fcd5a585819acb433b886834ed32c624


希「皆が幼女になっちゃったみたいやね」にこ「えー!」



【超悲報】彼女「入れて……」俺「ほぇっ!?もぅ…全部入ってますが……」【PR】
【バブル到来】俺の月収が400万超えたんだけど何か質問ある?【PR】
上か下かあてるだけの簡単な投資ですwwww【PR】
オンラインで合コンできるサイトって知ってる?【PR】
パズルを解けば女の子とエッチできるってさ【PR】
このアプリにハマッた結果wwwww【PR】
通帳残高がいつの間にこんなにあった件www【PR】
キモオタよ!エッチがしたいか!ここならできるぞ!!【PR】
京太郎「上京して一人暮らししようとしたら咲がついてきた」




1:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/08/30(金) 02:24:49.16 ID:0AbUs9fo0




にこ「今日は揃っての練習なのに誰も来ないわね」



希「そうやねー居残り勉強でもしてるんかな?」



にこ「むー」



希「にしてもにこっち、いい顔になったやん」



にこ「なっ何よいきなり」



希「アイドルしてるにこっちホント輝いてるよ」



にこ「あーもうあんま見ないでよ!ぷい」



希「ふふ」



にこ「あのさ…なんか部室前騒がしくない?」



希「確かに、ちょっと見てみよか」ガチャッ



真姫「あっあなたがぶつかったんでしょ!」



絵里「えっエリチカぶつかってないよ…うえーん」



にこ「は?」








8:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/08/30(金) 02:28:59.16 ID:0AbUs9fo0




希「なんやよく分からないけど絵里ちと真姫ちゃんにクリソツやね」



にこ「でっでもこの子たちどう見ても小学生以下じゃない!」



真姫「あっにこちゃん」



にこ「へっ?」



穂乃果「にこちゃんだー!」



ことり「ほんとだー」



にこ「なっなにこれ…えっ?」



希「こっちは穂乃果ちゃんにことりちゃんにクリソツやね」



花陽「ごはんどこかな?」



凛「さー?ねぇねぇかよちんそとであそぼうよ!」



希「あははは…」



にこ「ちょっちょっとーどうすんのよこれ」



希「とりあえず皆部室に入れよか」








9:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/08/30(金) 02:32:50.61 ID:0AbUs9fo0




希「お名前は?」



穂乃果「ほのかだよ!こっちがことりちゃん!それでーあれうみちゃんは?」



海未「」モジモジ



希「ほな、おいで海未ちゃん」



海未「うっ…うん」



希「にこっちそっちはどうや?」



にこ「名前聞いたけど完全一致、見た目も似てるし本人としか言いようが無いわね」



希「原因はわからんけど、皆幼女になっちゃったみたいやね」



にこ「えー!、ってみたいやね、じゃないでしょーが!どうすんのよこの子たち!」



真姫「ねーにこちゃんだっこして」



にこ「真姫ちゃん…ぐへへ…違う違う、ちょっとそこでまってなさい」ウロウロ



希「なに歩きまわってんの?」








10:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/08/30(金) 02:36:40.56 ID:0AbUs9fo0




にこ「にこのスマートな脳をフル稼働させて解決法を考えてるのよ」



穂乃果「でもにこちゃんばかじゃん!」



凛「りんといっしょにゃー」



にこ「うっうっさいわね!」



凛「ひっ…うっ…にゃーーーーー」



希「ほらほら、脅かすと泣いちゃうで、ほらよしよし」



にこ「べっ別に脅かしてなんかないわよ」



真姫「ねーにこちゃんだっこまだ?」



にこ「はぁ…はいはい抱っこしてあげるからこっちおいで」



真姫「わーい」








13:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/08/30(金) 02:41:07.11 ID:0AbUs9fo0




