_SL160_
ルルーシュ「今日もナナリーで抜くとするか」


1 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/10/23(日) 23:46:34.23 ID:dfgcbtJP0 [1/6]
ルル「オナリーなんつってな フハハハハハハハ」

CC「・・・・」

6 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/10/23(日) 23:47:45.28 ID:dfgcbtJP0 [2/6]
ルル「入るぞナナリー」

ナナリー「お兄様?」

ルル「ああ、夜遅くにすまないな」

11 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/10/23(日) 23:50:06.92 ID:dfgcbtJP0 [3/6]
ルル「サヨコに本を読んでもらっていたのか」

ナナリー「はい」

ルル「すまないサヨコちょっと席をはずしてくれ」

サヨコ「・・・?はい」

ルル(よしこれで邪魔モノは去った!!!!やってやる、やってやるぞ!!!!)

14 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/10/23(日) 23:52:42.16 ID:dfgcbtJP0 [4/6]
ルル「一体何の本を読んでもらっていたんだ?」ヌギヌギ

ナナリー「一寸法師といってエリア11に古くから伝わる物語なんですって」

ルル「ほう・・・そうか」スッポンポン

ナナリー「?何をなさっているんですかお兄様?」

15 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/10/23(日) 23:55:32.66 ID:dfgcbtJP0 [5/6]
ルル(ふふふ・・・あの憎きオヤジにはこればかりは感謝しなければな)

ルル(目が見えなくなったこと、これはこちらに好都合だった)

ルル(我が妹の前で全裸オナニーしても一向にバレない!!!

ルル「ナナリー、大切な話があるんだ」シコシコ

ナナリー「・・・


18 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/10/23(日) 23:59:16.30 ID:dfgcbtJP0 [6/6]
ルル「はあ・・・実は、近いうちに遠くに行かなければならないんだ」シコシコ

ナナリー「そ、そうなんですか」

ルル「ああ・・・ふっ、うん・・・だから、おとなしくして生徒会のみんなと仲良くするんだぞ?」シコシコシコシコ

ナナリー(なぜだろう・・・お兄様の息が荒い)

20 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/10/24(月) 00:02:01.75 ID:rX+Rq7fa0 [1/38]
ルル(くう・・・もはやこれまでか 我ながら早漏だ)

ナナリー「お兄様?」

ルル「な、なり・・・!!!」

ナナリー「お、お兄様?く、苦しいのですか?どこかお具合が・・・」

ルル「ナナリー・・・お前は一つ間違っている。苦しいのではない、切ないのだァ!」シコシコシコ

25 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/10/24(月) 00:04:41.09 ID:rX+Rq7fa0 [2/38]
ルル(どこに出そうか・・・おでこ?いや顔射はさすがにバレる)

ルル(やはりいつも通りに車いすに・・・!!!!)

ルル「フィニーシュ・・・」

ピリリリリ

ルル「なにぃ!?こんな時に電話が!!!」

28 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/10/24(月) 00:06:33.20 ID:rX+Rq7fa0 [3/38]
ルル(黒の騎士団からだと!?くそ、こんな時に)

ルル「誰だこんな時に!!!」

扇『ゼロか?俺だ、扇だ』

ルル「貴様ああああああああ!」

31 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/10/24(月) 00:09:38.73 ID:rX+Rq7fa0 [4/38]
ナナリー「お兄様!?ど、どうなさったのですか?」

ルル「・・・っ、今立て込んでいる!またあとでかけなおす!」ピッ

ルル(危うく扇の声でイクところだった・・・なんとしてもそれだけは避けねばならなかった)

ルル(気をとし直して・・・)シコシコシコ

ナナリ「・・・?」

33 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/10/24(月) 00:14:00.93 ID:rX+Rq7fa0 [5/38]
ルル(ああ・・・いとしいナナリー・・・目も見えず、ただ純粋な我が妹・・・!!)

ナナリー「お兄様?」

ルル(ああ、その声だけでもう感じてしまう!!!)

ルル(ほーら、オチンチンだぞ~)ブルンブルン

ナナリー「きゃっ!?」ペチッ

ルル「しまった!?」

37 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/10/24(月) 00:17:17.66 ID:rX+Rq7fa0 [6/38]
ナナリー「い、今のはなんですか!?」

ルル「いや、あの・・・」

ルル(いかん!!!ナナリーのホッペ!やわこいホッペに我がナイトメアが当たったと思うと!!!!もう!!!)

