よ~?」



ほむら「お困りのようって……貴方にどうにか出来る問題ではないわ巴マミ」



マミ「あら、そうなの?残念だわ~」



まどか「困り事といえば……ほむらちゃんがまな板みたいにコチコチで大変なんです!」



ほむら「いえまどかその事では」



マミ「う~ん、やっぱり私にはどうしようもなさそうですねぇ~」



ほむら「」ビキビキビキ



さやか「うわぁダークオーブからなんかヤバげな液体が滴り落ちてる」








19:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/12/07(土) 23:49:52.31 ID:5zyGexi6P




マミ「まぁ、体を柔らかくするならこんなのどうかしら~、はい!」



     テ ィ ロ ソ フ ラ ン

  [ 魔 法 柔 軟 剤 ]



さやか「……それはほむらには使えないのでは?」



マミ「秘伝の魔法を使ってるから人間にもちゃんと使えるわよ~?」



まどか「やったぁ!じゃあほむらちゃん、これ塗ってあげるね!」



ほむら「ちょっまどかこんな学校内でいけないわ!」



さやか「貧相な体だし誰も気にしないよきっと」



ほむら「……あとで覚えておきなさいよ?」



さやか「さーてさやかちゃんには何のことやら」



まどか「大丈夫だよほむらちゃん!脱がなくても」



まどか「上からぜんぶぶっかけるから!」ザパー





マミ「天然由来の成分です♪」








22:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/12/07(土) 23:58:19.69 ID:5zyGexi6P




まどか「どう?ほむらちゃん!柔軟になった?」



ほむら「……あまり変わらないわね、もともとそんな硬くな」



まどか「おおおぉぉぉぉぉ!!さすがマミさんの魔法!ほむらちゃんの指がつま先にくっついてる!」



マミ「魔法のパワーですからー♪」



ほむら「成り行きの結果を勝手に自分の実力にしないで頂戴!」



さやか「ああやっぱり濡れても全然エロくないから安心しなよほむら」



ほむら「美樹さやかあああぁぁぁぁ!!」



まどか「ダメだよほむらちゃん、それが自分の実力なんだからさやかちゃんに当たっちゃ」



ほむら「こんな時だけ正論をはかないでよおおぉぉぉ!!」



マミ「うーん、ご満足いただけない?」



まどか「いただけません!」








24:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/12/08(日) 00:09:31.59 ID:IDP4GzzhP




ほむら「もういや……もう一度ソウルジェムのなかに篭りたい……」



さやか「あちゃー、ほむらがなんか以前にもましてネガティブになっちゃったなぁ」



まどか「わかるよほむらちゃん!私にもそういう時、よくあるよ!」



まどか「くそう!くそう!こんな時私にもほむらちゃんを守れる力があったら……!」



さやか「今のまどかには他人を守る力よりも自分自身を制御する力が必要だとさやかちゃんは思うんだけどなー」



マミ「そんな鹿目さんにはこれをさし上げましょう、はい!」



  マ ギ カ ー サ プ ラ イ ズ

 [ 魔 法 少 女 の 卵 ]



ほむら「なっ……!そ、それはソウルジェム!」



まどか「うわぁい!とっても綺麗ですね!」



さやか「えっ、ちょ!それはまずいですよマミさん」



マミ「大丈夫よ~、鉛や亜鉛はつかってないから~」



さやか「いやそういう問題じゃナイですって!」








27:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/12/08(日) 00:18:28.07 ID:IDP4GzzhP




まどか「……あれ?これよく見たら金属のじゃなくて包装紙だ!」



マミ「まぁ、さすがに私でも本物のソウルジェムは出せないわ~」



ほむら「じょ、冗談は程々にしなさいよ巴マミ……!」



さやか「しかもこれチョコレートじゃん!もはや無機物ですらないよ!」



マミ「マギカーサプライズチョコレート、1個420円~」



さやか「しかも絶妙に現実的な価格設定……」



まどか「あ、中にカプセルが入ってる……?あぁっ!指輪ジェム形トランシーバーだ!」



マミ「あたりです!」



まどか「ヤッフェーイ!これでほむらちゃんが危ない時にいつでもさやかちゃんを呼べるぞー!」



さやか「結局自分で守らないの!?てかトランシーバーって2台ないと使えないから!」








28:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/12/08(日) 00:27:02.77 ID:IDP4GzzhP




