e02c5898506dd4bbda669565b7f2333d


アルミン「平凡な兵士10000人分のエレン」



上条「そういえば最近ムラムラしねえな」
P「プロデューサーグッズ始めました…」
サシャ「食欲を抑える薬…ですか?」
ユミル「コニー、ナイフを貸してくれ」
ライナー「アニの様子がおかしい」

520:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/05/19(日) 12:44:26.49 ID:BrX/tEg40




アルミン「・・・・・・」



コニー「アルミン、やろうぜ!」



サシャ「アルミン!」



ジャン「・・・・・・あいつの腰ぎんちゃくじゃねえってとこ見せろよ」



アルミン「・・・・・・ああ、分かった!」



アルミン「まず、あいつの動きは遅い。だから囮役がかく乱して、他で仕留める」



アルミン「ただ、なだれ込んだ巨人の数が多くてそれも監視しながらでないと・・・・・・」



ユミル「ああなるってわけか」



アルミン「・・・・・・ああ、そうだ!」








524:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/05/19(日) 12:48:41.94 ID:BrX/tEg40




アルミン「今いるのは7人だから、2人が囮、3人が巨人に警戒」



アルミン「残った2人のどちらかが機を狙ってやつを倒す」



コニー「・・・・・・囮の1人は俺だ。細かく動くなら俺が一番だからな」



クリスタ「じゃ、じゃあもう1人はわたっ」モガモガ



ユミル「私がもう1人だ」



アルミン「う、うん」



サシャ「私は警戒担当ですね!」



アルミン「うん。後は僕とクリスタ。そして」



ジャン「俺とミカサが残りの2人ってわけだ」



アルミン「確実に仕留めるには成績上位の2人をここへ回すべきだと思う」








528:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/05/19(日) 12:52:30.97 ID:BrX/tEg40




ミカサ「分かった」



ジャン「きょ、共同作業だな!?」



ミカサ「・・・・・・?違うと思う」



ジャン「」



アルミン「ミーナはもう少し高い位置にいてもらおう」



サシャ「運びます!」



アルミン「お願いするよ」



コニー「で、いつ仕掛ける?」



アルミン「・・・・・・やつが門に辿り着く前に」



アルミン「こっちから行ってやる・・・・・・!」





超大型巨人「・・・・・・」



の中身(・・・・・・これで、人類を滅ぼせる。そうすれば故郷に)



バシュバシュ!



コニー「やいてめえ、こっちだぁ!」



ユミル「・・・・・・できれば帰ってくんないかな」








531:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/05/19(日) 12:56:03.33 ID:BrX/tEg40




超大型巨人「・・・・・・」ズシン!ズシン!



コニー「来やがった・・・・・・!」



ユミル「私女だからさ、あんた頑張れよ?」



コニー「・・・・・・どの面下げてんなこと言ってんだ糞女」バシュッ



ユミル「はあ~私の嫁に会いたい」バシュッ





アルミン「よし、上手く行ってる!」



アルミン「それに近くには巨人も少ない・・・・・・!いける!」



ジャン「」



アルミン「いつまで凹んでるのジャン・・・・・・」








533:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/05/19(日) 12:58:06.20 ID:BrX/tEg40




超大型巨人「・・・・・・」ブオッ!



コニー「来るぞ!」



ユミル「ちっ!」ビュン!



超大型巨人「・・・・・・」ズズーン!



アルミン「今だ!」



ジャン「お、おおう!」バシュ!



ミカサ「・・・・・・!」ビューン!








535:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/05/19(日) 13:00:36.68 ID:BrX/tEg40




超大型巨人「!」



ジャン「いけるっ!」シャキン!



ミカサ「・・・・・・!」シャキン!



超大型巨人「!」ブッファー



ジャン「なに!?あっちい!」



ミカサ「くっ、届けぇ!」ザンッ!



超大型巨人「!」



ジャン「やった!?」



ミカサ「駄目・・・・・・浅い!」








537:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/05/19(日) 13:02:30.67 ID:BrX/tEg40




アルミン「2人とも逃げてー!」



ジャン「くそっ!」



ミカサ「!」



超大型巨人「・・・・・・」ガシッ



ジャン「ミカサー!」



アルミン「ミカサ・・・・・・!」





超大型巨人「・・・・・・」



ミカサ「・・・・・・」



ミカサ(これで、終わり?)



ミカサ(私は死ぬ、エレン・・・・・・)








543:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/05/19(日) 13:06:38.54 ID:BrX/tEg40




子供エレン(168cm)『戦え!』



ミカサ「!」



少年エレン(180cm)『戦え!』



ミカサ「!」



青年エレン(210cm)『戦え、ミカサー!』



ミカサ「エレン・・・・・・!」



ミカサ「うああああああ!」ズバシュッ!



超大型巨人「!?」



ジャン「あ、ええええ!?」



アルミン「すごい、自力で!」








552:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/05/19(日) 13:09:56.03 ID:BrX/tEg40




ミカサ「くぅ!」ドタッ



アルミン「まずい、地上に落ちたら!」



ジャン「くそっ!」バシュ!



ミカサ「はぁ・・・・・・はぁ・・・・・・」



巨人「!」アーン



アルミン「逃げてミカサ!」



ミカサ「戦う、戦う!」シャキン!



巨人の群れ「アーン」



ミカサ「・・・・・・!」



ザンッ!



ミカサ「!?」








558:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/05/19(日) 13:13:29.76 ID:BrX/tEg40




「悪い」



ミカサ「あ、ああ・・・・・・!」



巨人「」ドシーン!



「遅くなった」



巨人の群れ「」ドシーン!



ミカサ「え・・・・・・エレン!」



エレン「おう、間に合ってよかった」





アルミン「エレン・・・・・・ミカサ、良かった」



ジャン「・・・・・・ちっ、ヒーローみたいに現れやがって」



ジャン「・・・・・・へへ」








566:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/05/19(日) 13:16:12.04 ID:BrX/tEg40




エレン「立てるか?」



ミカサ「う、うん」



エレン「無茶しやがって」ワシワシ



ミカサ「あ、あう」テレテレ



エレン「皆は?全員無事か?」



ミカサ「・・・・・・ナックとトーマスが。ミーナも大怪我してる」



エレン「・・・・・・っ!」



エレン「ミカサ、先に上へ行ってろ」



ミカサ「エレンは!?」



エレン「俺は・・・・・・」





超大型巨人「・・・・・・」



エレン「あいつとかたをつける・・・・・・!」








588:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/05/19(日) 13:38:48.93 ID:BrX/tEg40




超大型巨人「・・・・・・」



エレン「ミカサ、行け」



ミカサ「私も一緒に」



エレン「頼む」



ミカサ「・・・・・・分かった。エレン」



エレン「ん?」



ミカサ「どうか死なないで」



エレン「・・・・・・ああ」ニッ











594:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/05/19(日) 13:41:31.80 ID:BrX/tEg40




ミスった最後のエはなんでもないんだからね!