夕方



希「なんや皆遊び疲れて寝そうやな」



にこ「はーはーもうむり…」ゼェゼェ



希「…で、にこっち…これからのことなんやけど」



にこ「分かってるわ、このまま家に帰すわけにも行かないわよね」



希「じゃー半分こで預かろか」



にこ「にこんちそんな広くないんだけど…」



希「まー大丈夫やろ」



にこ「じゃぁどの子連れて行こうかしら」



真姫「にこちゃん…」



にこ「とりあえず真姫ちゃんはいただくわ」



希「じゃーうちはかよちんと凛ちゃんと絵里ち」



にこ「ってことはあと穂乃果と海未とことり…私が四人担当!?」








14:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/08/30(金) 02:43:56.31 ID:0AbUs9fo0




にこ「ちょっと無理かも…」



希「にこっちなら大丈夫やよ」



真姫「にこちゃーん、まきちゃんはやくにこちゃんちにいきたい」



にこ「ぶふっにひひひ、いかんいかん…じゃぁ行くわよ、ちゃんとついてきて」



希「ほな、かよちん、凛ちゃん、絵里ち、行こか」



絵里「はーい」



希「普段の絵里ちもこれぐらい素直ならええんやけどな」








15:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/08/30(金) 02:48:32.13 ID:0AbUs9fo0




矢澤さんの家



にこ「そういえば今日から2日ぐらい家だれもいなかったわね、助かった」



真姫「ねーにこちゃんおなかすいた」



穂乃果「ほのかもおなかすいたー」



にこ「そうねーちょっと早いけど夕飯の支度しましょうか、何食べたい?」



真姫「まきちゃんはトマトりょうりたべたい」



穂乃果「ほのかはなんでもいいよ」



ことり「でもデザートはほしいかなー」



海未「…ほのかちゃんたちとおなじで」



にこ「もっと意見が割れるかと思ったけど意外と扱いやすいわね、じゃートマトで美味しいパスタ作るわよ!」








16:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/08/30(金) 02:52:47.11 ID:0AbUs9fo0




東條さんの家



希「ほな皆何食べたい?」



花陽「ごはん!」



凛「ラーメン!」



絵里「チョコレート食べたい」



希「あはは、なんやシンプルな子たちやね」



絵里「チョコレートーチョコ、あった」



希「あーそれうちのチョコレートやよー」



絵里「エリチカこれ食べたい…」ウルウル



希「そっそんな目で見んといて…分かった夕飯終わったら食べようね」



絵里「うん!」








17:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/08/30(金) 02:56:37.05 ID:0AbUs9fo0




希「じゃーうちの好きな焼き肉と、凛ちゃんの好きなラーメン作るね」



凛「にゃー」



花陽「ごはん、ごはん」



希「作りやすい夕飯で助かったわー買い物どころじゃなかったもんなぁ」





希「はいできたよ」



花陽「わーい」



凛「ラーメンチャーシューいっぱいでおいしいにゃー」



絵里「はむはむ」



希「ちっちゃい絵里ち…可愛いなぁずっと見てたいわー」



花陽「ご飯おかわり!」



希「えっもう食べたん?そんな急いで食べると太っちゃうやろ?」



凛「んーでも、のぞみちゃんほどにはならないとおもうよー」



希「うちデブちゃうよ」








19:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/08/30(金) 03:00:31.21 ID:0AbUs9fo0




矢澤さんの家



真姫「にこちゃんりょうりじょうずねー」



海未「おいしい…」



穂乃果「おみせのりょうりみたいだよぉ」



ことり「きれいすぎてたべれないよー」



にこ「へっへーん、にこは家庭的なところもチャームポイントなのよ!」



ことり「デザートはあるー?」



にこ「当然!偶然だけども昨日作ってとっておいたチーズケーキがあるわよ!」



ことり「うわぁ!」



真姫「はやくだして!」



にこ「はいはい、とりあえずそれ食べちゃいなさい、にこはお風呂の用意してくるから」








20:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/08/30(金) 03:04:33.01 ID:0AbUs9fo0