マミ「確かに実際に遊ぶにはもう一個トランシーバーが必要ねぇ」



まどか「ぐぬぬ……マミさん!もっとこれ出してください!」



マミ「まいどあり~♪」



まどか「ぐへへ…私の因果をもってすればすぐに当たるはず!」



さやか「上級生に騙されてる親友を止めるべきか、それとも暖かく見守るべきかさやかちゃん迷っちゃうなぁ」



マミ「大丈夫よ~、1ダースにあたり1個ずつだから、2ダース買えば多分揃うわよ~」



さやか「ちょっ、多分ってマミさんあんた」



ほむら「まどか!そいつに騙されてはダメ!」



まどか「くそう!くそう!またグリーフしめじとかいうよくわかんないマスコット出てきた!これで4個目だよ!」








30:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/12/08(日) 00:35:45.61 ID:IDP4GzzhP




まどか「23個目にしてようやくもう一個手に入ったよ!やったぁ!」



ほむら「ギリギリ2ダースというあたりに強い悪意を感じるわ……」



さやか「悪魔のくせに悪意に対して随分センシティブねあんた」



マミ「たくさん買ってくれたから、5000円でサービスしとくわね~」



さやか「うわぁシングルCD4枚買える値段……」



マミ「うふふ、OVA付きのベストアルバムを送料別の通販で買ってもお釣りが来るわね~」



ほむら「どこまで愚かなの、鹿目まどか……!」



さやか「ま、まぁほむらもそんな血のあみだくじ涙を流すほどの悲劇じゃないでしょうが」



まどか「でもこれでほむらちゃんと一緒に遊べるよ!うわぁい!早速装着!」



まどか「……なんだこれ!親指にすらスカスカでちゃんとはまらないよ!インチキだ!」



さやか「気づくのおっそ!」



まどか「くそう!くそう!はまらないよ!どうすんだ!くそう!」








31:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/12/08(日) 00:45:57.73 ID:IDP4GzzhP




ほむら「はぁ……今日はほとほと疲れたわ……」



まどか「全くだよ!私なんて今月のお小遣い全部使っちゃったよ!」



さやか「全く、ほむらが余計なことしたせいで私が女神の鞄持ちだった頃の平穏な日々もめちゃくちゃだよ……」



ほむら「こんなはずではなかったのよ……」



まどか「……でもいいんだよ、ほむらちゃん」



ほむら「まどか?」



まどか「こうやってまた、ほむらちゃんといつでも一緒にいられるようになったんだからさ」



さやか「まどか……?」



まどか「この指輪型トランシーバーのお陰でね!」



ほむら「……そうね。まぁ、確かにいつでも一緒にいられるわね」



まどか「これでほむらちゃんは私の思いのままだよ!ティヒヒ!」



さやか「……ふふっ、こらこらまどか、ちょっとはほむらをいたわってあげないと……」



でびほむきたりてたまごくじ おわり








34:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/12/08(日) 00:54:16.04 ID:IDP4GzzhP




あるひのほうかごー



ほむら「魔獣退治も面倒臭いわね」バキューン



さやか「そう言うならなんで改変した時に魔獣が出ないように書き換えなかったのさ」シャキーン



ほむら「だって魔獣がいなくなったら魔法少女の存在意義がなくなってしまうでしょう」



さやか「いいじゃん別に」



ほむら「いいけどそしたら今までのまどかの意志が全く尊重されなくなってしまうじゃない」



さやか「うーん、なんかあんたも色々と面倒くさいね」



ほむら「貴方ほどじゃないわ」



さやか「なんだとぉ!さやかちゃん怒ったぞ!」



まどか「そうだよ!さやかちゃんは面倒くさくなんかないよ!ただちょっとウザいだけだよ!」



さやか「まどか!?いつの間に現れたの!?」



ほむら「もうどこから突っ込んでいいのか私にはわからないわ……」



マミ「ハロー、私もいるわよ~」








38:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/12/08(日) 01:00:28.16 ID:IDP4GzzhP




