e02c5898506dd4bbda669565b7f2333d


エレン「お前さぁ、憑かれてんだよ」


ちなつ「余命1ヶ月か…」
蘭「コナン君って私がピンチの時って呼び捨てするよね?」
夜空「砂糖みたいに甘い」




1:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/08/14(水) 20:56:54.13 ID:+kaQFaal0




エレン「なぁ、ベルトルト?」



エレン「こうなってもおかしくねぇくらい大変だったんだろ?」



ベルトルト「あ、ああ……」



ベルトルト「そうだよ!ライナーは疲れてるんだ!」





エレン「やっぱりか……よし、じゃあ、行くぞ」



ライナー「……?どこにだ?」



エレン「お祓いに決まってるだろ」








3:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/08/14(水) 20:58:56.50 ID:+kaQFaal0




エレン「着いたか」



アルミン「さあ、早く馬車を降りよう。準備はできてるらしいよ」



ライナー「ちょ、ちょっと待ってくれ」



エレン「なんだよ、ライナー?」



ミカサ「今、とても急いでいる」



ライナー「急いでるのは分かったから、その前に1つだけ教えてくれ」



ライナー「今から何をしようとしているんだ?」





エレン「だから、お祓いって言ってんだろ?!除霊だよ!除霊!」








4:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/08/14(水) 21:02:46.61 ID:+kaQFaal0




ライナー「だから何の除霊なんだよ!」



ライナー「いつ俺が幽霊に取り憑かれたって?!」



エレン「…………」



エレン「おい、さっきベルトルトが言ってたことと違うこと言ってるぞ」ヒソヒソ



アルミン「……きっと、錯乱しているんだ。あまり、刺激しないように行こう」ヒソヒソ



ミカサ「これも全て霊って奴の仕業……」ヒソヒソ



ライナー(何、話してるんだ、こいつら……)








6:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/08/14(水) 21:06:04.46 ID:+kaQFaal0




エレン「ああ、スマン、ライナー」



エレン「ここでこうして話ししているのもなんだし、とりあえず中に入ろうぜ」



アルミン「そうだよ。そんなに警戒しなくて良いよ」



ライナー「だ、だけどな……」



アルミン「クリスタも中で待ってるよ」





ライナー「何してる、お前ら。置いていくぞ?」








8:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/08/14(水) 21:12:04.59 ID:+kaQFaal0




―トロスト神社―



クリスタ「待ってたよ、ライナー!」



エレン(巫女服って初めて見た)



アルミン(天使……)



ライナー「結婚したいッ!!」



クリスタ「ひっ」ビクッ



ライナー「す、すまん///」





ミカサ「今の彼は霊に取りつかれておかしくなっている。気にしない方が良い」ヒソヒソ



クリスタ「う、うん」








10:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/08/14(水) 21:21:02.80 ID:+kaQFaal0




クリスタ「じゃ、じゃあ、儀式を行う前にそこの更衣室で着替えてきて」



クリスタ「アルミン、着替え手伝ってあげてくれるかな?」



アルミン「分かった。任せて」



ライナー「このままじゃダメなのか?」



クリスタ「儀式を行うためには指定の綺麗な白い服の方が良いの」



クリスタ「万が一、儀式が失敗しちゃうといけないから、万全の態勢で挑むためにね」



クリスタ「めんどくさいかもしれないけど、一緒にがんばろうね?」ニコッ



ライナー「お、おう」



ライナー(初めての共同作業///)








11:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/08/14(水) 21:26:38.85 ID:+kaQFaal0




アルミン「じゃあ、服を脱いで、そこにある白い服をはおってね」



ライナー「これか。このヒモみたいなのはなんだ?」



アルミン「これは帯だよ。そのままだと前が開けちゃうからこれをお腹の周りに巻いて固定するんだ」



ライナー「こうか?」ゴソゴソ



アルミン「ちょっと、ちがうなぁ。」



アルミン「僕が手伝うよ」



ライナー「スマン。助かる」








12:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/08/14(水) 21:31:52.18 ID:+kaQFaal0




ライナー(そういや、勢いに流されて、ここまでついてきてしまったが……)



ライナー(一体、俺はどうされるんだろう)



ライナー(騙して、地下室にでも閉じ込めようってんなら、効率が悪すぎるし……)