エレン「・・・・・・」シャキン



超大型巨人「・・・・・・」フシュー





ジャン「あいつ、1人でやる気なのか!?」



アルミン「エレン・・・・・・」





エレン「ふぅ!」ダダダダ バシュッ



超大型巨人「!」ブンッ!



ジャン「まずい、離れるぞアルミン!」



アルミン「う、うん!」








597:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/05/19(日) 13:44:30.05 ID:BrX/tEg40




超大型巨人「!」ドゴーン!



エレン「ちっ、流石にパワーがありやがる!」バシュッ!



エレン「だがお前は・・・・・・」



エレン「とろいんだよ!」ビューン!





コニー「あんな暴風の中でよく立体起動で動けるなあいつ!」



ユミル「流石に1番は違うってわけだ・・・・・・」



ユミル(あたしでも、勝てないだろうね)





エレン「うおおおおおおおお!」ズダダダダ



超大型「!」ブンッブンッ








599:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/05/19(日) 13:47:06.85 ID:BrX/tEg40




クリスタ「すごい・・・・・・!あんなに揺らされてるのに真っ直ぐ駆けていく!」



サシャ「エレンはさっきも勝ちかけたんです!だから今度も!」



クリスタ「うん!・・・・・・あれ?」



ズシンズシンズシンズシン!



サシャ「!?」



クリスタ「あれは、鎧の巨人!」



サシャ「助けにきたんですよ、あの大きいのを!」



クリスタ「こ、こっちに来る!」



鎧の巨人「・・・・・・」ドシンドシンドシン



サシャ「逃げましょう!」



クリスタ「間に合わない!」








601:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/05/19(日) 13:49:36.44 ID:BrX/tEg40




クリスタ「きゃああああああ!」



鎧の巨人「」チラッ



の中身(結婚しよ)



ズシンズシンズシンズシン!



サシャ「い、行っちゃいました」



クリスタ「どうして・・・・・・」





エレン「うおおおおおおお!」ズダダダダッ



ズシン!



エレン「!?・・・・・・またきやがったか!」



鎧の巨人「・・・・・・」フシュー








604:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/05/19(日) 13:55:23.02 ID:BrX/tEg40




エレン「ちょうど揃ってくれてよかった」



超大型巨人「・・・・・・」



鎧の巨人「・・・・・・」



エレン「一度にお前ら2人とも倒せる良い機会だからな。それに」



エレン「聞かなきゃいけないこともある・・・・・・!」



ベルトルト(2人・・・・・・!?)



ライナー(こいつ、まさか)



エレン「お前ら何やってんだよ」



エレン「なあベルトルト、ライナー」








610:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/05/19(日) 13:58:45.40 ID:BrX/tEg40




鎧の巨人「!」



超大型巨人「!」



エレン「さっきな、2体の巨人が消えた後に見えちまったんだ」



エレン「煙に紛れて立体起動で飛んでいくお前らの姿が」





ジャン「あいつ、巨人となに話してるんだ!?」



アルミン「巨人の動きが止まってる・・・・・・」





エレン「間違いであって欲しかった。信じたくはなかったが」



エレン「言い出したとたんにお前らはこうして動きを止めてる」



鎧の巨人「・・・・・・!」



エレン「正解ってことで良いんだな・・・・・・?」








612:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/05/19(日) 14:03:20.25 ID:BrX/tEg40




エレン「・・・・・・」



鎧の巨人「・・・・・・」



超大型巨人「・・・・・・」



エレン「・・・・・・お前らのせいで、どれだけ人が死んだと思ってる」



エレン「お前らが好き好んでこんなことするやつじゃないってことは知ってる」



エレン「だから何か理由があったんだろうともな」



鎧の巨人「・・・・・・」



エレン「けどな」



超大型巨人「・・・・・・!」



エレン「お前らのせいで大勢死んだ。先輩たちも、俺達の同期も、ナックやトーマスも」



エレン「だから俺は、どんな理由があろうがお前らを許さない・・・・・・!」



鎧の巨人「・・・・・・」



超大型巨人「・・・・・・」



エレン「この、裏切りもんどもが・・・・・・!」








615:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/05/19(日) 14:05:35.83 ID:hRSdqkq7P




(自首しよ)









618:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/05/19(日) 14:08:53.18 ID:BrX/tEg40




バシュッ



エレン「お前からだライナー・・・・・・!」



鎧の巨人「!」



ライナー(そこまで分かってるのか、こいつは!)



ライナー(・・・・・・だが無駄だ。お前の力は確かに脅威だが!)



ライナー(巨人化した俺にはその刃は通じない!)



ライナー(やれ、ベルトルト)



ライナー(こいつを握りつぶせ・・・・・・!)








624:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/05/19(日) 14:13:53.46 ID:BrX/tEg40




エレン「うおおおおお!」ビューン



鎧の巨人「!」



ライナー(真正面から!?)



ライナー(どうやら本物の・・・・・・死にたがりらしいな!)



鎧の巨人「!」グワッ



エレン「なんてな」タンッ



ライナー(なに!?俺を踏み台に・・・・・・)



ドゴォン



ライナー(う、お!?)








632:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/05/19(日) 14:17:45.93 ID:BrX/tEg40




ジャン「どうなってやがる!」



ジャン「超大型が鎧の方を殴りやがった・・・・・・!」



アルミン「わざとじゃない、エレンを狙った一撃をエレンがかわしたから・・・・・・!」





エレン「互いに守りあうだろうと思ってたぜ」



エレン「同郷で、普段から仲の良かったお前らならな」



エレン「それにベルトルト、お前は俺を怖がってたよな」



エレン「ライナーが来て勇んじまったんだろ?」



エレン「それが敗因だ、ベルトルト」バシュ





ライナー(鎧が、崩れる・・・・・・!)



ベルトルト(ぼ、僕は何をやってるんだ・・・・・・!)








635:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/05/19(日) 14:20:10.46 ID:BrX/tEg40




ズダダダダ!



サシャ「行けーエレーン!」



クリスタ「もうちょっと!」





エレン「じゃあな、ベルトルト」



エレン「すぐにライナーも送ってやるから」



エレン「寂しくねえぞ・・・・・・!」ザンッ!



