e02c5898506dd4bbda669565b7f2333d


キース「割と暇な訓練教官の日常」



【マジか?】 女子受けが良い 「髪型」 キタ━━━━(゚∀゚)━━━━!!!!!!!!!! これで脱オタ成功だは
股間がバリチェロになるレースクイン・キャンギャル画像 part6
JK 太もも 脚 厳選画像 スレ

1:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/06/19(水) 21:26:37.00 ID:wLKw92Pv0




──0600 入団式~準備中



同僚A「通過儀礼誰やる~?」



同僚B「やっぱキースさんっしょ?」



キース「何故だ!?去年も俺がやったぞ!?あれ疲れるんだぞ!?喉痛めるんだぞ!?」



同僚A「え~でも、キースさんが一番似合うっつーか迫力あんじゃん?」



座学のメガネ「ここはキースが適任だろう?」



キース「納得いかん!くじ引きだ!くじ引きで決めるぞ!!」



座学メガネ「往生際が悪いな……私は座学担当なんだがな……」



同僚A「くじ作ったっす~。赤いの引いたら通過儀礼な」



同僚B「恨みっこなしっすよ?じゃあ俺これ」



同僚A「じゃあ俺これな」



キース「待て!作った奴は最後に──」



座学メガネ「では私はこれだ……せーので引こう」



キース「お、おい!!」



「「「せーのっ!!」」」








2:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/06/19(水) 21:28:16.73 ID:wLKw92Pv0




──0630 入団式



訓練兵A「緊張するなぁ~」



訓練兵B「教官どんな人かな?」



キース「貴様等!!」



訓練兵「「!!」」ビクッ



キース「運悪く貴様等の訓練教官を務めるキース・シャーディスだ!!」



キース(なんで毎年毎年俺がこの役なんだ……あいつらめ……!!)



キース「貴様らを歓迎する気は毛頭ない!!」



キース「今の貴様等はせいぜい巨人の餌になるくらいしかない、ただの家畜!家畜以下の存在だ!」



キース「3年後!貴様らが巨人の前に立った時!ただの餌となるか!?」



キース「あるいは!王を守る名誉ある壁となるか!または巨人を駆逐する栄光ある人類の兵士か!?」



キース「貴様等が決めろ!!」



キース(毎年のようにどこ行けばいいか言いてくる馬鹿が居るんだよな……)








4:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/06/19(水) 21:29:50.49 ID:bYB7WjNc0




運悪くってそういう意味だったのか









6:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/06/19(水) 21:29:59.58 ID:wLKw92Pv0




──0645 入団式~通過儀礼



キース「貴様は何者だ!?」



アルミン「シガンシナ区出身!アルミン・アルレルトです!!」



キース(やべっ!シガンシナ区じゃん!……まぁいいか」



キース(ん?こいつ……グリシャんとこの息子の友達か?頭良い子が居るとか言ってたな)



キース「そうか!バカみてぇな名前だな!!何しに来た!?」



アルミン「人類の勝利の役に立つためです!!」



キース(あんまり体力なさそうだが……大丈夫か?防衛大行って幹部目指すべきじゃないのか?)



キース「それは素晴らしいな!貴様は巨人の餌になってもらおう!!」



キース(訓練についてこれるか心配だな……)








7:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/06/19(水) 21:31:28.94 ID:wLKw92Pv0




座学メガネ「やってるな。お前も最初はああだっただろう?」



座学ネガネ(俺じゃなくてホントよかった……あんなの絶対無理)



同僚B「ええ。あれにはいったい何の意味が?」



同僚B(絶対なんの意味ないだろ)



座学メガネ「通過儀礼だ~(略)。真っ新な~(略)」



座学メガネ(とは言っても効果はほぼ無いと思うが……めんどくせぇ伝統だな)



トーマス「──(略)トーマス・ワグナーです!!」



キース(ん~特に言う事ねぇや)



キース「声が小さい!!もう一度!!」



ミーナ「──(略)ミーナ・カロライナです!!」



キース(とりあえず罵っとけばいいか)



キース「違う!貴様は豚小屋出身──(略)」








8:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/06/19(水) 21:31:56.56 ID:BVvPYz600




この教官は卒業式で大泣きするタイプ









9:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/06/19(水) 21:32:55.55 ID:VY01HYRr0




防衛大あんのか

制服組アルミンいいな









10:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/06/19(水) 21:32:59.24 ID:wLKw92Pv0