ライナー(なによりここに頑丈な地下室があるようには思えない)



ライナー(そんなことより、聞きたいことがあった……)



ライナー「なぁ、アルミン。なんで、クリスタが巫女やってるんだ?」



アルミン「ああ、そのこと。実は最寄りの神社がここしかなくってね」



アルミン「だけど、ここには神主も巫女もいなかったんだ」








14:気付かなかった…:2013/08/14(水) 21:36:02.54 ID:+kaQFaal0




ライナー「もしかして……巨人に喰われたのか?」



アルミン「いや、聞いたところによると出張中だってさ」



アルミン「王様じきじきの依頼でね」



ライナー「マジか……凄い人なんだな」



アルミン「なんでも、半身がない男の霊が王様に取り憑いてるらしくてね」



アルミン「夜な夜な王様の夢に現れては、王様の身体を欲しているらしい」



ライナー「凶悪すぎるだろ……」



アルミン「そんなこんなで、急きょ、お払いができるクリスタが抜擢されたんだ」








15:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/08/14(水) 21:41:35.69 ID:+kaQFaal0




ライナー「なんでクリスタはそんな技術を持ってるんだよ……」



アルミン「クリスタは巫女検定1級なんだって」



ライナー「み、巫女検定?」



アルミン「訓練兵時代に少ない時間の間にコツコツ勉強して資格を取ったんだって」



アルミン「通信教育でね」



ライナー「……いや、分からんな。なぜ、巫女検定を取ったんだ?」



アルミン「クリスタは優しいから。みんなの役に立ちたかったんだよ」



アルミン「現にこうして君を助けることができる」



アルミン「これで分かってくれたかな?」



ライナー「……ああ、良く分からないが分かった。つまり、クリスタが天使ってことだろ?」



アルミン「そのとおり。じゃあ、クリスタも待ってるし行こうか」



ライナー「ああ」








16:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/08/14(水) 21:46:44.66 ID:+kaQFaal0




ライナー「待たせたな。」



エレン「お、やっと来たか」



クリスタ「じゃあ、ライナー。神社の裏の滝に行くからついてきてね」







滝「ズドドドドドドドドドドドドドドドド」





クリスタ「まず、ここの滝に打たれないといけないんだけど……」



ライナー「こ、これが儀式なのか?」



クリスタ「ううん。これは儀式をする前に身体を清めるためなの」



クリスタ「準備だけどさっきの着替えと同じようにとっても大事だから、辛いけどがんばってね」(手を握る音)



ライナー「あ、ああ!やってみるぜ////」



クリスタ「ライナーは強いね……今から10時間、ファイトッ!」



ライナー「え?……10……時間……?」








17:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/08/14(水) 21:52:38.46 ID:+kaQFaal0




ライナー「ぎゃああああああああああああああああああああ!!!!」ズドドドドドドドド



エレン「うわああああああああああああああああああああああああああ!!」



ミカサ「エレン、あなたまで叫ぶ必要はない」



エレン「これが叫ばずにいられるか!」



エレン「あの!男なら誰でも憧れるほど屈強なライナーが!」



エレン「俺たちのライナーがあんなに苦しんでいるんだぞ?!」



エレン「耐えろ!耐えるんだ、ライナー!」



ライナー「ぐわああああああああああああああああああああ」








18:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/08/14(水) 22:00:09.26 ID:+kaQFaal0




ライナー「痛い!冷たい!痛い!痛い!冷たい!寒い!痛い!寒い!」ズドドドドドドドドドドド



ライナー(なんで……なんで、俺はこんなことをしているんだ)



ライナー(良く考えたらあの時、壁上で巨人になってエレンをさらうつもりだったのに)



ライナー(なんでこんな!なんでこんな仕打ち!)



ライナー(もう、ダメだ!)



ライナー(ここで巨人になってエレンさらっていく!)



ライナー(どうやって壁の向こうに行くとか考えてないけど……)



ライナー(勝負は今、ここで決める!)