ベルトルト(あ・・・・・・)



ライナー(お、おい!)





コニー「やりやがった!」



ユミル「・・・・・・」








640:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/05/19(日) 14:22:47.89 ID:BrX/tEg40




超大型巨人「」ドッシーン!



ベルトルト(ライナー・・・・・・僕らの故郷に・・・・・・)



ライナー(おい、おい嘘だろ!)



鎧の巨人「べる、どるどおお、おおおお!!」



エレン「・・・・・・」バシュッ





ミカサ「え?」



ジャン「あいつ、喋った・・・・・・!?いや、それより」



アルミン「ベル、トルト?」








641:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/05/19(日) 14:22:48.38 ID:XG700FZj0




脳筋じゃなかった









642:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/05/19(日) 14:27:54.67 ID:e+YsI72XT




頭脳も10000人分だったか









643:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/05/19(日) 14:28:10.97 ID:BrX/tEg40




鎧の巨人「う、おおおおおおおおおおおおお!」ガバッ



ボロボロ



ジャン「鎧が崩れ落ちていく・・・・・・」



コニー「まだ、戦うってのかよ・・・・・・」



アルミン「ライ、ナー?」





エレン「・・・・・・」



鎧の巨人「お、まえ、がああああああああ!」



バシュッ ビューン



エレン「心配するなよ」



エレン「お前も一緒だ」








644:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/05/19(日) 14:30:33.44 ID:BrX/tEg40




エレン「あっちで、仲良くやれよ」



ザンッ!



鎧の巨人「っ!」



ドシーン!



エレン「なあ、ライナー」



鎧の巨人「」



エレン「なんで、こんなことになったんだろうな?」



シュー








645:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/05/19(日) 14:32:04.78 ID:LoyAF/nN0




これは想像以上に辛い









647:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/05/19(日) 14:32:48.70 ID:9qS7IZc0O




さよなライナー









649:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/05/19(日) 14:33:14.19 ID:BrX/tEg40




ジャン「あいつ、マジでやりやがった・・・・・・」



アルミン「・・・・・・」



ミカサ「・・・・・・」



ジャン「おいどうしたんだよ!壁を壊せる巨人はこれでもういないんだぜ!」



ジャン「やっぱあいつは・・・・・・」



ミカサ「泣いてる」



ジャン「はあ?」



ミカサ「エレンは、泣いてる」



アルミン(ライナーとエレンは、すっごく仲良しだった・・・・・・)



アルミン「エレン・・・・・・」








653:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/05/19(日) 14:36:19.95 ID:BrX/tEg40




ズシンズシンズシンズシン!



エレン「・・・・・・」



巨人「・・・・・・」



エレン「なあ、お前らなんなんだよ」



巨人「アーン」



バシュッ!ザンッ!



巨人「」ドシーン!



エレン「殺したら消えちまうしよ、これじゃあ・・・・・・」



エレン「何にも分からないじゃねえかよ・・・・・・!」グッ



コニー「おーいエレーン!」



サシャ「エレーン!」








660:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/05/19(日) 14:39:52.60 ID:BrX/tEg40




コニー「前衛が完全に崩れたみたいだ!撤退するぞ!」



エレン「前衛が・・・・・・!?先輩たち!」ダッ



サシャ「ちょ、ちょっと駄目ですよ!」ズルズル



エレン「あそこにはまだ仲間がいるんだ!」



サシャ「そんなこと言ったって、壁を登れるかも分からないほどしかガスは残ってないんですよ!?」ズルズル



サシャ「私達より長く戦ってたエレンは、もっと少ないはずです!幾ら上手でも!」ズルズル



コニー「お前がどんな気持ちか俺達には分からない、けどよ!」



コニー「死に急いでほしくねえんだ!」ガシッ



エレン「!」



コニー「頼む、エレン・・・・・・!」








663:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/05/19(日) 14:43:54.89 ID:BrX/tEg40




エレン「離してくれ、分かったから」



コニー「・・・・・・戻る時は俺も一緒に行く。けど、今は一旦さがろう」



エレン「ああ・・・・・・悪いなコニー。サシャも」



サシャ「いえいえ。それにしても力持ちですねー引きずられちゃいました」



コニー「俺ら2人でこいつが止められるかよ」パシパシ



エレン「ははは・・・・・・」



ジャン「お前ら、遊んでる場合じゃねえぞ!」



エレン「ジャン!お前も無事でよかった!」



ジャン「お、おう。・・・・・・まあ、お前もな」ボソボソ



ミカサ「早く行こう。巨人の群れがそこまで来てる」



エレン「ああ!」








667:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/05/19(日) 14:47:32.08 ID:BrX/tEg40




バシュッ!ヒューン



バシュ!ヒューン



ジャン「ちっ、ガスが心元ねえなあ・・・・・・!」



アルミン「一番残ってた僕のガスを分配してもギリギリか」



コニー「壁まで直進できりゃあよかったんだが・・・・・・」



巨人「ニタニタ」



クリスタ「これじゃあ無理、だよね・・・・・・」



ユミル「いざとなったら抱えてやるよ」



コニー「マジで!?」



ユミル「てめえは勝手に食われろ!」



エレン「・・・・・・」



ミカサ「エレン・・・・・・」



エレン「・・・・・・ちゃんと前見て飛べ、あぶねえぞ」








668:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/05/19(日) 14:50:04.34 ID:BrX/tEg40




ジャン「はぁ、はぁ、ようやく壁か・・・・・・」



ジャン「全員ガスは残ってるか?」



コニー「マジでギリギリだ・・・・・・」



ユミル「途中までのぼりゃあ引き上げてくれんだろ」



サシャ「そ、そうですね!行けるとこまで行きましょう!」



クリスタ「うん!」



エレン「俺が最後尾で登る。下は気にしなくていいぞ」



ジャン「・・・・・・ああ、頼む!」



ミカサ「・・・・・・」








671:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/05/19(日) 14:52:54.92 ID:BrX/tEg40




バシュ!ギュルルルル



コニー「はぁ、ようやく巨人から離れられる」



ユミル「おい、誰かミーナ担ぐの代わってくれよ」



コニー「あ!?なんのためにお前のガスを多めにしたと思ってんだ!」



ギャーギャー



ジャン「うるせえ・・・・・・」



クリスタ「元気だね」クスクス



アルミン「・・・・・・」チラ





ミカサ「エレン」



エレン「下見るなって。どうした?」



ミカサ「元気が無い」



エレン「・・・・・・そうかもな」



ミカサ「何かあったの?」








674:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/05/19(日) 14:56:04.07 ID:BrX/tEg40




エレン「・・・・・・」



ミカサ「私にも話せないこと・・・・・・?」



エレン「・・・・・・いや、皆には話さないとな」



エレン「ミカサ、壁を登りきったら話すよ。色々と、前からお前に言いたかったことも」



ミカサ「!」



ミカサ「う、うん」テレテレ





クリスタ「何か、良い雰囲気だね」



アルミン「うん。あの2人これで上手くいくと」



ジャン「ちっ!!!!!」



アルミン「ジャン、舌打ち大きすぎ・・・・・・ん?」ドシーンドシーン!