東條さんの家



希「ほな、みんな一緒にお風呂はいろか」



絵里「はーい」



凛「うわーのぞみちゃんおっぱいすごいにゃー、もませて」



希「うん?おっぱい?ええよ、ほら」



凛「うわぁふかふかー、かよちんもさわってみなよ」



花陽「えっ///いいよぉ」



絵里「エリチカもおっきくなるのかな?」



希「大丈夫やよ、絵里ちはスタイル抜群のお姉さんになれるから」



凛「わーけがはえてるよー」ブチッ



希「ちょっ、そっちの毛は抜いたらアカンよ、うちの大切なとこ守ってん」



凛「かおがこわいにゃ…」








21:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/08/30(金) 03:04:36.70 ID:TB4PwVqW0




矢澤さんそれ犯罪です









22:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/08/30(金) 03:09:02.01 ID:0AbUs9fo0




絵里「エリチカものぞみちゃんみたいにけがはえちゃうの?」



希「そうやなー絵里ちの毛はこんなに濃くもなかったと思うで」



絵里「うーん」



希「まぁ今いうてもわからんよね、ほな入ろ」





矢澤さんの家



にこ「くっこの子たちの前でこの貧相な体をさらすことになるなんて…」



真姫「にこちゃんおっぱいはどこいっちゃったのよ」



穂乃果「なくなっちゃったの!?」



ことり「さがしてあげないと」



海未「ないよ」



にこ「あんた達分かっててやってるでしょ…」ビキビキ








23:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/08/30(金) 03:13:19.44 ID:0AbUs9fo0




にこ「はぁ四人もお風呂入れるのはさすがに堪えるわー」



プルルルル



にこ「んーなに?希?どうかしたの?」



希「そっちどうかなーって」



にこ「も~疲れたわよ、今は皆寝ちゃってやっと一息ついてるとこ」



希「こっちももうすぐ寝に付きそうやわ、さっきから絵里ちが暗いの怖いだの泣いてるんやけどねw」



にこ「なにそれ、そんな弱みがあったなんて初めて知ったわ」



希「あーそうや、もう練習どころじゃないし、明日プールでも行かへん?」



にこ「あー最近大きめのできたらしいわね」



希「明日休みやし、どうかなって思うんやけど」



にこ「いいんじゃない?にこもそろそろ息抜きしたかったし…でもお小遣いないや」



希「うちのバイト代から出すから大丈夫やよ」



にこ「あはは…ありがとう」








24:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/08/30(金) 03:17:51.49 ID:0AbUs9fo0




翌日



にこ「今日はあっついわねー」



希「プールに来てよかったやん」



穂乃果「はやくはいりたいよー」



希「今お金払ってくるから待っててね」



にこ「この子達の水着まで…なんかごめんね」



希「ええよええよ、どうせ使う先もなかったし」



にこ「うん…でも何かお返しはしたいな」



希「んふっにこっちのその気持だけでお腹いっぱいや」



凛「へーきのうは、たりないってやきにくいっぱいたべてたのにね」



にこ「あんたもそこそこ苦労してるのね…」








26:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/08/30(金) 03:21:14.53 ID:0AbUs9fo0




希「あんま散らばんといて、ほらかよちんもはよ着替えな」



凛「あれ?にこちゃんおっぱいないね」



にこ「なっ」



真姫「にこちゃんのおっぱいはどっかいっちゃたのよ」



穂乃果「きのう、さがしたんだけどね」



ことり「なかったの」



海未「なかった…よ」



凛「それにけもはえてないんだねーのぞみちゃんとぜんぜんちがーう」



にこ「にっにこはね大器晩成なのよ!これからぼんきゅぼーんのフッサフサなのよ!」



凛「へー」








27:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/08/30(金) 03:25:26.33 ID:0AbUs9fo0




にこ「うぐぐぐ」



希「にこっちも大変やねw」



にこ「幼いぶん言葉が生々しいのよ…」



希「じゃぁプールで泳ぎたい子はうちと、ウォータースライダー行きたい人はにこっちの方についてね」



にこ「ってにこがウォータースライダー!?」



絵里「エリチカ、ジェットコースター!」



にこ「えっええ!?ってかジェットコースターじゃないし」



希「はい、行ってらっしゃい」ニコニコ



にこ「へ…」








29:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/08/30(金) 03:29:24.54 ID:0AbUs9fo0




