fcd5a585819acb433b886834ed32c624


凛「かよちんかよちーん!」


鳴「おちんぽが生えた」恒一「おちんぽが消えた」
八幡「朝起きたら先生が横に寝ていた…」
コナン「変な香水だな」プシュプシュ 阿笠「やめろ新一!」




1:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/08/26(月) 23:02:37.84 ID:80zHOnflP




凛「かよちん! 今日はμ'sの練習も休みだし一緒にクレープ食べにいこっ!



」ダキッ



花陽「っ! え、えと、う、うん。いいよ」



凛「えへへー、かよちんと寄り道ー」スリスリ



花陽「あ、歩きづらいから離れてよー!」



凛「えー、かよちんと凛が仲良しだってところみんなに見せつけようよー」



花陽「う、うぅ……」カアアアアアアアアア



凛「ほら、かよちん、いっくにゃー!」グイッ



花陽「は、はやいよ、凛ちゃん!」



花陽「ダレカタスケテー!」








2:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/08/26(月) 23:07:17.35 ID:80zHOnflP




――――

――





凛「かよちんは何にするー?」



花陽「花陽はー、バナナ生クリームにしようかイチゴ生クリームにしようか悩むなぁ……。どっちも美味しそうで」ジュルリ



凛「おじさーん! バナナ生クリームとイチゴ生クリーム1つずつお願いするにゃ!」



クレープ屋「あいよ」



花陽「り、凛ちゃん……?」



凛「凛と半分こ! そうすればどっちも食べられるよ?」ピース



花陽「凛ちゃん……!」キュン








4:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/08/26(月) 23:12:00.77 ID:80zHOnflP




凛「じゃあ凛が先にイチゴもらうね、かよちんはバナナにゃ」ハイ



花陽「ありがとう」ニコッ



凛「あそこのベンチに座って食べよ」



花陽「うん」



凛「ん、ちょっと汚れてるにゃ……」ファサ



凛「かよちん姫、ハンカチを敷きましたのでこちらにどうぞ、なんちゃってー」エヘヘ



花陽「で、でも凛ちゃんの方は?」



凛「凛は大丈夫にゃ!」ストン








5:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/08/26(月) 23:16:49.28 ID:80zHOnflP




凛「それじゃあいっただっきまーす」パクッ



花陽「……」ジーッ



凛「おいしいにゃ! そっちはどう? ってまだ食べてないのかにゃ?」



花陽「あ、え、えっと、美味しそうだなーって見とれちゃって」エヘヘ



凛「かよちんらしいにゃ!」



凛「でも早く食べないとダメになっちゃうよ?」



花陽「そ、そうだね! いただきます!」パクッ



花陽「おいしい」ニコッ








7:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/08/26(月) 23:19:56.52 ID:80zHOnflP




凛「隙ありにゃ!」パクッ



花陽「うひゃう!? り、りり、凛ちゃん!?」



凛「バナナもおいしいにゃ」



花陽「もう! びっくりさせないでよ!」プンプン



凛「ごめんにゃ。あんまりおいしそうだったから、つい」エヘヘ



凛「おわびにかよちん、あーん」スッ



花陽「あ、あーん」カアアアアアアア








8:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/08/26(月) 23:24:18.58 ID:80zHOnflP




花陽「もぐもぐ」



凛「イチゴの方はどお?」



花陽「……おいしい」ニコッ



凛「えへへー、はい、もう一口」



花陽「あーん」パクッ



凛「かよちんの幸せそうな顔見てると凛も嬉しいにゃ!」



花陽「はい、凛ちゃんもあーん」



凛「あーん、もぐもぐ」



凛「おいしいにゃー」エヘヘ



花陽「えへへ」ニコッ








9:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/08/26(月) 23:28:15.78 ID:80zHOnflP




――――

――





凛「今日もいっぱい遊んだねー」ノビィ



花陽「うん、楽しかった。ありがとう、凛ちゃん」



凛「こちらこそにゃ! やっぱりかよちんと一緒に遊ぶと楽しいにゃ」エヘヘ



凛「それじゃあ、かよちんまた明日にゃ!」



花陽「あ、えっと……うん、また明日ね!」フリフリ



凛「りんりんりんがべ~♪」トコトコ



花陽「…………」ジーッ








10:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/08/26(月) 23:30:51.08 ID:80zHOnflP