クリスタ「ライナー!負けないでッ!!!」





ライナー「うおおおおおおおおおおおお!この程度の滝に俺は負けんッ!!!!」








19:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/08/14(水) 22:07:48.74 ID:+kaQFaal0




そして10時間に及ぶ、みそぎが終わった



ライナー「はぁ……はぁ……げほっ、げほげほっ……!」



ライナー「なんとか……まだ……生きてる……」



ライナー「お前ら!待たせたな!」ドヤァ





クリスタ「ライナー、お疲れ様。これ、タオルだよ」



ライナー「あ、ありがとう。クリスタ、エレン達が見当たらないんだが……?」



クリスタ「屋内で仮眠とってるよ。10時間は長いから……」



クリスタ「ごめんね……私だけがお迎えなんてがっかりだよね……」



ライナー「そ、そんなことないぞ!」



クリスタ「ありがとう。あ、これ暖かいモノ、どうぞ」



ライナー「あ、ああ……暖かいモノどうも///」



ライナー(あいつら……ムカつくが今だけは許してやろう)








22:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/08/14(水) 22:14:27.73 ID:+kaQFaal0




クリスタ「じゃあ、いよいよお祓いの儀式を始めるよ」



クリスタ「つかれてると思うけどあと少しだからね」ガラッ



エレン「お、ライナー。待ってたぜ!」



ミカサ「さ、早く儀式を始めよう」



ライナー(こいつら……飽きてきたな)



アルミン「クリスタ準備は整ってるよ」



クリスタ「ありがとう、みんな」



クリスタ「じゃあ、ライナーそこに正座して」








23:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/08/14(水) 22:19:28.20 ID:+kaQFaal0




ライナー(な、何が始まるんだ……)



クリスタ「まずは目をつむって、深呼吸してみよう」



クリスタ「鼻から大きく息を吸って」



クリスタ「口からゆっくり吸った倍の時間をかけて吐きだそう」



ライナー「すー……ハァ――――――」



クリスタ「これをしばらく繰り返してね」



ライナー(あ、なんか落ちついた……気がする)



クリスタ「うん。じゃあ、普通の呼吸に戻ろうか」



クリスタ「じゃあ、私の質問に答えていってね」



ライナー「……」コク



クリスタ「まずは……あなたの名前はライナー・ブラウン?」



ライナー(何言ってるんだ?当たり前だろ?)



ライナー「おう」



クリスタ「エレンに言ってたみたいだけど鎧の巨人なの?」








24:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/08/14(水) 22:24:49.84 ID:+kaQFaal0




ライナー(そうだ……俺は兵士じゃなくて戦士なんだ)



ライナー「ああ」



クリスタ「……」



クリスタ「好きな果物は?」



ライナー「バナナ」



クリスタ「そっか……お疲れ様」



ライナー「え?……これで終わりなのk」









クリスタ「破ア―――――――――――!!!!!」バシュ








25:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/08/14(水) 22:25:58.97 ID:uQJSR1Sv0




クリスタ=Tさん説









26:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/08/14(水) 22:26:22.99 ID:9wfYqqzX0




それ寺生まれだから神道関係ないやろ









27:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/08/14(水) 22:26:51.07 ID:L6GaDyd60




Tさんは寺生まれのはず……









28:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/08/14(水) 22:30:23.75 ID:+kaQFaal0




ライナー「ぐぁああああああああああああああああああああああ!?」



クリスタ「出て行きなさい!ライナーの中に巣食う巨人の霊よ!」



ライナー「が………ぐ……」



ライナー「ああああああああああああああああああああああああ」



カッ ドオオオオオオオオオオン



鎧の巨人「グオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオ!!」



エレン「やはり、出てきたか!鎧の巨人!」



ミカサ「ここで仕留める!!」





ライナー「うぁ……な、何が起こったんだ?」








29:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/08/14(水) 22:35:27.27 ID:+kaQFaal0




アルミン「ライナー!大丈夫かい?」



ライナー「ああ、何とかな……ところで、あれは……」



アルミン「うん、アレがライナーに取り憑いてた、鎧の巨人さ!」



アルミン「やっぱり、僕の仮説は正しかったんだ」



アルミン「ライナー、君はあの鎧の巨人の隠れ蓑にされていたんだ!」



アルミン「それでいつの間にか記憶が混同して、挙句、自分を鎧の巨人と思いこんじゃったんだ!」



アルミン「そうじゃないと、君みたいな立派な『兵士』が人類の敵になるわけないだろ!?」





ライナー「…………うん、そうだな!」








32:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/08/14(水) 22:40:25.20 ID:+kaQFaal0




ミカサ「エレン!目は鎧化されてないはずだからタックルのカウンターで目を潰して」



エレン(巨人)「……」(エレンフィンガー!!)