さやか「ていうか現状いちばんウザい人にウザいって言われたんですけど!さやかちゃん超ショック!」



まどか「マミさんにつれてきてもらいました!」



マミ「はーい、魔法少女体験ツアーのみなさんはこちらですよぉ~」



まどか「わぁーい!次はグリーフシードの生産工場見学だぁー!」



さやか「ちょ、マミさんなにやってるんですか!?」



ほむら「巴マミ、貴女まさかまたまどかを騙して何かしてないでしょうね?」



マミ「あら~、人聞きが悪いわね~?今日はちゃんとツアーをやってるだけよ~?」



マミ「魔法少女体験ツアー、なんと実際に使い魔叩き体験がついてお値段2400円から~」



ほむら「使い魔叩きって貴女……」



まどか「みてみてほむらちゃん!この使い魔私がやっつけたんだよ!」



さやか「使い魔が消滅してない時点で倒せてないってちゃんと教えてあげてくださいよマミさん!」



マミ「うふふ~」








39:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/12/08(日) 01:08:28.02 ID:IDP4GzzhP




ほむら「巴マミ、これ以上まどかを危険に巻き込まないで頂戴」



さやか「うん、やっぱりマミさんレベルのベテランと言えども一般人のまどかを一人で引率するのは無理ですよ!」



まどか「大丈夫だよふたりとも!見てよこの魔法力!ほら針金同士がめっちゃ重なる!ハンドパワー!」



さやか「まどか、それはダウジングだよ。魔法力全然関係ない」



ほむら「っていうか自分でハンドパワーって言っちゃってるじゃない……」



マミ「大丈夫よ~、だってほら、貴女達がちゃんといるじゃない~」



さやか「マミさん、最初からそれを狙って……」



マミ「それに私一人でも大丈b」ガブリンチョ



まどか「ひょあああああぁぁぁぁぁぁぁぁ!!」



さやか「言ってるそばからマミさんがなんか細長い魔獣のようなものに首を持ってかれたあああぁぁぁ!!」








40:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/12/08(日) 01:14:30.32 ID:IDP4GzzhP




ほむら「くっ……!」バキューンバキューン



さやか「ちょ、マミさんしっかりして……く、首が!」



まどか「い、いきなりこうガブっときてズビビッってもってかれた……!」



ほむら「……残念だけど巴マミはもう」ブルブル



さやか「そ、そんな……こんな事って……!」



まどか「こんなのってないよ……あんまりだよ……!」



マミ「逝ってしまったわ……円環の理に導かれて……」



さやか「円環の理ってそんな……この世界にはまどかのちからが及ばないから……」



さやか「……えっ」



マミ「じゃじゃーん、これが有名な、変わり身の術よ~!」



ほむら「と、巴マミいいいぃぃぃぃぃぃ!」








41:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/12/08(日) 01:20:48.78 ID:IDP4GzzhP




まどか「どっきり大成功!」



マミまどか「いえ~い!」



ほむら「あ、貴女いいかげんに!いい加減に!」ホムーッ!ホムーッ!



さやか「お、落ち着けほむら!」



マミ「こんな風に、奇襲をされても動じない心が魔法少女には必要なのです~」



まどか「なるほど!すごく勉強になります!」



ほむら「はぁ、はぁ……!」



さやか「大した数魔獣倒してもないのにもう私はそろそろ限界が来そうですわ……」



まどか「やっぱりさやかちゃんってば体力不足じゃん、ダメだなぁーもっときゅうりとか食べなきゃ」



さやか「栄養素がないほぼ水みたいな野菜なんですけどそれ!」








42:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/12/08(日) 01:28:03.63 ID:IDP4GzzhP




マミ「じゃあツアーも終盤ですし、そろそろ鹿目さんにはちゃんと魔法少女として生きる術をさずけましょう~!」



まどか「やったぁ!これで私も守られる系女子を脱出できるぞ~!」



ほむら「お願いだから契約するのだけはやめて頂戴、お願いだから」



さやか「いや、多分ほむらが心配するような展開にはらならないから大丈夫だよ」



マミ「最初の商品はこちら~」



さやか「ほらね?」



ほむら「もう突っ込む気力すら起きないわ……」



マミ「時間が止まる盾~」



さやか「ええええええぇぇぇぇぇぇ!?」



ほむら「」ガタッ



まどか「おおすごい!私授業中に時間を止めて机の上でダンスとかするの夢だったんだ!」








44:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/12/08(日) 01:35:57.01 ID:IDP4GzzhP




マミ「それじゃあ実際に使ってみましょう~」



まどか「やっぱ見た目通りちょっと重いんですねぇ」



さやか(ああ、だからほうらってちょっと左腕だけ太いんだ)



ほむら「……なによその目は」



さやか「いや、別になんでもないよ」



まどか「よーしじゃぁ動かすよ!それ!」カシャン



ほむら(……!始動したわ!)