花陽「I love you」ボソッ



凛「かよちん、何か言ったかにゃ?」クルッ



花陽「な、なんでもないの! じゃあね!」フイッ



花陽「……」チラッ



凛「?」キョトン



花陽「っ!」タタタ



凛「変なかよちん」








13:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/08/26(月) 23:39:11.18 ID:cnw4iKbR0




>>10

クソわろた









11:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/08/26(月) 23:34:51.04 ID:80zHOnflP




翌日



凛「あ、かよちーん! おはよう!」



花陽「あ、お、おお、おはよう!」アセアセ



凛「そんなに焦ってどうかしたの?」



花陽「何でもないよ!」トカシトカシ



凛「いきなり髪を梳かし始めて変なかよちんにゃ」



花陽「そ、そんなことないよ? ほら、神田明神いこう」



凛「いっくにゃー!」グイッ



花陽「ちょ、ちょっと! 朝練の前に走ったりしたら疲れちゃうよー!」








12:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/08/26(月) 23:39:00.23 ID:80zHOnflP




――――

――





海未「朝練はこの辺りにしておきましょうか」



凛「かよちん、学校いくにゃー」



花陽「あ、ご、ごめんね、ちょっとお花摘みに行ってから……」



凛「お花摘み?」キョトン



真姫「トイレのことよ」



凛「それならそうとはっきり言えばいいのにー」



真姫「凛には恥じらいっていうものがないの?」ハァ



花陽「い、いってくるね!」カアアアアアアア








15:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/08/26(月) 23:42:48.08 ID:80zHOnflP




花陽「朝、凛ちゃんに掴まれた手……」チュッ



花陽「んっ……こんなこと、ダメなのに……っ」クチュクチュ



花陽「凛ちゃんに、優しくされる度に好きになっちゃう……んっ」



花陽「凛ちゃんが、じゃれ合ってくる度に、んっ……どきどきしちゃうぅ!」



花陽「女の子同士なのに……っ」



花陽「凛ちゃん……凛ちゃん……!」








17:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/08/26(月) 23:46:18.22 ID:80zHOnflP




真姫「……」



にこ「真姫ちゃん、どうしたにこ?」



真姫「なんでもないわ」



穂乃果「凛ちゃーん、学校いこー?」



凛「凛はかよちんを待ってるにゃ。みんな先に行っててー」



穂乃果「それなら穂乃果達も待つよ?」



真姫「かよちんのことは凛に任せて行きましょうか」



穂乃果「え、でも」



真姫「行くわよ」








18:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/08/26(月) 23:50:15.05 ID:80zHOnflP




花陽「…………」テクテク



凛「あ、かよちん! やっときたにゃ! 学校に行くにゃ!」



花陽「う、うん……」カアアアアアアアアア



凛「急がないと遅刻しちゃうよ?」ギュッ



花陽「っ!」ビクッ



凛「かよちん?」



花陽「ご、ごご、ごめんね、急に手を掴まれてびっくりしちゃっただけだから!」アセアセ



凛「…………変なかよちんにゃ」








19:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/08/26(月) 23:52:22.76 ID:80zHOnflP




凛「かよちん、移動教室だよ」



花陽「うん、準備するから先に行ってて」



凛「それくらい待ってるよー」



花陽「いいから、先に行ってて!」



凛「う、うん……」テクテク



花陽「……」



真姫「……」








20:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/08/26(月) 23:55:43.79 ID:80zHOnflP




凛「かよちーんおひr」



花陽「ちょっと用事があるから先に食べてて!」



凛「待ってるにゃ!」



花陽「遅くなっちゃうから先に食べてて、ね?」



凛「う、うん……」トボトボ



真姫「凛、一緒に食べましょう」



凛「真姫ちゃん……。うん、食べるにゃ!」エヘヘ



真姫「…………」








21:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/08/26(月) 23:58:29.99 ID:80zHOnflP




凛「かよちん、練習いk」



花陽「さ、先に行ってて!」



花陽(朝のこと思い出しちゃうとまともに顔が見られないよ……)ドキドキ



凛(なんだかかよちんに避けられてる気がするにゃ)



凛「うん、かよちんも用事が済んだらきてね」ダダッ



凛(もしかして凛、かよちんに嫌われちゃったのかも……)








22:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/08/27(火) 00:04:39.89 ID:DUI5XLubP