キース「貴様は何者だ!?」



ジャン「トロスト区出身、ジャン・キルシュタインです!!」



キース「何しにここに来た!?」



ジャン「……憲兵団に入って、内地で暮らす為です」



キース「そうか……貴様は内地に行きたいのか……」



キース(お前みてぇな奴ばっか憲兵に行くから腐るんだよ!!まともな上司なんか居やしねぇ!)ガツン



ジャン「いってぇ!!」ドサッ



キース「誰が座っていいと言った!?この程度でへこたれるものが憲兵団などになれるものか!!」



キース(このクソガキが……)



キース「貴様は何者だ!?」



マルコ「ウォール・ローゼ南区ジナエ町出身、マルコ・ボットです!憲兵団に入り~(略)」



キース(また憲兵か……こいつは真面目っぽいが……)



キース「王はお前の体なんぞ欲しくない……」ゴゴゴゴゴ








11:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/06/19(水) 21:34:35.95 ID:wLKw92Pv0




キース「貴様は何者だ!?」



コニー「ウォール・ローゼ南区ラガコ村出身、コニー・スプr──」



キース「逆だコニー・スプリンガー……」



キース(出たよ……毎年5人くらい居るんだよこういうバカ……)



キース「最初に教えたハズだ……この敬礼は公に心臓を捧げる決意を──」



蒸かした芋「サクッ」



キース「!?」



サシャ「もぐもぐ」



キース(……え)



キース「おい貴様……何をしている……?」



サシャ「……?もぐもぐ」



キース(無視すんなやゴルアアアアアアア!!!)








12:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/06/19(水) 21:36:09.14 ID:wLKw92Pv0




キース「貴様だ貴様に言ってるんだ!!何者なんだ貴様!!」



サシャ「ごくん……ウォール・ローゼ南区ダウパー村出身、サシャ・ブラウスです!」



キース(芋持った手で敬礼すんな……公に芋を捧げる気か)



キース「サシャ・ブラウス……貴様が右手に持っているものはなんだ……?」



サシャ「蒸かした芋です!調理場に丁度頃合いのものがあったので、つい!」



キース「貴様……盗んだのか……何故だ……なぜ今、芋を食べだした?」



サシャ「冷めてしまっては元も子もないので、今食べるべきだと判断しました」



キース「……?いや……分からないな……何故貴様は芋を食べた?」



サシャ「……?それは何故、人が芋を食べるのか?という話でしょうか?」



キース「……」



サシャ「……はっ!」



キース(やっと自分の異常性に気付いたのか!?)



サシャ「チッ……半分、どうぞ」



キース(……こいつ馬鹿だ)








13:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/06/19(水) 21:37:42.84 ID:wLKw92Pv0




──1200 昼食~教官室



キース「はぁ……」



同僚A「キース!」



キース「……なんだ?」



同僚A「蒸かした芋ですwwww」



キース「てめぇぶっ殺すぞ!!」



同僚A「おい暴れんじゃねぇよwwww」



同僚B「ありゃ何だったんですか?wwww初めて見ましたよwwww」



キース「俺が聞きてぇよ……あれを3年間も面倒見んのかよ……」



座学メガネ「面白そうな子じゃないか」



キース「ここは芸人の養成所じゃねぇ!!」



同僚B「来ちゃったもんは仕方ないし、まぁ頑張って」



キース「あぁ……」



同僚A「芋wwww芋wwww」



キース(こいつうぜぇ……)








14:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/06/19(水) 21:38:00.17 ID:RdNOWYHX0




公に芋を捧げるにワラタ









15:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/06/19(水) 21:39:08.31 ID:bYB7WjNc0




同僚うぜぇwwww









16:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/06/19(水) 21:39:22.98 ID:wLKw92Pv0




──1300 立体機動適性テスト



キース「まずは貴様等の適性を見る!両側の腰にロープを繋いでぶら下がるだけだ!!」







座学メガネ「これはまだまだ初歩の初歩だが──(略)」



同僚B「あの……彼は……?」



座学メガネ「……素質というものだろう。人並み以上に──(略)」







キース「おいエレn……何をやっているエレン・イェーガー!!上体を起こせ!!」



キース(おいおいおい!カルラの言ってた話と違うぞ!?運動神経はいいんじゃないのか!?)



キース(元気すぎて困るくらいお前は元気じゃなかったのか!?)