マミ「」フッ!



さやか「えっ!?吹き矢!?」



まどか「はうっ」プスッ



ほむら「ちょ!まどかが倒れたわよ!?」



さやか「自分の時間止める盾なのこれ!?ていうか厳密に言わなくても全然止まってないし時間!」








46:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/12/08(日) 01:41:15.69 ID:IDP4GzzhP




まどか「……はっ!私は一体!」



マミ「その盾の影響で鹿目さんの時間が止まっていたんですよ~」



さやか「かれこれ15分くらい止まってたよ、主にまどかの時間がね」



ほむら「そうね、まどかの時間は止まっていたようだったわ」



まどか「えぇ~!私が止まっちゃうんじゃ意味ないじゃないですか!インチキだ!」



マミ「でも、よく時間が解決してくれるって言うでしょう?」



さやか「魔獣は痴情のもつれか何かじゃないんですよマミさん」



まどか「た、確かに!」



さやか「まどかも納得すんな!」



ほむら「本当に愚かね、鹿目まどか」



さやか(ぶっ倒れてる間ずっとまどかを膝枕してたくせに……)



マミ「うふふ~♪」








47:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/12/08(日) 01:49:49.75 ID:IDP4GzzhP




マミ「続いての商品はこちらです~」



ほむら「次はどんな子供だましかしら」



さやか「まあそう言ってやるなって」



マミ「パロッパロッパタット、フッフ~!」



  ロ ッ ソ ファ ン タ ズ マ

 [ 幻 魔 法 の 粉 ]



さやか「謝れ!杏子に謝れ!」



まどか「わぁ!なんかすごい必殺技っぽい!」



ほむら「ある意味ハメ技ということになるのかしら?」



さやか「ほむらもつまらないこと言ってないで止めて!元はといえばあんたが元凶でしょ!」



マミ「天然由来の成分です♪」



さやか「日本国内で栽培するのはやばい類のものだと思いますけど!?」








50:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/12/08(日) 01:55:56.08 ID:IDP4GzzhP




マミ「では実際に使ってみましょう~♪」



ほむら「その必要はないわ、まどかは私が守るもの」ファサ



まどか「あっ!なんかほむらちゃんが凄くかっこいい!」



さやか「こんだけ人に任せておいて美味しいとこ取りとかどんだけ図々しいのよ!」



ほむら「ふふふ……だって私は悪魔だもの……」



さやか「こんな時だけ思い出したように悪魔名乗りやがって畜生!」



まどか「まさに鉄壁の守りだね!どんな攻撃も弾けそうだよほむらちゃん!」



ほむら「おぼむっ!」



さやか「やーいザマーミロ!」



マミ「えーい!」フッ



ほむら「ほむん!」バターン



さやか「身を挺して守るのはいいけど2撃目が来たら守れないじゃないのよあんた……」








52:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/12/08(日) 02:01:11.80 ID:IDP4GzzhP




さやか「ていうかマミさんまた吹き矢ですか……」



マミ「うふふ~、きっと直前の辛い記憶も気持ちよく忘れられるとおもうわよ~」



さやか「聞かなかったことにします!」



まどか「わ!ほむらちゃんなんか表情が凄く馬鹿っぽい!あはははははは!!」



ほむら「ほむむむむむ……まどかがいっぱいいるわぁ……とぉげんきょぉはーここだったのねぇげへへへ」



マミ「はい、これがロッソ・ファンタズマです、とっても強力な魔法でしょ~?」



さやか「マミさんにとっての魔法って一体なんなんですか!?」



マミ「夢と希望を振りまくものよ~?」



さやか「それは多分振りまいてはいけない類の魔法ですよ!」



まどか「うひゃひゃひゃ変な顔~!写真とっちゃお!えい!」カシャカシャ



さやか「まどか、ほむらが段々不憫になってきたからそろそろやめたげて!」








53:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/12/08(日) 02:10:03.34 ID:IDP4GzzhP