ルル「あ・・・出・・・」

CC「おい入るぞ」

ルル「ひぃん!?」

44 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/10/24(月) 00:22:59.92 ID:rX+Rq7fa0 [7/38]
CC「おい・・・」

ルル「やめてええええ!!!」

ナナリー「!?」ビクッ

CC「な、なんかあったのか?」

ルル「まだ、入るな!!!」

ルル(くそ、あの魔女め!!!我がサクラダイトがひっこんでしまったではないか!!)

ルル(どうする!?この俺が果てるまであと最低3シコリ!しかし間もなくCCが乱入・・・!!)

ナナリー「CCさんまで、今日の夜は賑やかですね♪」

46 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/10/24(月) 00:26:49.17 ID:rX+Rq7fa0 [8/38]
ルル(くそっ!!!この俺が作戦半ばにして断念だと!?今夜のオナニー作戦は失敗だと!?)

ルル(ふ、ふざけやがって・・・!!!!)

ルル(く・・・しかしやはりここは・・・)

ガチャ

CC「おい、なんかあったのか」

ルル「別に・・なにもない」

CC「?服といい髪といい、ルルーシュ・・・なんでそんなに乱れているんだ」

ルル「うるさい!うるさい!うるさいいいい!!!」

50 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/10/24(月) 00:29:03.89 ID:rX+Rq7fa0 [9/38]
CC「おい・・・なんでそんなにガッカリしているんだ・・・」

ルル「・・・もう、いいんだ・・・ナナリー・・・おやすみ」

ナナリー「あ、はい・・・」

CC「要はすんだのか」

ルル「いや・・・だからもういいんだ」

CC「?」

53 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/10/24(月) 00:31:09.70 ID:rX+Rq7fa0 [10/38]
真夜中

CC「zzz・・・」

ルル「おい、CC」

CC「zzz・・・」

ルル(よし、寝たか)

ルル(この魔女め!!!責任を取ってもらうぞ!わが作戦失敗の、な!!!)

56 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/10/24(月) 00:35:40.19 ID:rX+Rq7fa0 [11/38]
ルル(CC・・こうしてみると、いい肉体だ・・・カレンにも負けない豊満なオパーイ)

ルル(それにこのおヒップ!いかん、興奮してきた!)

ルル(あくまでも穏便に今宵の射精は済ませねば・・・)

CC「zzz・・・」

ルル(よく眠っているな)ボロリ

ルル(その寝顔、我が射精のキャンバスにさせてもらう!)

58 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/10/24(月) 00:40:27.01 ID:rX+Rq7fa0 [12/38]
ルル「はぁ、はぁ・・・」シコシコシコ

CC「zzz・・・」

ルル(クチをだらしなく開けて寝やがって!ちょっと入れてみたくなるだろう・・・!)

ルル(ここは敵の罠にあえてかかってみるとするか!!)カポッ

CC「んぐぅ・・・・?」

59 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/10/24(月) 00:43:00.77 ID:rX+Rq7fa0 [13/38]
CC「おい、何をしている」

ルル「なにぃ!?目を・・・覚ました・・・だと!?」

CC「なんだこれは」

ルル「・・・オチンチンです・・・」

CC「おま・・・この私の寝ている間 口に施しをしていただと・・・?」

ルル「・・・」

62 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/10/24(月) 00:46:40.81 ID:rX+Rq7fa0 [14/38]
ルル「違う、誤解だ」

CC「どの辺が誤解だというのだ、ふざけるな!」

ルル「こ、これは次の作戦の準備にだな・・」

CC「どこの世界の戦いの作戦に夜這いという選択肢があるというのだ、このケダモノめ!!!」

ルル(く、いい罵りだ・・・!!!)

ルル「ん・・・?」

66 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/10/24(月) 00:51:50.12 ID:rX+Rq7fa0 [15/38]
ルル「おい、やけに憤るではないかCC」

CC「あたりまえだろう!寝てる間に・・・」

ルル「おれはそういうことを言ってぃるのではない」

CC「なんだと?」

ルル「いままで経験豊かなお姉さんぶっていたが今ならわかる。貴様は性に関してまだこれっぽちも慣れていないと!!!」

CC「な・・・!違う!私は」

ルル「焦れば焦るほどバレていくぞ・・・フフ、フハハハハ!」

70 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/10/24(月) 00:59:29.84 ID:rX+Rq7fa0 [16/38]
CC「ふん。愚弄されたものだな、こんな小僧に」

ルル「フフフ・・・今のお前が何と言おうと、本番もしたこともない哀れな小娘にすぎん!」

CC「よかろう。そこまで言うなら確かめてみろ」

ルル「んん?なんか言ったか?」

CC「だから!!!私を抱いて私が経験豊富であることを思い知らせてやる、といったんだ!何度も言わせるなバカ」

ルル(かかったな!貴様の性格を知る俺になら、貴様を操りセクロスに持ち込むことなど造作もない!)