奇行種「アーン」








677:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/05/19(日) 14:59:01.43 ID:BrX/tEg40




ジャン「な!?でかいぞ!」



アルミン「超大型ほどじゃない、けど!」



アルミン「エレン!ミカサ!急いでー!」



奇行種「アーン」ズドドドド



クリスタ「速い!」





エレン「ちっ、ミカサ急げ!」



ミカサ「うん!」



バシュッ カスッ



ミカサ「え?」ヒュー



エレン「お、おい!?」








681:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/05/19(日) 15:02:16.41 ID:BrX/tEg40




ガシッ



エレン「お前、ガス切れならもっと早くに言えよ!」



ミカサ「ご、ごめんなさい。エレンに気が行ってて気づけなかった」



エレン「アホか!」



奇行種「アーン」ピョーン



ガチン!



エレン「・・・・・・やべえか!」



奇行種「アーン」ピョーン



ガチン!



エレン「随分上達が早いじゃねえか・・・・・・!」



エレン「しっかり掴まれよ!」



ミカサ「・・・・・・エレン、私を放して!」



エレン「ああ!?」



ミカサ「このままじゃ2人とも食われてしまう!」








685:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/05/19(日) 15:04:57.55 ID:BrX/tEg40




エレン「できるわけないだろうが!」



ミカサ「エレンの方もガスが少ないはず、2人ではあいつから逃げられない!」



ミカサ「私のせいでエレンが死ぬなんて、耐えられない!」



エレン「ふざけんなよ!そんなもん俺だって一緒だ!」



ミカサ「!!」





アルミン「2人とも今行く!」ダダッ



クリスタ「私も!」



ジャン「お前はここで待ってろ!」ダダッ



ジャン(ここまで来て、死ぬなよミカサ!・・・・・・エレン!)








690:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/05/19(日) 15:07:36.67 ID:BrX/tEg40




奇行種「アーン」ピョーン



ガチン!



エレン「くそっ!ブーツの底でも食ってろってんだ!」



ミカサ「エレン・・・・・・お願いだから!」



エレン「黙ってろ!」





アルミン「エレン、ミカサ!」



ジャン「早く掴まれ!」



エレン「お前ら・・・・・・!」



エレン「ほら見ろ!2人とも助かれるだろうが!」



ミカサ「・・・・・・うん!」





奇行種「・・・・・・」グググッ



ビュオン!








693:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/05/19(日) 15:10:51.88 ID:BrX/tEg40




奇行種「ニタァ」



アルミン「え?」



ジャン「嘘、だろ!?ここまで飛んでくるってのか!」



エレン「・・・・・・ジャン」グググッ



ミカサ「エレン!?」



エレン「こいつを頼む!」グアッ



ミカサ「きゃっ!?」



ガシッ



ジャン「うお!?お、おい!」



ガブリ!



エレン「う、くぅ・・・・・・!」



奇行種「モグモグ」



ミカサ「エレン!!」








697:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/05/19(日) 15:15:03.32 ID:BrX/tEg40




エレン「人の足食いやがって・・・・・・!」



アルミン「エレン!今助ける!」



エレン「来るなぁ!」



ミカサ「エレン!」



エレン「ジャン、後任せたからな」



ガタガタガタガタ



アルミン「立体軌道装置が!?」



ジャン「おい、おいふざけんなよ!こんな形で託されたって!」



エレン「お前なら、大丈夫だと思う」



ガタガタガタガタ!



エレン「ミカサ!」



ミカサ「!」



エレン「俺、お前のことずっと・・・・・・」



バギン!



奇行種「バクン!」








703:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/05/19(日) 15:19:08.53 ID:BrX/tEg40




アルミン「あ、ああああ・・・・・・!」



ミカサ「あ、嘘だ」



ジャン「おい、おい!!」



アルミン「エレェーン!」



奇行種「ゴクン」



アルミン「こんな、こんなのって!」



ミカサ「嘘だ、嘘だ・・・・・・」



ジャン「・・・・・・くそおおおお!」



ジャン「アルミン!登るぞ!あの馬鹿が残した時間を無駄にするなぁ!」



アルミン「あ、あ、ああ」



ジャン「おい、聞いてんのか!」バキッ



アルミン「うっ!」



ジャン「あいつのお陰で俺達はここまでこれたんだ!なのにお前を食われたとあっちゃ」



ジャン「あいつに顔向けできねえだろうがぁ!」








712:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/05/19(日) 15:23:49.36 ID:BrX/tEg40




城壁内部



ジャン「・・・・・・」



コニー「・・・・・・」



サシャ「・・・・・・」



クリスタ「・・・・・・」ポロポロ



ユミル「・・・・・・ちっ」ナデナデ



ミカサ「嘘だ・・・・・・」ガタガタ



カルラ「ミカサ、アルミン!」



アルミン「!」








715:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/05/19(日) 15:27:30.97 ID:BrX/tEg40




カルラ「無事でよかった・・・・・・」ギュッ



アルミン「あ・・・・・・」



ミカサ「お、おばさん」



カルラ「辛かっただろうね・・・・・・」ギュー



アルミン「おばさん・・・・・・エレンが、エレンが・・・・・・!」



ミカサ「私のせいで・・・・・・」



カルラ「・・・・・・」



カルラ「あなた達のせいなんかじゃない。あの子は自分の意思で戦うことを選んだ」



カルラ「だから、あなた達は泣いてもいいのよ?」



アルミン「う、うぅぅ・・・・・・僕は、僕は!」



ミカサ「エレン、エレン・・・・・・!」ポロポロ



ジャン「・・・・・・あのバカ」



ジャン「泣かせてんじゃねえよ・・・・・・!」グスッ








717:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/05/19(日) 15:31:26.51 ID:BrX/tEg40




