9def8317a9b31886c4a8d0651dab1c4e

咲「奇妙な同窓会」


スカッとしたいからコブラのコラ画像貼って毛
【遊戯王】レベル99の遊戯王プレイヤーにありがちなこと
恐怖!飼い犬に擦り傷を舐められ、後日目覚めると…(U^ω^)


6 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2013/02/26(火) 01:15:55.29 ID:zjCXgNo70 [2/30]
某日。居酒屋「大惨減」

咲「こんばんはー、おじさん」

店主「いらっしゃい。久しぶりだねぇ、咲ちゃん」

咲「はい、最近大会とか続いて中々帰ってこれなくて……あ、まだボトルってありますか?」

店主「もちろんだとも。いつものように、魔王のお湯割りでいいのかい?」

咲「はい。それと、砂肝塩とモツ煮で」

店主「はいよ、先に焼酎ね。料理、少々お待ち」

7 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2013/02/26(火) 01:17:35.85 ID:zjCXgNo70 [3/30]
咲「(ゴクッ)ふう、やっぱりこの時期のこれは体が温まるなぁ」

??「見た目に似合わず、随分と渋い呑み方をするんだな」

咲「え?……て、あ!!加治木さん!!」

ゆみ「久しぶりだな。宮永」

モモ「私もいるっすよー」

咲「わわ、東横さんも!!お二人とも、お久しぶりです」

ゆみ「本当にな。まさかこんな所で会うなんて思わなかったぞ」

8 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2013/02/26(火) 01:18:10.77 ID:zjCXgNo70 [4/30]
モモ「この間の大会、お疲れ様っす。このところ連戦連勝じゃないっすか」

咲「ううん、周りの人も強い人ばっかりで、正直いっぱいいっぱいです。やっぱりプロの世界は違いますね。加治木さん達は、今は何を?」

ゆみ「私は一線を退いたよ。今は麻雀教室の雇われ講師だ」

モモ「実業団とかからのお誘いもあったんすけどねぇ……どうも、次世代を育てることの魅力にとり憑かれちゃったらしくて……」

咲「そうなんですか………東横さんは?」

モモ「ふふふー。宮永さん、私は今、『東横』桃子じゃないっすよ?」ニヤニヤ

咲「え?……あ、もしかして!!」

ゆみ「………////」

9 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2013/02/26(火) 01:19:29.86 ID:zjCXgNo70 [5/30]
スッ(左手薬指の指輪を見せつける)

モモ「そうっす。去年の秋に、『加治木』桃子になりましたー!」

咲「うわぁ!!おめでとうございます!!」

ゆみ「その前から交際は続けていたんだがな……」

咲「いつ頃からなんですか?」

ゆみ「お前たちの世代が、まだ高校生だったころからだよ」

モモ「詳しく言うと2年生になった冬っすねー」

咲「全然知らなかった……」

ゆみ「そういうお前はどうなんだ?」

12 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2013/02/26(火) 01:21:32.32 ID:zjCXgNo70 [6/30]
咲「わ、私はまだ全然ですよー。出会いも無いし……」

モモ(……おっぱいさん。お気の毒に……)

咲「それに……」

ゆみ「?」

咲「……『お姉ちゃんは許しませーん!』って……」

ゆみモモ「「………………」」

咲「そ、それより!他の人たちとは会ったりしてるんですか?」

ゆみ「あ、ああ。丁度今人を待って……」

ガラガラッ

店主「いらっしゃい!」

??「ワハハ、お待たせ……って、清澄の宮永じゃないか」

14 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2013/02/26(火) 01:23:37.60 ID:zjCXgNo70 [7/30]
咲「蒲原さん!と、それに……」

??「なんだ?宮永もいたのか」

??「これまた、奇妙なメンバーだね」

咲「龍門渕の……井上さんに、国広さん!」

ゆみ「遅かったな蒲原。というか、後ろの二人も一緒だったのか」

智美「ワハハ。実は途中で会って、あんまりにも懐かしい顔ぶれだったから話しこんじゃってなー」

純「そのまま一緒に就いて来ちまったんだが、迷惑じゃなきゃ一緒していいか?」

ゆみ「無論だ。歓迎するよ」

モモ「あの時の県予選の、プチ同窓会みたいっすねー」

咲「ほんとですねー。あ、席どうぞ」

一「ありがと」

16 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2013/02/26(火) 01:25:23.61 ID:zjCXgNo70 [8/30]
店主「ご注文は?」