キース(カルラの仇は誰が取るんだ!!!)



キース「……イェーガー。この後、特別にこの機具の使用を許可する」コソコソ



エレン「い、いいんですか!?」



キース「声が大きい!……後で練習しておけ」コソコソ



エレン「は、はい!!」








17:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/06/19(水) 21:40:55.37 ID:wLKw92Pv0




──1700 課業終了~教官室



キース「やっと終わった……」



座学メガネ「随分とお疲れだな?ほれ、茶だ」



キース「お、すまんな。訓練兵が何人居ると思っている……疲れもする」



同僚A「芋っ子はどうっすか~?使えそうですか~?」



キース「お前はそいつが気に入ったのか……?適性は問題なかった」



同僚A「問題なかったのか!なら3年間あいつと一緒だなwwww」



キース「そんなにお気に入りか」



キース(そんなに悪い奴ではないと思うんだがな……)



キース「それよりお前。ちょっといいか?」



座学メガネ「ん?どうかしたのか?」



キース「適性テストの時に妙な事がな……」



座学メガネ「……頭ぶつけてた奴か?イェーガー、とか言ったな」



キース「あぁ、君も気付いたか。腰まで浮かしておいて頭をぶつけるなど……」



座学メガネ「ベルトの損傷か金具の破損か……明日、よく見てあげろ」








18:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/06/19(水) 21:42:26.95 ID:wLKw92Pv0




──0800 最終適性テスト



キース「エレン・イェーガー、覚悟はいいか?」



エレン「はい!!」



キース「……上げろ」



トーマス「は、はい!」



キース(装備の欠陥がどこかにあるハズだ……!)



エレン「やった……できた……!!」



キース(何!?そんなハズは……)



エレン「う、うわぁ!!」ガツン



キース(……!あ、あった!あの金具だ……!)



エレン「まだ……!!」



キース「降ろせ。ワグナー、イェーガーとベルトの交換をしろ」








19:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/06/19(水) 21:43:57.64 ID:wLKw92Pv0




エレン「な……何で……急に……これは、一体!?」



キース「装備の欠陥だ。貴様が使用していたベルトの金具が破損していた」



キース「ここが破損するなど聞いたことはないが……」



エレン「え?で、では……適性は……?」



キース「問題ない、修練に励め!!」



エレン「やった!やったぞ!!」



キース(グリシャ……今日お前の息子が、兵士になったぞ)



キース(カルラ……きっとお前の仇は息子が取ってくれるだろう)



キース(きっと巨人を駆逐する人類の希望になってくれる)



キース(それまでの間、この子が死なないように俺が責任を持って訓練させる)



キース(だから安心してくれ……)








22:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/06/19(水) 21:45:28.15 ID:wLKw92Pv0




──1200 昼休み~教官室



座学メガネ「なんとかなったみたいだな」



キース「あぁ。まさかぶっ壊れた装備で上体を起こすとは思わなかったがな」



同僚B「そんなにすごい事なんですか?」



キース「やってみればわかるさ」



同僚A「随分とあのエレンって子にご執着っすね」



キース「別に深い意味はない」



座学メガネ「まぁ目を付けるのは理解できる。中々の逸材かもしれん」



同僚A「そんなもん?」



キース「……そうだな」








23:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/06/19(水) 21:47:00.00 ID:wLKw92Pv0




──1300 兵站行進



キース「早速だが訓練を始めさせてもらおう!!」



キース「簡単な事だ!この20kgの装備を背負って4時間以内に20km先まで走ればいい!!」



コニー「に、20km!?」



アルミン「い、いきなりそんな……!!」



キース「ん、何だ貴様等?そんなに嫌か?」



アルミン「あ、いえ……そのような事は……」



キース「なんなら装備を貴様等の荷物に変更するか?ゴールは開拓地だ」



アルミン「め、滅相もありません!!」



キース「ならとっとと走れ!隊列を乱すな!一人でも遅れたら連帯責任だ!」



一同「「「サー!イエッサー!!」」」



キース(俺だって初っ端からこれをやることに疑問を感じてはいるのだ……)








25:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/06/19(水) 21:48:32.20 ID:wLKw92Pv0




──1500 兵站行進~10km地点



キース「ペースが落ちているぞ貴様等!!そんなに巨人の餌になりたいか!?」



エレン「そんなのは嫌です!!」



キース「叫ぶ余裕があるならとっとと走れ!!」



エレン「イェッサー!!」



キース「アルレルト!貴様遅れているぞ!隊列を乱すな!!」



アルミン「はぁ……はぁ……は、はいっ!!」



キース(そこは遅い奴に合わせるんだろうが!時間はたっぷりあるんだぞ!!)