真姫「……かよちん、何か悩み事?」



花陽「真姫ちゃん、見てたの?」



真姫「凛のこと、どうして避けてるの?」



花陽「さ、避けてるわけじゃなくて……!」アセアセ



真姫「どう見たって避けてるわよ。悩みなら特別に真姫ちゃんが聞いてあげるけど?」



花陽「…………」ポロポロ



真姫「ど、どうしたのよ! いきなり泣き出して!」オロオロ








23:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/08/27(火) 00:07:31.78 ID:DUI5XLubP




花陽「花陽、凛ちゃんのこと好きなの、特別な意味で」



真姫「そりゃあ見てれば分かるわよ」



花陽「……そうなの?」



真姫「気付いてないのは凛と穂乃果くらいよ?」



花陽「そう、なんだ……」



真姫「それで、その花陽がなんで凛を避けてたわけ?」



花陽「凛ちゃんに対する好きの気持ちが抑えられなくなっちゃって、えっと、朝、しちゃったの……」カアアアアアアアアア



真姫「はぁ?」








24:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/08/27(火) 00:10:50.34 ID:DUI5XLubP




真姫「しちゃったって、何を?」



花陽「ナニ、を……」カアアアアアアアアア



真姫「はぁ、それで気まずくて顔を合わせられない、と」



花陽「」コクリ



真姫「……聞きなさい、花陽」



真姫「その、好きな人で自慰をすることは自然なことよ、現に私も、その、時々するし……」カアアアアアアア








26:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/08/27(火) 00:14:33.79 ID:DUI5XLubP




真姫「あぁっ! そんなことはどうでもいいのよ!」



真姫「それで避けたりしたら凛はどう思うと思う?」



花陽「えっと……?」



真姫「逆に、凛に冷たくされたり避けられたりしたら、花陽はどう思う?」



花陽「り、凛ちゃんがそれがいいって思ってるなら冷たくされてもいい」



花陽「…………」ポロポロ



花陽「やだっ! 凛ちゃんには優しくしてほしい!」ポロポロ








28:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/08/27(火) 00:17:44.23 ID:DUI5XLubP




真姫「かよちん、それでいいの?」



真姫「私は知ってるわ。気持ちを隠し続けることのつらさを」



真姫「こころが折れそうになって、伝えたくて想いだけが募る」



真姫「そのつらさを」



花陽「…………いっそ忘れられたらいいのに」



花陽「この気持ちも、凛ちゃんのことも」







パァンッ








29:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/08/27(火) 00:20:58.94 ID:DUI5XLubP




花陽「あ……ぅ……」



真姫「臆病者、最低、俗物」



真姫「私は知ってるわ、好きだって気持ちはつらいのと同時に幸せであることも」



真姫「かよちんのそれはただ逃げてるだけよ」



真姫「毎日凛のことを見て、ずっと一緒にいて、幸せなんでしょ?」



真姫「なら、あと1歩進んで確かめるだけじゃない!」



花陽「真姫、ちゃん……」








30:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/08/27(火) 00:25:07.96 ID:DUI5XLubP




真姫「行ってきなさいよ、ほら」ポン



花陽「……っ!」



花陽「2回目だね、こうして背中押してもらうの」エヘヘ



真姫「いいから行きなさい」



花陽「ありがとう、真姫ちゃん」ニコッ



真姫「はいはい、行ってらっしゃい」フリフリ



真姫「…………はぁ、私何してるんだろう」



真姫「……優しくしないでよ、もう」ポロポロ








32:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/08/27(火) 00:28:48.64 ID:DUI5XLubP




花陽「凛ちゃん!」ハァハァ



凛「かよちん……? 走ってどうしたの?」



花陽(伝えなきゃ、折角真姫ちゃんが背中を押してくれたんだから)



花陽(でも、ここからが進めなくて、気持ちを隠し続けちゃう)



花陽(気持ちを隠し続けてればずっと、友達だけど、確かめたい。1歩進みたい……!)



花陽「凛ちゃんに聞いて欲しいことがあるの!」



凛「なぁに? かよちん」








33:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/08/27(火) 00:30:02.76 ID:DUI5XLubP




花陽「I love you.」











おわり








35:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/08/27(火) 00:31:43.73 ID:Ed3q2mAf0














36:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/08/27(火) 00:34:55.10 ID:SJ+701lO0




ニヤニヤしてしまったわ








阿笠「できたぞ新一、光彦君の心の声を読む機械じゃ」
理科「おちんちんの生える薬を作りました」 幸村「ほう」
あかり「櫻子ちゃんが向日葵ちゃんに怯えてる…」