一「僕はハイボール。それと唐揚げ」

智美「生中とホッケの開きで」

純「俺も生中。それと、ロースカツ」

店主「あいよ少々お待ち。いいねえ兄さん、両手に花どころか周りに花畑ってか?」

純「……俺は女だ」

店主「こ、こりゃあすまねえ……」

一「いや、悪いけど……スーツ姿だし余計に……」

ゆみ「まあまあ。随分珍しい顔ぶれにはなったが、久々の再会なんだ。楽しく呑もう。店主、私も焼酎もうひとつ」

モモ「私も熱燗おかわりっす」

18 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2013/02/26(火) 01:26:30.32 ID:zjCXgNo70 [9/30]
咲「あれ?東よ……じゃなかった。えっと……」

モモ「モモでいいっすよ。加治木だとかぶりますし」

純「え!?お前ら結婚してたのか!?」

一「ひゃー……流石にびっくりだよ。おめでとう」

咲「えと、モモさんは日本酒なんですか?」

モモ「そうっすよ。よく意外って言われるっすけど」

店主「咲ちゃん、その子すげえぜ?さっきから熱燗5合目だ」

純「うえ!?呑み過ぎじゃないのか?」

智美「モモはこう見えて、私たちの中で一番酒が強いんだよ。ちなみに、最弱は佳織な」

ゆみ「というかザル、だな。モモがはっきりと酔ったところを見たことが無い」

22 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2013/02/26(火) 01:28:06.11 ID:zjCXgNo70 [10/30]
一「純君も結構呑むよね」

純「まあ、ビールばっかしだけどなー。宮永は……焼酎か?」

咲「おかしいですか?」

純「いや、いいと思うぜ」

智美「ワハハ。あ、ちょっとそれもらっていいかな?」

咲「どれですか?」

智美「あー、いや。料理じゃなくて、それ」

咲「灰皿……って、煙草吸われるんですか?」

智美「まあ、ちょっとなー。といっても一日に数本くらいだけど」

純「あ、俺も使うわ」

一「純君は吸い過ぎなんだよ……この間も透華に注意されてたでしょ?」

ゆみ「だが、蒲原より数段様になっているな」




(数分空けます。支援心より感謝です)

23 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2013/02/26(火) 01:31:59.32 ID:zjCXgNo70 [11/30]
モモ「井上さんは実業団で名前を見かけますけど……国広さんはなにをされてるんっすか?」

一「僕は昔と変わらず、透華付きのメイドだよ。今日は休み、というか『たまには自由に過ごしてきなさい』って怒られてね」

純「国広君は働きすぎなんだよ……俺は近々プロ転向も考えちゃいるが……というか、誘いもらってるからな。透華が運営してるチームに」

咲「それじゃあ、近々大会でお会いするかもしれませんね」

純「おう、その時はよろしくな」

ゆみ「そういえば、天江は?」

一「消息不明」

24 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2013/02/26(火) 01:37:04.18 ID:zjCXgNo70 [12/30]
モモ「……は?」

純「国広君、その言い方は激しく誤解を招くぞ……あー、衣は今、世界中を飛び回ってる。仕事とかじゃなくて、執事もつけずに一人で」

咲「な、なんでそんなこと……」

純「見聞を広めたいんだと。元々幽閉同然に育った衣だ、好奇心は並のそれじゃないからな」

一「そうそう、こう言ってた」

『閉じた世界にいた時間を取り戻す。透華や咲に再び相見えたその時、己が脚で立つ姿を見せられるように』

咲「……そっかぁ」

一「透華も寂しそうではあったけど……どこか嬉しそうだった」

ゆみ「ならば、私たちも負けてはいられないな。無為な時間を過ごし、何の成長もしていないようでは天江に笑われてしまう」

26 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2013/02/26(火) 01:40:37.90 ID:zjCXgNo70 [13/30]
智美「………ワハハ。そーだなー」

智美(衣……今頃どこにいるんだろうな。たまには手紙の一枚でもよこしてくれればいいのに……ワハハ)

純「まあ、それでいい相手の一人でも連れて来られたら、もうお手上げだけどな」

智美(ピクッ)

ゆみ「蒲原?」

智美「あ、ああ。なんでもない。ワハハ………」

ゆみ「そ、そうか」

ゆみ(今……蒲原らしからぬ、鋭い眼をしていたような……)

28 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2013/02/26(火) 01:45:33.72 ID:zjCXgNo70 [14/30]
モモ「他の皆さんではそう言うお話はないんすか?」

咲「あ、部長がそういえば」

ゆみ「ああ、そういえば久は福路とだったか?」

咲「はい。そろそろ入籍を視野に入れてるって言ってました」

純「おいおいマジか……国広君、こりゃボヤボヤしてると本当においてきぼりくらうぞ」

一「ぼ、ぼぼぼ、僕は、その、透華がいるし……!」

モモ「え?国広さんと龍門渕さんの二人って付き合って……」

一「え!?い、いやいやいや!!何言ってるのさ!!」

咲「……そういえば。あの、井上さん」

純「?」

咲「……優希ちゃん」

32 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2013/02/26(火) 01:52:41.23 ID:zjCXgNo70 [15/30]
純(ピクッ)

咲「あ、やっぱり覚えてるみたいですね」ニコニコ

ゆみ(こ、この感覚は……!!)