キース「このままでは連帯責任だぞ!全員飯は要らないのか!?」



サシャ「ご、ご飯抜きですか!?」



キース「それが嫌なら黙って走れ!!」



サシャ「皆さん!!走りましょう!!」



ミカサ「ペースを乱さないで」








27:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/06/19(水) 21:50:07.53 ID:wLKw92Pv0




──1655 兵站行進~20km地点(ゴール)



キース(まだか……?様子を見に行くべきか?)



キース(まさか負傷者が出たのか!?だが、信号弾は確認できん……)



キース(やはり見に行こう……ん?あれは……やっときたか!!)



キース「貴様等!!待ちくたびれたぞ!!早く来い!!」



一同「「「サー!イエッサー!!」」」



キース(よかった……全員無事だ)



エレン「はぁ……はぁっ……きょ、教官!」



キース「時間内に辿り着いた。問題ない」



ジャン「やっと終わった……」



アルミン「ごめん……僕が足を引っ張った……」



ライナー「気にするな!時間内にゴールできただろう?」



エレン「そうだぞアルミン!それに体力なんてこれから鍛えればいい!!」



ミカサ「アルミンは気にし過ぎ。それに、もし遅れたとしてもそれは全員の責任」



キース(いい仲間だな……)








28:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/06/19(水) 21:51:41.11 ID:wLKw92Pv0




キース「貴様等、喜んでいるところ悪いが……予定変更だ」



エレン「な、なんでしょうか?」



キース「このまま出発地点まで走って帰れ!遅れた者には晩飯はない!」



サシャ「そんな!?」



コニー「話が違うぞ!!」



キース「何か言ったかスプリンガー?私は走れとしか言ってないが?」



アルミン「そ、そんな……!!」



ミカサ「教官。帰これも訓練でしょうか?」



キース「訓練には含まれないが、明日の座学に間に合わなければ開拓地だ」



ジャン「い、急ぐぞお前ら!!」



エレン「待てジャン!」



ジャン「訓練じゃねぇなら待つ必要ねぇだろ!!」



アニ「全く……なんなんだあいつは」



キース(訓練には含まれないが……採点しないとは言ってないぞキルシュタイン)








32:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/06/19(水) 21:53:14.54 ID:wLKw92Pv0




──帰り道~残り17km地点



キース(なぜここまで痛めつける必要があるのかは理解できんが……)



キース(ほぅ……もう来たか)



エレン「きょ、教官?なぜここに?」



キース「馬車を用意してある。乗りたい者は乗れ」



コニー「よっしゃー!!」



サシャ「ご飯に間に合いますね!!」



アルミン「よかった……」



ライナー「なるほど、精神を鍛える訓練だったのか」



キース「そういう事だ……ところでキルシュタイン訓練兵が見当たらないが?」



ミカサ「途中で倒れていましたが、放置してきました」



アニ「今頃寝てんじゃないの?」



キース「……そうか」



キース(後で回収してやろう……」








33:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/06/19(水) 21:54:47.02 ID:wLKw92Pv0




──1900 課業終了~教官室



キース(結局ジャンを探す為に時間を食ってしまった……)



同僚A「おお?キース残業かぁ?ご苦労なこった」



キース「俺は働き者なんでな」



同僚A「はっはっは。ちげぇねぇ」



同僚B「お疲れさん。ほれ、お茶だ」



キース「お、すまんな」



座学メガネ「で、どうだ?今期の訓練兵は?」



キース「まずまずといっところだな。協調性にやや問題があるが」



座学メガネ「喧嘩でもあったのか?」



キース「基本的には仲間思いの奴が多いんだが……1人がな」



同僚A「なんだ?不良でも居たか?」



キース「憲兵狙いのジャンだ。身勝手というか周りを考えないというか」



同僚B「なんで憲兵ってそんなのばっかりなんでしょうね?」



キース「……一応、教官の俺らも憲兵団所属だがな」








36:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/06/19(水) 21:56:21.68 ID:wLKw92Pv0