ぶっちゅっ!



鎧の巨人「があああああああああああああああ」ドサッ



ミカサ「流石、エレン」



エレン「……」バキッバキッ



エレン(こいつ……流石に硬すぎるぞ!うなじの装甲にヒビをいれることすらできねぇ!)



ミカサ「エレン!そこにある岩を取って。それでライナーの頭を攻撃して!」



エレン(これか)ひょい



エレン「うおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおお」



エレン(死ね!この害獣が!!)ガンガンガン



ライナー「おお!巨人の装甲にヒビが!」



エレン(イケる!イケるぞ!)



アルミン「ダメだ、エレン!もう岩が……」



エレン(くそっ……岩が崩れた)








33:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/08/14(水) 22:45:05.40 ID:+kaQFaal0




鎧の巨人「があああああああああああああ」



エレン(うおっ!掴まれた?!)



ミカサ「エレン!」



アルミン「くそっ!逆転してしまった!」



エレン(なんて力だよ!こいつ!)





ライナー「ちくしょう!なんでだ!」



アルミン「ライナー?」



ライナー「俺は……俺がまぬけにも巨人に取りつかれていたばっかりに……」



ライナー「巨人に一矢報いることもできずに、エレンがやられるのを見ているしかないのか!?」








34:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/08/14(水) 22:47:43.99 ID:+kaQFaal0




アルミン「エレン!勝つんだ!」



アルミン「そいつをここで倒さないと、今度はまたトロスト区が蹂躙される!」



アルミン「鎧の巨人にはただの兵士じゃ勝てないんだ!」





ライナー(俺にも……俺の力があれば!)



ライナー(兵士として!人間としてッ!)



ライナー(守ることができるのに!)









??(力が欲しいか?)








36:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/08/14(水) 22:49:28.99 ID:+kaQFaal0




ライナー「だ、誰だ?!」



アルミン「なに言ってるんだ!ライナー」



ライナー(アルミンには聞こえていない?!)



??(私の声はお前と、今、ユミルに助けを求めに行っているクリスタしか聞くことはできない)



ライナー(お前は誰なんだ?)



??(私はずっとお前の中にいた存在)



??(だが、鎧の巨人によってその力を抑えられていたんだ)



ライナー(つまり……?)



??(今ならお前に力を、貸すことができる)








38:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/08/14(水) 22:57:01.42 ID:+kaQFaal0




ライナー(なんでもいい……あのクソ巨人をブッ倒せる力があるなら)



ライナー(兵士としての責任を全うして、エレンも助けられる!)



??(決まりだな……)



??(誇り高き兵士、ライナー・ブラウン!)



??(やるんだな!今ッ!ここでッ!!)



ライナー「ああ!勝負は今ッ!!!ここで決めるッ!!!」



カッ!!!








39:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/08/14(水) 22:59:57.36 ID:+kaQFaal0




ライナー「これが……俺の姿!!」シュウウウウウウウウウウウウウ



エレン(あれは……巨人?!)



ミカサ「違う、エレン。アレは巨人じゃない」



ミカサ「大きいゴリラ」



アルミン(ライナーが巨大化した?!だけど、たぶん、これは巨人じゃない)



アルミン(エレンが巨人を出すときみたいな現れ方と違った)



アルミン(それだけじゃ、ちょっと説明がつかないかもしれないけど)



アルミン(僕には分かる。こいつは巨人じゃなくてゴリラだ!)








42:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/08/14(水) 23:04:14.91 ID:+kaQFaal0




ガッシッ



ライナー「うらァ!!」ブンッ



鎧の巨人「?!!」ドッシャーン



ミカサ「鎧の巨人をエレンから引き離して投げ捨てた?!」



エレン(ゴリラが……助けてくれた?!)



ライナー「待たせたな、エレン」



エレン(しゃべった?!)