ルル(ついにDT卒業だ!)

76 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/10/24(月) 01:04:39.97 ID:rX+Rq7fa0 [17/38]
ルル「よいだろう、抱くぞCC」

CC「・・・しろよな」

ルル「あ?なんか言ったか」

CC「優しく、しろよな・・・」

ルル「・・・ああ。約束する」

ルル「なんて言ったって俺たちは共犯者、だからな」

CC「ルルーシュめ・・・ふん」

79 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/10/24(月) 01:09:21.12 ID:rX+Rq7fa0 [18/38]
ルル「お前、本当にデカイ乳だな」

CC「おまえ、言葉を選んだらどうだ」

ルル「なんだCC。お前、甘い言葉を欲しがるような乙女だったか?」

CC「う、うるさい!」

ルル「可愛いよ、しーつー」ボソッ(甘いヴォイス)

CC「っ・・・たわけが・・・///」

85 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/10/24(月) 01:14:52.99 ID:rX+Rq7fa0 [19/38]
ルル「おい、もっと力を抜け」

CC「ルルーシュ、お前こそ・・・もっと落ち着け」

ルル「腰、浮かせろ」

CC「ば、ばかっくすぐったい」

ルル「ほう・・・ここがいいのか」

CC「やめろ、ヘンタイ」

ルル「明日ピザーラ取ってやるから、少しは俺に体を預けたらどうだ」

CC「・・・チーズ、たっぷりのやつだぞ?」

ルル「ああ・・・任せろ」

90 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/10/24(月) 01:20:09.99 ID:rX+Rq7fa0 [20/38]
CC「あっ・・・」

ルル「おい、あんまり大きい声を出すな 隣の部屋で寝ているナナリーに聞こえたらどうする!」

CC「はぁっ、ん・・・しかし・・・あ、激しっ・・・」

ルル「これだけ濡れれば十分だろう・・・」

CC「い、入れるのか!?」

ルル「何を驚いている。・・・まさかおまえ・・・」

CC「やめ、その先は言うな」

ルル「処女、なんだな」

CC「~~!!!///」

94 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/10/24(月) 01:26:34.94 ID:rX+Rq7fa0 [21/38]
ルル「なんだと・・・なんということだ」

ルル「経験がないのはまことであったのか・・・!」

CC「おい、頼むから他言するなよ。特に黒の騎士団には」

ルル「なぜだ?」

CC「・・・あんなに余裕ぶったお姉さんキャラな私のコケンに関わる」

ルル「じゃあ玉城あたりに言っておくか」

CC「おいバカやめろ!!」

99 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/10/24(月) 01:32:03.28 ID:rX+Rq7fa0 [22/38]
ルル「わかったわかった・・・だから泣くな」

CC「な、泣いてなんかいない!」

ルル「じゃあ・・・いくぞ?」ゴクリ

CC「ゆ、ゆっくりな」

ルル(ついに!!!我がナイトメア、発進!!)


101 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/10/24(月) 01:34:57.42 ID:rX+Rq7fa0 [23/38]
ルル「力抜け」

CC「ひ、うん・・・!!!」

ルル「よし、そうだ」

CC「し、死ぬ!」

ルル「お前不老不死の魔女だろうが!」

CC「だ、黙れ」

ルル「よし、さきっちょは入った」

CC「さきっちょとか言うなぁ、バカ」

103 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/10/24(月) 01:39:31.10 ID:rX+Rq7fa0 [24/38]
ルル「よし、動くぞ!」

CC「あう・・・・、も、もうよさないか」

ルル「何を言っている!!!まだ俺はこれっぽちもお前のマンマンを感じていないわ!!」

CC「せめて、ゆっくりとだな・・・」

ルル「わかった。ゆっくりと・・・」

CC「あ、はぁ、ん、・・・っ、んぁっ」

ルル「おおお、キモティー!!!」

CC「う、うるさい・・・あっ」

104 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/10/24(月) 01:40:52.62 ID:rX+Rq7fa0 [25/38]
ルル「うおお、いい感じだ!」

CC「あっ、あっ・・・」

ルル「よーし、そろそろ・・・」

ピリリリリ

ルル「またしても電話だとぉ!!??」

106 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/10/24(月) 01:45:19.83 ID:rX+Rq7fa0 [26/38]
扇『おいゼロ、ちょっといいか』