──2100 教官室



同僚A「──でよ、最初のほうは俺がずっと勝ってたんだぜ?」



同僚B「最後は全部俺が持っていったけどね!」



同僚A「あ~!!今思い返してもムカつくぜ!!」



座学メガネ「君は流れとかいう非科学的な考え方をするからな」



同僚A「はぁ!?勝負には流れってもんがだな!!」



キース「そんなんだからお前は……もうこんな時間か」



同僚A「なんだ?もう寝るのか?」



キース「1日中叫び続けたからな……もう疲れたよ」



同僚B「分かったよ。お前の分の書類も俺がやっとくから」



キース「悪いな……明日の午前は座学か」



座学メガネ「あぁそうだ。昼まで寝てていいぞ?」



キース「さすがにそれはできん……じゃあな」



同僚A「おう!!」








37:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/06/19(水) 21:57:52.23 ID:wLKw92Pv0




──0758 座学



座学メガネ「全員居るかね?」



ライナー「ジャンが居ないぞ?コニー、お前同じ部屋だろ?」



コニー「あ!起こすの忘れてた!!」



エレン「何やってんだよコニー」



コニー「悪い悪い」



座学メガネ「ジャン……キルシュタイン訓練兵だったかな?」



アルミン「そうです」



アニ「あいつ昨日ぶっ倒れてたからね」



ミカサ「皆を置いていくほうが悪い」



クリスタ「やっぱりかわいそうだったんじゃ……」



ジャン「遅くなりました!!!」ガラッ



座学メガネ「うむ、一応時間内だ。減点はしないでおこう」



ジャン「ありがとうございます!!」



座学メガネ(加点もしないがな)








39:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/06/19(水) 21:59:21.90 ID:wLKw92Pv0




メガネ「君達が使いこなさなければならないのが、この立体機動装置だ」



エレン「あれが……立体機動装置……」



メガネ「機密事項により、詳しく内部構造を教えるわけにはいかないが……」



コニー「覚えなくていいのか!!」



ジャン「お前は黙ってろバカ」



メガネ「動作原理は簡単だ。アンカー付ワイヤーを射出、巻き取るだけ」



メガネ「では、これの動力源……燃料と聞くべきかな?分かる者は居るかね?」



アルミン「氷爆石と呼ばれるガスです」



メガネ「そうだ。とある採掘場でとれる氷爆石を燃料とし……コニー君?」



コニー「は、はぅい!?」



メガネ「聞いているかね?」



コニー「もちろんです!!」



メガネ「……立体機動装置の燃料は?」



コニー「分かりません!!」



メガネ(……天才か)








40:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/06/19(水) 22:00:10.78 ID:VY01HYRr0




はぅい!www









41:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/06/19(水) 22:00:49.30 ID:XyAvGiDQ0




聞いてない奴特有の謎応答。









42:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/06/19(水) 22:00:53.23 ID:wLKw92Pv0




メガネ「通風・換気状態のよい場所にて保管し、温度は40度以下を保つ」



ネガネ「直射日光を長時間当てるのは問題外だ」



アルミン「屋外にて保管しなければならない場合は、どうすればよいのですか?」



メガネ「その場合は通気を遮断しないよう注意しながら防炎シートなどを被せ対処する」



コニー「ぼーえんシートってなんだ?」



ユミル「バカが質問すると進まないだろうが」



メガネ「いやいい。質問は随時受け付ける。防炎シートというのは──」



コニー「そもそも何の話をしてるんだ?」



ジャン「ガスの保管方法についてだ!!」



コニー「ガスってなんの?」



メガネ「……コニー君。立体機動装置の原動力を覚えているかね?」



コニー「う~ん……ぜんまい?」



サシャ「ゼンマイの旬はもう終わりましたよ!これからはトマトや──」



メガネ(……助けてくれ)








43:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/06/19(水) 22:02:34.60 ID:wLKw92Pv0




──0950 休憩時間~教官室



メガネ「まさか座学でここまで疲れるとは……」



同僚A「何があったんすか?」



メガネ「どう説明すればいいのか……天才的なバカが居た……」



キース「天才的なバカ?」



メガネ「教えた事を10秒で忘れていく者に、どう物事を教えればよいのか」



キース「いったい誰だ?」



メガネ「コニー・スプリンガー」



キース「ああ、あのバカか」



メガネ「それとすぐに食べ物の話をしたがる……サシャ・ブラウス」



同僚A「あの芋っ子かwwww元気そうじゃんwwww」



同僚B「ホント好きですね、芋の嬢ちゃん」



キース「訓練兵の間では、芋女と呼ばれているようだ」



同僚A「芋女!!いいねぇ!!芋女ぁ!!」



メガネ「何がいいんだ……?」








46:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/06/19(水) 22:04:16.93 ID:wLKw92Pv0