数時間後



ピクシス「ええ、それでは始めるとするか」



ピクシス「各自状況は分かっているな?」



兵士達「・・・・・・」



ピクシス「結構」



ピクシス「我々が生き残るにはどうあってもウォール・ローゼを奪還せねばならない」



ピクシス「そのためには門の復旧が必要だが、今の所その技術は我々にはない」



ピクシス「そこで門付近にあるこの大岩を、総力を持って動かす必要がある」



ピクシス「無論容易ではない、どころか動くという保障もない」



ピクシス「だがやらねばならない」








719:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/05/19(日) 15:36:24.12 ID:BrX/tEg40




ピクシス「幸いなことに勇敢な前衛部隊の奮闘により入り込んだ巨人は相当数が減っている」



ピクシス「さらにエレン・イェーガーという英雄によって超大型・鎧の巨人も討ち倒されている」



ピクシス「ずばり言おう、勝機は僅かながら我らにもある」



兵士「あの話は本当だったのか・・・・・・」



兵士B「そのイェーガーってやつがいれば、もしかしたら・・・・・・」



ピクシス「残念ながら、イェーガーは先の戦闘で命を落とした」



兵士達「!」



ピクシス「だが彼のお陰で人類を滅さんとする脅威を2つも排除することができた」



ピクシス「我々はそれを敬い、後に続かねばならない」



ピクシス「諸君、今こそ心臓を捧げる時だ」ババッ



兵士達「・・・・・・!」ババッ








720:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/05/19(日) 15:39:58.03 ID:BrX/tEg40




ジャン「ろくに休めず次の作戦、しかも成功する保障はないときたか」



コニー「・・・・・・びびったんならやめとけよ。俺は行くぜ」



ジャン「いつになくやる気だなコニー」



コニー「当たり前だろ。あいつは死んだんだぜ?あんだけやったのに・・・・・・!」



コニー「生きてる俺らが頑張らねえと、報われねえよ」



ジャン「・・・・・・そうだな」



アルミン「あ、2人とも」



コニー「アルミン、お前・・・・・・」



ジャン「お前とミカサは無理することねえんだぞ」



アルミン「・・・・・・ううん、いつまでも凹んでたらエレンに笑われる」



アルミン「戦うんだ!エレンの分まで僕が!」








721:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/05/19(日) 15:42:48.98 ID:BrX/tEg40




コニー「・・・・・・」



ジャン「・・・・・・」



アルミン「・・・・・・?」



コニー「エレンの分までは無理だろアルミン」



アルミン「ええ!?」



ジャン「あんな怪物みたいな真似、普通の人間の俺らじゃ無理だっての」グリグリ



アルミン「酷い!?」



コニー「ははははは!」



ジャン「へへっ!」



アルミン「あははは!」





ユミル「なに笑ってんだあいつら」



クリスタ「励ましあってるんだよ。3人とも、エレンとは色々あったから」



サシャ「・・・・・・ミカサ、大丈夫でしょうか?」



ミカサ「私が、なに?」








723:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/05/19(日) 15:44:59.50 ID:BrX/tEg40




クリスタ「ミカサ!もう平気なの?」



ミカサ「怪我をしてるわけじゃない。平気」



サシャ「無理は駄目ですよ!」



ミカサ「無理なんてしてない」



サシャ「でも!」



ユミル「もうやめとけ芋女」



サシャ「!」



ユミル「止めたって聞かないよ。だろ?」



ミカサ「・・・・・・迷惑はかけない」



ユミル「分かってるよ」





ユミル(いざって時は、私が・・・・・・)








725:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/05/19(日) 15:46:44.30 ID:BrX/tEg40




ピクシス「それでは諸君、作戦を始める」



兵士達「・・・・・・!」ババッ



ピクシス「・・・・・・逃げ出さずこうして集まってくれた諸君らの勇敢さに敬意を表する」



ピクシス「各自行動開始!」



ピクシス「壁を取り戻せ!」



兵士達「うおおおおおおおおおお!」



バシュ!ビューン!








727:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/05/19(日) 15:50:09.98 ID:BrX/tEg40




ジャン「俺らの班は岩を動かす実働班を守る!」



コニー「おお!」



サシャ「前方に3m級数体!」



ジャン「かかれぇー!」バシュッ!



ミカサ「エレン、私に力を!」バシュッ!



ザンッ!



リコ「実働班、準備はいいわね!」



実働班「はっ!」



リコ「なんとしても、どうあってもあの岩を動かす!」



リコ「行くわよ!」



実働班「うおおおおおおお!」








728:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/05/19(日) 15:53:17.84 ID:BrX/tEg40




ジャン「うらあ!討伐数7!」ザンッ



コニー「やるじゃねえかジャンのやつ!」



ミカサ「はあ!」ザンッ



クリスタ「すごい・・・・・・!」



サシャ「負けてられませんよー!」





リコ「引いて!」



実働班「うおおおおおおおお!」



大岩「」シーン



リコ「くっもっと力入れて引いて!」



大岩「」シーン








731:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/05/19(日) 15:59:19.90 ID:iGoj2Ce80




大岩の重量いくらなんでもおおいわ~









732:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/05/19(日) 16:00:38.49 ID:42MtFqHmP




>>731

ん?









736:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/05/19(日) 16:04:05.69 ID:BrX/tEg40




また規制されたらあれだし巻いて行くわな



ジャン「ちっ、まだか!?」



コニー「岩が動かねえんだ!」



ジャン「このままじゃいずれ全滅だ・・・・・・!」



ミカサ「・・・・・・皆も行って」



ジャン「ああ!?」



ミカサ「人手が足りないなら、足すしかない」



コニー「けど俺らがここを守らないと他に迷惑が」



ミカサ「分かってる。だから私がここを守る」



サシャ「そんな!」



コニー「バカなこと言うな!1人で戦うなんて・・・・・・!」



ミカサ「お願い。このままでは本当に全滅する」








739:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/05/19(日) 16:06:44.92 ID:BrX/tEg40




ジャン「・・・・・・!」



コニー「おいジャン!どうするんだよ!」



ジャン「1つ聞くが、死に急いでるんじゃねえだろうな」



ミカサ「・・・・・・」



ジャン「お前・・・・・・あいつがどんな思いで」



ミカサ「分かってる。私はエレンに生かされた」



アルミン「ミカサ・・・・・・」



ミカサ「大事なその命を、容易に使い捨てたりはしない」



ジャン「……」



ミカサ「約束する」








740:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/05/19(日) 16:08:58.22 ID:BrX/tEg40




ジャン「・・・・・・分かった」



コニー「ジャン!?」



ジャン「お前らも知ってるだろ、こいつは俺達が束になるより強い」



ミカサ「・・・・・・任せて」



コニー「・・・・・・!絶対死ぬなよ、絶対だからな!フリとかじゃねえぞ!」



ミカサ「大丈夫」クスッ



アルミン「ミカサ」



ミカサ「?」



アルミン「後で、必ずまた!」



ミカサ「・・・・・・うん!」








742:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/05/19(日) 16:11:30.04 ID:BrX/tEg40




ミカサ「エレン・・・・・・」シャキン



ミカサ「私も」バシュッ



ミカサ「皆も」





ジャン「よし、引けえ!」



コニー「うおおおおおおお!」



アルミン「うああああああ!」



大岩「」



ミカサ「戦うから!」



ザンッ!








746:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/05/19(日) 16:13:31.71 ID:BrX/tEg40




『エレン!』



『親父!?どこ行ってたんだよ!こんな時に!』



『こっちに来なさい、お前に渡したいものがある』



『?』



『少し痛むが、我慢しろ』チュウシャキシャキーン



ボキン!



『・・・・・・』チュウシャキボキーン



『?』



『ええいもう飲め!これを飲めエレン!』



『うわ!?』ゴクゴク








749:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/05/19(日) 16:14:42.10 ID:a8eGKvjL0




注射wwwww









750:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/05/19(日) 16:15:13.08 ID:tQnjqCE10




注射が……弾かれた……?









751:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/05/19(日) 16:15:25.30 ID:BrX/tEg40




『不味い!』



『人類は辿り着かなければならない!』



『こんなもん飲ませて、父さんはおかしくなったんだ!』



『その力で仲間を守れ、エレン・・・・・・!』



『!』







エレン「仲間を、守る・・・・・・」








752:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/05/19(日) 16:15:28.06 ID:Ppn6MhnZ0




飲むなwww









753:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/05/19(日) 16:16:14.29 ID:6jiDmx7v0




そしてこの冷静さ









755:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/05/19(日) 16:18:06.80 ID:BrX/tEg40




ミカサ「くっ!」ザンッ!



ジャン「びくともしやがらねえ・・・・・・!」



コニー「ただの岩じゃねえぞこれ・・・・・・!」



リコ「頑張って、これが動かないことには何も!」





兵士「う、うお!大群が来るぞぉ!」



リコ「え!?」



巨人の群れ「ニタニタ」ドシーン!ドシーン!



リコ「そんな・・・・・・!?」








758:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/05/19(日) 16:20:20.38 ID:BrX/tEg40




奇行種「ニタァ」ドシンドシンドシンドシン!



アルミン「あ、あいつは!」



ミカサ「・・・・・・!」ギリッ!



ジャン「エレンを食った奇行種!不味い、ミカサが!」



ミカサ「うわあああああああああ!」バシュッ!



兵士「あ、アッカーマンに続け!岩が動くまで、実働班には近づけるなぁ!」







エレン「誰かが、戦ってるのか・・・・・・?」








759:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/05/19(日) 16:22:28.35 ID:BrX/tEg40




巨人「モグモグ」



兵士「うああああ!」



巨人「アーン」



ミカサ「どけぇ!!」ザンッ!



ミカサ「お前だけは、お前だけは私がぁ!」バシュッ!



兵士「よせアッカーマン!出すぎだ!」



ミカサ「あああああああ!」





エレン「アッカーマン・・・・・・ミカサが戦ってるのか?」



エレン「けど何にも見えねえ、ここは真っ暗だ・・・・・・」








761:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/05/19(日) 16:25:21.89 ID:BrX/tEg40




ジャン「くっそおおおおお!」



コニー「やっぱり無理なのか・・・・・・!」



アルミン「・・・・・・!」



アルミン(情けない、どうしてこんな時までエレンがいてくれればなんて思うんだ僕は!)



アルミン(もうエレンはいないのに、どうして、どうして!)



アルミン「どうして死んじまったんだエレーン!!」





エレン「アルミン・・・・・・?」



エレン「俺が死んだって・・・・・・俺はここにいるのに」








764:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/05/19(日) 16:30:20.42 ID:BrX/tEg40




ミカサ「エレン・・・・・・!」



ジャン「くそっあいつがいなきゃ、俺らなんてこんなもんかよ!?」



コニー「これじゃああの世行ってもあいつになんて言えばいいんだ!」



サシャ「ううう!私もエレンぐらい力持ちだったらー!」



クリスタ「もう、駄目なの・・・・・・?」



ユミル(糞ったれ、もうやるしかねえ!)ガリッ!



兵士「うわ!?な、なんだぁ!」



ユミル「!?」





エレン「皆が呼んでる。俺を」



『人類は辿り着かなければならない!』



エレン「皆が戦ってる・・・・・・!」



『この力で』



エレン「皆が待ってるっ!!」



『仲間を守れ!』



ガリッ!








768:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/05/19(日) 16:32:58.65 ID:BrX/tEg40




ミカサ「!?」



奇行種「」ドッパーン!



ジャン「うお!?」



コニー「今度は何だよ!?」



アルミン「あ、あれは!」





巨人エレン(100m)「・・・・・・」





ジャン「で、でけえ・・・・・・」



コニー「超大型の比じゃねえぞ・・・・・・!」



アルミン「・・・・・・!」








774:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/05/19(日) 16:35:21.59 ID:BrX/tEg40




サシャ「あ、あんなのどうやって戦えばいいんですか・・・・・・」



クリスタ「大き過ぎるよ!」



ユミル「・・・・・・!」



ジャン「お、おいそういえばミカサはどこだ!?」



コニー「あの奇行種もいねえ!」



アルミン「・・・・・・あそこだ」



ジャン「なに!?」



アルミン「あの巨人の手の上だ!」



コニー「嘘だろ!?」








782:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/05/19(日) 16:38:01.93 ID:BrX/tEg40




ミカサ「う・・・・・・」



巨人エレン「・・・・・・」ジロリ



ミカサ「」ビクッ



ミカサ「た、戦う!」シャキン



巨人エレン「・・・・・・」スッ



ミカサ「え?」



巨人エレン「・・・・・・」ソッ





ジャン「な、なんかすっげえ気を使いながらミカサを下ろしたぞ」



コニー「どうなってんだ・・・・・・」



アルミン「・・・・・・」



巨人エレン「・・・・・・」ジッ



アルミン「・・・・・・!」ハッ








788:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/05/19(日) 16:40:33.36 ID:BrX/tEg40