穂乃果「のぞみちゃんみてみて、ほのかおよげるよー」



希「皆泳ぐの上手やね」



凛「とびこみだいいきたいにゃー」



花陽「だめだよりんちゃん、おっきくないといけないよー」



凛「むー」



海未「…」



希「ほら、うみちゃんもこっちおいで」



海未「でっでも…人いっぱいだし…」



穂乃果「うみちゃん、ほのかたちといっしょにおよごうよ」



ことり「つめたくてきもちいいよ!」



海未「うっうん…」



希「うちよりこの子たちのほうが扱い上手やね」








30:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/08/30(金) 03:32:57.68 ID:0AbUs9fo0




バシャッ



真姫「ちょっとーなによー」



凛「あーまきちゃんおこったにゃー」



真姫「おこってなんかないわよー」バシャッ



花陽「きゃっ」



真姫「ふふ」



花陽「まきちゃーん」ウルウル



凛「あーかよちんなかしたにゃー」



真姫「えっちょっとぉ…」



希「小さいのにいつもと同じ感じやね」



希「んー向こうはどうやろー」








31:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/08/30(金) 03:36:04.82 ID:0AbUs9fo0




にこ「はぁはぁ」



絵里「にこちゃん!もういっかい!」



にこ「あんた何回やる気よ…もう10回目よ」



絵里「だってたのしいんだもんん」



にこ「ったくどうやったらこの子があんな堅物になるのかしらね」



にこ「てかねーあんたおんぶして上まで階段登るにこの身にもなってよねー」



絵里「…えっエリチカ…ジェットコースターできないならおうちにかえる…」ウルウル



にこ「なっ古典的な泣き脅しぃ!?てかまだ間違ってるし…あぁはいはい行ってあげるわよ」



絵里「んふ!にこちゃんおんぶー」



にこ「…」








32:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/08/30(金) 03:39:49.52 ID:0AbUs9fo0




にこ「んはぁーやっと開放されたわ」



希「結局、30回もやったんやねw」



にこ「ほんと階段が辛くて…」



希「いい運動になったんやないの?」



にこ「運動ってか重労働よ!」



希「まぁ文句はあとにして昼ご飯食べよか」



にこ「そっそうね…なんたってにこにー特製のランチがあるんですもの」



穂乃果「わーいにこちゃんのごはん!」



にこ「えっへーん、なんか優越感!」



希「あはは」



絵里「あはは」



希「絵里ち…」








33:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/08/30(金) 03:43:13.89 ID:0AbUs9fo0




夕方 帰り道



にこ「はー疲れたわねー、保護者がどれだけ大変かわかったわよ」



希「流石のうちもちょっと…」



にこ「希が疲れるなんて珍しいわね」



希「ダンスとかならそうでもないんやけどねー」



にこ「確かに、あんた加入遅い割に普通に練習しててびびったわよ」



希「んふっ、こう見えてもダンス得意やし、隠れてトレーニングもしてたんよ」



にこ「生徒会にバイトに練習って…ほんとバケモンね」



希「人のことバケモン呼ばわりしたらワシワシMAXやよ」



凛「でもワシワシするむねがないにゃー」



にこ「あんたは黙ってなさい!てーか、あんたも大きくなっても胸ないからね!」



凛「えーそうなの?まきちゃん」



真姫「まきちゃんにきかないでよ」








37:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/08/30(金) 03:45:41.89 ID:0AbUs9fo0