──1000 座学



メガネ「では続きといこう。ガスについては先ほど説明した。次はこの刃だ」



メガネ「この刃……聞いてみようかな。この刃の名前を知っている者は?」



アルミン「超硬質スチール製半刃刀身、一般的に超硬質ブレードと呼ばれています」



エレン「すげぇなアルミン!次から次えと……」



ミカサ「エレンでは考えられない」



エレン「悪かったな」



メガネ「そうだ……さては君、始まる前にテキストを読んでいるな?」



アルミン「あ、はい……すみません」



メガネ「謝る必要はない。むしろ良い事だ」



コニー「いいのか?カンニングってやつじゃないのか?」



ジャン「それはテストの話だ」



コニー「ん?これテストじゃないのか?」



メガネ(彼の思考回路はどうなっている……)








47:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/06/19(水) 22:05:49.32 ID:wLKw92Pv0




──1200 昼休み~教官室



メガネ「3年間やれる自信がない……」



同僚A「なんだ芋女か?」



メガネ「コニーのほうだ……芋ちゃんは寝ていたよ」



同僚B「ま、まぁ……巨人の弱点さえ分かれば戦えますから……」



キース「いや……座学を覚えて貰わんとこちらが困るのだが……」



メガネ「まだ装置の説明終わってない」



キース「何!?最初の2時間で終わる内容だぞ!?巨人の授業は!?」



メガネ「それどころかまだブレードの説明も終わっていない……」



同僚A「そりゃなんか……あれだな、天才だな」



メガネ「君に同情されるとは思わなかったよ」








48:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/06/19(水) 22:07:22.07 ID:wLKw92Pv0




──1300 座学



エレン「午後は立体機動の実技では……?」



メガネ「本来は実技の時間だったのだが……少々遅れているのでな。時間をもらった」



ユミル「あんたのせいだってよ、バカ」



コニー「お、俺だとは言ってないだろ!!」



クリスタ「や、止めなよ二人とも……」



メガネ「では手短に巨人の生態について説明する」



~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

省略

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~



メガネ「──以上!急いで外に行くんだ」



メガネ(やっと終わった……)








50:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/06/19(水) 22:08:53.22 ID:wLKw92Pv0




──1330 立体機動訓練



キース「ようやく終わったか……では始める!ベルトの点検は終わったな?」



エレン「はい!異常ありませんでした!」



キース「うむ。ベルトの不具合があったばかりだ。あれが実戦なら整備不良で死んでいた」



キース「点検は怠るな!いいか!!」



一同「「「はい!!」」」



キース「早速だがこれが立体機動装置だ。装着方法は座学で学んでいるな?」



アルミン「はい、先ほど習いました」



キース「では各自装着してみろ。くれぐれも操作はするな、いいか!」



キース(まぁ毎年のように遊び始めるバカが居るがな……)








51:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/06/19(水) 22:09:10.73 ID:XyAvGiDQ0




同僚Aが芋ちゃん好きすぎるだろww









53:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/06/19(水) 22:10:27.72 ID:wLKw92Pv0




コニー「こうでいいのか?」ガチャガチャ



ジャン「バカかお前は……なんで操作装置をガスボンベに繋いでんだ」



コニー「違うのか!?」



サシャ「違うんですか……?」



ジャン「……腰についてる装置に何も繋がってないことに疑問を感じてくれ」



エレン「こうか?」ガチャガチャ



ミカサ「操作装置が左右逆……」ガチャガチャ



アルミン「鞘が意外に重いし邪魔で動きづらいな……」



ジャン「おいエレン!!お前はミカサにやってもらわないと何もできねえのか!?」



エレン「そういうお前はボンベのバルブが緩んでるじゃねぇか」



ジャン「何!?」



キース(黙ってできんのかこいつらは……)








55:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/06/19(水) 22:11:59.23 ID:wLKw92Pv0