アルミン「エレン・・・・・・?」



ジャン「は、はあ!?」



コニー「何言ってんだアルミン!あれがエレンなわけねえ!」



サシャ「そうですよ!幾らエレンでも急にあんなでっかくなれませんよ!」



コニー「そういう問題じゃねえだろ!」



アルミン「エレン!エレンなんだろ!」



巨人エレン「・・・・・・」



ニッ



アルミン「やっぱりそうだ、エレンが笑った時の顔だ!」



ジャン「あんな凶悪な顔だったか!?」








794:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/05/19(日) 16:43:20.70 ID:BrX/tEg40




ミカサ「いや、あれはエレンで間違いない」



ジャン「無事だったのか!」



コニー「なんでわかるんだよ!」



ミカサ「エレンの匂いがした。それに・・・・・・私に特別優しい」



コニー「あ?」



アルミン「エレーン!生きてて良かったー!」



巨人エレン「・・・・・・」グッ



サシャ「反応しましたよ!?」



コニー「ま、マジでエレンなのか!」



クリスタ「わ、私何がなんだか」



ユミル「・・・・・・あいつ、いつから」








800:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/05/19(日) 16:46:47.05 ID:BrX/tEg40




ジャン「お、おいアルミン!あいつにこの岩動かして穴塞ぐように言え!」



アルミン「あ、ああ!」



アルミン「エレン!この岩を動かして、壁の穴を塞ぎたいんだ!」



アルミン「けど僕らじゃ駄目だった・・・・・・!だから!」



巨人エレン「・・・・・・」コクリ



巨人エレン「・・・・・・」サッサッ



アルミン「下がってろだって!」



コニー「お前、あいつの言いたいこと完璧に理解できるのな」



アルミン「幼馴染だから!」



ミカサ「私も、私も分かった」



コニー「ああそう・・・・・・」








805:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/05/19(日) 16:49:59.38 ID:BrX/tEg40




巨人エレン「・・・・・・」ツマミッ



大岩「」スンナリ



巨人エレン「・・・・・・」ヒョイッ



大岩「」スポッ



巨人エレン「・・・・・・」グッ



アルミン「やったー!」



ジャン「あんないとも簡単に・・・・・・俺らの努力を畜生!」



コニー「もっと早く戻ってこいってのバカ野郎ー!」



サシャ「嬉しそうです2人とも!」



クリスタ「うん、うん!」



ユミル「・・・・・・礼言っとくよエレン。色々とな」








807:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/05/19(日) 16:51:45.41 ID:avlV3OmjP




なんかこれでもいい気がしてくるから困る









808:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/05/19(日) 16:52:01.59 ID:xRnsvNrv0




精神力強すぎワロタ









809:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/05/19(日) 16:52:47.60 ID:n62IwcEN0




もはや巨人をプチプチ踏み潰せるレベルだなw









810:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/05/19(日) 16:53:24.59 ID:Udcp6Rn3O




これがジャンプ版か…









811:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/05/19(日) 16:53:52.63 ID:ywK262WV0




完全に巨人の身体をモノにしてるな









812:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/05/19(日) 16:54:07.91 ID:BrX/tEg40




リコ「これは一体・・・・・・あれは味方、でいいのかしら?」



アルミン「はいっ!絶対に人類を傷つけたりしない、弱い人を守ってくれる」



アルミン「そんなやつです!」



バシュッ ヒューン



「おい」



コニー「?」



リヴァイ「状況を説明しろガキども」



コニー「おせえよ」





その後、巨人化したエレンと到着した調査兵団、彼らに同調した兵達によって

侵入した巨人の群れはその日の内に駆逐された








824:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/05/19(日) 17:00:21.74 ID:BrX/tEg40




アルミン(それから数ヵ月後、街は平穏を取り戻していた・・・・・・)



エレン「色々あってこれで俺達も調査兵団か」



エレン「やっと外の世界が見られるなアルミン」



アルミン「うん!」



アルミン(エレンと僕、もちろんミカサもだけど。生き残った104期訓練兵の多くが調査兵団に入り)



アルミン(それぞれが忙しく動き回っている。ただ・・・・・・)



エレン「マルコとライナー、ベルトルトも一緒だったらな・・・・・・」



アルミン「そうだね・・・・・・」



アルミン(マルコの死体は、ジャンが見つけたそうだ)



アルミン(落ち込んだ彼をエレンと僕とコニーでずっと慰めた)



アルミン(それに・・・・・・)








831:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/05/19(日) 17:03:42.45 ID:BrX/tEg40




アルミン「ねえ、エレン・・・・・・?」



エレン「ん?」



アルミン「やっぱり、何でもない」



アルミン(ライナーとベルトルトは、もうここにはいないんだろう)



アルミン(エレンはその答えを知っている。けれど僕には、それを聞き出すことはできない)



アルミン(きっとエレンを傷つけてしまうことになるから)



エレン「そういやアニのやつもどこ行ったか分からずじまいか」



アルミン「うん、彼女が死んだとは思えないけど・・・・・・」



エレン「まあ、生きてりゃそのうちどっかで会えるさ。きっとあいつなら無事だ」



アルミン「うん・・・・・・」








834:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/05/19(日) 17:07:13.70 ID:BrX/tEg40




アルミン(後で知ったことだけど)



アルミン(ライナーとベルトルト、それにアニは同郷の出身だったそうだ)



アルミン(もし僕の推測が正しければ、彼女もきっと・・・・・・)



エレン「しまった、遅刻するぞアルミン!」



アルミン「え!?」



エレン「今日遅れたらまたリヴァイ兵長の掃除地獄だ!急ぐぞアルミン!」ダダダダダッ



アルミン「えええ!?ちょっと待ってよエレーン!」タタタタタッ



アルミン(・・・・・・今は、よそう)



アルミン(もしそれが正しいのならば、僕らとアニはまたどこかで必ず会うことになる)



アルミン(なぜなら次の調査兵団の目的は・・・・・・)








840:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/05/19(日) 17:11:51.55 ID:BrX/tEg40




エルヴィン「我々は、ウォール・マリアの奪還を目指す」



調査兵団「・・・・・・」ざわざわ



エルヴィン「人類の活動領域を取り戻し、そして」



エルヴィン「巨人を駆逐するための第一歩として」



エレン「!」



エルヴィン「これまでそれは不可能と言われてきたが、今の我々にはそれを成すだけの戦力がある」



リヴァイ「・・・・・・頼もしい新入生がいるからな」



エルヴィン「その通りだ」ガシッ



エレン「!」



エルヴィン「頼んだぞ、エレン」



エレン「はっ!」ババッ








846:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/05/19(日) 17:14:51.93 ID:BrX/tEg40