にこ「よーしにこがあんたたちに現実を教えてあげるわ、はい皆並んで」



希「にこっち何しとるん?」



にこ「はい、あんたはこっち、あんたはこっち…よしオッケー」



穂乃果「うみちゃんとりんちゃんとまきちゃん?」



絵里「はなよちゃんとことりちゃん?」



ことり「なんで2つにわけたのー?」



にこ「聞いて驚きなさい!あんた達が将来巨乳になるか貧乳になるかグループ分けしてあげたのよ」



凛「りんたちはどっちなのー?」



にこ「はー?当然貧乳よ!」



花陽「じゃーわたしおっぱいおおきくなっちゃうの?」



にこ「そうよ」



凛「じゃーにこちゃんはこっちだね」



にこ「そうよ!」



希「にこっち…悲しくならないんか…」








38:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/08/30(金) 03:47:54.53 ID:0AbUs9fo0




希「さて、もう暗くなるし急ごか、バスも本数多くないし」



にこ「希、後で慰めて」



希「んー?いやや」



にこ「えーにこにー泣いちゃいそう」



絵里「ウチノムネデナイテモエエンヤデ」



にこ「絵里に変なこと吹きこんでんじゃないわよ」



希「吹き込んでないよ、昨日泣いてたから慰めただけなんよ」



穂乃果「にこちゃん!バスきちゃったよ!」



にこ「えっ」



希「ほな皆バス乗るよー」








39:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/08/30(金) 03:49:49.35 ID:0AbUs9fo0




東條さんの家



にこ「はーいいお湯だったー、にしても悪いわね、にこまで泊まっちゃって」



希「家おっきいから大丈夫やよ」



にこ「ぐぬぬ」



希「この子たち、もう寝ちゃいそうやね」



にこ「そりゃあんだけ遊べばねー」



希「うちももう寝ようかなー」



にこ「ふーん、希は寝ててもいいわよー、にこはもう少し起きてるけど」



希「じゃぁちょっとだけ横になってるね」



にこ「希、ちゃんと髪乾かしなさいよ」



希「ちょっと横になる…だけやから…」スヤスヤ



にこ「全くーちょーと強がりよね~」








40:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/08/30(金) 03:51:25.56 ID:0AbUs9fo0




にこ「♪~」



希「んっ…にこっちどしたんそのメロディ」



にこ「あー起きたの?なんかねー頭に浮かんできたのよ、にこ作曲なんてできないけどさ」



希「ならうちが歌詞考えるよ、母親気分になって色々感じたこともあるし」



にこ「そうねーそろそろ先輩のにこ達がいいとこみせないとね」



希「じゃぁ今日は徹夜で考えよか」



にこ「そうね、そうと決まったらにこ本気出しちゃうんだから!」



希「最後にこの子たちの寝顔でも見とこ」



にこ「ホント…幸せそうに寝てるわよね…」



穂乃果「にこちゃんこんなにたべれないよぉ」スヤスヤ



真姫「にこちゃん…だいすき…」スヤスヤ



にこ「///」



希「ふふ…起こしたらあかんし向こうで考えよか」








41:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/08/30(金) 03:53:15.92 ID:0AbUs9fo0




にこ「♪~」



希「メロディを録音してるんやな」



にこ「後で真姫ちゃんに聞かせてあげるためにね、楽譜とかは作れないし」



希「♪~こんな感じかな…ちょっとひねりないかな?」



にこ「ぷふっ」



希「どしたんにこっち」



にこ「希が頑張って歌詞考えてる姿見ると、面白くて…ぷぷ」



希「へーにこっちうちを馬鹿にしとるん?ならワシワシMAXやね」



にこ「してませんごめんなさい」








42:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/08/30(金) 03:55:12.33 ID:0AbUs9fo0




希「♪~うん!ええ感じやね」



にこ「まさかこんなに早く完成するとは…」



希「インスピレーションが爆発するとそんな感じなんやない?」



にこ「ふふ、ついににこもクリエイターに目覚めたか」



希「ふふ…ってもう夜が明けそうやな、はよ寝とこ、起きたらこの子たちの世話もあるし」



にこ「そうねー…とっとと寝ましょうか」



希「おやすみ、にこっち」



にこ「お休みー」バサッ








44:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/08/30(金) 03:57:23.55 ID:0AbUs9fo0