ルル「またお前かあああああああ!!!1」

扇『かけなおすって言っていながら一向に来なかったから、また電話したんだが・・・まだまずかったか?』

ルル「お前いい加減にしろよ!」

扇『明後日のことなんだが』

ルル「・・・」ピッ

扇『お、おい・・・』ツーツー

ルル「扇め!なんの恨みがあって」

CC「緊急の用があったんじゃないのか?」

ルル「知ったことか!!」

CC「・・・」

110 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/10/24(月) 01:51:02.59 ID:rX+Rq7fa0 [27/38]
扇「ゼロの様子がおかしい」

玉城「ヤってたんじゃねえの?」

カレン「ちょ、ちょっと!!変なこと言わないでよ!」

カグヤ「いえ、何もおかしなことはありませんわ。ゼロ様とて人間、体を持て余すこともあるんじゃありませんの?」

カレン「そんな、カグヤ様まで・・・!」

カレン(そんな!!!ゼロで毎日オナニーしている私の立場は一体どうなるっていうのよ!!)

114 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/10/24(月) 01:55:11.10 ID:rX+Rq7fa0 [28/38]
ルル「ようし・・・じゃあ、続けようか・・・」

ナナリー『お兄様?叫び声がしましたが、何かあったのですか?』

ルル「な・・・ナナリー、だと・・・!?」

CC「今日はもうやめに・・・」

ルル「!良いことを考えた」

ルル「ナナリー、入っておいで」

CC「!?」

118 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/10/24(月) 01:59:59.57 ID:rX+Rq7fa0 [29/38]
CC「お前、何を!」

ルル「大丈夫だ。ナナリーには何も見えはしない」

CC「だからといって」

ルル「まあ、お前が声を出さなければバレはしない」

CC「おまっ・・・」

ルル(これぞ究極のオナリーだ!!!最愛のナナリーを眺めながら射精!フハハハハ!!!!)

121 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/10/24(月) 02:04:34.60 ID:rX+Rq7fa0 [30/38]
ナナリー「どうしたのですか、お兄様」

ルル「少しお話、しようじゃないか」パンパン

ナナリー「な、何の音ですか?」

ルル「あ、ああ・・・マッサージだよ。こうして肌を叩くと血行が良くなるんだ」パンパン

ナナリー「は、激しすぎじゃないですか?」

122 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/10/24(月) 02:08:39.96 ID:rX+Rq7fa0 [31/38]
ナナリー「なにか、グチュグチュした音も・・・」

ルル「そうかぁ?お、俺には聞こえないなぁ?」

CC「んー!んー!」

ナナリー「し、CCさん!?うめき声が・・・」

ルル(糞、やはりムリがあったか!?)

ルル(いいや、必ずややり遂げてみせる!オナリーを!!)

124 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/10/24(月) 02:12:46.64 ID:rX+Rq7fa0 [32/38]
ルル(い、イク!)

ルル「うおおっ!」ビュルルルルル

CC「ああ、あああ!!」

ルル「ふおおおおお!!!」

ナナリー「な、何が・・・」

129 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/10/24(月) 02:17:19.46 ID:rX+Rq7fa0 [33/38]
ルル(やった、やったぞ!!!ついに・・・くう!!!)

ルル(ナナリーに手を触れず、同時に童貞卒業!)

ルル「はぁ、はぁ」

ナナリー「お兄様・・・」

ルル「ナナリー・・・愛しているよ」

CC「わ、私に労いの言葉はなしか!?」

ルル「CC・・・ありがとう。もう、思い残すことはない」

133 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/10/24(月) 02:20:50.69 ID:rX+Rq7fa0 [34/38]
ナナリー「お、お兄様。私、眠たいです」

ルル「あ、ああ・・・夜中に呼び止めてすまなかったな」

ナナリー「おやすみなさい」

ルル「ああ、おやすみ」

バタン

CC「わ、私の扱いひどくないか おい」

135 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/10/24(月) 02:25:25.00 ID:rX+Rq7fa0 [35/38]
ルル「おい、何を怒っている」

CC「バカ・・・私だって、初めてだったのに・・・」

ルル「!!」

ルル「すまない・・・」

CC「・・・許さん。カードが破綻するまでピザを取ってやるからな」

ルル「CC・・・」

CC「・・・キスしろ、この変態」

ルル「・・・わかった。それでせめてでも償えるのなら」

137 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/10/24(月) 02:28:25.59 ID:rX+Rq7fa0 [36/38]
ナナリー「お兄様ったら・・・」

ナナリー「私が、気づかないとでも?もう・・・」

ナナリー「でも、そんな下衆な面もお兄様なのですね」

ナナリー「・・・愛しています、お兄様」



オワリ