モモ(ま、魔王は健在っすか!?)

咲「最近、電話するとよく井上さんのお名前が出るんですが……というか、優希ちゃんったらそればっかりで……ふふ」

純「……」ダラダラダラダラ

咲「いえ、他意はないんです。ただ、とーっても仲がいいんだなぁと。暇さえあれば顔を合わせてるとかで」

一「……純君?まさか……」

モモ(そわそわ)

ゆみ「ほう、これは……」

純「……えっと、その、だな……」

純(俺はしくったのか―――!?い、いや、ここで勝手に自白なんてしようものなら後でなんて言われるか……!!)

ガラッ

35 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2013/02/26(火) 01:56:39.37 ID:zjCXgNo70 [16/30]
店主「いらっしゃい!!」

優希「オヤジ、タコス一つ!それと生中……て、咲ちゃん!!それに他にもみんな!ひさしぶりだ………じぇ………」

純(アホ――――――!!!!)

優希「じゅ、純!?それにこの空気は……」

智美「ワハハ……御愁傷様ってことで……」

モモ「お久しぶりっすね」ガシッ

優希「ひ!!い、いつのまに背後を!!」

ゆみ「下世話なことかもしれないが……これも縁だ。せっかくの酒の席、是非いろいろ話を聞きたいものだな」

一「飛んで火に入る夏の虫ってね。冬だけど」

優希「ひ……」

咲「さ、優希ちゃん……」


『お話しようか』



じぇえええええええぇぇぇぇぇぇぇ………

37 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2013/02/26(火) 02:02:49.70 ID:zjCXgNo70 [17/30]
店主「ありがとうございましたー!」

優希「酷い目にあったじぇ……純のアホー……」

純「無茶言うな。魔王様の、しかも酒入った状態での詰問だ。逃げられるかよ」

咲「あはは、二人ともお幸せにねー」

優希純「「………//////」」

ゆみ「しかし、随分話しこんでしまったな」

モモ「こんなメンバー集まるなんてそうそう無いっすからねー」

智美「ワハハ。そうだなぁ、本当に楽しかった」

一「そうだね。またヒマだったら呼んでよ。今度は透華たちも呼びたい」

純「そうだな。智紀の奴も呼ぼうぜ」

優希「部長たちにも声をかけてみるじぇ」

咲「うん。不思議なメンバーだったけど、すっごく楽しかった。飲み会って、楽しいね」

39 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2013/02/26(火) 02:07:41.49 ID:zjCXgNo70 [18/30]
………………………………――――――


咲「ねえ、ちょっと提案なんだけど……」

ゆみ「奇遇だな。私も、提案があったんだ」

純「面白いな。どっかあいてる店あるか?」

モモ「それなら、ちょっと行ったところに惨漢津っていう焼鳥屋さんがあるっす。味は私と先輩のお墨付きっすよ」

一「じゃあ、タクシー止めようか」

優希「よーし、今日は呑み明かすじぇ!!二次会の後はカラオケへGO!!」

智美「ワハハ、こりゃ大変だ。けどまあ、たまにはいいかー」

40 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2013/02/26(火) 02:10:12.87 ID:zjCXgNo70 [19/30]
モモ「先輩、寒いっすから手つなぐっすよ!!」

ゆみ「あ、ああ……///」

咲「あはは、私は見てるだけで熱くなっちゃうよ」

優希「そりゃ!!」

純「うわ!!いきなり飛び付くな!!わかった、これでいいんだろ?」

一「うわ、肩車手慣れてる……こりゃ、二次会で第二次尋問会かな?」

智美「タクシーとまったぞー」

咲「はい、今行きます」

42 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2013/02/26(火) 02:10:40.11 ID:zjCXgNo70 [20/30]
咲(………たまにはいいよね、こんな一日も)

咲(まだ、夜は長いんだし)

咲(それにしても……)

咲(私も早く、いい人見つけないとなぁー……)




カン!