ほむら「……はっ!?まどかが一人に戻ってる!?」



さやか「もどってきたのはあんたの方だよほむら」



マミ「はい、効果はぴったり15分間です♪」



まどか「でもこれ全然魔法っぽくないじゃないですか!寧ろただのニンジャですよ!インチキだ!」



マミ「ご満足いただけない?」



まどか「いただけません!」



ほむら「大丈夫、今の貴女には何よりも強い魔法が付いているわ」



まどか「本当!?ほむらちゃん!」



ほむら「えぇ、いうなればそれは私の愛、よ……」悪魔スマイル



まどか「えっ……いきなり愛とか何言い出しちゃってんの?大丈夫?」



ほむら「んうううううううううううう!!!!!」



さやか「不憫なやつ……」



マミ「私にもよく、わかんない~♪」








54:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/12/08(日) 02:18:27.38 ID:IDP4GzzhP




杏子「ふっふっふ!地上波では魔法少女のあたしが超大活躍だったからな!」



杏子「ここで私が颯爽登場!新劇場版からの流れでも魔獣退治にあたしが大活躍って寸法さ!」





ほむら『どうしよー、たたかうにはせんりょくがたりないわー』



さやか『こまったなー、だれかすけっとがいてくれたらなー』



マミ『どうしましょー』



杏子『お前ら!あたしが来たからにはもう大丈夫だ!行け!魔法少女達!勝利は間近だ!』



ほむさやマミ『杏子姉貴ー!!』





杏子「フフフフ!あたしったらカックイィィーーーー!!」





マミ「さあ、魔獣もひと通り倒したし、ツアーもそろそろ切り上げましょう」



ほむら「そうね、そもそも私達の手にかかれば殲滅なんて簡単なのよ」



さやか「まあ私達色々とえげつないしなー」



まどか「じゃあみんなで帰りにクレープ屋さんに寄って帰ろ!時間停止の盾つかえば待ち時間なんて一瞬だし!」





杏子「何だこの扱いーーーー!」ドカーン








55:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/12/08(日) 02:30:46.93 ID:IDP4GzzhP




ほむら「ここのところ一日がとても長く感じるわ……」



さやか「あはは、まあそれは私も概ね同意かな~」



まどか「そうかなー?私はあんまり長く感じないなー、だって最近すぐ暗くなるんだもん!5時には真っ暗だよ!」



さやか「あんたの一日って明るい時間帯だけなの?そして私らが1日が長く感じるのは主にまどかが原因なんだけど」



まどか「うん、だって暗いと外で遊べないでしょ?そんなことも分からないのさやかちゃんは!もうダメダメだよダメダメ!」



ほむら「ほらまどか、さやかは少し頭が足りないのだからいじめちゃダメよ」



さやか「二人にはさやかちゃんから直々に色々言いたいことがあるよ!」








56:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/12/08(日) 02:33:23.66 ID:IDP4GzzhP




まどか「それに、明るくないと二人やマミさんの顔がよく見えないしね!やっぱり私は昼間が長い日のほうが一日が長く感じるよ!」



ほむら「……まどか」



さやか「まぁ……そうだね。こんな時間がいつまでも続けばいいのになってのは私も思っちゃうな」



ほむら「えぇ、そうね。いつまでもこの庭で遊んでいたいわ……」



まどか「ほむらちゃん、今私達は公園にいるんだよ?」



ほむら「ふふ……そうだったわね、私としたことがうっかりしてたわ」



さやか「あはは……まあ、しばらくはいいんじゃないかな!」



まどか「もー!ほむらちゃんも私がいないと全然ダメダメだよ!」



つあーふきうりでれきょうこ  おしまい








57:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/12/08(日) 02:36:36.50 ID:IDP4GzzhP




一瞬即発四人の少女

卵の中には絶望と

願いがたゆたうたそがれに

ねがうは君のその笑顔

さあ、どうする鹿目まどか



答えは己の中にある



おしまい






【必見】月収百万以上行くにはどうしたらいいの?【PR】
こんなに楽して稼いでしまってもいいのか?【PR】
彼女とエッチをした結果wwwww【PR】
全裸のプロフィールが拝めるサイトです【PR】
世の中のエロげーを超越したエッチなエロげー【PR】
今の時代のアプリはエッチなこともできるんだぜwww【PR】
バイナリってなんでこんなに稼げるの?【PR】
今の世の中はキモオタでもエッチができる件www【PR】
春香・千早「仲のいいユニットは大成しない?」