キース「全員できたようだな。では早速、実際に操作してもらう」



キース「と言ってもアンカーを狙った場所に撃ち込むだけだ。巻き取りは行うな」



キース「では……イェーガー。やってみろ。あの的に向かってアンカーを撃ってみろ」



エレン「は、はい!」



キース「射出装置は全身に張り巡らしてあるベルトに連動している。体を向けるだけでいい」



エレン「了解です!」バシュ...スカッ



エレン「あ、当たらない……」



ジャン「やっとぶら下がれるようになったバカには難しいみてぇだな」



キース「ではキルシュタイン、やってみろ」



ジャン「はい!」バシュ...スカツ



エレン「お前も人の事言えねぇじゃねぇか」



ジャン「う、うるせぇ!!」








57:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/06/19(水) 22:13:33.81 ID:wLKw92Pv0




キース「こればかりは感覚の問題だ。ベルトの調整で大まかには弄れるが最終的には感覚だ」



キース「素早く、正確にアンカーを撃てなくては立体機動など不可能だ……分かったか」



エレン「はい!」



ジャン「は、はい」



サシャ「あっ!あれは!!」バシュウウウウ



キース「おい!ブラウス!許可なく撃つな!!」



ライナー「な、何やってんだお前は……」



サシャ「あそこ見てください!!おいしそうな果物が……ゲットです!!便利ですねこれ!!」モシャモシャ



キース「サシャ・ブラウス……巻き取りは行うなと言ったハズだが?」



サシャ「……半分、どうぞ」



キース「……お前は罰として晩飯無し!今から私がいいと言うまで走り続けろ!!」



サシャ「晩ご飯……なし……」



キース「さっさと行け!!」



キース(しかし、いきなり狙った的に撃ち込めるとは……)








59:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/06/19(水) 22:15:03.32 ID:wLKw92Pv0




──1700 課業終了~教官室



キース「──という事があった」



同僚A「マジで!?芋女やるじゃねぇか!!」



メガネ「あの子の食に対する欲望は凄まじいからな……」



同僚B「食べ物で釣れば首席も狙えるんじゃないですか?」



キース「ありえそうなのが恐ろしいが……そんな事をしたら何を言われるか分からん」



同僚A「別にいいじゃねぇか」



メガネ「憲兵団に未曾有の食糧危機が起こりそうだな」



同僚B「芋ちゃんは憲兵狙いなんですか?」



メガネ「憲兵団の食事事情を聞けばおそらく飛びつくだろうな」



キース「なぜ優秀なものに限ってこうなのだ……」








62:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/06/19(水) 22:16:37.62 ID:wLKw92Pv0




──0800 立体機動訓練



キース「本日から実際に立体機動を行ってもらう!」



エレン「やった!ついに!!」



アルミン「で、できるかな……」



ミカサ「基本通りにやれば上手くいくはず」



キース「貴様等も大分慣れてきたはずだ!姿勢制御と操作を一緒にやるだけだ!」



キース「ではアッカーマン。あの柱の上に移動してみろ」



ミカサ「はい」バシュ...シュタッ



「「「おぉ~!!」」」



キース(さすがだな)



キース「あんな感じにやってみればいい!!ではスプリンガー、やってみろ」



コニー「え!?俺!?やってやるぜ!!」ズガッ



コニー「いってぇ!!!」



キース「くれぐれもこうならないように」








63:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/06/19(水) 22:18:09.63 ID:wLKw92Pv0




──1000 立体機動訓練~森林内



キース「──では、今説明した地点まで移動してみろ!」



「「「はっ!!」」」



キース(ふむ……やはりミカサは飲み込みが早いな。既に使いこなしている)



キース(ジャンも理解が早いようだ……ガスの消費を抑える工夫すらしているようにみえる)



キース(不純な動機ながら見事なものだ)



キース(エレンはぎこちないながらも必死に食いついている。見上げた根性だ)



キース(アルミンは無駄のないルートやどこにアンカーを撃てば効率的かを考えているようにみえる)



キース(足りない技量を頭脳で埋めている……さすがた。それに比べ……)



コニー「うわっ!?ワイヤーが絡まった!!」



ライナー「おっおい!!こっち突っ込んでくんな!!」



サシャ「危ないですよ!!」



ダズ「うぎゃあああああああああああああ!!!!」



キース(……なんなのだあれは)








64:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/06/19(水) 22:19:52.29 ID:wLKw92Pv0