46 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2013/02/26(火) 02:15:51.74 ID:zjCXgNo70 [22/30]
おまけ

同日。時は少しばかり戻って、東京

照「……」

菫「どうした照。さっきから携帯の画面を睨みつけて……」

照「……咲からの電話返信が来ない。大会終わった筈なのに……」

菫「忙しいんじゃないのか?大会は今日でひと段落でも、彼女もプロで活躍してる人間だ。それなりに用事もあるだろう」

照「さっきから電話も24回かけたし、メールも52通も送ったのに……」

菫「……悪いことは言わん。着信拒否される前に自重しておけ。それじゃ、私は行くぞ。宥さんが待ってるからな。お前も、淡をあまり待たせるなよ」

照「ここで待ち合わせだから待たせてない。淡なら、もうすぐつくって言ってるから」

48 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2013/02/26(火) 02:17:04.84 ID:zjCXgNo70 [23/30]
菫「そうか。まあ、あまり夜更かしするなよ?」

照「その発言、ブーメラン……」

菫「ぐ……まあいい。では、また」

バタンッ

照「……」

照「いいもん。咲が冷たい分、淡にいつもの15倍甘えてやる」

コンコンッ

照「はーい……」

淡「テルー!!テルテルテルー!!」

照「……」

49 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2013/02/26(火) 02:18:14.28 ID:zjCXgNo70 [24/30]
ギューーーーーー

淡「ふぇ?ええ!?て、テルー!!なんかいつもより積極的だよーー!?」

照(……咲にも、いい人見つかる日が来るのかな)

照(……つい許さないなんて言っちゃうけど……私も淡がいるわけだし……)

照(もしそういう相手ができたら、うん………相手にコークスクリュー12,3発で許してやろう。うん、私、優しいお姉ちゃん)

淡「て、テルー?////」

51 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2013/02/26(火) 02:22:45.10 ID:zjCXgNo70 [25/30]
同日。ニュージーランド某所

注【以下、英語の会話です。】

エイスリン「ヘイ、コロモ!ここにいたんだねー」

衣「ああ、すまないな。風光明媚極まれりといったところか……衣は、この国の風景が大好きだ」

エイスリン「そう言ってもらえるとうれしいよ。突然ウェリントン市内で見つけた時はビックリしたけど……今じゃ英語でずっと会話できるようになったもんね」

衣「もともと、英語はあちこち渡り歩く中で身に着けていたからな。だが、この国のマオリ語はまだまだだ。もっとしっかり学ばないと……」

52 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2013/02/26(火) 02:29:55.32 ID:zjCXgNo70 [26/30]
エイスリン「………前にも聞いたけど、衣はニュージーランドにずっといるつもりはないの?」

衣「すまない。それはとても魅力的だと思うし、何カ国か渡った中でもこの国は、風土も文化もとても気に入ってる。
  エイスリンの言う通り、この地に骨を埋めることもやぶさかではない。だが……」

エイスリン「けど?」

衣「それを決めるのは、もう少し先の事だ。まだ、歩いていない世界が多すぎる。見てみたい場所が、触れてみたいものが多すぎる」

衣「そして、その全てを、この身に……衣自身に刻みつけて、その後、一度故国たる日本へ帰ろうと思う」

衣「愛する者へ、そして莫逆の友へ、この身に刻みつけた知識と経験と、それらに裏付けられた矜持を示す。
  あのときとは違う、自分自身で立つ天江衣を見せられるように」

衣「この国へ舞い戻るか、故国にて安寧を求めるか、はたまた別の国か……」

衣「………―――決めるのは、それからでも遅くはない」

53 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2013/02/26(火) 02:30:42.33 ID:zjCXgNo70 [27/30]
エイスリン「………―――やっぱり変わったね。ただ身長が伸びて大人びただけじゃない。今のコロモが、とても……眩しいよ」

衣「ありがとう。まあ、もう少しこの国には滞在するつもりだ。そうだな……最低でも、マオリ語を淀みなく発せるくらいには。だから、もう少し世話になる」

エイスリン「大歓迎だよー!もしこの国で暮らすって言うなら、もっといろいろ手伝うし!!」

衣「ありがとう。でも………」


衣「そうなると、智美を連れて来ないと……智美、キーウイバーガー好きかなぁ……」







今度こそ………カン!!
最近このリュック背負ってる大学生大すぎwwwwwww
スカッとしたいからコブラのコラ画像貼って毛
【ぽこ×たて】 絶対にイカせる男 vs 絶対にイカない男対決が面白すぎるwwwwww