アルミン「エレン!このゴリラはライナーだ!」



ライナー「協力してこの巨人を倒すぞ」



エレン(ああ!)コクッ








44:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/08/14(水) 23:08:13.94 ID:+kaQFaal0




アルミン「さっきの投げで鎧にダメージが行っているみたいだ」



ライナー「畳みかけるぞ!エレン!」



エレン(うおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおお)



エレン(アルティメット・エレン・ストライク!!)バコオオオオオオオオオオン



アルミン「鎧の巨人が頭から吹っ飛んだ!!」



鎧の巨人「」ぐぐっ



ライナー「終わりだ」ガシッ



ブチッ



アルミン「頭を持って背骨ごと引っこ抜いた……なんてパワーだ」



ライナー「破ァ!」ぶちゅっ



ミカサ「うなじも潰した。これで……」



エレン(俺たちの勝利だ!)








45:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/08/14(水) 23:09:40.63 ID:lm4cfytbO




エレンさんのネーミングセンスぱねぇ









46:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/08/14(水) 23:10:54.83 ID:+kaQFaal0




数日後



ユミル「せっかく病み上がりで駆けつけたのに終わってるんだもんなー」



ライナー「まあ、良いだろ?戦わないに越したことはないし」



クリスタ「ごめんね……ユミル私のせいで……」



ユミル「クリスタの判断は間違ってねぇよ」



ユミル「ただ、痛む身体を押してまでこいつらを助けに向かったんだから飯ぐらい奢ってほしいなぁ、って」



ライナー「わかったわかった。今度奢るぜ」



クリスタ「ライナー……」



ライナー「……ん?スマン。ちょっと行ってくる」



ユミル「飯の件忘れるなよー?クリスタと私に奢れよー?」








47:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/08/14(水) 23:14:44.91 ID:+kaQFaal0




ベルトルト「やあ、ライナー」



ライナー「ベルトルト、お前どこに行ってたんだ?」



ベルトルト「それはこっちのセリフだよ!」



ベルトルト「ライナーはエレン達にいきなり連れて行かれちゃうし」



ベルトルト「ところで、故郷に帰るための計画を練ろうと思うんだけど……」





ライナー「故郷?俺たちの村は巨人に占領されただろ?」



ベルトルト「え?」



ライナー「そのためには壁の外の巨人を駆逐しないとな」








48:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/08/14(水) 23:18:31.21 ID:+kaQFaal0




ベルトルト「な、何言ってるんだ?ライナー?君は鎧の……」



ライナー「ああ、そのことだけどな。お前、エレンに俺が憑かれてることを教えてくれたんだって?」



ライナー「助かったぜ。お陰で俺に取りついてる巨人もいなくなったし」



ライナー「代わりに新しい相棒もできたしな!」



ベルトルト「どういうことだよ?!まるで巨人を幽霊かなんかみたいに?」



ライナー「幽霊じゃなけりゃなんなんだよ?普通の人間が巨人になれるなんてあるか?」



ライナー「エレンとユミルは制御して人類のために使えるらしいが」



ライナー「俺みたいに巨人に意識を乗っ取られてるようなら祓うしかないだろ……」








50:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/08/14(水) 23:21:38.23 ID:+kaQFaal0




ベルトルト「アニや僕らといっしょに故郷に帰るって言ったじゃないか!」



ライナー「?なんでアニの話が出てくるんだ?あいつは同郷じゃないだろ?」



ライナー「ああ、アニなんだがな。どうやら女型の巨人がアニに取り憑いてたみたいでな」



ライナー「明日、クリスタに祓ってもらうらしい」



ライナー「まったく、迷惑な話だよな。兵士の身体を乗っ取って人類滅亡の手助けをさせるなんて」



ライナー「こんなことを増やさないためにも一刻も早く巨人を絶滅させれるようがんばらんとな」



ベルトルト「ライナー……」








51:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/08/14(水) 23:26:15.37 ID:+kaQFaal0




ベルトルト「ライナー、僕は実は……超大型巨人なんだ」



ライナー「……?何言ってるんだお前?」



ベルトルト「僕は……僕1人でも戦士としての責務を果たす」



ライナー「ベルトルト……」











ライナー「お前さぁ、憑かれてんだよ」





おしまい








52:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/08/14(水) 23:27:47.77 ID:9wfYqqzX0













54:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/08/14(水) 23:30:19.80 ID:L6GaDyd60




世にも奇妙な巨人達







キョン「長門って自分の性格を弄れるのか?」長門「可能」
響「新しい首輪を買ったぞ!!」P「よっと――お、似合う似合う」
やよい「でーと、してくれますか?」