──1200 昼休み~教官室



キース「なぁメガネ」



メガネ「なんだキース」



キース「バカにどう教育を施せば治せると思う?」



メガネ「コニー君?」



キース「うん」



メガネ「あれは無理」



同僚A「ものすげぇ天才みてぇだな」



キース「どうしたものか……」



同僚B「そんなに使い物にならないんですか?」



キース「いや、小柄な体型を生かした小回りは中々だが……」



メガネ「だが?」



キース「それを有効活用する頭脳がないのだ」



同僚B「……そういうのを使い物にならないって言うんです」








66:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/06/19(水) 22:21:23.53 ID:wLKw92Pv0




──1300 対人格闘術



キース「──説明は以上だ!今言ったように、ならず者と兵士に分かれ短刀を奪い合え!」



「「「はっ!!」」」



キース(はやり点数が低いだけあってやる気がないものが多いな……)



キース(憲兵団に行きたい奴ほど必要な技術なのだがな。人を相手するのは憲兵くらいだというのに)



キース(お、あれはエレンとライナーか。実に真面目な2人だ……立派な兵士になってくれるだろう)



キース(エレンは調査兵団志望だったな。実力も努力の成果が表れ始めている)



キース(きっと彼なら……ん?)



キース(あれはアニか、またサボりおって……エレンとライナーが近づいているな)



キース(不真面目な奴に注意までするとは……あ?)



キース(なんだ!?今の格闘術は!?今のアニの技は何だ!?)



キース(あのライナーまで……!やる気はともかく、実力は確かなようだ……)








69:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/06/19(水) 22:23:05.20 ID:wLKw92Pv0




──1650 訓練終了時刻間際



キース「本日の訓練は以上だ!なお、知っているとは思うが明日は休暇とする!」



キース「外出許可が欲しければ本日1800までに申し出るように。以上、解散!!」



ヨッシャーキューカダー

アシタドッカイクー?カラオケイコウゼー



エレン「教官!」



キース「なんだイェーガー……に、アッカーマン、アルレルト。外出許可か?」



エレン「はい」



キース「理由を言ってみろ」



エレン「母さんの墓参りに行くんです」



ミカサ「私も同様です」



アルミン「僕もです」



キース「……そうか」








70:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/06/19(水) 22:24:37.70 ID:wLKw92Pv0




キース「許可する。……それとイェーガー」



エレン「なんでしょうか?」



キース「お前の母親……カルラの好きだった花が、食堂裏の花壇に植えてある。持って行ってやれ」



エレン「な……なぜ、母の事を……?」



キース「話は以上だ」



エレン「きょ、教官!!」



キース「……」



キース(たまの休日に墓参りと思ったが……エレンの邪魔をするわけにはいかんな)








73:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/06/19(水) 22:26:14.44 ID:wLKw92Pv0




──1700 課業終了~教官室



メガネ「なかなか粋な事をするじゃないか」



キース「なんの話だ?」



メガネ「ふん……まあいい」



同僚A「キース!キース!」



キース「なんだ」



同僚A「俺明日!サシャちゃんと食い倒れデート行くことになったぜ!!」



キース「!?」



メガネ「!?」



同僚B「マズいですよそれ!!」



同僚A「大丈夫大丈夫!!」



キース「貴様……教育者として一番やってはならぬ事をしでかしたな……」



同僚A「お、おい?キース……?や、やめ……うぎゃあああああああ!?」








77:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/06/19(水) 22:28:00.45 ID:wLKw92Pv0




──????



キース(まったく……バカは訓練兵だけじゃなかったようだな……)



キース(……)



キース(グリシャ、お前の息子は元気だ)



キース(昔はミカサとアルミンしか仲間が居なかったが、今は大勢の仲間に囲まれている)



キース(エレンは立派に成長している。このままいけば、立派な兵士となってくれるだろう)



キース(いずれ、調査兵団の一員として反撃の糧に……人類の希望となるだろう)



キース(きっとカルラの仇も取ってくれる……それまでは俺が責任を持って預かろう)



キース(だから安心して眠ってくれ……)



おわり








78:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/06/19(水) 22:28:24.60 ID:xq9XNbR/O




サシャは俺のものだ!誰にも渡さねぇ!!









82:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/06/19(水) 22:29:50.65 ID:XyAvGiDQ0




この後は原作の流れ通りか……乙









84:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/06/19(水) 22:30:46.88 ID:bYB7WjNc0




>>82

報われんな







【グロ注意】手首から先がナイ!血まみれの男性の周りで錯乱する友人たち
ま○こにキュウリ入れたことある奴集まれー^^
空手初段の俺がDQN中学生2人組と喧嘩した結果wwww