希「…」



にこ「……希…まだ起きてる?」



希「うん?起きてるよ」



にこ「にこ…曲作ってて興奮してたから忘れてたけど…不安でさ」



希「この子たちのこと?」



にこ「そうよ…なんで幼くなったかもわからない…直し方もわからない…」



希「…」



にこ「こんな意味分かんないことでμ'sがなくなっちゃうんじゃないかって…」



希「…大丈夫やよ」



にこ「なんでそんなこと言えるの?」








45:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/08/30(金) 03:59:17.08 ID:0AbUs9fo0




希「だってにこっち、信じてるんやろ?皆が元に戻るって」



にこ「えっ…」



希「信じてるから、真姫ちゃんに聴かせるんだって張り切ってたんやないの?」



にこ「あっあれは…」



希「なーんも心配せんでいいよ、μ'sは絶対に大丈夫」



にこ「…んもう…どーせカードが告げてるんやーってやつでしょ?」



希「ふふ、先に言われちゃった」



にこ「もう…なーんか悩んでるのがバカバカしくなっちゃった」



希「立ち直り早くていい子やね」



にこ「希と話すと…なんか安心する…ありがと」



希「どういたしまして、じゃぁお休み、にこっち」



にこ「うん、お休み」








46:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/08/30(金) 04:01:39.26 ID:0AbUs9fo0




にこ「んっ…」



希「あれ起きたん?」



にこ「あれ…希…ここ…部室?」



希「まぁうちもさっきまで寝てたんやけどね」



穂乃果「二人共仲よさそうに寝てたんだよー」



絵里「まるで親子みたいだったわ」



海未「そろそろ練習も始めないとですね」



凛「あーそういえば新曲!真姫ちゃんどうなったにゃ?」



真姫「う゛ぇえ!?…まっまだ全然…」



凛「あれー?真姫ちゃんらしくないにゃー」








47:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/08/30(金) 04:02:31.30 ID:0AbUs9fo0




穂乃果「凛ちゃんそんな煽っちゃダメだよぉ」



海未「そうですね…新曲…PVとそろそろ新しいものを公開したいところではありますが」



絵里「焦って作ってもいいものは作れないわよね」



真姫「はぁ…(最近ちょっとスランプなのよね…)」



海未「まぁひとまず練習でも行きましょう」



絵里「にこと希はしっかり目を覚ましてから来なさいよ」



希「うちもう起きとるけどー」



凛「っていいつつ眠そうな顔だにゃー」



絵里「しっかりしなさいよーじゃぁ先行ってるから」



ガチャッ








48:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/08/30(金) 04:03:34.64 ID:0AbUs9fo0




にこ「…寝てたのになんだから疲労感が、あと変な夢も…」



希「♪~」



にこ「!?希そのメロディどこで聞いたの?」



希「んー?さっき面白い夢見ててな、その時に作った曲なんよ」



にこ「希…それにこも知ってる…にこも希と一緒にそれ作ったもん」



希「んふふ、じゃぁ同じ夢見てたんやね」



にこ「なっなんか平然としてるのね」



希「ふふ、なんでやろね」



希「…なぁにこっち…この曲皆の前で披露せえへん?新曲の話も上がってたし」



にこ「…そうね」



希「にこっちならそう言ってくれるおもてたわ」



にこ「よーしそうと決まったら、にこにー皆をあっと驚かせるわよ!」



希「おー」





おわり








50:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/08/30(金) 04:05:49.79 ID:bU1GLdMY0




楽しかった









【超悲報】彼女「入れて……」俺「ほぇっ!?もぅ…全部入ってますが……」【PR】
【バブル到来】俺の月収が400万超えたんだけど何か質問ある?【PR】
上か下かあてるだけの簡単な投資ですwwww【PR】
オンラインで合コンできるサイトって知ってる?【PR】
パズルを解けば女の子とエッチできるってさ【PR】
このアプリにハマッた結果wwwww【PR】
通帳残高がいつの間にこんなにあった件www【PR】
キモオタよ!エッチがしたいか!ここならできるぞ!!【PR】
コナン「変な香水だな」プシュプシュ 阿笠「やめろ新一!」