アルミン(巨人の駆逐、いつかエレンが語った夢のようなその話は)



アルミン(今や現実味を帯びたものに変わった)



アルミン(他ならないエレンの力によって)





数日後





街の人「調査兵団だ!頑張ってくれよー!」



街の人「ウォール・マリアを取り返してくれー!」



街の人「イェーガー、俺の家は潰さないでくれー!」



エレン「ははっ、なんか言ってら」



ジャン「気をつけて歩けよエレン、気がついたら味方踏んでましたなんで冗談じゃねえぞ」



コニー「ジャンならいいけど俺は踏むなよ!」








850:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/05/19(日) 17:17:52.24 ID:BrX/tEg40




ジャン「俺はいいってどういうことだてめえ!」クワッ



コニー「バカ冗談だろ、そんなに怒るなって!」



サシャ「うぅぅ、お腹がすきました」



クリスタ「へ、平気?」



ユミル「放っておけよ。おい芋女、頑張ってウォールマリア取り戻せば飯の量も増えるぞ」



サシャ「頑張ります!」クワッ



ユミル「へっへ、扱いやすいやつ」



クリスタ「もう!やめなよユミル!」





ミカサ「エレン・・・・・・」



エレン「!」








851:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/05/19(日) 17:20:26.49 ID:BrX/tEg40




ミカサ「・・・・・・」モジモジ



エレン「?」



コニー「!おい、ジャン行こうぜ」



ジャン「・・・・・・嫌だ」



コニー「いい加減諦めろよお前!」



アルミン「ジャン、お願いだから!ミカサ、頑張って!」ガシッ



コニー「構うなアルミン!引きずっていくぞ!上手くやれよ!」ガシッ



ジャン「離せ、うわああああ、ミカサー!」ズルズル



エレン「なんだあいつら・・・・・・」



ミカサ「・・・・・・」テレテレ








853:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/05/19(日) 17:22:48.89 ID:BrX/tEg40




ミカサ「あ、あのエレン」



エレン「ん?」



ミカサ「あの時のこと、まだ聞いてない」



エレン「あの時の・・・・・・?」



ミカサ「私に言いたかったことがあるって」



エレン「!」



エレン「お、覚えてたのか」



ミカサ「・・・・・・聞かせてほしい」モジモジ



エレン「お、おう!いい加減俺も腹くくらねえと!」バシバシ!








856:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/05/19(日) 17:24:36.12 ID:BrX/tEg40




エレン「ミカサ!」



ミカサ「は、はい」



エレン「一回しか言わないぞ、よく聞いてくれ!」



ミカサ「うん」



エレン「ガキの頃から、俺はお前が・・・・・・」



ミカサ「・・・・・・」



エレン「好きだった!」



ミカサ「・・・・・・」



ミカサ「・・・・・・」ブワッ








863:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/05/19(日) 17:26:50.12 ID:BrX/tEg40




エレン「お、おい!?」



ミカサ「・・・!・・・・・・!」グッグッ



エレン「泣いてる!?喜んでる!?」



ミカサ「両方・・・・・・」



エレン「そ、そうか。その、っていうことはあー」



ミカサ「私も」



ミカサ「ずっと前から、あなたが好き」



エレン「・・・・・・ありがとうな」



ミカサ「・・・・・・どういたしまして」








869:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/05/19(日) 17:29:18.34 ID:BrX/tEg40




ジャン「終わった。俺の恋が。今終わったよ」



コニー「最初から始まってねえだろ」



アルミン「2人とも、おめでとうー」グスッ!



サシャ「初々しいですねー!」



クリスタ「ちょっと羨ましいかな、なんて」



ユミル「クリスタには私がいるだろ~」ギュッ





エレン「な、何見てるんだお前ら!」



ミカサ「・・・・・・」Vサイン








870:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/05/19(日) 17:29:38.72 ID:zustTtsr0




しかし出撃前に告白とか死亡フラグもいいとこ









871: 忍法帖【Lv=6,xxxP】(1+0:15) :2013/05/19(日) 17:29:51.87 ID:42MtFqHmP




ミレンが生まれる









872:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/05/19(日) 17:31:05.64 ID:RCxLGhOv0




死亡フラグか・・・









873:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/05/19(日) 17:31:24.93 ID:6jiDmx7v0




死亡フラグなど今のエレンには通用しない









874:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/05/19(日) 17:32:11.83 ID:BrX/tEg40




ジャン「お前、ミカサなかしたら許さないからな!」



コニー「ええ、挙式はいつ?お子さんの予定は?」



アルミン「や、やめなよ2人とも」



サシャ「式には呼んでくださいね!必ず行きますから!」



ユミル「お前は食い物目当てだろうが!」



クリスタ「ミカサにはドレスがきっと似合うよ!」



ミカサ「ありがとう」テレテレ








877:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/05/19(日) 17:35:20.30 ID:BrX/tEg40




エレン「はあ~あ」



エレン「・・・・・・」



エレン「よっしゃ!」



全員「?」



エレン「結婚式にお前ら全員呼ぶためにもいっちょやるか!」



全員「おう!」



アルミン(きっとこれからも、辛いことや苦しいことはなくならない)



アルミン(けど、前みたいに暗くなって、泣くのはもうやめよう)



アルミン(だって僕らの前にはいつだって)



アルミン(兵士10000人分の男がいるんだから!)











890:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/05/19(日) 17:37:41.22 ID:oFRLMieh0




おつおつ。俺達の戦いはこれからだ!



ミカサが普通にヒロインしてるととてつもない違和感に襲われるようになってしまった









892:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/05/19(日) 17:38:11.28 ID:RKKyAD4XO




平凡な兵士10000人分の乙









923:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/05/19(日) 18:15:56.22 ID:axWUyiyIO




終わってたか。乙!



今までの進撃SSで一番面白かった。ジャンプで連載してたらこうなってたのかな

でもこういう熱いのも悪くないわwむしろ最高









936:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/05/19(日) 18:44:35.55 ID:wou8iKG10






ジャンプでやってても成功してたなこれ









ほむら「マミのおっぱいが縮みますように!」
ユミル「コニー、ナイフを貸してくれ」
兄「妹がいる学校に健康診断しに行く事になった」
理樹「来ヶ谷さんがレイプされた!?」恭介「ああ…」
クリスタ「え?もう出ちゃったの?」シコシコ
ライナー「俺が鎧の巨人で、こいつが超大型巨人」
える「こんなこと言えるの摩耶花さんだけなんです」